苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
2歳9ヶ月のR太郎【まとめ】
R太郎も2歳10ヶ月になりました。
あと2ヶ月で3歳。英語育児を本格的に始めてから1年半になりました。

今日は恒例の今月のまとめを書こうと思います♪



【2歳9ヶ月のR太郎】

●プリスクールの体験&見学に2度行く。
 今の保育園よりは楽しんでいる様子。

●様々な教材のサンプルDVDをまた見始める。
             ↓
 その後、DWEの副教材プレイアロングのDVD。
             ↓
 それも数日観ると、今度はDWEの『Zippy and Me』を見ている。

●それが終わると、DVDの会話部分を抜き出し、
 動作や効果音も全て真似している。

「帰ったらピカピカしようね~」
 早口言葉『Peter Piper』を何度も練習。

●ラムネ=Lemonade、と自ら気がつく。

●「Knock! Knock!→I'm Mr.○△×~!」という遊びがはやり。

●中古DWEだけど、ママが判定員の
 “おうちCAP(Children's Achivement Program)”を始める。

●絵本の中から単語を見つけるのがブーム。


今月は、具体的な発話をあまり覚えていないのですが、段々会話らしくなってきました。英語教室で先生とも“Yes/No”だけじゃなく、その後に会話が続くような単語も付け足したりしているので、いつまでも会話っぽいキャッチボールが続いたり。
センテンスにはならなくても、英語で会話をしたいという意欲は感じます。

あと1ヶ月ちょっとで、今の英語教室と保育園を辞め、プリスクールというまた新しい環境での生活が始まります。どんな事になるのか実はとても不安ですが、この「コミュニケーションしたい気持ち」を保てれば、きっと楽しい生活になると思っているのですが…

ホント、4月からはどうなるのかな~jumee��faceA105



↓いつも応援ポチッをありがとうございます☆
 コメントやランキングが更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

R太郎のおいしいレストラン
今夜はパパもいたので3人で「レミーのおいしいレストラン」のDVDを英語で観ました。

レミーのおいしいレストラン [DVD]レミーのおいしいレストラン [DVD]
(2007/11/14)
ルー・ロマーノブラッド・バード

商品詳細を見る

数週間前に観た時はレストランのシーンに行き着くまでで飽きちゃったR太郎も、今回は少し先まで観れて、ちゃんと色々なフレーズを拾っていました。「WALL・E」もそうでしたが、ピクサーのアニメ映画は特に仕草が大袈裟なので、同じポーズを取りながら言葉も真似ていましたjumee��faceA59


そして真似たのは言葉や仕草だけではなかったんです…

主人公の作った激まずスープをネズミちゃんが美味しくするシーン。これを観て、目の前に置いてあったミルクのグラスとほうじ茶の湯飲みを指しました。「This and this?OK?」

R太郎の言葉の意味することが掴めなかった苺ママ。でも次の瞬間読めました!

ジャーーーーー!

お~のぉぉぉぉぅ!!!jumee��faceA76
ほうじ茶へミルクを入れたR太郎。そう言えば、スープ作りのシーンではスープにミルクを入れてたっけ…

頭を抱えていると、自分でソレを飲み何故か美味しい~って顔。うっ!もしかして味音痴か!!!jumee��faceA137


そして今度は「のんでみてjumee��faceA97」とパパにソレを勧めました。恐る恐る飲むパパ。

「あ、、、、、なくはないかも、、、」

うっ!パパも味音痴か!jumee��faceA137


「のんでみてjumee��faceA97jumee��faceA97」と今度はママに勧める二人。仕方なく飲んでみると、、、

あれ?これはミルクティーに近いか?
不味くはないか?

って、ママも味音痴か!!!!



苺ファミリーが全員味音痴なのか、気になる方は暖かいほうじ茶にミルクを注いでみてください(笑)
↑不味くても責任は取りません。作ったミルクほうじティーはもったいないから全部飲んでくださいね♪


↓いつも応援ポチッをありがとうございます☆
 コメントやランキングが更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

毎回泣く絵本
実は、苺ママは「涙腺が壊れてる」と苦笑されるほど涙もろいんです。

なぜこんな事を書くかと言うと、今晩R太郎は久し振りに寝る前の絵本に日本語の本、たった一冊だけをチョイスして来ました。それがこの有名な本。

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
(1977/01)
佐野 洋子

商品詳細を見る


最近はR太郎の中でグラグラと英語マグマが煮えたぐり、寝る前に持ってくる絵本も英語だけだったりして「日本語の本も持ってきて~」なんてママがお願いするほどだったのですが、今日は何故かこの本一冊のみ。

この絵本、100万回も生きて100万回も死んでも、どの飼い主のことも大嫌いで自分のことが一番好きだったネコのお話。ある時ネコは、自分に振り向かない白ネコに出会い恋をするのですが…

このお話、ママはいつ読んでも切なくて、最後の方は声を震わせて読むのですが、久し振りに読んでまたもや途中で涙が溢れ出てきましたjumee��faceA73

そして、そんなママを見てR太郎は「ママ、どうしたの?もう一回読む?」と結局三度も読みました。

…で、、、、なんと三度とも泣いてしまいましたjumee��faceA149

そこまで泣く本じゃないでしょ…という声も聞こえてきそう(笑)

英語でも感動で泣けるほどの読み聞かせができる本があるといいなと思っていますが、、、まだそこまで感情移入して読めてないママの英語力。
↓英語版「100万回生きたねこ」も図書館で借りてみようかな?
The Cat That Lived a Million Times (Latitude 20 Books)


こんな泣き虫ママに、何か簡単かつ泣ける絵本をご存知の方!教えていただけませんか~?



