苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
『THIS IS IT』届く♪
『THIS IS IT』のDVDが届きました!

マイケル・ジャクソン THIS IS IT コレクターズ・エディション (1枚組) [DVD]マイケル・ジャクソン THIS IS IT コレクターズ・エディション (1枚組) [DVD]
(2010/01/27)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


パパが旅行で留守だけどR太郎とふたりで開封☆
R太郎は前半は大興奮で後半はもう飽きてしまったらしく…
映画館の時と同じ反応です(^^;)

やはり、ヒット曲ばかり集めたこのDVDがお気に入り。
NUMBER ONES [DVD]NUMBER ONES [DVD]
(2004/03/10)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る

↑このポーズも出来ちゃう熱狂ぶり(^m^)

プリスクールでは、歌のうまい先生が歌ってR太郎が踊っていたとか、ギターの上手な先生の演奏で歌っていたとか、他の先生からはターンを習っていたとか、CDを授業の前に掛けて皆の前で踊ったとか、、、色々な証言を耳にします。
あれ?タレント養成もしてもらってる?(爆)

プリのお友達も『THIS IS IT』を買ったので、冗談半分で“ジャクソン5を結成して練習させよう!”とか。マイケル好きがこんな風に展開するとは思いませんでした♪

『THIS IS IT』、結局まだ最後まで観ていないので、これから一人でゆっくり観たいと思いま~す☆


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
Ninja!
俄に忍者ブーム到来!

苺ママがこの前読んでいたこれの↓の影響?

Magic Tree House #5: Night of the Ninjas (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #5: Night of the Ninjas (A Stepping Stone Book(TM))
(1995/03/21)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る


、、、、かは定かではありませんが、今の段階でR太郎の思い描く‘忍者’はこの‘Ninja’のよう。公園で拾ってきた棒を忍者の剣に見立てるためにどうすれば良いか相談してきたので、段ボールの切れ端で作って、ママのマフラーも巻いてあげました。

20100130

口の部分にもマスクの様に布を巻いて欲しい、剣の鍔はもっと下に固定したいなど拘りがあります。

おお!それなら日光江戸村に連れて行ってあげようか?と、雑誌に載っていた写真を見せたけど、イメージが違うらしく(^^;)
最初にアメリカン忍者に触れたのがいけなかったかな?


そこで日本忍者を再インプットすべく、図書館で予約してみました。

忍者図鑑忍者図鑑
(2000/06)
黒井 宏光

商品詳細を見る


にんじゃにんじゅろう (新しい日本の幼年童話)にんじゃにんじゅろう (新しい日本の幼年童話)
(2004/03)
舟崎 克彦

商品詳細を見る


おすすめ忍者絵本、忍者の楽しみ方などの情報募集中で~す(^o^)/


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
良書探しのママ多読 (18冊目)
Magic Tree Houseシリーズ7作目、第2シーズンの3巻目は氷河期のお話です。


Magic Tree House #7: Sunset of the Sabertooth (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #7: Sunset of the Sabertooth (A Stepping Stone Book(TM))
(1996/04/14)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

●ストーリー
今回は夏の水泳帰り姿で、氷河期へタイムトリップしてしまった二人。雪の中の大冒険です。クロマニョン人の住む洞窟やマンモス、サーベルタイガーなどに出会います。Morganを救う3つ目の物は探すことが出来るのか…。

●語数/ママ多読の総語数
4,946語/121,566語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 3.5 (レベル3)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校低学年から



さて今回は氷河期。寒い寒いといいながら雪の中をウロウロ(^^;)。氷河期って、水着姿では外に一瞬たりとも出られない程の寒さというイメージでしたが大丈夫なんでしょうか…。クロマニョン人の洞窟で見つける数々の物も興味を引きつけられる物が多く、そこら辺の解説を副教本で読んでも面白そう♪と思ったけれど、クロマニョン人については詳しく載っているのかな?

実はもうそろそろMagic Tree Houseシリーズに飽きてきました…。第2シーズンもあと1冊。最後のテーマは月。今までタイムトリップをしてきた二人ですが、これも昔に行くんでしょうか?それとも未来? シリーズ通しての目的‘Morganを救う’事も解決すると思うので楽しみです。



【関連記事】
『Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark』
 シリーズ第1巻の紹介
『Magic Tree House #2: The Knight at Dawn』
 シリーズ第2巻の紹介
『Magic Tree House #3: Mummies in the Morning』
 シリーズ第3巻の紹介
『Magic Tree House #4: Pirates Past Noon』
 シリーズ第4巻の紹介
『Magic Tree House #5: Night of the Ninjas』
 シリーズ第5巻の紹介
『Magic Tree House #6: Afternoon on the Amazon』
 シリーズ第6巻の紹介

