苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
冬休み、そして折り返し!
今年秋から半年の予定でR太郎が入学したインター小学校。
冬休みが始まり、早くも折り返し地点(´Д`;)

この3~4ヶ月、宿題やイベントが盛り沢山で、R太郎にとっては本当に忙しい毎日でした。
最初こそヒーヒー言いながら宿題をしていましたが、最近は比較的サラリと終わらせるようになりました。クラスが少人数ということもあり、クラスメイトや学校のお友達ともとても仲良くなりました。スピーキングだけ聞いても、以前よりずっと流暢に話すようにもなって来たと思います。

そこで、ブログ更新もボチボチだったので、ここでまとめて前半を振り返ってみます。


【リーディングとライティング】

R太郎の学校では、特にリーディングとライティングを重視しているようです。

リーディングについてはレベル毎に1週間に1冊か2冊リーディング用の本が渡されます。毎日その本についてのワークシートが宿題に出されます。内容は4択のクイズや文法問題から、メインテーマやサマリーを考える問題まで。
その他にも、図書館で借りるなど自分で読んだ本の数行感想をつけることになっています。
リーディングに関してはリーディングマラソンなどのイベントも開催され、学校としても子供達に本を沢山読ませる方針のよう。

ライティングに関しては、短い作文(1行から数行)の課題が週にいくつか出ます。日常のこと、イベントのこと、サンタさんへの手紙、、、とタイトルは単純ですが、ブレインストーミングから草案作り、清書と何度も書いたり、ひとつのテーマを色々な方向から書いたりと、一年生にしてはかなりしっかりと取り組んでいる印象。

そして、リーディングにしてもライティングにしても、提出物に赤ペンを入れられていることがないので、どんな指導をしていただいているのか疑問だったのです…。
最近ようやくわかったのは、リーディングに関してはレベル毎のグループ別に話し合っているという事。単に正誤チェックではなく、どうしてその答えを書いたのかを先生を含めてディスカッションするそうなんです。ほ~!!!!それは勉強になりそうだ!と思いました(^^)b☆

ライティングも、細かい間違いを直されるのではなく、自分の考えを文章で表現し人に見せる事を一番の目的にしているのかな。きれいに書き、教室や廊下に掲示して、お友達とそれについてよく話していたようです。そして話し合う内に、お互いの事を急速に理解している感じすら受けました。



【算数】

R太郎のクラスでは、国語(英語)の他に算数、社会、体育、音楽、アートなどの教科がありますが、特に算数は日本の学校の勉強とは少し違うなと感じています。

まず、お金、チャート、長さや温度計など、生活に直結するテーマやロジカルに考える機会がとても多いです。なるほど、これは良い課題だな!数学の世界をこういう風に教えてあげたかったんだよね!と思えることも多いです。

、、、ただ、折り返し地点に立って振り返ってみると、いわゆる計算の訓練を全くと言ってよい程してないんですよ(^^;;;)
小学校1年生の教科書に、“ここのページは計算機の使用禁止”のマークがついてるし。じゃ、他は使っていいの~!?(苦笑)

ロジカルに考える事もとても大切な事だけど、やはりアジア的と言われようとも基礎計算力は大事ですよ!



【で、ここまでの感想!】

ここまで短い間だけの苺ママの感想をまとめると、R太郎のスクールに関して言えば、全ての教科において、自ら考え議論し、それを表現して行くことが基本になっています。それは入学する前から持っていたインターの授業のイメージとも重なり、とても良い勉強をしているとも言えます。

それでもやはり、日本的な勉強といわれる、お手本を真似したり、計算の訓練、暗記などは、基礎学力を付けるためにも必要なんじゃないのかな、と。

インターも日本の小学校の学び方も一長一短、どちらにも素晴らしい部分があります。これを日本の学校に入学した後も、うまく英語での学習に取り入れて行けたらいいのだけど。これから後半がまた楽しみです♪




【おまけ:家庭での日本語の取り組み】

スクールでも日本語授業もあることはありますが、英語のライティング課題にガッツリ取り組んでいるからか、R太郎が落書きも含めほぼ英語ばかり書くようになってきてしまいました。そこで、日本語も書くきっかけになればと、この日記を始めました。


1日ひとつのことだけ日記1日ひとつのことだけ日記
(2007/11/15)
宮川 俊彦

商品詳細を見る


これ、毎日ひとつのお題が与えられ、それについて書く分厚い日記帳なのですが、これがすごく楽しく取り組めるんです(^^)

「今日のメソメソ」「今日の伝説」「今日の実は、、、」「今日の道化師」などなど、学校から帰って来て、「今日は何にもなかった、昨日と同じ~」なんて言っていても、お題を与えられると出てくる出てくる!

