苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
ORTステージ5を1冊音読!【音声付】
今まで自力で一冊まるごとは読んだ事がなかったOxford Reading Treeのステージ5。まだまだステージ5を通して読ませるのは体力的にも早いと思っていたし、読み聞かせのみでほとんど読みの取り組みなどしていなかったのですが、、、

R太郎の弟分、ぬいぐるみのクマちゃんに読んであげる!と読み始めたら、なんと全て読み切りました~!!!パチパチパチ☆

この本です。

Oxford Reading Tree: Stage 5: Storybooks (Magic Key): The Dragon TreeOxford Reading Tree: Stage 5: Storybooks (Magic Key): The Dragon Tree
(2003/09/11)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


発音は特に上手くないけど記念に音声のみアップ♪ 動画で撮影してなんと9分もあったので一部だけですが…
犬のフロッピーが悪いドラゴンに捕まって食べられそうになるシーンです。

R太郎が読む『The Dragon Tree』の音声(一部)

感情を込めて読んでいる部分も多いので、単語を追いながらもちゃんと内容は把握していると思います。


懐かしの1年前のステージ1を読む動画です。

さらにその3ヶ月前の“嘘っこ読み”。今観るとかわゆ~い☆


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


ウォーリーで学べ!
説明する必要もないであろうこの絵本。

Where's Waldo?: ReissueWhere's Waldo?: Reissue
(1997/10/06)
Martin Handford

商品詳細を見る


『ウォーリーを探せ!』です。上の本のタイトルは『Where's Waldo?』となっていますが、これは北米版タイトルで本国イギリスでは『Where's Wally?』だとか。

このウォーリー、古書・新書とも本屋さんには大抵あり、R太郎が一人で時間を潰せるので、苺ママが洋書絵本を物色中にはいつもお世話になっています(^^)b

我が家にも二冊ありますが、さすがにウォーリーがどこにいるかは、すぐに分かるようになってしまったので、今度は最後のページにリストアップされている、ウォーリー以外のアイテム探しを教えてあげました。


そこで最初は「A rocket」「A bathtub」「Three owls」「Santa Claus」など、R太郎の知っている単語をリストから自分で読み、探しては大喜び。「こんなのあったんだ~!」と、新しい使い方にR太郎も大満足。

そしてその内ちょい難しめの単語にも挑戦するようになりました。


例えば、
「A Boy squirting water」
苺ママも、もちろんR太郎も「squirting」の意味がわからず」(^^;)
でも探し出せました!きっとこれ!?

20100427a


辞書で調べたら“squirt=(ホースなどで)水を浴びせる”なんですね。

次に見つけたのは
「A boy who's not allowed any ice cream」

20100427b

これもR太郎は「これ、どういう意味?」と聞いてきても教えないでいると、「A boy」と「not」と「ice cream」を手掛かりに探し当てました。


そういえば、英単語をいくつか覚えていく段階で、『I SPY』系の絵本にとてもお世話になりましたが、ウォーリーはこういった動作を含めた単語も見つける内に覚えて行くのかも知れません。

動詞、形容詞の幅が広がるかな?
それと同時に本売場での苺ママの持ち時間も広がる事に期待です☆



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
のんびりと? 忙しい? 長~い日曜日
真っ青な空が広がった日曜日の朝。R太郎とふたりで、お誕生日にもらったばかりの自転車を乗り回そうと出掛けるも、いつもの公園で少し遊んでから、という要望で立ち寄ったのが運のつき。なんとそのまま4時半まで公園にいるはめになりました…(><)
こ、こんなつもりでは…

公園と言っても本当に小さな公園なので、近所のお友達が入れ代り立ち代りやって来ては帰り、、、
この狭い公園でどんだけ遊ぶんだ!ってくらいでした(笑)

帰って来てからは一人でお風呂遊び。長風呂ボーイのR太郎、暖かくなり更に出てこなくなりました(^^;)

お風呂の後は『Charlie & Lola』を聞きながらレゴ作り。

My First AtlasMy First Atlas
(1999/09/30)
Bill Boyle

商品詳細を見る


この本を引っ張り出してきて、久し振りに普通サイズのレゴで世界の建物を作っていました。ピサの斜塔、ローマのコロッセオ、アテネのパルテノン神殿などなど。最後にはそれに車輪や手足がついてロボット化!

