苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
4歳4ヶ月のR太郎【まとめ】
【4歳4ヶ月のR太郎】

●「R太郎、英語が上手になったね~(^_^)」
 という苺パパの言葉に、
 「違うよ!“なった”じゃなくて練習しているんだよ。
 “なった”っていうのは“大きくなった”とか
 いう事でしょ。R太郎君は“練習してる”から喋れるんだよ!」

 と反論する。

『My First Amazing Game』にはまる。

●ひらがなを一人書く練習をよくしている。
 日本語のおてて絵本も上手くなってきた。

●ルー語に変化。
 ルー語を話した事に自ら気がついて言い直すように。
 それと同時に、日本語に入るカタカナ英語や和製英語が気になる様子。


もうすぐ4歳半。話す事も随分と説得力がでてきた今日この頃。家にいる時は、英語DVDをつけながら、レゴや工作、図鑑を調べたりお料理の手伝いと大忙しです。

「将来はシェフになりたい」という夢の他に数日前「それかアーティストになりたい!」と。アート好きの苺ママが「え!?どうして?(^o^)」と理由を聞くと、「だってキッザニアでやって面白かったんだもん♪」だそうで。

今年の春頃スクールトリップでキッザニアに行ったのです。(苺ママは行かなかったので記事にはしませんでしたが。)現代っ子はアーティストへの夢も“疑似職業体験”からなのか、、、とちょっぴり寂かったり(^^;)

本物の体験をするのは難しいことだけど、できるだけやっていきたいものです!


【今月よく読んだ英語絵本】

Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)←少しご無沙汰だったFrog and Toadシリーズを思い出したように読んでいます。

Oxford Reading Tree: Stages 6 and 7: Stories: Pack of 10 Books←ORTのStage6&7は読む事はできても、かなり体力が余っている時でないと通して一冊は読めません。大抵途中で苺ママにバトンタッチ。Stageが低い物を勧めると「それは簡単だからコレ!」と言います。

The Story of the Little Mole Who Knew it Was None of His Business←よくブログで見かけるこの絵本。スクールライブラリーにあったので借りてみました。ずばり「う○ち」の本で、R太郎、おおうけ、、、、(^^;)



【今月よく読んだ日本語絵本】

おやすみアルフォンス! (アルフォンスのえほん)←なかなか眠れないアルフォンスのお願いに、いつまでも付き合ってくれるパパ。パパと読むのにオススメのベッドタイムストーリーです。

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)←一晩では読み切れないこの本に挑戦中。読み聞かせは、毎晩この本を最後にいつの間にか終了~ZZZ...


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
ルー語に変化が!
R太郎のルー語に変化がでてきました。

、、、といっても、ワンセンテンスの中にまだまだ英語と日本語が混在するのですが(^^;)

何が変わったかというと、時々ルー語を話した事に自ら気がついて言い直すようになったのです。

「そこのSilverの棒をね、、、あっ、そこの銀色の棒を回して。」とか
「これpaintしたの、、、じゃなかった塗ったの。」とか。

ルー語については、もう大人に成長したバイリンガルの方々や、幼児英語教育を専門に研究なさっている先生方等、今まで何人もの方に相談したり、ブログを拝見しましたが、みなさんおっしゃる事は同じ。

「バイリンガルで育っている子供にはよくあること。ワンセンテンスの中に他言語が混じって話す場合は、決して否定せず、その度復唱するように正しく言い直していれば自然に直ります。」

このアドバイスで、ルー語を多言語教育の弊害とは捉えず気長に見守ってきました♪

昨日はテレビで「彼はミスを犯した。」と流れたのを聞き、「missだって~。日本語の中に英語が入ってて可笑しいね~(^m^)。missじゃなくて“失敗”って言うんだよね~」と嬉しそうに指摘していました。今後はカタカナ英語と和製英語に混乱させられそうですが(^^;)


ルー語を話すと心配になるし、他人に聞かれても恥ずかしいものだけど、やはり先輩方の助言の通り、「目くじらを立てずゆっくりと正して行く」のが、自然な言語の成長に繋がるんじゃないかと実感してきました。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
日本の夏も、もうすぐ終わり
暑さもぶり返したこの週末。
土曜はお祭りの夜店、日曜は鎌倉のお墓参りついでに海へ。

