苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
[レッスン32回目] Last Lessonでした(^^;)
今日は英語教室のレッスン。
ブログで知り合ったりおままさんとりおちゃんが体験レッスンで一緒に参加☆

りおちゃんも人見知りをしない女の子で、最初から担任のJ先生にタッチしに行ったり、今まで来た体験レッスンの子達の中でダントツに乗っていて発話も多くてビックリjumee��faceA171Lやっぱり家で毎日英語に触れ合っている子って違うんだなと思いました♪

レッスンもGood-by Songの時間になり、コーディネータさんが「今日はR太郎が最後のレッスンだから、R太郎の好きな“Counting up to 20”を歌いましょうよ!」と言ってくれて、少し時間が押しながらもこの曲で締めてくれましたjumee��faceA70

・・・・って!
ここで気がついたのは
レッスンって今日が最後???

りおままさんも教室から、今日がR太郎の最後のレッスンになると言われて来たらしいのですが、すっかり後もう一回あると思っていた苺ママは心の準備が出来ていませんでした~jumee��faceA76
ほんと、こういうところがダメなママ。先が思いやられます…

でもりおままさんが来てくれたおかげで、レッスン後もJ先生とゆっくり遊んで貰えたし、J先生との最後の時間をたっぷり味わえました。コーディネータさんから「1年後帰ってきて下さいよぉ。でも、、その時のR太郎君に合うクラスがないかも知れないんだけど…」と言われました。それくらい1年で上達できたら嬉しいんですけどjumee��faceA107


【今日読んでくれた本】
Ten Little LadybugsTen Little Ladybugs
(2001/02/01)
Melanie Gerth

商品詳細を見る

10匹のテントウ虫がアオムシやカエルに出会うと1匹、2匹といなくなってしまいます。もしかして食べられちゃったの~?というお話。テントウ虫が小さなボールの立体になっていてページを捲る度に数が減る仕掛け本。子供達は楽しそうに実際に触りながら数を数えていました。


英語教室を出てランチ後、りおままさんを無理矢理(?)苺パパが設計したお家の見学会へー。実は苺パパは住宅の設計士で、今日はちょうど設計したお家の見学会だったんですjumee��faceA59

子供達は途中までは寝ていて大人しかったけど、起きてからは2人にとっては全然知らない人の家で仲良く大はしゃぎでした(笑) ママ達もまたまた英語談議などなど出来て楽しいひととき。

英語育児ってやっぱり楽しい~♪

あ、明日はこのイベントモトさんとお出掛けです!

英語育児ってやっぱりやめられない~♪(爆)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

お散歩レッスンと文字遊び
昨日は英語教室。天気が良く、今月のテーマが街で見かける物なので、初めてのお散歩レッスン。てっきりいつものように“お散歩ごっこ”かと思った苺ママ。みんながコートを着て靴を履きだしたので慌てて支度しました(^^;)

うちの英語教室は繁華街にあるので、“traffic light”“crossing”“bus”“truck”なんて外に出れば難なく見つけられます。みんなでカードの単語を見つける度に「I see a traffic light! The color is red!」とか言いながらお散歩しました。教室の周りを一周しただけだけど、子供達の顔と言ったらみんな教室の数倍楽しそうに笑っていました♪

レッスンが終わり、帰る前に待合室にあったABCブロックを見つけたR太郎が「J's J!(J先生の“J”だよ!)」とJ先生にアピールすると、先生が暫くつきあって遊んでくれました。

こういう時、張り切っちゃうタイプのR太郎jumee��faceA63
「T is Tiger.」とTとTigerが書かれたブロックを先生が指すと、「and T is Ten!」と言って先生を驚かせました。気を良くしたのか「and T is Traffic light!」と早速習った単語も披露。綴りを教わったわけではなく「トゥ」の音から「T」で始まるとわかったわけで、これにはママもビックリ。

その後、「 C is Cockpit!」とか、なんかいかにもJ先生が驚きそうな単語をいくつも披露。J先生もママも、止まらないR太郎にただただ驚くばかり…。


でも、それだけじゃありませんでした。
家に帰ってからもまだ文字に対する執着は続きました。
ダイソーのアルファベットマグネットで遊んでいたR太郎。

昨日キッチンのボウルを使って、ボールをキャッチする遊びに夢中だったので、ママが「This is a BALL, and this is a BOWL」と言いながらアルファベットを置きました。こんな感じ↓

BALL
BOWL

そしたら、「Oh! What's this?」と、「BOWL」の「B」を取るんです…

おおおおおおぉ!これはぁ!!!!jumee��faceA156
What's This?とママ。

にこっと笑って「It's a(n) OWL! (フクロウだよ)」

す、すごいよ!
驚いているママに今度は「Oh! What's this?」と「BALL」の「B」まで取りました!

