苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
おうちCAP【Light Blue_05】終了
何度も書いていますが、我が家は様々な教材に手を染めようとも(笑)、週三回プリスクールに通うことになっても、DWEだけは地道に続けて行こうと決心しています。

ママ&パパと英語で触れあえるプレイアロングに始まり、R太郎がこれだけ英語が好きになったきっかけも、かけ流し効果で随分話せるようになったのもDWEのおかげだと思うし、なんといっても中古で落札したとは言え大枚叩いてますからjumee��faceA110


で、CAP BOOKに沿って課題にチャレンジする「おうちCAP」の久し振りのUPです。物凄くゆっくりペースだけど続けるぞ~jumee��faceA131


●おうちCAP【Light Blue_05】
 課題:Talkalong 5
 トークアロングカード(お風呂の時間)から3枚(又はそれ以上)
 単語あるいはセンテンスを言う

【第5課題→�A�b�v���[�h�t�@�C�� 音声データ


「bathroom: This is a bathroom.」
「splash: What a big splash!」
「take a bath: Minnie is taking a bath.」


「What a big splash!」は最初「Big!」と勢い余って言っていますが、これは「splash!(ばしゃーん!)」の勢いにつられたことにしておきます(笑)

実はこの録音は1ヶ月近く前に録ったもの。録音するのも時々しかしないのに、それを編集してアップするのはなかなかできません。CAP卒業はいつになることやら…
正規会員のみなさんはこの録音&提出&判定待ちを続けていって卒業なんですよね。でも、それによってCAP(レベル終了の帽子)を貰えたり、それをイベントに被っていったりとモチベーション維持にもなりますね。

ライトブルーCAP終了まであと4課題。最後はプレイアロングから3曲も歌わなければなりません。出来るのかな…。で、できちゃったら我が家はCAP終了で何をしよう?jumee��faceA103



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ







日本人英語に決めました!
前回書いた日記『アメリカ英語?イギリス英語?』で、R太郎に米英どちらかの英語をメインで聞かせた方が良いのかどうか悩んでいた苺ママ。

この日記は、ブログでもリアル環境でも反響があり、「学校でも習うアメリカ英語が良いのでは?」「いや、美しい言葉とされるイギリス英語が良いのでは?」「あんまり気にしないでいいかも。」等々様々なご意見をいただきました。

どうやら思っていた以上にそれぞれの国によって相当違うらしい。苺パパも最初はあまり興味がなさそうだったのに、アメリカ人のお友達に会った時にこの話題について聞いてくれたのですが、

答えは「英語は本当に色々な種類があって日本語の様にひとつではないし、R太郎は結局は日本で英語教育を受けた日本人。米英どちらの英語に決める必要はない。」というものでした。

う~ん、、、
実はこの答えは最初苺ママには少し不満で、「日本で英語教育を受けた日本人」ではあるんだけど、せっかくこれから英語を教えるなら混乱させるよりもどれかメインで触れさせた方がいいんじゃないの?と思ったり。




でも、頭を冷やして考えてみたんです。
我が家はバイリンガル教育をしているとはいえないけど、どんなにバイリンガルだったとしても、日本ではなく海外で生活している子供だって、日本人の両親を持った子供なら「日本文化を背負った日本人」(←コメントをいただいたバイリンダディさんのお言葉)。使う言葉でその人のバックグラウンドを判断されるのであれば、R太郎は間違いなく日本で育った日本人としてちゃんと判断されて欲しいわけです!

日本人として判断されるように教材を選ぶ必要もないし、触れさせるDVDも気にしなくて良い!なんて楽な答えなの~(笑)


きっとこれから色々な英語のその違いに出会うことも多いでしょう。親子して戸惑うこともあるのでしょう。でも、そんな違いを認識することによって、世界の広さや自分の位置を感じられるのかも。「なんだか変だね~」なんて笑いながら、「僕の知っている英語はこうだよ。」なんて話も弾む?

