苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
High & Low
今日はR太郎画伯の作品から。
作品名:「High」です。

080630_02.jpg



両手にクレヨンを持って「High!High!」と力強く描いているR太郎を見て「かっこいいな~」と思ったので、プロフ画像を更新しちゃいました�n�[�g
すみません、、、親バカで����

私が子供の頃描いた絵で、こういう抽象的な絵はもう残っていません。記憶の中にもありません。

だけど、まだ物の名前や形を知らなかったり、あやふやな子供は抽象的な絵を描くんでしょうね。そう思うと、こんなにどんどん物の名前を教えていいのかな~とも思ってしまうんですが。しかも英語まで~�����


ところで。最近は英語教室で習う事の影響が大きく、探しているオモチャを見つけても「I found it~!(み~つけた)」と、教室で習うちょっと独特のリズムの言い方でアウトプットしているR太郎。

教室で輪になって踊る「High / Low」「Big / Small」も気に入ったらしく、歌や踊りは覚えていないものの高い所に登ったりして「High!」とよく言っています。

そう言えば、「Fast/slow」も最近のお気に入り。
「Fastして!」と苺ママと駈けるのが好きなのですが、どうしても「run!」とは言ってくれません…����

こういう反対語に興味がでてきたようなので、図書館で借りた本がこれ。
Maisy Big, Maisy Small: A Book of Maisy Opposites (Maisy)Maisy Big, Maisy Small: A Book of Maisy Opposites (Maisy)
(2007/08/14)
Lucy Cousins

商品詳細を見る


またメイシーちゃんの本。
最近メイシーちゃん頼みだな…����

Maisy big, Maisy small.
Maisy hot, Maisy cold.
Maisy push, Maisy pull.
Maisy nothing, Maisy everything.

と見開きに1組づつの反対語が可愛い絵と一緒に載っています。
何ページもありお話ではないので、最初読んだ時のR太郎の集中力は最後まで持ちませんでしたが、興味がありそうな(覚えはじめの単語)ページを選んで見せると喜んでいました。



↓ランキングに参加しています。
 「親子英語」ランキングは参考になるブログばかりです。
 ポチッとクリックしたら他のサイトもどうぞ~
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらにも参加してます♪
 

単語カード(お試し篇)
英語育児でいつも参考にさせていただいているrincoさんのブログでカード遊びを取り上げていました。

まず、簡単な英語の絵本から1行抜き出し紙に書き、それを発音してあげます。その後、ピリオドも含め全て単語に分解。それから、単語をカルタ遊びみたいに取ったり、正しい文章に並び替えたりして遊ぶというもの。

ふむふむ、、、勉強になりそうだけど、さすがにR太郎にはまだ早そうなゲーム。

もう少ししてから遊ぼう♪と思っていたのですが、rincoさんが「この本には、4ヶ月の子から文字は認識できるって書いてあったから、R太郎くんでもできる遊びかも~ 」と書いてくださったので早速試してみました!

・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、汽車も何も書いていない初見の文字「Choo choo」を「ちゅーちゅー!」と読んだR太郎。“読めるはずはない”と思っても、ほのかな期待を胸にチャレンジ☆

まず使った本はこれ↓
Catch Me, Catch Me!: A Thomas the Tank Engine Story (Thomas the Tank Engine)Catch Me, Catch Me!: A Thomas the Tank Engine Story (Thomas the Tank Engine)
(1990/03)
W. Awdry

商品詳細を見る


この本、巻末になんと単語カードが付いているんです!
こんな感じ↓(あれ?そう言えばピリオドがないや!気にしない、気にしな~い�����)

080629_03.jpg


手書きでも十分だとは思ったのですが、文中の文字と同じフォントの文字も付いていることだし、手書きより認識しやすいかも、、、と今回はこれを使ってみました。
(と言っても、本物を切るのはもったいないのでコピーして使いました。←その方がもったいないか����

次に、この本の1ページ目。
R太郎がいつも暗唱している文を見せました。
“Gordon is big.”“Gordon is blue.”
これって“Gordon” “is” “big”と“blue”だけで2文が出来るからいいかも?と。

080629_02.jpg


このページを見せるなり、R太郎は見開きの「Thomas the Tank Engine is blue too. 」も含めてイキナリ暗唱。よしよし、いいムードだjumee��faceA4

さて!いよいよ単語カルタです。
“Thomas”も紛れ込ませ、単語をラグの上にばらまいて
「Which one is Gordon?”」
苺ママは、ちょっとドキドキしながら聞きました。

「これ!」

取ったのは・・・・・

080629_01.jpg


きゃ~!!正解~������������

“Good job!GOOD”と大喜びの苺ママ。

「So....Which one is....」と次に行こうと思った時!
「Gordonこれ」と次は“blue”を取るR太郎。
「No, no. Not yet. ���� (だめだめ、まだ取らないで~)」

そして「Gordonこれ」と今度は“is”を。そして次々に取って、最後はグチャグチャに!

080629_04.jpg


あ~、あ・・・・����

しょぼーんとしている苺ママの横で、他の絵本をめくりながら「Which one is Gordon?”」とママの声真似をして楽しそうなR太郎の背中がちょっと可愛かったけど����

・・・・・・・・・・・・・・・・


“Gordon”を最初に取ったのは偶然だとは思います。
まだ2歳なので、単語や並び方を覚えさせるのではなく、時々こういう遊びを通して理解度を知るのもいいかなぁと思いました。


そうそう、rincoさんのブログによると、このカード遊びはこの本に書いてあったそうです。
知力も伸びる英語脳の育て方-3歳で英検5級に合格できた!-CD付き知力も伸びる英語脳の育て方-3歳で英検5級に合格できた!-CD付き
(2008/06/01)
中村 かず子

商品詳細を見る

読んでいないので、今回の遊び方が間違ってるかもしれませんがっっっ。
今度買ってみようかな~と取りあえずamazonにブックマークした苺ママでした。




↓ブログを始めて1ヶ月。
 最近書くことが楽しくなってきました。
 これも、コメント&ランキングのおかげです。
 応援クリックをお願いしま~す☆
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらにも参加しました♪
 

英語でお願いされると・・・
「あいすくりぃむ ぷりぃ~ず(Ice cream, please.)」
「くらっかー ぷりぃ~ず(Cracker, please.)」


と食べたいお菓子を「please」でお願いするR太郎。
�V���[�g�P�[�Lぷりぃ~ず����」が付くと嬉しくて、ちょっとお菓子を与えすぎの苺ママです。(いけない、いけない…����

近頃、この「please」作戦が効くと分かったのか「すいか、ぷり~ず」「ばなな、ぷり~ず」とか知っているはずの英単語は使わずに、日本語にも付け始める始末(“ばなな”は日本語の発音だったりする)。

もちろん、英語に言い直してからあげますが、やっぱり「No, that's enough.(もう十分でしょ)」(←この言い方であってる?^^;)とか言った方がいいんだろうな~����

そんな「英語のお願い」に弱い苺ママの弱点をついて、またまた強力な言葉を言い出したR太郎!

