苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
ORTを楽しく読んでます(動画)
中古DWEのおうちCAPの音声を随時アップしていますが、課題文だとどれもどうも堅苦しい感じなので、今回はお借りしているOxford Reading Tree(ORT)を読んでいる動画をアップしてみました。

上手に読めた!という動画ではないけど、こんな風に楽しそうに読んでいます♪



↓読んでいるのはこの本
Oxford Reading Tree: Stage 1: First Words: Who Is It? (Oxford Reading Tree)Oxford Reading Tree: Stage 1: First Words: Who Is It? (Oxford Reading Tree)
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


家族とお友達みんなで影クイズ。テントに入って「Who is it?」と当てっこしています。最後は“spaceman”が現れたと思ったら… というお話。
Stage1なので家族の名前ばかり出てくる絵本だけど、ちゃんとお話になっていてR太郎お気に入りの一冊。

Who is it?
Biff and Chip.
Mum and Kipper.
Floppy and a spaceman.
No, it's Dad!


「and a spaceman~」とか、聞きづらいけどR太郎なりに感情を入れて読んでますjumee��faceA60



先日、英語育児友達のりおままさんからこのDVDを借りました。


オックスフォードリーディングツリーの
英語読み聞かせのコツがわかります!
Kevin's Fun Reading of ORT on DVD
Kevin先生のORT読み聞かせDVD


ORTの英語のレッスンで有名なKevin先生が実際に子供達にレッスンをしているDVDです。

Kevin先生は、去年丸善の読み聞かせ会に来てORTを楽しく読んでくれたことがあります(その時の日記)。残念ながら、その時のR太郎は全く落ち着かず、ほとんど会へ参加できなかったけど、優しい語り口なのに子供達を引きつける読み聞かせでしかもしっかりレッスンになっていて、もっともっと聞きたかった苺ママでした。

今回、このDVDにR太郎は釘付け。自分が読み始めた絵本を楽しく読んでくれている映像なのですからjumee��faceA6

DVD自体の構成や雰囲気は派手な演出などないものの、これからORTを読み聞かせようと思っている方(特に読み聞かせに慣れていないママパパ)にオススメです。
Stage1と1+で合わせて6話、Stage2~5から1話ずつとても丁寧に読んでくれています。



さぁ、今日は保育園最終日。昨日、園長先生から「R太郎君が大好きだから、明日で会えないのは寂しいわ~」と言われただけでジワ~と涙が出そうになったママ。今日は泣かないようにサヨナラして来ますjumee��faceA109

↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

六本木はガイコク?
日曜日はパパの仕事が六本木であったので、午後から六本木ミッドタウンで合流。

六本木は苺家からアクセスは良い方ですが、ほっとんど行きません。。。。まぁ、子供が行っても楽しい街じゃないし、お店に入っても騒いだり商品を触って周囲にも気兼ねするし、いちいち注意するのも可哀想だし。

今回もやっぱりミッドタウンのビル内ではそんな感じだったR太郎。でも、とにかく英語モードで楽しそうに走り回っていましたjumee��faceA106

なぜかオールイングリッシュ(笑)
地図を見てても現在地の「You are here」という文字を読んでみたり、何を言っているのかわからないデタラメ英語(単語ひとつひとつは実在の英語)を話してました。


日曜はお天気も良かったので外の芝生の公園へー

ここでももちろんオールイングリッシュ。
苺ママはちょっと恥ずかしさもあって、オール日本語で話しかけているにも関わらず止まらないR太郎。パパと英語で駆け回ってました~

飛び石の石を飛びながら数えだしたR太郎。

「one, two, three,.........ten!
eleven, twleve, thirteen......twenty!
twenty-one, twenty-two, twenty-three, .....」


おお!どこまで数えられるんだ?と見守るママ。家では twenty-twoぐらいまでは間違えずに数えたことがあるんだけど、、、、

「twenty-seven, twenty-eight, twenty-nine, 」

「twenty-ten!!!! 」

、、、、そう来たか、、、(笑)


東京ミッドタウンには子供公園もあります。ここの遊具は滑り台、ブランコ、平面のジャングルジム。どれもオブジェのようなとっても変わったデザイン。

それにしても、この公園の子供達の外国人率の多いこと!
アジア系の場合は見分けがつかないけど、西洋系の子供だけ見ても3人に1人程の比率。

もちろんここでも英語モードのR太郎は「Look at me, mummy! Wheeeeee!」とテンション高し…ジャングルジムではそんな西洋系の男の子達に「Peek-a-boo!(いないないばぁ)」とジムから顔を出してました。jumee��faceA60

20090330


近所の公園でも時々外国人の子供達が遊んでいますが、こんな英語モードになったことがないR太郎。ちょっとビックリ。

やっぱり六本木には外国の空気が流れてるみたいです(笑)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

おうちCAP【Light Blue_04】終了
今日はまたまた英語育児仲間のモトさんとりおままさんのお家へー
電車の車両基地公開や英語育児話も盛り沢山ですが、今日は楽しすぎてとっても眠いので、取りあえずアップしなきゃと思っていたおうちCAPを載せて、今日はもう寝ますー


●おうちCAP【Light Blue_04】
 課題:Talkalong 4
 トークアロングカード(色)から3枚(又はそれ以上)
 単語あるいはセンテンスを言う

【第4課題→ �A�b�v���[�h�t�@�C��音声データ

「black: This is black. / white: This is white.」
「pink: This is pink. / purple: This is purple.」
「yellow: This is yellow. / green: This is green.」


依然、録音しようと思うとふざけるので大変です。「purple」はおふざけモードが残っているけどご愛嬌~jumee��faceA107
まぁ、地道に続けています。

今回は色の部分が異なるだけで全て「This is ●●. 」なので、今までよりも簡単かなと思っていたら、意外に大変だったのは「This is a 色の名前. 」と言っちゃうところ。色には冠詞は付かないんですよね。よく注意してみると、普段も冠詞をつけてたみたい。これから気をつけようー


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

転園、期待と不安
桜の花も咲き始め、卒業式の頃ですね������

R太郎の通っている保育園でも先週末に卒業&終了式がありました。来月はプリスクールに転園することもあり、ちゃんと終了式に出てけじめをつけようかとも思いましたが、今週もそして来週も園には行くので、けじめは月末に持ち越しです。

R太郎が1歳2ヶ月からお世話になっている保育園。ママとしては仕事の為に預けたというだけでなく、一人っ子のR太郎ではなかなか出来ない体験も沢山できたし、土日の親子イベントも多く、サービスも良かったので満足していた園でした。

ただ、これから年少さん以上の年齢になると、集団的教育色が強く、号令や笛できちんと行動できることを良しとしているように感じるため、我が家の教育方針とは違うなーと。誤解のないように。だらだら自由にさせたいわけではなく、号令を掛けなくても動ける人になってもらいたいのです。

園庭もないので、幼稚園の年齢になったら幼稚園+延長保育に転園の予定でした。結局1年切り上げてプリスクールに転園になったけどjumee��faceA114



R太郎は2年間この園に通って、結局毎朝「保育園は楽しくない!行きたくない!」と必ず一度は泣きました。泣かれると本当に胸が痛みました…あまりに行きたがらない日は休ませてしまうことも。在宅勤務なので度々これをやっちゃったなぁjumee��faceA149
基本的にお家が大好きな子だし、4月生まれなので同級生はお喋りがまだ出来ないほど小さい子達ばかりでつまらなかったのかなとも思います。(この頃そんな同級生達も驚くほどお喋り上手になってきたけど♪)

