苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
3歳5ヶ月のR太郎【まとめ】
R太郎もちょうど3歳半になりました。

今月は“4歳の壁”だの“英語拒否ムード”だのと不安を書き綴りましたが、結局英語から全く離れる日は一日もありませんでした。「英語で言わないで!」と言う事はあっても、英語の独り言は言うし、自ら読み聞かせやDVDも英語の物を持って来る。結局の所、拒否した時には強制せず、日本語も英語も当たり前に傍にある生活を続けていこうと思っています。


【3歳5ヶ月のR太郎】

●ORTブーム爆発!
 絵本に出てくる様々なシーンを再現。
 Stage4と5は読もうと思えば読める様子。

●いつの間にか英語で自分の名前が書けるように。

●プリスクールの初授業参観に。
 想像していたより発言も多く、クラスの子供達の成長も感じる。

●バイリンガルキッズのオフ会に参加。
 ママは4歳の壁を実感!?
 →その後、3歳半の英語育児の転機を考える。

●今月も一日ひとつの「Science or Cooking」。

●道端の様々な物に英語の名前をつける。

レストランで国際交流!

●興味のある人に自分から話し掛けるなど
 とても社交的になる。



今月は、ずっと予感していた3歳半からの大きな成長を、色んな意味で実感することができました。
今までのように“ママの思い通り”には行かなくなってきた英語育児。だけどその分知力が増し、社交的にもなってきて、R太郎本人も少し幅広い視野で物事が見られるようになって来たと感じます。

英語育児をしていることで、国や言葉、そこに住む人種はひとつではないということも分かってきて、外国人にとても興味を持っています。いや、同じ日本人でも例えば楽器を演奏する人などに一方ならぬ興味を示しているので、英語育児のおかげばかりではないのかな?

3歳になったばかりの頃と比べたら、その思考力は雲泥の差。4歳までのこの半年はまたもっと成長するかと思うと楽しみです♪



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
レストランで国際交流!
今日はプリスクールもお休みで、苺グランマが家に来たのでランチにR太郎と3人でガレット(フランスのそば粉クレープ)レストランへ♪

このレストランはスタッフのほとんどがフランス人。最近R太郎は西洋人にとても興味があり、見かけるとガン見です(^ ^;)。 プリスクールの先生達を見慣れているのにどうしてかな、、と思っていたのですが、「西洋人は、みんな本当に英語を話しているのか?」、ここに興味がある様子。

ところが、フランス人のウエイターさんがメニューを持って来て、「Bonjour! こんにちは!」とR太郎に声を掛けたから、さぁ大変(?)
R太郎は英語で話しかけられるものとばかり思っていたらしく、英語でもない言葉と日本語を上手に話すこの西洋人に興味津々! さらに隣のテーブルのフランス人のお客さんとも、フランス語で話しているので、もう釘付けになってしまいました!

「あのお兄ちゃんね、フランス人だからフランス語を話しているんだよ。」と説明してあげると、「あのお兄ちゃん、英語の人なのに(←西洋人という意味)、フランス語も日本語も話すの?すごいね!!!!!」と興奮気味。

またウエイターさんが声を掛けてくれる度に積極的に話しをしていたのには、最近とても社交的になってきたと言っても少しビックリ。



すると帰る時、そのウエイターさんがR太郎に「ガレットを作るところを見たい?シェフに紹介するよ。」とR太郎を抱っこして連れて行ってくれました。厨房では数人のフランス人スタッフがガレットを焼いていてランチタイムでとても忙しそう。そこでウエイターさんが「このお兄さん達ね、日本語がわからないんだよ“Bonjour! ”って言ってごらん。」と話してくれました。

R太郎は、一言目はとっても小さく「、、、ぼんじゅー、、」と言ったものの、次は大きな声で「Bonjour! 」

厨房のスタッフみんなに「Bonjour! 」と言われるとさらに嬉しくなり、スタッフもオーバーアクションで何度も掛け合いをしてくれました。



ただ「Bonjour! 」だけなのに、すっかり発音にも自信がついたらしく、苺グランマの「ボンジュール」にもダメ出し。幼児の怖い物知らず振りは羨ましー(^m^)♪
言葉を知れば仲良くなれる。言葉を使えばこんなに楽しい!
そんな小さな体験ができたランチでした。


あ、そうそう、本日の「Science or Cooking」は、帰宅後苺グランマとクレープを作ってご満悦でございましたとさ(^_^)



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ





Happy Birthday Dear Everyone!
連休中に苺パパの誕生日があり、パパの実家でバーベキューをしました。うちの家族は、R太郎がソロで歌う「Happy Birthday To You」を自分の誕生日に歌って貰うのを楽しみにしているのですが、ケーキのキャンドルに火を灯すと、「今日はパパの誕生日じゃない!みんなの誕生日なの!」と言って『Happy Birthday Dear Everyone!』に歌詞を変更して歌ってくれました、、、、パパ、ちょっと可哀想?(^^;)



