苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
2歳3ヶ月のR太郎【まとめ】
はーい、やって来ました苺ママのお楽しみ。
毎月18日はR太郎の今月のまとめの日にしています♪

毎日たらたらと書いている事をまとめてみると、先月は初めて出来てスゴイスゴイと騒いでいた事が、今月は当たり前のように書いていて自分でもビックリ!

天才期とも爆発期ともいわれるこの時期の子供の成長は、本当に目を見張るものがあります。こんな感動的な時期にブログで書き留め始めて良かった~♪と思うママです。


【2歳3ヶ月のR太郎】

「It's orange, and it's orange, too.」
 (これオレンジ、これもオレンジ)
など
 「too」を使うようになる。

●仕掛け絵本『Jungles (Nature Hide & Seek)』シリーズに
 はまり、pill bug(ダンゴムシ)やchameleon(カメレオン)等
 生き物の名前を覚えて、よく探している。

●同絵本の生き物を探す時「Where is~?」と言っていたのが
 「Can you find ~?」とも言って探している。

●自分で物を見つけると「I found it!(見~つけた!)」
 苺ママやパパが見つけるとYou found it!」と言う。

●英語モードになっている時は、転びそうになったりすると
 自然に「Oops! (おっと!)」と言っている。

●ママと描いた絵に「R」とサインする。

●『Incy Wincy Spider』を手遊び付きでなんとなく
 歌えるようになりspiderにとても興味を示している。

「How do you say "○○○" in English?」
 ("○○○"は英語でなんていうの?)
と聞くようになる。

●「It's~」と言っていたのが「It's a~」というように。
 「It's an~」「It's the~」などの応用は利かない(^^;)

「Is it a~?」と既によく知っている単語を聞く。

●苺ママ&パパに「L」の発音のダメ出しをする。
 (R太郎の発音が正しいかは不明…^^;)

●DWEのライムを聞き始めた。
 現在ライムの1冊目のBook7。
 「Here comes the circus train!」
  (さあ!サーカストレインがやって来るよ!)

 「I'd like three tickets, please.」
  (3枚チケットをください。)
等ブツブツと言ったり
 歌をくちづさんでいる。


あ~来月はこんな事もまた当たり前になっちゃってるのかなぁ。
とりあえず、来月の18日もブログを続けてられますように!



↓ランキングに参加しています。
 応援のポチッをお願いします~☆
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓携帯からはこちらからお願いしますー
 にほんブログ村 親子英語
 
背中を押してもらいに
知り合いの山荘に家族で遊びに行ってきました。

今まで何度かその方の山荘にお邪魔しているんですが、その六十代のご夫婦の山荘生活は何から何まで苺ママの憧れなんです�n�[�g

小さな山荘に、ゆっくりとした時間。
朝は山の中をお散歩してブルーベリーを採ったり、採れたての野菜を買いに行ったり。
昼は風通しの良いバルコニーで、何十年も経って飴色になった椅子に座りながら読書やお昼寝。
夜は小さな七輪のBBQとワインで楽しく飲み明かす。
この素朴でありながら贅沢な時間の流れは憧れです!!!

このご夫婦の旦那さまは、イギリスと中国とアメリカのクォーター。もちろん英語、日本語はネイティブ、その他いくつかの言語を話せるらしいです。でも奥様はまったく英語が話せないそう。

既に成人している息子さんは、専門分野で英語圏で働いているので、英語は旦那さまが教えたのか、と今回思い切って聞いてみてました。

旦那さまは、息子達が幼い頃はとても忙しく海外に長期出張も多かったので、ほとんど英語を教えていないんだそうです。その代わりに、おじいさまが近所の子供達を数人集めて熱心に教えていたとか。

「やっぱり語学は“耳”が良い時期から始めた方がいいですよ。
今から始めるのはとても良いことですね。」と言ってもらえました。

ノンネイティブの家庭で幼い時期から英語を教える、ということは世の中でも賛否両論。「否」の方の意見には「日本語も英語も中途半端な、中身のない会話をする人間になってしまう」というものをよく聞きますが、苺ママ憧れのご夫婦にこういう風に背中を押して貰えて元気が出ましたjumee��faceA131

まぁ、背中を押してもらうためにこういう質問をしたのかも知れませんが…jumee��faceA103


・・・・


そんなわけで、気分よく帰ってきた苺家。
今日は一日家でマッタリしています。

レールセットで遊んでいたR太郎が
「In the first train are the Lion.....」とあやふやですが、最近“カゲ練”中のフレーズを口にしていました。