★良書探しのママ多読 本棚
 http://booklog.jp/users/mamatadoku


求む!オススメ英語絵本ベスト3
「このご本“しさしぶりでしょ~”」と、最近読んでいなかった本を発掘しては読み聞かせ用に持ってくる太郎。“ひ”と“し”の区別がつきにくいのは江戸っ子だから?「しらゆきひめ」とか辛いのよね…(笑) そして思う。あー我が家にはこんなに沢山本があったんだ…(^^;)

更に「もう新しいご本はいらないからね。いっぱいあるんだから。」と苺ママの物欲にストップを掛ける。その通りでございます。もうブックオフでも当分絵本は買わない事にするよぉ~(><)

ところで、R太郎のプリスクールでは1日3~4冊は絵本を読み聞かせてくれているようですが、貸出可能な図書コーナーがないので提案したところ、早速バザーの収益で作ってくれる事になりました。揃える本の希望を出すのですが、我が家で読んだお勧め絵本は沢山あれど、読んだ事のない本の方が実は揃えて欲しかったり(^^;)

このブログをお読みのみなさま!
もし宜しかったらオススメ英語絵本ベスト3を教えてください!
対象年齢は1歳から6歳。年齢別に教えていただくのも有難いです!

お願いするだけも失礼なので、苺ママのベスト3も考えてみました♪


苺ママのオススメ英語絵本ベスト3

【1歳、2歳】
The Very Hungry Caterpillar
Goodnight Moon
Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

The Very Hungry Caterpillar board book Goodnight Moon 60th Anniversary Edition Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?


・・・・とこの3冊は押さえるとして…

(番外編)
Where is Baby's Mommy?
Dear Zoo
Catch Me, Catch Me! (←トーマスの本の為、男子限定^^;)

Where is Baby's Mommy? Dear Zoo: A Lift-the-Flap Book Catch Me, Catch Me! A Thomas the Tank Engine Story (Pictureback(R))

【3歳、4歳】
Where the Wild Things Are
We're Going on a Bear Hunt
SNOW

Where the Wild Things Are (Caldecott Collection) We're Going on a Bear Hunt Snow (Sunburst Books)


【5歳、6歳】

The Polar Express
The Cat in the Hat(またはGreen Eggs and Ham)
Frog and Toadシリーズ

The Polar Express The Cat in the Hat Green Eggs and Ham (Beginner Books(R)) Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)

3冊ってすご~く難しいですね(><)
あれも入れたい、これは抜かせないと考えると、超有名本ばかりになってしまいます…

みなさんもチャレンジしてみませんか?
と誘って、本棚のラインナップに提案しようと目論んでおります…ふふふ

↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

日記添削をしてもらっています☆
去年はママ英語の向上計画として、リーディング力をつけるべく“良書探しのママ多読”を始めました。今のところ満足行くペースで進んでいます。

ただ、児童書ばかりなので書いてある事は大体理解できるようになってきたのですが、同じレベルでも自分では文章を作れない…。書けないって事はもちろん話せないわけですよね(><)
言葉を重ねれば、なんとか分かってもらえるかもしれない。だけど「エイゴ、お上手ですね~。おっしゃっている事は理解できますよ。」というレベルから抜け出したいんです!!!
R太郎への語り掛けももう少し正確に話し掛けてあげたいんです~!


というわけで、今度はライティング力をつけるために無料の英語日記添削サイト“Lang-8”で数行日記をつけ始めました。

http://lang-8.com/
20100123


このサイトでは世界中の語学学習中のメンバーが、学習したい言語と自分の母国語を相互に添削します。つまり、自分の書いた英語の日記を英語ネイティブに添削してもらう代わりに、日本語で書かれた日記を添削してあげるのです。

日本語の添削をしなくても、心優しいメンバーが多いのかすぐに添削が入ることもしばしば。mixiのようなSNSなので、‘あしあと’や‘マイフレンド’が出来る機能が少々ウザ!?
でも例えばネイティブの知り合いがいても、英語教室に通っていても、なかなか気軽にチェックしてもらう事もできないと思うので、こんなサイトはとぉぉぉぉ~ってもありがたい☆

多読の原則にも倣って、一回に数行、しかもできるだけ辞書を調べずに知っている簡単な単語だけで書くようにしていますが、前置詞at/in/on/toなんてバシバシ直されています(^^;)

いつまで続くかな?毎日!とは意気込まず、こちらも細く長く続けて行きたいです。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

良書探しのママ多読 (17冊目)
Magic Tree Houseシリーズ6作目、第2シーズンの2巻目になります。


Magic Tree House #6: Afternoon on the Amazon (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #6: Afternoon on the Amazon (A Stepping Stone Book(TM))
(1995/08/29)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