なんだかもう忙しいお人です(^_^;)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

ORT ステージ6&7を読み終えて
R太郎の4歳のお誕生日に絡ませてプレゼントしてしまったOxford Reading Tree (ORT)のステージ6&7。

Oxford Reading Tree: Stages 6 and 7: Stories: Pack of 10 BooksOxford Reading Tree: Stages 6 and 7: Stories: Pack of 10 Books
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


開けた瞬間こそ落ち込みましたが、元々マジックキーの冒険が大好きなR太郎、毎晩全冊持って来ては読まされました。

といっても今週は苺ママの喉風邪や睡魔に勝てず、なかなか先には進まず(^_^;)、ようやく今晩10冊全て読み終わりました!!!! (今週は日本語絵本を1冊も読めなかった、、、)

今までORTと言えばステージ毎の6冊セットだったのですが、今回はステージ6と7が一緒の10冊セット。しかも5冊ずつではなく、ステージ6が6冊、ステージ7が4冊です。ストーリーもステージを股がりNo.1~10までの通し番号が付いていて、完全に続いている物もあります。

語数は400語~1,000語程度。全冊合わせると7,125語だそうで。
うわっ! 良書探しのママ多読でお馴染みの『Magic Tree House』や『Marvin Redpost』シリーズ1冊分より多いんですね、、、


でも語数が増えただけあり、今までよりずっとお話しの深みが出てきました。まあ、ORTはリーダー用なのでどうしても同じ語数の絵本に比べるとストーリー部分は弱いのですが、「あ!この表現は、あのストーリーで沢山出て来た!」と思うような事が多々あり、きっと下のレベルからずっと読んで来た子供達にとっては安心感と読める自信にも繋がると思います。

R太郎も内容は全て分かっているようでした。
お決まりの“あるはずのない所に落ちている眼鏡”や冒険のお土産を見つけては大喜びだし、内容について日本語でコメントすることもありました。

でもですね、、、、
当たり前だけど、まだこのステージまで読む体力はないんじゃないかな、と思います。まず長い!!!!
1センテンス毎は読めないことはないけど、1回で1冊読めるレベルの物を何冊も読んだ方が楽しいんじゃないかな?
そうなると、今のR太郎にはステージ3か4、時々背伸びしてステージ5を読んでみる程度でしょう。

読み聞かせ用に本棚には入れておきますが、どうせ読み聞かせをするなら、もっとストーリー重視の物が良いと思うし。当分、ステージ6と7はR太郎が持って来た時だけにしようと思います(^_^;)


そうそう、この本。
Oxford Reading Tree: Stage 6 and 7: Storybooks: the Broken RoofOxford Reading Tree: Stage 6 and 7: Storybooks: the Broken Roof
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る

大切なthe little houseの屋根を壊してしまう事から始まる冒険ですが、「うちの屋根も壊れちゃったよね~♪」と共通点を見つけて大喜び。先日壊れた屋根はthe men(大工さん?)達に直して貰ったのよね。ホントおんなじ、おんなじ(苦笑)
the little houseについていたキッパー達そっくりの子供達にもご対面! なんていう嬉しいお話しです(^_^)b



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうな
 コチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ


↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
お友達と作品作り★
R太郎が生まれて間もない頃からのママ友が、我が家に遊びに来た時にR太郎の作品を観て、息子君と一緒に絵を描かせてあげたい!という嬉しいお誘いがあり、プリスクールのお友達も誘って我が家でお絵描きをすることになりました。

、、、お絵描きと言っても、どうせなら一人でする事とは違う体験をさせてあげたい!

で、思い切って、本当に思い切って。
自分の人型を取って絵の具やクレヨンで好きなように描かせてみようかなと考えました!