そんなことを色々想像していたら楽しくなって来ちゃいました♪
英語を勉強するってやっぱり面白い!
今回の一件で、言語以上に意識していきたい日本人としてのR太郎(もちろん苺ママも)の姿も考えるようになりました。



ところで、苺パパはアメリカ人のお友達に「R太郎か?L太郎か?」という疑問も聞いてくれたのですが、これも「別にどっちでもいいけど、日本語でラ行は“R”と決まっているんだから“R”でいい。」ということ。

これについても何となく期待していた答えと違うので不満だったのですが、「それにしてもそんな事を気にするなんて、R太郎は何歳なんだ?」と笑われたらしいです。

こんなちっちゃい事で日々悩んだり元気が出たりの苺ママですが、コメントをいただいてそれにより色々考える機会もあり、英語育児をやってて良かった、ブログをやっていて良かったとまた思うのでした。



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ






アメリカ英語?イギリス英語?
ゴールデンウィーク中に借りた『Charlie & Lola』のレンタルDVD。きかんしゃトーマス、サンダーバード以来のヒット?という程よく観ているので、この前借りれなかった1巻目も借りて来ました。

チャーリーとローラ 1 [DVD]チャーリーとローラ 1 [DVD]
(2007/11/21)
ローレン・チャイルド

商品詳細を見る


もちろんこれも大喜び!
7つのお話を何度も何度も繰り返し観ています。



このDVDの1話目は、原作の絵本がイギリスのケイト・グリーナウェイ賞を受賞した『I Will Not Ever Never Eat a Tomato』 も映像化されています。

で、それを観てまたまた大興奮だったんだけど、
「あれ?」とR太郎。

「『I Will Not Ever Never Eat a “トマート”』だって。日本語みたいだね~」

ほんとだ~
日本語では“トマト”、英語では“トメィト”と違いが分かってきたR太郎ですが、チャーリーとローラは“トマート”と言ってる!!!!

調べてみると、イギリス英語では「トマート」に近い発音なんですね!知りませんでした。
「チャーリーとローラや(きかんしゃ)トーマスのお国では“トマート”だけど、(おさるの)ジョージのお国だと“トメィト”って言うんだって」と教えると「ふーん」と納得いかない様子。



それからはママが「トメィト」と発音すると「トマートだよっ!」と直されますjumee��faceA105

今まで、アメリカ英語とイギリス英語を特に考えもなくごちゃ混ぜに触れさせていましたが、こうなるとどっちかメインで聞かせた方がいいのかなぁ、とも思ったり。

R太郎のプリスクールでは、アメリカ英語圏とイギリス英語圏の先生がいて、以前は担任制をとっていたそうですが、イギリス英語担当の子供がアメリカ英語を聞いてわからなかったりしたそうで、今は持ち回りで教えてくれています。同じ英語でもそんなに違うんですね…

我が家は、特にイギリスに強い思い入れがあるわけでもないし、イギリス人との付き合いがあるわけでもないので、メインとして選ぶならやっぱりアメリカ英語でしょうか?R太郎がイギリスアニメばかりが特に好きそうなのは気になりますが(笑)




そんな事をあれこれ考えていたら、このDVDの特典にタイムリーな映像がついていました。

チャーリーがアメリカ英語で喋りなさいと言われ、イギリス英語で「Post Box」というポストをアメリカ英語「Mail Box」と言おうとして、笑ってどうしても言えない…

こんなに違うのかな?アメリカ英語とイギリス英語。
実際に使っている人達の感覚ってどんなものなんでしょうね~?



