苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
サイコロチャレンジ読書、その後
以前記事にした『サイコロチャレンジ読書記録』。これが思った以上に反響があったので続編。

実物はこんな感じです。

IMG_2366.jpg

最初、和書だけに限っていたら洋書を読まなくなってしまったので、最近は洋書もカウント。感想がルー語になっているのはご愛嬌(?)

写真をクリックすればちょっとだけ拡大されますが、本当に汚い字なのであまり拡大しないでくださいね(矛盾してますね…それにしても見苦しい…)
でも、本人は楽しんで取り組んでいるのはわかっていただけるかも?

読書記録で一行感想を書くのではなく、書くテーマをサイコロの出た目で決めるという、ちょっとしたゲーム感覚がワクワクするらしく、それが感想にも表れているんじゃないかと思います。この取り組みはとてもいいなぁと思うので、R太郎の汚い字を晒してまでの続編を決意しました(笑)

この読書記録の質問は、マンネリ化しないように適当に入れ替えているのですが、実は質問内容はアメリカなどの小学校の先生方のページを参考にしているんです。

よく、日本では作者(他者)に共感するような本の読み方をさせるため、読解問題も自分の意見ではなく作者が言わんとしていることを答えさせるものが多いといいます。確かに、日本で生きて行くためには、これから将来も他者に共感する能力も必要だと思うので、その教育自体は否定するつもりはないのです。

でも、もう一方でR太郎には、本の内容を尊重しながらも、どんなちっぽけな意見でも自信を持って表現できるように、また、その為のスキルも身につけて欲しいと思っているので、その教育が進んでいる欧米のコンテンツで探すのが一番だと思いました。


例えば、こんな質問があります。

■「号外!ごうがい!」お話をニュース記事にしてレポートしてみよう!

■登場人物の誰かに、アドバイスのお手紙を書いてみて。

■登場人物になりきって短い日記を書いてみよう。

■お話の初めと終わりをくらべて、主人公が変わったところを書いてみよう。


全部はここに書ききれないほど多くの質問のリストがありますが、これは「reading, log, questions, elementary」などとネット検索すると沢山出てきます。もっと調べていくと、各質問はしっかりとした戦略に則っているので、同じカテゴリーのものばかりにならないように気をつけています。


あ、それから最後に。
以前も書いたように、このサイコロチャレンジ読書に1週間で5冊取り組めば、別紙の日本地図を1県分塗りつぶせるということにしてありますが、このオマケも大活躍で、電車、船、飛行機、大橋を車で渡るなど交通機関まで熟考しながら旅をしています。
「あれ?なんの記録だったっけ?」という力の入れようです…(汗)


なかなか進まないけど続けているワーク
しばらくオンラインの先生不在で取り組めていなかったライティングとボキャブラリーのワークですが、ぼちぼち復活しています。

どちらの場合も、ある程度アカデミックな英語の知識を持った先生でないと、表面的にさら〜と終わってしまうので、フリートークが楽しいだけの先生ではダメ。気に入った先生も、こちらの都合の合う時間にあまりレッスンをオープンしていないので、なかなか進みません(^^;;;)

まずはこのライティングワークブック。


Spectrum Writing, Grade 3Spectrum Writing, Grade 3
(2014/08/15)
Spectrum

商品詳細を見る

週1度以下の頻度の先生と2〜3ページの進度は遅いとは言えど、昨年5月から取り組みで3/4は終えているので、夏前には終わるでしょう。英語ブログと並行して書いていれば力は自ずとつく、、、かな。


********


そして、ボキャブラリーは、この記事『ボキャブラリー・ワークブックを追加』で書いたワークが終わりました。

240 Vocabulary Words Kids Need to Know: Grade 3: 24 Ready-to-reproduce Packets That Make Vocabulary Building Fun & Effective240 Vocabulary Words Kids Need to Know: Grade 3: 24 Ready-to-reproduce Packets That Make Vocabulary Building Fun & Effective
(2012/05)
Linda Ward Beech

商品詳細を見る


類義語や同音異義語、ライミングワードなど文法的な関連から1単元10個の単語を習う形式。1単元3ページなので、オンラインレッスン1回分で1単元を終わらせることができました。脱線しない程度にパズルやクイズも入っていて楽しめたようです。