それは、ひとり遊び中に急ぎの仕事でコンピュータに向かっていたママに対して発した攻撃でした。

「ママ~、座って~」とまずは軽く日本語でお願いしていたR太郎。「もうちょっと待って~」とカチカチと作業中のママ。「ママ~、座って~」「もうちょっと待って~」「ママ~、座って~座って~����」「あーん、もうちょっと待って~����

「しっだーーーーん!(Sit down!)�{

・・・・あまりの驚きと、ちょっとした嬉しさに「は~い!」と素直にR太郎の横に座り、暫し一緒に遊んであげた苺ママなのでした。



↓ランキングに参加しています。
 英語育児をしている方々の
 と~っても勉強になるブログがいっぱい!
 こちらからどうぞ☆
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらにも参加しました♪
 

お風呂でPlay Along♪
『The Bellybutton Song』
『Baby's In The Bathtub』
『I Like To Take A Bath』
『Fill Up The Cup』
『Rub-A-Dub-Dub!』

この曲名を見て、すぐ今回の話が分かったあなた!
あなたはきっとPAのヘビーユーザーだと思います(笑)

これはDWEの赤ちゃん用副教材「Play Along(プレイアロング)」の中にある、お風呂で遊べる歌ばかり。

前にも書きましたがR太郎は長風呂BOY�����Cです。お風呂やお水が大好きなので、お風呂タイムが1時間を超えてしまうこともあります。保育園児のためママと一緒の英語タイムが限られているので、この時間も有効に使いたいもの。

そんな時、PAはお風呂の中でもR太郎が英語モードになってくれるので、とっても助かっています����

以前は『The Bellybutton Song』『Baby's In The Bathtub』『I Like To Take A Bath』でお湯を掛けて「Splash!」と遊んだり、体の部分の名前を指しながら歌ったりして、主にママが歌っていましたが、最近はR太郎も歌や体の部分の名前も覚えて来たので『Rub-A-Dub-Dub!』がお気に入り。

PAもYahoo!オークションで落札した我が家には、お風呂用のフロギーパペットがないので、この前苺パパがくまちゃんのぬいぐるみをお風呂に入れて遊び始めました。これがR太郎にバカウケ!

R太郎 「♪あ~ぃ をぉしゅ や~ たみ~
     すくらっぶ!すくらっぶ! らびだだ~

     (I'll wash your tummy,
     scrub! scrub! Rub-A-Dub-Dub!)」
(くまちゃんのお腹を洗う)

くまちゃん「♪Now, please wash my tummy,
     scrub! scrub! scrub!
     Now, tickle my tummy!
     Tickle yours!

(R太郎がくまちゃんを洗うと、ママがR太郎をくすぐる)

洗う事も好きだけど、くすぐられることが大好きなようです^^;



そんなわけで、くまちゃんこと「Kenji(DWEメインの男の子の名前をとって^_^)」は毎晩こんな状態なのでした�����

080627


ちなみに『Rub-A-Dub-Dub!』と私の電子辞書を引くと「ドンドンという太鼓の音、パブの俗語、マッサージ」と書いてありますが、この歌の内容から察すると「マッサージしてる音」みたいな感じ?
はっきりとした意味がよくわかりません…





↓いつも応援ありがとうございます。
 毎日1クリックしていただけると
 更新のモチベーションも上がります!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらにも参加してます♪
 

ベッドタイムブック
今日は、今図書館で借りている気になる絵本について。
と言っても、借りたのは日本語版なんですけどっっ����

これです↓

おやすみサムおやすみサム
(2004/04)
メアリー=ルイーズ ゲイ

商品詳細を見る


眠れない弟サムが姉のステラに声を掛けます。
犬のフレッドがどこかに行ってしまい眠れないのです。
ステラは眠い目を擦りながら家中を一緒に探すのですが…

と、いうお話し。
サムとステラの掛け合いが、静かで、とても優しくて心が温まります。読んでいる内にこの暖かさに包まれて寝てしまいそうです。R太郎も寝る前に何度もリクエストし、結局昨夜は4回目の途中で眠りました。

今朝起きても「サム読んで!」と保育園に行くまで3回も読ませられました����

たまたま図書館で手に取ったこの本ですが、独特の世界観が広がっていて、R太郎のみならず苺ママの心も掴みました!
最近、英語サークル講師Aidesさんがブログに書いていた“寝る時に羊を数える”シーンもあって、この本は英語で読みたいと思います!!!!

↓Aidesさんの記事
 なぜ眠れない時に羊を数えるのかがよーく分かります♪
 これから羊は英語で数えなきゃ~
 「羊が一匹・・Sheepの正しい数え方」

早速amazonで探してみたのですが、残念ながら英語版は取り扱ってないみたい…����
でも、この本は人気のシリーズ本だそうです。
わ~♪他の本も読みたい! 他の本はamazonでも買えるようです。

↓これとか
What Are You Doing Sam?What Are You Doing Sam?
(2006/07/20)
Marie-Louise Gay

商品詳細を見る

↓これとか
Stella: Fairy of the Forest (Stella)Stella: Fairy of the Forest (Stella)
(2006/04/05)
Marie-Louise Gay

商品詳細を見る


「GOOD NIGHT, SAM」英語版は楽天で見つけたので買おうかと思っていますが、楽天だと高いなぁ����)
どこかでamazon値段くらいで買えないのでしょうか?
英語版「GOOD NIGHT, SAM」



【R太郎の好きなベッドタイムブック】

↓ライム(韻)を踏んだ絵本です。
 窓から見える月が動いて行ったり、
 小さなネズミちゃんが各ページに隠れていたり
 という仕掛けも楽しめます。
Goodnight MoonGoodnight Moon
(1991/03)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る


↓エリックカールのベッドタイムブック。
 ページが広がったりの仕掛けも楽しいですが、
 なかなか絵本に登場しない
 パパに読んでもらうのもいいかも♪
Papa, Please Get the Moon for MePapa, Please Get the Moon for Me
(1991/08/20)
Eric Carle

商品詳細を見る




↓ランキングに参加しています。
 英語育児をしている方々の
 と~っても勉強になるブログがいっぱい!
 こちらからどうぞ☆
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらにも参加しました♪
 

ゆうえんちとメイシーちゃん
先月、保育園で親子遠足に行きました。

場所はあらかわ遊園。昭和の香りプンプンな子供遊園地です。
遊園地まで東京に唯一残る路面電車・都電荒川線を貸し切っての豪勢な(?)遠足でした。(大人一人350円也 ^_^)

R太郎は初めて遊園地に行ったので、どれもこれも夢のようだったみたい。1つ乗っては「また乗る~!!!」と泣き、他のアトラクションに乗ってはまた泣きと、はしゃいでは泣いて大変でした…

アトラクションと言っても子供遊園地。メリーゴーランドや観覧車、豆汽車といった動きの優しい物ばかりなのですが����

デートをしている若者がいるわけでもないから、安心して走り回れるし、R太郎くらいの子供にはちょうどよい遊び場でした����

帰ってきて、「メリーゴーランド乗る!」とうるさく言うので、図書館で借りて来た本がこれ↓

メイシーちゃんのゆうえんち (ルーシー・カズンズのえほん)メイシーちゃんのゆうえんち (ルーシー・カズンズのえほん)
(2001/09)
ルーシー カズンズ

商品詳細を見る


図書館でよくお世話になっているメイシーちゃんシリーズの1冊です。この本に載っているアトラクションはあらかわ遊園レベル(?)の物ばかりなので、R太郎は飛びついて読んでいます。

メイシーちゃんシリーズは、洋書版でなくても英語・日本語併記なのでいいですよね。図書館で洋書絵本は限られた数しか置いてありませんが、メイシーちゃんは日本語の絵本コーナーに沢山置いてあるので嬉しいです♪



ところで、英語では「メイシー」ではなく「メイズィー」と読むそうです。最近知った苺ママは、早速英語の読み聞かせで「メイズィー」に変更してみましたが、日本語でいうときはまだ「メイシーちゃん」と言っています。

日本語も統一した方がいいのかな。。。



↓ランキングに参加しています。
 毎日1クリックしていただけると
 更新のモチベーションも上がります!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらにも参加しました♪
 
使い分け始まる?
R太郎がいつも愛用している「せんせい」というお絵描きおもちゃ。
↓これ
2カラーせんせい2カラーせんせい
(2006/08/25)
不明

商品詳細を見る

英語で語り掛けながら2人で描いていた時、付属の赤ペンが見当たらなくなり「Where is (the) red pen~」と何度も言いながら探していたR太郎。

うぉ!英語モードだぞ、よしよし(^m^

R太郎;「Mommy, where is red pen?」
苺ママ:「I don't know.」
R太郎;「Where is red pen~?Where is red pen~?」

実はこの時同じ部屋に苺ママの母(苺ババ)がいました。
R太郎は今度は苺ババに聞きました。

「ババ~!赤いペンなーーーい?」

きゃ~~~~~~~~~~!
英語と日本語を使い分けてる!?