こ、これはぁぁぁぁ!jumee��faceA156
What's This?とまたママ。

今度は困った顔で「It's a(n) アルル? (アルルかな?)」
読めなかったけど、偶然でも驚いた一件。

ボードの上には

ALL
OWL

と言う字が残っていました。
こういう力、何か伸ばしてあげられるといいなぁjumee��faceA155


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

[レッスン30回目] grumpy R-taro
昨日は英語教室の振り替えレッスンでした。

何度か振り替えで参加しているので、この土曜日のクラスにも慣れてきた様子のR太郎。先生がいつものJ先生なので、またまた先生に甘え放題。本の読み聞かせタイムは先生の膝の上で聞いていました。(最近はいつもこのポジションjumee��faceA103

レッスン中は率先して「Me next, please!(次にやらせてくださ~い!)」と大きな声で手を挙げるようになったR太郎ですが、そのやる気と同時に、終わる時間になるとテンションが急降下するようになりました。レッスンが終わるのが嫌だからなのだと思いますが、『Goodby Song』も最近は歌った試しがないし、ダラダラで、時々「面白くなかった!」といったりカナ~リ感じ悪いjumee��faceA169

J先生もわかってくれているようで、土曜日の日本人コーディネータさんに「R太郎は終わる時間はいつもこうだから、心配しないで。」みたいな事を説明してくれてましたjumee��faceA110

教室から出ても、まだまだご機嫌ななめ。コート着ない!靴履かない!帰らないと階段でジェル状化していたR太郎に、「Oh! R-taro! Are you grumpy?」と他のコーディネータさんに声を掛けられるくらい。

この「grumpy」って単語、ママは最近この絵本で知ったばかりなので、こういう状態のことを「grumpy」っていうのねと密かに嬉しかったり♪
「気難しい、おこりんぼ」っていう意味なんですね。
その通りです~jumee��faceA106

 
Dear Zoo: A Lift-the-flap BookDear Zoo: A Lift-the-flap Book
(2007/05/08)
Rod Campbell

商品詳細を見る


いつもは平日なのでレッスンの後、家に帰ってママはお仕事、R太郎は家で英語モード!っていうのがお決まりなんだけど、昨日は土曜日だったからお買い物へー
でもレッスン後はあまり連れ回さないほうが良いなと後悔しました。テンション高すぎ&フル英語モードで、とてもお買い物ができる状態ではなく…

J先生の英語教室がよっぽど好きなんでしょうね…
それも残すところ後3回。
4月になって「J先生の所に行かないの?」って聞かれたらどうしよう、と切ない気持になります。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

[レッスン29回目] オープンクラス
今日は英語教室の懇談会。
今週はオープンクラスといって、いつもは子供達だけでレッスンをしているクラスも、親が一緒に入室して見学できるのですが、親子レッスンをしているうちのクラスは、レッスン後の懇談会だけで後は通常レッスンをします。

うちの英語教室は、こういう機会が年2回、通信簿のようなレポート配布が年2回あるので改めて先生のコメントやこちらからの感想などが言えて、ドキドキするけどなかなか良いと思っています。(ちなみに全部日本人コーディネータさんが訳してくれます。)


担任のJ先生からは、「R太郎は日に日に英語が喋れるようになっている。」と言ってもらえました。実は迷ったのですが、退会の理由として4月から1年間プリスクールに行くことも伝えてあるんです。1年間終わって、もし条件が合いそうならもう一度このスクールに戻って来たいな、と考えているから。J先生にも「1年経ったら戻ってくるの?戻っておいでよね!」と言われました。戻ってくるなら目標は帰国子女クラスに入りたいけど無理かな~jumee��faceA59


今日はその他にアンケートを書かされたのですが、それを書いている間、R太郎はずっとJ先生の膝の上で二人で何やらお喋り。トーマスのぬりえをもらってそれについて話していたらしく、書くのに夢中になっていたので最初は聞いていなかったんだけど、J先生が「R太郎はセンテンスで話してる!こう聞いたらこう答えたんだよ。」と日本人コーディネータさんに報告していました。なんか、ゴードンやトビーの車体番号について話してたらしい(笑)


まだプリスクールにさえ入っていないのに、今度は1年後の事が気になって来始めた、気の早い苺ママです。jumee��faceA103



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


[レッスン27回目] 新人先生も大変
今日は3週間振りに英語教室の通常クラスに参加しました。
「R-Taro! Long time no see!(久し振り~!)」と先生達に次々と言われ、ニッコニコしてたけど、意味はわかってるのかな?

先週の土曜日の振り替えレッスンの時も、研修の先生がメインでのレッスンでしたが、今日も先日とは違う振り替えの先生。少しぎこちないながらも楽しくレッスンを受けました。

先生が慣れていないからか、土曜日のレッスンはいつもよりレベルダウン。
「はーーぅ あーー ゆーーぅ?」みたいな調子で、ママは「ゆーーぅ?」が終わった頃には「はーーぅ」と聞かれたことを忘れそうでしたjumee��faceA103

そして、今回の先生はいつもより少しレベルアップ。
「A Chicken, please.」というも言うところを「I want a Chicken.」と促したり、細かいところがいつもよりちょっとだけ高度でした(ホントちょっとだけだけど。)


絵本読み聞かせの時間はこの本。

Where is the Fat Controller?: Flap-in-a-flap Book (My First Thomas)Where is the Fat Controller?: Flap-in-a-flap Book (My First Thomas)
(2003/06/05)
W. Awdry

商品詳細を見る


The Fat Controllerことトップハムハット卿をフラップを捲りながら見つけるお話。探しながらも「Sun」「Sheep」「Boat」「Tree」とイラストを指して単語を当てさせましたが、ページ毎に増えていくトーマスの仲間達の名前も執拗に当てさせる新人先生…
女の子ばかりのクラス。
それ…答えられるのは…R太郎だけですけどjumee��faceA103


どちらの先生もとっても子供好きっぽかったけど、先生も子供に教えるのに慣れるまでは大変なんですね~。英語のレベルだけじゃなく、子供は上手く乗せないと全く乗らないし…
担任のJ先生やイベントなどで会っている他の先生達の力量がよくわかりました。

レッスン中も後もまたまたJ先生にベッタリのR太郎。その笑顔を見ていると、春になって一時やめるのが切なくなってしまうママでしたjumee��faceA70


↓いつも応援ポチッをありがとうございます☆
 コメントやランキングが更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