●ストーリー
JackとAnnieの兄妹、そして前回も旅を共にしたネズミのPeanutが今回旅するのはアマゾンの熱帯雨林。そこで危険な生き物たちに会いながら、Morganを救う4つの物を探します。

●語数/ママ多読の総語数
4,787語/116,620語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 3.5 (レベル3)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校低学年から



今回は旅する時間が昼間だったこともあり、ジャングルの中でワニやピラニアやジャガーや猿と色々な動物に出会いながらの冒険は、情景も分かりやすくなかなか良かったと思います。タイトルにもついているように、2人の旅は時間帯がまちまち。夜の旅はどうも苦手な苺ママです(^^;)

また、怖がらせる割には安全なカヌーの旅が、ディズニーランドのジャングルクルーズのようで子供は楽しめると思います。

もちろんこの次に読む本は第7作目の『Sunset of the Sabertooth』。このシリーズも手持ち後2冊です。早く紀伊國屋BOOK WEBの本が届かないかなぁ(><)


【関連記事】
『Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark』
 シリーズ第1巻の紹介
『Magic Tree House #2: The Knight at Dawn』
 シリーズ第2巻の紹介
『Magic Tree House #3: Mummies in the Morning』
 シリーズ第3巻の紹介
『Magic Tree House #4: Pirates Past Noon』
 シリーズ第4巻の紹介
『Magic Tree House #5: Night of the Ninjas』
 シリーズ第5巻の紹介

★良書探しのママ多読 本棚
 http://booklog.jp/users/mamatadoku


3歳8ヶ月のR太郎【まとめ】
3歳8ヶ月。好奇心旺盛なお年頃。
つきあうママは楽しいやら、疲れるやらの時期ですね~(^^;)


【3歳8ヶ月のR太郎】

●プリスクールのクリスマス会では
 ネイティブのサンタさんにプレゼントを貰ったため
 「サンタさんは英語人」と認識した様子。

●サンタさんへアルファベットを使った手紙を書く。
 UP UP HLOA UP 
 RTARO 
 BBBW 
 (最後に汽車の絵)
 【訳】HELLO UP! UP!UP!

●アルファベットの書き方が滅茶苦茶で見ていられないが
 今は見守ろうと思う。

●ジンジャーブレッドハウス作りに挑戦!
 R太郎は生地作り&飾りの口出し担当(笑)

●絵本、DVD共に『The Polar Express』が大ブーム!
 どちらも何回も見たり、劇中歌を覚えたり
 レゴでシーンを再現したり、
 絵を描いたりと相当気に入ったらしい。

●レゴの組立図を見ながら、
 複雑な物でもほとんど一人で作れるように。
 一作品1時間以上掛かってでも集中して作っていられる。

●映画『UP』(カールじいさんの空飛ぶ家)の
 字幕版を家族で観に行く。

●大勢の人前でマイケルジャクソンの歌を
 堂々と歌って踊る度胸があることが判明!

●簡単な文章であればユーモアを交えながら話せる様子。
 少し複雑な文章は、あまり通じないが
 相手に分かってもらおうと諦めない姿勢に拍手!

●児童書『FLAT STANLEY』の
 日本語版『ぺちゃんこスタンレー』が
 ママが原書を読む前からブームの兆し。



親バカだとは思うけど、それでもママ&パパを驚かせるほどの集中力、思考力、コミュニケーション力等々が見られた一ヶ月でした。何と言ってもマイケルジャクソンは人前で発表する自信がついてきたのか、「やって~」と言われれば躊躇することなく踊り始めます(爆)

だからと言って歌や踊りが特別上手いわけでもなく、その才能を伸ばそうとは考えていませんが、人前に出て何かをする経験を少し増やして、この度胸を潰さないようにして行けたらなぁと思うのです(^^)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
ママが読む前からブーム!『FLAT STANLEY』
先日記事にした紀伊國屋BOOK WEB。安いのは嬉しいけど一週間経ってもまだ入荷の連絡はありません…。やはりアマゾンに比べて在庫が少ないのでしょうか。

BOOK WEBで注文中の本に、児童書チャプターブックの『Flat Stanley』が入っているのですが、実はこの本の原書が届く前から我が家で大人気になりつつあります!