R太郎の英語アウトプットが始まった1歳8ヶ月の頃、保育園でも「Happy Birthday」を何度も歌ったり、お友だちのトレーナーに書いてある「MIKI HOUSE」というアルファベットを読んだり、お迎えの時「Mommy!」とか言っちゃったりして、先生達からも毎日そんな報告を受ける時期がありました。苺ママとしては「早期教育をやっちゃってるママ」っぽく見られているようで恥ずかしかったのですが…����

4月になり、R太郎のクラスの先生がみんな辞めてしまい、最近ではそういう報告を受けることもなくなりました。これだけ家でのアウトプットが増えてきたのに、もしかして保育園では話していないのかな…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・


ところで、日本語で使い分けられた苺ババ。
R太郎と英語でお話しする日を夢見て、今英語を猛勉強中です。iPodに日常会話を入れて一から覚えています����

�͂�ガンバレ~苺ババ!!!



↓最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 応援クリックをどうぞ宜しくお願いしま~す!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
I'mとYou are
突然!本当に突然、R太郎が「I'm」と「You are」を使うようになりました\(^O^)/☆☆

それも、ここ最近出ていた2語文・3語とはちょっと違い「まる覚え」ではなく自分で文章を作っている感じなんです????????????

きっと今までインプットしてきたものが、英語教室でよく使うようになり繋がったんだと思うけど、
キタ━━ヽ│*゚∀゚*│ノ━━━!!! っって苺ママは有頂天。

「I'm happy!」「I'm hungry!」「I'm great!」「I'm so-so.」などは英語教室で最初に必ず言うので、1週間前からR太郎も「How are you?」と聞くと答え始めました。でも、フレーズそのままを覚えているんだなぁ、と思っていました。

ところが今度は、腕を指して「かゆい~」というので「Itchy」とかゆいの英語を教えると「I'm Itchy.」。立ち止まって欲しい時に「Stop!」というと「I'm stop.」などなど、自分のすることは何でも「I'm」をつけて話し出したんです!!!

同じ「I'm」を短期間に沢山使うことになったのが「I'm」意味を理解することになったのかな?間違っている文も沢山あるのですが、、、取りあえず流しちゃってます(^^;)

「You are」についても同じ。
昨日一人遊びで、きかんしゃトーマスの仲間たちを両手に持ち、トーマス:「I'm hungry.」、ゴードン:「I'm happy.」、トーマス:「You are sleepy?」と何やら話し合っている様子。
苺ママは邪魔しないよう遠くから嬉し泣きをしてました…jumee��faceA75



↓いつも応援ありがとうございます!
 また、じわじわ上がってきました♪
 「I'm happy!」(R太郎&苺ママ)
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
弟のジョージです
R太郎の弟、ジョージです。

おさるのジョージ


はい、見ての通りCurious George。
おさるのジョージのパペットです(笑)

R太郎がまだ生まれたばかりの頃に義母がくれたものですが、今ではすっかり弟として可愛がっています。毎日語り掛けて一緒に遊んでるし、どんなにワガママを言っていても泣いても、ジョージを出すと「お兄ちゃんでいなきゃっ」と思うらしく泣きやむR太郎。とても優しく弟思いのアニキです (^_^b

あまり似てないからか、ちょっと前までは『Curious George』の絵本を読み聞かせていても、R太郎がジョージを連れてきて「ジョージ、これはお猿さんだよ。」なんて教えてあげている姿もありました(爆)

最近はやっとジョージ=Curious Georgeとわかったらしく、リンクしてジョージの絵本にも興味が出てきました。

↓図書館で借りたこの本。
 結構長いのに何度も読んで貰いたがりました。
 買おうかな~と思っています。
Curious George Takes a Job (Curious George)Curious George Takes a Job (Curious George)
(1974/04/03)
H. A. Rey

商品詳細を見る



そしてそして!!!
4月から地上波テレビで『おさるのジョージ』が始まったんですよね!しかも英語音声で聞けます♪

R太郎は、主題歌のサビ「Curious! Everything!」という所をよく歌っています。
が、「キュリアス!えびせん!」に聞こえた苺ママ。
えびせんをR太郎にあげながら思わずそう歌ってしまいました…

もの凄く怒ったR太郎。
「えびせんじゃな~い!����Everything!」と言うのですが、やっぱりR太郎の発音も「エビセン」と聞こえました…。微妙な違いがわからないママです����



それにしても、地上波で見られる英語アニメって少ない…
うちはCATVはもちろん、BSにも入っていないので『Curious George』ぐらいしか飛びついてくれるものがありません。

他に『リトル・アインシュタイン』や『スポンジ・ボブ』を見ましたが、R太郎にはまだ早いようですぐに飽きてしまいました。『スポンジ・ボブ』が終わって『ひつじのショーン』が始まったので、これにはどんな反応を示すか期待です♪


あーーーーそれにしても、せっかく4月から始まった『きかんしゃトーマス』。どうして日本語のみなんだろう~����






↓毎日1クリックしていただけると
 続ける気力が湧いてきま~す!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
レッスン3回目&4回目
前回書いたように、来週のレッスンをお休みするので、今日土曜のレッスンに振り替えることになりました。

いつもの平日クラスが私達を入れて3組、そして土曜日クラスは4組らしいのですが、2組がお休みだったのでいつもと同じ3組で受けることができました。今日のレッスンと今週木曜に受けたレッスンは同じ内容で同じ先生だけど、クラスが違うとどんな感じなのかちょっと楽しみでした♪

今回は2回も受けたのでレッスンの内容を詳しく紹介します。(いつもはあまり細かく覚えていないのですが…�����



Hello Songを踊りながら歌い最後に
「Hello!」と先生にハイタッチ!
    ↓
What's your name?と
子供同士に尋ねさせ答える。
    ↓
How old are you?
と子供同士に尋ねさせ答える。
(数字とイラスト付シートを指して答える。)
    ↓
How are you?
と子供同士に尋ねさせ答える。
(fine/great/happy/so-so/hungry/sleepy
などのイラスト付シートを指して答える。)
    ↓
How's the weather today?
窓の外を見て答える。
その後、Sunny/Cloudy/rainny/windy/snowyの
カードを1枚づつ答える。
    
(ここまでが毎週必ずやること)
    ↓
部屋の中にある色を探してタッチするゲーム。
    ↓
Circle/Square/rectangle/triangle/oval/star/heart
の白い形を見せて教える。
次に問題を出してタッチ。
    ↓
Circle/Square/rectangle/triangle/oval/star/heart
の色紙の形を見せて教える。
次に問題を出してタッチ。
そして答えた子供に色も答えさせる。
    ↓
How many stickers do you have?
チェックシートのシールを数える。
(自宅で絵本を読んだりDVDを観たりした日に
ママがシールをつけてあげます。
週3日以上なら、先生からGorld Starシールがもらえます。)
    ↓
みんなで手をつないで「Circle Song」を歌う。
    ↓
自分達で塗ったレインボーの絵を指しながら
「Sing A Rainbow」を歌う。
    ↓
色についての絵本の読み聞かせ。
    ↓
アルファベットのパズル&「The ABC's Song」。
    ↓
Goodbye Songを歌って踊り
「Goodbye!」と先生にハイタッチ!



