苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
中学生になりました( ´ ▽ ` )ノ
R太郎が中学校に入学しました

学年の半数が同じ小学校から入学している上、R太郎は小学校時代から何かと活動範囲が広かったので、他の小学校からの同級生も知り合いが多く一気に友人関係が広がったそうで。担任の先生もクラスの雰囲気もとても良いらしく、まずは一安心

部活動は、こちらも上級生の知り合いが多いので、運動系・文化系ともに勧誘が激しいということ。

「サッカーはもう十分やったから他の部にする」と話していたのに、下校時に校門でサッカー部のかっこいい先輩が待っていて、以前R太郎が活躍した試合のゴールの話をしつつ勧誘されたということで(その試合の相手チーム選手だったそう)、すっかりドキュンとハートを打たれた模様

またサッカーをやるのかなぁ~(小学校では何かとママの手伝いが大変だったので、その辺だけが不安...

  


スマホはパパのお下がりのiPhoneでSIMは使えないものの、最近は行動範囲のあらゆるところにWi-Fiが飛んでいるのでLINEの輪も広がっています(友だちとの電話もLINE電話で)。

中学受験組の友だちや、英語スクールのクラスメートなど、他の中学の友だちも一気に繋がり中

実はママとしては、友だちとLINEで繋がるのはトラブルの元にならないかと不安だったのですが、自分たちでルールを守って使っているので今のところ問題はありません。小学校でも高学年からSNSのメディア・リテラシー教育を盛んにしてくれていて、家でもよく話題にするので他のご家庭でもそうなのかもしれません

ともかく、まずはなかなか良いスタートを切れたようでよかったです。もうすぐティーンズの仲間入りのR太郎。これから3年間の中学生活を謳歌して欲しいな


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
今春はママとバックパッカーの旅
小3から毎年恒例の青春18きっぷバックパッカーの旅。
4回目となる今年の春休みはパパが仕事で忙しいため、ママとの8日の旅に行ってきました

小4からはR太郎が旅程を全て決めて宿も予算内で調べて予約してくれ、ママは旅にお供するのみ。事前に日々の予定をあまり聞いてないので毎日どこにいくのかワクワクです

今年は関西・山陰山陽地方。大阪で大仙古墳(仁徳天皇陵)&お好み焼き、明石で子午線&明石焼き、岡山で倉敷美観地区、広島で平和記念公園、宮島・厳島神社&広島風お好み焼き、そこから山越えをして島根で出雲大社、鳥取で砂丘。そして最終日は鳥取→東京の間で宿泊するために地図ルーレットで決めた滋賀の石山寺。

教科書に必ず出てくるスポットと粉もの(○○焼き)の旅ですね

宿はすべて一人3~4千円ぐらいでしたが、今回も一箇所だけゲストハウスに宿泊しました。

夕飯あたりに宿に着くと、宿泊客のみなさんでお好み焼きパーティー(あー、ここでも)をやっていて飛び入り参加。中国やオーストラリアからの観光客、1年間のヒッチハイクを始めたばかりの青年、ピースボートに参加していた女の子、青少年の国際交流団体で働いている男性、災害ボランティア帰りの男性、、、と、我が家ではなかなか普段お知り合いになれないような方ばかりで興味深い話が聞けました

逆にみなさんにとっては私たち親子の旅が面白いらしくて、小学生の頃そんな旅をしたかったと羨ましがられ満更でもないR太郎。次から次へと質問を受けてました



ここで、英語育児ブログ的なことを少し。

宿泊者の中に、日本語の話せないオーストラリア人の女性と会話できる人がスタッフ以外に少なかったので、ママはR太郎が話せることを公表したのですが、、、

「ママ、余計なこと言わないでよ!」

と、なかなか英語を話さなかったのが意外。
結局周囲から促され、ママとも席が離れたところでようやく話していました。夏休みには単身オーストラリアに滞在するので現地情報を聞けたみたいです。

