苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
なお君と英語で?レゴスカイプ(^^)
親子英語のお仲間、なおぱぱさん家のなお君と念願のスカイプをしました~♪

先月「英語で遊ぼう会 in Tokyo」のグループスカイプ初日でゲスト参加していただいたものの、トラブルでほんの数分お話しできただけ。でもその時も親子の自然な英語のやりとりや、なお君の上手な絵がとても印象的で、この日を待ちわびていた苺ママ。

いつもお友達とスカイプをする際には、おおまかにする事を打ち合わせしておくのですが、今回は特に必要ないかも?と自由にさせてみました。

ですが、そこは5歳児同士!
、、、、これが想像以上に自由でヾ(;´▽`A

最初はお揃いのお絵描きボードを使ってGuessing Gameまでは良かったのですが、かくれんぼやウクレレ、ピアノ、ドラムと次々に弾きまくり、収拾がつかなくなってきて、、、、


そこで、なおぱぱさんが出して来てくださったのがこれ↓

Lego Crazy Action ContraptionsLego Crazy Action Contraptions
(2008/09)
Doug Stillinger

商品詳細を見る



そう!昨日プリスクールでサンタさんからもらったレゴテクニックの入門本です!
こういう時、ブログでの近況報告は便利ですね~(笑)

「Let's make it together!」と二人で作り始めました。

すると、雑音が今度は一気に消え、黙々、、、、


黙々、、、、

黙々、、、、

、、、、、、シーーーーーーーン、、、


なお君が時々独り言のようにポロッと何か話し、R太郎もそれにボソッと答え、


また、シーーーーーン、、、


この本は16種類のシンプルマシーンが作れるのですが、1つ作るのに簡単な物でも10分程はかかるので、スカイプ画面の前でふたりしてただただ集中して作っていました。

苺ママはその間、時々様子を見ながら夕飯の支度(^^;)

二人とも出来上がると、「もう一個作っていい?」「うん、僕はもう作り始めてるよ」(←もちろん英語で^^)と、次々と作品作り。


1時間半もすぎ、キリがないので強制終了~
R太郎はその後も作り続け、「面白かったね~」と言っていました(^^)



最近よくお友達とスカイプするようになって思うのは、WEBレッスンで英語の先生と決まった時間内で話すのとは違うスタンスだな~ということ。

我が家はWEBレッスンはやっていませんが、もし受講していたら、アウトプットの量が気になるし、そこで出来るだけ多くの物を得て欲しいと思います。

でも、お友達とスカイプする時は、「英語で遊ぶ事自体が楽しいと思える場作り」でいいのかなぁと。英語の本やオモチャでオールイングリッシュで楽しく遊ぶ事を続けて、次回スカイプをした時やもしかしたら直接会って遊んだ時に、自然にプラスのイメージで英語でお話しが出来る。

だから親としては、発話もさり気なく促しつつも、本人達が楽しいと思えることをじっくりさせてあげたらいいのかな、と。

なお君とはその内きっとお会いできる様な気がするし、それまでまた時々スカイプで遊んで欲しいな♪と思います!





グループビデオチャット2回終了♪
前回の記事にも書きましたが、先週から7家族のお友達とスカイプのグループビデオチャット機能を試用しています。

当初は毎日やってみようかと思いましたが、子供達の様子を見た結果、期間中3回のみ開催、各家族1~2回参加ということに。参加年齢は4歳から6歳児で、昨夜は2回目でした。

これからグループビデオチャットをしようと思っている方の為にも、自分のきろくの為にも、かな~り個人的感想ですが反省点など書き残しておこうと思います。


●グループビデオチャット機能を使うには

グループビデオチャットのメンバーの内、最低でも1名のプレミアム会員登録が必要です(月額999円)。
ただし、7日間は無料で試用できます。我が家は今このトライアル期間中。

↓スカイプの詳細ページ
http://www.skype.com/intl/ja/features/allfeatures/group-video-calls/



●人数は4組が限界

 以前他のブロガーさん方が開催したグループビデオチャット祭り(^o^)の反省点を参考に、一日4組のスケジュールを組んでみました。システムに掛かる負担は、4組までなら問題はなさそうでした。

 ところが、実は初日、ゲストとしてなおぱぱさんとなお君に参加していただいたのですが、なお君が参加して5組になった途端、音声や画像が不安定になり、終了時間間近だったこともありそのまま終了~( ノД`)。。。
せっかく楽しみにしていたのに、なお君ごめんなさい!