これで50分。とてもテンポ良く進む割りには、ちゃんと一人一人の答えを待ってくれている気がしてます。

いつものレッスンはお昼ちょっと前なので、子供達がお腹が空いたり眠かったりで後半は特に集中力がなくなりますが…

今日はというと、R太郎は眠くもお腹が空いたわけでもないのに超ダラダラでした。ほとんど発言もなかったように思います。他の子も平日クラスより少しだけ小さい子ばかりだからか発言は少なく、一つだけメニューが少なくなっていました。
ま、いつものクラスも静かではありますが(笑)

それでも苺ママから見ると、発言は少なくてもみんな分かってるんですよね。まだインプットの時期なんでしょうね。

そうそう!帰る時に、一緒にレッスンを受けたお母さんから「すっごく喋れてビックリした!ハーフじゃないよね?」と言われました����

ひゃ~!超お世辞だと思うけど、純和風顔のR太郎が大きくなってからそんなこと言われることはきっとないので、単純に嬉しかったです♪
あ、でもそのお子さんの方がずっと発言できてましたけど����




↓最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 ポチッと応援お願いします!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
今までのDWE取り組み記録
昨日は英語教室の日でした。
実は、来週のレッスン日と保育園の動物園遠足(園児のみ)が重なってしまい、来週分を今週土曜日に振り替えたので、レッスンの様子は土曜日にまとめて書こうと思います♪

それで、何を書こうかと例の取り組み日記をチェックしたのですが、大きな穴を見つけました~����いや、気がついてはいたんですけど…

英語教室に入会してから、教室の教材以外の取り組みをサボっていました…。特にDWE関係を…。

ところで、このブログを初めて訪れてくださった方々の検索キーワードのほとんどが「DWE」です。しかも、「Zippy and Me」を含めるとほぼ100パーセントです!やっぱり「DWE」ってみんな興味あるんだなぁ・・・・・・・・

って!中古DWEの購入物語しかDWEについて書いてないじゃん!����

・・・・・・・


そんなわけで今回は、我が家での今までのDWE取り組みについてまとめてみましたーーー(青色はR太郎の反応です)

【1歳4ヶ月】
Sing Along シングアロング(以下SA)、Play Along プレイアロング(以下PA)のDVDとCD掛け流し。
Talk Along トークアロング(以下TAC)をほぼ毎日。
→動物の声真似をするようになる。

【1歳5ヶ月】
SA、PA、TACは相変わらず毎日。試しにメインDVDを見せると意外にじっと見ているので見せるようになる。
→「apple」「baloon」を言うようになる。PAの『Busy Buzzing Bee』を動かして遊ぶ。メインの「No, No, No」を良く言う。

【1歳6ヶ月】
突然TACをやりたがらなくなる。
SA、PA、メインをランダムに掛け流し。
→SAの『Yummy, yummy, Foods』のサビを苺ママと一緒に歌った。アルファベットをいくつか覚え、見つけると発音している。

【1歳7ヶ月】
依然TACをやりたがらない。
SA、PA、メインをランダムに掛け流し。
→SAの『The ABC's Song』が少しずつ歌えるようになる。アルファベットはほとんど言えるようになった。1~10のカウントを口真似。

【1歳8ヶ月】
依然TACをやりたがらない。
SAよりもPAとメインをランダムに掛け流し。
→SAの『The ABC's Song』がちゃんと歌えるようになる。おばあちゃんの誕生日に『Happy Birthday 』を歌う。PA「My Little Car」が大好きで一人遊びでも「bridge」「tunnel」と言いながら遊んでいる。

【1歳9ヶ月】
依然TACをやりたがらない。
PAとメイン中心。PAは3巻共、メインはライトブルー3巻中心。
→PAの『My Little Car』『Hopping Bunny』『Over The Pillow』など、遊びながらよく歌う。1~10のカウントができるようになる。ひとり遊びの中でよく「Go through the Bridge」「tunnel!」と言っている。

【1歳10ヶ月】
TACはもうほとんど取り組まなくなる。
Zippy And Me ジッピーアンドミー(以下ZAM)を落札。
ZAMとPAの掛け流し中心。ZAMもPAも3巻共。
→PAの『My Little Car』に出てくる言葉「Listen! A train!」「Look! A tunnel!」やメイン等の「UP & Down」をよく言っている。PA『Sharing』『Rub-a-dub-a-dub』やSAの『Hey, Mr.Strong Man』がお気に入り。食べ物を「One for me, and one for you」と歌いながら分けてくれる。

【1歳11ヶ月】
PAとZAM中心。
→PAの『What's Inside』の質問側を歌う。SA『Where is Mickey?』の探す単語を差し替えて歌っている。お風呂ではPAの『Rub-a-dub-a-dub』を動作付で歌っている。

【2歳0ヶ月】
PAとZAM中心。
→「What's your name?」と尋ねると「My name is R-taro」と答えられるようになる。「●▲ is □×☆」等“is”を使うようになる。

【2歳1ヶ月】
先月はほとんどDWEの取り組みをしていない…
PAとZAMは時々。
→PA「Froggy, where are you?」にそっくりな言い方で「Daddy, where are you?」という。

・・・・・・・


最初はSAから、次にメイン中心ということもしていましたが、これまでやってみて、1歳~2歳のR太郎にはPAやZAMが一番合っていると思います。きっとR太郎と同じくらいの歳のお子さんはみんなそうじゃないのかな?

PAやZAMの場合は、“掛け流し”と言っても“掛けっぱなし”ではなく、R太郎と一緒にDVDを観て、CDを聞き、苺ママが先に動作や歌を覚えて普段の2人の遊びの中に導入した感じです。

絵本の読み聞かせもそうですが、この時期の子供はママ声が一番届くんですよね。
PAやZAM(特にPA)はそういうコンセプトで作られていると思うので、英語だけじゃなく手遊びなどのコミュニケーションが取れてとっても良い教材です。

そしてDWEの最大の利点は、そんなベビー用教材PAやZAMともちゃんとメインに連動していること!PAやZAMばかり掛けていても時々メインに戻ると、前よりもメインの理解度がアップしています!



長くなってしまいましたが、こうやって書き出してみるとDWEによって出来るようになったことが多いな~、というのが実感。DWEの良さを再認識しました…
今月はサボらず取り組みたいと思いますーーーーー����



↓最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 「役に立ったぞ!」とか「ガンバレ!」という方は
 是非是非クリックしてください!
 「全然役に立たなかった…」という方も
 怒りの(?)ポチッをお願いします(笑)
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

アルファベット学習
R太郎はアルファベットの大文字も小文字も大体読めます。

読めたからって、まだ直接的には役に立ってはいないのですが、外でもアルファベットを見つけると一つ一つ読んでは嬉しそうにしているので、“世の中にはこんなに英語が溢れているんだ~。早く読めるようになりたいなぁ”と思ってくれるくらいの効果はあるようです。

今日は、R太郎がアルファベットが読めるようになったサイトとオモチャを紹介します。


サイトの方は「starfall.com」のアルファベット&フォニックスページ。
http://www.starfall.com/n/level-k/index/play.htm?f

ここではアルファベットの発音だけでなく、フォニックスの発音も習得できるようになっています。

そうそう、このフォニックスについては苺ママも英語育児を始めるまで全く聞いたこともなかったのですが、アルファベットをそれが単語になった時に読むような発音で読む方法です。例えば「A」「B」「C」を「エィ」「ビィ」「スィー」とは読まず「ア」「ブッ」「クッ」と読ませ、「cat」を「クッ・ア・トゥ」=「キャット」と「cat」の読み方を知らなくても読めたり書けたりするらしいんです。
う~ん、、、これにはまだ半信半疑の苺ママなのですが…

ただ思ったのは、アルファベットの読み方とは随分違うので、最初からこれをやってしまうと混乱するかもしれません。実際、このサイトでアルファベットを覚えている途中はR太郎も少し混乱してたかな?