そんな保育園もあと3日です。

実はこの数日、あまり保育園に行くことを嫌がりません。きっかけは、今週初めにママが「今週と来週保育園に行ったらもう終わり。来月からはプリスクールに行くんだよ。」とR太郎に話してから。

その日から、今まで以上に英語も積極的に使っているんです。ママが英語での語りかけをあまりしなくても保育園から戻るとずっと英語モード。「英語ではなんていうの?」と色々な言い回しを訊いてきます。発話記録とか残せないほど、新しいセンテンスをどんどん使っています。転園にすっごく前向き!!!!jumee��faceA155


とっても積極的なのは頼もしいんだけど実際通うようにどうなのかなぁjumee��faceA109

毎朝保育園に行くのをあんなに嫌がっていたR太郎が、4月からはどんな朝の顔になるのか、期待と不安でいっぱいの苺ママです。


【来月からバス通園を意識してかヘビロテ中の歌】




↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
自分で読めた本棚作りました
↓R太郎が自分で読めた本棚をブクログで作りました。このブログの右下の方にもミニ本棚をつけましたー

http://booklog.jp/users/rtaroread

まだSWRやCTP、そしてお借りしているORTのリーディング用絵本ばかりですが、これから普通の絵本も少しずつ増えればいいなぁと思っています♪

読める自信が少しついてからというもの、一冊丸々は読めないにしろ、赤ちゃん絵本を中心に読めそうな本にチャレンジしています。

この本↓
Where Is Baby's Birthday Cake? (Lift-The-Flap Book (Little Simon))Where Is Baby's Birthday Cake? (Lift-The-Flap Book (Little Simon))
(2008/07/29)
Karen Katz

商品詳細を見る


赤ちゃんがお家の中でバースデーケーキを探す本。ベッドの下や冷蔵庫の中などをフラップを捲りながら探すお話しで、お馴染みKaren Katzの絵も可愛いし、見つけた物がキラキラとカラフルに光っていて楽しい絵本です。

ママはこの前まで、この「Baby's」を「R-taro's」に変えて読んでいたのですが、昨日読んであげると

「"R-taro's"はどこ~~~~~����?」

とページ中の単語を探し回るR太郎…
「ごめん、、、、What's this?」と“Baby's”を指すと

「Baby!jumee��faceA155

と単語を読めたことに舞い上がって、結局ママが読み替えていたことは追求されませんでした。わかっちゃったかな…

次回から「baby's」と読もうか、今まで通り「R-taro's」と読もうかと迷いますね…jumee��faceA109


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

カラオケ初体験
連休中親戚に会ってまたまた英語披露で飛び回っていたR太郎。歳の近い大好きなお兄ちゃんには会えなかったけど、中学生のお姉ちゃんにベッタリ�n�[�g英語を喋っては「R太郎に負けた~jumee��faceA88」と言われてご満悦でした(笑)


そして親戚達と初めてのカラオケ体験もしました。
家のオモチャのマイクはベチョベチョになるほどかぶりついて歌いまくっているのに、本物となるとなかなか声が出ないみたい。十八番の「崖の上のポニョ」や「Twinkle Twinkle Little Star」に何度か挑戦するも、画面を見つつ、口はパクパク動いているのに声が出ない…jumee��faceA109

こんな風に初めての事に頑張ろうとしている姿を見てるとジーーーーンjumee��faceA68と来ちゃいますね。ガンバレ~♪


家に戻り、リベンジしたかったのかスプーンをマイク代わりに「Boys and Girls! Let's Sing Together! The song iiiiiiiiiiiiiiiis! "Twinkle Twinkle Little Star"!」とまたイングリッシュ・ショーが始まりました。


カラオケはまた行きたいらしいです。
次回はこのノリで歌えるのかな?
マイク消毒液持参でまた乗り込もうかな~!!!!(爆)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ



ORTをお借りしました♪
この前からOxford Reading Tree(ORT)を買おうか、図書館で借りようか、オークションで落札しようかとあれこれ考えていた苺ママですが、なんと、とぉぉぉぉってもありがたい事に、ブログ仲間のrincoさんがStage1とStage1+のセットを貸して下さいましたjumee��faceA73!!!!

実は苺ママは自分でブログを始めるずっと前からrincoさんのブログのファンでして、電車好きの息子さんを持つワーキングマザー、しかもこれは偶然!驚いたことに英語教室も一緒という共通点の多い方!影ながらずっと応援したいと思っていたのですが、ブログを通じて仲良くさせていただいてからは逆に応援されてばかりで…jumee��faceA109

今まで英語育児を試行錯誤の上長く続けてきただけあって、多くの成功&失敗を教えてくれて、本当に心強い先輩ママさんなのです♪


で、そのrincoさんからお借りしたORT。早速R太郎と読んでみました。結果は予想していた通り、、、R太郎、超ハマってます!

今はStage1のセットをR太郎自身で読んで(↓このセット)
Oxford Reading Tree: Stage 1: First Words: Pack of 6 (1 of Each Title) (Oxford Reading Tree)Oxford Reading Tree: Stage 1: First Words: Pack of 6 (1 of Each Title) (Oxford Reading Tree)
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


Stage1+はママが読み聞かせる(↓このセット)
Oxford Reading Tree: Stage 1+: First Sentences: Pack (6 Books, 1 of Each Title) (Oxford Reading Tree)Oxford Reading Tree: Stage 1+: First Sentences: Pack (6 Books, 1 of Each Title) (Oxford Reading Tree)
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


という具合ですが、特に自分で読んでいる方のStage1が面白いみたい。

自分で読んでいるっていっても、ほとんどが家族(Mum, Dad, Biff, Chip, Kipperそれから愛犬Floppy)の名前しか出てこないんですがjumee��faceA60
名前を「and」で繋いだり、「Oh, Floppy! No, Floppy!」などなど。そういえばrincoさんも「Stage1で家族の名前を完璧に覚えると思う」と言っていましたが、確かにもう完璧に読めるようになりました(笑)

そして家族の名前ばかりのこのセットなのですが、R太郎は何故かどの本も楽しそうに読んでいます。同じキャラクターで沢山お話があるっていうのは「Frog and Toad」シリーズにのめり込んだR太郎が好きそうだし、やっぱり自分で読める嬉しさが大きいのかな~?

ORTのユーザーさんたちがよく書いている、オチと小ネタ。
たった8ページのストーリーの最後はどれも微笑ましい感じのオチで締めくくられています。また、有名な?裏庭シーンではいつも隣人らしき怪しいオジサンが覗いていたり、絵の中にツッコミどころ満載なので、一度読んだ後にも子供と色々見つけて楽しめます♪
ちなみに、R太郎はこのオジサン(ココで「Floppy!」と書かれたページで塀から覗いてる人)を「Maybe he is another Daddy. (たぶん彼はもう一人のダディーだよ)」と予測していました。こんな事も言えるようになったんだなぁjumee��faceA70


rincoさんに今回も感謝!!!!!!
いつも本当にありがとうございます�當���P�i�w�i���p�j

そして、これからやっぱりORTを少しずつ欲しいなぁと、迷いから一歩出そうなママなのです…


【ORTのタイトルが立ち読み&試聴できちゃうサイト】
『多聴・多読ステーション』

先日「外大卒ママの親子英語」の sa-chi21さんがブログで紹介されていたこのサイト。二次情報ですみません…jumee��faceA105
ORT以外にも音声付きで立ち読みできる素晴らしいサイトです!




↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
『中古DWEユーザーが巡るTDL』(周辺篇?)
ブログ仲間のモトさんに誘われて、東京ディズニーランドのお隣のショッピングモール『イクスピアリ』に行って来ました。目的はDWEの「親子で楽しむフォトセッションイベント&イングリッシュショー」。DWEの勧誘イベントですjumee��faceA59

今日は午前と午後で3回のショーが行われる予定だったので午前中から参加して後はどこかで遊ぼうかと計画していたんだけど、朝はあいにくの雨…これは中止か、、、と思っていたら11時頃には晴天に!慌てて連絡を取り合い舞浜に向かいました~jumee��faceA105

2回目のショーが始まるギリギリに無事到着。午前の雨の為かお客さんも少なく、ステージ正面の場所を確保。すぐにショーが始まりました。

20090321a

右の方で、ぼーーーっとステージを観ているのがR太郎。モトさんの息子ちゃんJ君はいつもよりノリノリだったけど、R太郎はイマイチ。…のわりにはステージ前まで一人で出て行ってるんですがjumee��faceA109

ショーはさすがDWE!という感じ。ネイティブの先生方は、歌も踊りも表情もめちゃくちゃエンターテイメント性が高い!イースターがテーマだったのですが、Sing Along!の曲を上手く使って最後にはドデカいプレイメイト(単語カードのプレイヤー)まで出して子供達も楽しんでいました。

驚いたのは、参加した子供達が英語が喋れそうな子が多いこと。イクスピアリとは言えショッピングモールのイベント広場で開催されているので、通りがかりの家族が多いのかと思うんだけど…。自分の名前やABCソングはマイクを向けられても多くの子供達が大きな声で言えるし、単語の発音を聞いても綺麗な子が多いjumee��faceA11
英語を習っている子ってやっぱり多いんですかね~

で、ショーはランチを挟んで2回参加した私達。J君もR太郎も、最近は「英語モード」とか言わなくても、自然に英単語くらいはポンポン出て来て遊んでいます♪

ショーの後に乗ったディズニーリゾートラインも、最前列に座りグルグルと2周も回っている間に見えるものを次々と英語でお喋り。

満車の駐車場を見てママが「How many cars are there?(車は何台ある?)」と聞けば
J君「One, two, three, four,,,,,,,」
R太郎「I can't count them!」
隣の駐車場は車が一台もなければ…
J君「No cars!!!!」
とっても楽しそうで、2周して降りるとJ君もまだ乗りたい!!!とちょっと泣いちゃったり。

で、電車を降りるとなんだか身軽な自分に気がつきました。
あれ?なんか足りない?私、他に何か持ってた????
ああああ!ベビーカーだぁ~

どこだどこだと記憶を辿った結果、リゾートラインの駅に入る前に寄った、DWEの写真撮影ブースでした。
、、、、そんな前から手ぶらか!苺ママ!

幸いベビーカーも荷物もブース前にポツンと残っていました。治安の良い国日本に改めて乾杯!もう、ホントに先が思いやられるボケママですjumee��faceA68

・・・・・・・・


夜、晩ご飯を食べ終わると、パパとママの前で突然始まったR太郎のイングリッシュショー!

「Boys and Girls! Let's Sing a song together! The song iiiiiiiiiiiiiiiiis! Hello Song! (よい子のみんな~!さあ、一緒に歌おう!その歌は~~~~~“Hello Song!”)」

、、、、それは
、、、どう見ても今日のショーの真似!?�~�b�L�[

「Boys and Girls! The next song iiiiiiiiiiiiiiiiis! ABC Song!」と次々に歌を歌い踊り、ヤバめのテンションまで上がっていました。

そういえば、ショーの最中は珍しく歌ったり踊ったりせずに舞台をじっと見つめていたR太郎。終わった後は「ショー、楽しかったね♪」なんていってたけど、、、、

今回はショーの雰囲気をガッチリ吸収したようですjumee��faceA61


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

[レッスン32回目] Last Lessonでした(^^;)
今日は英語教室のレッスン。
ブログで知り合ったりおままさんとりおちゃんが体験レッスンで一緒に参加☆

りおちゃんも人見知りをしない女の子で、最初から担任のJ先生にタッチしに行ったり、今まで来た体験レッスンの子達の中でダントツに乗っていて発話も多くてビックリjumee��faceA171Lやっぱり家で毎日英語に触れ合っている子って違うんだなと思いました♪

レッスンもGood-by Songの時間になり、コーディネータさんが「今日はR太郎が最後のレッスンだから、R太郎の好きな“Counting up to 20”を歌いましょうよ!」と言ってくれて、少し時間が押しながらもこの曲で締めてくれましたjumee��faceA70

・・・・って!
ここで気がついたのは
レッスンって今日が最後???

りおままさんも教室から、今日がR太郎の最後のレッスンになると言われて来たらしいのですが、すっかり後もう一回あると思っていた苺ママは心の準備が出来ていませんでした~jumee��faceA76
ほんと、こういうところがダメなママ。先が思いやられます…

でもりおままさんが来てくれたおかげで、レッスン後もJ先生とゆっくり遊んで貰えたし、J先生との最後の時間をたっぷり味わえました。コーディネータさんから「1年後帰ってきて下さいよぉ。でも、、その時のR太郎君に合うクラスがないかも知れないんだけど…」と言われました。それくらい1年で上達できたら嬉しいんですけどjumee��faceA107


【今日読んでくれた本】
Ten Little LadybugsTen Little Ladybugs
(2001/02/01)
Melanie Gerth

商品詳細を見る

10匹のテントウ虫がアオムシやカエルに出会うと1匹、2匹といなくなってしまいます。もしかして食べられちゃったの~?というお話。テントウ虫が小さなボールの立体になっていてページを捲る度に数が減る仕掛け本。子供達は楽しそうに実際に触りながら数を数えていました。


英語教室を出てランチ後、りおままさんを無理矢理(?)苺パパが設計したお家の見学会へー。実は苺パパは住宅の設計士で、今日はちょうど設計したお家の見学会だったんですjumee��faceA59

子供達は途中までは寝ていて大人しかったけど、起きてからは2人にとっては全然知らない人の家で仲良く大はしゃぎでした(笑) ママ達もまたまた英語談議などなど出来て楽しいひととき。

英語育児ってやっぱり楽しい~♪

あ、明日はこのイベントモトさんとお出掛けです!

英語育児ってやっぱりやめられない~♪(爆)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

2歳10ヶ月のR太郎【まとめ】
本当に早いもので、今日でR太郎は2歳11ヶ月。あと1ヶ月で3歳です!

