苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
3年生で使っているワークブック
年も変わり、そろそろ3年生の終わりも見えてきたので、3年生で使ったワークブックのことをまとめておこうと思います。

オンラインレッスンで週1~2回程度の取り組みなので数は少ないのですが、どこかに書いておかないと忘れてしまいそうです


【終了したワークブック】




Spectrum Writing, Grade 3


(取り組み期間 2014.5~2015.7)
2年生の5月に始めたライティング・ワークブック。
作文のポイントが基本からしっかり身につきそうな教材ですが、オンラインレッスンで取り組むには先生の力量が物をいいます。取り組み途中でライティング教育に長けたアメリカ人の先生が辞めてしまい一時中断。暫く良い先生が見つからず、ようやく出会ったセルビア人の先生にお願いして1年以上かかって終わりました。
このワークブックの後半からは、ひとつの作文を、アイデア出し→下書き→修正→校正→本番という流れで何度も書き直す作業が入ってきます。ただ単に書きっぱなしではなく、こういう作業は大切だとは思うのですが、R太郎はそこが嫌でこのワークを倦厭するようになってきたので、仕方なく「修正」段階まで書けば良しとしました。
(アマゾンで“なか見!検索”できます)






Wordly Wise 3000: Book 3 : Systematic Academic Vocabulary Development


(取り組み期間 2015.1~8)
3年生の夏休みまでは、こちらのボキャブラリー教材も。
人気のこのワークブックですが、1単元で10単語の意味を、類義語、熟語、長文読解など様々なアプローチで定着させるというもの。1単元が12ページ程ですが、オンラインレッスン1コマ(25分)で2~3ページずつ取り組みました。
オンラインの先生もこのワークブックを大絶賛。その後、学年相当のBook4に取り組もうかと検討中。





【現在取り組み中のワークブック】




Daily 6-Trait Writing, Grade 4 (Daily 6 Trait Writing)


(取り組み期間 2015.9~)
Spectrum Writing Grade 3の後、学年相当のSpectrum Writing Grade 4に進もうかとも考えましたが、Spectrum Writingに若干飽きてしまったので、次は以前Grade 2でも取り組んだことのあるこちらのシリーズに。
このシリーズについては以前の記事にも書きましたが、月曜から木曜のワークで学んだことを元に最終日の金曜に作文を書く、という1単元5日間で完成する流れになっています。
オンラインで取り組む我が家は、4日分をレッスン2コマで学び、作文を3コマ目に提出して、先生と一緒に見直しするスタイルで進めています。







Spectrum Science, Grade 3


(取り組み期間 2016.1~)
ボキャブラリー教材として次はWordly Wise Book4 (Grade4相当)に進もうかとも迷いましたが、Wordly Wiseが授業で必要となるアカデミックな単語が多かったことを思い出し、それなら教科の学習から単語に触れた方が知識も増えて一石二鳥かなと考えました。
いつかは取り組みたいと手元にあったのがこちらのサイエンスのワークブック。フルカラーで、欄外にしっかり重要単語の説明も載っていて、長文読解の他に、自分の予想や意見も書けるようなワークブックです。(アマゾンで“なか見!検索”できます)
このワーク、親子英語のお友達も何人か取り組んだことがあるようで、みなさん書かれているのは「難しい内容」だということ。確かに、問われていることが問題の長文に直接は書かれてないものもあり、ボキャブラリー以前に内容が手強そう、、、
既にある程度知識があって、その上で取り組む教材という印象です。アメリカのサイエンス教育は日本より進んでいるから中学年でもこんな内容なのかしら?
それでもR太郎はサイエンスの知識はある程度あるので、試しに取り組んでみようと思います。G3向けとG4向けで見比べてみたところ、G3の方は日本の小学校3年で習う分野もいくつかありそうで、学校の授業ともリンクできるかも♪