それでも写真やカラフルなイラストを多用しているこのサイトがR太郎はお気に入りで、どんなに泣いていてもこれを見せると泣きやんでいた時期もありました。R太郎1歳6ヶ月の頃です。今は、時々覗いては各アルファベットについているゲームをしています。フォニックス発音はあまり覚えていないと思います。


そして、オモチャの方は「アルファベット・フレンズ」
↓これ
アルファベット・フレンド

これまた知人からもらったお古です☆

このイモムシちゃんは見た目より色々な機能がついます。まずはイモムシの一つ一つの靴を押すとそこに書かれたアルファベットを発音。さらにレバーを切り替えることによって、「フォニックス発音」「色」「音楽(アルファベット分の曲数)」を聞くことができます。

また、黄色い紐を引っ張れば「The ABC's Song」も可愛らしい声で歌ってくれます。

R太郎はアルファベットを覚えるまでは、この二つに取り憑かれたように遊んでいました。が、一旦覚えてしまうとどういうわけか全く触らなくなってしまいました。����

ところが、最近また触り始めたんです。
どうやら今度は「色」のモードを重点的に覚えている模様。
英語教室で、今月のテーマが色だからかもしれません…

苺ママがあれこれやらなくても、興味を持ったことについて勉強するようになってきたのかな?とちょっと期待です♪




↓最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 毎日1クリックしていただけると
 続ける気力が湧いてきま~す!
 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

2歳1ヶ月のR太郎【まとめ】
今日でR太郎は2歳2ヶ月になりました♪

今回は2歳1ヶ月のまとめを書こうと思います。
成長記録に関しては、ブログ形式ではなく、一覧できるようなホームページ形式のページも作りたいのですが、とりあえず毎月18日は1ヶ月を振り返る日として書いてみます。


【2歳1ヶ月のR太郎】

●某大手英語教室の体験レッスンに参加。
 3~4歳の子ばかりでほとんど赤ちゃん扱い(^^;)

●英語教室に入会。(週1回50分 ママ同伴)

●保育園の英語教室(週1回30分)が始まる。

●絵本「I SPY」を捲りながら「Where is ...Ah...red car?」
 などと尋ね、自分で正解を指さす。
 この「Ah...」も含め苺ママの口真似。

●Wigglesの「Head, shoulders, knees and toes」や
 「Toot toot chugga chugga big red car」にハマる。

●英語教室で歌う歌「The wheel on the bus」や
 「Sing a rainbow」をよく歌っている。

●絵本「Percy's chocolate Crunch」を数行暗唱する。

●わからないとき「What's this?」「I don't know」
 時々言うようになる。

●シャワーを見て聞いて「Very busy!!!!!」と興奮する。

「Daddy, where are you?」と2階にいる苺パパへ
 問いかける。

●オモチャを落として「Give me」と言う。

●何の脈絡もない所に書かれた「Choo Choo」という
 文字を読む。



こうして見ると今月はもの凄く成長をしています。����
苺ママもその記録をブログに残さなきゃっっとも思うわけです。

今まで単語レベルだったのに、このところ2・3語文や疑問文など次々に出てきています。また、間違っている英語でも「感じたまま」話していることもあり、それはそれで言いたいことがわかるので成長しているのだと感心しています。

そうそう!最後に書いた

●何の脈絡もない所に書かれた「Choo Choo」という
 文字を読む。

ですが、昨日、R太郎がこの英語を見つけ「チューチューだぁ!」と叫んだんです!
今まで暗唱やうそっこ読みはしていたけど、初見の英語を読んだことはありませんでした。初めて読んだのは、やっぱり汽車用語のベビ鉄なのでした…�����


↓先日の広島・岡山旅行で新幹線を目の前にしたR太郎
 (この直前、腰が抜けていました^^;)
新幹線





↓3日坊主の苺ママですが
 また来月もまとめを書ける日まで
 頑張ります~!
 応援クリックをお願いします♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

世界への興味
この前、知人からお古で地球儀を貰いました。
いつ頃の物か分からないのですが、ロシアがソビエトだった時代です(笑)

R太郎にはまだ早いかな?とは思ったのですが、試しに「ここがR太郎くんの住んでいる所だよ~」と日本を指すと意外にも興味津々の様子����

これはいい!と、「Here is Thomas's country, England.」(ここがきかんしゃトーマスのイギリスだよ。)、「Here is George's country, U.S.」「but, George was born in Africa.(ここがキュリアス・ジョージの国アメリカだよ。だけどジョージはアフリカで生まれたんだよ。)」と教えてみました。

するとイギリスを指して「これトーマス!」、アメリカを指して「これジョージ!」と言ってくれました!!!!����
暫く経ってもずっと覚えているようなので、世界の民話の国など少しずつ教えてあげることにしました。

今までどうしても目の前の教材や絵本などを使って英語を教えることばかり考えていたんですが、同時に“世界に興味を持つ”ことも必要なのかなと思いました。

我が家は、たま~にですが外国人に会う機会もあることはあります。ただ、日本語を流暢に話す方が多いので英語がどうしても必要な環境ではありません。R太郎も、今はママが喜んでくれるからどんどん英語を吸収して行ってくれていますが、その内保育園のお友だちともっとお話しを始めると、必要ない言語は喋らなくなるのでは…と不安です。

最近の教材はこの辺りもカバーし始めているのかな?
昨年から始まったベネッセの「ワールドワイド・キッズ・イングリッシュ」もパンフレットを見る限り、世界の子供達の暮らしや日本の習慣との違いなどを教えるコーナーもあるらしいし(←もうこれ以上教材はいらないのにWKEは気になります����

前の記事のrincoさんへコメントを書いていて思い出したのですが、その他にもR太郎の愛読書「せかいのとっきゅう」という本でユーロスターやTGVなどと地球儀を照らし合わせながら、「ユーロスターはイギリスとフランスとベルギーを通ってるんだ~。乗りたいね~。」と言って子鉄の心を日々揺さぶる苺ママなのです。


↓車両だけじゃなく
 車内食や子供用のグッズが載っていて
 「これ食べたいね~」と嬉しそうです。
新版せかいのとっきゅう (21世紀幼稚園百科)新版せかいのとっきゅう (21世紀幼稚園百科)
(2001/06)
桜井 寛

商品詳細を見る


↓せめてロシア記載の地球儀が欲しいです^^;
 それにしても地球儀って高いなぁ~
入学祝いに 学習地球儀(日本地図付) 地球儀 迫力満点の26cm球 大きめ文字 つや消し仕上げ入学祝いに 学習地球儀(日本地図付) 地球儀 迫力満点の26cm球 大きめ文字 つや消し仕上げ
()
不明

商品詳細を見る



↓R太郎のモチベーションを上げてる
 苺ママのモチベを上げてくださ~い!
 ポチッとクリックをお願いします♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
Wigglesおじさんに大ウケ
土日、苺パパの仕事について苺ママとR太郎は広島に行ってきました。

広島の平和記念公園、宮島の厳島神社、岡山の曾おばあちゃんに会うなどなど、1泊旅行としては盛り沢山の内容でしたー
あ~疲れた����

電車男としての道を着実に進んでいるR太郎にとって初めての新幹線。片道4時間ですから途中ぐずったりしないか不安でしたが、そこはベビー鉄ちゃん、ほとんど大人しく乗り物図鑑や「Percy's Chocolate Crunch」を読んだり、外を眺めて「Shinkansen is fast!!!!」と叫んだり、苺ママと電車や貨車の絵を描いたりして過ごしました。興奮しちゃって寝てはくれませんでしたけど…����
いや、ほんと疲れた…


R太郎、今回の旅ではよく歌っていました。
ずーーーーっと歌っていた歌は「Sing a raibow」と「Toot Toot Chaga Chaga Big Red Car」。

「Sing a raibow」は1つ前の記事に書いた英語教室で習っている歌。色を見るとすかさず歌っています。今週のレッスンこそ頑張ってね♪

そして、2曲目の「Toot Toot Chaga Chaga Big Red Car」はWigglesというおじさん4人バンドの歌です。英語育児ブログを見ているとよく紹介されているので、1歳の頃から時々見せていましたが、今まではほとんど反応無し。「好き嫌いがあるからね~」と思っていたのですが、急に先日からWigglesブームが到来しました!

