苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
バイリンガルキッズのオフ会へ
土曜日、プリスクールのバザーがようやく終わり、バザー係だった苺ママは燃え尽きヘトヘトだったのですが、どぉぉぉぉぉ~しても行きたいイベントが日曜日に開催されました。参加しようかギリギリまで迷った末、苺パパの後押しで行く事にしました!!!

そのイベントとはkids+momsさん主催のmixiオフ会。「4歳の壁」や「3歳半の英語拒否モード」など物議を醸した(?)前回9月のオフ会以降、mixiのコミュでは次回の対策を提案する書き込みがとても熱く。ブログ村親子英語でお馴染みの方々も多く、、、

、、、これは、もう行かなければ!!! と決意。

前回の経験を踏まえて、まず今回は「ママ達は最初の3時間、原則英語を使う事」。このコミュには英語講師をされているママから、英語はとにかく苦手というママまでいるのだけど、「苦手はわかっている、困ったらみんなで助けるから3時間は頑張ろう!」というルール。

そしてポットラックランチをとりながら英語でのアクティビティーをできるだけ散りばめる。英語が苦手ママも絵本を持ち寄り読み聞かせに挑戦する。


結果、面白いほど子供達は英語モードになり、本当にみんな楽しそうで目がキラキラ☆していました! やっぱりママが英語を使っていなければ、いくら言っても子供は英語を話すはずがない!
う~~ん、行って良かった!!!


R太郎は、DWEを卒業したばかりのお兄ちゃん(スカラシップも取ったそう!)の素晴らしいスピーチを目の当たりにし、「R太郎くんも次にやる!」と鼻息荒く飛び入り参加!(°∇°;;;;) エッ
もちろん準備もしていないので、何を喋ろうか壇上で困るR太郎…。ママが助け船を出していくつか質問をし、「My name is R-Taro. I'm three years old. I live in Japan!」と発表して終わりました(笑)
こんな事ならもう少し質問を考えてあげれば良かった、、、(^^;)

しかも次にバイオリンを弾いてくれたお兄ちゃんにも刺激を受け、「R太郎君はGuiterが弾ける!」と前に出たがる始末…。←ジジの家のウクレレをそれらしく弾く程度です(^^;)

まだまだ実力はないけど、やりたい気持ちだけはいっぱいみたいなので、こういう場で刺激を得て次に繋がるといいな♪


あまりのパワフルなオフ会で書きたい事もまだまだあるのですが、きりがないのでこの辺で。それにしても、我が家から1時間半近く掛けて出掛けたこのオフ会。遠くても頑張って行って良かった!次回もぜひ参加したいと思います!!!


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


良書探しのママ多読 (5冊目)
読んでは書いて、最近頻繁にブログを更新していますが、時間が経つと忘れそうなので書き記しておきます。



Elmer and the Dragon (My Father's Dragon)Elmer and the Dragon (My Father's Dragon)
(1987/11/12)
Ruth Stiles Gannett

商品詳細を見る

●ストーリー
無事ドラゴンを助け出したElmer、ドラゴンの背中に乗り家に帰る途中嵐に遭います。疲れて羽を休めた島でまたまた起こる物語…

●語数/ママ多読の総語数
6,835語/27,011語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 3.5 (レベル3)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
読み聞かせは5歳ぐらいから




今回は予告通りエルマーのぼうけん3部作。2作目です。図書館で借りて読みました。

今回もちょっとお節介Elmer少年の人助け物語。2週間も行方不明でお父さん、おかあさんが心配してしてるぞ~(笑) ←どうも母の目線で読んでしまっていけない…(^_^;)

読んだ皆さんからアドバイスをいただいたように、この3部作は続いているので最初から順に読んでいった方が良い本です。(一応“これまでのお話”という粗筋がついてはいます。)


【関連記事】
『My Father's Dragon』
 3部作第1作目の本紹介


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
バザーの準備
今週末、R太郎のプリスクールでバザーがあります。
ひょんなことからバザーの準備係になってしまい、今日は夕方からプリスクールへー

ママ達が準備している間、子供達は別室で大人しくしてるなーと思ったら、当日売る手作りジンジャブレッドクッキーを次々生産中。2時間ほど集中して作っていました♪

それから、R太郎はどうやらプリスクールでもマイケルジャクソンの歌とダンスを一人地道に練習していることが判明。先生のギターに合わせてなりきっていたという他のママの目撃情報を得ました(笑)
バザー係なんて大変で面倒だけど、いつも行かないだけに実際に園に行って他のママ達と交流するのもいいもんだ~と実感。