実は、R太郎は毎日自分の誕生日を指折り数えています。トイレに行く度カレンダーで「Today is October? What's next?」と12月を過ぎ4月まで全部言わされます。そのお陰で月はバッチリ覚えました(^_^)b☆

で、何が楽しみかというと、プリスクールでのお誕生会。
うちのプリスクールでは、強制ではないものの、お誕生会に本人がプレゼントをみんなにあげたり、ケーキを用意したりしてその日を盛り上げます。アメリカなどではそうなんでしょうか? 他のプリでもこんな事するのかな? よくわからないけど、R太郎も数週間に一回は小さなプレゼントを持って帰ってきます。

今年のR太郎の誕生日は4月にプリに入園してすぐ。この慣習を知らなかったので、まだ誕生会をこういう形でやったことがありません。

これがやりたいらしい(笑)

うーん、4月はちょっとした出費だけど、こんなに楽しみにしてるなら何か考えないと、、、、ね。


20091014

↑今晩作ったR-Taro's Birthday Cake! It's not Daddy's. It' mine!」だそうで。
DWEのデイジーとグーフィーがバースデイケーキを作る歌を歌いながら作っていました。完璧に歌えてたわ… おうちCAP録音もそろそろ再開しなきゃっっ



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ



命令しない育児
連休中、今日だけはパパと一緒に遊べるというのに、朝から怪しい雲模様。お昼前にはとうとう雨が降ってきてしまい、てるてる坊主を作りました。

20091010

右がR太郎制作のてるてる坊主。ちょっぴりScary Face(笑)
もちろん歌は「てるてる坊主」と「Rain Rain Go Away」。
このお陰か、昼前にはすっかり空も晴れて大きな公園に出掛けました。

我が家の周りにあるのは、幼児が楽しめる程度の小さな公園ばかり。だから時々電車に乗ってこの広大な公園に来るのですが、なかなか来られないだけに来る度に成長を感じます。

今日は楽器を練習している人が多く、最近『Little Einsteins』の影響で楽器好きのR太郎は興味津々。最初は遠巻きにグルグルと周りを回っていたのですが、サックスを吹いている男性に「これは何ていう楽器ですか?」と自分で聞きに行き、色々話しをしてもらいました。

この公園では、子供達に自主的な外遊びを促す活動(プレイパーク)があり、以前はまだ早いかなと思っていたのですが、今回、ママが青空の下気持ちよく寝ているうちに、いつの間にかパパとR太郎がそこに参加。

小学生が自分たちで火をおこして、水飴を作っているところで一緒にお手伝い(?)したとか。目覚めたママをその小学生達の所に連れて行き紹介してくれました。「ありがとう!また会おうね~!」と大きな声で言う姿は、物をもらった時にママが「ありがとうは?」と促す時とは違っていました。

「○○しなさい。」「○○っていいなさい。」
これ、出来るだけ言わないようにしようと思っているんだけど、つい言ってしまいます(^^;)
命令しない育児。心掛けたいものです、、、、(><)

「4歳の壁」前の英語拒否ムードで悩んでいる最中、英語育児の話ではないのですが、英語教育を続ける上でも無理強いしたり、命令したりしないでいたい。そう思うこの頃なのです。


↓悩める苺ママに応援クリックを!
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ



プリの授業参観
プリの授業参観&ポットラックパーティー&保護者会に行って来ました。

R太郎のクラスは年少より下の年齢の子達なので、入学したての頃、みんなほとんど英語(日本語も怪しい)が喋れないようだったのですが、5ヶ月経ってやはり普通の英語教室に通うよりは喋れるようになっているように見えました。

R太郎もママがいたからなのか、物凄く頑張って大きな声で発言していました。家にいる時ほどじゃないですけど。園長先生から「いつもああいう感じで活発に発言してますよ。」と言ってもらえたり、会う先生みんなにR太郎の事を褒められました。英語圏の人達は褒めるのが上手いのでそこら辺差し引いてもやっぱり嬉しい♪

また、園内の施設や習慣(トイレに言った後はどうするとか)、お友達の名前を次々とママに紹介し、「ね、プリスクールってすっごく楽しいんだよ♪」とアピールしていました。入園の営業スタッフにでもなれそう(笑)
スクールバス通いのため入園以来ほとんどママは園を訪れた事がないから、きっと興奮していたのかな。

年長さんクラス辺りになるとママさん達も皆さんとても熱心で、英語教育についてもビジョンを持っているような感じがしたので、学年が上がっていく内に私達もあんな風になっていけるのかなぁと、ちょっと憧れちゃったり(^m^) 


丸一日掛かりでグッタリ。でも楽しい一日でした。
明日はバイリンガルキッズ達に会いに少し遠出してきます~。こっちも楽しみ♪



↓ポットラックパーティの質の高さに驚き、
 ちょっとしょげてる苺ママに応援ポチを!
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