苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
ずっと気になっていたORTの『Read At Home』
今年の始め辺りだったか、Oxford Reading Tree(ORT)の、家庭学習用に特化した『Read At Home』コレクションの購入が親子英語ブログで流行った事がありましたが、我が家も購入しようかと迷いに迷ってやめました。

というのも、この『Read At Home』の説明に“レベル1-5”と記されていたからです。
当時でもステージ6か7を読んでいたR太郎には残念だけど必要ないかな、、、、と。

ですがその後、親子育児ブロガーさん方のブログにより、『Read At Home』のレベル分けの“レベル”とメイン絵本の“ステージ”とは難易度が異なることが判明!
“レベル 5”はメインの“ステージ 5-7”に相当し、6-7歳の子供向けとか。
オーマイ!なんと紛らわしい、、、( ̄Д ̄;)


それを知った頃にはセールも終わっていたし、ずっと気になっていた『Read At Home』ですが、先日なんと30冊セットをお友達のまちゅさんが貸してくださいました!!!


早速R太郎君、お借りしてから数日で一気に読破!
、、、って程の文章の量ではないですが、ページ数にしたら結構あるしっっ


で、すっかり“今更”なレビューですが、、、

噂通り、『Read At Home』はイイ!

いや、、、R太郎がORTのステージ1や2を読んでいた頃にこれを知っていたら、メインを買わないでこのセットを買ってたんじゃないかなぁ~




メイン絵本と違うのはページ数が少し多い事、最後のページに必ず“Think about the story”として、本の内容確認や、お話を自分に置き換えての質問、そして迷路や間違い探しなどのアクティビティがついています。

この内容理解やアクティビティについては、メイン絵本にも載っているのですが、先生や親向けなので小さな文字の英文。英語苦手ママにはここはスルー率が高かったのでは?

それに比べて、『Read At Home』の質問はキャラクターの吹出し付き↓

IMG_4597.jpg

R太郎、どの質問にも答える気満々!
ありゃ? こういう「読解テスト」って嫌いじゃなかったけ~???(Raz-kids停滞中もこの理由だし^^;)。
キャラクターの力って凄い。。。

特にこの部分は、レベル1であろうがレベル5であろうが口頭での説明になるので、R太郎にとってもまだまだチャレンジレベル。





で、『Read At Home』の現在のお値段をAmazon.co.UKでチェックしてみたら、お安いセットがありました☆
定期的にセール価格物って出るのかしら?



“Available from these sellers”で並ぶお店の内、“International & domestic delivery rates”と記されているお店が日本への海外発送をしてくれます。

今日の時点で£24.61+£7(日本への発送費)=£31.61(3,983円)です。
日本ではORTメインも『Read At Home』も一冊だけで約500円ですから、30冊+ペアレンツガイド1冊でこのお値段は超超お買い得です!




ORTのCDをシャドーウィング
今まで絵本付属のCDを聞きながらページをめくるということが難しかったR太郎。ママの読み聞かせが一番落ち着くからなのでしょうが、やはりママの発音がうつりそうで心配でした。

それで、デスクトップコンピュータで流していた英語音声データをiPhoneに移し、寝る前の読み聞かせにORT(Oxford Reading Tree)を掛けながらページをめくると、あれ?ページをめくりながら読めるようになってる!

iPhone付属のスピーカー機能を使っているのでデスクトップより音は悪いのですが、やっぱりポータブルは途中で止めたり、その時読みたい本を気軽に選べるからいいんですね。

読んでいるのはステージ5で、全てをシャドーウィングするにはまだ少しスピードが合わないので、セリフの部分だけ、余裕があればセンテンス部分もという感じでシャドーウィングを始めました♪ これが目新しい事好きのR太郎には楽しいらしく数日続いています。一過性の習慣にならなければ素晴らしい事なんだけどなぁ、、、(^^;)


ところでゆうくさんなおぱぱさんのブログで紹介されていたOxford Reading Treeの"Read At Home" 31冊セットの激安バーゲン。以前話題になった時も迷いに迷って売り切れになってしまった記憶がありますが、ステージ5までしか入っていないんですよね、、、一冊100円ちょっと。一年前なら確実に買っていました!!

ORTの他のストーリーに興味津々の苺ママですが、R太郎がステージ4以前の1ページ1行ものは読みたがらなくなってしまった今、やっぱり次はステージ8-9にそのお金を廻した方が得策かと。といいつつ、カートにはしっかり入っていますがっっっ。"Read At Home"シリーズの8以降があればいいのに(><)

それから新シリーズのステージ10+と11+。これも楽しみですね~♪


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
リーディング体力がついて来た!
読んだ本とそのページ数を記録するiPhoneアプリ『Reading Game』を試しています。(アプリについては近い内に記事にしようと思っています。)

目新しさもあって、次々と絵本を読むR太郎。基本的に冊数が増えれば嬉しいアプリなので、簡単な本を薦めてみるも何故か難しい本に挑戦(^^)

そのなかでも「おっ」と思ったのはOxford Reading Tree(ORT)のStage6のこの本でした。

Oxford Reading Tree : the OutingOxford Reading Tree : the Outing
(2003/09/11)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


