苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
今年はフリマで読み聞かせ♪
ブログにも何度か書いていますが、R太郎は小1から年に1度のペースでフリマで古本や使わなくなったおもちゃを売っています。

ちなみに過去記事はこの辺に。
『すっかり板についてきた小さな店主』
『読まなくなった洋書を手放す時』

ママがヤフオクやメルカリ、はたまたブックオフで売ってしまえば一気に捌けるので楽なのですが、本もおもちゃも1つ1つにR太郎の思い出があるもの。それを自分の手で次の人に渡す経験の方を大切に考えています。

ただね、もう今年で5年目(6回目)。売れ残りの本のストックスペースも増える一方なので、今年は「アイデアを出して出来るだけ売ってくれ~!」と指令を出しました!

そこで、ネットで"フリマの極意"的ページやYoutubeで色々調べたらしく、いくつか売る方法をピックアップしていました。ネット情報は本当に便利ですね。なるほど、と頷ける売り方がいくつも。売り上げはそのままR太郎の一年間のお小遣いになるので、アイデア出しにも熱が入ります。

「それからね、お客さんとうまくコミュニケーションを取るのが大事なんだけど、英語の本の読み聞かせとかどうかな~?」

おー、これはすごく良いアイデア!
さらに看板を作ってアピールしてみたらとアドバイスすると即採用、大きなPOPを段ボールで作っていました♪



さて、そんな準備も終わり、フリマ当日はお散歩日和の快晴で、お客さんの人通りも多くとても好調な売れ行きでした。

読み聞かせも1、2歳のお子さんのいる3組のご家族に頼まれたそうで、

「ちっちゃい子達がみんな"きゃっきゃ"笑ってすごく楽しそうに聞いてくれたんだよ!」と興奮していました。

ただ、大きめのおもちゃは完売したものの、本は169冊出品して37冊の売り(これでも過去最高だけど)。まだまだ我が家のストックスペースは縮小されそうにありません、、、

来年も張り切って売ってくれ~!!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
英語でボランティア
最近のDMMのレッスンではずっとDMM Dairy Newsで読解&ディスカッションをしています。このサイトはDMMオリジナルなので先生によっての当たり外れが少なくてとっても便利です♪

前回のレッスンではボランティアに関する記事を選んだR太郎に、先生が「何かボランティアをしたことがある?」と質問しました。

ママが傍で話を聞いていると、今までいくつかボランティア活動に参加したことがあるにも拘わらず、募金したことぐらいしか思いつかなかった様子。そこで、レッスン後に今までしたボランティアの話をしました。

ママにとって今までで一番思い出深いのが、1年生の時にインターナショナルスクールで参加した『Room to Read』の活動。子ども達が家族一人一人にサポーターになってくれるようにお願いして本を読み、(読んだページ数)×(サポーターが決めたページごとの金額)を集めて発展途上国の学びに役立ててもらうという活動でした。生徒の学びで他の生徒の学びを支援するという、双方の学びになるボランティアでした。

そのことをR太郎に話すと、「あれはボランティア活動だったのか」と初めて気づいたそうで 他にも特にボランティアとして認識してなかった活動もあり、それはそれで良いことなのかもしれないけど、そろそろ意識して活動するお年頃、次への展開にも繋がるしね。

ママ自身、今まで時々ボランティアに参加していて(大震災後の後片付けなど)、最初は人を助けるつもりで始めても、結局はその経験が自分の喜びや自信になり、考え方の礎にもなっていることを強く感じるので、R太郎にも積極的にボランティアに参加して欲しいなと考えています。

その中で、やっぱり英語を使ったボランティアができれば良いなと探してきました。ママの下心もあるけれど、得意なことをボランティアに使えれば尚良し。

公立の普通の小学生にはなかなか機会が少ない英語ボランティアですが、来年はちょっとお手伝いできそうな活動があって期待です☆


※ ※ ※


Harry Potterもぼちぼち読んで現在5冊目。

R太郎も「今 "Room to Read"に参加したら大金を寄付できるね~」と嬉しそうでした。本当に後の巻になるほどページ数が増えるハリポタ。5巻はまるで広辞苑並みの厚さだぁ~(我が家のは下のリンクとは違うバージョン)



『Harry Potter and the Order of the Phoenix (Book 5)』
Interest Level:Grades 4 - 8
Reading Level:Grades 5 - 10
ATOS:7.2
Word Count:257154



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
母の忠告
「子どもにそんなに英語を教えると、将来海外に行かれてさみしくなっちゃうよ。」

これ、R太郎とのおうち英語が軌道に乗ってきて以降、ジジババたちから度々受けている忠告です。

苺ママとしては、R太郎が自分のやりたいことを見つけて、その活動の場が日本以外であるならそこに住めば良いと思っています。そのフィールドを広げるために英語に取り組んできたので寧ろ嬉しいくらい。