なお、スカイプでは「9人までアクセス可能、5人までが推奨」だそうです。
また、全体の回線は重くならなくても、個人のPCのスペックが原因か、動画が見れない、音声が聞こえづらい等の障害もありました。



●時間は30分ぐらいがちょうど良い

4-6歳の子供の場合は時間を決めての開催がオススメ。初日は1時間やってみましたが、複数人のチャットでは集中力が持たない感じがしました。

時間が来たら、オモチャの犬の鳴き声をチャイム代わりにして、「It's time to say good-bye!」といった感じが雰囲気よく終われました。



●基本プログラムを決めて後は臨機応変に変更

1対1でも同じですが、子供のビデオチャットは予め基本プログラムを決めておくのがオススメ。
今回は、質問形式の自己紹介、Guessing Game、Show & Tellなど考えていますが、子供達のアイデアから2日目はクリスマスソングを掛けながらクリスマスツリーの絵を描き、発表し合っていました。
子供からアイデアを出したりそれに同意したりして、子供達自らプログラムを変更していくのは理想的なので、変更は臨機応変に。



1日目はGuessing Gameを一時間ずっとやっていました。大人の私からしたら間延びしているかなぁと思いましたが、子供達はそれなりに楽しんでいたようです。

2日目は30分の半分はずっと絵を描いていました。WEBレッスンや英会話教室のようにテンポよくやった方が良いのかと思っていましたが、よく考えてみると、大人目線の時間割でするより、普通に遊んでいるようにさせればいいのかな、とも。

ともかく無理せず、イベント的に、「お友達と英語で遊ぶとなんだか楽しい♪」という体験の一つとして出来れば良いのかな、と思っています。



あと残り一回も、のんびり楽しく、子供達のサポートができればいいな☆


↓今回描いたクリスマスツリーの絵です(^^)
 お友達もみんなそれぞれ、とっても素敵な
 クリスマスツリーやサンタさんを描いていたので
 触発されて、スカイプを切った後もずっと描いていました。

IMG_1916.jpg


高尚?お下品?嵐のようなスカイプ★
ただいま試行錯誤中の英語育児お友達コミュ『英語で遊ぼう in Tokyo』に参加していただいたばかりのakiさんの息子さんH君とオールイングリッシュでスカイプをしました。

先日スカイプをしたゆ~ちゃんとは違い、まだ会った事のないお友達なのでちょっと不安だった苺ママ。

取りあえず、質問形式の自己紹介ゲームとGuessing Gameで1時間話しましょうか、とakiさんとは事前に打ち合わせ。


さて、、、、、


6歳のH君はとても綺麗な発音で、しっかりとお話しをするお坊っちゃま(^^)。英語も堪能で正確にサラッと話します!なんだか話しっぷりからも知性や品が漂う~♪ あら?R太郎のテンション高めの自爆系に付き合ってくれるかな?なんて感じです。

H君が恐竜が好きだと聞くと、早速家にある恐竜パズルやら図鑑を次々に見せて、「Can you See it?」「ティラノサウルスは肉食でしょ。じゃあ、草食は?」なんて質問攻めにも真摯に答えてくれます。

H君が「じゃあ、僕の質問。角が6本で耳が4枚、目が4つで口が2つ、足が8本もある恐竜はな~んだ?」

答えは「2頭のトライセラトプス」なんですって(^m^)
この辺から2人ともテンション上がり気味~!

お次ぎはジョーク。詳細は覚えていませんが、H君のいうジョークが、恐竜や火山、溶岩など、これまた知性を感じる面白いジョークで。。。R太郎は、このH君のジョークがすごく気に入ったらしく、似たタイプのジョークを作り、二人で次々披露!!!

もう、、、、火山の噴火のごとく、どんどんテンションは上がる一方!
苺ママには、オチも二人がどうしてこれだけうけて笑っているのかもよくわからず(^^;)
幼児ジョークなのか?それともどうも理解できないアメリカンジョークに近い気も?


なんだか高尚な会話の5歳児と6歳児。

、、、と思ったのも束の間。



「僕のアンダーパンツ見る?」



、、、え?、、、、え?なんで?


「うん!じゃあ僕のも!」


、、、え?ええ~~~~?



で、お互いパンツを持って来て、ズボンの上から履いたり頭にかぶったりして大爆笑(^▽^)
「You are like a volcano!」You are like Underpants monster!」
「La Vaaaaaaaaa!(←溶岩と、勢いのある音をかけてます)」
そしてジョークはどんどんSillyレベルへーf^_^;)


さすが幼稚園児。だけど、お下品ジョークの中にも知性あり?