こうして並べてみると、今ワークブックで学ばせたい力はライティング(作文)とボキャブラリーなんですね。ライティングは体系的に学べて、オンラインの先生が教えやすく、R太郎が楽しんで取り組めるものを選んで行きたいと思います。ボキャブラリーは単体ではなく読書などの中から触れられれば良いのですが、それではボキャブラリーの範囲が限られてしまうので、やはりワークも必要かなと。

それから、小学生になったらできれば英語で教科学習も、と考えていましたが、算数の計算はそろそろ日本の方が難易度が高く、例えば分数の読み方が逆なので混乱するという話もよく聞きます。社会はアメリカに特化したものも多くいまいち良い教材が見つからず。そこで今の所一番取り組みやすいのは理科。英語と日本語で理科の単語や知識に触れて、深く学ぶことができればそれが理想です!


ボキャブラリー・ワークブックを追加
日に日に夕暮れ時間が早まるこの頃。
帰宅後すぐに遊びに行ってしまうR太郎の帰宅時間が、夏に比べて1時間程早まりました。その分、家庭学習の時間も、その他諸々の時間も余裕ができて嬉しいママ♪
今週は、一緒に餃子を作ったり、妖怪メダルを探しにコンビニ巡り〜なんて時間もできてます!(英検2級のお祝いが、ケーキから妖怪メダルに変わったのでね ^^;;;)

それでも英語に割く時間はあまり増やせないので、結局今の我が家の1日の英語学習の時間は、

【隙間時間の読書 + オンラインレッスン=約1時間】

つまり、学習させたいものは全て、25〜50分のオンラインレッスンの時間に集約してやって行こうと思っています。




以前から書いているように、今までオンラインでは、Dogo Newsなどの子供向けニュースサイトの記事レッスンとSpectrum Writing, Grade 3をメインにしていますが、もう一つ、語彙のワークブックを追加しようと思い立ちました。

きっかけは、ママはTESOLホルダーさんの『子どもの語彙力を上げる学習法』という一連の記事の中で、

間接的語彙学習(多読など)と直接的語彙学習(語彙ワークなど)をお互い補完的に用いることで、より効果的な語彙学習ができると言われている。

という部分に共感したからです。今までほぼ多読だけで得て来たR太郎の語彙力ですが、レベルアップさせるためには、語彙ワークも取り入れた方が効率的で、また語彙力がつけば今後も年齢相応のコンテンツを楽しめるのかなと思いました。

そこで、まずはママはTESOLホルダーさんを初め、U_kさんなおぱぱさんと、英語育児ブログの、R太郎と同世代組の方々がオススメの語彙ワークブック『Wordly Wise 3000: Book 3』を検討してみました。


でも、「とても良い教材だけど、教科書的で少しとっつきにくそう」、「解答が別売りで、丸付けしようにも親の英語力も必要かも」(実際オンラインの先生にお任せするのですが…)、 という印象受け、我が家がいきなり取り組むには難しいか…と不安になりました。

そこで、今回は見送り、まずはもう少し取り組みやすそうなワークに取り組むことに。




そして決めたのがこちら!
このワークブックも親子英語のみなさんの中では定番です。


240 Vocabulary Words Kids Need to Know: Grade 3: 24 Ready-to-reproduce Packets That Make Vocabulary Building Fun & Effective240 Vocabulary Words Kids Need to Know: Grade 3: 24 Ready-to-reproduce Packets That Make Vocabulary Building Fun & Effective
(2012/05)
Linda Ward Beech

商品詳細を見る


↑上のリンクはアマゾンですが、PDFデータのe-bookであれば、1ドルセールで有名なScholastic社Teacher Expressから$8.44(2014年11月12日現在)でダウンロードできます。このサイトからは全ページの中身もチェック出来ます。


1レッスン3ページ。各レッスンで10個の単語が選択問題、穴埋め問題、ライティング問題、パズルやクイズと様々な形で出題されます。どれもそんなに難しい問題ではないので、24レッスン(240単語)をオンラインレッスンでお願いすればサクッと終わってしまうかも♪