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ







今週1週間
1日置きに通っているプリスクールも、今週は他の週の振り替えのためほとんど毎日。その他にも、じじ&ばば&おじ集まっての1ヶ月遅れの誕生パーティー等大忙しのR太郎でした。

バースデーケーキはお店で買いましたが、プレートは「Happy Birthday! L-Taro」と「R」ではなく「L」にしてもらいました。(その理由は『L太郎に改名?』で。)

自分の名前は「R」ではなく「L」だと得意げに説明するR太郎。パーティーの始まりも、苺パパに耳打ちされながらも何と日本語&英語でご挨拶しました。じじ&ばばだけでなく、毎日一緒にいる苺ママもオドロキの成長!三歳になって急にお兄ちゃんになった気がします!




プリスクールの方は、行きのバスだけはママと離れるのを少し嫌がるけど、R太郎なりに調子は出て来たみたい。園で英語を喋ったりしているのかな…とずっと疑問だったのですが、昨日バスに乗って来た園長先生から「R太郎君は賢いですよぉ。レッスン中もずっと英語で話していて、ご自宅で勉強されているんですね。」と言われました。褒められると親子共々必要以上に舞い上がっちゃうので、帰り道は2人でウキウキでしたjumee��faceA172R



なかなか充実した忙しい1週間。
夜、モトさんからのバースデープレゼント、WKEのアーティストブックに入っていたシールで遊びました。

このシール、可愛すぎるので本物を使いたくなくて、スキャニングして使っています。普通紙にプリントしているのでシールではないのですが、、、jumee��faceA103

「ママ、切るのお手伝いして!」と選んだものをママがハサミで切り、R太郎がそれを折り紙に糊で貼るということしました。時間を掛けて出来上がったのがこれ↓

20090523A

「可愛いね~!素敵ね~!」なんて褒めていると、
「後ろに違うの作る!」とR太郎。

言われるまま、また文字を切ってあげると…
20090523B

「THE END」 これで、お~しまい!(笑)


今週はお疲れさまでした~jumee��faceA155



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ







L太郎に改名?
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、このブログの右下(スクロールした一番下)に「人気記事ランキング」のブログパーツをつけてみました。

このブログ全記事の中でどの記事がよく読まれているかがわかるもので、読んで下さっている方々の興味がわかるし、これで昔書いた記事でも面白ければ埋もれることがなくなるかなと思っています。

取り付けたばかりなので最新記事が上位なのは当たり前なのですが、「ダイソーのアルファベットマグネット」という半年も前に書いた記事が上位に上がって来ました。この記事は以前からキーワード検索でも多いのでやっぱりな~という印象。



そんなに興味を持たれる話題なら、後日談(という程ではないけど)でも書こうかと思います。

苺ママはミーハーなので、お友達の好意に甘えて次々と教材等々試しています。R太郎もママが持ってくる物なら割となんでも食いつくタイプなので、ブログを読んでいると「やってみて良かった!」みたいな話が多いかと思うのですが、実は数週間数ヶ月経つと飽きて全くやらなくなってしまう物も多いんです。書きっぱなし、煽りっぱなしでこれはいけないなぁといつも思ってはいるのですが。

でもR太郎君、このダイソーのアルファベットマグネットは飽きません!最近は単語を見ると自らこれを持って来て見ながら並べてみたり、思いついた単語を次々作ってみたり。本当に文字が好きなんだなぁと驚かされます。

数日前、R太郎に「ママ見て~!」と呼ばれて行くとこんなのを作ってました。

20090519


ウレタンで出来ているので半年経った今でも汚れたり崩れたりしていないし、5セットもあるから何単語か並べてもアルファベットが不足したこともありません。5セット買っても500円でお買得~♪


以前からアルファベットを見て単音のフォニックスは発音できましたが、最近ではこのマグネット効果からか、音を聞いてアルファベットを強く意識しているみたい。

「ペィパァー(paper)は“パッ”だから“P”だよ。」とか「ダディー(Daddy)は“ダッ”だから“D”」とマグネットを持ってきます。

そして先日のこと。自分の名前の綴りについてこんな事を言い出しました。

「ママー。R太郎くんはね、“ぅろぉ”じゃなくて“ロォ”でしょ。
(発音が日本語で書けないけどこんな感じ↑)
だから“R”じゃないよ、“L”だよ」


R太郎の発音する“L”もまた日本語の発音とは全然違うんだけど、RよりLの方が自分の名前に近いらしいんです。そう言われてみればそうかも。

試しに“La Li Lu Le Lo ”とキーボードで打ってみたら“ぁ ぃ ぅ ぇ ぉ”と「あ行」の小さい文字になってしまいますが。どうなんでしょう?R太郎はL太郎と改名するべきなんでしょうか?????(笑)


