苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
とうとう子供用英英辞典!
ずっと買おうか迷っていた子供用英英辞典。6月のこの記事にも書きました。ネットで音声まで手軽に調べられる時代に、紙の分厚い辞典は面倒なだけなのでは?とも迷いながら数カ月。

スクールの宿題で知らない単語が出て来始め、それを一緒にネット上の英英辞典で調べる事が多くなったこの頃。
そこで、やはり購入しよう!と決心した矢先、、、、、なんとブックオフで300円で発見〜\(*^▽^*)/:・*.": ♪


Merriam-webster Children's DictionaryMerriam-webster Children's Dictionary
(2008/06/16)
Inc. Dorling Kindersley

商品詳細を見る


↑今回購入したのは2000年版ですが、内容はこれとほぼ同じだと思います。

こーーーんな分厚いんです!
体重計に乗せてみたら1.5キロ(^^;;;)

IMG_3753.jpg

まずは子供用英英辞典の購入を考えるきっかけになった言葉 “legend”を同じMarriam-Websterの3種類の辞書で比べてみると、、、(※一番最初に書かれた意味のみ。他の説明は割愛)

■Marriam-Webster Dictionary
(アプリ無料版/通常の辞書)
"a story coming down from the past; especially: one popularly regarded as historical although not verifiable"

■Marriam-Webster Learner's Dictionary
(アプリ有償版/英語学習者向け)
"a story from the past that is belived by many people but cannot be proved to be true."

■Marriam-Webster Children's Dictionary
(子供向け)
"a old story that is widely belived but cannot be proved to be true."

こうして比べると、文章もシンプルで使われている単語も簡単。そして写真も豊富、特にこの辞書の場合は写真に定評のあるDK出版とのコラボなのでわかり易い! 



が、しかし!こんなに買って満足している子供英英辞書ですが、この分厚さと重量なので本棚でホコリを被る可能性も高いですよね、、、

なので、まずはこの分厚い辞書に慣れるため、読み終わった洋書の中から「初めて出会う単語を5つ」ピックアップして一緒に調べることにしました。これはスクールの図書の時間の宿題として出ているものなのですが、スクールからは1週間に1冊借りて来るだけなので、家で読んだ本すべてに同じことをしたらいいかな?と。

R太郎は最近チャプターブックを1週間に3、4冊読んでいると思いますが、知らない単語は文脈から理解しているようです。それはそれでとても良いと思うし、知らない単語全てを調べた所で頭に入らないと思うので、読み終わった後、「そういえば、あの単語の意味はなんだったのかなぁ」と気になった単語だけで十分だと思っています。

子供用英英辞典を使う事で、何か読み方も変わるかな?
またその辺りはお楽しみ☆
我が家でも英語で算数してました!
なおぱぱさん家の算数の取り組みの記事を読んで。

我が家でも、数式を教えることはありませんが、口頭での算数問題を出すことはあります。算数という程ではなく、一人2個ずつ飴をもらったら全部で何個とか、ピザを8枚に切ったらひとつ何分の一かと、まぁその程度。

なお君となおぱぱさんは、ほぼ英語だけでコミュニケーションしているそうなので、当然問題も英語。我が家は両親とも大して英語ができないし、英語での出題は難しいな~と読みながら思っていました。

ところが、そんな我が家ですが実は英語で算数をしていたことに気がつきました!
R太郎が最近ひとり楽しんでいる教材なのですが、レベルが高めで、正直まだまだと思っていたのですっかり意識から外れていたのです( ̄Д ̄;)


その教材とは、去年の秋に某インターナショナルスクールのバザーで100円で購入したこれ。

Brain Quest  Math Basics Grade 1: 750 Questions & and Answers to Build Math Smarts, Ages 6-7Brain Quest Math Basics Grade 1: 750 Questions & and Answers to Build Math Smarts, Ages 6-7
(2006/05/10)
Marjorie Martinelli