旅行中も外国人の方と話す機会が何度かあったものの、自分からはなかなか話さないんですよね。

英語スクールや学校では発言力が高いと評価されているのですが、こういう「お膳立てされてない場」でも話しかけられるようになるのが課題ですね。まあ、思春期突入直前の12歳の子が日本語で大人と対等に話すのも話題に困るのに、外国人と英語で話すことを躊躇うのも当たり前なので、それも場数が必要なのかな



そんなこんなの8日間。とても長く疲れましたがまたいつか一緒に行ってみたいです。R太郎が一人旅を始める前に


IMG_4562.jpg



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
小学校を卒業しました
R太郎が地元の小学校を卒業しました

今どきの小学校の卒業式は噂通り袴の女の子が多く驚きましたが、みんな可愛らしくてとても華やかな雰囲気になりますね

子ども達ひとりひとり入場する顔を見ているだけで、低学年の頃のそれぞれの様子を思い出してまた涙腺が、、、

式後はお天気も良く、R太郎は校庭でたくさんの友だちと写真を撮りまくっていましたが、後で見返してみるとママやパパとの家族写真がありませんでした、、、あらら

R太郎は小学校の6年間、本当に楽しい毎日を送ってきました。友だちにも先生にも恵まれて、サッカーやブラスバンド、その他の活動にも積極的に参加し、放課後も大いに遊び、卒業を迎えても良い思い出ばかりが思い起こされます

そして、もう数週間後には中学生。
中学校も地元なので、国・都・私立中組が抜けるものの小学校の半数程のお子さんが同じ中学に進むようです。なので、本人も親もまだあまり実感や緊張がありませんが、中学生は小学校生活のようにやりたいことばかりはしてられないのでしょうかねぇ

でも!
中学生になってもR太郎は彼らしく、やりたいことにどんどんチャレンジして欲しいな、と強く願っています。もうママと一緒に行動することは少なくなるのかもしれないけれど、まだまだサポートだけは必要でしょうから、ママのモチベーション維持の為にもブログも書いていきますよ〜

中学生ブログもよろしかったら遊びにいらしてくださいね


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
友人たちも英語塾へ
R太郎はもうすぐ小学校を卒業し来月には中学生になりますが、中学受験を終えた友だちが最近英語塾に入ったという話をよく聞きくようになりました。

中には大手塾や英会話スクールではなく、中高一貫校生専門塾と呼ばれるところに通い始める子もちらほら。大抵は規模はそこそこありながら、街にひっそりと大きな看板や広告は掲げずに経営しているようなところ。しかも、どこの塾もなかなか個性的な教授法で、英語育児ブロガーとしては興味津々です(笑)

英語でも他の教科でも、そんな会員制クラブみたいな塾ってあるんですね(たぶん首都圏に密集しているのではないかと思いますが)

ただ、授業料は大手塾や英会話スクールの比ではないことが多く、中学受験をして、私立中に通いながら、さらにこういった塾にさらっと通わせられる親御さんの経済力
、、、、、、がんばれ我が家

そういえば、小学生では帰国子女の保持教室もかなりクローズドでしたが、中高一貫校生向けの塾も公立中生からしたら入口すら見つからないものですね。入塾情報と入塾資格、授業料といろんな意味で

まあ、R太郎の今通っているスクールのお子さんも中高一貫校生が多いようなので、今のネット社会では情報さえ見つけることができれば公立中生でも通いやすくなったのかもしれませんが

日本語を習得するのと同じタイミングで、小さい頃から時間をかけて習得してきたおうち英語っこ。一方、ここから猛スピードで英語を習得していくだろう中学デビュー組。確かに英語力だけを見たらすぐに追いつかれそうです

ただ、我が家の方針は、最終的に目標とするレベルの英語力があるわけではなく、R太郎の今までそしてこれからの成長過程で英語を自由に使えることで視野を広げて欲しいというもの。(我が家の英語育児の目標はこちら)

