苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
5歳2ヶ月のR太郎【まとめ】
今月のまとめです。

夏休みで暇なR太郎。サマースクールもあまり参加していないので、意識的に家で英語に触れる機会を多くしています。でも英語での語りかけは相変わらずしていませんが。家にいる分、DVDを観たり本を読む時間が増えました。

工作やお絵描きもよくしていますが、シェフやピアニスト、本の登場人物になりきって、そのアイテム作りみたいな工作が多いんです。その性か妄想に走りすぎる傾向も、、、、
失踪事件もあったことだし、どこまで放っておいて良いものかと悩むところです(^^;)



【5歳2ヶ月のR太郎】

●家の前に“Dear people of the World”と、
 道行く人への文章を掲げる。(その記事)

●"英語でおうちピアノ"を基礎からネットなどで学び直し始める。(その記事)

●英語と日本語の七夕の願い事で小さい笹が重そうな程。
 が!翌日、R太郎失踪事件発生!!!!(その記事)

●初キャンプで富士・本栖湖へ。(その記事)

●“英語でおうちピアノ”発表会開催。
 日本語&英語教本から短い曲を16曲(アレンジ曲1曲)弾く。

●Math的ブームは、million、billion、trillion、infinityなど
 大きい桁を口にすること。
 友達と大きい桁の小さな計算クイズを出し合っては大喜び。



【今月よく読んだ英語本】

Nate the Great and the Lost List←我が家では3冊目のNate the Greatシリーズ本。今回は友達がなくした買い物リストを探します。R太郎はすっかりNateファンに!シリーズ本を全部読みたいそうです。

Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)なおぱぱさん家のなお君が読み始めたという記事を読み、久し振りにシリーズ一気に4冊読み聞かせ。何度読んでも笑える大好きな本です♪


【今月よく読んだ日本語絵本】
さるかに   日本むかし話〈2〉←最初は笑って聞いていたら、カニが殺されて大泣き。死んだカニから子供達が沢山出て来てみんなで泣く度につられて大泣き!
“もう読みたくない!”と久し振りにお話で泣いたのでちょっとびっくり(^^;)
でも次の日からは何度も読んでもらいたがるその心境、よくわかりません、、、

なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5)←この本のようななぞなぞを沢山つくって楽しそうだったR太郎。でもママとしては女の子の住むお家がありえない様なダメダメ構造で、気になって気になって、、、
おとぎ話にしても、作家さんにはもうちょっと基本的な家の構造ぐらいは押さえて欲しいものです。。。

アルプスの少女ハイジ (徳間アニメ絵本)←このシリーズがとても好きなR太郎。他にジブリ映画の本を5-6冊持っています。
アルプスの山々や白パンにも憧れたと同時に、盲目のお婆さんに聖書を読んであげ“字が読めるということは素晴らしいこと”と涙されるくだりが心に残ったようです。


【今月よく観た映像】
Sid the Science Kid: Gizmos & Gadgets [DVD] [Import]←暫く振りのSid the Science Kidシリーズ。今まであまり観た事がなかったこの一本を何度もよく観ています。滑車や梃子など、シンプルマシーンについてのテーマです。こういう物に興味が出て来たのかも♪
商品リンクは輸入版です。リージョンコードに注意。

ビッグ [DVD]←今月何度も記事にしたピアノ曲“Heart and Soul”が使われている映画。何度も観て色んな影響を受けました。(失踪事件もそのひとつでした…^^;)



七夕翌日の大騒動
昨日はバイリン短冊に願い事を書いて大満足だったR太郎。「明日の朝起きたら“BIG”みたいに大きくなってるかな?おもちゃが届いているかな?」なんてワクワクして寝ました。

朝起きて、「まだ大きくなってないよ?おもちゃは?まだ届いてないの?」とソワソワ。あのねー、七夕はクリスマスじゃないし!