実はこれ、去年プリスクールでやったことがあるんだけど、まだ小さかったし多分時間も短かったんじゃないかな。ママ達がいるとまた勢いも違うかな?と、家でも挑戦することに。

百均で絵の具や筆、お花見シートを準備。シートなんて要らないかなぁと思ったけど用意して良かった…。
床はすぐに絵の具の海でした(^^;)
開始15分で後悔した程(笑)

いやぁ、でもみーーーんな素晴らしいパワーで、すぐ飽きるかもなんて心配を他所に、絵の具を混ぜてドロドロにしたり、足の裏に塗ったり、バケツの水に手を入れては紙の上に擦りつけたりと、長時間取り組んでいました。1歳の赤ちゃんも、普段絵をあまり描かないという子も。

別に人型に切りたくなきゃ切らなくてもいいんです!
紙の上に描かなくてってもいい!
顔の部分に目鼻を描かなくてもいい!
ワクワクして、考えて、楽しければそれでいい!

今回、本当に子供達のナチュラルなパワーを感じました☆

20100422


・・・・・・・

ちょっと強引かもしれないけど、英語に照らし合わせると、
幼児期、文字に興味がなければ無理矢理薦めることはないと思うんです。単語に興味がないのにフラッシュカードなどで覚えさせる必要ないんじゃないかな。「英語のDVDは観たくない!」と言っているのに、観なさい!というのは嫌いにさせるだけ。

親である私達は、焦らず、型にはめず、子供の興味を素直に受け入れて(それが自分の興味と相反するものだとしても)、ちょっと先を見つめた楽しい環境作りをして行けばいいんじゃないかと思うんです。

子供は、絵も言葉も本当は好きになるように出来ているのでは? 苦手意識があって最初は遠巻きに見ていても、楽しそうなら誘わなくても寄ってくる。“自分の意思でやっている”ことには、予想以上の結果も付いてくるものだと思います。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳になり、試しにコチラにも登録してみました。
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ


↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
3歳11ヶ月のR太郎【まとめ】
今日は4歳になって初めての登園。
スクールバスに乗る時に先生から「How old are you, R-Taro?」と聞かれ、「I'm 4 years old!!!!」と嬉しそうでした♪

ではでは今月のまとめです(^_^*)


【3歳11ヶ月のR太郎】

●お城や宝箱がプチブーム。
 レゴで作ったお城をそっと移動させていたので
 「Be careful~」と声を掛けると、「Be careful, Be castel~(^^)」
 とっさに思いついたダジャレに作品を震わせ笑う。

●『Fox in Socks』『Cat in the Hat』『Green Eggs and Hams』など
 ドクタースースの絵本をとても楽しんでいる。

●手作り教材でSilly Sentence(馬鹿げた文章)を
 作っては大笑い。久々の大ヒット!!
 「I have something that you want」
 「Michael want(s) to step on the stage」
 などドキッとするような文章も作る。

●プリスクールで年少に上がり、急に園生活を楽しみにするように。

●ひらがなも随分読めるように。

●BANKについて聞くと、、、
 「iPhoneを買う所だよ!」と答える。
 、、、それは“SOFT BANK”でしょー(爆)

●冷蔵庫の中身とスペルを書き取り、
 「CHECK!」と言いながら一本線で消すオリジナル遊びの
 ショッピングリスト作り
 
●在日外国人向けの古洋書店で、
 その雰囲気と店員さんとの挨拶でときめく☆

●4歳になり、補助輪付きMTBを乗り回す。

●ゴミ分別に興味を持つ。
 「Is this burnable or unburnable?
 (これは燃えるゴミ?燃えないゴミ?)」

 と毎回聞き、ゴミ箱に表示をつけてと求める。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
Earth Dayでゴミ分別
4歳になったので、3歳11ヶ月の記録や3歳のまとめなど書こうと思っているのですが、今日は忘れない内に別の話を。

4月22日はEarth Day(地球の日)で、R太郎のプリスクールでは、毎年この時期地球の事、ゴミの事などをテーマ取り上げています。近所の道路などに落ちているゴミを拾うイベントもこの時期。

教室にあるゴミ箱は普段から「Burnable(可燃ゴミ)」「Unburnable(不燃ゴミ)」と二つ用意されていますが、先週その分別について詳しいお話しがあったようで。

