苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
今年の方針は、、、ブックオフ占いで?
遅ればせながら、あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします。

年末は体調不良で惨劇だった我が家ですが、年始はジジババの家へ行っておせちをたらふく食べたり、映画(パパとは『ローグ・ワン』、ママとは『君の名は。』)を観に行ったり、絵を描いたり、ボードゲームをしたりと普段のお正月を過ごしました



さて、毎年最初の投稿はその年の方針を書いていますが、英語に関しては相も変わらずオンラインレッスン、読書、映像がメイン。去年から続けているGSAのモニターも終了すると思うので、その後のLanguage Artの取り組みはGSAをそのまま続けるのかも含めて考えなければいけません。

年末にも書きましたが、年相応程度の映画も読書も英語で全くストレスなく観ることができるぐらいなので、あとは精神年齢が上がるまで英語力は飛躍的には伸びないのかなと感じています。

じゃ、今年の方針は、、、と、ふとブックオフ新春セール巡りでママがR太郎のために買った本に目をやるとちょっと見えた気がしました

世の中のこと、地図で見る世界情勢、世界と日本の歴史の本ばかり。結局洋書は1冊もありませんでした
洋書選びに出かけたはずなのにね〜

実は冬休みが始まってすぐ、世界情勢に関わるとても興味深いイベントに5日間参加したR太郎。ママが想像していた以上に楽しんで積極的に参加していました。そこで灯った火種を育てたいという想いが、無意識にブックオフの本選びに出ているのかな。

と、いうことで、今年の方針は

社会のことに目を向ける

英語&日本語、世界&日本、いろいろなアクセス方法、視点でふれて行こうと思います。

今年の方針がブックオフ占いとは情けない話ですが、案外核心をついているかもしれません


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
2016年を振り返ってみる
大晦日です
年末パパとR太郎がノロウィルスにかかった苺家も、無事ママは回避できたようで最後の日は穏やかに過ごしています。

さて今年のブログは、去年が月に1、2回の投稿だったのに対して、今年は6月からもの凄い勢いで書きました(笑)
これはもちろんオンラインスクールのGSAのモニターになったからなのですが、要求される回数以上に書いた書いた!

本当はR太郎との親子英語ブログを書くのが好きなんだよなぁ、と自分でも再認識しました!!なんだかんだともう8年半も続けているんですものね。好きじゃなきゃーできません

こどもが英語もある程度できるようになるとなかなかネタがなくなり、一度書かなくなると何か大きな出来事でもないと書きづらくなる。。。そうして小学生のブログはどんどんなくなって行くわけなんですよね


さて、今年の取り組みを振り返ろうと思ったのですが、取り組みといえばGSAのレッスンだけで、あとは読書や動画はHuluやNetflixなどで習慣化してしまい取り立てて書くことがないな、、、と。あ!そうだ、夏あたりまで我が家は読書習慣が下降気味だったのでした

喉元過ぎればなんとやらですね
あの手この手でようやく読書習慣が戻ったR太郎。ノロに罹る前に読み終わった本は噂通りとても面白かったようです。



Interest Level:Grades 4 - 8
Reading Level:Grades 3 - 8
ATOS:4.6
Word Count:47079



今の年齢は、英語力は飛躍的に伸びないのかなと思います。たぶん次に伸びるのは中学生前後。だから今はそれ以外の基礎力をつける時期なのかも。

実は、今年は本人がやりたいことをなんでもやった結果、興味と時間と体力のバランスが悪くなり、R太郎自身かなり苦労をしました。それも今月になって自ら解決したR太郎。

小説家になりたいR太郎の夢に、最近「ジャーナリスト」が加わりました。文章を書くのが好きなんだそうです。

だんだん親の力は必要なくなるんですね。
あともう少し、親が必要とされている間はこのブログも続けていこう思います。


来年もどうぞよろしくお願いします。
みなさま、よいお年をお迎えください


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
2016年親子英語の抱負
あけましておめでとうございます

昨年もブログ更新頻度が少なかったのにもかかわらず、ご訪問いただきありがとうございました!
徐々に緩くなっていく我が家の親子英語ですが、過去記事への訪問も多く、長く書いていれば、それなりに何かのお役に立てることもあるのかな?とも思うので、今年も細々と投稿したいと思っています