もしそうなれば、ママはその後はパパや友人と楽しく日本で暮らしたいな、と

で、そんな苺ママの考えをばぁばに話したところ、

「それは、きれい事よ〜。実際にR太郎が外国に行っちゃったら、心にぽっこり穴が空くわよ。」

「ぽ、ぽっこり!?」

「あはははっ〜!ぽっこりはお腹かぁ。"ぽっくり"穴が空くわよ」

「いやいや、、、"ぽっくり"って死んじゃうし!"ぽっかり"でしょ!"ぽっかり"!!」

「ぎゃははは!"ぽっくり"じゃなくて、、、"ぽっかり"?あれ?"ぽっこり"、、、」


真面目に話していたのに大笑い!
決してネタではありません

でも、R太郎の英語を応援してくれながら、こうして娘を心配してくれる母に"ほっこり"しました。

って、だから、ホントにネタじゃないんだってば〜!



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!

自由課題は英語で提出??
R太郎のクラスでは、毎週末に自由にテーマを考えて良い自由研究の宿題があります。R太郎はこの宿題が特に好きで、週末に経験したことに絡めてそれを深く調べてまとめています。

普段は日曜日と月曜の朝でネットで調べることが多いのですが、先週末は知り合いのアメリカ人のお家にお泊まりだったR太郎。今回はそのお家にあった本や海外サイトの情報、それからその方へのインタビューをまとめて、そのお家で全て終わらせて来ました。

で、帰宅後ノートを見ると、、、
なんとほぼ英語で書いてる!!(汗)


「あのぉ〜?R太郎くん?これは小学校の宿題なんだけど??」

「あ、ずっと英語で読んで話して調べてたから、書くのも英語になっちゃった〜(てへぺろ)
最後に気づいて日本語で書いておいたから、書き直さなくて大丈夫ダイジョーーブ!


確かにノートの最後の方に、こんな風に日本語で書いてありましたよ。

「この研究はアメリカの人と一緒に調べたので思わず英語で書いてしまいました。先生が読めると良いのですが。こういうことが書いてあります。〜中略(かなり短い要約)〜 (その後、研究のまとめ)」


普段の自由課題でも日本語以外に英語のサイトも参照して日本語でまとめていますが、今回は英語環境に身を置いていたから脳が切り替わらなかったのかな?

、、、しかし、そのまま平気で出すとは図太い神経 この宿題の先生のコメントが不安半分、楽しみ半分です


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
ハリポタ読書祭り中!なのだけど、、、
ただいま継続中のハリーポッター読書祭り!
ハリポタシリーズ4作目の『Harry Potter and the Goblet of Fire』を読んでいます。



『Harry Potter and the Goblet of Fire (Book 4)』
Interest Level:Grades 4 - 8
Reading Level:Grades 4 - 8
ATOS:6.8
Word Count:190858


ちょうどタイミングよくテレビで3作目から6作目までを毎週放映しているので、読み終わったばかりの3作目の『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』を英語音声で観てみました。

が!途中までは喜んで観ていたもの、、、

『だめだ、、こわくてムリ、、

とリタイア、、、
本を読む分には自分の想像の範囲内でスペクタルな世界が広がってワクワクするらしいのですが、それが映像になると怖すぎるそうで(笑)

そういえば、ずっと前にハリポタを途中でやめたのも同じ理由だったかな、、、。2作目ぐらいまでは良くても、3作目以降は小5になってもまだだったか〜

R太郎は今日から知り合いのアメリカ人の家に泊まりに行ってしまうので、残念ながら今夜放送分は観られません。

でも、どちらにしてもまだ読書でイマジネーションを広げている方が良いのかもしれませんね


日本テレビ 金曜ロードSHOW!
https://kinro.jointv.jp


10/20放送 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
10/27放送 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
11/ 3放送 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
11/10放送 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
女子力高いんだって( ^ω^ )
昨日はR太郎が、ママと消しゴムハンコが作りたい!というので二人でゴリゴリ楽しい時を過ごしました

で、図案が可愛らしいので褒めると

「クラスの女の子からも、いつも『R太郎って女子力高いよね!』って言われるんだよ

と自慢していました

R太郎の学年は男子と女子がとっても仲が良いからか、男の子にちょっと繊細な部分が見えても、ネガティブな『キモい!』なんていう残念な表現ではなく、『女子力高い!』とポジティブに受け入れてくれる友達の環境が嬉しいです

