苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
自信がついた最後の夏休み
R太郎、小学生最後の夏休みも終わりました~(と言っても随分前に2学期が始まってるのですがっっ)

夏休み前半はキャンプだお出掛けだと楽しんでいましたが、後半はママの仕事が忙しくなってしまったので大きなお出かけはナシ。だから後半はずっと近所の友だちと遊んでいました。

学校の友だちの多くは受験生。
今年は受験年なので夏期講習や宿題で暇はほとんどなかったようで、遊びに誘いに行っても夏期講習で忙しくフラれることも多々あったようですが、それでもなんとか友だちを見つけて茹だるような暑さの中、公園へプールへと出かけていました♪

夜は夜で他の友だちともブツブツとボイスチャットをしながらオンラインゲーム。
友だちとよく遊び夏休みを満喫できたんじゃないかな?


実は、夏休み後半の大物だった自由研究は、取り組もうと思っていた菌の良いテーマが見つからず苦しんでいました。R太郎いわく、「今は菌が好き過ぎるから、やりたいことが多くてうまくまとまらない」のだとか。

そして、ある日突然大好きなスポーツの分析にテーマ替えを宣言!
そこから10日間、黙々と取り組んでキッチリ完成して提出しました。

いやぁ、横で見ていてママはハラハラしたけど本人に任せて本当に良かった~☆

うまく物事が運ばなかった時に投げ出さず、
大きく考え方を変えてみて自力でやり切った


この経験は大きな自信になったようです。


今年の夏休みは、R太郎なりに成長できた!
そんな夏休みでした。

あ、今回のブログも英語ナシですね。でも、英語に関しては中学生に揉まれながら今とても頑張っています。
その話はまた後日~


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)

小学生最後の夏休みを満喫中♪
小学生最後の夏休み、早くも3分の1以上終わってしまいました。長い長いと思いつつ案外早く終わってしまいそうです

R太郎はただいま知り合いのアメリカ人の主催する国内キャンプに参加中

自然の中でのそのキャンプは今まで何度も行っているのでもう何の心配もなく、東京ではできない経験をたくさんして楽しんでいらっしゃ~い!というだけ。お天気も良さそうで申し分ありません

ママの仕事は波があるのでゆっくりR太郎に付き合えたのもココまで。そんなわけで夏休み前半にお楽しみイベントを詰めました

いくつかのイベントに参加し、パパやジジにも映画や、甲子園都大会の決勝に連れて行ってもらったり。「こども霞が関見学デー」の外務省イベントに当選してアメリカとエジプトの外交官と英語で話すこともできました。

学校の友達ともこの暑い中外で遊んで、夜は受験生の友達ともボイスチャットをしながらオンラインゲーム、、、、夏休みを満喫してます

さて、夏休み後半の大きなテーマは自由研究かなぁ。

今年はマイブーム中の菌の研究をするそうなので、関連イベントも参加し、家では自由研究用にいろんな菌を培養中です

これ、自由研究の「予備実験」らしいんですけどね、窓辺に置かれたいくつものシャーレの中身が正直気持ち悪い。本番はいつ始まるんでしょうか、、、

まあ、まずはサマーキャンプから戻ってきてから後半戦の始まりですほんとは家族キャンプも行きたいな、、、


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
ストリートピアノで国際交流!?
先日R太郎とパパとで現地合流して行ってきたヨーロッパ旅行

旅の途中、フランスからイタリアに向かう飛行機に乗る際にトラブル発生結局乗るはずの飛行機に乗れなかっただけで済んだものの、次の便まで4~5時間空港で待たされることになったとか。

で、時間つぶしに空港を歩いていると誰でも弾けるピアノを見つけたそうです。

実は以前フランスに行った時にもどこかの駅構内でピアノが置いてあり、「ご自由にご演奏ください」とあったのでR太郎の背中を押してみたのですが、恥ずかしがって弾けないとという出来事がありました。

パリには公共の場所によくピアノが置いてあるようで、今回は本人も「今度見つけたら演奏する!」と意気込んでいたんです。

この日、空港でピアノを見つけて宣言通り演奏したR太郎がママに動画も送ってくれました

演奏したのは出発直前のピアノの発表会の曲目だったショパンとジャズの2曲。送られてきた動画には、親子で聴き入ってくれていたり、孫を見るような微笑みで観ていたり、自分のスマホで撮影したりと、空港内を急ぐ様々な国の人が足を止め、最終的には20人以上の観客の方に拍手をいただいている様子が映っていました