さて、毎年恒例の今年の我が家の親子英語の抱負です。


■スピーキング
昨年と同じく、WEBレッスン中心で続けていきます。最近は大きな向上を感じられないので不安にもなりますが、スピーキング力向上の波が小5くらいにもあるのではないか?という話も聞き、今は焦らず続けていくのが良いのだろうと思っています。

■リスニング
かけ流しをしなくなった我が家。その代わりに実際の動画や映画視聴はほぼ毎日しています。WEBレッスンでも映画でもナチュラルスピードで問題なく理解している様子なので、今年もこのままの方針でいきます。

■リーディング
割と早くから読み始め、もっと小さい頃は、とにかく読む、”本の虫”という印象だったR太郎ですが、最近は時間があれば集中して読むというスタンスです。厚い本も読みはするものの、一回で読み切りたいそうで、30分ぐらいで読める本を再読していることが多いです。
ジャンルは「ノンフィクションぽいフィクション」が好きだということで、ファンタジーはあまり好きではないとか。今年はそのジャンルの本を探していこうと思います。

■ライティング
昨年同様、WEBレッスンでライティングのネイティブ向けのワークブックを使って行こうと思います。学年相当のG4ワークブックに取り組んでいるR太郎。今までは自由に書いて良しとしていましたが、WEBレッスンでも「main ideaから外れないように」「detailをもっと書いてみよう」「読者を意識しよう」と言われることがふえてきました。そろそろエッセイの基本を意識して書かせたいと思っています。

■英語で学習&表現
おうち英語で、この部分をどう伸ばしていけば良いのかが一番の課題。
そこで、昨年はR太郎自身の英語ブログを作り、一年間約50記事も投稿しました。また、ミニ研究動画なども制作してブログにアップしたりと、ブログが良い発表の場となりました。
今年も、おうちでどこまで出来るかを探って、色々なことにチャレンジさせていきたいです。

****************


因みに昨年の抱負はこちら。きゃーーー!まるで先週書いたように感じてしまうほど、4技能に関しては、R太郎の英語レベルも方針も変わっていません

唯一変化したなと思うのは「英語で学習&表現」の部分。制作→発表→そのフィードバックをもらう→また次のモチベーションにつながる、という良いサイクルができました。

プリスクール時代にShow & Tellなどで発表に慣れていたR太郎ですが、今の公立小学校でも親世代の頃と違い、日常的に話し合いや発表の機会を多く与えられているようで、その習慣は小学生になってからもストップすることがなかったのはありがたいです。

また、特にスピーチやプレゼンテーションの勉強をしたわけではないのに、案外この辺りの「型」を理解している気がします(親バカながら目線でだけど)。
その理由として考えられるのは、この「型」通りに作られている子供向けニュース記事や、サイエンスなどの学習動画、TEDでのプレゼンテーションなど、日常的によく触れているからなのでは?と。これもママの勝手な予想ですけど…

今年は、4技能は今蓄える時期として焦らず継続していき、「英語で学習&表現」の機会を増やしていきたいものです。

でも、まずは今年も苺ママ自身のこのブログをやめないこと。
これが一番のママの抱負ですね~






2015年の方針
明けましておめでとうございます。

昨年も、ブログに限らず、親子英語に奮闘する方々と交流でき、多くの刺激をいただきました。本当にありがとうございました。
ボチボチ更新のこのブログですが、何とかやめないつもりにはしておりますので、今年もおつきあいいただけたら幸いです。


さて、毎年恒例の今年の我が家の方針です。


■スピーキング
昨年は、スピーキング力の低下に悩んだこともありましたが、やはり今年もWEBレッスンを中心に日々継続するのみです。

■リスニング
昨年は、DVDやオーディオブックの音声を掛け流しについては、ほとんど出来ませんでした。理由は、他に集中したいことが沢山ある、と嫌がるようになったから。
今年は、無意識のリスニングではなく、動画などを実際観ながらになるかもしれません。