1時間の何ともテンションの高いスカイプの後。
「楽しかった~!!!!OooooooppoSite!!!!(“反対”とクシャミの真似)」
と、H君仕込みのジョークをまだやめられないR太郎。


、、、、すごいツボの会うお友達に出会えたかもしれません。
いつかリアルで会うのが今から楽しみになりました♪


我が家のWEBレッスン始動!?
いや、WEBレッスンってR太郎のじゃないんです(^^;)
今のところ、週3日のプリスクール&DVD&本で十分過ぎるくらいです。

今回WEBレッスンを始めようかと思っているのは苺ママ。

R太郎のプリスクールでは、親が英語を話せなくても全く問題がありません。ネイティブの先生方も日本語が話せる先生もいます。

だけど、ちょっと複雑な話をしようと思うと、そこまでは先生の日本語も、苺ママの英語も中途半端。また、日本語がダメな先生からは、挨拶以上の話をしようしてもらえず、、、こういう先生も、英語が堪能な父兄にはずっとフレンドリーなんですが、、、

それで入園2年半にして、ようやく英語レッスンでもしようかなという気になりました。

それにしても、みなさんのブログではよく読んでいましたが、WEBレッスン会社って本当に多いんですね~
子供向けならある程度限られても、大人向け会社となると星の数ほど!R太郎がもっと小さい頃に検討した時は、しゃべり隊とレアジョブぐらいしかなかった覚えが、、、
しかもこんなに安かった?

WEBレッスンで苺ママが期待するのは、インプットではなく主にアウトプット。英会話教室ってリアル教室だとしても、所詮インプットは基本自分でやらなきゃ身に付かないと思っています。なので、毎日や週2~3日、25分アウトプットが家事や仕事の合間で出来ちゃうなんて理想的♪

取りあえず安そうな会社をピックアップして、ただいま無料体験中。会社や講師に依ってサービスも質も色々のようですが、苺ママ用ならこれで十分じゃない?



そして思わぬ副産物が!
ただいま毎日どこかの会社でWEBレッスン中なので、R太郎がいる時にもあたるのですが、時々見えるR太郎の姿に、先生方が声を掛けてくれるんです。5歳児なんで「可愛い~♪」という感じで。

気を良くしたR太郎、先生方の問いかけにちゃんと答えて、「どんな食べ物が好き?」と聞かれれば、「I like peppers(ピーマン)! and I like eggplants, パセリ, and pickles!」なんて、先生もウゲゲゲ!という顔で大笑い(^^;)

なんかね、、、苺ママのレッスンなので、絡みも2-3問の問いかけなのに、一つ一つの会話が、どれもパッと花が咲いているというのかな。特に難しい言い回しや単語を使っている訳じゃないのに、窮屈な感じの苺ママの会話とはちょっと違うと、我が子を見て反省、、、

R太郎も、このちょっとした乱入を楽しみにするようになりました。R太郎には今これくらいの関わりがちょうど良いのかも。プリの先生以外で、多くの外国人と英語で話す機会があるっていうのは良い事だし(^^)


無料体験レッスン放浪の旅、会社の数からも1ヶ月は続けられそうなので、これからもR太郎のいる日に積極的にやってみたいと思います☆



グループビデオチャットの下準備でスカイプ♪
他のブロガーさん達のスカイプでのグループビデオチャット祭り(^^)の記事を拝見して、発足したばかりの『英語で遊ぼう会 in Tokyo』でも数人だけでグループビデオチャットを計画中。

スカイプでのグループビデオチャットは本来ならスカイププレミアムの契約者のみのサービスですが、今なら7日間無料で試用できるそうです。

そこで接続確認がてら、主催のゆ~ママさん&娘さんのゆ~ちゃんとスカイプをしてみました。

子供同士のスカイプでフリーカンバセーションはドエライことになると、今までの経験で多少なりともわかっているので、今回はGuessing Gameをしてみました。

一人がカメラに写らないところに持っている物を、もう一人が質問で当てるゲーム。
これを交互にやっていきましたが、いつまでも楽しく続けることができました♪

R太郎は今までWEBレッスンこそした事がありませんが、何度もスカイプをして来て、いつも興奮し過ぎて収拾がつかない事が多かったのですが、一番落ち着いて出来た印象。
年齢でしょうか?ルールがあるゲームだったせいでしょうか?それとも何度も会った事があるお友達だからかな?

おちゃらけながらもゲームの答えから話を広げたり、知らないと言われた単語の説明も英語でしたりと、このスカイプの目的を理解している様子でした!


ひとまず、今回の二人でのスカイプは大成功☆
次はいよいよグループビデオチャットに挑戦です!