最後はアルファベットマグネット話からちょっと外れてしまったけれど、我が家では大活躍のアイテムです☆




↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ






3歳0ヶ月のR太郎【まとめ】
3歳になって物事の理解度がぐーんと増し、自我も強くなり嫌な物はイヤ!とはっきり自己主張するようになりました。幸い英語に関しては拒否される事はまだないのですが、今までのようにママ主導でコントロールはできなくなるのかも。
それでもこれも成長として喜び、この反抗期を楽しまなくちゃね~jumee��faceA149

そして4月になってブログ更新を週1、2にすると宣言した苺ママも、結局この一ヶ月は2日に1回のペースで書いてますjumee��faceA109



【3歳0ヶ月のR太郎】

●プリスクールが始まる。
 最初は園でも泣いていたものの、
 園生活に慣れ楽しそうに通っている。

●『Mickey Mouse Clubhouse』をよく観ている
 以前観た時より内容を把握して参加している。

Oxford Reading Tree(ORT)のStage4と5を図書館で借りる。
 思っていたほど難しくなく、Stage4も読める物も

「. (ピリオド)」に気づく

WKEのグローバルショーに行く。

パパのアメリカ人の友達と会い、英語を乱射(笑)
 「なんだか悔しいな~」と言われる。

●グアムに初海外旅行。出来るだけ英語を使ってみる。
 ホテルのプールの監視員さんに英語で
 30分ほど無料スイミングレッスンを受ける。

●グアム土産のボードゲーム『CANDY LAND』で毎日遊ぶ

絵本を映像にした作品をYou Tubeで観て
 その本を読んで貰うのがブーム。

『Charlie & Lola』のDVDが大のお気に入りに。

●1月から12月まで言えるように。



土曜日、またまた英語育児ブログ仲間のモトさんとりおままさん親子が我が家に遊びに来てくれました!いつものように、喧嘩したり仲良くしたりでワイワイ楽しく過ごしたし、子供同士も少し英語で話してたりして良かったです♪

ひとつ心残りだったのが、みんなでグアム土産のボードゲーム『CANDY LAND』をやろうとしたに、R太郎だけが集中できず結局ゲームが出来なかったのこと!せっかく他の二人は大人しくゲームを始められそうだったのに~

家では毎日楽しんでいるだけに残念…
ムラのあるお年頃。次回に期待ですぅ。




↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ








関連記事
プリスクールの遠足
R太郎の通い始めたプリスクールでは、毎月遠足があるらしいです。毎月遠足ってすごい!と思ったけど、4月はイースターのエッグハンティングに少し遠い大きめの公園に行っただけだったので、前の保育園では「お散歩」と呼んでいたレベルの物も(笑)

だけど今月は動物園へ遠足に行って来ました!
年少さんより上の子はスクールバスで行けるのですが、R太郎の学年は親付きじゃないと参加できないそうなので、ママもウキウキで付いて行くことに。

朝、現地集合(お弁当持参)は辛かった~(^^;)
あれ?私、幼稚園に入れるとしても手の掛からない楽な園を選びたかったんじゃ?と思うほど、うちのプリスクールは手が掛かります。自宅勤務といえども、暇な今だから付き合えるような気がする…
それでも、既にこの大変さが心地よくなってる自分に驚いたり(^m^)



現地ではクラス毎に動いたので、先生や同じクラスのお母さん達ともゆっくり話せてママとしては大収穫でした。上の学年の子がどのくらい英語を喋っているかがよく聞けなかったのが残念だったけど。

