苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
社会の学習まんがを探しに
週末、お出かけ帰りにR太郎と大型書店に寄り学習まんがコーナーを物色してきました。

先月入会したビリギャルのような個別指導塾で、中学受験生と思われる他の生徒さんたちが社会を教えてもらっていて楽しそう♪R太郎も習ってみたい!と。でもまだ公立進学組のR太郎が社会に1コマ割く必要はないので、社会系の学習まんがを買ってあげることになりました。

R太郎は気に入った学習まんがをきっかけに興味が湧き、さらに深い知識に広げて行くことが多いので、そのきっかけとしてのまんがは欲しがればできるだけ買ってあげたいと思っています

で、社会なら公民の学習まんがはどうかなと思い何冊か目星をつけて本屋さんを訪れたというわけ。

学習まんがコーナー前でおとなしく立ち読みしているR太郎を置いて、しばらく自分用の本もチェックして戻ってくると、

「あっママ決めたよ!この本が欲しい!」

『ざんねんな偉人伝』

「それからこっちは自分で買うから2冊欲しいな!」

『ざんねんな名言集』


えっとぉ〜、公民の学習まんがじゃないんですかね
偉人伝は英語でも日本語でもたくさん読んだよね
しかももしかして「ざんねんブーム」便乗商品


結局、本屋さんではこちらの定番っぽい公民まんがを買い、せっかくなのでR太郎の欲しい本はメルカリでお安く手に入れることになりました


『中学入試まんが攻略BON!
政治・国際 改訂版』


本の内容確認のために子ども本人を本屋さんに連れて行った時のあるあるネタですね


* * *


ところでビリギャル個別塾(この名前は定着しそう)で、なんと中学1年生の1年間特待生のお話をいただきました なんでも、入ってすぐに受けた業者テストの結果がとても良かったとか。教室のホームページでは公表してない制度で考えてもなかったので驚きました。

ただ、今の料金と同程度で週1日の授業を2日に増やしたり、季節講習も何日か取らなければならず(これも割引料金)。元々授業以外でも週1は自習室に通うことが必須の塾なので中1でこれ以上の通塾はまだいいかなぁと。中学の生活もどれだけ塾の時間が取れるのか読めないし。

それでも中2以降はできたら使いたい制度でした。中2の特待生資格は来年秋の業者テスト(3科目)の結果で決まるのだとか。でも国数に加えて英語が入るということは、R太郎の場合は期待できるんじゃないの かなりお得なので来年はぜひ〜

「特待で1コマ増やしていいなら社会を習いた〜い!」

いやいや、まだ学習まんがで我慢しよう、、、


 
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
1級は受けるしかないでしょ!? ならしい
準1級に合格したばかりのR太郎ですが、次回1月の1級は?と問うと、、、

「え!? 1級は受けるしかないでしょ!? 受けさせてくれるんだったら受けるよ!? その日何か予定でもあるの??」

いやね、来年の1月27日って言ったら周りの同級生は受験真っ最中。友だちと一緒に遊ぶどころか学校さえ休んでいる時期だし、R太郎はきっと超~絶ヒマ中よ。

「なら、どうして受けるか聞くの??」

あ、そうなのね、準1には全く余裕とは言えない点数で受かってるのに1級を受けちゃうのね?

今調べたら1級の受験料は8,400円もするんですね、、、
まあ、今回は本人が受けたいというんだから、まずはどんな試験なのか当たって砕けますか。ドブに捨てるともいうのかな (泣)

* * *


ところで、最近のR太郎のマイブームがまた株式投資に傾いてきました。

以前も書きましたが、その後『インベスターZ』全21巻(Kindle版の1巻は現在無料で読めます)を読み切り、そして『トレダビ』というアプリでバーチャル投資をしています。

『トレダビ』は初期資金1,000万円を株式投資するゲーム。バーチャルといっても、20分遅れの実際の市場の値動きが反映されるらしく本物さながら、いくつもの銘柄を売買し、世の中のニュースや様々な業界の会社に興味を持ち始めています。ここ最近の株価の乱高下を経験しながらも初期資金もじわじわ増えているとか。

その内、本物の教育資金も増やしてくれるようになること願うママです


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)

準1の二次も合格でした☆
R太郎の英検準1級の二次のネット合否発表があり、今回も無事合格してました~

これでひと安心。本人は「小学生の内に1級も受けたい!」と望んではいますが、小学生と言ったらあとは1月に実施される1度のみ。あと2ヶ月で1級レベルまで英語力を上げるのはどう考えても難しいので、受験するかどうかはわかりません。(お財布のことを考えると受けて欲しくないのが半分、やりたいならチャレンジさせたいのが半分