■リーディング
一昨年に続き、昨年もリーディングレベルが5,000語〜20,000語程の本で落ち着いていました。『A to Z Mysteries』などの好きなシリーズの本を何度も再読し、その合間に時々厚い本にも挑戦もしていました。
隙間時間でも読書習慣はついているので、今年も好きな本を読みながら、少し背伸びした本も勧めてみようと思います。

■ライティング
昨年同様、WEBレッスンでライティングとボキャブラリーのネイティブ向けのワークブックを使って行こうと思います。今年は、「知っている」だけではなく「使える」ボキャブラリーを増やし、単語の選択も意識してもらいたいと思っています。

■英語で学習&表現
今年も、WEBレッスンでニュース記事のディスカッションを継続すると同時に、英語で知識を得たり、自分の考えを表現したりする体験をしたいと思います。今挑戦したいことのアイデアもあり♪



我が家の親子英語の目的は、「成長する過程で、ある程度不自由なく英語を使うことで広い視野を持つ」(この辺に書いています)ことなので、日本で生活をしていて、R太郎の今の英語レベルは十分なのだと思います。

今年も、必要以上の英語レベルを目指そうと焦らずに続けていこう、というのがママの抱負です(^^)


2014年 我が家の方針
明けましておめでとうございます!
昨年も更新の少ないこのブログをお読みいただきありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年最初の記事は、恒例の我が家の今年の英語育児の方針です。



■スピーキング
去年はスピーキング力に重点を置きたいと思っていましたが、小学校入学後、傍から見ると流暢さが低下して行きました。ただ、それは正確に伝えようとしているだけで、本人には話しづらくなった自覚はないことがわかりました。
なので、今年は流暢さにはそれほど拘らず、WEBレッスンでスピーキングの時間を多く取ってもらおうことにします。
また、話す筋肉をつけるために音読も良いと思うので、短くてもそういう時間が持とうかな。

■リスニング
今年もテレビや映画のDVDをやその音声を掛け流しの他に、オーディオブックに再度挑戦したいと思っています。オーディオブックは本を朗読している音源ですが、聞くより読む方が好きなので、持っていない本のオーデオブックに挑戦してみようと思います。
もちろんここでもWEBレッスンを活用。我が家の場合は、発音はあるがままに成長すれば良いという考えなので、ネイティブの発音に拘り過ぎず、様々な国の先生の英語に触れて行きたいと思います。

■リーディング
今読んでいるのは5,000語〜20,000語程の本。ただ、一番手に取るのは10,000語前後の本で、去年より厚い本を読むようにはなったものの、よく読む本はあまり変化がありません。
今年も本のレベルを急いで上げる必要はないと思っていますが、何十年も読み継がれた名作も読んでくれればと思います。またノンフィクションの本も忘れずに。

■ライティング
お話し作りなど今まで通り自由に書きながら、学年相当のネイティブワークブックを使い、WEBレッスン等でライティングの基礎を着実に身につけていけたらと思います。

■自分の考えを表現する
元々自分の考えを表現するのが好きな子です。なので、WEBレッスンやワークブックでそういう機会を多く持たせようと思います。そして今年は、人の意見にも興味を持ってそれを広げることもできるようになればと思います。

■日本語との関係
こう色々書いても、言うまでもなく日本語の生活が中心。今年は2年生になり、日本語での授業も徐々に難しくなるでしょう。去年も意識していましたが、今年も日本語と英語の習得をきっちり分けるのではなく、一方で知った事や考えた事をもう一方で活かしたりと相互で関わり合いながら向上することが理想です。英語があるから日本語が疎かになるのではなく、英語があるから様々な角度で物事が捉えられるようになって欲しいです。
また、アメリカのワークブックに取り組んだり本を読んでいると、自然とアメリカの歴史や文化に詳しくなってきました。それに対して日本の歴史はあまり知りません。今年は日本の歴史や文化も意識して一緒に勉強していこうかな。



さてさて、今年も色々書いた我が家の方針。詳細に書いたのは、この一年間読み返した時にキーワードを拾っていけるということがあるからです。書いてはみたものの、これにガッチリ沿わせると言うよりも、この柱を真ん中に立てつつもその周りで自然に成長出来たらと思います。

更新の少ないこのブログですが、今年もどうぞよろしくお願いします♪