R太郎が1歳か2歳ぐらいから始めた早期英語教育。
その年齢なりに英語力があったことで、今まで数え切れないほどの良い経験をし、それが少なからずR太郎の今の人格に影響を与えてくれていると思えるので後悔は全~くありません


友だちと一緒にオンラインゲーム中、時々外国の人たちとボイスチャットしながら友だちに通訳してあげているR太郎。友だちも一度習った言葉を次に使ってみたりと積極的に英語を話しています。結局、塾に行くよりこの方が一番習得が早いのかもしれませんけどね~



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
卒業イベント盛りだくさん
もうすぐ小学校を卒業するR太郎。学校では先月から卒業イベントが盛りだくさん。

保護者参加のイベントもあったのですが、他校に異動された元担任の先生方もいらして盛り上がり、これが手作りのとっても良い会で卒業式前だというのにフライング泣きしてしまいました

  


英語スクールの方も学期末となり、その最後に特別発表会がありました。

R太郎のクラスは少人数の特別クラスで、英語は既に身についている子どもたちが英語を使って様々な取り組みをし、内容も中学生と一緒なだけありなかなか高度なので楽しみにしていたのですが、発表の内容や先生方との質問のやりとりは英語が苦手なママには正直半分ぐらいしか理解できず チーン...

まあ、ママの理解が追いつかなくとも、R太郎が本当に楽しいと感じられるスクールと出会えたことに感謝

今は英語力向上という目的よりも、R太郎の好奇心を掻き立てその使い方を教えてもらっているのですが、これを身につける段階で英語力が向上しないわけがないと思います

おそらく中学校での英語とは全く異なる勉強法ですが、中学での成績は別と考えてスクールの方も長く続けさせてあげたいなぁと

      

ところで、毎年恒例の『青春18きっぷの旅~Produced by R太郎』の旅程がほぼ決まりました

2018年の旅のブログ記事→
2017年の旅のブログ記事→

今年はパパが多忙のためママとの二人旅。春休みに1週間旅に出て来ま~す

今回立ち寄るのは倉敷、広島、宮島、出雲大社、鳥取砂丘などなど。ママにとっては初体験のゲストハウスにも泊まるそうなのでどんな旅になるのかドキドキです



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
中受組が帰ってきた~♪
R太郎の中受組の友だちがみ~んな放課後の遊びに戻ってきて、もう本っ~~~当に毎日楽しそうです!

R太郎の学校は中学受験をするお子さんがとても多く、5年生辺りからは土日休みは遊ぶ友だちが少なくなり、6年生は放課後にさえ遊べる友だちもぐっと減りました。(放課後遊牧民で仲良しの友だちも広がりましたが^^)

そして今年に入ってからは追い込み勉強やインフル対策で学校を休む子も多く、まさに試験期間の数週間は10人程しか登校しない日もあったので、授業もお楽しみイベントのようにの~んびりモードだった様子。

そして、ようやく、よ~うやくみんな受験が終わり戻ってきました~!!!

受験勉強を頑張って来ただけあって、多くの友だちが一緒に近所の公立中には進学しないのだけど、これからも繋がれるようにとこの一週間でLINEやメルアドを交換し、放課後は外で、夜はオンラインゲームでキャッキャとテンション高い。

玄関に脱ぎ捨てられた運動靴を見て、あ~久しぶりに靴の中に草や小石が入ってるわ、とちょっと嬉しくなります(笑)

      


ところで、今回のブログのカテゴリは一応「英検」にしてみたのですが、、、

前回のブログで書いた通り、時間配分をまったく考えなかったという信じられない失敗があったので、解答速報も見る気がしなかったR太郎の初の英検1級チャレンジ。昨日ネット合格発表がありました。

もちろん結果は不合格

まあ、ライティングの清書時間が足りず、リーディングの中では得点源だった長文も時間切れだったのですが、リーディング、リスニング共に一番最初に取り組んだ過去問よりは点数が良かったので、時間配分をしっかりすればもう少し得点できたかな。