取り組み始めて1ヶ月。最近では同じテーマで家族で1日を報告し合うというオプションも付きました♪
書きたくなるような紙面も助け、おかげさまで三日坊主になることなく楽しく続いてます!
作文に対する考え方
最近の記事は、宿題、宿題とそればかりですが、学校の指導が垣間みれるのは宿題ぐらいしかなく、あとはR太郎の本当だか空想なのか判断のつかない報告なので、、、(^^;;;)

この頃は、放課後に宿題をある程度終わらせて来るようになり、“とにかく綺麗な字で書くこと!”と言われている罫線入りシートにも、力の抜きどころがわかって以前ほど緊張して書かなくなったので、家に残して来た分の消化時間も早くなりました♪

そこで、今までの作文の宿題を振り返ってみました。
自分の家族の事、好きな本や好きな有名人、お休み中にしたことなどについて、どれも大きな幅の罫線3行を埋めるというもので、短い文章が2~3文書ける程度。

それでもスペリングや文法ミスは、苺ママがわかるだけでも沢山あります。先日のブログに書いたように、宿題に関してはママから間違いを指摘しないことに決めたので、それをそのまま提出しています。

でも、一度も直されたことがないんですよ、、、、

最初、「あれ?先生に見てもらった?」って訊いたほど。赤ペンで花マルとか“Excellent!”なんていうコメントが書かれるのかと思ったらそれもナシ。先生のサインだけ。

それで、その間違ったままの作文シートが教室に掲示されているんです(^^;)


でもね、R太郎は毎日お友達の好きなことや家族の話を色々聞いて来るようになりました。それは、この教室に貼られた作文シートを見て、休み時間などにみんなで沢山の話をするみたいなんです。R太郎も、まるで自慢話のようにお友達が何が好きなんて教えてくれます。

今の時期は、まだ細かいミスを直したり、先生が評価を与えるのではなく、子供同士の“みんなに伝えたい”という気持ちを大事になさっているのかな~
文字を綺麗に!と厳しくおっしゃるのも、伝えやすくする為なのかな。

今日はどんな宿題が出て、R太郎が何を書くか、お友達が何を書いてくるか、苺ママも楽しみになってきました~♪
インター小学校生活はじまる♪
とうとう先週、R太郎がインター小学校に入学しました♪

我が家以外のクラスメイトの親御さんは、どちらかまたは両方が外国人か海外生活が長そうな方々。もちろん皆さん英語も流暢にお話しされます。

学校での合同説明会も、クラスでの顔合わせも全て英語!
当たり前と言ってはそうなのですが、今まで通っていたプリスクールが「インターナショナル」とは名ばかりで、通っている子供達はほぼ日本人で、園からの連絡も全て日本語だったのでかなり様子は違います。それでも幼稚園部は英語が得意ではない親御さんも多いようなので、小学校との違いを感じます。

そうですよね、、、我が家のように両親が日本人で、近い将来海外に住むという計画もない(遠い将来もないけど^^;)家の子が、就学義務の不履行というリスクを負ってまで、インターナショナル小学校に入学させる割合は少ないはず。R太郎は来春までだけの予定ですが、改めてプリスクールのように気軽に通わせられる所ではないのだな、と思いました。



そんな学校の雰囲気に慣れずにアタフタしている苺ママとは逆に、R太郎は刺激的な毎日に果敢に挑戦しています。先生からは理解力など驚くような良い評価をもらい、このクラスにいながらも上の学年の課題に挑戦させて行きたいと言われました(^^) インター向きの子だと。
最初の評価が高すぎて心配なくらいですが、、、、

これからもずっと個性を見てレベル調整をしてくれるインターナショナルスクールに通うのなら良いのですが、来春には公立小学校に入るので、あまり進まない方がいいんじゃないかなぁ、、、とも思ったり。

ただ、インターと日本の学校の教育法は全く違うと聞くので、やはり先生にお任せするのが良いのかな。


まずは流れに身を任せ〜な気分ですが、流され過ぎて行く先が見えなくならないようにしなくっちゃ☆
半年間、ママも頑張ります!