R太郎は中学受験をするわけでもないので、小学生の内に1級を取得する必要もないし。、、、というより、英検自体必要なかったはずですが。

ただ、今まで英検の級が全く役に立たなかったかというとそうとも言えないんですね。合格証明書の提出は一度もありませんが、サマーキャンプの参加資格、英語スクールの体験クラス、それから小学校でさえも色々な場面で役に立ちました。

最近入会した英語スクールの特別クラスに入ることができたのも、スクール側に準1級受験の予定を話したところからプレイスメントテストへのお誘いをいただいたのがきっかけ。(実はそれもあって、今回英検に受かってホッとしてます

英語力測定試験といえば他にも様々なものがありますが、やっぱり現時点で日本国内では「英検」が共通の英語力尺度になっていると思います。少なくとも小学生の内は。

中学生、高校生になるとどうなんでしょうね~?
少し年齢が上のお子さんは受験や留学のために英検以外の試験も受けているようですし、もしかしたらR太郎も英検1級合格の前に、他の英語試験を受けることになるのかもしれませんね。

ま、中学生になったら英語英語とは言ってられなくなるので(逆に英語はもうやらなくて良いから他を!となりますね)、どちらにしても1級受験なんてずーーーーーっと先の話かも

ともかく英検準1級合格は小学生には簡単なことではなかったはず。我が子ながら良くぞここまでの英語力を身につけたと思います

本当に本っ当におめでと~!!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
ハロウィンパーティーと英検二次と☆
週末は我が家でのハロウィンパーティーでした

午前中から1日中クラスの友だちや近所の子どもたちが出たり入ったり。週末も忙しい小学生たちですが、短い間でも来てくれるところが嬉しい

ボードゲームをしたり、外で遊んだり、踊ったり

そして、R太郎が2週間暇さえあれば考えていたリアル脱出ゲームは大好評家の外まで使った謎解きに、すべての謎が解けた時には

「楽しかった~!
いいゲームを作ってくれてありがとう~


と男の子にも女の子にもハグされるR太郎。男女のこの仲の良さはママの小6時代では考えられなかったのでちょっとカルチャーショック

R太郎初のパーティーオーガナイザーは大成功でした

  


さてさて、パーティーの興奮でなかなか寝付けなかったR太郎ですが、翌日曜日には英検準1級の二次試験に行ってきました。

会場から「完全に受かったよ!」と出て来ましたが、これはいつものことなので本人の感想は置いておいて、、、

今回のお題は、単身赴任のお父さんが家族の待つ支社に戻るはずが、現地支社で昇進の話が持ち上がり悩んでいるという話だったとか。我が家にはないシチュエーションではあるけど、まあ想像しながら答えられたということ。

ママなら日本語でも悩むような質問もあり小学生にはなかなか手強いとは思いますが、ともかく終始積極的に答えられたようなので大丈夫かな。準1の二次は合格率が80%以上だそうですし

ネットでの合否発表は11月13日。今回はちょっぴり安心して結果発表を待てそうです


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)

今年はハロウィンパーティーのオーガナイザー!?
ハロウィンの季節になりましたね

我が家はプリスクール時代、いえその前の親子英語スクール時代から小学校低学年まで楽しんでいましたが、中学年以降は周りの友人はみんな土日が塾やスポーツの試合などがありハロウィンを楽しむことはなくなっていました。

そんな中、今年はクラスの女の子が

『今年はハロウィンをやりた〜い!』

と提案。でもお家の方が忙しいそうで、会場を募集しR太郎が立候補してきました

まあ、小学生になってから毎年友だちを呼んだバースデーパーティーをママの仕事繁忙期を理由に断っていたので、小学生最後にそれくらいはやってあげましょうか

高学年だともう恥じらって参加者は集まらないかな、、、とも思っていたけど、午前だけ午後だけという子が多いもののスケジュール調整をして男女みんな仮装して来てくれるとか
思ったより延べ人数は増えそうです

で、R太郎はただいまウキウキと色々準備中。100均グッズやトイレットペーパー、シーツを使って家を装飾することにし、部屋の中からのリアル脱出ゲーム(スカベンジャーハント)の問題を日々考え仕込んでいます。

あれ?パーティーの翌日は英検二次だけど、、、、
暇さえあればパーティーの仕込みをしているので、オンラインでの面接練習の時間はなさそう。結局対策本のみ少し練習してから試験に臨むことになりそうです

それでも友だちと楽しいパーティーを開催するためにあれこれと行動しているのは素晴らしい経験なので、それはそれとして、ママも当日はひと肌脱いであげましょう


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
準1級一次は受かってました(^o^)
R太郎、二度目の挑戦だった英検準1級ですが一次試験は無事合格していました~