R太郎はというと、家を出る前は超英語モード!「I'm going to ○○ Zoo!」とかペラペラ沢山話してたのに、プリスクールの子供たちと合流するとほとんど喋らなくなってしまいました。。。。
いっつもこうなのかな~と思っていたら、ネイティブの先生も「R太郎はおとなしい子よ」と言っていたので外ではこうなのかも。そう言えば、保育園でも「ジェントルマン」と良く言われていたっけ。

ま、でもママに聞こえる範囲で英語もちょろっと喋ってたし、お友達とも少しだけ関わりを持ってたし、R太郎なりに楽しんでいたと思うけど。
そして解散後2人だけになると、再び英語モードになってしまうんだなー(笑)



ママ達と話して意外だったのは、家ではほとんど英語教育をしていない人ばかりだったこと。みんなの話しが本当だとすると(笑)、我が家は物凄く英語漬けだなぁ~
そんな中、我が家の取り組みをいきなり話せなくて、「英語のDVDと絵本を読むくらい」と控えめに話しちゃった苺ママ。「すご~い!」と言われて、余計話せなくなっちゃいました(^^;)

でも、感じの良い人ばかりでホッ。ママの勝手な想像では、英語プリスクールは付き合い辛そうな親が多そうな気がしていたので(ほんと、勝手な想像…)
これから少しずつ仲良くなりたいと思ってます♪


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ







グアム土産1: 双六ゲーム『CANDY LAND』
はーい!予告通りグアムで買ってきた英語関連のお土産紹介です♪

今はAmazonなどでは日本でも現地と同じぐらいの価格で買えるので(時々現地よりお安かったり^^;)値段を調べるのがコワイ(笑)。しかも行った場所がアメリカ本土ではなくグアムの観光地。結局あまり買ってこなかったのですが一応いくつか紹介したいと思います。



まずはずっと欲しかったボードゲーム。K-martで見つけました

日本のAmazonの取り扱いはありませんでしたが、アメリカAmazonからなら買えます。



苺ママは小さい頃からボードゲームが好き。みんなでボードを覗き込んで「あれ?パパのコマは何処だっけ?」「次、誰の番?」なんて言いながら手で動かすのって、テレビゲームとはまた違う楽しさがありますよね♪

R太郎とも早くそんなボードゲームがやりたくて、それなら英語のが欲しいなーと。3歳児でも出来そうなものって双六みたいなゲームかなぁと思っていたら、ありましたありました!!!!

この『Candy Land』は昔からある人気のボードゲームらしいです。
札にはRED、YELLOW、BLUEなどのマスが1つか2つ描かれていて、引いた札の色のマス目まで自分のGingerbread Manharuを進め、お菓子の国(Candy Land)を通りながらCandy Castle�L���b�X��を目指すだけ。

色の札以外にお菓子の絵�A�b�v���[�h�t�@�C��が描かれた札もいくつか入っていて、それを引くとそのマスまで行かなければいけないとか、Licorice Candy�r�X�P�b�gのコマでは一回休みなどの妨害も少しだけありますが、3歳児の集中力が続く範囲でゴールに上がれるようなゲームです。ゲームのルールも説明してわかるかな?という心配も何のその、ほとんど前に進むだけですから(笑)

アメリカのゲームと言っても基本的な色の名前とお菓子の名前が出てくるぐらいだけど、すべてが英語で書かれているってだけで英語モードになるみたい。「It's your turn, Mummy!(次はママの番だよ!)」とか言いながらとっても楽しんでます。



こうなると苺ママもゲーム用語を少しは仕入れたいところ。少しずつ調べては使っています♪

It's your turn. :あなたの番よ
Shuffle the cards :カード切って
Draw a card :カード1枚を引いて
Lose one turn  :一回休み