Flat StanleyFlat Stanley
(2003/07/03)
Jeff Brown

商品詳細を見る


…というのも、先日近所のブックオフで日本語訳版『ぺちゃんこスタンレー』(105円!)を見つけて、「いつかR太郎が原書を読むようになる前に、日本語版に親しんでおいてもいいかなぁ。」と買って来たのですが、これが今のR太郎でも理解できるほどの可笑しなお話しで、苺パパとR太郎で毎晩楽しく読んでいるんです♪


ストーリーは、ある日目覚めたら掲示板に押されてぺちゃんこ(FLAT)になってしまったスタンレー君のほのぼのとした日常のお話。そんなスタンレー君はいろんな隙間に入るのが大得意で、それを活かして大冒険もします。

昨晩は苺パパとR太郎で、“ぺちゃんこスタンレーゲーム”をして盛り上がっていたので写真を撮りました! パパが描いたスタンレー君を、交替で家の中にある“すきま”に入れて行くだけ。

20100120d20100120c
20100120b20100120a
※パパ制作のスタンレー君の絵は日本語版のもの。
そっくりです(^^)


「おおおお!(・o・)そんな所に隙間が!イイ隙間見つけたね~」
などと褒め合いながら大はしゃぎでした(爆)

早く原書が届かないかな~☆


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

週末、再認識したこと
週末はなんとパーティーに3件お呼ばれ。
近所で仲良くしているお家での誕生会と、R太郎が0歳のころからのママ友との新年会、そして苺パパのアメリカ人のお友達のお家での新年会。

そのどこへも、お手製マイクを持って参上。マイケルジャクソンを歌いまくっていました(笑)

さすがにママ友の会では大人にはオオウケだったものの子供達は無反応(^^;) この芸を理解できるのは、残念ながら大人限定なんですよね~
でも、ご近所で開かれたR太郎が大好きな小学生のお兄ちゃんの誕生会には、インターナショナルスクールに通う小中学生が集まっていたので、今回ばかりは子供も盛り上がってくれました! マイケルの歌もタイトルも知っているらしく、次々にリクエストしてくれ、5曲ほどフルコーラスで踊りまくるR太郎。「サイコー!きみはプロだぁ」などと掛け声を掛けてもらえてご機嫌でした♪

これで気をよくして、アメリカ人のお友達の家でも初対面の人たちの前で歌って踊り、パパのお友達はマイケルのCDを掛けてくれながら「He is great!!!」と泣いていました(^o^)

ママには絶対に絶対に真似できない度胸の良さに、驚きと羨望…。今年の方針にも絡んでくる事ですが、人前で自分を表現する経験を重ねてあげたいなと改めて思いました。


さて、丸覚えの歌詞はインターの小中学生曰く「所々英語だけど、何を言っているのかは良くはわからない」そう。そこで、アメリカ人のお友達の家ではネイティブの大人と沢山英語で話していたので、どれだけR太郎が話せるのか横で聞いてみました。

まず、自己紹介。「What's your name?」と聞かれ、「I'm...Michael Jackson! Nice to meet you!」

おいおい、、、

お手製マイクを見せて、「Oh, no! The マイク disappeared! Where is it!?」とマイクを襟元に隠す。「Show me your right hand?」と言われ右手を、「The other hand?」といわれて左手を出す。後ろを向いて「Here it is!」。もうこれでみんな大うけ☆

おおおおおおお!なかなかやるのでは?末はスタンドアップコメディアン?

こういった短めの会話はもう難なく話せるようでした。しかもユーモアを入れるほどの余裕もある(^^)
ただ、少し長めの話しはまだ通じないようです。それでも頑張って説明しようとしていました。

“外にエレベータがついた歩道橋に自転車で登ったら、その上から見えた今夜の月は、細くてまるで笑った顔みたいだった。”

こんな話、日本語でも3歳児にはかなり難易度の高い説明だと思うのですが、話しを聞いた女性は70%程理解してくれました。R太郎のファイトに拍手~ なママでした。


もうこのレベルの文章となると、残念ながらママには正しい文章がつくれません…。ともかく着実に単語力と文章力もついて来ているようなので、あとは沢山本やDVDやCDなどに触れていくしかないんでしょうね(^^;)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
良書探しのママ多読 (16冊目)
久し振りのMagic Tree Houseシリーズ。5作目からは第2シーズンに入ります。


Magic Tree House #5: Night of the Ninjas (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #5: Night of the Ninjas (A Stepping Stone Book(TM))
(1995/03/21)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

●ストーリー
JackとAnnieの兄妹は、ツリーハウスの持ち主Morganを助けるため、彼女が残したメッセージを頼りに忍者の国へ。山がそびえ立つ森の中で忍者や侍に出会う…

●語数/ママ多読の総語数
5,260語/111,833語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 3.3 (レベル3)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校低学年から



ブックオフで第5~8作セット、300円で購入。
まず!ママにしては大作の『Charlie & Chocolate Factory』を読んだ直後だったので、この本を開いた瞬間「文字でかっ!行間ひろっ!一文で段落がついてて何て読みやすいの~(^o^)」と感動しました!読むスピードも少し速くなったような気も。