で、1/3程しか清書できなかったライティングは0点を覚悟していましたが、32点中14点と思ったより点数がついていました

「全部清書できてたら満点だったんじゃない 内容には自信があったんだよね~」

と、どこまでいっても能天気。。。

さぁ、次は受けるとしても中学生、試験を受けるスケジュールも難しくなるかもしれません。現に、もし次回6月に受けるとしても、二次試験の日程に既に動かせない予定が入っているので一次試験も受けるかどうか迷ってます、、、

次はいつになるかわかりませんが、iPadでのmikanちゃん(1級用)の単語学習は3周目に入ったようです。またチャレンジする気はあるようですね



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
英検1級、とんでもないものを忘れてました(´Д` )
日曜日、R太郎の英検1級受験について行きました。

準1級合格からたった2ヶ月しか経ってないので、合格の可能性はないに等しいものの、「小学生の内に1級に合格したい!」というR太郎の最初で最後の挑戦です

まあ、一応は3回分の過去問に取り組むも、結局は第一段階の目標点(合格までは遠い点)止まりだったので今回の合格はライティングが超高得点でもない限り難しいのですが

道すがら、

「ところで鉛筆は持って来たよね?」

「・・・・!!」

「え!?忘れたの!?消しゴムは?」

「・・・・か、買ってくる自分のお金で買うからっ」

忘れ物キングのR太郎。それでもさすがに英検の朝は本人も腕時計や受験票を何度も見直してしていたので、ママとしても完全に盲点でした。

、、、ていうか、何しに行くんですか~!!! ふ~、試験前に気づいて良かった

あ、ブログタイトルの忘れ物ですが、、、鉛筆ではありませんよ。



話が長くなりましたが続けます。

そうこうありながらも、無事に試験会場に集合時間よりかなり前に着き、リスニングに支障のないように前の方の席を確保できました。以前、準1級で集合時間ギリギリに着いて会場の一番後ろに座ったために、リスニング最中のページめくりの音でよく聞こえなかったということがあったのでここは手抜かりなく

そして2時間半後に出てきたR太郎。

「ダメだった、、、なんでかわからないけど、、、、時間がなくてライティングの清書が間に合わなかった、、、。」




 時間が足りなかった

今までのR太郎は、英検でも他のテストでも時間が余ってしまいその時間の使い方ばかりを考えていました。だから今回の英検直前でR太郎が立てた戦略は、リーディングで疲れる前に、一度英作文のラフをよく練り、リーディング問題が終わってから清書する。

でも、試験中気づいたら時間が足りなくて折角書き上がっていた英作文を解答用紙に書けなかったとか。だから、ライティングは疎か、得点源だった長文読解も1話分途中になり適当に解答したそう。

そこで気づきました。

一度も時間を測って過去問に取り組んでなかったんだ!

いや、考えてみればどうしてこんな基本的なことを忘れていたんでしょうね〜
過去問もリーディングとライティングは別々に取り組んでいたのですが、正直、時間が足りなくなるなんてこれっぽっちも考えていませんでした(苦笑)



そんなわけで、翌月曜日の解答速報もまだチェックする気にもなりませんが

R太郎本人は、さすがに試験直後は凹んでいたものの、「中学生になってから再挑戦すると言って、iPadで出る単のmikanちゃん(1級用)を熱心にやってます。

そうだね、次回はきちんと時間配分も練習して再挑戦だ〜



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
今年もよろしくお願いします☆
2019年1月も半ばとなり、今さらですが、、、
今年もどうぞよろしくお願いします

今年も飽きもせず、もはや親子英語ではない?ただの育児ブログを今年もぼちぼち更新して行きます


年末年始は毎年のお正月と同じく、ジジババの家に泊まってゆったりとした時間を過ごしました。R太郎は映画『ボヘミアンラプソディー』の影響でクイーンの曲に完全にドハマり。YouTubeでライブ映像を漁り、ピアノの楽譜を入手して弾き語り、ギターを練習してみたり、歌詞を訳してネット上の数々の日本語訳と比べたり、、、。