【CANDY LANDのドーラちゃんバージョン】







↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ





グアムでも敢えて英語を話そう!(笑)
20090511



グアムに行って来ました♪

5年ぐらい前に叔父の会社の家族会で参加したビンゴでグアムペア旅行が当たったものの、なかなか行けずに旅行代のみ貰った苺夫婦が、R太郎も3歳になったことだし行ってみるか~と急に決まったグアム旅行。GW中になんとか仕事を終わらせ、海、プール、イルカウォッチング�C���Jと、のーんびり楽しく過ごしてきましたぁ�G���������͂��Ă�������
(実際、3歳児とのーんびり過ごすのはとっても疲れることだったのですが����


ハワイもそうだと聞きますが、グアムって英語を話せなくても日本語だけで通せちゃうんですね。みんな日本語を話せるし、看板も大抵日本語で書いてありました。

でもまぁ折角英語圏なんだし、事ある毎にR太郎には英語を喋るように仕向けてみました。“Thank you!”“See you!”“One orange juice, please!”とかその程度ですけどjumee��faceA59

すると日本語で話すより、よりフレンドリーに色々話してくれるんです☆



ホテルのプールでのこと。
家では長風呂BoyのR太郎は水が大好き。初プールになのに大声で英語を叫びながらプールに何度も飛び込んだり、潜水したり…。家での様子を見る限りこうなるんじゃないかと予想はしていたものの、それ以上の興奮振り!

苺ママはプールサイドから見ていたのですが、「飛び込み禁止」の看板の横にいたアメリカ人監視員の男性�n���[がパパとR太郎に近づいてきました。うわっ!怒られると思ったのも束の間、「英語が喋れるの?君は人間の子じゃなくて魚の子だね!ニモnimoみたいだ!」と言われたらしく、そこから監視員さんのレッスンが始まっちゃいました(笑)

何度も飛び込ませたり、その後パパの所まで泳がせたり、潜水連続4回!足はBicycleじゃなくてStraightだとか(笑) ちょっとスパルタ?

彼の投げたリングを潜って取らされたり(←これは何度やっても出来てビックリ)、ビート板や浮き棒等々次々と小道具も出て来て、R太郎も「Up and Down!」とか言いながら真剣に英語でレッスンを受けてましたjumee��faceA63

GWのピークも終わり監視員さんも暇だったのかも知れないけど、英語を少しでも喋れたからかな?とも思ったり。みんな日本語で喋り掛けてくれるけど、英語で話してみるともっとイイこともあるのかな?



低レベルではあるけど、パパ&ママが英語を喋っている姿を見せられたことも良かったと思います。日本にいたら英語を喋る必然性はほとんどないし、特にパパが知らない人達と英語を喋る姿はR太郎にとって初めての体験。
何かしらの刺激は受けたんじゃないかな?



さて次回の日記では、グアムで買った絵本やオモチャについて少し書く予定。、、、といっても、金額的には扱いさえあれば日本のアマゾンや楽天で買うのと変わらなそうだったので、金額チェックするのが怖いんですがjumee��faceA51



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ








グアムへ行ってました
実はちょっと遅いGWを取ってグアムへ家族旅行に行き、今帰ってきました~

いただいたコメントに答えたり、旅行の事も書きたいのですが、、、
疲れてしまったのでそれはまた明日にさせてください(^^;)

ではお休みなさい(^o^)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ






絵本をYouTubeで観る。
前回の日記で書いた今一番ブーム中の「絵本を映像で観る」。うちにある絵本の映像作品をYouTubeで観ています。


我が家で観ている絵本映像はどんなものがあるかというと、、、


Goodnight Moon 60th Anniversary EditionGoodnight Moon 60th Anniversary Edition
(1977/10/26)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る

朝観ても眠くなりそうな、優しく暖かい絵本映像です。
『Goodnight Moon』のYouTube映像はこちら→




Dear Zoo: A Lift-the-Flap BookDear Zoo: A Lift-the-Flap Book
(2007/05/08)
Rod Campbell