中学生になってもこんな雰囲気がそのまま持ち上がってくれるといいな〜



ところで、先週の留学フェアでの待ち時間に久しぶりに読み始めたハリーポッターに今週ははまっています。留学フェアの日に1巻読み終わり、今週はあと2冊読んだ後に映画も観たり。

我が家の本棚には既に全巻揃っているのだけど、R太郎はファンタジー特に魔法系はあまり好きではなくて、おそらく3巻辺りまでしか読んだことはありません。今回のハリポタ祭りはどの辺まで行くのかな



『Harry Potter and the Philosopher's Stone』
Interest Level:Grades 4 - 8
Reading Level:Grades 4 - 8
ATOS:5.5
Word Count:77508


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
留学フェアに行ってみました♪
最近R太郎が将来留学をしたいとよく口にするので、留学について調べ始めています。高校以降の留学はまだちょっと先ですが、中学の夏休みにホームステイなどできたら良い経験になるのではないかとか。

オーストラリアやニュージーランドは南半球なので、日本の夏休みの時期はサマースクールではなく現地の授業が受けられるとも聞き、R太郎もとても興味を持っています。そこで、ちょうど先週の土日に開催されたオーストラリアとニュージーランドの留学フェアに一緒に出かけてみました

まあ、夏休みの数週間レベルを考えている我が家が参加するようなイベントではないと思いましたが、「留学フェア」への好奇心も手伝ってね

実際に行ってみたのですが、やはり会場にいるのはほとんどが高校生のいるご家族か大学生といった雰囲気でした。

広いイベント会場には所狭しと学校ごとの長テーブルが並べられ、どのテーブルにも現地校の関係者が1名、またその横に通訳の日本人の方が座っていました。来場者は興味のある学校のテーブルの前に並んで順番に相談します。たぶん受験の学校説明フェアもこんな感じなんでしょうね。 

そんな会場に入った私達、具体的な計画もないので当然入り口で途方にくれましたよ。あー、やっぱり場違いだったかと

でもそのまま帰るわけにもいかず、リストで気になった学校に片っ端からアタックしてみました
「今はまだ小学5年生ですが、高校以降に留学は考えています。でもその前に中学生の夏休みに体験入学はできませんか?」と。

結果、オーストラリアもニュージーランドも、現地校の短期留学というと原則として1ターム(10週間以上)からで、数週間のみの体験は受け入れていないという学校ばかりでした。あとは現地の私立の学校に直接聞けばもしかして入れてくれることもあるかも、ということでした。

すると何校かそんなやりとりを横で黙って聞いていたR太郎が、

「僕は1タームでも1年以上でも留学したいんです!」

と学校関係者の方々に話し始めました
留学フェアに行くこと自体、半分めんどくさがっていたのに意外な行動

で、R太郎がそんな行動に出てくれたおかげで、どこのブースでもR太郎の英語は留学するには十分なレベルと言ってもらえました。各学校の方々も優しくて、

「留学する時は、日本の学校の成績表も必要だから学校の勉強もしっかりね。」

と話してくれたり、

「ママではなくあなたが留学するんだから、あなたが色々調べて行きたい学校、やりたいことを判断するのよ」

と資料一式を直接R太郎に渡してくれたりと、R太郎の心にも何か響く経験になったんじゃないかな。不思議と留学が近づいた気さえしました

当初の予想通り、まだまだ「留学フェア」に参加するには年齢的に早かったのだけど、オーストラリアの現地校の体験ができるエージェントも紹介してもらい、「トビタテ!留学JAPAN」からの奨学金での留学経験者の方々の話なども聞けて、情報以外にも思いもよらない収穫もあったので、思い切って参加してみてよかったです。

それにしてもR太郎の留学への想いは徐々に徐々に高まっています。奨学金や交換留学を利用して、なんとか将来行かせてあげたいな~



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!

公文の小学生教材終了!!! で?
今年3月から取り敢えず半年程の予定で始めた公文算数の小学生教材が終了しました

ブログにも何度も書いたように、途中からはR太郎の凄まじい抵抗に遭い、公文の先生に退会の相談までしたものの、教室では全く問題なく取り組んでいるということで、宿題や声かけなど工夫してもらって何とか続けてきました

この辺りが苦悶の公文記事↓
●半年限定!やったらどうかな公文式
●公文、やめるもん(^^;;)


で、R太郎が公文から帰って来るなり、

「今日ねー、遂にF(小学生教材)が終わったよというので、

「ほんと!?それはおめでとう〜!これで公文も卒業だね!」

とママもにっこり
小学生教材が終わったら辞めようと約束していたので、ようやくママも"嫌がることをさせている罪悪感"から解放されます

でも、なんと次のR太郎の返事は、

「え?辞めないよ?公文、面白くなってきたもん!」

でした。

え?えええええ〜!?