さてこれも今さらですが、毎年お正月明けぐらいまでには親子英語の抱負を書いてきましたが、今年はどういうわけか思いつきません。もう4月からは中学生なので、いよいよ「親子英語」としてママが関わる時期ではなくなるからかもしれませんね



実は、R太郎とは何年か前から中1の夏の短期留学を約束していて、留学フェアに足を運んだり(過去記事)ネットで色々と調べていたのですが、この冬休み中にようやく行き先を決めて申し込みました。

今年の夏休みに単身で3週間のオーストラリア
現地の学校に通い、その学校の同級生の家にホームステイします。

中学では運動部に入部したいR太郎。夏休みといえど本当に3週間も行けるのか不安もありますが、本人はこちらを最優先で考えるということなので早々に申し込んでしまいました。現地のエージェントにお願いするのでオーストラリアドルの安い内に


今年は中学の生活やオーストラリアの現地校体験、ホームステイ生活と成長の年になることは間違いないでしょう。英語も「親子英語」から抜け出して、様々な場面で刺激をもらい成長できればと思います


この一年も楽しみです


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
今年もフィンランドのクリスマスパーティーへ☆
毎年お邪魔しているご近所さんのクリスマスパーティー。
フィンランド出身の方なので、毎年お料理もお国のクリスマス料理です

集まってくる方もみなさんフィンランドに住んでいたことのある方ばかりで、会話が英語ならまだしも時々フィンランド語に切り替わるとお手上げなのですが(笑)

毎年子どもたちに作らせてくれるフィンランドの伝統お菓子「ヨウルトルットゥ」

20181225.jpg


サンタの帽子をかぶりながらヨウルトルットゥを作る子どもたちは、さながらサンタのお手伝いエルフたちです
毎年のお仕事なのですっかり手際よくなりました

まだまだお子ちゃまなR太郎ですが、このパーティーでいつもお会いする方から、R太郎へ英語でのお手伝いの話もあったので来年はそれも出来たらいいな

クリスマスが過ぎたらもう1年も終わりですね。クリスマス前に遊びすぎてまだ年内にやるべき仕事がいくつも残っているママなのですが、、、


今年もブログをお読みいただきありがとうございました!
みなさま良いお年をお迎えください


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
ママ友ランチもそろそろ卒業
小学校の保護者会前にママ友たちとランチ

受験組はもう年が明ければ本番が始まるので丸っと1月から学校を休む子も多いとか。今までずっと頑張って来た同級生たち。いよいよ本当に学校どころではない毎日のようです。

そんな中、周りの子の時間がないからか、R太郎は学校の色々な委員やイベントのまとめ役を次から次へと引き受けて忙しく。個人面談では担任の先生から、

「いや〜、R太郎君のアポをとるのが大変で。『朝はブラバン、中休みは○○○のイベント準備、放課後は△△△委員の話し合いですから2日後の放課後にしてください』なんて言われるんですよ。ははは!!」



帰宅後も毎日暗くなるまで外で遊び、習い事やピアノ練習やオンラインゲームをしたらもう寝る時間。カッと寝たらまた翌朝はブラバン。

折角受験をしないのだからもっとの〜んびり過ごさせたいと思っているのに、時間を目一杯使う性格だから仕方がない。。。でもせめて1月の英検の勉強の差し込める余裕は欲しいな。

そんな話をママ友にしたら、

「R太郎君はもう中学生活に焦点が合ってる感じだね〜」

そうかぁ、中受組はそれどころではなかったか
今は一番中受組と公立進学組の話の共有ができない時期です

気づけば仲の良いママは揃って中学受験組。
R太郎が中学生になったら、ママもママ友が一新することになるんだなぁ(ご近所だから友だち付き合いは続くけどね)

ちょっと、いやかなり寂しい...。

「ママなら新しいママ友も沢山できるでしょ♪」

そうかな。中学生ママになったらママ友作りに勤しみます〜


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)