ところでプリスクールに行く途中、近くのブックオフに寄ってみると洋書売場が拡大されていました!6冊600円のお買上げ。最近、自宅近くのブックオフの洋書コーナーがなくなってしまったので、これは助かる!プリスクールに直接行く事も少ないけど、来たらまた覗いてみよっと(^o^)

今回購入の目玉商品。子供向けチャプターブックで人気の『Magic Tree House』5~8巻のセットボックス。

Magic Tree House Volumes 5-8 Boxed SetMagic Tree House Volumes 5-8 Boxed Set
(2002/05/28)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る


またまた“良書探しのママ多読”用の本です。1巻からじゃないところがこれまた微妙…(^^;)
これも1巻から読んだ方が良いのでしょうか?読んだ事のなる方はアドバイスをお願いしま~す!

さて、そんな皆さんのアドバイスをいただいて、図書館で予約したエルマーのぼうけん2作目が届きました。こちらの方は読んだらまた記事にしたいと思います♪


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ



良書探しのママ多読 (4冊目)
次は『My Father's Dragon (エルマーのぼうけん)』シリーズの3作目を読もうと思っていましたが、読んだ方々にアドバイスをいただき、やはり2作目を読んでからにしました。子供が読むのと同じ目線で読みたいですものね(^^)b

図書館で予約を入れましたが、一足先に図書館から届いたずっと簡単な本から。『Frog and Toad』と同じ作者Arnold Lobelの本です。



Owl at Home (An I Can Read Book 2)Owl at Home (An I Can Read Book 2)
(1982/09/29)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

●ストーリー
森の中に一人で暮らす、ちょっと臆病で寂しがり屋のフクロウOwlの日々を綴った短編集。5話のどれもがププッっと笑える微笑ましいお話です。

●語数/ママ多読の総語数
1,491語/20,176語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 1.4 (レベル1)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
読み聞かせは3歳ぐらいから



森に住む生き物が主人公だということも、そのキャラクターがちょっと間の抜けた癒し系だということも『Frog and Toad』にそっくりな本。文章や単語の難易度も読みやすさも変わりません。『Frog and Toad』が好きな子には、きっと受けると思います!

違うのは、フクロウだけに夜のお話ばかりなこと。夜起きているから友達がいないんでしょうね(笑) 
舞台が夜だからベッドタイムストーリーにピッタリかも♪

チャプターブックに分類するには簡単すぎるので、たぶん絵本に分類される本なのでしょうが、ママ多読の記録として書いておきました(^-^)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

I want to see the animal's poo-poo!
連休最終日、苺パパと児童会館のオーケストラ公演でも聴きに行こうかと予定していたのですが、

「I want to see the animal's poo-poo!」
(動物のうん○が見た~い!)

とR太郎(^_^;) 今図書館で借りているこの本を読んでから、動物の糞に興味津々です(汗)

う・ん・ちう・ん・ち
(2003/04)
なかの ひろみふくだ とよふみ

商品詳細を見る


この図鑑絵本、写真がとっても綺麗(?)で匂い立って来そうではありますが、気持ちが悪くならないのが不思議。、、、でも子供を育てていなければ読むなんてアリエナ~イ本だったとは思いますが。。。。

ところで、うん○は幼児の英語で「poo-poo」、おしっ○は「pee-pee」とプリスクールでも言っています。動物の糞の場合は何て言うんでしょう?

goo辞書では

excrement; feces; shit; 《牛・馬の》dung; 《鳥の》droppings.

と書いてありました。
すると、タイトルのR太郎の叫びは
I want to see the animal's dungs!
が正しいのでしょうか? それから複数形でOK?
どなたかご存知でしたら教えてくださ~い!!!


そうそう、動物園から帰ったR太郎。どの動物が良かったか話していると「R太郎君は象のうん○が面白かった!パパとママはどのうん○が好きだった???」ですと…。まあ、それを観に行ったんだからいいか(笑)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
良書探しのママ多読 (3冊目)
良書探しのママ多読も早くも3冊目。自分でも意外なスピードで読んでいますが、これは児童向けチャプターブックばかりだからですね(^^;)



My Father's Dragon (My Father's Dragon Trilogy)My Father's Dragon (My Father's Dragon Trilogy)
(2005/12/27)
Ruth Stiles Gannett

商品詳細を見る

●ストーリー
話し手の父・Elmerが幼い頃、ある年老いた野良猫と出会います。Elmerはその猫から、ある島に捕らわれて島の動物たちから虐待を受けている赤ちゃんドラゴンの話を聞き、助けてあげようと冒険旅行に出掛けます。