もう、カラフルなトレーナーに身を包んだおじさん達が出てくるだけで
「ちゅ、ちゅ、ちゃがちゃが!びぐれっかー」
と大興奮です。特に男の子が好きそうなこの歌は4人でドライブに行く歌。振りがちょっと電車の動きにも通じるからか(?)振り付きで歌っています。


実はうちで観ているのはYouTube
スカパー!か何かでやっているらしいのですが、TVをほとんど見ない我が家がケーブルに入会しても活用しきれないしね…
ということで、小さくて荒い画像ですがタダで見られるYouTubeの前でR太郎は夜な夜な踊っています。


↓そろそろDVDを1枚欲しいです。借りてくるかな~
 
Toot TootToot Toot
(2007/10/09)
Wiggles

商品詳細を見る


Pop Go the Wiggles (Std Dol)Pop Go the Wiggles (Std Dol)
(2008/03/11)
Wiggles

商品詳細を見る


↓わっ!これR太郎が飛びつきそう★
 The Big Red Carのシールブックみたいです。
Follow The Big Red Car (The Wiggles Sticker Activity Books)Follow The Big Red Car (The Wiggles Sticker Activity Books)
(2004/07)
Modern Publishing

商品詳細を見る



↓上がる時はジワジワと、
 下がる時は一気に下がるものですね。
 旅行から帰ってきたらズドーンと下がってました。����
 応援クリックお願いします~
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

レッスン2回目
2回目のレッスンに行ってきました��

今月のテーマは「色と形」ということで、先週は色に関するゲームをいくつかやったのですが、このクラス初めての宿題が出ました!(←初めてと言ってもうちは先週入会したのでなんでも初めてか^^;)

宿題は、教室の教材で使っているソング集から「Sing a rainbow」という歌を聴いてくること。それから、レインボーの絵にそれぞれの色を塗ってくること。

だから先週1週間は、掛け流し曲に「Sing a rainbow」がヘビーローテ。お風呂の中も保育園の帰り道もR太郎と二人で歌って覚えました。

シンプルな歌なのですが、なんとなく歌ってると首や体を左右に動かして歌いたくなっちゃうような優しい感じの曲。R太郎も首を振りながら可愛らしく歌えるようになりました。

↓この歌です。
 (ブリティッシュ・カウンシルのサイトへ
  お猿さんの右下“START”を押して下さい)
http://www.britishcouncil.org/jp/kids-songs-rainbow.htm


Red and yellow and pink and green,
Purple and orange and blue,
I can sing a rainbow,
Sing a rainbow,
Sing a rainbow too!

Listen with your eyes,
Listen with your eyes,
And sing everything you see,

I can sing a rainbow,
Sing a rainbow,
Sing along with me.


教材のソングはこの歌の1ブロック目、Red and yellow and pink and green,からSing a rainbow too!までしか載っていませんが、本当は長い歌なんですね~

・・・・


そしてレッスン当日。
レインボーもクレヨンで頑張って塗ったし、歌も空で歌えるようになったR太郎。

お友だちからの「How are you?」の質問に「I'm hungry.」(←用意された10種類くらいの気分イラストから選びます)。

部屋にある丸や三角を探すゲームでは、壁紙の小さな丸や三角を何やらいじっているので「He is pointing the shapes!」(壁紙の形を指してるわ!)みたいな事をコーディネータさんが言ってくれたんですが、直後にそれをつまんで食べる真似をしたりで…

朝ご飯、いつも以上に食べて行ったんだけどな~����

最後にようやくやって来た「Sing a rainbow」では、ニコニコはしているんだけど歌えませんでした…

まっ、しょうがないか。。。。
と肩を落としていると、授業が終わり先生達も含め外に出たところで突然歌い始めました!
それも大きな声で何回も。最後は早まわしで優しい歌の調子はぶち壊しですが、取りあえず歌えることだけはアピールしたかったみたい?����

来週も「Sing a rainbow」を歌うそうなので、リベンジしたいですー



↓ランキングに参加しています。
 読んだらポチッとClickお願いします♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

カミミドリ is サンドウィッチ
おとといの雷��、もの凄い音が長時間鳴り響いていましたね。東京以外でもあんなに激しかったのでしょうか…

新しく通い始めた英話学校では、レッスンの始めにいつも教室の窓を開けてその日の天気を教えてくれます。先生が「How's the weather today?」(今日のお天気は?)と聞くと子供達はもじもじ…

すると日本人コーディネーターさんが「Me first!」(はーい!私が一番で答えます~ ←こんな感じ?)と手を挙げて答えます。それが「It's snowing.」とか、わざと間違った答えだったりすると子供達も盛り上がり口を開き始めるんです。

その後、窓を閉めて絵カードで改めて教えてくれたりしますが、こういうちょっとした“実体験”ってすんなり子供に入っていくようでいいですよね。でも晴れ、曇り、雨、風の日は良くありますが、雪や雷の実体験ができる日って少ない。

だから、これはいい機会!と部屋の電気を消してブラインドを上げ“雷鑑賞”をしてみました。

最初は「すごいね~!また光ったよ!大きい音だね~!ドーーーーンだって!」とか「雷だよ。It's thunder.」等々、R太郎の耳元でうるさく刷り込もうとしていた苺ママ。R太郎の嬉しいでも怖いでもない、何か感動しているような真剣な目を見て話しかけるのを止めました����
お邪魔さま~((((^∇^;)

結局15分くらい何も喋らず鑑賞。
気がつくとR太郎は寝ていました。������

朝、よく寝たからか、雷に打たれたようにまたベラベラ話し始めたR太郎。
1階から、まだ2階で寝ているパパに
「Daddy~! Where are you~?」
(パパぁ~どこにいるのぉ?)
と嬉しそうに叫んでいました。

パパが飛び起きて「I'm here…」と答えると、2階に上がって行き、今度はそこから
「Mummy~! Where are you~?」
(ママぁ~どこにいるのぉ?)
また下に降りて来てパパを呼ぶ…と、パパが起きるまで何度も何度も続けていました。

で、肝心の雷はどうなったんでしょうか?

昨日からR太郎がことある毎に喋っていた意味不明な言葉。
「カミミドリis サンドウィッチ」

「カミナリ is thunder.」と言いたかったんですね����今朝ようやく気がつきました。

雷を見たことだけは良く覚えているようなので、それで良しとしますjumee��faceA4



↓いつもありがとうございます!!!
 読んだらポチッとClickお願いします♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

さがせ!本
R太郎のボキャブラリーを定着させてくれている本があります。またまた、あまりに有名な本なのですが「I SPY」と「Where's Waldo?」シリーズ。日本語版でいうと「ミッケ!」と「 ウォーリーをさがせ!」です。

↓「I SPY」シリーズ
チャレンジ ミッケ! 1 おもちゃばこチャレンジ ミッケ! 1 おもちゃばこ
(2005/12/21)
ウォルター・ウィック

商品詳細を見る


↓「Where's Waldo?」シリーズ
Where's Waldo? (Where's Waldo?)Where's Waldo? (Where's Waldo?)
(2007/04/10)
Martin Handford

商品詳細を見る



我が家には昔買った洋書版ウォーリーがあり、ずっと「Where's Wally?」というタイトルだと思いこんいたのですが「Where's Waldo?」でした。R太郎とこの本を読むのに久し振りに引っ張り出してみて気がつきました。調べてみると英国版は「Where's Wally?」、アメリカ版は「Where's Waldo?」らしいです。
ウォーリーよ、どうして改名した�����͂Ă�
とりあえず日本ではウォーリーの方で通っているのでR太郎には「Where is Wally?」と問いかけていますが。

どちらのシリーズも英語版、日本語版とも何種類も出ているので、ネットで買おうと思うとどれにすれば良いか迷いますが、苺ママの場合「I SPY」シリーズは図書館で見て、R太郎の能力よりちょい難しめ辺りを目安に借りています。

R太郎はどちらのシリーズも大好きで、最近は「Where is (a) green car?」「Where is (a) strong man?」などと自分で質問してくれるようになりました。(苺ママが答える前にすぐ自分で答えちゃいますけど����

日本語版の本でも英語で探せるので便利。また、絵辞典よりゲーム的要素が入っているので長い時間集中して見てくれるし、一度自分でみつけた物の単語は高い確率で刷り込まれているようです。

これからは「It's next to a cow.」とか「It's on the table.」のヒントを出して、ちょっと使い方を発展させて行きたいと思っています。

そうそう、昨日お菓子のビスコを買ったら
裏面がI SPY風でした^_^
http://www.ezaki-glico.net/bisco/asobi/index.html

公式サイトでは自分で作ることもできます!
http://www.scholastic.com/ispy/make/index.asp



↓ランキングに一喜一憂している苺ママを
 応援してくださると嬉しいです。
 読んだらポチッとClickお願いします♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

質問文がでてきました
この前「How much is this?」という質問文を口にしたR太郎ですが、察するに意味はわかっていないのではないかと。最近掛け流していた日常会話CDで覚えたフレーズをそのまま言ってみたんじゃないかな~(その記事はこちら)

ただ、少しずつ質問文が出るようになってきました。

おもちゃを探す時の
「Where is Percy?」(パーシーはどこ?)
絵辞典でわからない物を指して
「What's this?」(これな~に?)