お昼前、スーパーへ買い物に行こうと誘うも「今日はお留守番してるよ。」と。この頃、一人でお使いもしっかり出来るし、近くのスーパーへ行く間ぐらいはお留守番も大人しく出来そうなので時々置いていく事もありました。

で!!!!
出掛けてから30分程して帰宅してみると、、、
R太郎がいない!!??
靴もない!家の周りにもいない!いつもお使いに行く近くのコンビニにもいない(><)

すぐに苺パパに電話をして、状況を話しているとジジ&ババからキャッチが…
「あのね、、R太郎が今うちに来たんだけど(^∇^;)o」

ええええええ!
ジジ&ババの家は我が家から2キロほど。近いといえども大人でも徒歩20分程の距離。途中には大通りもあります。今着いたって事は、苺ママがスーパーへ出掛けてすぐ、何の躊躇もなく走るように向かったということよね(゚Д゚;)

すぐに迎えに行き、どうしてそんな事をしたのか、R太郎が家にいなくてママがどんな気持ちだったか想像できるかなど色々話を聞きました。そして留守番とは留守を守っているものだとも。


どうやら、原因は七夕の短冊。
今お気に入りの映画「BIG」で、主人公の男の子が“願い事”をすると翌日それが叶う。
だから今朝は大きくなって、おもちゃも届くはずだったと。でも届かないから、ジジ&ババにねだろうと思ったらしく。しかも、おねだりの前に買って貰うおもちゃの下見に繁華街まで行こうと思ったけれど、交通費がなかったのでそれは断念。一路ジジ&ババの家に向かったと。。。。

そ、その計画、、、、
一体いつから考えていたんですか ( ̄ロ ̄lll)



肝が冷やされました。何事もなくて本当に良かった~!
行動力は頼もしいと思わなくはないけれど、R太郎を信用しすぎていたことに反省。

まだまだ妄想と非常識の世界に暮らす5歳児、これからはもっと気をつけなければ!!!




ごっちゃりバイリン短冊☆
プリスクールのサマーに夏休み中何日か参加予定のR太郎。
今日は七夕で浴衣を着て登園でした♪

七夕の歌を教わったらしく、「先生もみんな日本語で歌ったんだよ!!!」と喜んで歌っていました。プリスクールに通っていると日本の童謡をほとんど歌わないので、小学生になってから当然知っているはずの歌もみんなと歌えないとはよく聞く話。我が家でも意識して日本の童謡や手遊びを歌っていますが、さすがに七夕のような日本の行事に関わる歌はプリスクールでも日本語で歌ってくれるようです(^^)

で、毎年お決まりの七夕飾りと短冊(小さな笹付き)を持って帰って来たR太郎。こちらの短冊は英語だけで書かれていました、そりゃそっか。

「I wish for a horse and a cat.」
「I wish for growing up and to go to the desert.(砂漠と太陽の絵)」


と書いてありました。
去年は年少クラスだったので「I want to be_______」の下線に何か入れるような短冊だった気がしますが、今年は年長クラスということもあってか全部手書きでした。きっと、「I wish for_______」というフォーマットだったんでしょう。

帰宅後、「もっとウィッシュを書きたい!(←“願い事”を知らないだけにルー語^^;)」と言うので、今度は日本語で書きました。

「ひこぼしにあいたい」
「バース(←仮面ライダーオーズの登場キャラ)になりたい」
「めだるがほしい/(裏面)たこかんどろいども(←これもオーズ^^;)


バイリン七夕飾り、小さい笹なのにウィッシュ多すぎっっ(笑)

20110708.jpg


東京の今日の夜空は曇り空。昼間は晴れていたのに惜しいっっ
週末、キャンプに行くので、きれいな夜空に期待です☆


親愛なる世界の人々へ?
家の前の掃除をしていたら、家の塀にこんな張り紙を発見。


iphone_20110630003031.jpg

Dear people of the World
i
think you can see a little paper on the ground
When you found the paper
I WILL Give you a present


親愛なる世界の人々へ

道に小さな紙があると思います
もしその紙をあなたが見つけたら
プレゼントを差し上げます



は~い、こんなの貼ったの誰ですかぁ( ̄◇ ̄;)

R太郎に尋ねると、朝一番で書いて貼ったらしく、何やら〝c〝と書かれた小さな紙も付近に置いてありました…

「まだ取らないで!」と言うので、後で取ろうかと思ったら忘れ、苺パパが帰宅時に気がついて回収~。
あらら、一日中貼りっぱなしだったわf^_^;)

////////////////////////////////


夏休み中のR太郎。暇だし、暑いし、今の所クーラーを入れずに頑張っているからか、ちょっとテンションがおかしいです。

半年振りにスカイプをしたyu君とも、ハチャメチャでほとんど会話にならず終了、、、
近い内また改めてお話ししようという事になりました。

いよいよ暑い夏が来てしまいました~f^_^;)