●語数/ママ多読の総語数
7,385語/18,685語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 3.5 (レベル3)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
読み聞かせは5歳ぐらいから



これもブックオフで200円で購入。日本でも有名な児童書『エルマーのぼうけん』3部作の1冊目です。

苺パパが小さい頃何度も読んで大好きだった本なので、我が家に日本版が3冊ともあります。、、、でも実はママは読んだ事がなかったのでしたー(^^;)

絵本のような挿絵も美しいし、Elmerが冒険する島の地図も描いてあり、情景がよーくわかる文章。小さな子供達は読んでいてワクワクすると思います。

冒険自体はレベル1のロールプレイングゲームをプレイしているようなシンプルな物だと感じたのですが、パパ曰く「エルマーは何て良いアイデアを次々考えつくんだ!」と感動の展開だったとか。島の中を追われながら探検するというのもドキドキするそう。

ふむふむ。特に男の子にはこういう冒険ものは受けるんでしょうね~
ちょっと冷めてる? そんな事もないんだけど。
ただ、ドキドキ感より追いかけてくる動物たちの滑稽さが面白かったママでした。

文章自体は案外平易。ただ、その割には知らない単語や絵本などでよく使われる幼児用単語(?)が多いように感じました。


余談。苺パパと原書を手に話していたら、「どうしてママは後ろから読んでいるのかと思った!(笑)」と。なるほど、日本語版は縦書きなので原書とは逆なんですね! 挿絵も見比べてみると、動きのないものはそのまま使われていましたが、Elmerが歩いていく方向は原書は左から右だけど、日本語版は右から左に反転してありました。日本語版と見比べるのも面白い♪

そして次回予告。ブックオフで3部作の3作目『The Dragons of Blueland 』も一緒に買いました。2作目だけ手元にありません。3作目を先に読もうか、2作目を家にある日本語版で読んでからにしようかちょっと迷うところ…。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

ご近所のバイリンガール♪
土曜日は英語教室で同じクラスだったOちゃんと久し振りに近くの公園でピクニック。夏に会って以来のOちゃんは4歳。とってもお姉ちゃんになっていてビックリ! 英語教室の時は二人ともおむつのベイビーちゃんだったのにね~(笑)

実はOちゃんも他のプリスクールに通っているので、ちょっとママ達が英語で話し掛けると二人のスイッチがすぐオンになって英語で遊び始めます。R太郎のプリスクールの友達と近所の公園で遊んでも英語で遊ぶ事はまずないのに、Oちゃんとは前回もこんな風だったから不思議。

ピクニック後は我が家でクリスマスツリーの飾り付けを二人でやってもらいました♪

20091122b

ママもお互いのプリスクール事情や、小学校に入ってからの英語維持&日本語の遅れなどについて情報交換ができてとっても有意義な一日でした!折角バイリンキッズがこんな近くにいるんだからもっと会う機会を作りたい(^o^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今お友達から借りているWKEステージ5のDVD。確かにステージ1~3までのように「ミミみたい!」と何度も何度もせがむ事はなくなりました(^^;) 親から観るとクオリティーは変わらないと思うのですが、、、

それでもR太郎が好きなのはStep Up DVD。そのステージのまとめでミスター・クラークが登場します。今回は、虫眼鏡で地球儀を覗くと世界のダンスが見えるというお話。早速R太郎も、今ブームの虫眼鏡で地球儀を覗き、なにやら踊っておりました(爆)

WKEは英語を習得することの他に、こんな風に文化の違いなどを楽しくそれとなーく感じられるんですね。そんな所が他にはなかなかない良い英語教材です♪

そんなミスタークラークがいつも言うダジャレ。
See you later, aligator.
これR太郎のお気に入りなんですが、これには続きもあるそうです。

See you later, aligator. In a while, crocodile!

お後がよろしいようでー


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


良書探しのママ多読 (2冊目)
R太郎がいつか読むだろう良いチャプターブック探し。2冊目は親子英語でもお馴染みクリフォードの本です。



Clifford Saves the Whales (Clifford Big Red Chapter Book)Clifford Saves the Whales (Clifford Big Red Chapter Book)
(2004/03)
Josephine PageNorman Bridwell

商品詳細を見る


●ストーリー
飼い主Emily Elizabethの遠足に勝手について来てしまう大きな赤い犬Clifford。遠足の目的はホエール・ウォッチング。クラスのみんなは港でクリフォードと別れ、クジラを観に船に乗ります。さてクジラ達に会えるかな?