赤ちゃんの頃から、夜はぐっすり朝まで寝てくれるR太郎ですが、何か大きな成長をすると決まって夜泣きをしてきました。文章が読めるようになってこの3日SWRCTP、それから赤ちゃん絵本を次々に読み始めました。ちょっと脳がヒートアップ気味なのかもjumee��faceA110今晩は夜泣きをし、起こされたので夜中にブログを書いています。


【2歳10ヶ月のR太郎】

●ブログのお仲間RumichiさんからDWEの副教材
 『プレイアロング(PA)』に出てくるMy Ballをいただく。
 長い間欲しがっていたボールだったので、
 嬉しくてMy Ballの歌をどれも歌えるようになる。

●ポッドキャストで『Good Night Show』
 観ながら工作チョキチョキ�͂���

●ブログ仲間とWKEの体験イベントに、たまプラーザへ。
 ママを置いて最前列で参加。

●プリスクールの面接へ。

●DWEのレベル検定を真似した「おうちCAP」は
 ライトブルーCAPの3課題まで終了。

モトさん親子が我が家へ来訪。
 プリスクールさながらの(?)英語遊びに興じる。

「Sure!(もちろん)」「I wanna~(~がしたいな)」
 「What would you like?(何が欲しい?)」
など
 ネイティブ風英語(?)を喋るようになる。

●ひらがなも70%程読めるようになっていた。

●テレビで『Mickey Mouse Clubhouse』を見始める。
 道具を選んだり数を数えたりしながら進んでいく
 番組の内容が理解できるようになり楽しんでいる。

●初めてクラシックコンサートに行く。

●ダイソーのアルファベットマグネットで
 ママが「BALL BOWL」と作ると「B」を2つ取って
 「ALL OWL」にする。
 →その時の日記

●丸善の英語読み聞かせ会に5度目の参加。
 まだ最後まで聞けないものの、
 ブログ仲間の子供達と遊んでおおはしゃぎ。

Sight Word Readers (SWR)が15冊ほど
 読めるようになっていたことに気がつく。
 読めた本にシールを貼ってあげると、次々に読み始める。


なんといっても今月は本が読めるようになったことに感動!

専門家の先生方の意見では「この時期は文字を読ませるのではなく、暗唱をして英語のリズムに慣れることが大切。読めても読ませてはダメ!」と良く聞きます。

読むことより暗唱。それは確かに一理あると思います。
でも、文字や本が好きで、文字を読みたがっているR太郎のような子に、この時期読むことを手伝ってあげてもいいんじゃないかな、とこの頃強く思うんです。文字を読むことで英語のリズムを壊すのではなく、単語一つ一つを読んだ後にリズミカルに読むのは更に良いのでは?とも思います。

読みたがっている子の読みのサポート。
これって本当にいけないことなのかなぁ…


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

いつの間にか読めてたSWR
ついに!遂にSight Word Readers (SWR)を読めるようになりました! っていうか、いつの間にか読めるようになっていたことに気がつきましたjumee��faceA103


Sight Word Readers: Learning the First 50 Sight Words is a Snap!Sight Word Readers: Learning the First 50 Sight Words is a Snap!
(2007/09)
Linda Ward Beech

商品詳細を見る


SWRは簡単な文章の繰り返しでたった数ページの薄い絵本が25冊入っているセット。どれも子供達の身近なテーマが書かれていて、文章を読めるようになるよう考えられた絵本集です。これを買った頃、R太郎も暗唱で読みながらも「本を読んでいるふり」ができ、これをきっかけに自分で読むことにとても興味を持ち始めました。それが去年の10月頃。(その時の日記です。

そのまま読むことに集中してSWRを読み続けても良かったのですが、親子共々SWRに飽きてしまい、なんとなくお蔵入り…


そして週末丸の内に行った際、お友達の子供達がエレベーターのボタンに「UP」「DOWN」と書いてあるのを見て読んでいたからか、R太郎も家に帰って「UP's “U” ♪」と言っていたので、SWRを思い出しました。

SWRの1冊に『UP and Down』というタイトルがあるんです。
それを出して読んで貰うと、なんと全部読めました!!!!
この本「We go up. We go down.」しか出てこないんだけど読めたことに感動!

実は以前読んでいた時には暗唱をしていた本なので今回も暗唱かなと思うけど、明らかに一単語一単語考えて丁寧に読んでいたので、文字を追って「読んで」いるんです。

他の本は???と読ませてみると25冊中10冊読めましたjumee��faceA158 ホントいつの間に…
ところどころ「will」とか「Mars(火星)」とか、R太郎が普段使わない言葉は詰まってたけど、フォニックス読みでなんとか近い発音で読んだり。

で、これはいいな~と思ったのは、そんなママの助けを借りながらでも読めた一文は必ず通してもう一回読むんです。つまり、

「We....... will... fly... to...... M..ar..s.」

と単語毎に時間を掛けて読んだ後は、ちゃんと
「We will fly to Mars!!!!」

と続けて読むんです。これはママが提案したわけではないけど、最初の読み方だけで終わっちゃうと、単語を読んでいるだけで文章を読んでいる感じがしないので、聞いている方も「、、うん、、、、うん、それで?」とずっと力を入れながら聞くことになるし、R太郎ももう一度続けて読む方が達成感があるのかな?と。

そういえば、前に図書館でたまたま会った男の子が、自分の妹とR太郎に絵本を読んでくれた事がありました。そのお兄ちゃんはひらがなが読めるようになったばかりらしく、「む、、、か、、、し、、、あ、、、るーー、、と、、、こ、、、ろ、、、に、、」と読み始めました。すごく一生懸命なんだけど、2歳児の2人はそれに耐えられるはずがなく、その内お兄ちゃんから離れて行こうとしました。するとお兄ちゃんは「読んでいるんだから聞いててよ!!!jumee��faceA76」と泣きながらまたひらがなを拾い読み、ママ達2人で困った経験があります。

日本語だって、英語だって、読み始めはきっとみんなこうなんですよね。でも、一文読めたら通して読み直してみると、どんな文を読んでたかわかるし、本人だって頭の中で文字の羅列が文章に見えてくるんじゃないかと思いました。

そして今回こうやって読んでいったおかげなのか、一冊終わってもう一度読み直すと、今度はさっきよりある程度流れよく読めるようになっていました。


25冊もあるので、読めた本の表紙にシールを付けてあげると、「他のももっと読む!」と次々にチャレンジ。むむむ、、、これから読みブーム到来の予感。R太郎が読めそうな赤ちゃん絵本を、本棚からピックアップしとこ♪


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
読み聞かせ会オフ会
昨日の夜から物凄い暴風雨。
いつも参加している丸善丸の内店の英語絵本読み聞かせ会の開催が今日だったので、行けるのかとても心配でした。

このイベントは無料だし予約制でもないので、普段ならきっと見送っていたと思いますが、今日は学生の頃の友達のucha、ブログ友達のモトさん、りおままさんの英語育児仲間が集まると聞いたのでぜひ行きたいな~と。

でもお昼には天気も落ち着き、お出掛けには何の支障もなくてホッ。読み聞かせ会も思ったより多い参加者でした。


今回のテーマはLauren Childの絵本。

最初にMayuka先生が読んでくれたのはこの本でした。
I Will Never Not Ever Eat a TomatoI Will Never Not Ever Eat a Tomato
(2000/09)
Lauren Child

商品詳細を見る


食べ物の好き嫌いが多いLolaと、その妹思いのお兄ちゃんCharlie。お兄ちゃんの作った空想で、Lolaも最後は色んなものが食べれるようになります。


この本を読む前に、Lolaが嫌いな野菜も載っている絵辞典も見せてくれました。R太郎は、この絵辞典と1冊目の本までは興味を持って見ていました。

今回は、最初からMayuka先生の近くの前方で大人しく座って聞いていました。この読み聞かせ会では、毎回歩き回りの常習犯で絵本の前に行くことも少ないので、少しは成長したかな~と思いきや、やっぱり集中力は1冊で終了。午後3時という時間がお昼寝タイムに引っかかっちゃうってこともあって、毎回ちょっとスリーピーなR太郎ですjumee��faceA149