080814


ちなみに、このフレーズはこの前も書いたDWEのサーカストレイン登場シーン↓
080730


そこで、このシーンと同じリズムで
“The first train is Percy.(最初の汽車はパーシー)、The second train is a red train.(次の汽車は赤い汽車)”と言ってみました。

R太郎は最初戸惑っていましたが、そのうち分かったらしく一緒に「is green!」とか「is black!」と一緒に言ってくれました♪



↓ランキングに参加しています。
 夏休みでブログ更新をする人が少ないので
 ほぼ日更新中のこのブログが現在なんと8位です(><)
 みなさんありがとうございます!!!!
 応援のポチッをお願いします~☆
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓携帯からはこちらからお願いしますー
 にほんブログ村 親子英語

やっぱり使い分けてる!
昨日は、すっご~く久し振りにママ友のお家に遊びに行きました。ママ友は片手で数えられるほどしかいない上、こうやって会うことも最近少ないので、苺ママにとってもR太郎にとっても貴重なイベントでした。


遊びに行ったのは、R太郎が英語を始めるきっかけになった…というよりDWEを始めるきっかけになったKちゃんのお家。

もう一人のママ友の娘Yちゃんとで女二人+男一人。
(他に男の新生児ちゃんがいたけどね。)

保育園で先生達から“ジェントルマン”と呼ばれているR太郎はレディー達を前にちょっと圧され気味jumee

時々一緒に遊んでは、子供用のマイクでエンドレスに「崖の上のポニョ」を熱唱していました。さながら、部下のOLに無視されながらも気持ちよく歌う酔っぱらい課長…�T�^�f�[�i�C�g�t�B�[�o�[
・・・歌の才能はないかもねjumee

英語もほとんど出ませんでした。家でも食べているアイスを買って行ったんだけど、この色や味を選び袋を開ける時、いつも英語モードになるので、今日はどうなのかなーと思っていたら、いつものやりとりを日本語でしていました!

オレンジ味を「みかん味ちょうだい!」という念の入れよう(笑)
やっぱり日本語と英語をそのシーンで使い分けているんだ!

その後Kちゃんの本棚を物色していたR太郎。
メイシーちゃんの英語併記の本を見つけると、この本があるなら英語を喋ってもいいのか?と思ったのか、「Mommy, What's this? Is it a crocodile?(ママ、これは何?ワニかな?)」と尋ねたりしていました。


以前は保育園で毎日のように「英語を喋ってました~」という先生からの報告が多かったのに、最近そういう報告がほとんどないのも、きっとこういう風に使い分けをしているんだぁ。


もちろん英語だけじゃなくて、家で家族だけでいる時と違った顔のR太郎も久し振りに見ることができたし、ママ友達ともゆっくり話せて本当に楽しい時間でした♪

在宅勤務とはいえ、働いているとママ友が少ないのはしょうがないと思うんだけど、もう少しこういう日を作れるといいなー


【今のR太郎のお気に入り本】
図書館で借りてきたこの本を寝る前に必ず持ってきます。
レオ・リオーニらしい“自分探しの旅”というお話ですが、
R太郎は主人公の“Pezzettino”の響きが好きみたい。
苺ママも“ペッツェティ~ノ”の発音を
思いっきりイタリア語風に読んでます(笑)

PezzettinoPezzettino
(2006/01/24)
Leo Lionni

商品詳細を見る



↓ランキングに参加しています。
 夏休みでブログ更新をする人が少ないので
 ほぼ日更新中のこのブログが現在11位!
 一度は見たい10位の大台!
 応援のポチッをお願いします~☆
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓携帯からはこちらからお願いしますー
 にほんブログ村 親子英語
シャキーーン!
今晩も『GOOD NIGHT SAM』を2回読んで眠りに堕ちたR太郎です。といっても、2回目は読んでる苺ママも危うく一緒に寝ちゃう所だったんですが…jumee
良い睡眠薬(本)を手に入れました♪

今日の夕食は苺ママと2人だったからか、ある瞬間から突然英語モードに。

最近は、あまりママの方から語り掛け始めなくてもR太郎から英語モードに切り替わることが多いです。

どんなきっかけなのかなぁと考えると、英語で知っている物を見た瞬間だと思うのですが。しかも、その英単語を知っていることを苺ママに初発表する時は、表情もテンションもガラッと変わり英語モードになります。

今日は、それが“pumpkin(カボチャ)”でした。
野菜の名前はいくつか知っていますが、そういえば“pumpkin”と本人から言ったことがなかったかも…

最近スーパーで“これカボチャだよ!”と大きい声で言い、近くを歩いていた女性から“よくお喋りできるのねぇ”と褒められたR太郎。それからカボチャにとっても興味を持っていました。あ~ほんとにそういう所はママに似て単純…jumee

で、今日の夕食にカボチャが入っているのを確認した瞬間、また顔が変わりました。“シャキーーン! 英語スウィッチ!オン!!”とでも表現したらいいのかな? 英語モードにスウィッチする瞬間っていつもこう。苺ママは「あー来る来る!」と雷の音を待つ心境です(笑)


R太郎「It's a pumpkin!」
     (カボチャだぁ)
苺ママ「That's right!」
     (正解~!)
R太郎「How do you say "pumpkin" in English?」
     (英語で "pumpkin"は何て言うの?)