さて、内容について。
今回のテーマが‘忍者’ということで、日本が舞台なのかとワクワクしていたのですが、舞台は暗い山の中。月の明かりに照らされながら‘忍者’や‘侍’出会うのみ。なんだかただ神秘的な存在の戦士達といった扱いで、あまり面白くもない?(苦笑)

物語のテイストとしては、ママがのめり込めなかった『Magic Tree House #2: The Knight at Dawn』に似ていて、そちらは中世のお城も出て来たのだけど今回は山や川ばかりだし…

それでも、忍者に習う言葉はいかにも日本の精神を表していたり。忍者の大将を“Master”と表している辺りは、スターウォーズを思い出しました。そうか、ダースベーダーって鎧を着けた侍のイメージなのかな?

こんなテーマの副本『Magic Tree House Research Guide』はどんな事が書いてあるのよ?日本について?忍者について?と期待しながらチェックしてみたら、なんとこの本には副本がありませんでしたぁ(ToT) 
やっぱり学習するほどのテーマじゃないのかな?残念… 


【関連記事】
『Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark』
 シリーズ第1巻の紹介
『Magic Tree House #2: The Knight at Dawn』
 シリーズ第2巻の紹介
『Magic Tree House #3: Mummies in the Morning』
 シリーズ第3巻の紹介
『Magic Tree House #4: Pirates Past Noon』
 シリーズ第4巻の紹介

★良書探しのママ多読 本棚
 http://booklog.jp/users/mamatadoku


良書探しのママ多読 本棚
“良書探しのママ多読”も10万語を超えて、これまで読んだ本のリストが見づらくなってきたのでブクログで本棚を作りました♪

このブログにはR太郎が読んだ本棚などいくつも載っていて、これ以上はブログに負担を掛けそうなので、右側の本棚の仲間にはいれませんが、宜しかったら覗いてみてください♪




良書探しのママ多読 本棚
http://booklog.jp/users/mamatadoku


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
良書探しのママ多読 (15冊目)
さて‘良書探しのママ多読’も15冊目。読む事にも慣れてきたので、いよいよRoald Dahlの代表作『Charlie & Chocolate Factory』(邦題:チョコレート工場の秘密)に挑戦しました!


Charlie  &  Chocolate Factory movie novelCharlie & Chocolate Factory movie novel
(2005/06/02)
Roald Dahl

商品詳細を見る

(↑この本は表紙や中に映画のカットが何枚か載っている特別版ですが、文章や挿絵はオリジナルと全く同じです。)

●ストーリー
4人の祖父母、両親と7人で貧しい生活を送っているCharlieは、誕生日にたった一つだけ貰えるチョコレートを何よりも楽しみにしている男の子。ある時、それを作る世界一有名なチョコレート工場のオーナーWilly Wonkaが、工場内に子供を5人だけ招待することになり、なんとCharlieも選ばれる。長い間謎とされてきた工場の中で、繰り広げられる世にも不思議な工場見学ツアー…

●語数/ママ多読の総語数
29,743語/106,573語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 4.5 (レベル4)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校高学年ぐらい



ブックオフで購入。
今まで読んだ本で語数が最も多かったのは『The Cat Mummy』(しかも多読一冊目!)の9,000語でしたが、今回の本はその3倍以上。YL(読みやすさレベル)も4.5と今までで最高レベルです(^^;)

知らない単語が1ページに何個も出て来ました。前半は比較的すんなり読めましたが、後半はちょっと読むスピードが落ちました。ただ、映画『チャーリーとチョコレート工場』を観た事があるからか、途中で断念せずに済みました。奇想天外な展開なので、映画を観ていなければどこまで理解できたかな、、、

映画ではビジュアルのイメージが強く、字幕を読むだけで精一杯。(5年前の事だから今ならもう少し英語で楽しめるかな?)なんだか分からないまま終わってしまったのですが、今回原作を読んでみたら、意外にあの映画は忠実に作られていたんだなぁと驚きました。摩訶不思議なチョコレート工場見学の様子が目に浮かぶようで楽しくも怖くもあったり。それから現代のイソップ的なところもある本でした。

Roald Dahlは、広く支持されているだけあってやはり良い本でした。さて今回は少しレベルが高かったので、次の本は『Magic Tree House』シリーズをまた読もうと思います。



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
紀伊國屋BookWebの安さにビックリ!
新書で洋書購入と言えばAmazon!
苺ママが児童洋書を買い始めた2年程前から変わらず、圧倒的な安さを誇っていたのですが、紀伊國屋書店BookWebをチェックしてビックリ!