●語数/ママ多読の総語数
2,300語/11,300語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 1.2 (レベル1)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校低学年(本書には5~7歳と記載あり)




これもブックオフで200円で購入。
Clifford Big Red Chapter Bookシリーズの一冊です。

チャプターブックと言ってもどのページもカラーのイラスト入りで、チャプターブックの体裁をした絵本という印象。これからチャプターブックを読み始めようという子供向けです。

内容は鯨の種類や生態、ホエール・ウォッチングとは?そこで本当に起こったアクシデントなどをCliffordのキャラクターで一つのストーリーしてあります。少し詰め込みすぎて物語の深さに欠けるところがある気もしましたが、平易な文章で知識を得ながら読めるというのは、いかにもスカラスティック社の本らしいなと。


さてさて、次回は子供向けチャプターブックの王道?『My Father's Dragon (エルマーのぼうけん)』を読んでみたいと思います。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

3歳6ヶ月のR太郎【まとめ】
今月の成長のまとめです♪
今月は英語拒否モードはどこへやら。本~当に英語に前向きなR太郎でした。先月は散々ブログで“4歳の壁”前の英語拒否モードなどと書いてすみません、、、、


【3歳6ヶ月のR太郎】

●名前を右から左に鏡文字で書く。
 鏡に映すと筆跡も同じ!

●プリスクールでハロウィンと運動会。

●PBSの幼児向け科学番組『SID THE SCIENCE KID 』
 夢中になる。腐ったモノ探しや虫眼鏡がブームに。

●プリスクールの先輩ママから飛び級の話を聞いて
 心揺れるママだったが、R太郎にきっぱり断られる。

●マイケルジャクソンの映画『THIS IS IT』を家族で観に行く。
 結局半分しか観られなかったものの、
 マイケルの歌や踊りは毎日練習(^^;)

●ママの“良書探しのママ多読”開始。
 いつかR太郎が読むことになるような本を
 ママが読んで、自分の英語力向上にも繋げて行きたい♪



英語の絵本もどんどん自分で読みたがっています。こうなると日本語にも興味を持って欲しいなぁと。英語がこれだけ読めるようになったんだから興味さえ持てば、すぐに読めるんじゃないかと思ってはいるんですが、、、 ひらがなもカナリ微妙(^_^;) 
聞かれたモノしか教えないというスタンスを取っているので、いつまでママがそれで我慢できるかってところです。

それから、“良書探しのママ多読”はママ自身も新しい事を始めるということでワクワクです☆


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


良書探しのママ多読 (1冊目)
先日、ブックオフ白金台店で何冊か仕入れた簡単なチャプターブック。早速一冊読んでみました♪

その時にも書いたように、「多読による苺ママの英語力の向上」が目標ではなく、いつかR太郎が読むことになるような本を選んで読み、「良いチャプターブック探し」をするつもり。続けていく内にママの英語力もつけば一石二鳥!

一番最初に読んだのは、多読の影響を受けたモトさんオススメのこの作家、Jacqueline Wilsonの本。モトさんがブックオフで見つけてくれました☆



The Cat MummyThe Cat Mummy
(2002/07/04)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る


●ストーリー
父、祖父母、猫と暮らす女の子Verity。彼女が生まれた時に亡くなった母のことを、未だに悲しみを引きずる家族は話したがりません。でもVerityは自分が不幸だとも思わなければ、母に会いたいとも思っておらず、毎日楽しく暮らしています。
そんなある日、大好きなペットの猫が老衰で死んでいるのをVerityが見つけてしまいます。母が眠るような土の下に最愛の猫を埋めたくない!彼女が取った秘密の行動はとは…

●語数/ママ多読の総語数
9,000語/9,000語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 3.5  (レベル3)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
10歳前後の女の子、イギリス英語




ブックオフで200円也。ペーパーバックのチャプターブックは、絵本に比べると語数が断然多いのに安い♪

Jacqueline Wilsonの本は確かに英語も易しめで、各ページにイラストもついているし、とっても読みやすいです。
わからない単語をいちいち辞書で調べない。1ページに分からない単語がボコボコ出てくるようなら、まだその本のレベルに達してないと判断しもう少し簡単な本に戻る。これが多読の原則だそうですが、苺ママとしてはこの本の単語は全部ではないものの大体わかりました。(ママのレベル:自称英検2級^_^)

