苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
多忙な小5夏休みの秘策!?
夏休みが始まり1週間と少し経ちました。

夏休み中はイベントやワークショップにいくつも参加するのでスケジュールがかなり変則的。そこでR太郎にスケジュール帳で管理することを勧めてみたらこれがなかなか上手くいってます

予定がある日もない日も友だちが
「ピンポーン 今日、遊べる〜
と来るので、30分刻みで約束してフルでお出掛け

WEBレッスンも、実はママが何度か予約時間を間違えたことから、「もう自分で予約するよ!」とスケジュール帳を見ながらR太郎がレッスンを取ってくれることになりました。

時間になると勝手にレッスンを受けてくれるなんて楽チン!あー早くこの体制にしてれば良かった!予約は自分で納得して入れた方が隙間時間にもできるようで、学期中は週1回になっていたレッスンがなんと今週は4回もやってます
夏休み明けもこのままR太郎に任せたいな〜

洋書の方は、夏休みに入ってもう3冊読みました。学校の読書の宿題は3冊以上なので、洋書だけど読書リストにちゃっかり記入。やっぱり時間があるっていいな


まずはこの本。人気シリーズ第1作目です。飼い猫の主人公が野生に憧れ、野生の猫として成長していくお話、だとか。



Warriors #1: Into the Wild
Interest Level:Grades 4 - 8
Reading Level:Grades 3 - 6
ATOS:5.6
Word Count:62751


その後はR太郎お気に入りの本の続編。しばらく読み進めて、「これを読んでると1冊目も読みたくなる!」と第1作目も一緒に読んでます。謎解きの参加型小説だそうでそこが読んでいて楽しいそうです。

↓1作目


Escape from Mr. Lemoncello's Library
Interest Level:Grades 4 - 8
Reading Level:Grades 3 - 5
ATOS:4.5
Word Count:47493


↓2作目


Mr. Lemoncello's Library Olympics
Interest Level:Grades 4 - 8
Reading Level:Grades 3 - 6
ATOS:5.2
Word Count:45499


まだまだ続く夏休み。スケジュール管理しながら、よく学びよく遊び、最後まで元気いっぱい楽しく過ごせますように


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
久々の紀伊國屋南店とDIYスピナー
週末、R太郎と電車で美術館に行った帰りに代々木駅で降りて紀伊國屋書店新宿南店へ寄りました。

新宿のはずれというアクセスの悪さからか、1〜6階まであった書店も6階の洋書階を残して去年撤退、5階まではニトリになってしまったんです...。我が家としては目当ての洋書だけは残してくれて嬉しいものの、さすがに洋書だけのために足を運ぶには何かのついででもないとなかなか

で、久しぶりの新宿南店でしたが思ったより賑わっていました。よかった
児童書やヤングアダルトコーナーも以前より拡大したんじゃないかな?最近はヤングアダルト小説も読める本が出てきたので、ママが沢山の棚をゆっくり物色している間に、R太郎はこの本を椅子で立ち読みならぬ座り読み。。


The Baby-Sitters Club 1: Kristy's Great Idea (Baby-Sitters Club Graphix)
Interest Level:Grades 4 - 8
Reading Level:Grades 1 - 3
ATOS:2.2
Word Count:8308

R太郎も読んだことがある、昔から人気のこのシリーズのグラフィックノベル(漫画)ですが、これがなかなか面白かったということ。その場で1冊読んでしまったので買って帰るのは違う本にしました。



The Baby-Sitters Club 1: Kristy's Great Idea (Baby-Sitters Club Graphix)
Interest Level:Grades 4 - 8
Reading Level:Grades 3 - 6
ATOS:5.2
Word Count:45499

これは、ちょっとチョコレート工場のウィリー・ウォンカを思い出すと言いながら何度か再読しているこの本のシリーズ第2弾のようです。



学校でもにわかに人気のハンドスピナー(Fidget Spinner)。この本はハンドスピナーの色々な遊び方を紹介したゲーム本です。
ハンドスピナーはR太郎も欲しがったので「自分で作れば?」と提案するとベアリングにボルトを接着してDIYスピナーが完成。ネット情報からベアリングをエタノールで脱脂して滑らかな動きにしたりと、今かなりハマっています。また最近、本物のハンドスピナーももらったのでそれも分解して研究中です〜



そんなわけで、帰りはお隣りの新宿タカシマヤ本館の東急ハンズで、ちっちゃいベアリングとボルトを購入。今度はちっちゃなハンドスピナーで回り心地を試すそうです。DIYスピナーブーム、夏休みまで続くかな



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
オンライン英語と苦悶中の公文
苦悶中の公文が週2日あるおかげで、オンラインレッスンも週1回25分だけになっています