その代わり、他のブースで展開していたOxford Reading Tree(ORT)のフェアーでサンプルが読めるようになっていたので、読み聞かせ会の輪から離れてママが立ち読み聞かせ…jumee��faceA109

これとか…
Oxford Reading Tree: Stage 1: First Words: Six in a Bed (Oxford Reading Tree)Oxford Reading Tree: Stage 1: First Words: Six in a Bed (Oxford Reading Tree)
(2008/01/10)
Roderick Hunt
商品詳細を見る

これとか…
Oxford Reading Tree: Stage 1+: Patterned Stories: the Headache (Oxford Reading Tree)Oxford Reading Tree: Stage 1+: Patterned Stories: the Headache (Oxford Reading Tree)
(2003/09/11)
Roderick Hunt
商品詳細を見る

これとか…
Oxford Reading Tree: Stage 4: More Storybooks: The Balloon: Pack A (Oxford Reading Tree)Oxford Reading Tree: Stage 4: More Storybooks: The Balloon: Pack A (Oxford Reading Tree)
(2003/09/11)
Roderick Hunt
商品詳細を見る


なんかやっぱりママと1対1の方が楽しそうに聞いてくれました…。ああ、、、いつかあの輪の中に入って、Mayuka先生の質問やギャグなんかに笑って参加してくれるといいんだけどなぁ。などと思いながら読んでいると、見知らぬ参加者のママさんから声を掛けられました。

「あの、、、もしかして苺ママさんですか? ブログをいつも読んでいます。」と!

ちょっと驚いたけど、とっても嬉しかったです!jumee��fun2Ljumee��fun2R
ベビーカーにお昼寝中の2歳の息子さんを乗せたそのママさんは、私達が毎回丸善に出没している記事を読んで、ここに来れば会えるかな~と思っていたそうで!

そうこうする内にいつの間にか読み聞かせ会も終わり、参加スタンプだけはしっかり押してもらい、しかも参加6回目のプレゼントもゲット。English Landのトートバッグでした。もう機嫌が悪くて「Thank you」も「ありがとう」も言わずに貰ったプレゼントでしたが、実は本人は気に入ったらしく、その後帰宅するまで肌身離さず持っていましたが(笑)


いつの間にか雨も止んでいて、声を掛けてくださったママさんも含めて大人数でビルの外のフリースペースまで大移動。子供達が仲良く走り回っている横で、温かい飲み物片手にママ達はまたまた英語育児談議ができました♪

強風が治まったとはいえ、ここは丸の内ビル街。ビル風があまりにも強くて切り上げた時にはもう5時近くになっていました。

帰りの駅でふと空を見ると、前回の読み聞かせ会帰りの同じ時間よりもずっと明るい青空が雲の間から顔を出していて、次の読み聞かせ会は春の暖かさを感じられるのかなーと待ち遠しくなりました。これからの時期は、ママ達の英語談議も更に長くなるかも知れませんjumee��faceA63


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

おうちCAP【Light Blue_03】終了
そうそう、随分前に録ったおうちCAPの第3課題。えっと、、、ああ、、、もう2週間も経っちゃったんだ!まずいまずい、せめてライトブルーCAPだけは絶対に最後までやり遂げたいんだったわ(^^;)


●おうちCAP【Light Blue_03】
 課題:Talkalong 3
 トークアロングカード(食べ物)から3枚(又はそれ以上)
 単語あるいはセンテンスを言う


【第3課題→ �A�b�v���[�h�t�@�C�� 音声データ

「milk: The milk is white.」
「ice cream: This is an ice cream corn.」
「apple: The apple is red.」


「This is an ice cream corn.」の“an”がちょっと怪しいけど合格でいっかな~jumee��faceA173

最近、DWEユーザーさんのブログでCAP音声を載せている方々の音声を、とても参考にさせていただいています。その中でCAP録音の最初と最後に“Hello!”“Thank you! バイバ~ィ! ”と入っていたりして、爽やかでいいなぁと思ったり。

そう言えば我が家にある中古CAPBook付属の合格者サンプルCDの音声にも入ってたっけ。今は3文を一気に録音しているわけではなく、沢山の音声の中から上手く録れた物だけを繋ぎ合わせてるので、後付けで“Thank you! バイバ~ィ! ”も繋げるのは変だけど、その内1課題を一気に録れるようになったら、この終えた後の余裕の爽やかフレーズも入れたいな♪

…と、中古ユーザーの甘々CAP判定員は一人で夢想するのでありましたjumee��faceA103


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

お散歩レッスンと文字遊び
昨日は英語教室。天気が良く、今月のテーマが街で見かける物なので、初めてのお散歩レッスン。てっきりいつものように“お散歩ごっこ”かと思った苺ママ。みんながコートを着て靴を履きだしたので慌てて支度しました(^^;)

うちの英語教室は繁華街にあるので、“traffic light”“crossing”“bus”“truck”なんて外に出れば難なく見つけられます。みんなでカードの単語を見つける度に「I see a traffic light! The color is red!」とか言いながらお散歩しました。教室の周りを一周しただけだけど、子供達の顔と言ったらみんな教室の数倍楽しそうに笑っていました♪

レッスンが終わり、帰る前に待合室にあったABCブロックを見つけたR太郎が「J's J!(J先生の“J”だよ!)」とJ先生にアピールすると、先生が暫くつきあって遊んでくれました。

こういう時、張り切っちゃうタイプのR太郎jumee��faceA63
「T is Tiger.」とTとTigerが書かれたブロックを先生が指すと、「and T is Ten!」と言って先生を驚かせました。気を良くしたのか「and T is Traffic light!」と早速習った単語も披露。綴りを教わったわけではなく「トゥ」の音から「T」で始まるとわかったわけで、これにはママもビックリ。

その後、「 C is Cockpit!」とか、なんかいかにもJ先生が驚きそうな単語をいくつも披露。J先生もママも、止まらないR太郎にただただ驚くばかり…。


でも、それだけじゃありませんでした。
家に帰ってからもまだ文字に対する執着は続きました。
ダイソーのアルファベットマグネットで遊んでいたR太郎。

昨日キッチンのボウルを使って、ボールをキャッチする遊びに夢中だったので、ママが「This is a BALL, and this is a BOWL」と言いながらアルファベットを置きました。こんな感じ↓

BALL
BOWL

そしたら、「Oh! What's this?」と、「BOWL」の「B」を取るんです…

おおおおおおぉ!これはぁ!!!!jumee��faceA156
What's This?とママ。

にこっと笑って「It's a(n) OWL! (フクロウだよ)」

す、すごいよ!
驚いているママに今度は「Oh! What's this?」と「BALL」の「B」まで取りました!

こ、これはぁぁぁぁ!jumee��faceA156
What's This?とまたママ。

今度は困った顔で「It's a(n) アルル? (アルルかな?)」
読めなかったけど、偶然でも驚いた一件。

ボードの上には

ALL
OWL

と言う字が残っていました。
こういう力、何か伸ばしてあげられるといいなぁjumee��faceA155


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

図書館でお取り寄せ
昨日書いた記事『図書館の蔵書を一括検索』で都内図書館の蔵書からOxford Reading Tree(ORT)を検索するも、借りに行くにはちょっと遠い区にしか置いてなかったよぉ、、、と嘆いていた苺ママですが、その記事を読んで うめ★hiroさんが「区外の図書館からでも取り寄せてもらうことができると思います。」というコメントを残してくださいました!