ちなみに【YL(読みやすさレベル) 】とは、多読で有名なSSS英語多読研究会の独自基準ですが、こちらの多読サイトでも採用しているのでレベルの目安になると思います。

ガーリーな本ですが、もちろん男の子でも興味を持って読めると思います。R太郎が読めるのはいつ頃だろう…。この本を理解する頃はもう読み聞かせなんてしてないんだろうなぁ(ちょっとさみしい>_<)。


さて、次に読む本はもっと簡単な物。Cliffordの本です。チャプターブックと言えるか微妙な本ですが。まだ読んでないけど、これならもうそろそろ理解できそうかな?
読んだら報告をしますね♪


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

『THIS IS IT』を観てきました
マイケルジャクソンの映画『THIS IS IT』を苺パパとR太郎と3人で観てきました。

結果からいうと、ママとR太郎は半分しか観られませんでした(^_^;)

内容は、最後のコンサートとなるはずだったロンドン公演『THIS IS IT』の制作現場のビデオ映像を音楽と共に繋げているドキュメンタリー。R太郎の大好きな歌ばかりで最初は椅子の上でスナップしながら一緒に歌っていた陽気な3歳児も、さすがにバックステージの話は1時間も観ればもう限界でしょう(笑) 「疲れちゃったからもうイイ」と。それでもよく持ちました。

マイケルファンの苺パパを残して、映画館の玄関ホールで待っている時、R太郎はマイケルの歌を歌いまくっていたので「席に戻る?」と聞いても「ううん!」とあっさり断られたし…。

パパはと言えば「もう最高だった!映画も良かったし、R太郎と一緒に少しでも観られて嬉しかった!」とご満悦。前半しか観てないママにはわかりませんが「特に後半が良かった!」というパパ(苦笑)。

ファンには最高の映画なようです。特にファンではないママにもマイケルの物づくりに対する一貫した信念のような物を感じて、今更ながら素晴らしいアーティストだったんだなと思いました。
いよいよ11月27日までなので、3歳児にはオススメできないけどご興味のある方はぜひ。

・・・・・・・


その後電車に乗り、よく行く大きな公園まで足を延ばしました。

すっかり木々が色づき、銀杏の黄色い絨毯が続いて興奮気味。広大な公園でもいつもの5倍は人がいて、R太郎の大好きな棒の振り回し遊びも危なくてさせてあげられなかったので木登り中心に。お尻を押してあげながらだと、随分うまく登れるようになりました。それが嬉しかったらしく、次から次へと猿のように登れそうな木にチャレンジするR太郎。こういう遊びが近所の小ぎれいな公園ではさせたあげられないのが残念です…。

20091116


苺家はパパもママも東京育ちですが、それでも私達が子供の頃より公園でさせて貰える事が少なくなりました。凧揚げ、ボール、大きな声などダメダメダメ。 都会っこのR太郎、これからどう体を動かしていくか考えたいです!


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

お久し振り、白金台ブックオフ
今日は一日中大雨が降るというので一度は延期したブックオフ白金台店ツアー。朝、雨雲レーダーをチェックすると午後は晴れる気が!天気予報は60%の降水確率を示す中、無理を言ってお友達のモトさん親子に付き合ってもらいました。

いやー、雨雲レーダー便利です。白金台に着いた頃には青空に♪ お買い物の後は、子供達も公園で思う存分泥んこになって(^^;) 喜んでいたし行けて良かった~
ちょっと脱線… 本題へー


白金台店は今年2月に行って以来久し振りでしたが、児童古洋書は少し少なくなって、値段も高くなった気もしました。まあそれでもなかなか来られないし、この為にバック付きカートも持参したので、200円~500円を中心に15冊お買上げ。


今回買おうと思っていたのは次の3ジャンル。
(1)絵本の中でも文章の多い絵本
(2)知識や体験学習に繋がるような実写写真の本
(3)簡単なチャプターブック



(1)は、たとえ良書でも今回は赤ちゃん絵本は買わないぞ!という決意。安いと“この前まで欲しかった有名な絵本”につい手が出てしまいますが、これからはもう少し文章の多い物を揃えていかなければ…。


(2)の知識本は、値段の折り合いがつかずあまり買えませんでした。その中でも今回の目玉!