R太郎いわく、ピアノは音が出にくい鍵盤もありお世辞にも良い状態とはいえなかったとのことですが、発表会で弾いた時よりもずっとのびのびと弾けていて、ママは感動して何度も何度も動画を再生してしまいました

小学生になるタイミングで習い始めたピアノ(そういえばその前におうちピアノも)ですが、練習はそこそこでずっと悩みの種だった習い事でした。実は、本人は続けたがっているけども小学校の卒業を機に辞めようかと首の皮一枚の状態でした。

それでも今回、R太郎が堂々とそして楽しそうにピアノを弾き、それを様々な国の見ず知らずの方々が耳を傾けているのを見て、、、もうちょっとだけ続けさせてあげることにしました。。

ピアノの先生にも動画を送ると「ほんとうに音楽には国境はないですね♪」ととても喜んでもらえました。有名なコンクールで賞を取るような演奏は出来るようになりそうもないけど、演奏することで自分にも周りの人にも楽しい時間を過ごしてもらえることが出来るなら、R太郎の人生に素敵なプレゼントをあげられたのかな~



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
夏休みは公文の読書ビンゴ
まだダラダラと続けている公文数学ですが、H教材が終わったら本当に辞めてくれるんですかね。。。
10月からお月謝も高くなるので(特に東京は1,000円以上の値上げ)、公文に7,500円も払うならいっそ中学準備に数学塾の方がいいんじゃないかと

まあ数学はそんな感じですが、夏休み前の公文からのお手紙の中に『なつやすみ読書でビンゴ』というシートが入っていたのでチャレンジすることにしました。

7×7個の数字が書かれたビンゴシートから好きな一列を選んで、公文推薦図書一覧の図書番号の本を読むという企画。学校の夏休みの宿題は5冊以上の読書でR太郎はそれを英語の本だけで埋めようとしていたので、日本語の本を読む良いきっかけになりそうです

さてさて、まだママと一緒が楽しいお年頃のR太郎は「ママもやるなら読む!」ということ。そこでママもR太郎が選んだグレード(G)の、他の列のビンゴに挑戦することにしました。お互い感想やおすすめポイントなど話し合えば倍の本に触れることができます

ただいまR太郎3冊目、ママ2冊目ですが、早くもママは最後に読む予定の金字塔『海底二万マイル』の本の厚さにちょっと引き気味、、、

夏休みに読破できるようファイトだぁ~

R太郎のビンゴリスト

←R太郎、今ここ



ママのビンゴリスト

←ママ、今ここ 



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
ヨーロッパまでのひとりフライト!
パパの出張に合わせてR太郎がヨーロッパまで出かけました

ただ、パパの仕事が終わってから時間差で合流したので、R太郎は初めてひとりで十数時間ものフライトをすることに。

子どもの一人旅をサポートしてくれるANAのサービスは公には11歳までということで、春に12歳になってしまったR太郎はどうなるのか心配もありました。でも実際には航空会社の方が搭乗口まで連れて行ってくれ、あちらの国でもパパの待つ到着ロビーまで現地スタッフが付き添ってくれたようでホッ

本人もさすがに日本を飛び立つまでは緊張したらしく、手荷物検査前で別れた後に搭乗口に着いたらママに電話をくれるはずが、何度携帯に電話してもつながらないまま出発してしまいました

た、たぶん無事出発したよね?みたいな

「いやぁ緊張ってああいうものなんだね~!初めて緊張したよ!」

だとか。まあ、飛行機の中では映画を何本も観て寝たら着いたとケロッとしてましたが

それにしても、日本の航空会社なので英語ができなくても良いのだろうけど、やっぱり英語を話せる子を送り出すのは、話せない子をひとりで送るよりずっと不安が少ないですね

もし何か困ったことが起こっても航空会社や空港の人に聞いて何とかしなさいね、と言い聞かせることができました。

とにもかくにも、フランスとイタリアで色々な経験をして、パパとR太郎は無事日本に帰ってきました。トラブルもあったそうですが、楽しいこともいっぱいでゆっくりお土産話を聞いています。いいな~、今度はママもついていきたいな