それからというもの、R太郎は家でゴミを捨てる時に嬉しそうに「Is this burnable or unburnable?(これは燃えるゴミ?燃えないゴミ?)」と確認してくれます。

実は我が家の住む地域では、可燃ゴミ、不燃ゴミ、リサイクルゴミ、瓶・缶・ペットボトル と4種類に分別するので、キッチンに4つのゴミ箱を置いています。

でも今までR太郎には、“ゴミを自分で捨てる”という習慣がつくのを優先して、特にどのゴミ箱に捨てるべきかについては話していませんでした。まあ、R太郎が捨てる90%以上は可燃ゴミなので、「ここに捨ててね」と教えるくらい。


今回「ゴミは分別して捨てる」という事を知ったR太郎。「ゴミ箱にBurnableとかUnburnableって書いておいて!」と言い出しました。ずっとやろうと思って先延ばしにしてきた作業を、まさかR太郎から言われようとは(^^;)

20100420

見づらいけどこんな感じで英語・日本語を併記しました。

20100420b


苺ママ自身、4歳の頃にゴミの分別なんて考えたことがなかったけど、どんなに小さくても地球に住む一員。教えてあげると意外に興味を持っているので、良い機会になりました♪

そう言えば、3歳の頃Starfallのゴミ分別ゲームが大好きだったR太郎。これってEarth Dayについての学習ゲームだったと最近知りました…(^^;)
ゴミを集める毎に徐々に森の動物たちが戻って来るので、清々しい気分になります♪


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

4歳になりました☆
まだまだ赤ちゃんと思っていたR太郎も、とうとう4歳になりました!

3800gとジャイアントベイビーだったR太郎。出産も大変だったんなぁ~(><)  超ビッグな子になるのかと思ったら、今は標準体型で「大きく産んで小さく育て」ていますが、健やかに育っていることが何より♪ この4年間、楽しい日々をありがとう!!!!


さてさて、今年は誕生日が日曜だったので1日誕生日を満喫し大忙しでした。

悩んだ末、苺パパ&ママからのお誕生日はこれ!

Oxford Reading Tree: Stages 6 and 7: Stories: Pack of 10 BooksOxford Reading Tree: Stages 6 and 7: Stories: Pack of 10 Books
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る

やっぱりこれか(笑)
あのですね、、、不安的中、プレゼントを開いた瞬間ど~んと落ち込んだR太郎。・°°・(>_<)・°°・。
4歳にもなると、いくら大好きとは言え誕生プレゼントが本じゃ落胆するらしく。

慌ててもう一つのプレゼントを。
ツイスターツイスター
(2008/10/10)
トミーダイレクト

商品詳細を見る

懐かし~♪
「Put your left hand on green!」とみんなで盛り上がりました。英語でも日本語でも左右がまだ混乱しているので、そういう意味でも良かったかも(^m^)

実はこのゲーム、以前から欲しいなぁとは思っていたんだけど、今回ORTをsa-chi21さんの記事で知ったenglishbooks.jpで買い、送料無料の8,000円の金額合わせで付けた物。予算的にはかなりオーバーなんですけど、完全に大人の事情です…(^_^;)

ところでenglishbooks.jpは、定価の15%OFFでORTを買えるし、発送時に数あるカタログの中から好きなだけ選んで送って貰えるし(ワークブックのカタログのサンプルも使えそう^_^)、8,000円以上ならとてもお得なお店です。

・・・・・

午後はジジ&ババのプレゼントの自転車を選びに。MTBを買って貰い、大人が自転車で15分ほど掛かる距離を早速自転車に乗って帰ってきました。もちろん補助輪付きですけど。

20100419

・・・・・

そして夜は一緒にバースデーケーキ作り。
R太郎のリクエストで初めての林檎ケーキを作ったら、お城型の可愛いケーキがSand Castel並に崩れちゃいました(^^;)。まぁそれもご愛嬌ということで。

20100419b


あ、ラッピングを開けた瞬間落胆したORTですけど、ステージ6と7は通し番号付きのお話しで、読み始めたらすっごく喜んでいます。よかった、よかった(^^;) レベルも緩やかながら上がり、一冊が長くなったので、今日は3冊目で苺ママが眠くなりジ・エンド。