20091114My First Cook Book
(1989/06/01)
Angela Wilkes

商品詳細を見る


そう!マイブーム『My First Science Book』の姉妹本です。650円とブックオフにしては高かったけど、Cooking男子のR太郎はきっとハマルでしょう。しかもお料理なら最後は食べられるし♪


(3)は、ママのリーディング用です。
実は、今年7月に洋書多読を初めて既に100万語を突破したモトさんの影響で、私も読み始めたくなったのですが、私自身根っからの本好きという訳でもないので続ける自信がありません。だから、目指すところを「多読による苺ママの英語力の向上」ではなく、いつかR太郎が読むことになるような本を選んで読み、「良いチャプターブック探し」をしようかな、と。
親子英語らしいでしょ? 結果的にママの英語力もつけば一石二鳥(^m^)

一応語数は記録しようと思っていますが、ぼちぼち本当にのぉぉぉぉぉ~んびり読んでいこうと思っています。

それについてはまた後日~


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ




なんとなくクリスマス
R太郎のプリスクールは、今月はサンクスギビング。七面鳥のクラフトやサンクスギビングランチ、フードピラミッドの話なんかもするそうです。

商業戦略的意味合いも強いとはいえ余所様のお祭りも大好きな日本でも、まだサンクスギビングデイをお祝いするのは一般的ではありませんよね。苺ママも、いまいち感謝祭についてよくわからないので、次のイベントはやっぱりクリスマスです♪

まあ、まだ11月14日。ちょっと早いとは思うのですが、ちっちゃなクリスマスの飾りなどさり気なく部屋に飾ってみました。

R太郎もそれに合わせて(?)今日の読み聞かせに選んだ本はこれ。


Dear SantaDear Santa
(2004/10/12)
Rod Campbell

商品詳細を見る

『Dear Zoo』の姉妹本。ほとんど同じ内容ですが、主人公が頼んだクリスマスプレゼントをサンタがああでもないこうでもないと選ぶお話しです。『Dear Zoo』同様、繰り返しも多く“too big”、“too scary”などの形容詞も学べます。この時期読むなら『Dear Zoo』よりオススメ。



Gingerbread ManGingerbread Man
(1999/05)
Anja Rieger

商品詳細を見る

久々のこの本。去年のR太郎大ヒット絵本でした。なんと言ってもお決まりの言葉「Run, Run, as farst as you can! You can't catch me. I'm the Gingerbread Man!」は、今でも走りながら唱えるほどです。



SnowSnow
(2004/10/06)
Uri Shulevitz

商品詳細を見る

そしてこれ。
これも1頁1行ほどの簡単な本ですが、一片二片落ちてくる雪が最後は東欧風の町を真っ白に染める様子と言い、ストーリーと言い、静かにそれでいて強く心に残ります。 もう冬に断然オススメの一冊です!


あら、こうしてみるとすっかりクリスマス?
今年はCooking & ScienceブームのR太郎とジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)にも挑戦しようと思ってるし、冬の絵本ももっと増やしたいし、クリスマス準備も前倒し気味で色々調べる事も増えそう。

もうそろそろツリーも出した方がいいのかなぁ
やっぱり少し早いか? ^^;)



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ



マイケル・ジャクソン大好き♪
苺パパはマイケルジャクソンが大好きです。
だから彼が亡くなった時は、暫く我が家のBGMはマイケルジャクソン一色に…。傷心のパパに、苺グランマがプレゼントしてくれたこのDVD。

Number Ones [DVD] [Import]Number Ones [DVD] [Import]
(2003/11/18)
Michael Jackson

商品詳細を見る


これだけ観て聴いていればR太郎も影響されてすっかりマイケル好きになりました♪ 指でスナップしながら歌もそれらしく歌っています。ママには聴き取れない(聴き取ろうとしていない)歌詞も、いくつかピックアップして歌っているので驚きます。

そこで、苺パパがR太郎と行きたがっているのが、もちろん映画『THIS IS IT』。忙しいパパが期間限定(少し延長したけど)のこの映画にR太郎と一緒に行けるのか? そもそも3歳児がそんな映画を理解できるのか? 周囲に迷惑ではないのか?と不安もありますが、『WALL・E』も字幕版で観に行った経験もあるし大丈夫かな。

親子英語ブログを読んでいると親子で一緒に行った方も多いようで、R太郎がどんな反応をするか楽しみです♪


ちなみに苺ママは、R太郎に歌って貰いたいのはジャクソン5時代の歌。『ABC』や『BEN』を聴いていますが、R太郎の話ではプリスクールでも時々歌っているとか。メロディアスで発音も聞き取りやすいマイケルジャクソンの歌は子供ウケもいいのかも(^m^)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
やっと言えた?「Yucky!!!」
「Decayed tomato!!!!! (腐ったトマト!!!)」

『SID THE SCIENCE KID』を観てからというもの、傷んだモノを探して冷蔵庫をチェックしていたR太郎がとうとう見つけました(^^;)
、、気をつけていたのに、、トマトさん!ごめんなんさいっっ
で、「Glovesちょうだい!」と早速実験開始!

