苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
3歳4ヶ月のR太郎【まとめ】
【3歳4ヶ月のR太郎】

●花の種を植えた直後、もう花が育ってきたかとチェック。
 「Now seeds! Start growing!」と
 絵本『Frog and Toad Together 』の一節を
 真似しておどける(←本気なのかも^^;)

●リーディングに再度取り組み始める。
 絵本『TITCH』を使ってみるも、
 やはりリーディング専用の本の方が良いと思い
 ついにORT Stage2を購入。

「英語より日本語がいい」発言に焦る苺ママ。
 結局は成長の証と悟り、
 焦らず今まで通りの英語育児を続ける事にする。

●R太郎がリーディングを再開するも、
 時々日本語訳読みをするように。

●ウルトラマンブーム到来中。
 少し乱暴になった反面、体力作りには役に立っている?
 「I want to be a Ultraman! or a Princess♪」と
 なんとも複雑な夢を語る(笑)

●Cookingが好きだったが、
 英語でSienceを始めると夢中に。



今月もウルトラマン熱は更に過剰に! コメントで教えていただいたアメリカ版リメイク 『ウルトラマンパワード』をYou Tubeで観ようかと計画中です。でもまだ見せていないのは、実は今毎晩Sienceにはまっているから。

My First Science BookMy First Science Book
(1990/10/10)
Dorling Kindersley Ltd

商品詳細を見る


この本、ブックオフでは500円でしたが我が家では大大ヒットでしたjumee��faceA155

毎日1つだけと約束をしているので、1つ終わると明日は何をしようかと迷っています。この本に載っている実験は、油・ハチミツ・水の層を作り色んな物を浮かせてみたり、風船をセーターで擦ってトイレットペーパーやお砂糖に近づけてみたり。たぶん小学校の理科でもやっていたこと。ママにとってはSienceって苦手意識があったけど、R太郎の視点で一緒にやってみると、それは不思議な世界の遊びのよう!

「It's fun! I like science! jumee��fun2Ljumee��fun2Rと叫ぶR太郎。3歳児にこんなにScienceがウケるとは思わなかったけど、確かに面白い~♪


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ





テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

I want to be a ....
トーマスより、ミッキーより、ジョージより、ミミより、リトルアインシュタインズより、今一番R太郎がはまっているのがウルトラマン。パパと時々映像を観る程度なのに、一日中様々なウルトラマンソングを歌い、ママを怪獣と見立て攻撃、逆に自分が怪獣になって攻撃するようせがんで来る…。う~む、こちらの体力も持ちません。

これをどうにか英語育児に繋げていけば、ママも積極的になれるかと模索しましたが、未だ何も考えられず(笑)


でもこのウルトラマン、R太郎の体作りには役立ってきています。家の中では、年中空手の型のような動き(←これ、昭和のウルトラマンだからか?)の練習。食事も、ウルトラマンみたいに大きくなりたいと沢山食べるようになってきました。

今、毎日の日課が三輪車でスーパーまで行く事。
パパが毎晩作ってくれる紙で作ったウルトラマン兄弟のお面をつけて、キーコキーコと坂道、凸凹道をクリアし、急な坂道も毎日少しずつ高くまで上れるようになって来ました♪ 通りすがりの人達はこのお面にギョッとしていますが、本人は満足そう。


そんな、R太郎。もちろん将来の夢はこれ!

「I want to be a Ultraman! or ,,,,,

,,,,,,,,,,,,,,,




a Princess♪」

ピンクが大好きな乙女チック3歳児。プリスクールでのコスチュームデイで女の子はみんなプリンセスの格好をしていたので憧れているようです(爆)
そっち系より、やっぱり男の子系をお願いしたい複雑な思いの苺ママでした。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ




トンボとORTとお月見と
土曜日、英語育児仲間りおママさんのお家にモトさん親子龍ママさん親子とトンボ採りと称して遊びに行きました。

みんな3歳児。いつの間にか関わりながら仲良く遊ぶようになった反面、ホント喧嘩も多いです…(^^;) 特にR太郎はウルトラマンの影響からかよくお友達を叩き、蹴ってしまうことも多くなったので争いの火付け役となる場面も多くjumee��faceA195f