20181022.jpg


Reading...24/41点 (CSE 585点)
Listening...23/29点 (CSE 631点)
Writing...14/16点 (CSE 631点)
__________________________________
CSE 1847点
(合格基準点 1792点)


本人による試験1週間前の戦略勝ちかな。
Reading無対策、Listening当日集中、Writingは対策本を真似をして大人っぽい文章で書く(←R太郎いわく)練習っていう

ReadingとListeningの結果を見て、自信満々のR太郎を尻目に正直ママは諦めていたんですが、まさかWritingで14点も取れるとは

やっぱり採点方法がCSEスコアになってからの英検は、Writingが高得点だとぐっと合格に近づくようです


さて、学校から帰ってきたR太郎に「おめでとう~!」と声をかけると

「????、、、なんだっけ?」

と、いくら考えてもわからず、PCの横の英検受験票を見つけてようやく飛び上がって喜んでました

2週間後の二次試験はもちろん自信があるそう。本人談を信用してると毎回ずっこけるからオンラインで練習させなくちゃ~



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
中学進学の準備
R太郎、夏休みに悲願だった公文数学を退会しました

計算を早く正確にするためにお試しで半年だけ、、、と軽い気持ちで入会してしまった公文。結局ほぼいつもイライラしながら取り組んだ1年ちょっとでした。嫌ならやめれば良いのに一度入るとなかなかそうも行かずダラダラと中2レベル終了まで続けてしまいました

気づけばもう小学校卒業まで半年。中学受験はしないので、公文の代わりに公立中学進学後に向けての準備で近所の小さな個別塾に通うことにしました。当初の計画では小学生の間は公文、その後はこの個別塾へ、とR太郎と話していた近所の塾です。

高校・大学受験がメインの塾なので、公文とも英語スクールとも違う雰囲気。最初の面談でも塾長さんと将来の夢や大学、高校の話を雑談的にしたつもりが、目標としてしっかり記録されてしまいました

映画『ビリギャル』を彷彿とさせ、R太郎、変にテンションが上がる上がる

「なんだか、行きたい高校に行ける気がしてきたね♪ 中学の勉強が楽しみだな~」

と。実際の授業も苦悶だった公文の繰り返し作業とは全く違い、理解できている場所はどんどん飛ばし、先生の教え方がわかりやすく、とても楽しく勉強ができるているそうです

理解度に合った学習カリキュラムを考えてくれ、自習室での自習も必須だから自宅での宿題がない。親子とも夢のストレスフリーです

授業では中学数学を教わっていますが、なぜか自習の余った時間に高校の英文法の教材を借りて取り組んでいるらしく。まぁ、その辺は本人がやりたいならどうぞどうぞ(笑)

受験とか成績とか、まだ何も差し迫るものがないからかもしれませんが、勉強が楽しい♪と取り組めるのが一番ですね。前向きな取り組みが力になることを期待しています


余談ですが、この秋、R太郎が行きたいと話している高校の文化祭にも行ってみました。自由な校風の学校で、生徒さんも賢そうなそれでいてとてもコミュ力のある子ばかり。学力は別にして、R太郎がここに通っていても違和感ないね、とワクワクしてしまいました。高校受験組で学校訪問はちょっと早いと思っていたけど、実際に行ってみると目標も見えて良さそうです。また機会があればいろんな学校に行ってみたくなりました。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)

英検の自己採点 (^^)b☆
夏の暑さがぶり返したようだったこの3連休。キャンプにでも行きたい天気でしたが中日は英検準1級の試験へ行ってきました~

前の記事でも書きましたが、今回R太郎が試験1週間前の土壇場で考えた対策は、リーディングは無対策、リスニングは集中、そしてライティングだけは対策本を参考に1日1エッセイを書くこと。

その目標通りエッセイだけは毎日1つ取り組みましたよ。やればやれるじゃんと褒めても、ママには書いてある内容はなかなか良いという程度しかわからず、それが英検エッセイに必要な正確な文法、適切な語彙、論理的な組み立て等判断できないのでもう全て本人任せです、、、


さて、当日の英検が終わって出てきたR太郎。

「はっきり言って今回は受かったよ。リスニングはいつもよりちょっと難しかったけど、ライティングは今までで一番良い出来だったと思う

はいはい、いつものように自信満々の態度。母はもう騙されませんよ!