年齢相当の単語の中からピックアップされた単語で、文法を学んでいる印象。日本語に置き換えると、“病気”の類義語として“病い”、“柿(かき)”の同音異義語で“牡蠣(かき)”を学ぶ感じでした。



そして次は、上のワークを選ぶ時に迷ったこちらに取り組んでいます。

Wordly Wise 3000: Book 3 : Systematic Academic Vocabulary DevelopmentWordly Wise 3000: Book 3 : Systematic Academic Vocabulary Development
(2012/08)
Kenneth Hodkinson、Sandra Adams 他

商品詳細を見る


1単元10個の単語をまとめて学習するというのは『240 Vocabulary Words Kids Need to Know』と同じですが、公式サイトを覗いてもわかる通り、実際の小学校の教科に取り組むのに必要な類の単語が揃っているようです。

最初、我が家でこのワークを選ばなかった決め手は、「解答が別売りで、ママが丸付けする自信がない」という、何とも情けない理由だったのですが、『240 Vocabulary 〜』の方でもママはノータッチで、オンラインの先生に解答を添付せずにスムーズに教えてもらえたので、『Wordly Wise』でもできる自信がつきました♪

ただ、1単元(10単語)が12ページ近くもあるんです。オンラインレッスンで取り組むと、どんなに急いでも2コマは必要。間に合わず途中で終了しても、同じ先生のレッスンがなかなか取れない、、、という、オンラインならではのもどかしい状況に陥ることも…(^^;;)

まあ、いつも書くことだけど、『焦らず継続あるのみ!』です…ね。




ひっそりブログ始めました(´∀`)
冬休み、オンラインレッスンをいつも以上にできるかな~と期待していたのですが、クリスマス&年末年始のホリデーでお休みする先生方も多く、寧ろ普段より少なめ。しかも、そのままフェイドアウトでスクールを辞めてしまった先生も何人かいて、また先生探しをする羽目になりました(泣)

こんな時の為に、常にお気に入りの先生を5人ぐらいで回しているのですが、今回はライティングやボキャブラリーのワークブックをお願いしていた先生方が辞めてしまったのでワークブックが完全にストップ!

ワークの進度にはそれほど拘ってはいないので、ゆっくり良い先生を見つけて取り組めば良いのですが、せっかく文章を書く習慣がついていたのになぁ、、、と、ションボリしていたところへ、お友達がブログを始めたのをきっかけに、R太郎も作る!と言い出しました。で、英語で書くなら、って条件でOK☆

まあ最初は、そんなに長く続かないだろうと思っていたのですが、予想外にコンスタントに投稿しています。(←まだ始めて数週間)

ブログは、英語のライティングの勉強になるばかりでなく、自分の体験やその時考えたことも残しておけるし、普通の日記とは違い「人に読んでもらえる」喜びや緊張感があって、いい感じで続けるモチベーションになっています。

本人なりに文章の書き方も工夫して、どう表現して良いかわからない言葉や曖昧な知識は、オンライン辞書やWikiを調べながら書いていることもあるので、すごく良い勉強になっていると思います!

ただ、例え匿名でも、不特定多数の人に公開するには多くのリスクがあることを、長年自分で書いていてよ~くわかっているので、基本的に知り合いのみの公開で(^o^)


できれば細く長くでも続けてくれれば良いんだけどな〜♪♪♪


サイコロチャレンジ読書記録
洋書の話ではないのですが…

日本語の本を家であまり読まなくなったこともあって(その辺のお悩み記事)、その頃から始めた読書記録。

学校でもタイトル、作者、三段階評価を年間でつけられるような冊子が配布されているのだけど、これをコツコツ付けるのが苦手なR太郎。

じゃあ!と作ってみたのがママの週間読書記録です。ポイントはちょっとしたゲーム性。

月曜から金曜日に、日本語の本を1日に1冊、または10分間読んでサイコロを振ります。読書記録には、日付、本のタイトル、ページ数、そしてサイコロの目の番号に書かれた質問に沿った数行の感想を書き込みます。

サイコロの質問というのは例えば、

このお話の続きはどうなると思う?
今日のお気に入りシーンを絵に描いてみて。
この本は誰にすすめたい?それはどうしてかな?
初めて知った言葉や気になった言葉は?