4歳の誕生日、もうく~たくただけどブログだけは書いちゃう苺ママでした…

↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

Silly Sentenceまだまだブーム!
先日苺ママが百均のマグネットシートで作った英作文教材
『Silly Sentences Board (おばかな文章掲示板?)』(←使い方が間違っていたら教えてくださ~い!)と名付けて只今まだまだ熱は冷めません。アルファベットマグネットも今でも大好きなR太郎。こういう物が好きなタイプなんだと思いますが、いずれも百均でなんてお得♪


あまりに可愛い文章があったりで、R太郎が作ったセンテンスを記録に残しておきたいので、時々書き留めて置こうと思います(^^)
文法的に間違っていたり、冠詞、複数形sなど付いていない物も多いけど、それはそのままに。将来読み返して成長を感じられたら嬉しいかな、と。


【Silly Sentences Board (3歳11ヶ月)】

This is It
Sam is running on the monkey.
I do not like treasures.
Ultraman airplane is under the treasure.

Ultraman s Dad have a treasure
This is a orange banana
I have something that you want
stop running
Earth song
Thriller is scary
stop that airplane
Michael want to step on the stage

I like peachs
beat it
step stop
This is a banana airplane train.
R-Taro is a pink monkey.


曲名も含めマイケルジャクソンネタが多いです(^^;)
驚いたのは「I have something that you want」。
どこかの絵本で覚えたのかもしれませんが、、、、

君が欲しい物を、僕は持っているんだよ。

なんか大人ぁ~な3歳児です(笑)
やっぱりネタ元は絵本じゃなくてマイケルかなぁ(^^;)
古洋書店でときめく☆
プリスクールの先生と個人面談があり、R太郎がある程度英語の本が読めるのを話すととても驚かれました。

実は、面談が始まる前にも他の先生から「もしかしてR太郎は全ての単語が読める? レッスン中に指した単語が全部読めているみたいなんだけど、、、」と質問されたのですが、先生方は今までその事に気が付いていなかったみたいです(^0^;)

2ヶ月程前から、家以外でも初見の絵本を自慢げに音読することが増えてきたR太郎。プリスクールでもきっと読んでいるに違いないと思っていたのですが…。まあ、春休みが明けたばかりでようやくアクションを起こしはじめているのかも知れません。


先生方も、それならどんどん読ませた方が良い!とリーダー本のレベル分けを丁寧に説明、本も何冊か貸してくださいました~(^^)

「洋書は高くって…」という苺ママの言葉にも、近くの洋書専門古本店を紹介してくださり感激!
自転車での行動範囲内にあり、知る人ぞ知るお店だったようですが今まで全く知りませんでした、、、なんと苺パパは存在だけは知っていたようで(><) 早く教えてくれ~ぃ!

今日はスーパーへ行くついでに早速R太郎とそのお店に行ってみました。

小さな雑居ビルの中の細長いスペースに、所狭しと古本の棚が並び、店員さんひとりとお客さんは私達だけ。先生に薦められなかったらR太郎と二人で入るのを尻込みしたかも(^^;)

古本にしてはちょっと高めだけど、近所のブックオフよりは子供の薄いリーダー本の品揃えが良かったので、ドーラのリーダーセットを買いました。値札がついていなかったので、「How much is this?って聞いてみたら」と外国人の店員さんの前で言ってみたのですが、考えてみれば日本語でもお店でそんなこと聞いた事がないんですよね(^^;)

買った本を受け取って「Thank you!」と、はにかむのが精一杯だったよう。


お店を出て、何故か小声で興奮気味のR太郎。「このお店に明日も明後日も来よう!「Thank you!」「You're welcome!」「See you!」がすっごく楽しかった!また今度お話しする!」と。

プリスクールでネイティブの先生方に慣れているはずなのに、異国の雰囲気を醸し出すお店で、見知らぬ店員さんと交わした英語での挨拶は、予想以上に大きく心に響いたようです。ブックオフで洋書を買ってもこうは行かないので、時々イベントとして連れて行こうかな~