商品詳細を見る


英語育児界ではおなじみの、カード式クイズ集「Brain Quest」小学1年生用算数版です♪

カードは2ページ分1セットになっていて、1ページ目が質問、2ページ目が答えなので、一人で読んで答えをチェックしています。
111.jpg

1ページ分の構成は5ジャンルで各1問づつ。
【Numeration(カウンティング、数の性質など)】
【Bits & Pieces(平面、立体、分数など)】
【Computation(計算、足し算、引き算など)】
【Measurement(時間、お金、計測、計量など)】
【Problem Solving(日常生活での文章問題)】


例えばこんな問題です。

【Numeration(カウンティング、数の性質など)】
What number has 2 tens and 7 ones?
(A; 27)

【Bits & Pieces(平面、立体、分数など)】
Which is round: a triangle, a circle or a square?
(A; a circle)

【Computation(計算、足し算、引き算など)】
15 minus what mystery number equals 8?
(A; 7)

【Measurement(時間、お金、計測、計量など)】
You were older yesterday than you are today. True or false?
(A; false)

【Problem Solving(日常生活での文章問題)】
The theater has 80 seats. Ten seats are empty. How many people are seated?
(A; 70 people)


R太郎は正解したり、しなかったり、問題の意味自体わからなかったり(苺ママも^^;)
でも、ちょっと難しい問題の方が燃えるんですよね。間違っても夢中でやっています。時々“ジーニアスポイント”問題があって、それに正解すると大喜びです♪


今年は年長さん。日本語でも今年は算数的なことも少しして行きたいなと考えています。
興味があるのは、どんぐり倶楽部。ゆっくりじっくり考える、絵で解く算数の文章問題の考え方には共感する部分が多いのです。どんぐりは年長になれば取り組むお許しがもらえるので(笑)、近々無料サンプルからやってみようかな♪



NHK解約&コイズミ君購入
我が家の全テレビ(と言っても2台)が昨日の正午、観れなくなりました。
もちろん理由はコレ↓

20110725.jpg

テレビはほぼDVD再生にしか使っていないので当分は困らないでしょう。ニュースはネットの方が情報を得られるし、災害時はラジオもあるし。

で、取り敢えずはNHKを解約!
アナログ放送終了に伴う解約窓口があって、電話で簡単に解約できました。
1ヶ月1,275円浮くわ~(^^)♪



それでというわけではないけれど、あのコイズミ君をとうとう購入しました!!!
(ちなみに、命名はタエさんです^^)


SOUND LOOK 防雨形デジタルオーディオプレーヤー SDD-5000/W
(2009/02/01)
小泉成器



DVDの音だけをかけ流す用です。
PCやiPhoneを使えばいいのだけど、DVDから音を抽出したりそれを変換したりって、時間も手間もかかるので、面倒でやらない内に変換方法を忘れる、、、という悪循環を長い間繰り返していました。

その点、このコイズミ君だと、DVDを再生中にテレビのイヤホンジャックから直接録音出来るという、目から鱗の(?)アナログ的録音方法。だからPCで再生したYouTube等の音はもちろん、カセットテープでもいいらしいんです!
その昔、ヤフオクで落としたDWEの安いカセットテープとか、伸びるのが怖くてあんまり聞いてないのもデジタル変換出来ちゃうって事??

取り敢えず、R太郎とDVDを何枚か選んで録音。
本当に録音は簡単!!!
今までの苦労は何だったんだろう(^^;)早く買えば良かったわ~♪

R太郎も、初日は目新しいのもあってか「耳で観てるみたいだね!」と喜んで、家の中で持ち歩いています(^^)b
さー、今後どうなることやら♪




明日から4日間、お友達とキャンプに行ってきます。今回は母子だけで、民宿に泊まっていろんなプログラムを体験するようなパック旅行的なキャンプになりそうだけど、お友達と良い思い出を沢山作ってきま~す☆
折角到着したコイズミ君も暫くお留守番です(^^)
暫く振りの教材で見えた日本の英語教育
英語絵本棚を作った事によって、埋没していた数々の絵本や教材が再び日の目を見ています(^^;)