それでも、我が家以外はみんなWKE正規ユーザー。R太郎もDVDを借りてよく観ているので、WKEのDVDが掛かると休戦? 歌ったりクイズに答えたりみんなで仲良く観てくれていました。

それにしても、いくら乱暴な行為が増えてきたと言え、英語育児のお友達の子供達は基本的に大人しい子供が多いのかな?それとも家庭で熱心に取り組んでいるから? 絵本を開けばオールイングリッシュでも最後までみんな楽しんで聞いてくれます。 初めてゆっくり遊んだ龍君は絵本を一人で読んでいたし、一番年下のりおちゃんは一冊うそっこ読みをしてくれました♪

トンボは取れなかったけど、蚊に刺されながら多量の蝉の脱け殻を見つけ、都会っこキッズ達はみんな一歩引き気味(^^;)。その内慣れると大喜びでお土産に持って帰りました~


・・・・・・・・


1日遊んでぐったりのR太郎を抱っこして家に帰ると、ポストに待ちわびていた包みが!

Oxford Reading Tree: Stage 2: Storybooks: Pack (6 Books, 1 of Each Title)Oxford Reading Tree: Stage 2: Storybooks: Pack (6 Books, 1 of Each Title)
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


実は数日前、オークションでORT(Oxford Reading Tree)のStage2(CDなし)をとうとう落札しちゃいました~!jumee��fun4Ljumee��fun4R このブログでも「ORTに頼らず頑張るぞ!」と公言した舌の根も乾かぬ内に…。だってほぼ新品で即決金額1000円!ヤフオクでもORTはほとんど安くならないので今回は買いですよ!買い!(←誰に言い訳してるんだか…)

目が覚めたR太郎に絵本が届いた事を知らせると、起きがけなのに小躍りで全部読み聞かせをお願いされました。予想していた通り、Stage2はR太郎が集中すればすぐに読めそうだったので、次に1冊でも読んでくれたりするかな?と誘ってみましたが、さすがに疲れたか断られましたjumee��faceA59

・・・・・・・・


夜、「Look!」と言うR太郎の指さす先を見ると、窓から明るい満月 ��

「The moon! It's.......まんまる!」と。
(↑roundはまだサラッと使えないんだわ)

我が家では雷や月が見えると部屋の電気を消して鑑賞することが多いんですが、最近はR太郎も自分から電気を消してくれるようになりました。部屋が真っ暗でも秋の満月はとっても明るい!ベストビューポイントにクッションを持ってきてくれ、暫しお月見をしました。R太郎、こういう所が小憎らしいほどにジェントルマン�X�q(←保育園でもプリでも先生から言われた言葉です^^;)

←満月を見つけると何だか嬉しい気分になる苺ママ。
 ブログ左部分の一番下に今日の月の満ち欠けがわかる
 ブログパーツを付けてみました♪ 




↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

読み聞かせしてくれたけど?
先日宣言したリーディングの取り組みですが、一応続けています。ブログに書くと、一日一回はやらなきゃと思うものですねjumee��faceA59 R太郎もリーディングは非常に頭を使うらしく、100語でも一冊読み終わる頃には実際に頭に汗を掻いています����

今何度も読んでいるのは、先日も紹介した『TITCH』。
TitchTitch
(1993/03/31)
Pat Hutchins

商品詳細を見る
 R太郎にとって頑張れば読めるレベルなのでちょうどいいんです。繰り返しも多いから、ひとつ読めると他の部分も読めるという安心感もある。読むための絵本として『TITCH』は良かったので、図書館でシリーズの姉妹本を借りてみました。

Tidy TitchTidy Titch
(1995/03/29)
Pat Hutchins

商品詳細を見る


お母さんに部屋が綺麗と褒められたティッチ。お兄ちゃんとお姉ちゃんのゴチャゴチャの部屋から欲しい物を沢山貰います。二人の部屋がすっきりと片付きお母さんはビックリ!だけど… というお話。

