苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
祝!開設10年!経ってました ☆*。. o(≧▽≦)o .。.*☆
我が家の就寝・起床時間を崩しまくっていたサッカーWカップがようやく終わりました ずっと応援していたフランスの優勝に終わり、今朝は気持ち良く休日の朝を迎えています(ママしか起きてないけど^^;;)


で、久しぶりにブログでも書こうかしらとPCに向かいふっと気づいたんです。

あれそういえばブログを書き始めたのってR太郎が2歳の頃だったような。。。

調べてみると2008/05/28(水)にブログ開設とあり。いつの間にか10年経ってました〜

もうすぐ10年2ヶ月

1歳辺りから絵本や中古DWEで親子英語を始め、読み聞かせや語りかけや掛け流し、ブログを通して英語仲間を作ったり、週3のプリスクールに通ったり、公立小に上がる前の半年はインターナショナル小学校にしばらく通ったことも。公立小に入学してからはオンラインレッスンを中心に今まできました。

R太郎、ただいま12歳。10年あっと言う間の楽しい親子英語の日々でした

これから10年後にはもうブログも書いてないんじゃないかとは思うけど、身長も中身も英語もすっかり成長したR太郎とまだもう少しだけ親子英語を続けていくつもりです。

これからもどうぞよろしくお願いします


今日はブログを始めたころのR太郎の懐かしの写真をアップしちゃいます!子鉄だったR太郎。可愛かったなぁ〜(しみじみ)

080618_20180716103423719.jpg



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)

英検準1級はあと一歩でした、、、
あたた、、、
英検準1級はやっぱりギリで不合格でした

総合でCSEスコア2250点中1792点が合格点。R太郎の点数は1776点で16点足らず。きっとあと1、2問正解してたら合格だったんじゃないかな。

リーディングとリスニングはチェックしていた通りの点数で、ライティングが素点で16点中12点は欲しかったところが10点。作文内容はそこそこ良いと思ったし、スペルミスもなさそうだったんだけどなぁ~ キビシイ!

それから実は、当日集合時間ちょうどに会場に入ったらもう満席で一番後ろの席に座ることになったのですが、そこから他の受験者がページをめくる雑音でリスニング3問程がよく聞こえなかったのだそうで…。自宅での過去問が満点だったのに対して本番は素点で25/29問だったのも痛かった、、、
次回は早めに到着しようっと



ただ、これで準1級合格ラインギリギリというレベルにいることは確認できました
ママの英語レベルではR太郎のレベルをまったく計れなかったけど、問題の巡り合わせによっては受かるラインにいるんですね。

R太郎とはまだ直接話してないけど、あんなに自信満々だったのにヘコむかも。でもきっと10月も受けることでしょう

その時にはギリギリじゃなくて余裕の合格を目指して欲しいなと思います


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
友人たちが受験期の遊牧民
R太郎の小学生最後の年はの~んびりと過ごそうかなぁと考えている我が家ですが、それに対して学校や地域の多くの友達は受験年。6年生にもなると、放課後すぐから夜遅くまでの塾通いがほぼ毎日で、塾に行かない日も塾の宿題やテストで本当に一緒に遊んでもらえる時間がありません。

なので、受験しないR太郎にとっても切実な悩み。放課後遊ぶのにも一苦労の様子です

そこで面白いことに最近ちょっと遊ぶメンバーが変わってきています。


1.女の子たちと公園でおしゃべり中心(時々、鬼ごっことか)

2.塾通いの友達と塾までの時間少しだけ遊んで、別れた後は誰か遊ぶ子を探して近所を彷徨う。
 →結果、同じように彷徨っている子と出会い、遊ぶ


ママはこれを"放課後遊牧民"と命名~(笑)