取り扱われている語彙も、知らない単語が半分か1/3ぐらいのようなので、難易度としてはちょうどイイ感じ。

当分はこの語彙ワークブックをやってみて、もし早く終われば、今度は『Wordly Wise 3000』にも挑戦してみようかな(^ ^)





オンラインにイイ感じ♪ノンフィクションワーク
オンラインレッスンでノンフィクションストーリーに取り組む時は、Time For KidsDOGOnewsなどの子供向けニュースサイトを使っています。

ただ、こういうサイトは読んで内容を把握し、質問に答えたり意見交換もできるものの、語彙がR太郎にはまだ少し難しく感じています。対象は小学校中学年以上なのかな。

そこで、これらのサイトで少し背伸びした語彙に触れつつも、他にレベルのピッタリあったノンフィクション記事で、R太郎が楽しく取り組んでくれそうなものを探していました。

で、見つけたのがこれ♪


Nonfiction Passages With Graphic Organizers for Independent Practice: Grades 2-4Nonfiction Passages With Graphic Organizers for Independent Practice: Grades 2-4
(2005/12)
Alice Boyton、Wiley Blevins 他

商品詳細を見る


上のリンクはアマゾンの商品ページに飛びますが私が実際買ったのはここ。1ドルワークブックセールで有名になりつつあるスカラスティック社の教師向けサイト。1ドルセール以外にもちょくちょくセールをしているようでPDF版を3ドルセールで買いました。(1ドルセールのラインアップにあったかどうかは不明。)FaceBookやTwitterでフォローしておくとセール情報が届くのでおススメです♪


さて中身はこんな感じ。(スカラスティック社のサイトからも全ページ確認出来ます)

20140308a.jpg20140308b.jpg
20140308c.jpg20140308d.jpg

上の写真のユニットは、『ハリーポッター』や『101』に出演した動物達のトレーナーさんへのインタビュー記事です。

1ユニットで4ページ。最初の2ページは写真付きの記事。3ページ目で記事の読解。4ページ目は記事や他の資料をまとめたり、自分の考えを書くというのが基本構成です。

対象年齢(Grade2-4)、ページ数、社会と理科のバランスがとれたテーマ、写真を多く使った楽しげな雰囲気の紙面構成が、25分間のオンラインレッスンで興味を持って取り組んでくれるのにちょうどイイ感じ。

我が家では最後のページは宿題にしているので、余った時間はそのテーマについて先生がネット検索しながら話し合うぐらいの余裕があります。この話が盛り上がると宿題も俄然やる気に☆

文を読んでの読解だけでなく、記事中やネットや図鑑の資料を参考に表を埋め、更に自分の意見も書くというスタイルも、今後ノンフィクションの文章を読む上で身につけるべき学習方法の基礎にもなると思うので気に入っています。

イラストばかりのノンフィクション・ワークブックへの興味がイマイチなR太郎のようなお子さんにもおすすめのワークです♪


ライティングのワークブックを次へ
去年夏休み明けから開始したライティングのワークブックを終了しました。


Spectrum Writing, Grade 2Spectrum Writing, Grade 2
(2006/12/25)
Spectrum

商品詳細を見る


このワークはその前に取り組んでいた『Scholastic Success With Writing, Grade 2』と違い全ページカラーではあるものの、もう少し堅く教科書的で、作文に大事なことを何度も確認しながら進めて行く作りになっています。

また、前半こそ絵を描いてそこに数行の作文という課題ですが、最終的には文字だけの作文となり、求められる文章量も長め(といっても10行程度ですが)。一度書いたものを文法や内容をチェックし再度書き直す作業もあり、とてもじゃないけど英語苦手な苺ママが見てあげられるワークではありませんでした。

まあ、それは最初から覚悟の上だったので、早い段階から、何枚か書いてはオンラインの先生に送ってチェックしてもらう方法で取り組んで来ました。

R太郎は、良い作文のテーマを思いつくとスラスラ書くのですが、テーマが見つからないと筆が進まず、、、。オンラインのレッスン日までという締め切りがなければ続かなかったんじゃないかな。こういう意味でも外注にして良かったワークでした(^-^)。


さて、次のライティングのワークはこれに決まり!