20100112


ママの多読用に読みたいと思っていた本が軒並みAmazonより安い上、送料も1,500円以上の購入で無料に改定されているじゃないですか! いつの間に、、、

確か以前、Amazonで取り扱いのない本をBookWebで買った時には送料無料対象額は「5,000円以上」だったのに! BookWebのサイトによるとこの改定は去年の10月からだそうで。ご存知でした~???


早速欲しかった多読本を4冊購入。1,572円也。もちろん送料無料です。

で、もし同じ本をAmazonで買ったら、、、2,100円でした!!!!
こちらも送料無料だけど500円以上安いんですよぉぉぉ!追加で1冊買えちゃう差!


ママが購入したのは児童向けチャプターブックでしたが、他のジャンルの本はどうなんですかね。Amazonに比べたら使い勝手はイマイチですが、これからはAmazonで購入前にチェックする価値ありです!


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
東京新旧電波塔巡り
この連休は、丸善の読み聞かせ会に行ったり、近所の餅つき大会に参加したりなんて計画を立てていましたが、結局終わってみれば東京電波塔巡りをしていました(^_^) 先に書いておきますが、今回久々に(?)英語とまったく関係ありませんのであしからず~


まずは現在建設中の東京スカイツリー。もう半分ほど出来ているということを知り、無性に行きたくなり家族3人で見に行ってきました♪

20100111a

完成すれば東京の新しいシンボルになるだろう東京スカイツリー。時代背景はまったく違うけど、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』での建設途中の東京タワーが余りに印象的で…。東京っ子の我が家3人にとって、何十年後かにこの頃の事を思い出したら、きっと物凄~く懐かしいんじゃないかと…ウルウル

それにしても建設中の建造物はある種パワーがみなぎっているし、周りにはもう既に観光客も多く、思いのほか興奮しました☆ 初詣に来たみたい(^_^)


そして帰宅後、ブロックでタワーを作りながら「これはスカイツリーじゃなくて、東京タワー!R太郎君は作ってる途中のじゃなくて、出来上がったタワーの中に入りたいな!」と。まぁ、そうでしょうそうでしょう。それでまだ東京タワーにも連れて行った事がないし、翌日はママと二人で東京タワーへ♪

はい、どーーーーーーん!
20100111b

前日もタワーに行っただけに、東京タワーが真っ白ではなく赤と白い事、スカイツリーと同じように三角が沢山ある構造(トラスの事を差しているんだと思いますが)という所に感動していました。苺パパは建築関係のお仕事なので、やっぱりR太郎もこういうのって好きなのかも。


我が家のブロック遊びは当分ノースポール作りからタワー作りに取って代わりそう。外階段も付けながら「もう少しお兄ちゃんになったら、展望台まで歩いていこう!」と張り切っていたので、次回行く時はぜひ一緒に階段コースにチャレンジしたいな!


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
ちょっと怖い動物の生態
実家のCATVをいくつか録画してもらいました。『リトル・アインシュタイン』や『ワード・ワールド』が山ほど観られて最高! 『リトル・アインシュタイン』は今まで観ていたのはDVDだけだったので、葛飾北斎の絵や姫路城が登場するJAPANが舞台の回なんて、「リトルアインシュタインがどうして日本語を喋ってるんだろうね~」なんて喜んでいます。実際には日本語は“カツシカ~ホクサ~イ”ぐらいしか言っていませんが(^m^;)


ところで英語番組と一緒にアニマルプラネットのお正月特番・『BBC どうぶつ図鑑』を録ってもらいました。これが期待以上に面白くて、放送は日本語だけど元はBBCが作った子供向け動物の生態を紹介する番組。各回一種類の動物の生まれるところから大人になるまでを追うというもので、なんと25種の動物をお正月に一挙放映13時間!!

子供向けと思って観ていたら、ホッキョクグマ親子がアザラシを仕留めて真っ白い毛が真っ赤に! グリーンイグアナの赤ちゃんはちょこまかしてて可愛い♪なんて観ていたら、天敵に追われる!逃げる!従姉妹(?)が食われる!! Σ( ̄□ ̄;)

こういう動物番組をまだ見せた事がなかったので、ショックを受けていないか心配になりましたが、とても興味を持って観ています。
でも、「ライオンとトラとワニは怖いからやめておこうね~」と、まだ観る前から自らストップ。この番組の流れでは、そんな動物達は怖すぎるだろうと察知したらしいです(^m^)