ただこんな変化から今まで特に仲良しだったわけでもない子たちとも遊ぶようになり、その子たちの影響から興味も広がるようになって来ました。

今までサッカーばっかりだったのが、野球やプール、自転車での神社巡り、元素の話とかも、、、もちろんR太郎の好きな菌の話もしているようです

小学生になったばかりの頃から、「このあたりで受験しない子は、6年生になると遊ぶ相手がいなくなるよ」と先輩ママから言われてきましたが、放課後遊牧民もマイナスばかりではないのかも。

それにしても、みんなこんなに頑張って勉強をしているのに、R太郎は公文の数枚の宿題さえもやるにブーブー。もう計算ばかりはイヤなのだとか。もうすぐ終わる中2教材(H)を最後に辞める予定です

近所の公立中に入っても受験残念組が多くレベルが高いとも聞くので、さすがに夏休み明けからは中学準備で新しい取り組みを始めた方がいいんじゃないかな~とR太郎に話すと、

「私立に行った中学生たちとよく道で会うけどね、『中学になったら時間がなくなるから、小学生のうちは絶対遊んどけ。』って言われるんだよ。大丈夫、勉強はやるときになったらやりたい方法でやるから♪」

だそうで。頼もしい言葉だけど、それでも不安なのが親ってものなんだよなぁ でも、小学生最後の遊牧民生活、エンジョイしているようです


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
関連記事
英検、受けてきました☆
日曜日、R太郎の英検準1級に付き添ってきました。

2級を受けた3年半前、R太郎の通された試験会場が小学生が集められた部屋だったことに驚いたのですが、なんと今回の準1級の部屋も小学校高学年から中1ぐらいのお子さんばかり。

しかも50人程入る低年齢部屋はそこ1ヶ所ではなく、同じ階にいくつか、さらに会場でバッタリ会った友人の部屋には小3ぐらいの子もちらほらいたとか。準1級でも小学生の受験生が珍しくなくなって来ているんですね。

試験終了後、できたよ!と清々しい顔で出てきたR太郎。

一番心配していた今回のライティングのお題は、「動物園で動物たちを飼育することを容認できるか」だったそう。

この問題は、以前小学校の討論会の授業でも出されたことのあるテーマで、多くの賛否の意見にあたった経験がありなかなかのラッキー問題でした



さて、そんなR太郎の反応を見てちょっとホッとしつつ翌月曜日の解答速報で答え合わせをしてみたのですが、、、

R太郎くん、、、余裕の口振りほどの点数ではありませんでしたよ。あはは

自己採点ができるのはReadingとListeningだけなので、現段階ではWritingの点数はわからないけど、ネット上で噂される(?)過去の配点を参考にするとWriting16点中12点ぐらいで合格できるのかな、と予想。微妙だなぁ

合格点が素点ではなくCSEスコアになってからは、蓋を開けてみないと合否判定できないのが辛いところ。不確かなネット情報ではなく、英検協会で過去の試験だけでも素点とCSEスコアの変換表を発表してくれたら立ち位置ぐらいはわかるんだけどなぁ

6月18日のネット上での合否閲覧開始日には、またドキドキしながらチェックすることになりそうです…



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
うわぁ、とうとう週末は英検か!
とうとう今度の日曜日は英検です。

以前2級を受けた時には過去問を何度かやるだけのほぼ無対策受験だったけれど、「今回はがっつり対策します♪」とかどこかに宣言したような……。

確かに、英語物語やmikanちゃんブームのあった冬までは対策してる感!がありました。でも春休みに入った辺りから他にやりたいことが多すぎて(←遊び)、オンラインも週1、2回やれれば良い方という状態に

そうこうしている内に受験票が届き、勉強やらなきゃね〜なんて話してる間に、なんともう残り一週間を切ってしまいました

そこで、何もやってないクセに受かる自信だけは満々のR太郎に、最後にもう一度だけ過去問をやろうよ、と先週末にやってもらいました。

結果はReadingが6割、Listeningが全問正解。Writingはわからないけど。

Listeningは素晴らしい成績とはいえ、Readingが前回より悪く7割切ってるのは、Writingの点数が不明の状態で微妙です…

あーー、でも特に焦る様子もなく

「だいじょうぶ、ダイジョウブ!
あのさ、準1受かったら次は1級受けていい?」

あのね、いいから…

少しでもボキャブラリーを見直して、まずは準1受かってからそういうことは言ってくださ〜い



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)