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)

英語スクールに入りました☆
小学生最後の夏休みが始まりました

来年中学生になったら一緒にお出かけなんて機会が激減しそうな予感。今年はママの仕事がお盆辺りが一番忙しそうなのがちょっと心配ですが、できるだけR太郎に付き合ってあげたいです

ところで、気になる英語スクールのプレイスメントテストを受けたことは少し前に記事にしましたが、このスクールを親子共にとても気に入ってしまい、悩みに悩んだ末結局入学することになりました

レベルチェックでは高校生中心のクラスとなりましたが、さすがにあまりにも知的レベルの差が不安なので、スクールに勧められて中学生の少人数クラスに。

週一ですがオールイングリッシュの授業で、英語の勉強の域を超えて知的にも刺激を与えてくれる学びになりそうで楽しみです

これで長らくお世話になったオンラインレッスンもやめ、我が家でのママの試行錯誤もひと段落。

宿題でも多量の文章を読み書きし、スクールおすすめの本を借りることができるようなので、英検2級も持ってないママがアマゾンや紀伊國屋通いをしての本選びも取りあえずは終了ですかね。

R太郎の成長とは別にママの趣味化してしまった洋書選びも終わると寂しくなるかな~

でも、毎回スクールを終えたR太郎は最近見ないほど興奮して目がキラッキラ輝いているので、このスタイルの授業が合っているんだと思います。ママの独自カリキュラムでのオンラインレッスンでは持て余していた部分を、もう一段成長させてくれるといいな

ブログ歴も10年。
まだまだ続けて行くぞと意気込んだばかりですが、いよいよ親子英語に関しては書くことがなくなるかもしれません


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)



祝!開設10年!経ってました ☆*。. o(≧▽≦)o .。.*☆
我が家の就寝・起床時間を崩しまくっていたサッカーWカップがようやく終わりました ずっと応援していたフランスの優勝に終わり、今朝は気持ち良く休日の朝を迎えています(ママしか起きてないけど^^;;)


で、久しぶりにブログでも書こうかしらとPCに向かいふっと気づいたんです。

あれそういえばブログを書き始めたのってR太郎が2歳の頃だったような。。。

調べてみると2008/05/28(水)にブログ開設とあり。いつの間にか10年経ってました〜

もうすぐ10年2ヶ月

1歳辺りから絵本や中古DWEで親子英語を始め、読み聞かせや語りかけや掛け流し、ブログを通して英語仲間を作ったり、週3のプリスクールに通ったり、公立小に上がる前の半年はインターナショナル小学校にしばらく通ったことも。公立小に入学してからはオンラインレッスンを中心に今まできました。

R太郎、ただいま12歳。10年あっと言う間の楽しい親子英語の日々でした

これから10年後にはもうブログも書いてないんじゃないかとは思うけど、身長も中身も英語もすっかり成長したR太郎とまだもう少しだけ親子英語を続けていくつもりです。

これからもどうぞよろしくお願いします


今日はブログを始めたころのR太郎の懐かしの写真をアップしちゃいます!子鉄だったR太郎。可愛かったなぁ〜(しみじみ)

080618_20180716103423719.jpg



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
英検準1級はあと一歩でした、、、
あたた、、、
英検準1級はやっぱりギリで不合格でした

総合でCSEスコア2250点中1792点が合格点。R太郎の点数は1776点で16点足らず。きっとあと1、2問正解してたら合格だったんじゃないかな。

リーディングとリスニングはチェックしていた通りの点数で、ライティングが素点で16点中12点は欲しかったところが10点。作文内容はそこそこ良いと思ったし、スペルミスもなさそうだったんだけどなぁ~ キビシイ!