20091110

「Yucky!! (おぇ~!)」

これ、たぶんこの番組で覚えた言葉。どうやらこれが言いたかったらしい(笑)

「This tomato is new and hard! buuuuuut! This tomato is old and soft! Smells...............Yucky!」(このトマトは新しくて固い。だけどぉぉぉぉ、このトマトは古くて柔らかい!臭いは、、、、おぇ~!!!!)

ふむふむ、なかなか狙い通りお話し出来てるんじゃない?


とは言っても、最近日本語では思った事がちゃんと表現出来るようになって来た分、それに英語がついていかないんです。本人はオールイングリッシュで話そうとしていても、どう英語で言って良いか分からないことがよくあり、「And......ねぇ、英語で何ていうの?」と聞く事もしばしば。

ママがその都度教えてあげられれば良いのですが、R太郎の言いたい事も段々高度になってきて、自称英検2級の苺ママの怪し~い作文で一応教えてみたり(^^;)


子供向けの簡単なストーリーのDVDや絵本の内容は理解できているようなのですが、まだ話す事ととなると、「It's a ~」、「I like ~」、「Do you know~」など使える文章は少ないので、思うように言いたい事が言えなくて困っている様子。

まあ、こうやって成長していくんだとは思いますが、何かスピーキングに繋がるような事もやって行こうと思い始めました。ウチの場合は、やっぱりDWEですかね~


これが大ウケ!
『SID the SCIENCE KID』の腐ったモノMusicVideo♪

↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

飛び級する?
先週、プリスクールに用があり通園日以外にR太郎と一緒に行きました。1時間以上いた中で、先生達に英語で話し掛けられてもほとんど話さず。プリではとても大人しくShyとかGentlemanと言われるR太郎です。

家では天真爛漫で声も大きく、英語も日本語も止まることなく話しているので内弁慶かと思えば、外でも外国人と一対一になると喋りまくるようで。

それを確信したのは、その日の帰り。パパが友達のアメリカ人とプリの近くのバーガーショップで会っているというので寄ってみたところ、もう最初から目がキラキラ☆

「R太郎君、英語も日本語も話せるよ♪ I can speak English & Japanese!!!!」と言ったかと思ったら、英語モード炸裂で、日英のアニメ話やマイケルジャクソン、ハロウィン、運動会の話などなど。質問に対する答えだけではなく、自分からも「Do you know Ultraman Seven? バルタンセイジン?(←英語風に^m^)」「Do you like Michael Jackson?」と次々に質問。ママのサポートはほとんどナシで30分も2人メインで話していました(^o^)

ついさっきまでのプリの様子と比べるとあまりの違いに驚き!欲をいえばプリでもこんなだったらなぁ~

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


ところでプリスクールの先輩ママから“飛び級”の話を聞きました。飛び級も園と相談すればできるそうなんです。R太郎は4月生まれだし、上のクラスの子供たちが習っている事も理解できるし、園生活自体も特に問題ないとは思います。飛び級した方が高度な事を教えてくれるしお得よ♪と言われて正直、心が揺れました。

試しに本人にも聞いてみましたが「R太郎君はまだ赤ちゃんだから、上のクラスは嫌!」だって。確かに、卒園までこのプリに在籍した場合、年長時にみんなが卒園するのに自分だけ残るというのも気になります。R太郎もそういう事を気にしそうだし(^^;)

飛び級するかしないかってその子の性格に依るんでしょうね。ちょっぴり残念だけど、やっぱりR太郎に飛び級が負担なのは明白。これからもまったり、の~んびりやっていきます。

まあ、この決断も卒園まで今のプリでお世話になりたい気持ちが強くなってきたからなんですけどね(^^)b


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
我が家でも大ヒット!『SID THE SCIENCE KID 』
りゅうママさんゆうくさんがブログで紹介していたPBSの幼児向け科学番組『SID THE SCIENCE KID 』を我が家でもYou Tubeで観てみました。科学ブーム真っ最中のR太郎、狙い通り大ヒット!

実はこの番組はずっと以前に見せた事があるのですが、アニメーションが可愛いわけでもないからか全く受けませんでした(^^;)

でも今回は違った! 英語の理解度が上がったのと、大好きな科学というテーマ。それから途中で出てくる実写の子供達との年齢が近づいてきたからなのかな?