メルカリ始めました♪
R太郎の洋書と和書が膨れ上がり、新しい本の置き場に困っている我が家。R太郎が年に1、2回フリマで売っていますが、それだけでは劇的には減らないので、メルカリで売ってみることにしました。

商品の写真を撮って、出品して、購入者との連絡、発送、そしてまた購入者との連絡。主な流れはヤフオク!と変わらないけど、メルカリは出品した途端に売れるものも多くサクサク在庫がなくなりありがたい

ただし、ブックオフの何十倍も高く売れても、メルカリへの手数料10%や配送料を差し引くと利益は思ったより残らないので、セット販売など工夫が必要です。

先週一週間、試行錯誤しながら表計算ソフトを使って出品額検討と売上管理をしてみて、ようやく快適に出品額を決められるようになりました。

さあ、バンバン売って、本棚の空きスペースを作るぞ~

   


さて、細菌がマイブーム中のR太郎ですが、図書館から何冊ものの細菌関係の本を借りて来てご満悦。その中から分子生物学の参考書的な本がお気に入りで、お出掛けにも枕元にも持って行って楽しそうに読んでます。

各項の理解度チェックからママにクイズを出してくるものの、理科が(理科も?)弱いママには、ちょっと何言ってるのかわかりません……聞いてるのもツライ(笑)

まあ、何にしてもこうして興味のあることを楽しみながら学ぶのは大歓迎

そんな本をこれからも本棚に並べられるように、ママは読まなくなった本の整理に精を出しましょう~



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
今年が最後(?)のファミキャン
ゴールデンウィーク、前半は鬼のように仕事をしていたママですが、後半は今年もR太郎とラ・フォル・ジュルネの音楽祭に出かけ、2泊のキャンプを家族三人で満喫してきました

キャンプは今回も富士山の麓でただただの~んびり。料理して、食べて、テントの前で遊んで(隣のテントの子とも)、Kindleを読んだり、うたた寝して、またワインを飲みながら料理して、富士山の移り変わりも眺めて、夜空を見て、あっ!流れ星!とか
……最高でした

ママは、美味しそうな香りや煙と共に他のテントから聞こえる、料理を試行錯誤する声がたまらなく好きなのですが、我が家も負けずに(?)わいわいと料理が作れて本当に楽しいひとときでした。今回はR太郎がダンボールと網で燻製機を一人で作ってスモーカー奉行になってくれたのも

  


さてさて、ゴールデンウィークが明けてまた少しギアの切り替え時です。今年はの~んびり過ごす一年と決めていても、6月の英検の為の勉強は春休み辺りからあまりやってないし、漢検、ピアノの発表会、毎日のブラスバンド、さらに運動会のリレー選手の朝練等々あるらしい、、、

なんだか、の~んびりとは遠いような

今回のキャンプ場をよく見渡してみると、小学生ぐらいまでの子どもたちは大勢いても、中学生以上と思われる子連れファミリーはとても少なかったです。中学生になると親と行動したがらないのかな?それとも部活や勉強が忙しいのかな?

どちらにしても来年からはこんなに自由なキャンプが出来なくなるかもしれないので、今年は思う存分ファミキャンを楽しむぞ~


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
気になるスクール見学
気が早いのですが、先日、R太郎が中学に入ってからから通わせてみたい英語スクールを2人で見学してきました。中学生になったら勉強や部活で今よりもずっと忙しくなるだろうし、中学生としてはもう十分な英語力がついているので、今まで英語スクールに入れることは考えていませんでしたが、そのスクールがどうしても気になったのでお話だけでもと。

レベルチェックを受けてみて、帰国子女の多い高校生中心のクラスに入れていただけるということ。広い分野の物事に目を向け学んでいけるそのカリキュラムと、クラスメートからも大きな刺激を受けることができるだろう環境はとても魅力的で、今すぐにでも入学させたいと思いました