それから実は、当日集合時間ちょうどに会場に入ったらもう満席で一番後ろの席に座ることになったのですが、そこから他の受験者がページをめくる雑音でリスニング3問程がよく聞こえなかったのだそうで…。自宅での過去問が満点だったのに対して本番は素点で25/29問だったのも痛かった、、、
次回は早めに到着しようっと



ただ、これで準1級合格ラインギリギリというレベルにいることは確認できました
ママの英語レベルではR太郎のレベルをまったく計れなかったけど、問題の巡り合わせによっては受かるラインにいるんですね。

R太郎とはまだ直接話してないけど、あんなに自信満々だったのにヘコむかも。でもきっと10月も受けることでしょう

その時にはギリギリじゃなくて余裕の合格を目指して欲しいなと思います


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
友人たちが受験期の遊牧民
R太郎の小学生最後の年はの~んびりと過ごそうかなぁと考えている我が家ですが、それに対して学校や地域の多くの友達は受験年。6年生にもなると、放課後すぐから夜遅くまでの塾通いがほぼ毎日で、塾に行かない日も塾の宿題やテストで本当に一緒に遊んでもらえる時間がありません。

なので、受験しないR太郎にとっても切実な悩み。放課後遊ぶのにも一苦労の様子です

そこで面白いことに最近ちょっと遊ぶメンバーが変わってきています。


1.女の子たちと公園でおしゃべり中心(時々、鬼ごっことか)

2.塾通いの友達と塾までの時間少しだけ遊んで、別れた後は誰か遊ぶ子を探して近所を彷徨う。
 →結果、同じように彷徨っている子と出会い、遊ぶ


ママはこれを"放課後遊牧民"と命名~(笑)

ただこんな変化から今まで特に仲良しだったわけでもない子たちとも遊ぶようになり、その子たちの影響から興味も広がるようになって来ました。

今までサッカーばっかりだったのが、野球やプール、自転車での神社巡り、元素の話とかも、、、もちろんR太郎の好きな菌の話もしているようです

小学生になったばかりの頃から、「このあたりで受験しない子は、6年生になると遊ぶ相手がいなくなるよ」と先輩ママから言われてきましたが、放課後遊牧民もマイナスばかりではないのかも。

それにしても、みんなこんなに頑張って勉強をしているのに、R太郎は公文の数枚の宿題さえもやるにブーブー。もう計算ばかりはイヤなのだとか。もうすぐ終わる中2教材(H)を最後に辞める予定です

近所の公立中に入っても受験残念組が多くレベルが高いとも聞くので、さすがに夏休み明けからは中学準備で新しい取り組みを始めた方がいいんじゃないかな~とR太郎に話すと、

「私立に行った中学生たちとよく道で会うけどね、『中学になったら時間がなくなるから、小学生のうちは絶対遊んどけ。』って言われるんだよ。大丈夫、勉強はやるときになったらやりたい方法でやるから♪」

だそうで。頼もしい言葉だけど、それでも不安なのが親ってものなんだよなぁ でも、小学生最後の遊牧民生活、エンジョイしているようです


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
英検、受けてきました☆
日曜日、R太郎の英検準1級に付き添ってきました。

2級を受けた3年半前、R太郎の通された試験会場が小学生が集められた部屋だったことに驚いたのですが、なんと今回の準1級の部屋も小学校高学年から中1ぐらいのお子さんばかり。

しかも50人程入る低年齢部屋はそこ1ヶ所ではなく、同じ階にいくつか、さらに会場でバッタリ会った友人の部屋には小3ぐらいの子もちらほらいたとか。準1級でも小学生の受験生が珍しくなくなって来ているんですね。

試験終了後、できたよ!と清々しい顔で出てきたR太郎。

一番心配していた今回のライティングのお題は、「動物園で動物たちを飼育することを容認できるか」だったそう。

この問題は、以前小学校の討論会の授業でも出されたことのあるテーマで、多くの賛否の意見にあたった経験がありなかなかのラッキー問題でした



さて、そんなR太郎の反応を見てちょっとホッとしつつ翌月曜日の解答速報で答え合わせをしてみたのですが、、、

R太郎くん、、、余裕の口振りほどの点数ではありませんでしたよ。あはは

自己採点ができるのはReadingとListeningだけなので、現段階ではWritingの点数はわからないけど、ネット上で噂される(?)過去の配点を参考にするとWriting16点中12点ぐらいで合格できるのかな、と予想。微妙だなぁ

合格点が素点ではなくCSEスコアになってからは、蓋を開けてみないと合否判定できないのが辛いところ。不確かなネット情報ではなく、英検協会で過去の試験だけでも素点とCSEスコアの変換表を発表してくれたら立ち位置ぐらいはわかるんだけどなぁ

6月18日のネット上での合否閲覧開始日には、またドキドキしながらチェックすることになりそうです…



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)