え~!!!そんなことができるんだぁ!
2年間通い続けていたのに全く知りませんでした…

最寄りの図書館に問い合わせてみると、区外の本の取り寄せは窓口のみでの申し込みだということ。また、予約日も届け日も通常よりは遅くなるそうです。一応Stage1~5まで予約してみたけど、今チェックしたら1~3に予約が沢山入ってるわ…しかもStage4と5は予約申請したのに入ってないって事は、苺ママの予約はまだ提出されていない模様。ブツブツブツ…

昨日は予約0件だったと思うので、このブログの影響力かしら?と嬉しかったり悲しかったり…
まぁいいです。ブログに書いてなければ、お取り寄せ情報も頂けなかったわけだし、情報は廻すと自分にも良いことがあるものです♪(←前向きぃ)
と、今日もこんな記事書いちゃってる苺ママjumee��faceA149


最寄りの図書館に行った後、隣の区の図書館にも予約しておいた絵本を取りに行って来ました。この絵本のつもりが…
Two Little TrainsTwo Little Trains
(2001/04/24)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る

↓↓↓↓↓↓
この本でした。

『Two Little Trains』
表紙の写真がなかったので日本語版はこちら。
せんろはつづくよ (岩波の子どもの本)せんろはつづくよ (岩波の子どもの本)
(1979/01)
マーガレット・ワイズ ブラウン

商品詳細を見る


アマゾンのコメントによると『Goodnight Moon』の作者Margaret Wise Brownさんが1947年に出版した絵本に、2001年に新しい挿絵作家さんで出版し直したそうなのですが、新版のDillon夫妻の挿絵を楽しみにしていたのでママはちょっとガッカリ。オリジナルの挿絵作家Jean Charlotさんも『おやすみなさいのほん』とか、ペン書き風の味のある絵ではあるのですが。。。

で、どうせ返却しに来なきゃならないんだし、他の洋書絵本もさらに数冊借りちゃいました♪
早速夜、R太郎に読んであげるとこの本が気に入って何度か読まされました。

Goodnight, GoodnightGoodnight, Goodnight
(1980/08)
Eve Rice

商品詳細を見る


あ、これも写真がなかったので、日本語版↓

おやすみなさいおやすみなさい
(1995/11)
イヴ ライス

商品詳細を見る


この絵本、黒い鉛筆の濃淡だけで描いた絵に月と光だけに黄色い色がついていて、街が眠るちょっと前の時間の様々なシーンが描かれていて素敵。表紙から想像するより可愛らしい感じの挿絵です。文字も1ページ2行だから、寝る前の読み聞かせにピッタリだと思いますよ。

R太郎は、我が家の窓から見えた月を指して、「It's a beautiful moon! この本と同じだぁ~」と言っていました。見ると今日は綺麗なまーんまるの月。調べてみたら明日の夜が満月だそうです。こんなに月がはっきり見えるんだもん。今夜は寒いですね…みなさま、風邪など引かれませんようにーGoodnight… �������������i���K���K�j�m

↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
図書館の蔵書を一括検索
Oxford Reading Tree(ORT)が安くて読める方法はないかと検索していたところ、図書館でも借りられる館があるという記事を読みました。そうか、、、その手があったか、、、、

早速、区の図書館サイトで検索してみましたが、うちの区にはない模様。ならば、と最寄りの区立図書館を検索してみましたが、どこにもありませんでした。

そんな作業の中知ったのが、都内の図書館の蔵書を一括検索できるサイト。

『東京公立図書館横断検索』

自転車とかで行ける地域にORTがあれば、そこまで借りに行こうかとも考えたけど、結局ありませんでした…

でも苺家からは遠いものの、都内にもORTを蔵書している区がありましたよ~! 悔しいけど、もしやと思われる方は検索してみてくださいjumee��faceA130



洋書絵本を図書館で借り始めて2年近く経ち、そろそろ区内の洋書絵本のラインナップも見えてきました。自宅にいながら、本の検索や予約、延長手続きができる今の図書館のサービスは本当に助かります。こんなに便利なのに、各自治体の図書館のサイトを検索するのを面倒くさく感じるようになった自分の怠慢を感じつつ、これからはここで他の区の蔵書も一気に検索しようかなと思いますjumee��faceA103

それから東京以外でも同じ様なサイトはあるようです。Yahoo!で『図書館横断検索』と入れると出るかも知れません。
→『図書館横断検索』というキーワードの結果


今日は保育園のお迎えの途中に、隣の区でこの本をピックアップしてくる予定。楽しみです~♪

Two Little TrainsTwo Little Trains
(2001/04/24)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

無料クラシックコンサートへ
日曜は、渋谷の東京都児童会館で開催された『こどものためのクラシックコンサート』へ出掛けました。

このコンサートは英語育児仲間のモトさんと、りおままさんから先日教えて貰った情報。結構本格的ということでワクワクしながら、午前中お仕事だったパパと合流して家族3人で行ってきました。

このコンサート、なんと無料なんです!
1ヶ月に1度くらいの頻度で開催されるらしいのですが、休憩も入って1時間半の楽しいコンサートがタダ!

今まで子供連れでもOKなクラシックコンサートに行きたいなぁと思いながらも、今回が初めての苺ファミリー。会場10分前に到着するも、入場を待つ列は思っていたほど長くなく、席も自由に選べました。少し迷ったけど、今回は全楽器が見渡せる後ろ寄りの席ではなく、演奏者の方々が間近に感じられる前から4列目の席に座ってみました。

コンサートは楽曲もわかりやすく盛り上がり、司会の女性のお喋りや楽器クイズみたいなものも織り込まれ、アットホームな雰囲気。演奏中も、そこかしこから泣く声や喋る声が聞こえますが、それはお互い様!相当ぐずらないと気にもなりません。

最初は大人しく聞いている子供達もずっと盛り上がっていられるわけではなく、最後は寝てしまっている子も多いみたい。R太郎も最初は手を叩いたり、目を見開いて指揮者の動きを追っていたけど、後半は「帰るぅ!!!!」と泣いた後寝ちゃいました。

起きた後に入ったレストランでは、「天井が高かったね~」「Violinが、おっきいのもちっちゃいのもあったね~」(←楽器名は英語教材で知る機会が多いので、英語発音で言うことが多い) と音の違いを口で再現したり、相当刺激を受けたのは確かなようでした。

20090309
↑休憩時間中。楽譜が気になったらしい(^^)


こういうクラシックコンサート体験ってなかなか敷居が高そうだと思っていたし、観に行ってどれくらい聞いてられるのか心配だったけど、今回は行ってみて本当に良かった!
これから、出来る限りこのコンサートに行ってみたいなぁと思いました。

今日は時間がある時に、昨日のプログラムを見ながらYouTubeで同じ楽曲を探したいと思います♪
ついこの前YouTubeで一緒に観たこの曲が最後のアンコール曲だったのに、R太郎が寝ていたのだけが悔やまれますが…


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
[レッスン30回目] grumpy R-taro
昨日は英語教室の振り替えレッスンでした。

何度か振り替えで参加しているので、この土曜日のクラスにも慣れてきた様子のR太郎。先生がいつものJ先生なので、またまた先生に甘え放題。本の読み聞かせタイムは先生の膝の上で聞いていました。(最近はいつもこのポジションjumee��faceA103