語数は509語。いつも読むとしても200語止まりの長さから考えてもかなり長い。まさかStage6を読めるとは、、、、しかも、この話しは続きもので恐竜の時代に旅する前振りでもあるので、後半を読むために前半のこの本を選ぶというやる気。さすがに後半には行き着きませんでしたが、いつの間にかリーディング体力がついて来たなと感じました。

後半はこの本↓
Oxford Reading Tree: Stage 6 and 7: Storybooks: Land of the DinosaursOxford Reading Tree: Stage 6 and 7: Storybooks: Land of the Dinosaurs
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


この夏休み、リーディング体力を少しずつアップしながら定着させていこうと思います。

↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


ORTステージ5を1冊音読!【音声付】
今まで自力で一冊まるごとは読んだ事がなかったOxford Reading Treeのステージ5。まだまだステージ5を通して読ませるのは体力的にも早いと思っていたし、読み聞かせのみでほとんど読みの取り組みなどしていなかったのですが、、、

R太郎の弟分、ぬいぐるみのクマちゃんに読んであげる!と読み始めたら、なんと全て読み切りました~!!!パチパチパチ☆

この本です。

Oxford Reading Tree: Stage 5: Storybooks (Magic Key): The Dragon TreeOxford Reading Tree: Stage 5: Storybooks (Magic Key): The Dragon Tree
(2003/09/11)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


発音は特に上手くないけど記念に音声のみアップ♪ 動画で撮影してなんと9分もあったので一部だけですが…
犬のフロッピーが悪いドラゴンに捕まって食べられそうになるシーンです。

R太郎が読む『The Dragon Tree』の音声(一部)

感情を込めて読んでいる部分も多いので、単語を追いながらもちゃんと内容は把握していると思います。


懐かしの1年前のステージ1を読む動画です。

さらにその3ヶ月前の“嘘っこ読み”。今観るとかわゆ~い☆


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


ORT ステージ6&7を読み終えて
R太郎の4歳のお誕生日に絡ませてプレゼントしてしまったOxford Reading Tree (ORT)のステージ6&7。

Oxford Reading Tree: Stages 6 and 7: Stories: Pack of 10 BooksOxford Reading Tree: Stages 6 and 7: Stories: Pack of 10 Books
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


開けた瞬間こそ落ち込みましたが、元々マジックキーの冒険が大好きなR太郎、毎晩全冊持って来ては読まされました。

といっても今週は苺ママの喉風邪や睡魔に勝てず、なかなか先には進まず(^_^;)、ようやく今晩10冊全て読み終わりました!!!! (今週は日本語絵本を1冊も読めなかった、、、)

今までORTと言えばステージ毎の6冊セットだったのですが、今回はステージ6と7が一緒の10冊セット。しかも5冊ずつではなく、ステージ6が6冊、ステージ7が4冊です。ストーリーもステージを股がりNo.1~10までの通し番号が付いていて、完全に続いている物もあります。

語数は400語~1,000語程度。全冊合わせると7,125語だそうで。
うわっ! 良書探しのママ多読でお馴染みの『Magic Tree House』や『Marvin Redpost』シリーズ1冊分より多いんですね、、、


でも語数が増えただけあり、今までよりずっとお話しの深みが出てきました。まあ、ORTはリーダー用なのでどうしても同じ語数の絵本に比べるとストーリー部分は弱いのですが、「あ!この表現は、あのストーリーで沢山出て来た!」と思うような事が多々あり、きっと下のレベルからずっと読んで来た子供達にとっては安心感と読める自信にも繋がると思います。

R太郎も内容は全て分かっているようでした。
お決まりの“あるはずのない所に落ちている眼鏡”や冒険のお土産を見つけては大喜びだし、内容について日本語でコメントすることもありました。

でもですね、、、、
当たり前だけど、まだこのステージまで読む体力はないんじゃないかな、と思います。まず長い!!!!
1センテンス毎は読めないことはないけど、1回で1冊読めるレベルの物を何冊も読んだ方が楽しいんじゃないかな?
そうなると、今のR太郎にはステージ3か4、時々背伸びしてステージ5を読んでみる程度でしょう。

読み聞かせ用に本棚には入れておきますが、どうせ読み聞かせをするなら、もっとストーリー重視の物が良いと思うし。当分、ステージ6と7はR太郎が持って来た時だけにしようと思います(^_^;)


そうそう、この本。
Oxford Reading Tree: Stage 6 and 7: Storybooks: the Broken RoofOxford Reading Tree: Stage 6 and 7: Storybooks: the Broken Roof
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る

大切なthe little houseの屋根を壊してしまう事から始まる冒険ですが、「うちの屋根も壊れちゃったよね~♪」と共通点を見つけて大喜び。先日壊れた屋根はthe men(大工さん?)達に直して貰ったのよね。ホントおんなじ、おんなじ(苦笑)
the little houseについていたキッパー達そっくりの子供達にもご対面! なんていう嬉しいお話しです(^_^)b



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうな
 コチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ


↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