ぉおおお!“How do you say ~ in English?”って最近ママが多用してるフレーズじゃん♪
だけど、英語で"pumpkin"は"pumpkin"なんだけどねjumee

R太郎「What's this? It's a big mashroom? Big mashroom is yummy! Small mashroom is yummy, too!........」


とまあ、何だかどんどん一人で話してるんですよ。
アウトプット期、いつまで続いてくれるのでしょうか。取りあえず今は日本語でも英語でも話すこと自体が楽しくて仕方がないようですjumee


↓いつも応援ありがとうございます♪
 毎日更新には拘ってないのですが、
 いつの間にか「ほぼ日」になってる原動力は
 皆さんの応援クリックです。
 リンク先には役立つブログがいっぱい!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓携帯からはこちらからお願いしますー
 にほんブログ村 親子英語

いっしぃびっしぃスパイダー
英語教室で使っている歌の本には、アメリカやイギリスで誰もが知っているような童謡が沢山収録されています。

↓この本
Super SongsSuper Songs
(1997/05/22)
Alex Aycliffe、

商品詳細を見る



R太郎は、その中の一曲『Incy Wincy Spider』がこの所お気に入りの様子。

ちいちゃな蜘蛛が家の雨どいの中を登っていると、雨が降って来て雨どいに水が流れ込み蜘蛛は押し出されてしまいます。そして太陽が顔を出し雨が乾くと、また蜘蛛は雨どいを登っていく…

こんな内容の歌です。

R太郎は虫にも興味が出てきたので、小さなクモを家の中で見かける度に「いっしぃびっしぃスパイダーだ!」と大喜び!その後、必ず「ママ、『Incy Wincy Spider』歌って♪」と言います。

でも、これがね、簡単に見えて結構難しいんですよ…jumee

以前、mixiで知った英語サークルに何度か参加した時にも教わった事があるのですが、手遊びをしながら歌うのに四苦八苦していた苺ママです。

あ、でも、他のママ達は出来ていたようなので、普通はすんなり出来るのかも jumee

ちなみに、その時習った手遊びはこれと同じ。↓
(YouTubeの映像)
http://jp.youtube.com/watch?v=AQZNBkdxCMY

・・・


余談ですが、この映像のタイトルは『The Eensey Weensey Spider』になっているし、R太郎が1歳の誕生日に友達からもらった絵本は『Itsy Bitsy Spider』、サークルでもらったプリントには『 Eentsy Weentsy Spider』って書いてあります。そして、英語教室の本は『Incy Wincy Spider』…

“ちっちゃな蜘蛛”っていう意味みたいなのだけど、“イッシービッシー”のスペルは正確に決まってないんですかねーjumee

・・・


話は戻り手遊び部分ですが、『Incy Wincy Spider』ブームのおかげで、ようやく苺ママもある程度うまく手遊び&歌が出来るようになりました!(遅っっ)

で、そんなギザ鈍くさママがようやく出来たっていうのに、R太郎はママが歌う度に尊敬の眼差しで褒めてくれるんですよ…
あーそのまま純真な息子でいて欲しい…と思ったりする苺ママです。(笑)


【1歳の誕生日にもらった絵本】

 歌詞がそのままお話になっているポップアップ絵本。
 2つのボタンの一つは音楽が、
 もう一つはクモが雨どいから飛び出すような
 “ポンッ”という音が出ます。
Let's Start! Classic Songs: Itsy Bitsy Spider (Let's Start! Classic Songs)Let's Start! Classic Songs: Itsy Bitsy Spider (Let's Start! Classic Songs)
(2004/04)
Wayne South

商品詳細を見る



↓今日も水遊びをしながら“Spider!”“Lady Bird(いなかったけど)”“Butterfly”と叫んでいたR太郎。ダンゴ虫は“Pill Bug”とわかったので覚え中です。「Where is a ダンゴムシ~?」が基本形ですが(笑)
虫の名前を頑張って覚えてるR太郎に応援クリックをお願いします~

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓携帯からはこちらからお願いしますー
 にほんブログ村 親子英語