学校の友だちが多く通う公文教室。ここ最近は友だちと時間を合わせて行ったり、友だちが終わるのを待ちながら宿題をやってきたりしていました。家での宿題も数枚にしてからは、毎朝すんなりやるようにはなっていました。公文に慣れて来たのは確か。

また、肝心の計算も確実に早く正確になり、中学の数学に取り組めるというのも興味があるらしく、これからもぜひ続けたいとのこと。

正直ママは不安ですが、、、
それならまずは中学1年のG教材が終わるまでは辞めない、という条件でチャレンジさせることにしました。

苦悶だった公文、想定外にもう暫く続けることになりそうです


   

週末は南房総へデイキャンプに。この前の連休は台風で行けなかったのでせめてもの日帰りです。

R太郎が木材と丸棒での火おこしに夢中の間、炭の中の焼き林檎が美味しくできあがりました

IMG_5697.jpg


火おこしは、学校で毎週出ている自由研究課題にするはずでしたが、結局火はつかずに続きは家でもっと研究することに
その代わり今週は月曜朝に早起きして違う研究をして提出してました、、、
来週末には間に合うかな〜?


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
まさかの再読
やるべき事の他にやりたい事が多すぎて忙しいR太郎。朝5時半に起きて夜は9時半にベッドに倒れ込むまで、セカセカと何かと動いています。(テレビを見てる間も部屋の中でボールを蹴るかバットを振ってるしっ

本人曰く、止まると死ぬのだとか。やっぱりね~

小さい頃からその兆候はあったのだけど、5年生になって随分時間配分が上手になり、だけどその分さらにやりたい事が増えてきた気がします。最近は週のスケジュールに、パパやオジさんと区民プールで泳いだり、フランス語学習も入ってきて、もしかして受験組より忙しいかも、、、

そんなペースなので、気づけば読書が随分ご無沙汰でした。で、意外にも学校の読書感想文にこの本(日本語版)を選んだのをきっかけに、久しぶりにオリジナル本を読み返しています。


(再読)

『Wonder』
Interest Level:Grades 4 - 8
Reading Level:Grades 3 - 5
ATOS:4.8
Word Count:73053


顔に障害を持つ「普通」の男の子の感動ストーリー。

1年前に読んだ時は、「何度も同じ話が繰り返されるのが嫌!」(この本、多くの登場人物の視点でひとつの話が何度も描かれて進んでいくらしい。)と読了後本棚に封印していたというのに、読書感想文にこの続編を選ぶとは意外でした。聞いてみると「『Wonder』も話は面白かったんだよ。」と。へ~

去年の今頃は読書マラソンと銘打って本を渡していたっけ。また色々本を薦めてみようかな、、、にしても読書の入る余地のなさそうなR太郎の生活。時々でもいいから良い本に触れていて欲しいです



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
親子フランス語のイマココ
親子フランス語、毎日10分1日も欠かさず取り組んで3週間になりました

このブログを読んでくださっているのは、ほとんどが親子英語、おうち英語に関心がある方々で、「親子フランス語」にはあまり興味がないかもしれませんが、、、

取り組んでいるのは前の記事でも書いた無料アプリDuolingo 。PC版より使いやすいiOS版です。学習使用言語を日本語に設定すると英語しか学べないのですが、学習使用言語が英語なら現在29言語学べます。(その中に『スター・トレック』や『ゲーム・オブ・スローンズ』の登場人物の言語もあります

各言語利用できるサービスの違いはあるようですが、iPhoneのフランス語学習では読む、書く、聞く、話すの4技能が学べ、さらにBotというAIのキャラクター達とも擬似会話もできるんです。このBot達は色々なキャラクターによって話し方や対応も変わるのでそれもなかなか面白〜い

それから、学習するたびにもらえるポイントを、週単位で他の学習者と競えるのも継続の秘訣。R太郎が自ら管理人になっているClubではママを含む15人の参加者と順位を競っているので、管理人として負けるわけには行かないと毎日取り組んでいます

言語学習に大切な反復と継続がゲームをするように楽しんできるので(ゲーミフィケーションってやつね)、英語で第二外国語を学習する取っ掛かりには最高にオススメのアプリです。

ただ、これでもかという程同じ単語や文章を繰り返すし、ライティングもあるのであまり小さなお子さんには向いていません。英訳も求められるので英語も書けないとNG。学習習慣がついている年齢で、さらに英語が読み書きできる子向けだと思います。(もちろん大人も!)

Duolingoは初心者レベルまでしかないようですが、それが終わるとどの程度フランス語を理解できるようになっているんでしょうね。さしあたり目標は親子英語で大人気の『Peppa Pig』のフランス語版動画を観ることかな

今ここ↓(笑)




ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
関連記事