レッスン中は率先して「Me next, please!(次にやらせてくださ~い!)」と大きな声で手を挙げるようになったR太郎ですが、そのやる気と同時に、終わる時間になるとテンションが急降下するようになりました。レッスンが終わるのが嫌だからなのだと思いますが、『Goodby Song』も最近は歌った試しがないし、ダラダラで、時々「面白くなかった!」といったりカナ~リ感じ悪いjumee��faceA169

J先生もわかってくれているようで、土曜日の日本人コーディネータさんに「R太郎は終わる時間はいつもこうだから、心配しないで。」みたいな事を説明してくれてましたjumee��faceA110

教室から出ても、まだまだご機嫌ななめ。コート着ない!靴履かない!帰らないと階段でジェル状化していたR太郎に、「Oh! R-taro! Are you grumpy?」と他のコーディネータさんに声を掛けられるくらい。

この「grumpy」って単語、ママは最近この絵本で知ったばかりなので、こういう状態のことを「grumpy」っていうのねと密かに嬉しかったり♪
「気難しい、おこりんぼ」っていう意味なんですね。
その通りです~jumee��faceA106

 
Dear Zoo: A Lift-the-flap BookDear Zoo: A Lift-the-flap Book
(2007/05/08)
Rod Campbell

商品詳細を見る


いつもは平日なのでレッスンの後、家に帰ってママはお仕事、R太郎は家で英語モード!っていうのがお決まりなんだけど、昨日は土曜日だったからお買い物へー
でもレッスン後はあまり連れ回さないほうが良いなと後悔しました。テンション高すぎ&フル英語モードで、とてもお買い物ができる状態ではなく…

J先生の英語教室がよっぽど好きなんでしょうね…
それも残すところ後3回。
4月になって「J先生の所に行かないの?」って聞かれたらどうしよう、と切ない気持になります。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

限定!ミッキーマウスクラブハウス弁当
4月から通うことになったプリスクールのランチは、スクールランチかパンか家からのお弁当。今までの保育園では給食だったし、遠足もお弁当を園で作ってくれたので、我が家には子供用のお弁当箱はありませんでした。

プリでは遠足の時はママが作って持って行くみたいだし、ランチも毎日頼んでもいいんだけど、時間のある時気が向いた時(笑)に作っちゃう?とか、浮き足気味に子供用お弁当箱選びを始めました。

苺ママはキャラクター商品って好きじゃなかったんですが、英語育児を始めてミッキー、トーマス、ジョージ、最近はスポンジボブまで、R太郎がキャラクター大好きなようなので最近はキャラ万歳!抵抗感が薄らいでしまいましたjumee��faceA59

で、お弁当箱を探すも、フォークやお弁当袋を全部同じキャラで揃えると2,000円以上。英語の絵本にも関係があるものがいいなぁと『はらぺこあおむし』『リサとガスパール』を提案したけど、「カッコ悪い!コワイ!」と却下されるし…

トーマスやプラレール以外に何かないかなぁと考えているところに、セブンイレブンからこんな商品が発売されました。

『数量限定!ミッキーマウスべんとう 1,800円』

コンビニ弁当で1,800円って高っっ!
と思ったら、お弁当箱、フォーク&スプーン(ケース付)、お弁当袋もセットされたお値段でした。お弁当も付いて(?)このお値段は逆に安いです。柄もケーブルテレビで二カ国語放送をしている『Mickey Mouse Clubhouse』のミッキーと仲間達。

R太郎に見せると、「これでもいい」というので予約。
(↑本当はトーマスが一番いいのかなjumee��faceA109


今回は予約だけで、お弁当は4月4日(土)の午前中に最寄りのセブンイレブンへ取りに行きます。その日はそのまま家族でピクニックへいくつもり。晴れて、桜でも咲いていたら最高なんだけどなぁ��̖�


【そういえば持っていた絵本】
「道具を選んで進む」という行為自体が購入時は難しくてお蔵入りに…。今なら理解できるかも!

Over the River (Disney Early Readers)Over the River (Disney Early Readers)
(2007/06/01)
Sheila Sweeny Higginson

商品詳細を見る


ケーブルテレビに未加入の我が家でも、『Mickey Mouse Clubhouse』は観ることができます。もちろん二カ国語放送です♪
●テレビ東京の番組
●東京MXの番組

言語レベルは置いておいて、内容はもうそろそろ理解できる歳になってきたかな? これを機に番組も見せてみようと思います☆


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

長新太さんは右脳に良い?
1歳の時にほとんどのアルファベットが読めるようになったR太郎。日本語にももちろん興味はありそうだったんだけど、ひらがなは読めませんでした。まだ読めなくてもいいかなー、とは思ったけど、あまりに英語の読みの方が先に進んでしまいそうなので、カルタで遊びながら、ひらがなも教えてあげることに。

それで一番最初に買ったのがこのカルタ。
へんてこかるたへんてこかるた
(2004/12)
石津 ちひろ

商品詳細を見る


う~ん、なんで最初にこのカルタjumee��faceA110
R太郎が長新太さんのシュールな本が大好きなことと、「物事は真っ直ぐから見るだけじゃないんだよ」というメッセージを込めて☆

だってこのカルタ、長新太さん独得のヘタウマな絵と石津ちひろさんのこれまたヘンテコな文が合体した商品名通り「へんてこかるた」。

お:おひさま オペラで 「おめでとう」
い:いぬが にゃーにゃー なきだした
え:えびが こっそり おとそを あじみ
す:すいかは さかだち れんしゅうちゅう
て:てんしの やきいも おいしそう
る:るびーが きゅうに いえでする

常識さえもまだ知らない2歳児にこれはどうなんでしょう(笑)
それでもR太郎はこのカルタが大好きで、ほとんどの文章を覚えてしまいました。

そんな孫の姿を見て、「もっと普通のカルタを買ってあげてよ」と苺グランマから言われ、1年振りに新しいカルタを買いました。

それがこれ↓
日本のことわざかるた日本のことわざかるた
(2002/11)
西本 鶏介

商品詳細を見る

いもとようこさんの絵と言い、大人なら誰でも知っている諺の数々と言い、「へんてこカルタ」とは対照的(笑)

先週このカルタが届き早速やってみると、70%ぐらい取ることができました!い、いつの間にひらがなが読めるようになってたんだ…?
前のカルタでは、てっきり絵札を覚えて取っていると思っていたのでビックリ!

でも、一番面白いなと思ったのは「さるも きから おちる」を取った時でした。

「お猿さん木から落ちてるでしょ~。

20090304B

でも、こうするとジャンプしてるね~。変だね~」だってjumee��faceA60

20090304A

『Five Little Monkeys Jumping on the Bed』みたいなんだって。そうそう!そう言う色々な角度からの視点を持つのは良い事よ~jumee��faceA130

これは『へんてこかるた』効果かしら?
やっぱり侮れない、長新太さんのへんてこシリーズなのです…



【R太郎お気に入りの長新太さんの絵本】

■へんてこライオン シリーズ
どうしたの?へんてこライオン (おひさまのほん)どうしたの?へんてこライオン (おひさまのほん)
(2006/03)
長 新太

商品詳細を見る

■イカタコさん シリーズ
イカタコつるつる (講談社の創作絵本)イカタコつるつる (講談社の創作絵本)
(2004/01)
長 新太

商品詳細を見る

■どうぶつ どどいつ
どうぶつ どどいつ―おもしろことば あいうえおどうぶつ どどいつ―おもしろことば あいうえお
(2003/05)
織田 道代長 新太

商品詳細を見る



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

Happy Girl's Festival!
日曜に近所の公園で遊んでいたら風邪を引いてしまいました…
鼻ジュルジュルで集中力のない、とんだ雛祭りですjumee��faceA149