そんな中の一つがこれ。
えいごどうよううたのえほん―Let’s sing!えいごどうよううたのえほん―Let’s sing!
(2005/07/10)
不明

商品詳細を見る


過去記事を検索してみたら2歳8ヶ月の頃ブームだったようです。

ボタンを押して16曲の歌が歌付き、カラオケの2バージョンで歌えるこの絵本。英語を始めた頃は、まず歌から親しむぐらいしか取っ掛かりがなかったのでとてもお世話になりました。


ですが、書店でもよく見かける大人気なこの本。残念な所が2つ(^^;)

一つ目は選曲。
『ABC SONG』、『Twinkle Twinkle Little Star』、 『London Bridge』、『Head, Shoulders, Knees and Toes』、『Hokey Pokey』など英語童謡の定番中の定番が集められていて嬉しいのですが、『いぬのおまわりさん』、『おつかいありさん』、『おもちゃのチャチャチャ』、『むすんでひらいて』の日本の童謡が英語訳の歌詞で歌われていること。

我が家の親子英語の基本方針は“英語の作品は英語で、日本語のものは日本語で”なので、こういう曲が混ざっているのは購入当初からとても気になっていました。(と、言ってもブックオフで激安購入^^;)



そして、残念ポイントその2。
これは当時から気がついていたものの、全く気にならなかったポイント。

歌詞の上にひらがなのルビが振ってあること!

2歳当時気にならなかった理由は、ずばり“ひらがなが読めなかったから”でーす(^^)b

今回久し振りに遊んだR太郎。このひらがなに物凄く食いついていました(笑)


例えば『ほーきー・ぽーきー』では

ゆーぷっちゅぁ らいと ふっと いん
ゆーぷっちゅぁ らいと ふっと あうと
ゆーぷっちゅぁ らいと ふっと いん
あんじゅー しぇいくぃっと あーるぁばうと



これを読みながら歌ってくれましたが、リズムまで変わり全く違う歌になってしまい大笑い。“ゆーぷっちゅぁ”“あんじゅー”も可笑しかったようですが、やっぱり日本語の“と”の音が英語の“t”とは全く違うので、この通り読むと相当変(^^;)

こういった絵本はルビを振らないわけにはいかないのかも知れませんが、“英語に親しみたいだけ”という目的のご家庭が多いにしろ、子供にとっては初めて触れる英語。英語を英語のまま親しまさせてあげられないものかと改めて感じました。



それにしても最近思うのは、幼児英語教育は“本気で英語教育派”なら母国語方式、“英語に親しむだけ派”なら戦後から続く従来の日本方式で、と二分化しているのでは。

子供としてみればスタート地点は同じ。“英語に親しむだけ派”向けの教材でも、もう少しグローバルな視野を持って作って欲しいものです。

とてもお世話になった絵本なので今更ケチをつけるのも申し訳ないのですが、2年経って気づく事もあるものですね(^^;)



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

マイケルノリでSight Word Readersを読む
最近、マイケルジャクソン自身の歌や踊りはあまり披露しなくなったR太郎。その代わり“ノリがいつもマイケル”です(爆)

ブラブラ歩いている時も、スナップやピシッと指を指したり、クルッとまわったり、つま先立ちしたり…

で、久し振りにR太郎が文章を読むきっかけになったSight Word Readersを全部読む!というのでiPhoneで動画を撮ってみました。

Sight Word Readers: Learning the First 50 Sight Words is a Snap!Sight Word Readers: Learning the First 50 Sight Words is a Snap!
(2007/09)
Linda Ward Beech

商品詳細を見る


マイケル(?)ノリ全開だったので載せてみます♪

[広告] VPS


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