サマースクール順調に開始☆
秋から通うインター小のサマースクールに、今月の始めと終わりに全部で10日間通います。
今週はまず前半が開始。

本当はこのサマースクールの様子で本科への入学を判断したかったのですが、半年限定という短い期間ということ、夏休み前が通っていたプリスクールを卒園するのに良い時期だった事で、プリを辞めてからの参加になりました。

そんなわけで、戻る所がない状態で始まったサマースクールですが、「涙がでそうなくらい楽しかった!」と行って帰って来たのでまずは一安心。

、、、に、しても何がかな?
サマープログラムは水遊びや公園遊び中心らしいし、そりゃー楽しいことだらけだからかな?

子供同志で遊んでばかりでちゃんと英語話しているのかなぁと心配になりましたが、最近、ダイジョーブ?ってくらい日本語訛りだった発音がこの3日で随分良くなっている!

前のプリスクールは子供達同士の日本語はオッケーという緩~い園だったのだけど、ここは日本語厳禁で、よく話せそうな子が多いからなのかな、と思います。やっぱり言語も大人の先生より、同年代の子ども達の英語に影響されるものなんでしょうね。

「英語を話せるようになるには、同年代のネイティブの友達を作るべし!」とよく言われるのも頷けます。ただこれって大人の英語学習者に「ネイティブの彼氏/彼女を作るべし!」といわれるのと同じく、はいそうですかと直ぐに出来るものではないのですが(^^;)


この時期はまだほとんどの幼稚園も小学校も夏休みに入っていないからか、クラスは3~9歳で1クラス。その代わり学習活動は年齢毎のグループでやっているようです。R太郎は6歳以上グループで、本の音読やらワークシートもやっているよう。

読む本もワークシートも日に日に難しくなっているので、先生も個人の様子を見つつ調整してくれている気がします(^^)。これも前のプリスクールでは一律で同じプリントをしていたのでレベル別というのは新鮮☆

まあこんな感じで順調に始まりました♪
秋からの本科に向けて、まずは「この学校って楽しい♪」と思ってもらえれば、このサマースクールは大成功です!
半年だけの新環境☆
日曜日はR太郎のプリスクールの運動会。
人数が少ない園の割には、午後までプログラムが続く長い運動会でR太郎の出番も沢山あり、例年通り、ジジ&ババ勢揃いの応援団(?)で楽しんできました!


ところで、実はこの運動会がR太郎のプリスクールでの最後のイベントとなります。

これは全くの予定外だったのですが、小学校入学後のアフタースクールを探す中で、体験に行ったインターナショナルスクールに来春の小学校入学前までの半年間だけ入学することになりました。

たった半年だけのことで環境を移す事にはとても迷いましたが、なんだか色々な出来事が重なって、まるで何かに導かれるように入学の話を頂き、また何よりR太郎の強い希望で今回は決断しました。

思い起こせば、R太郎が1歳の頃、認可保育園に入れていれば週5日そこそこの環境で安心して今まで通園させていただろうに、まさかの落選で無認可保育園に入り、週3日通園にとどまりそこで約2年間通いました。
そしてその間に苺ママの仕事も暇になってきて(^^;)、近くの英会話教室に通い始めたり、ブログも書き始めました。

無認可保育園の環境に不満を持っていた頃、まるで何かに導かれるように目の前に現れた今のプリスクール。



今のプリスクールに通う時、他のプリスクールに見学しに行くなどの比較検討は全くしませんでした。

ただ、運命を感じただけ(笑)

そして、今回も同じように運命を感じてしまいました、、、

チャンスはいつもある物ではないんですよね。
R太郎が生まれてたった6年間。その短い中でも、日々の積み重ねがあって、そしてある時チャンスが訪れる事を何度か体験しました。今まで、できるだけそのチャンスに逆らわずに来た気がします。

今回もR太郎が持って来た星に逆らわずに後押ししてみます!



そういうわけで、今週、他のインターに行く同級生達と一緒に卒園し、期間限定ながら、この秋からインターナショナルスクールの小学生です。

短い間のインター小学校生活もブログに書いていきますね。お楽しみに~♪