そして昨日はブロックをいくつか積み重ねて来て
「Which one do you want?」(どれが欲しい?)
と聞いてきました!!!����

「Which one?」という2語を越えていきなり長い文ですが、それもそのはず、R太郎が毎日お風呂上がりに楽しみにしているアイスキャンディー(4種類の味入り)を渡す時、苺ママが「Which one do you want?」と必ず聞き、orange/pink/purple/yellowを選ばせていたからです。

それにしても随分前から毎日語り掛けていたこの言葉。
R太郎の口から出てくるまで長かった!
「What's this?」もそう。

質問文って難しいのかなぁ。
それとも、英語で知りたいと思う心が芽生えて来た証拠なのかなぁ。

新しく通い始めた学校のパンフレットに書いてあった説明。
「活発な会話を楽しめるようになるには、答える練習だけでは不十分。質問をする練習も欠かせません。」

当たり前だけどそうですよね。
また小さな一歩が踏めたような気がしています。



↓読んだらポチッとClick♪
 まだまだ前に進む気になれます!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

取り組み日記
前の記事「きっかけはDWE(4)」で我が家にあるDWE教材(中古)のラインナップを書きましたが、実は副教材Zippy and Meもあります。

と、いうことで我が家の本棚に並んでいるDWEは

1.【メイン(Basic ABCs+)】のDVD、CD、絵本、テキスト

2.【Sing Along】のDVD、CD、歌詞本

3.【Play Along】のDVD、CD、歌詞本、おもちゃ

4.【Talk Along Card】のカード、プレイメイト

5.【Zippy and Me】のDVD、CD

狭い我が家の本棚のかなりのスペースを占領しています�����

どんどん買い足す内に、あ~っという間に溜まってしまったこれらの教材ですが、苺ママはYahoo!オークションで手に入れたこれだけの教材を、正規サポートなしで使いこなす自身が段々なくなってきました…

そこで毎日使った教材や読んだ洋書、そして短いコメントを書くことにしました。
↓小さくて見づらいですが、これがその取り組み日記。
取り組み日記1


↓そして、右側のシートは1ヶ月に1度、
 その月にできたことを纏めています。
取り組み日記2


ちなみに、取り組み日記の項目は左から「Date」「Play Along」「Zippy and Me」「DWEmain」「Others」「Talk Along Card」そして「Comment」。
数日取り組みしなかった教材も一目瞭然!
(おっと…最近Talk Alongの取り組みをサボってる…����

3日坊主だった苺ママも、これでモチベーションを保つことが出来ています�L���L���i�I�����W�j
取り組み日記ももうNo.32。幼児の英語育児は結局ママのモチベ維持に懸かっていますものね。
ガンバリます~!



↓ガンバレ!という方は
 バチッとクリックお願いします☆
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

初レッスン♪
実は、今日からR太郎&ママは英会話レッスンに通うことになりました���L���L���i�I�����W�j

まだまだ、おうちレッスンでも良いとは思ってはいたんだけど、R太郎と何か一緒にやりたくて。もちろんレッスンを受けたのはR太郎なんだけど、この年齢って習い事をしても1人で教室に入るんではなくママ同伴でしょ。そこがポイント。1人分で2人楽しく習い事ができる!!!����

在宅勤務といえど保育園っ子のR太郎。ママと一緒の時間は少ない方。苺ママも休みの日は出来るだけ図書館に行ったり、家族で時々お出掛けしたりはしていますが、毎週習い事でもして強制的に外に出て、もしかしたら新しいお友だちなんかも出来ちゃったりして…って思っています。��

前置きが長くなりましたが、通える範囲の英会話学校を色々体験した結果、ここは!と思える学校に出会いました。(といっても、体験レッスンを受ける前から決めていたようなものですが。)この学校、大手ではありませんがママ友の間ではとても評判がいいんです。

そんな学校なら一緒に通ってみたい!と思って半年。ようやく資料請求をした後、体験レッスンを受ける決意をするまで3ヶ月。体験レッスンを受けて実際に今日の初レッスンに漕ぎ着くまで1ヶ月。苺ママったら、どんだけ迷っているんでしょうか…����

本当は土曜日の方が仕事も完全OFFなので都合が良いものの、その枠が寝坊助ママには超~シンドかったので平日にしました。コーディネータさんの「R太郎くんのレベルだと、今まで1年通っている子もいるこのクラスをオススメします♪」という何とも親心をくすぐられる一言もあって����

・・・・・


さてさて、またさらに前置きが長くなってしまいました�����
これからって所ですが長くなっちゃったんで、レッスンの詳細はまた今度~(←オイッ)
長文で実のない話で、読んでくれた方はごめんなさい!!

でも、このスクールの教授法は、家庭英語育児のヒント�d��にもなりそうです。
改めて書きたいと思います♪

とりあえず、最後にR太郎の反応。
帰ってきてから超英語モードです。こんなの初めてというくらい!知っている単語を「It's~」を使って言いまくっています����
苺ママが夕飯の支度中、ぶつぶつと小声が聞こえたと思ったら「The Very Hungry Caterpillar」を読んでいました。これも初めてのことです。期待以上の反応でした…




↓ポチッとクリックでモチベーションが上がります。
 どうぞ宜しくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

Very busy
はい、昨日もでてきました新しい2語文。
今回は「Very busy」です。

う~ん、今回もまたネタ元不明����

きかんしゃトーマスの絵本「Happy Birthday, Thomas!」に「Henry is busy. Gordon is busy. James is busy.」というくだりがあり、確かにこの部分はR太郎もママの読みに併せて読むのが好きなんですが…


今回の「Very busy」が飛び出したのは昨日のお風呂タイム。�����C
R太郎は長風呂BOYなので、いつも苺ママは先に上がって浴室の入り口で座っているのですが、バスタブの中にいたR太郎、シャワーの栓を押して土砂降り(?)のお湯の下で叫んだ言葉が

「お~~!Very busy!!!!!」

間違ってる!間違ってるけど、な~んとなく言いたいことはわかるので「very busy」の意味を“感覚的には”わかってるのかなぁ。どうなんだろ…
とても興奮して感動しているようなので、苺ママは敢えて訂正はしませんでした����

その後、何度も何度もシャワーを出してバスタブの水面に響く音とシャワーの水に興奮しながら「Very busy!!!!! Very busy!!!!!」と叫ぶR太郎だったのでした。


↓プロフィールの写真に困ったので、
 R太郎画伯の作品を随時載せることにしました。
 記念すべき1作品目のタイトルは「Rain」。
 お風呂も、シャワーも、土砂降りの雨も大好きな画伯です。
Rain





↓3日坊主の苺ママを応援してください。
 読んだらポチッとClickお願いします♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
図書館で洋書絵本
R太郎は絵本が大好きです。

生まれて2~3ヶ月後、まだ読み聞かせる本も持っていなかった頃に苺ママが手描きの絵本を作り読み聞かせてみました。無印良品で買った既製のノートにクレヨンでグイグイと描いた荒い仕上がりの絵本でしたがR太郎は気に入ってくれている様子でした。

↓これがその絵本です(もちろん日本語ですが…)����
222.jpg


自分が描いた本なので思い入れも強く、苺ママはよく読んであげていました。

すると、R太郎がずり這いを始めた頃から、その絵本に近づこう、触ろうという態度を見せるようになりました。試しに絵本を少し離してみるとズリズリ… ズリズリ… と絵本の方へ進みます。苺パパとママは「これは面白い!」と読みながら少しずつ進んで行っていたものでした。今考えるとおかしな光景ですが…����

結局、R太郎はこの絵本のおかげでハイハイもできるようになりました。作者としては、こんなに嬉しいことはありませんでした。

「R太郎は絵本が好きなんだ!パパやママに読んでもらうことが本当に好きなんだ」

と思いました。早速、絵本を買いたかったのですが、今まで絵本にあまり興味がなかった苺ママ。何を買っていいのかわかりませんでした。そこで図書館に行って何冊か借りてくることにしました。図書館なんて何年も行っていなかったので、昔と比べあまりに便利になっていることに驚きました。家のネットで本を検索して予約&貸出延長までできるなんて知らなかったんです。。。。。

それからほぼ毎週末には図書館に通うようになりました。
最初はそこに置いてある日本の本から。
でも、ある時ふと「洋書はないのかな?」と思いました。図書館の人に聞いてみると、あるはあるは!同区の違う図書館に沢山置いてあり、それを最寄りの図書館に配送してもらえるんですよね♪いや~、、、そんなことにも感動するほど図書館初心者の苺ママでした。

最近はR太郎のカードと苺ママのカード限度一杯の冊数20冊近くが常時R太郎の本棚に並んでいます。日本の絵本と洋書絵本が4:1の割合くらいです。これだけあると、R太郎の好みも自ずとわかってきます。全く開かないで返してしまう本もあれば、一日何度でも読んでもらいたがる本もあります。

洋書と翻訳本を読み比べるのも楽しいです。
やはり翻訳本より、英語で書かれた物は英語、日本語で書かれた物は日本語の方がずっとクォリティーが高いものがほとんど。それは、きっと大人の本でも一緒なんでしょうねー。(大人の本の違いを比べられるほど苺ママの英語力がないのでわかりませんが…����)R太郎も将来、原書の良い本に沢山触れられるようにしてあげたいな♪


【原書と翻訳本を比べ読みしたもの】

↓この本は本当に原書で読む事をオススメします。
 原書は韻(ライム)を踏んでいるのが特徴なのに
 翻訳本の方はまったく踏んでいません。
 翻訳本はその分淡々としているので
 子供には優しい感じの仕上がりに
 なっているとは思いますが…
Goodnight MoonGoodnight Moon
(1991/03)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る

↓翻訳本
おやすみなさいおつきさまおやすみなさいおつきさま
(1979/01)
マーガレット・ワイズ・ブラウン

商品詳細を見る


↓この本の翻訳本はよく出来ていると苺ママは思っています。
 エリック・カールさんの絵本は沢山借りましたが、
 この本の翻訳を手掛けたもりひさしさんの訳のものは
 特に原書と同じ雰囲気の文章になっている気がします。
The Very Hungry CaterpillarThe Very Hungry Caterpillar
(1994/03)
Eric Carle

商品詳細を見る

↓翻訳本(このリンクは英語と日本語併記の本です。)
英語でもよめるはらぺこあおむし (英語でもよめる)英語でもよめるはらぺこあおむし (英語でもよめる)
(2006/10)
エリック カール

商品詳細を見る


↓苺パパが幼い頃に翻訳版をよく読んでもらっていた本です。
 苺パパが好きだったんだから翻訳本でも子供には
 面白いんだと思いますが、苺ママとしてはやっぱり
 原書の方がずっとずっとスピード感を感じると思います。
 R太郎の食いつき度も原書の方が星5つ☆☆☆☆☆です。
Choo Choo: The Story of a Little Engine Who Ran AwayChoo Choo: The Story of a Little Engine Who Ran Away
(1973/09/14)
Virginia Lee Burton

商品詳細を見る


↓翻訳本
いたずらきかんしゃちゅうちゅう (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)いたずらきかんしゃちゅうちゅう (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1961/08)
バージニア・リー・バートンむらおか はなこ

商品詳細を見る





↓読んだ足跡にポチッとClickお願いします♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

きっかけはDWE(4)
断りはしたものの、アドバイザーさんが素晴らしい言葉を残して下さいました。


「オークションで買われたとしたら6割か7割が相場。でも、正規購入なら無償交換もテレフォン・イングリッシュレッスンもその他多くの特典があるんですよ。オークションってそう考えると高いですよ!」

「そっか~!オークションって手があったんだ!」
「それなら、庶民の我が家にも手が届くかも~������������


皮肉にも、苺ママはDWEのアドバイザーさんのこの言葉で、中古で手に入れることを思いついたのでした����

・・・・・


それから苺ママは毎日毎日Yahoo!オークションに貼り付いていました。仕事の合間合間に…のつもりがオークションの合間合間に仕事をしていた(?)。それくらいよくアクセスしていました。����

↓オークションの落札相場を知るためこんなサイトにもよくアクセスしていました。
ネットオークション一括落札相場統計検索サイト 無料テンプレート 詐欺対策 オークション出品


そうするうちに、欲しいもの&相場がよく分かりました。
それだけじゃなく、DWEってオークションに沢っっっっっ山出回っていて、相場はあまり変動しないこともわかりました。

っていうことは、新品や新しいバージョンにこだわらなければ、落札して何年か使ったら買った値段に近い値段で売れるのかも♪そしたら、教材代は初期投資しても元が取れちゃうかも♪と何とも楽観的でした�C�`�S


そして最初に落札したのが
1.Sing Along
  (メイン・プログラムの内容を歌にしたもの)
  のDVDとCD。
2.Play Along
  (赤ちゃんがパパやママとお歌で遊ぶ手遊び集?)
  のDVDとCDとおもちゃ。
3.Talk Along Card
  (単語カードを通すと発音と例文が流れる機械)

その後間もなくしてメインも激安で落札 �N���b�J�[
こんな感じで、家でやるには十分すぎるくらいだと思っていました。



(つづく…かな?)

↓読んだら応援でポチッとクリックおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ぐっじょ~ぶ!
最近のR太郎は2語文・3語文がポンポンでてきます。

日本語でもそうなのですが、その言葉を口から出す前には一人で練習して、「ここだ!」と思う時に発表している節があります(笑)

時々、一人遊びをしながら小さな声で「It's fast!」とか練習している声を苺ママは聞いてしまうことがあるのですが、そんな時は素知らぬふりをして本人の口からそれが出るのを楽しみに待っています♪

以前はネタ元が完全に分かったのですが、最近は色々な音源の掛け流しをしているのでよく分からなくなってしまいました。だから、R太郎が発した言葉に本当に驚きます。「どこでそんな言葉覚えたの~!?」という感じです。


数日前、夕食中の苺ママとR太郎の会話です。

R太郎 :(魚を指しながら)
    「It's fish!」
     これ、さかな!

苺ママ:「Yes, it's a fish! That's right!!!!」
     そう魚だよ!その通り~!!!!

R太郎 :(香りをかいで)
     「Smells gooood!」
     いい香り~

苺ママはこの時点でビックリ!「Smells good!」は確か数日前から掛けている図書館で借りてきた本のCDの中にあったような…

苺ママ:「Yes, smells good! Uuuuum, smells good!」
     そうだね!う~ん、いい香り!

そこで、にやっと笑うR太郎。
R太郎 :「How much is this?」
     これ、いくら?

苺ママ:「え?え?」
     (ど、どうして今その質問?����

R太郎 :(なんだか満足そうに親指を立て)
     「ぐっじょ~ぶ」

日本語もまだまだなので、どこまで分かって話しているのか確認できず気になるこの頃です(笑)


【最近のネタ元と思われる音源】
↓図書館で借りた本です。
 付属のCDをiTunesに入れて掛け流しています。
 会話と会話の間に日本語訳が入らないので
 R太郎が混乱しなくて良いようです。

英語ではなそう楽しい一日―はじめの一歩は身近なことば英語ではなそう楽しい一日―はじめの一歩は身近なことば
(2002/07)
門井 幸子カート マホーニー

商品詳細を見る



↓毎回ポチッとクリックしていただけると
 ランクが上がってモチベーションも上がりま~す!
 どうぞよろしくお願いします★
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