、、、ということで、いくつか実際にやってみた回を紹介します。


『Exploring Measurement』
身近なものを使って長さを測ります。我が家では番組と同じ、体を使って部屋の長さを測りました。「This room is 7 R-taro's long .......バ~ット 4 mommy's long!!!!」(この部屋はR太郎7人の長さだけど、ママなら4人分の長さ!!!)と大喜び。計った後は、それを絵に描いてあげました。(番組では子供達がjournalという記録帳?に記録します。)

『The Snack Chart』
おやつの種類と個数を表にして比べます。R太郎が冷蔵庫からフルーツを持ってきて分け、ママと表を作りました。

『Estimation Investigation』
瓶の中に入った物の数を推測して実際の数と比べます。空き瓶にブロックを沢山入れて最初に何個あるか推測してjournalに絵を描きます。その後実際に出して数えて、その数も絵に描きます。
↓R太郎が描いたjournalは、こ~んな感じ。左頁が推測した数で右頁が実際の数。これだけ見てもなかなか楽しそうな絵になってるぅ(^o^)

20091105


この番組の良いところは、ただ見ているだけではなく実際にやってみて、それを必ずjournalに記す事。それも幼児らしく絵を描くように楽しく取り組めます。

最近、幼児英語には英語を英語としてだけ教えるのではなく、こういった体験学習が一番良いと確信し始めた苺ママ。この番組は暫くブームになる予感もあり、紹介していただいたりゅうママさんやゆうくさんに感謝感謝!!!



ちなみに、今R太郎が一番やりたがっているのはこれ!
『Decayed pumpkin investigation』
物が腐っていく様子を観察するというもの。カビだらけの腐ったジャコランタンが見たい!!!!というので、プリスクールの園長先生に聞いてみたところ、やはりすぐカビてしまうので今年の物は既に捨ててしまったそう…。 でも、「来年はScienceのレッスンで取り入れてみましょうか!」と言ってもらえました♪

プリスクールもアイデアいただき☆の『SID THE SCIENCE KID 』、ただ見ているだけのDVDでは物足りなくなってきた子供達にオススメです。



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

プリスクールのSports Day
文化の日はプリスクールのSports Day(運動会)でした。普通は体育の日辺りに開催されるのでしょうからちょっと遅め。ちょっと寒め(笑)

前日の雨もあり寒いので、ランチ以外は体育館の中での開催でした。

評判通りゆる~いイベントで、お昼を挟んでの午後までの長時間なので、年少より小さなR太郎のクラスはダラダラ(^^;) 

ダンス、サックレース(大きな袋に入ってジャンプしながら進む競技)、二人三脚、綱引き、玉入れ、大玉転がし、リレー… 

R太郎も、ジジババパパママ全員揃ったからか参加には超消極的で困ったちゃん…かと思ったら、競技が始まると意外に真剣に頑張っていました。本番には強いのかも?



それにしても、昨日の東京の空は青かった!時折高い空を通り過ぎる飛行機を見つけながらのみんなで食べるランチもとても楽しいものでした。

R太郎はいつも先生達にウルトラマンの技を掛けているらしく、ランチ中も先生と戦いまくり、ジジババもヒヤヒヤ(笑) まぁ、可愛がってもらっているようで (^_^)



R太郎のプリスクールは体操の時間もあるけど、園庭も狭いので運動面では少し心配もあります。その辺は都会の幼稚園ならプリじゃなくても抱える悩みなんでしょうけど…。習い事ではなく、日々の生活の中でできるだけ体を動かせる環境作りも考えて行かなければと思いました。



↓応援メッセージ、応援ポチをいただきありがとうございます。
 前回、コメントをいただいたTさんもメッセージ届いてますよ♪
 みなさんのコメントは更新の励みになります☆

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


今度はSports Day
苺家おなじみ『My First Science Book』に載っていた“Spooky Shadow(幽霊の影)”。ハロウィンにピッタリ♪ ゴーストの方のアウトラインはR太郎がハサミで切りました。

20091102



先日ハロウィンパーティーが開催されたばかりのプリスクールですが、明日はSports Day(運動会)です。園庭は狭いので、近くの小学校の校庭を借りての開催。

インターナショナルらしく(?)、「見せる運動会」ではなく、スポーツを楽しむゆる~いイベントだともっぱら評判のSports Dayですが、ジジ&ババ達をみんな呼んでの苺家の大イベントになる予定。

明日は寒そうだけど楽しんできたいと思いま~す!


 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