案の定、翌日の解答速報でライティング以外の答え合わせをしてみたところ、リーディングはいつもより少し良い程度。

一方、頼みの綱のリスニングは満点取って欲しかったのに、、、なんと29問中6問も不正解という過去問も含めて史上最低点でしたとさ♪

、、、、これじゃぁおそらくライティングを16点中13、4点は取らなきゃムリかな(前回は10点でした。。。)

R太郎にそれを伝えると

「そっかー でも今回はライティングで点数を取るつもりだからね。いけるんじゃないかな~

君はポジティブな性格に育ってる!
うん!母はそれだけで満足だよ!


合否閲覧ができるのは2週間後の10月22日。今回も期待せずに待つことにしましょう



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
今度の英検は自学自習
前回の英検準1級の不合格から4ヶ月。結局何の対策もせずに次の英検まで1週間を切ってしまいました

スポンサーのママとしては、
「今回対策なしで臨んでダメだったら次回は受けさせないからねと何度か言い聞かせていましたが、今週末にはさすがのR太郎も重い腰を上げて一度過去問をやってみることに。

結果は、Reading→変わらず、Listening→1問のみ×、Writing→点数不明(前回と同等ぐらいは取れると予想)。

ということで、前回のギリギリ不合格だった点数とほぼ変わらない点数でした。過去問に取り組む前の本人の予想通り、“特に対策をしなくても、向上してもないけど下降もしてない”

「ほらね、R太郎が受けるんだから、自分が一番よくわかってるんだよ

そこで、今回の過去問の結果と1週間で出来ることを踏まえて、R太郎が来週の英検までの対策を立てました



■Reading・・・やってもやらなくても大して点数は変わらないので→「対策なし!」

■Listening・・・集中すれば全部正解出来るので→「当日集中する!」

■Writing・・・前回は英作文としての間違いがないのに思ったより点数が取れなかった。これは英検の英作文(エッセイ)を理解できてなかったからだろう。
→「Writingだけ対策!英検Writingの本を読んで、ポイントを確認しながら過去問に取り組んでみる!」

因みに「英検Writingの本」というのは我が家にあったこちらの本です。


前回の英検では買ってみたものの、R太郎が読んだり取り組んだりすることはなかったのですが、本人曰く「一度受験したから本の説明がよくわかる」とポイントをチェックしながら過去問のWritingを2問書いていました。

こうなると今回の大きな収穫は、たった一週間前といえどもママからではなくR太郎自身が考えた勉強法で挑むこと。

自ら考え、自らチャレンジする。

こういう姿勢で臨んでくれれば、例え今回も不合格だったとしても受ける意味があると思います!
もちろん受かってくれればもっと良いけれど♪

とはいえ、今日はジジババの家へ台風避難という名目の祖父母孝行お泊まり。勉強道具?あーそういや持って行かなかったなぁ(泣)

少年よ!あと1週間だ!がんばれ~


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
秋のお出かけ☆
今年はシルバーウィークと呼ばないのかもしれませんが4週連続で連休が続きます。(10月1日月曜は都民の日で東京の公立学校はお休みです

40度近い茹だるような暑さの夏休みが過ぎ、すっかり秋めいてお出かけに良い時季になりました

我が家も夏休みに出来なかったファミリーキャンプでのんびりしたり、小さい頃からの英語仲間に誘われてまだ試行中の英語イベントのモニターとして参加させていただいたりと、夏休み後半になかなか作れなかったR太郎との時間を過ごしました

久しぶりに遊んだおうち英語仲間のバイリンガルキッズたちは英語イベントではさすが流暢な英語で、知的な内容にも興味津々で積極的に取り組んでいましたが、イベント会場を出るとすっかり日本語に切り替えてキャピキャピ仲良く遊んでいました。もう小さい頃のように親もオンリーイングリッシュで1日を過ごさせようと仕向けもしませんが

実は長年会ってないお友だちもいたのに、同じ「おうち英語」で育ってきた環境からかすぐに打ち解けて、小学校高学年の男女混合にして仲の良いこと!まだまだ可愛らしい小学生にちょっぴり和むママでした~

さて、そのお友だちがオススメしてくれたこのイベントに次の連休か近々参加してみるつもりです!

20180926.jpg

東京メトロ 地下謎への招待状2018
http://realdgame.jp/chikanazo/5/


東京の地下鉄とその周辺を謎解きしながら街歩きする体験型ゲーム。お友だちは今まで同様のイベントに何度も参加していてとてもワクワクするのだとか。

10月1日から来年の1月まで、指定駅の窓口でキットを買えばいつでも参加できるようなのでぜひチャレンジしようと思います!、、、、とはいえR太郎は学校の友だちを誘って親なしで廻りたいらしいのですけどねぇ。そろそろイベントも親離れですかね

英語版もあるそうなので興味のある方は参加してみては


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)