ママはビビリなので、英語力は別にしても小学生では到底理解できるとは思えないその授業内容についていけるかとても不安だったのですが、R太郎本人はぜひチャレンジしたいということ。今年はのびのび過ごす1年と決めているので見送りましたが、来年の楽しみができました

それにしても、英語はツールだから低年齢の内から英語力を高める必要はないとはよく言われることですが、今この年齢で英語ができることで一般的な路線からポーンと抜けて受けられる教育もあると最近よく感じます。

それは他のお子さんと比べて学校の成績を高めるとか、早く英検をゲットするということではなく、魅力的な学びの世界にアクセスできる自由を得られるということ。これからずっと使えるだろう力をつけるチャンスがあるのではと思います。

我が家の親子英語はずっとそれを目標に続けてきたので(その想いはこの辺りに)、今またこういう場に参加できるのなら喜んで応援しようと思います



さて、今日からはゴールデンウィーク。
前半はママが仕事で忙しいのですが、後半はラ・フォル・ジュルネの音楽祭とキャンプに行ってきま~す。去年とまったく同じですね(去年の記事)

みなさまも良いGWを


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)

プレゼントはマイブーム本で
R太郎が12歳になりました

4月生まれなので少し出産時期がずれれば今年から中学生でもおかしくなかった月齢。現に小さい頃できたお友だちは中学生になった子がほとんどです。何かと忙しくなる中学生と比べると、なんだかまるまる1年間小学生でいられる時間をもらっている気もするので、この一年を大切にのびのびと過ごしてくれたらな~と思います

そんなR太郎、今年に入ってから細菌にはまっています。きっかけはこちらのコミック


『もやしもん』


パパと時々行くラーメン屋さんで読んではまってしまいました。
以来、菌の種類や働きにすごく興味を持ち、ママが仕事で訪れた酒造所の話もめちゃくちゃ羨ましがるので、先日の銚子二人旅の際にもヤマサ醤油の工場見学に行きました。大興奮でショップのお姉さんに「ヤマサの麹菌は売ってませんか!?」と聞いて困らせていましたが(笑)
来月はキッコーマンの工場で醤油作り体験も予定しています。

そこで、12歳のプレゼントは『もやしもん』全巻セットと図鑑。


『見ながら学習調べてなっとくずかん 細菌』


最近はコミックから興味が発展することが多いような、、、
ただいま学校の自由課題も菌一色、培養実験(←食パンに早くカビを生やすらしい)、自作カードゲームを友達と遊びながら日々バージョンアップ中。

毎回爆発的に火がついて突然消えるR太郎のマイブーム。今度はいつまで続くかな それでも、好きなことにトコトンはまる時間を大切に応援したいと思っています



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
関連記事
春休み、準1の対策はできなかったけど
春休みはお出かけ続きで、英検対策どころか英語自体ご無沙汰でした(あ、旅で外国人旅行者との交流はあったか。)

で、学校が始まり、ようやくオンラインを再開。

久しぶりのDMMでのデイリーニュースも、ちょっと難しい社会問題にも流暢にしっかり意見を言えるようになっていて、改めて聞くと随分成長したんだなぁと感じました

レッスン後R太郎に、

「準1受かっちゃうかもね!」と声をかけると

「ママはR太郎が落ちると思ってるの?
受かるかも、じゃなくて受かるから♪
てか、どっちかって言うと今は準1に向かっての練習じゃなくて1級に向けてやってるつもりだから」

だそうで

えっいや、最初の過去問じゃギリギリ受かるかなぐらいのラインだったよね?
そんな自信を持って大丈夫

まだ先と思っていた英検もいつの間にやら残り2ヶ月。

ママにはR太郎の確かなレベルが全く判断がつかないから、しれっとブログに書いちゃったよ。

当たって砕けろ
でも出来れば1回で受かってくれれば、ママの懐も助かるけどね~



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)