これでは毎日だからこそ格安のDMMの利点が全く生かせてないので、公文を続けている間だけでも他のオンラインを受けようかと検討中です。

候補は以前も受けていたeigox(エイゴックス)。週1回ならネイティブの先生なのにDMMより安いんですね

もう一社は、オンラインで小学生にアクティブラーニングのグループレッスンを60分間するというLEARNie(ラーニー)という会社。ただ、興味を持って問い合わせてみるも、現在のところまだ中学生レベルの英語までの対応で英検2級レベルの子は対象外ということ。残念

英検2級を持っていて、友だちに「スゴイ!」と言われる以外に使えるのは、英語教室やイベント参加の問い合わせの時です。今までも体験前に英検2級を持っていることを伝えると、募集要項にはないアドバンスコースへの体験レッスンに変更してもらえたり、本当は参加対象外の年齢でもイベント参加させてもらえたりとレベルに合った体験ができました。

と、いっても英検の合格証の提示を求められるわけではなく、あくまでレベルの目安なので、イベント参加申し込みの時に「うちの子は英検○級ぐらいの英語力があります」と伝えることで、参加後ムダだったとがっかりすることは少なくなるかもしれません。



ところで公文は来月辺り小学校課程が終わったら辞めるつもりですが、ここに来てR太郎が自ら図書館で公文の宿題をするようになりました。

図書館だと誘惑がないし、周りの中高生の話を聞きながら勉強するのって楽しいんだよ。」だそうで。実は校庭開放や児童館でも試したけどうるさ過ぎてダメだったと。嫌がってるだけじゃなくて、知らないところで色々試行錯誤してたのね

なるほど。リビング学習を続けて来た我が家だけど、R太郎には図書館や自習室で学習するのが合うのかな。中学以降の学習の場の参考にしたいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!

いよいよ書くことがなくなった。。。
小学5年生、おうち英語っこといっても、週1のオンラインのみ。実教室なし、語りかけなし、読書もそこそこ、YouTubeも最近は日本語に流れがち、、、

いよいよブログに書くことがなくなって来ました

GSAのモニター記事を書くことをきっかけに更新頻度が増えたこのブログですが、他の多くのブロガーさんもそうだと思いますが、小学校高学年ってもうどこをどう探しても書くことがないんです。

英語に関しては今はこれ以上目指すのは精神年齢的にも難しいかなとも思うし。ブログ友達からも「小6か中学生になるとびっくりするくらい精神年齢が急にあがるから、その頃準1を受ければきっと受かるよ!」と言われて納得。その言葉を信じて、このまま淡々と続けながら中学生を待ちましょう〜

今、R太郎はピアノもブラスバンドもなかなか頑張っています。音楽の道に入るほどじゃないけど、発表会も演奏会出演もワクワクするらしい!

放課後はほぼ毎日、ボールをたくさん持って友達と遊びに出かけています。高学年は、塾の宿題などを理由に一緒に遊べる友達も確実に少なくなったけど、活動範囲を隣の学区の友だちまで広げつつあるようで日々生活は楽しそう♪

でも、英語に関してはブログに書くほどの記事がないので、これからまたブログ更新はボチボチになると思います。

あ、ブログを辞める宣言ではありません。もし思い出してくれたら時々覗きに来てください
もしかして更新しているかもしれません(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
公文、やめるもん(^^;;)
以前ブログに書いた『半年限定!やったらどうかな公文式』。2月中旬の体験を経て3月に入会して、現在F教材(6年生レベル)の真ん中辺りに来ました。

自分の学年も越したし進度としては順調に進んでいるのですが、R太郎のモチベーションが滅茶苦茶低く、、、小学生レベルの教材が終了したら辞めようかと思っています。

公文の教室で取り組むとスピードも正解率も高いので力にはなっているのかもしれないのだけど、毎日の宿題は驚くほどゆっくり、文句たらたら、「あ゛〜!!もう計算機使いたい〜!」と態度はイライラ、、、このままでは、得意な算数を嫌いにしてしまいそうです

考えない作業だけを繰り返すのは心底嫌だとはっきり言われ、経験者のママとしてはその言い分も理解できるだけに、公文での計算訓練は諦める決心がつきました。公文ってやっぱり合う子と合わない子がいるんだなぁ

とは言っても、F教材が終わってから退会手続きをするので、通塾期間ちょうど半年ぐらい、ちょっと中学教材を覗いて終わると思うので当初の予定通りか。


  


ところで、最近話題になっているロボコップ登場のニュースがDogoNewsで上がっていたので、これをオンライン英語のお手製カリキュラムの題材に差し込んでみようと思っています。





映画『ロボコップ』の怖いシーンを連想して、安全というより不安感の方が強いママだけど、、、これからのロボット社会に生きるR太郎はどう考えるのか聞いてみたい。

こういう自由度が高いのは、おうち英語カリキュラムの利点ですね

今、週2日の公文教室の日はオンラインレッスンも入れてないので、公文を辞めればもう少しレッスン日が増やせそう。こちらの方はストレスフリーで楽しみながらやっているので、我が家にも平和な日々がもうすぐ戻って来ることでしょう


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!