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


謎のショッピングリスト作り
今朝コーヒーを入れようと、買ってきたばかりのコーヒー粉の袋を開封したら、コーヒー豆でした…
あー間違えた(><)

で、久し振りにコーヒーミルの登場!
どうせなのでR太郎に挽いてみるか聞くと、二つ返事でやりたい!というので挽いてもらいました。

20100413

コーヒー好きの苺ママなので、R太郎も何度かコーヒーメーカーで入れてくれたことはあるのですが、そう言えば豆は初めて(^m^)

コーヒーが豆から作られている事、その豆の香り、ハンドルを回すと下の引き出しに見慣れたコーヒー粉ができあがること、豆が全てなくなると急にハンドルが軽くなる事、そしてまたできあがった粉の香り!!

もう全てに感動して目を輝かせる様子に、こちらの方が感激!
ホント感動って日常生活のどこにでも転がっているもんだーと再認識しました(^-^)b☆

・・・・・・・・

そんなR太郎、とにかくキッチンの物に興味津々なのですが、今度は冷蔵庫に入っている物とそのスペルを尋ねてきました。

何をしているのかと思えば、画用紙にクレヨンで


TOMATO

POTATO

ONION

MILK

CHEESE

BUTTER

JAM



教わったスペルを書いては「CHECK!」と一本線で消しています。

、、、、それってショッピングリスト??
また謎の遊びを考えついたみたいです(笑)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ



Museum と Bank
日曜午後は半日仕事の苺パパと合流し、三人で美術館へ。
川面を真っ白に染める桜吹雪にうっとり♪

↓今年は花見写真がなかったので記念に一枚アップ
20100412

美術館にR太郎を連れて行ったのは久し振りだけど、そろそろ連れて行っても困らない程にはなってきました。「ここはLibrary?」と聞くので「Museumだけど、Libraryと同じように静かに見なきゃいけないんだよ。」と話すと、話す時もヒソヒソ声。本当に急にお兄ちゃんらしくなってきました。


美術館のカフェにアート系の幼児絵本が沢山置いてあり、この本の英語版を一緒に読みました。

きこえる きこえる (世界の絵本コレクション)きこえる きこえる (世界の絵本コレクション)
(1998/02)
マーガレット・ワイズ ブラウン

商品詳細を見る

『The Noisy Book』というタイトルだったと思うのですが、シリーズ物らしく、アマゾンには画像がなかったのでどの本か特定できませんでした(><)

目にゴミが入り、獣医さんに包帯をしてもらって一日を過ごすことになった子犬のマフィンくん。真っ暗な中、耳を澄ますと色々な音が聞こえます。

実は2歳の頃このシリーズを図書館から借りた時はまったく反応がなかったですが、今回は大喜びで読んでいました。

・・・・・・・・・・・・


家に帰る途中、バスの中から見えた銀行の看板を見て「BANKだ!」と嬉しそうに叫んだR太郎。

少し前、プリスクールの遠足で行ったキッザニアで銀行に入ったようですが、「BANKに行ったよ!BANKではお金がもらえるんだよ。」と、いまいち理解できていなかったので、今回も「BANKって何をする所か知ってる?」と聞くと、、、

「うん、知ってるよ! iPhoneを買う所だよ!」
↑自信満々!(^o^)

???
一瞬あって気がつきました。
、、、それは“SOFT BANK”でしょー(爆)

“SOFT BANK”は会社の名前で、本当のBANKじゃないんだよ(^^;)
と、銀行の説明とSOFT BANKの説明をするも、やはりR太郎にはわからなかったようです…


そうそうiPhone買いました♪
もうなんでも出来そうで、電話付きオモチャを手に入れたよう!
子供用の無料ソフトもいくつかダウンロードして、電車の中で見せたりしてみたけれど、やっぱり幼児にあの小さいデジタル画面を見せるには抵抗がありますね。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ





やっぱり4歳って急成長する歳!
年少になって、すっごく楽しくなったらしい!