Daily 6-Trait Writing, Grade 2Daily 6-Trait Writing, Grade 2
(2008/09)
Barbara Allman、 他

商品詳細を見る



これも作文の書き方のワークですが、学校の先生が生徒に渡すプリントと、授業の方法がセットになっているもの。“Idea” “Organization” “Word Choice” “Sentence Fluency” “Voice”の5つのユニットで構成され、各ユニット5週間で終わります。1週間は5日分で月曜から木曜のワークで学んだことを元に、最終日の金曜に作文を書く…という流れのようです。

5週間×5ユニットで、普通に取り組めば半年。我が家はアメリカのワークブックを使用しているので、夏休みには学年の進級時期に合わせてGrade3のワークを始めるとすると最後までは取り組めない可能性もありますが、『Spectrum Writing』の次のワークとしては良さそうな気がします。また様子を見て内容を書こうと思います♪



一緒に楽しんでます♪MAD LIBS JUNIOR
3月の英語で遊ぼう会にゆ~ママさんの持ってきてくださったこのワーク。実は苺ママもずっと以前から気になっていたのですが、ようやく対象年齢になってきたので購入してみました。
ゆ~ママさんの「R太郎君好きそう♪」という予測通りヒット中(^^)


Super Silly Mad Libs JuniorSuper Silly Mad Libs Junior
(2004/02/02)
Roger Price

商品詳細を見る

↑Amazonのページから中身が見れます。

このワーク、物語の一部が何カ所も空欄になっていてそこを埋めて文章を完成させるというもの。

IMG_9753.jpg
↑クリックで拡大


埋める単語は見開きの単語リストから選択。単語リストは名詞、形容詞、動詞、MISC.(これはよく分からないのですが、ここでは体にまつわる単語が載っています。)に分かれていて、この空欄には動詞を入れる等どこにどんな品詞が入るかは決まっているので、そのカテゴリーから選んで書き込むだけ。あまり難しく考えなくても、リストから適当に選べばSillyで笑える物語が出来上がるというわけ♪

物語は「MY PET」「HOW TO CLEAN YOUR ROOM」といった日常的なものから、「SECRET CLUB」「MONSTER UNDER THE BED」なんて、そそられるものまで。

この単語遊び、R太郎が4歳の時にやっていた手作り教材『Silly Sentence』を思い出します。本当にR太郎はこういう言葉遊びが大~好き!

最初は一人でやっていましたが、今はコピーして同じタイトルを二人で作って見せ合って大笑い(^o^)

欲を言えば、選べる単語にもうちょっと幅があるといいかな。形容詞は「silly」「yucky」「stinky」「nasty」と、子供が好きそうな汚い臭い系(^^;)が揃っているのは食いつきが良いものの、90%の確率でその辺を選んじゃう。

出来ればもっと普通の単語で笑わせて欲しい(^^;)

『Mad Libs Junior』シリーズはアマゾンでもたくさんあるので、今度はSuper Sillyではないのも試してみようかな♪

これなんて、シンデレラやラプンツェルなど有名な昔話やマザーグースなどの物語を題材にしていて面白そう~!

Once Upon A Mad Libs JuniorOnce Upon A Mad Libs Junior
(2004/02/02)
Roger Price

商品詳細を見る

↑これもリンクから中身が見れます。


これがライティングや文法の勉強になるのかは分かりませんが、「書くことを楽しむ」のにはとても良い遊びだと思います(^^)