商品詳細を見る

WKEのDVDにも映像が入っている『Dear Zoo』。
こちらはメロディーに乗せて歌い読み(?)しています。
『Dear Zoo』のYouTube映像はこちら→




The Very Hungry Caterpillar board bookThe Very Hungry Caterpillar board book
(1994/03/23)
Eric Carle

商品詳細を見る

英語育児には欠かせない一冊(?)。エリックカールの絵本映像はYouTubeに沢山載っているので、色々検索してみてください。
『The Very Hungry Caterpillar』のYouTube映像はこちら→




Papa Please Get The Moon For Me (Classic Board Book)Papa Please Get The Moon For Me (Classic Board Book)
(1999/10/01)
Eric Carle

商品詳細を見る

そしてこちらもエリックカール作。絵本の方も仕掛け本でダイナミックなシーンを感じられますが、映像も絵本とは違うアングルから映してみたりとイメージが広がります。
『Papa Please Get The Moon For Me』のYouTube映像はこちら→



Harry the Dirty DogHarry the Dirty Dog
(1956/06)
Gene Zion

商品詳細を見る

『どろんこハリー』は苺パパのお気に入りの本。R太郎ウケはまだイマイチですが、映像は観ています。
『Harry the Dirty Dog』のYouTube映像はこちら→




Where the Wild Things AreWhere the Wild Things Are
(1988/11/09)
Maurice Sendak

商品詳細を見る

これが一番のお気に入り!!!!
初めて見せた時は映像を怖がるんじゃないかとヒヤヒヤしたけど、大好きな絵本だからか大興奮で繰り返し観ています♪
『Where the Wild Things Are』のYouTube映像はこちら→



既に知っているお話ばかりなので、それが映像になって動いたり音楽がついたり、読み語りも素敵な声ばかりでもう夢中!最初は、せっかく絵本の世界でイメージを膨らませているのに、映像で簡単にイメージをつけてしまっていいの?とも思ったけど、映像でまたさらにさらに絵本の世界に入り込んでいけるよう。絵本の方もさらに何度も読むようになりました。

それから、ママの読み聞かせの参考にもなります。うちにあるのはどれもCD付きではないので、わからない単語や文章の意味など、後で調べようと思って、いつも読み聞かせの途中で「あー調べ忘れた!」とテキトーに読んじゃってます(^^;)。だけど、こうやって絵本映像を何度も観ていると「こういう風に読めばいいんだ」とわかるんですよね。

映像に比べればママの発音やイントネーション、演技力などなど、、(^^)超低レベルなんだけど、ありがたい事にやっぱり最後はパパ&ママの読み聞かせが一番!のようで、そんな読み聞かせでここ最近はすやすやと眠りについてくれています。



知っている絵本を映像でみる。
オススメで~す!


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ





GW前半は
前にも少し書きましたが、我が家は古い家を自分たちで少しづつ手を加えながら住んでいます。「自分たち」といっても、ほとんどが苺パパがやっているのですがjumee��faceA105

GWということもあって、パパが寝室の一部に手を加えて大きな本棚スペースを作ってくれました。これでR太郎の本ももう少しすっきり収まりそうです♪
R太郎も「パパ、Kipperみたい~!」とピョンピョン跳びはねてました!

この本でKipper一家は古ーい家を直すからでしょう����
些細なことでも絵本と被る経験はいつも喜びます。

Oxford Reading Tree: Stage 4: Storybooks: the Secret Room: Biff Finds a Secret Room (Oxford Reading Tree)Oxford Reading Tree: Stage 4: Storybooks: the Secret Room: Biff Finds a Secret Room (Oxford Reading Tree)
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る





レンタルDVDショップに久し振りに出掛けました。
R太郎用に洋画DVDも4本。一番受けているのはコレです。

Charlie & Lola 2 [DVD] [Import]Charlie & Lola 2 [DVD] [Import]
(2006/09/05)
Daniel MayersClementine Cowell