もう夏も終わりです。
ちょうど海の家の解体をしているところで、お盆にはギュウギュウ詰の浜辺も今日は人も少なく落ち着いていました。

半日山の中を歩いた汗を流すようにパパと入った海。戻ってきません、、、、苺ママは暑い浜辺で待ちぼうけ。いつものことですが(^^;)

20100913

本当にR太郎はお風呂も川も海も大好き。日も落ち始め、「今度はハワイの海に行くからもう帰ろう!」と引っ張るように帰ってきました。(←自分で言っててニンマリなセリフ♪)

あ~、ビーチ以外の文化的要素満載のママのハワイ大計画。
結局ビーチに入り浸りになりそうな予感がして来ました~。日焼け止めを大量に持って行きます(笑) 


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
積み木の展覧会へ
週末はジジババのおうちへ一人でお泊まり、次の日は目黒区美術館で開催中の『遊びのなかの色と形展 ークルト・ネフ & アントニオ・ヴィターリ』に出掛け、日曜は子供山車を引きに行ったりと、暑い中なんとかお出掛け。

美術館の展覧会は、WKEの付属教材でもお馴染みのネフ・スピール
など様々なネフ社の積み木を展示、また子供達が遊べるスペースもあり、R太郎も時間が経つのも忘れ熱中していました。

この展覧会は来週の日曜で終了してしまいますが、目黒区美術館ではネフ社を始め、世界の優れた積み木を多く所蔵していて、時々近くの児童館でそれを「トイコレ・アウトリーチ」として公開&遊ばせてくれます。R太郎も2歳の時に参加したのですが、今回はまた随分遊び方も成長して来たなぁと感じました。積み木って、以前はブロックがまだできない小さな子が遊ぶという印象でしたが、こういうワークショップを見ていると1歳、4歳、小学生とまったく違う遊び方で楽しんでいるので面白いです♪ とても高価なものなので、うちに揃える事はできませんがこういう機会があると嬉しい。

さあ来週からはいよいよプリスクールの新学期。
まあ、サマースクールも参加したので長い夏休みが明ける感じはしませんが、親子共々ようやく通常の生活に戻れそうです。。。(^^;)

↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

“なった”じゃなくて練習してるんだよ
昨日、英語で一人遊びをしていたR太郎に苺パパが何気なく言ったひとこと。

苺パパ:「R太郎、英語が上手になったね~(^_^)」

そこでR太郎の応えにドキッとさせられました。

R太郎:「違うよ!“なった”じゃなくて練習しているんだよ。“なった”っていうのは“大きくなった”とかいう事でしょ。R太郎君は“練習してる”から喋れるんだよ o(`ω´*)oカチン」

“練習”って、、、、ストレスを与えてる?(;´Д`A
いや、母国語ではない英語を話す事自体、全くストレスを感じないはずはないとは思うけど、、、、

で、恐る恐る聞いてみました。

苺ママ:「日本語は“上手になった”の?」

R太郎:「違うでしょ!日本語も練習してるの。」

だそうで。少しホッとしました…。
ともかく今は以前にも増して“言葉”にとても興味がある様子です。この頃は苺ママから特に促さなくても、熱心に英語のDVDを観たり、絵本を自分で読んだり、一人遊びも英語でしている姿をよく見かけます。

日本語でも最近はお手紙をよく書き、書く前に冷蔵庫に貼ってあるひらがな表を持って来てまずは字の練習。文章が決まったら表を見ながら一気に書き上げます。(文章と言っても20文字ぐらいですけど^^)

そしてどちらの言語の絵本を読んでいても、知っている単語の綴りを確認したいらしく、読んでいる途中に「○○ってどこに書いてあるの?」と聞いてくる事が多くなりました。


確かに“練習”っぽい(^^;)
良いのか悪いのかわかりませんが、R太郎にとって語学を習得する事は、自然に身につくという意識ではないようです。

そして、“練習”しないから“上手にならない”自分に反省させられた一言でもありました~(><)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