↓いつも応援ポチッをありがとうございます☆
 コメントやランキングが更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

It has a big big~nose!
仕事関係の届け物の中に、緩衝材として長~い模造紙がくしゃくしゃになって入っていました。ママが仕事をしている横で「R太郎君もお仕事する!」と言うので、この紙をあげると大喜び!!!!!

画伯、大作を描くお仕事に夢中になりました。

20090206

大きい紙だとやっぱり描き方もテンションも違います。
「をーーーー!うれしいぃぃぃ!」と
ストレートに喜び大きな絵を描いていました。

手前はオバケ。
奥のパートは折り紙にたくさん切りこみを入れての動物園です。

「It's a hippo! It has a big big~mouth!
 (カバだよ!カバは大きな大きなお口だよ!)」

「It's a giraffe! It has a long long~neck!
 (キリンだよ!キリンは長い長い首だよ!)」


WKEのStage2に出てくるAnimalsのフレーズも入れながら。



そう言えばこの歌、家では今大活躍です。
R太郎が食事の時遊んでしまってなかなか食べない時、ママは

「He has a big big~~~~(mouthと思わせて…)nose!
 He is R-taro! R-taro! R-taro!」

と歌うと大笑い!
必ず「No! mouth!」
と言って大きな口を開けて食べます。


特徴の表し方って「It is~」ではなくて「It has~」なんですね。知っていたような、、、
でも今までママの口からスッと出てくるフレーズではなかったので、R太郎が自然に使えるようになって、またまた英語イマイチママには教材は有難い存在だと思いましたjumee��faceA155



↓いつも応援ポチッをありがとうございます☆
 コメントやランキングが更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

鬼ママは~外!
昨日は節分。保育園でも家でも豆まきをしました。

↓保育園で作ってきた子鬼のお面を被ってパパ鬼とパチリkissDN
20090204

保育園のお迎えでは、「小さい子たちが泣いている中、R太郎君は一番前で鬼に豆を投げつけていましたよ」と頼もしい報告をもらいましたが、連絡帳を読むとそのことは一切書いてなく、「今日は体操の時も、お散歩の時もずっと英語を話していました。本当に好きなんですね^^」と書いてありましたjumee��faceA109
最近、私が促すことなく英語の絵本やDVDを見ているので、かな~り英語に対するやる気を感じていますが、やっぱり保育園でもブツブツやっているみたいです…


ところで、最近は少し頼もしく、また家ではギャングっぷりも様になってきた(笑)R太郎ですが、この前買ったこの本を読み聞かせてみました。

No, David! (Caldecott Honor Book)No, David! (Caldecott Honor Book)
(1998/09)
David Shannon

商品詳細を見る


やっぱり思ったとおり、コルデコット賞が大好物のR太郎にヒット!しかもDavid君はマンマ最近のR太郎のよう。本人も「R太郎君みたいだね~」と大笑いです。

そんな自分の分身のような彼に「No, David! No! jumee��faceA174」と諫めるように言ったり(爆)

散らかった部屋でママが「Put your toys away! (オモチャを片付けなさい)」というシーンを読むと、ちゃんとお片付けも始めました!

すご~い!!!
いい本じゃん!


と、思ったのも束の間、
「Stop that this instant!(今すぐやめなさい!)」と怒られながらも、鼻をほじるDavidくんが大きくアップで描かれたページで、思いっ切り真似をするR太郎。


、、、これからどんどん手を付けられない3歳児になろうとしているR太郎にいう言葉として、ママはこの本のフレーズを全部覚えた方がいいのかな~jumee��faceA103



【この本に出てくるフレーズ】

No, David!
No, David, no!
No, no, no!
Come back here, David! (戻ってきなさい!)
David, be quiet!(静かにしなさい!)
Don't play with your food!(食べ物で遊ぶのはやめなさい!)
That's enough, David!(もう十分でしょ!)
Go to your room!(自分の部屋に行きなさい!)
Settle down!(落ち着きなさい!)
Stop that this instant!(今すぐやめなさい!)
Put your toys away!(オモチャを片付けなさい!)
Not in the house, David!(家の中ではダメ!)
I said no, David!(ダメだって言ったでしょ!)


う~ん、、、一日中こんなこと言ってたら鬼ママだぁjumee��faceA106
それこそ「鬼は~外!」と豆をぶつけられそうなので、最後のページのこのフレーズも自然に口から出るように練習したいと思います♪テレッjumee��faceA114

Davey, come here!(ここにおいで!)
Yes, David... I love you!(そうよ、、、愛しているわ)



↓いつも応援ポチッをありがとうございます☆
 コメントやランキングが更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