商品詳細を見る


以前、丸善の読み聞かせ会で読んで貰った時はまずまずの反応だったのですが、その後公式サイトですっかり「ちょーりー&らうら 見たい~」と好きになったR太郎。この本、BBCのTV番組でも放送しているそうで、絵本が原作ということですが、映像の方が先かな?と思うほどPOPで可愛いビジュアルと音楽�n�[�g


絵本が映像に、、、といえば、R太郎の好きな絵本の映像をYoutubeでいくつか観ていて、これが今一番のブーム。苺ママの読み聞かせでは発音やイントネーションが間違いだらけなので、ママの参考にもなって良いです。

とは言え、絵本は映像より読み聞かせが一番だし、R太郎も結局はママに読んで貰うのが好きなので、あくまでも映像はサブで♪

これについては改めて書きたいと思いますjumee��faceA172R


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ




ルー語炸裂
この不況ですっかり仕事の減った苺ママも、ここ数日急に忙しくなっていますjumee��faceA172R

だけど今はゴールデンウィーク。R太郎が1日中家にいる…
折角なので遊んであげたいし、そういう予定でもいたんだけど、お仕事がいただける内が花!������パパや苺グランマに遊び相手をお願いしてママはひたすらパソコンに向かっています。

、、、、が!そんなこと許してくれる筈がない3歳児。ママの服や椅子を引っ張って遊ぼうと誘い、椅子に登って背中に抱きつき、よじ登り、最後は肩車状態!それでも仕事を続けるママです。

こんな仕事スタイルありえな~いjumee��faceA76
SOHOってどこもこんなもの?
3歳児ってみんなこんなん???



愚痴はさておき・・・・
最近のR太郎はルー大柴みたいな英語と日本語がチャンポンの言葉(ルー語)を話しています。他のブログを読む限り、ある程度英語を覚えて来た子供達によくある現象らしいので、一度は通る道とは思っていますが、プリスクールに入ってからはルー語炸裂といった感じ。

「Mummy~! Look at me! R太郎君がJumpingするよ~」は、まだ序の口で
「ねえねぇ、Toysを持ってStairsをUpしようよぉ」とか
「Bathtubでswimした後countするの楽しい~♪」
みたいなチャンポン振り。う~ん�����

プリスクールで英語漬けになっているから日本語の発達が遅くなる。こんな事だけには絶対なってはならない!

プリに通い始めて1ヶ月だけど、実はママとしてはこの環境がとても気に入り始め、もしかして来年も1年通わせるのもアリかな…なんていう考えまで出て来ているので、その為に母国語が疎かになるなんてこと、今までウチの子に限ってと思ってたけどちょっと心配にもなります。


家では日本語の絵本も図書館から借りてどっさり読んでるし、語りかけだってなんだかんだ言ってほとんど日本語。でも、何かやっておいた方がいいのかなぁ~と毎朝の日本語プリントなぞやってみることにしました。

好きな動物を指さす問題。
R太郎:「Lion!(英語発音)」
苺ママ:「日本語では?」
R太郎:「ライオン!」
苺ママ:「じゃ、この動物は?」
R太郎:「Monkey!」
苺ママ:「日本語だと?」
R太郎:「おさるさん!」
苺ママ:「じゃ、この動物は?」
R太郎:「Sheep!」
苺ママ:「日本語は?」
R太郎:「・・・・」
苺ママ:「えっ(^^;)  ひ、ひ、ひ…」
R太郎:「ひつじ!」
苺ママ:「じゃ、この動物は?」
R太郎:「Squirrel!」
苺ママ:「日本語は?」
R太郎:「・・・・カンガルー?」
苺ママ:「 !!!!!jumee��faceA156


リスを見てカンガルーとはやっぱりマズイ?
取り敢えずプリントを毎日一緒にやって、様子見ですjumee��faceA105


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