で、良い機会なので、以前はぎ☆さんがブログで書かれていたナショナルジオグラフィック・キッズの塗り絵から、今回観た動物をプリントアウトしてみました。

なんかね、、、この塗り絵、イイ感じ~にグロい(笑)
日本でキッズ向け塗り絵って言ったらデフォルメしたユルキャラ系ばかりなので、すっごく新鮮でした! シンプルなのに生態や詳細がよくわかる。
子供が嫌がらないならおススメしたい塗り絵です(^_^;)



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


◇■□レゴで絵本を再現□■◇
ようやくR太郎のプリスクールが始まりました。
R太郎との時間も長かったので休み中様々な事をしましたが、一番長く時間を使ったのがブロック遊び。苺ママのお気に入りブログでも、レゴやブロック遊びを親子英語に取り入れている方が多く、影響されてか我が家でもいつも以上に盛り上がっています♪ 

クリスマスプレゼントとして小さなレゴを買い足しましたが、実はR太郎にもらったお年玉でデュプロも落札しちゃいました…(本人の了承済み ^_^;)
ブログ村でもブームのようですが、なんか、、、すっかりセールスに嵌ってる? でもレゴ自体はR太郎が生まれる前から夫婦で遊んでいたので(^_^;)、実はママも元々好きなんです ♪
↑の、割に大した物が作れないけど。

レゴとレゴデュプロ。大きさや対象年齢の違いだけだと思っていたのですが、R太郎の遊び方を見ているとやっぱりちょっと違います。小さなレゴは組立図を見ながら作ったり、色んなパーツをくっつけてカッコイイ電車や車や飛行機を作ることが多いのですが、デュプロの方は絵本や映画の再現をすることが多いんです。

そんなお話し再現でこの数日ブームなのがコレ。
The Polar ExpressThe Polar Express
(1985/10/28)
Chris Van Allsburg

商品詳細を見る

はい、またです(^^;)
この絵本の世界観って、再現するのに持ってこいなんですよね~

20100108c

土台はママが、細部はR太郎が作りました。ポーラーエクスプレスが北極に着いた所。北極ではサンタズヘルパー達がプレゼントをラッピング中。煙突が壊れて梯子を掛けて直したりしています。(ここら辺はR太郎の勝手な創作)

機関車の最後尾にはペンギンが!
「The North Pole(北極)にはペンギンは住んでいないんだよ。ペンギンがいるのはThe South Poleだよ。」と教えてあげると、「え、え、え、ええ~<( " O " )>!!! 」とめちゃくちゃ驚く(笑)

20090108d

ラッピングされたプレゼントは大きな袋に入れられて、出ないように蓋を閉じられ、サンタのソリで出発です!

英語を喋るのはできた後、セリフを言いつつ遊ぶ時。作っている最中はほとんど日本語ですが、Santa's Helpersの歌を歌いながら。「It's fun~!!!!!」と大興奮で、壊してはまた同じ様なシチュエーションで作っています(^^;)
ここら辺のしつこさは実は面倒くさいんだけど…


ORTがきっかけで始まった我が家の「レゴ de 英語絵本遊び」、まだまだ発展させて行きたいです☆
 →レゴで再現!『What a Bad Dog!』
 →"Tree House"と"House Tree"作り


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
良書探しのママ多読 (14冊目)
今回も小学校中学年向けの薄い本を読みました。人気ミステリー・A to Z Mysteriesシリーズ第3作目です。



A to Z Mysteries: The Canary Caper (A Stepping Stone Book(TM))A to Z Mysteries: The Canary Caper (A Stepping Stone Book(TM))
(1998/03/03)
Ron Roy

商品詳細を見る

●ストーリー
Dink、Josh、Ruth Roseは仲の良い子供探偵3人組。ある日、近所の女性が飼うカナリアとRuth Roseの愛猫がいなくなります。そして彼らの住む町で次々と起こるペットの失踪事件…。ペット達は盗まれたのか?何の為に?そしてRuth Roseの愛猫は戻って来るのか…

●語数/ママ多読の総語数
8,262語/76,830語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 3.5 (レベル3)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校3年生ぐらい



ブックオフで購入。
このA to Z Mysteriesシリーズはその名の通り、AからZの各文字がタイトルについています。『The Absent Author』、『The Bald Bandit』、今回の『The Canary Caper』、『The Deadly Dungeon』など…の26冊に続編も出ているようです。タイトルも頭文字に拘っていると思ったら、作者の名前もRon Royですって(^_^)
(他の本の内容はここでチェックできます。)

3人の内の紅一点Ruth Roseは推理力も行動力もあり、いつも上から下まで同色の服を着ているなど面白いキャラなのですが、どうも男の子達の性格が読めなかった…なんだか二人とも似たようなちょっとボンヤリさんで、Ruth Roseにずっと圧され気味でした(^^;)