「毎日プリスクールに行きたい!」なんて積極的な様子。人数が少なくなり教室が広いのが嬉しいとか。学年が上がりレッスンも少しだけレベルアップしたし落ち着いてできるのも楽しいみたい♪
今までは出来ればオウチにいたい赤ちゃんだったのに、急に成長した感じです。


それにしてもあと一週間ほどで4歳になるR太郎。ここに来て、ひらがな、そして少しだけカタカナも急に覚える意欲が出て来たようです。あれよあれよという間にどんどん読めるようになって来ています。

絵本を読んでいても、英単語を読めるようになった時期と同じように、「○○ってどこに書いてあるの?」と読んでる脇から聞いてきます。

面白いのは、ひらがなを「文字」ではなく「単語」で覚えようとしているみたいです。まるでサイトワードを覚える様な感じなので、これって英語の影響なのかな?と思ったり(笑)

数に関しても、おもちゃを数える時に「8個だからあと2つで10個だ!」とか、図鑑の目次で見たいページをチェックしてそのページを探したりが楽しいらしく、昨日はプリスクールから、100までのポケモン点繋ぎプリントを選んで持って帰って来ました。数の敏感期??

4歳になるって急にお兄ちゃんになるんだな~と実感。

それにしても、4歳の誕生プレゼントはどうしよう、、、
ジジ&ババからは自転車をプレゼントして貰う事になっているんだけど、パパ&ママからのがまだ未定。親子共にもうオモチャは要らないかな~と思っているのに、良いプレゼントが思いつきません。

苺ママはOxford Reading Tree(ORT)のStage6 & 7は欲しいし、R太郎も来れば喜ぶだろうけど、なんとなく教材がプレゼントじゃね。それ、ママが欲しい物じゃん!ってとこだし。しかもこれだけでも十分予算オーバーなので、他の物も付けられないし(^^;)

そうは言ってももう悩んでいる暇はないので、トイザらス行きになるかもしれません(^^;)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

ようやく年少に
あー、本当にようやくです。

1歳になってすぐ保育園、3歳で今のプリスクールと、「園生活」ももうすぐ3年になるわけですが、ようやく幼稚園児の歳になりました♪

今日からはプリスクールでも年少クラスに進級。未就園児クラスは2歳前から入園できるため在籍児15人強でしたが、年少クラスはその半分程とグッと少なくなってのスタートです。

年少からはアルファベットの書き方やOxford Reading Tree(ORT)も始まるし、会話を練習する時間も毎日あるので、今までよりお勉強要素も入ってくるようでドキドキ(←ママが)。



さて、R太郎はと言うと、例のマグネットシートで
「the boy likes girls.」
なるセンテンスを作ってウキウキ顔。

「これ、どういう意味?」と聞くと、「男の子は女の子がだ~い好き!ってこと♪」だって(^^;)

ボーイは単数、ガールは複数形と使い分けている所に意味はあるのかしら???

以前から女の子には“特に”優しく、保育園でも今のプリでも、先生方から“リトル・ジェントルマン”と呼ばれるR太郎も、徐々に“リトル・エロおやじ”っぽくなって来そうで怖いです(苦笑)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

Silly Sentence作りに夢中♪
先日ちゃこさんの記事を拝見し、『Magnetic Poetry』というマグネットシートに書かれた単語を繋ぎ合わせてセンテンスを作るという教材に一目惚れした苺ママ。

教材自体はアマゾンでも買えるみたいだけど、ちょうど使っていなかったマグネットシートがあったので、試しに作ってみました♪

R太郎、単語を考えて何個かシートを切っている最中から食いつく食いつく(*^o^*)

「This is It」
最初にいきなりこれを作る所が「らしい」です、、、

20100405a

少し下火になって来たとは言え、まだ心に火を灯し続けるマイケルジャクソン(爆)

それから“train”“rocket”“banana”“monkey”“Ultraman”“Shinkenjar”、、、とセンテンスの中に入れたら喜びそうな単語を作り、いざ!

20100405b
「Sam is running on the monkey.」
(サムはその猿の上を走っています。)
「I do not like treasures.」
(僕は宝なんて嫌いだ。)


これ、すっごく楽しいです!