ひな祭りと言っても、もうお嫁に来てから長~い時間が経っているので、何段飾り!なんてことはしないけど、毎年小さな雛人形を出している苺家。今年はババから貰った昔の三人官女を玄関に飾ってみました♪

20090303


背景の絵はR太郎画伯による『Flower & Ladybird』(笑)



友達から借りているWKEのStage3のDVD。話を聞いていた通り、音量がバラバラ…。シーン毎だけじゃなくて歌とセリフが入っているようなコーナーでも、歌の音量に合わせて観ているとセリフが聞き取りにくいなんていうのもありました。、、、、ま、私が文句を言える立場ではないのですがjumee��faceA109

でも、テーマ的にはStage3は好きです。
Express Myself. Be a Little Artist!
(自己表現して、アーティストになろう!)
積み木や工作などをしながら“何に見える?”“次は何色だ?”と、今まで出て来た基礎単語を使いながら、創造力をプラスした内容。

教え込むだけじゃなく、一人一人表現することを促しながら言葉を乗せて行く感じ。大きい紙に手を使って絵を描いたり、ボール紙でマンモスを作ったりと大胆な工作シーンも沢山入っていて楽しい♪

毎回新しいステージのDVDを観て暫くすると、何か影響を受けた行動を始めるR太郎の今回の行動が楽しみになってきましたjumee��faceA59


それにしても、Stage3を観ているとネフ・スピール
が欲しくなります…
「ネフがついてるからWKEを購入した」というユーザーさんが多いのも頷けますjumee��faceA114


そうだ、ここ数日の新しい発語。
「Sure!(もちろん)」
「I wanna~(~がしたいな)」


「Yes!」でも「I want to~」でもない、どちらもカジュアル英語?苺ママはこんなネイティブ風英語はR太郎に対して使ったことがないんだけど、どこで覚えたのかな~? 新しいWKEにでも入っているのかな? 後で調べてみようと思いますー


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
お友達と、おうちイングリッシュ!
昨日は、英語ブログのお仲間モトさんとJ君親子が初めて我が家に遊びに来てくれましたjumee��faceA130

今月はモトさん親子との親睦強化月間? パパが忙しいのを良いことに、土日となれば英語イベントに参加していますjumee��faceA59子供達もこれだけ英語イベントで会えば「英語を喋るお友達」として考えているのか、遊んでいても以前より沢山英語が口から出て来るようになりました。

モトさんのおうちに遊びに行った時は、WKEのCDかけ流しでアニマルマットやミミ達のパペットで盛り上がったので、今回はDWEのプレイアロング(PA)とズィッピー・アンド・ミー(ZAM)をiTunesでエンドレスでBGMに。この2つの教材は、まだメイン教材を使える年齢でない子供達用のママやお友達との簡単な英語の遊びを集めたDWEの副教材です。R太郎はこの二つが大好き!最近までDVDと言えばこの二つしか見ていませんでした。0歳から3歳ぐらいの子供達には断然オススメです!


ただ単にお友達と遊んでいただけではあるんだけど、「英語」という視点で思い返してみると結構盛り沢山。今回はお友達とだったので更に盛り上がったけど、おうちでママともできる事ばかりなので紹介したいと思います♪(DWEとWKEのユーザーさんにはお馴染みの遊びばかりですが。)


●動物あそび(1)

この本で動物を探しました。
Jungles (Nature Hide & Seek)Jungles (Nature Hide & Seek)
(2008/12)
John Norris Wood

商品詳細を見る
ジャングルの中の動物たちを探すのですが、難易度が物凄く高いものもあって、大人から子供まで楽しめます。もちろん2歳児でも十分楽しめるし、見つけると「I found it!(みつけた!)」ととっても嬉しそう!
J君はTigerやLeopard(豹)を見つけると「Roar~(ガオォ~)!」と吠えてくれますjumee��faceA155
この叫び、会う度にどんどん上手くなっているのが驚き!なんていうか、どの音も母音で終わる日本語とは違う、カタカナで書けないような英語の「Roar!」。
英語の音を日々聞いているからだと思うんだけど、耳で聞いていたことが段々ちゃんと発音出来るようになって来たな~と感心。3歳を前に二人とも耳と口が繋がってきているように感じます。
(→この本の詳細日記)


●動物あそび(2)

その流れで、WKEでお馴染み「Be a tiger! (虎になって)」というと、二人とも「Roar!」とか「シャー!」と虎に。Lion、Deer、Turtle、Owl、Snake、Frog…そして出ました“Rabbit owl”や“Lion snake”の架空の動物(笑)
こんなリクエストにも「Ho~Ho~」と鳴きながらぴょんぴょん跳んだり、工夫しているところが最高!
20090301B
↑Snake中のお二人さん。


●ワークブック&工作

りぃママさんのブログで知ったこのワークブックBig Preschool Workbook。ワークブックはまだ早いとは思ってるんだけど、円高のこの時期に買っておこうと購入したもの。今は少し高くなったようですが、320ページオールカラーのボリューム。J君がやりたいと言った宇宙飛行士の迷路のページをコピーして2人でクレヨンで遊びました。渦巻きをStartからGoalまで辿る迷路はすぐ終了~。
その後、クレヨンで色を塗ったり色紙を切って貼ったり、ワーク自体ハサミで切り刻んで「Spider!」を作ったりと二人とも思い思い。
「Scissors!」「Cut, cut! 」「Tear, tear! 」「Glue, glue! 」「Stick, stick! 」…
WKEのStage3には工作をするコーナーが多いようですが、好きなものを作りながらだと、こういう言葉はスッと入ってくると思います。


●クッション遊び

R太郎がクッションを別室から持って来たので、家にあるクッションを並べてみるとこれが大興奮!

20090301A

図らずも、BGMではプレイアロングの『Around The Chair』(クッションの上に乗ったり椅子の周りを回ったりする歌)が掛かっていました。ずっとPAとZAMが掛かってたから遊びたくなったのかも?jumee��faceA60

二人で「Over the pillows」「Jump on the pillows」で、体力が燃え尽きるまで走り回ってましたjumee��fun2Ljumee��fun2R


●粘土遊び

クッション遊びで疲れ果て、もうそろそろお開きに…というところで、R太郎が粘土を持ってきて「みんなで作ろう!」というので最後は粘土遊び。プリスクールより忙しいカリキュラムですjumee��faceA109
苺ママが作ったワニに「Crocodile」「Alligator」と答えてくれたり(この違い、どうもよくわかりませんっ)、R太郎がお団子の中にまた違う色の粘土を入れて「What's inside? Can you guess?(何が入っているでしょうか?)」と聞いたり、モトさんが作った“Candle”の火を子供たち二人が吹き消したり、最後らしく和やかな雰囲気で締めることができました。



本当に二人にとってはただ遊んでいるだけに過ぎないんだけど、二人の共通教材DWEとWKEのフレーズや歌をちょっと拝借すると、英語苦手ママたちでもこんなに楽しくおうちイングリッシュができるものなんだと改めて感じました。

そして、またまたモトさんにWKEのStage3をお借りしてしまいました~
モトさんいつも本当にありがとうjumee��faceA172R

おうちCAPを始めて最近DWE漬けだったR太郎も、また暫くはWKEブームが続くんだろうと思うとまた楽しみです☆


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