このシリーズは初めて読んだのですが、やはりいきなり第3作目というのは3人の性格や探偵団結成秘話あたりの事もわからないし、なかなか入り込んで行けませんでした…。でも人気シリーズのようなので、近い内に第1作目も読んでみようと思います。




さて、いよいよ次は『Charlie and the Chocolate Factory』に挑戦!
パッと見、厚い本です。しかも文字も今までの本に比べて小さい!
途中で断念するかも知れませんが、それはそれで報告します!頑張るぞぉ~


↓前回の日記で多くの方からコメントをいただき、
 みんな同じなのね~と励まされました!
 ありがとうございました☆
 確かに疲れるけど、今年も親子英語を楽しみましょう~♪
 応援クリックもどうぞよろしくお願いします(^_^)
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

ふ~ (  ̄д ̄;)ノ
今年始まって4日目にしてもうバテ気味、、、
3歳児ってこんなに大変なんですね(^^;)

R太郎の性格なのか、お絵描きが終われば間髪入れずにキックボード、帰って手を洗ったらブロック。ブロックをやりながらも、ずっとマイケルジャクソンを歌っているかと思えば、ウルトラマンの怪獣を作りそれで戦いを挑んで来る、と思うと今度は「ご本を読んで~」。 ママの家事中はDVD鑑賞。その後はまた工作・・・・
朝起きてから寝るまでずっとこんなよぉ(>_<) 起きている間は、ほんとボーッとしている事がない! しかもずっと「見てみて!ママぁ一緒にやろうよぉ」だもの。。。

よく言えば好奇心旺盛な活動的な子なのだけど、ママはついて行けません(^^;)


あーママの多読も進まないなぁ。次の本は『Charlie and the Chocolate Factory』に決めました。楽しみで今の本に身が入らなくなりました(^^;) 物凄く薄い本なのに…

さ、コーヒーでも飲んで読むとしますか。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


『カールじいさんの空飛ぶ家』を観ました☆
元旦は家族三人ゆっくり過ごしました。

夕方には念願の『UP』(カールじいさんの空飛ぶ家)を観に行きました。字幕付き英語版です(^^)b
映画の日で鑑賞料も安くてラッキー♪

夢と愛と冒険と涙と友情…

大人も楽しめるディズニーらしいテーマの映画ですが、R太郎としては最近DVDで借りた『BOLT』の方が面白かったらしいです。まあ、どちらも本当に意味が分かっているのかは怪しいものですが、それでも映画館に連れて行くのは“R太郎と一緒に映画を観る”のが夢だった映画好きの苺パパのためでもあったり(^^)

早速絵も描いてくれました。

20100103

たくさんの風船で空を飛ぶ家を描いたのですが、左上の部屋にある茶色い物体はポップコーンだそうで。映画館に行くとドデカいポップコーンを3人で平らげる苺ファミリーです(^^;)



ところで、この映画がアメリカで上映されていた時にダウンロードしておいたこれ。映画にも出てくる『MY ADVENTURE BOOK』を模した体験型ワークブック(?)です。

“動物に似た雲を何個発見できる?”“家族にお話しを作って聞かせて。それは何のお話しだった?”“タイトルにAdventureと入っている本を読んで。”“好きな歌の歌詞を全部勉強して、両親に歌を聴かせて。”“このシーズンにした冒険を4つ書いて、バッジの絵を考えて。”など40の‘お仕事’をこなしてバッジを集めるという内容。

もちろんR太郎にはまだまだ早い内容ばかりですが、ちょっと面白いのでダウンロードしてみました。



それにしてもR太郎は映画館で映画を観ることに慣れてきました。今回はパパに肩車されて映写機も覗いたりと嬉しそうでした♪


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
HAPPY NEW YEAR!!!
あけましておめでとうございます。


大晦日の夜は、ママの仕事でちょっとしたトラブルがあり、午前零時を回ってもなんとなくスッキリしなかったのですが、それも先ほど解決しやっと年が明けた事を実感しています(^^;)

先日のクリスマスはジンジャブレッドハウス作りで相当頑張ったので、日本人としてお正月もきちんと迎えなければ、と今年はおせちも作ってみました♪ あとはR太郎と苺パパが起きてくるのを待つばかり。


今年の苺ママの親子英語に関しての抱負は、

・親子共々“楽しいと感じる”英語育児を続けること。
・良書探しのママ多読をやめないこと。
・少しでも新しい経験にチャレンジすること。

それから、ブログをダラダラと長文で書かない事かな(笑)
1年半も書いているのに、どうも簡潔に書けないもどかしさ(^^;) 


苺ママも日々精進!
今年もどうぞよろしくお願い致しま~す(^o^)/

↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