などなど。質問は時々入れ替えて、マンネリ化しないようにしています。

そして、1週間に5冊読んで記録を書くと、別紙の日本の白地図に1県分を塗り潰し、日本を縦断していくというもの。47都道府県を制覇するのに11ヶ月。1年近くこれを続けていけば、なかなか良い学びにもなりそうでしょう?

この結果、R太郎は家でも『ゾロリ』以外の日本語の本を毎日読むようになり、しかも読んだ本についてママと話すようにもなりました♪ 学校の読書記録よりずっと面倒くさいはずなのに不思議。本当に単純なことが苦手なんだなぁ(^^;;)

写真を載せようか迷うところでしたが、R太郎の字が壊滅的に汚いのでお許しを~(笑)



一応、洋書でも同じように『Weekly Reading Log』という、5冊で1州制覇できる『アメリカ横断ダイスチャレンジ!』も作ったのですが、こちらはあまり進んでいません(^^;;)
洋書は隙間時間に毎日よく読んでいるので、まあいいか…




そろそろサンタは終了かも…
クリスマスが終わり、いよいよ今年もあと3日になりましたね。

今年、R太郎はサンタさんの存在を疑い始め、クリスマス前から「ねえ、サンタさんって本当はパパとママなんじゃないの?」と、しきりに訊いてきていました。なので、サンタからのネットビデオレターなんて、幼児の頃喜んでた夢のあるサービスはNG!

更に、クリスマスイヴには、うっかりDVDで『The Polar Express』を一緒に観てしまい気まずい雰囲気に…。この映画、冒頭で主人公がサンタの存在を疑うんですよね。まあ、「疑っていたのに、実際はサンタの存在を確信する」という内容なのだけど。

その割には、その夜はサンタさんへクッキーとミルクを用意して、クリスマスの朝はツリーの下に置かれたプレゼントに目を輝かせ、サンタさんに感謝していましたが。

で、極め付けに、こう言うんです。

「ママ、R太郎はサンタはいないと思うよ。サンタやエルフはみんなの心の中のイメージで、サンタは本当はその町その町の人間が、おもちゃを作らずにお店で買って、家の中に入ってくるんだと思うね。」と。

いやぁ、それ、中途半端な予想だな、、、何が言いたいのかな???
その「町の人」は「パパ&ママ」というトドメは刺されなかったものの、来年はかなりキツそう!親も子も知らない振りをして高学年までサンタからのプレゼントを渡しているなんていうのも聞きますがねー



さて、そのギリギリ信じた(であろう^^;;)サンタさんからのプレゼントは、本人の希望通り、英語とは無縁の妖怪メダルでしたが、それだけだと寂しいので、パパママからもこのゲームをプレゼントしました。


ラベンスバーガー スコットランドヤード東京 266357ラベンスバーガー スコットランドヤード東京 266357
(2014/06/28)
カワダ

商品詳細を見る



昔から人気のあるボードゲーム『Scotland Yard』の東京版。

本家は、ロンドン市内を逃げ回る怪盗Mr.Xを、ロンドン警察が追うゲームですが、今回プレゼントしたこのゲームは東京都内が舞台。東京駅、皇居、新宿・渋谷・六本木、上野・浅草、スカイツリー、東京タワー、レインボーブリッジ、、、馴染みの場所に潜伏するMr.Xの居場所を推理しながらのゲームは、ミステリー好きのR太郎にピッタリ☆

しかも、このゲームは説明書は日本語なのですが、ゲーム盤面に書かれた地名などは英語&日本語併記。「日本の友達とも、外国の友達ともできるじゃん!」と大喜びです。

実際やってみると、Mr.X役も刑事役も、相手の先の動きを推測しながら進むあたりがチェスのようでもあり、かなり頭を使い面白いゲームです。対象年齢も8歳からで、ちょうど良い感じ♪


長期休暇でもないと、ゆっくりボードゲーム、、という時間もなかなか取れないので、この冬休みは思う存分つき合ってあげられるかな?