この絵本は『TITCH』が出版されて20年後に出た本だからか、ティッチ達兄弟が少~しだけ成長している感じがします。しかも顔の描き方、絵の書き込み方、色遣い、文章の量と雰囲気など、個人的には前作から比べると素朴さに欠けてるなぁとは思うんですが、、、

ともかく今回の『TIDY TITCH』は読むには少し難しいので、リーディング用ではなく、読み聞かせることにしました。それでも知っているキャラクターには滅法弱いR太郎、ティッチ達が出てくる本は喜んで聞いています。

で、Kids + momsさんの書いていた「ママの読み聞かせ 息子の読み聞かせ」戦法!��

「ママが読んだから、今度は『TITCH』をR太郎が読んでjumee��beg1Ljumee��beg1R�n�[�g

「うん!いいよ!」と快諾したR太郎。

「ティッチはちっちゃな子。おねーちゃんのマリーはちょっとおっきい。おにーちゃんのピートはもっともっとたくさんおっきい!」となんと日本語で翻訳しながら読んでくれましたjumee��search3L

途中途中で抜ける単語や、原文が過去形なのに全て現在形だったりはあったけど、今回はそんなことは指摘&訂正はしませんでした。それでも内容は全て理解していることがよくわかりました!

R太郎もイタズラ心でやったことだし、今後もママから日本語訳をお願いすることは全く考えていませんが、時々自分からやってくれたら理解度も測れるのにjumee��faceA63と密かに期待する苺ママなのでした。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ







もう一度読みに取り組むぞ!
一時期は英語の絵本を自分からどんどん読もうとしていたR太郎。それはそれは読みたい!という気力に満ち溢れていました。

だけど一度簡単な本が読めるようになると、それが当たり前に感じるようになり、親子共々正直少しテンションが下がったというか、、、。

それで最近は絵本は読み聞かせのみになっていました。本人が読みたがっているわけではないと、「小さな子に読む事は強要するべからず」という意見がまた気になって、ママから働きかけることもナシ。

でも折角読めるきっかけを掴めたというのに、このままトーンダウンしていつの間にか読めなくなってたなんて事になったら勿体ない!!!! 少しまた読みを意識する事にしました。

読みを意識しだすとやっぱり気になるのがOxford Reading Tree(ORT)なんですが、家には山ほど英語の絵本があるんだし、図書館でも借りて当分それを読もうと思っています。このブログをよくご覧のみなさんには「まだORT買っていなかったの?」なんて思われそう。 欲しくて溜まらないけど、文章の分量と金額のことを考えると…(><)
来年になればプリスクールでも読んでくれるらしいし、買うとしたらStage4辺りからにしようと思っているので、それならもうちょっと先でもいいかなぁと考えています。


TitchTitch
(1993/03/31)
Pat Hutchins

商品詳細を見る


図書館で借りているこの本は、3人兄弟の末っ子Titchがいつも兄姉より小さなものしか持っていなくて不満そう。だけど最後はその小さい物でも一番大きな物になります♪
ストーリーもさることながら、1ページ1行で文章も単語もシンプルです。そして3人が持っているものを対比するために繰り返しの文章構成になっています。ORTならStage2か3程度かな。


多くの方がやっている“読めたら表紙にシール”も付けて、読みをママから勧めると、やっぱり喜んで読んでくれます。104語のこの絵本が一気に読める限界ならしいですけど。こういう絵本をピックアップして読む事を楽しんで行こうと思います♪


・・・・・


英語育児ブログ仲間のモトさん&J君親子と、丸善日本橋店の英語おはなし会に参加してきました。

幼児の回は1日に2度開催されるので両方出たのですが、それでも小さい方だったR太郎。同じ丸善本店で開催されている英語おはなし会よりアクティビティ的なものが多かったからか、ほとんど同じ内容でも2度共なんとか楽しんで発言していました。R太郎にはこっちの方があってるかも。

それにしても、こういった会を無料で開催してくれる丸善さんにはいつも感謝。なにか還元したかったのですが、結局何も買わず、、、、 またまた全巻並ぶORT本棚の誘惑に勝ちました!(←なんの勝負?)




↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