できたセンテンスを一単語変えてSilly Sentence(ばかげた文章)を作っては大笑い。「次はこの単語書いて」と次々に単語を切っていたら、すぐにマグネットシートがなくなってしまいました…(^^;)

もう一枚買うまではとりあえず、厚紙で代用↓
R太郎も厚紙に頑張って書いてます(綴りや鏡文字はぐちゃぐちゃですが。)

20100405c.JPG

「Ultraman airplane is under the treasure.」
(ウルトラマン・エアプレンはその宝の下にあります。)
↑わかるような、わからないような、、、


5~6語の単語なら自分でセンテンスを作り、順番を間違える事なく並べられそうです。"a"や"the"の冠詞は付けたり付けなかったり。

2行程の長いセンテンスになると混乱し始め、全体の文章がどんどんグチャグチャになりますが、まずは1行に収まるような文章をもっともっと沢山作って、少しずつ形容詞も加えながら、楽しんで定着させて行こうと思います。

この手作り教材は久々の大ヒットになりそう!
早く百均でマグネットシートを買ってこなくっちゃ♪


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


This Book is DANGEROUS!
Twitterを始めてみて、他の人とコミュニケーションを取っているわけでもないし、どうも間違った使い方をしているんじゃないかと思いますが、毎日の絵本の記録としては便利に使っています。

英語で読み聞かせた本/読んだ本を記録しようと思うと、日本語の絵本読みが少なくなって来てしまったので(^_^;)、今日からは日本語の本も記録してみました。

・・・・・・

さてさて、今日読み聞かせた英語絵本の中で唯一苺パパが読んだ本『Fox in Socks』
(↓リンクはCDつきです。CDなしの本もあります。)

Fox in Socks Book & CD (Dr. Seuss: Beginner Books)Fox in Socks Book & CD (Dr. Seuss: Beginner Books)
(2005/01/05)
Dr. Seuss

商品詳細を見る


いつもパパ担当のこの絵本。ドクター・スースらしく、ナンセンスで「くど~い!!!」と言いたくなる内容。
人が良さそうなでお節介、彼に捕まるとどこまでも追いかけられる!そんなドクター・スースの定番キャラ(?)は、今回Fox in Socks君。彼がMr.Knoxに早口言葉をどんどん薦めます。これが、また逃げても逃げても追ってきます(苦笑)

YouTubeに映像がありました。

苺パパが読んでいる内に段々わからなくなると飛び出すのがこのページ!

20100403

これは絵本の扉ページです。
時々、「ドンドンドン!」というノック音と共にパパがこのページに戻るので、いつ飛び出すかドキドキするらしく、パパの読みがしどろもどろになって来ると、ヒャーヒャー言ってニヤニヤしてます。

この絵本、本当に読み聞かせの意味があるのか、、、
読み手の試練でしかないような気もする本ですが、R太郎が大好きなことには間違いありません(笑)



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
Be careful, Be castel~
春休みが明けるまであと1週間。R太郎、この2週間ですっかり甘えん坊になってしまいました、、、(^^;)

早朝どんなにママがそーっと起きてもすぐに気がつき泣くし、一日中遊んで遊んでとまた泣く。

仕事も家事もなかなかやらせて貰えない程なので、今日はジジババのお家で預かってもらうことに。けどやっぱりすぐに帰りたがったらしく帰宅(^^;)
あー新学期が待ち遠しい~

・ ・ ・ ・ ・ 

英語は時々話したくなるようで、1日数回は勝手に英語モードになって話し掛けて来ます。といっても3分間ぐらいで元に戻りますけど。話す文章は徐々に「ほー」と思う言い回しを使っているのだけど、ママは何を言ったのかいつも忘れてしまいます(^^;)

ただいまのプチ流行は「Castel」。

こんな絵とか
20100401b.jpg

こんなブロックとか
20100401a

作品作りに変わらず没頭するR太郎。お城の中にはトレジャーボックスが必ず入っている所が拘りらしいです(^^)


今朝は、昨晩作ったお城の大作をそーっと移動させていたので、「Be careful~」と声を掛けると、「Be careful, Be castel~(^^)」と、とっさに思いついたダジャレが我ながら可笑しかったらしく、よれよれとお城を揺らしながらプププ笑っていました(爆)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