苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
タンブルブックス、こっちの方がお得だそうです♪
3年前の親子英語ブロガーのますぷぅさんの記事で知った
絵本動画サイト 【タンブルブックス(Tumblebooks)】
既存の絵本が動画で大量に読めるんです!!!

20110128


しかも誰でも、いつでも、無料!
登録やパスワードなど一切不要です!
(図書館や学校がお金を払っているので、一般の人はそのリンクから入れば全て無料♪)
アメリカのこういう機関ってすご~い太っ腹!
ネットを通じて日本からその恩恵に与れるなんて良い時代になりました。

ますぷぅさんが以前紹介された時は大反響だったそうで、親子英語育児をされている人達の常識ぐらい人気でした。

あ、今でも常識ですか?
ブログって月日が経つとなかなか日の目を見ないので(^^;)
ご存じない方はぜひ、ますぷぅさんの記事をご覧になってください♪



それで本題ですが、先日、これまた親子英語ブロガーのタエさんがもう一度記事にして下さった所、まるママさんという方から、より機能が充実している図書館のリンクの紹介がありました!

親子英語ブログの情報交換力、、、、驚きです(^^)


図書館のサイトからして英語なので、苺ママは詳細に説明する自信がないので、タエさんのブログ情報をほとんどコピペさせていただきますね。




SPOKANE COUNTY LIBRARY DISTRICT(図書館)
↑ここをクリック

すると、ドン!とTumblebooksのコピー用紙のキャラクター(注:コピー用紙じゃないです!)がお出迎えしてくれるので、ソコをクリックすればTumblebooks内に入れます。

このリンクを置いている、SPOKANE COUNTY LIBRARY DISTRICT (図書館)のトップページも一応載せておきます。
左端項目でkidsをクリックするとプルダウンが降りてくるので、そこでtumblebooksを選んば、先ほどのページに行くことができます。


入り方のURLを間違えました!詳細は下記の【追記!(2011/2/11)】をご覧下さい。↓


story books(赤丸)で絵本を見る時、view by detail(本の詳しい説明がある方)で、Napa City-County Library より多くの機能が使えたり、Napa City-County Library からでは、Gameしかできない絵本でも、Tumble quiz(音声付確認クイズ)5問ができたり、この本を読みながら、こういうことをやったらいいよというlesson planという提案があったり、ブックレポートを書くヒントがあったりします。

もちろん全て無料です。登録も必要ありません。



Napa City-County Libraryとは、ますぷぅさんが以前紹介された方の図書館リンクです。
 もし上手くアクセス出来なければこちらの図書館からどうぞ。
 右下のコピー紙のキャラを押せば入れます。


どうしてアクセスするリンクによって使える機能に差があるのかは不明です。。。。
タンブルブックスのサイトに明記されていますかね???
ご興味のある方は調べてみて下さい。


このサイト、本当に素晴らしいので一度アクセスしてみて下さい。
苺ママはここで読んだ本が気に入って、実際図書館で借りた本もあるくらいですから(^^)

ちなみにこの本です↓
The Dot (Irma S and James H Black Honor for Excellence in Children's Literature (Awards))The Dot (Irma S and James H Black Honor for Excellence in Children's Literature (Awards))
(2003/09/15)
Peter H. Reynolds

商品詳細を見る



【追記!(2011/2/1)】

ごめんなさい!
お得なタンブルブックスへの入り方を間違って書いてしまいました!


図書館のサイト内でタンブルブックスへの直リンクページがあるのですが、そこから入るとルール違反だそうです。図書館のトップページから順を追って入って行かないといけないということですね。
(紹介したページが直リンクページにあたると思わなかったので申し訳ありません。)


で、肝心のタンブルブックスの入り方!
自分で書く自信がこれでより一層なくなったので、ますぷぅさんの記事をご覧下さい。。。。。

↓↓↓↓↓↓ますぷぅさんのとても丁寧な説明
【無料でたっぷり絵本動画★Tumblebooksタンブルブックス(またまた追記)】




↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
「Popular Mechanics for Kids」に夢中♪
週末、ようやく元気全開になったR太郎と二人で上野動物園へ。

今回、R太郎が考えたテーマは「トレジャーハンティング」。
入口で園内地図(英語)をもらうと、一番遠い位置にあるアイアイが宝物を持っているとかで、そこまで自分が案内すると言い出しました。苺ママには日本語地図。「Follow me!」だそうで(笑)

バッファローのお昼寝、ゴリラのひなたぼっこ、象のランチ、毒蛇や毒ガエルのかくれんぼなどのチェックポイントを通り地図を頼りにアイアイまでー

ファンタジーな世界に遊ぶR太郎でした(^^)

/////////////////////////////


ここ数日、なおぱぱさんが紹介されていたこのDVDに夢中。

Popular Mechanics for Kids: Firefighters & Other [DVD] [Import]Popular Mechanics for Kids: Firefighters & Other [DVD] [Import]
(2006/08/08)
不明

商品詳細を見る


このDVDに関しては、なおぱぱさんが書かれていた科学番組という位置づけよりも、小学生の突撃お仕事体験-セキュリティー版- といった感じですが、"Popular Mechanics"というのはアメリカの一般向け科学娯楽雑誌だそうなので、これも科学分野なのでしょう。

山火事の消防士に付いて実際の消火を体験したり、レスキュー隊で高層ビルの屋上からロープを使って降りたりと危険な現場でのドキドキ体験が続きます。

刺激的なシーンが多く、英語のスピードもカット割りもテンポが速いので、小学生向けかなとも思いますが、R太郎は内容を理解しているようで、苺ママに細かい部分まで説明をしてくれています。他のシリーズの宣伝も入っているので他のも観たいと懇願中。

希望はこれ↓ 。。。。。。。。。(((( ;゚д゚)))
出来れば他のにしてくれないかな?(苦笑)

Popular Mechanics for Kids: Slither & Slime [DVD] [Import]Popular Mechanics for Kids: Slither & Slime [DVD] [Import]
(2004/07/13)
Lawrence Arcouette、Leon C. Carswell 他

商品詳細を見る


「ちょっと科学に興味を持たせたい4,5歳のお子さんがいらっしゃるご家庭に」と、なおぱぱさんが勧められていたこのセットも気になります。。。↓

Popular Mechanics for Kids [DVD] [Import]Popular Mechanics for Kids [DVD] [Import]
(2005/11/08)
不明

商品詳細を見る


DVDが6本入って、アマゾンのマーケットプレイスで送料込みでただいま3,791円。
映像と言えばどうしてもアニメに偏ってしまっているだけに、こういったドキュメンタリー番組も観ていくのはいいかもと思います。

さて、次は一本買いか、それともセット買いか、、、、


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
4歳8ヶ月のR太郎【まとめ】
今月のまとめです。


【4歳8ヶ月のR太郎】

●今年4月から年長クラスに上がるかどうかは、
 園とR太郎の意志に任せようと決める。

●冬休み、先生にお借りした絵本を題材にトーテンポール作りや
 クリスマスにジンジャーブレッドハウス作りなどで
 のんびり親子英語。

●3カ国語バイリンガルを育てているご近所さんから
 英語がある程度話せるようになった今からは、
 話し掛ける言語をひとりひとつに決めて、
 “この人とはこの言語で話す”と子供のチャンネルを
 しっかり位置づける方が良い。

 というアドバイスをいただく。

 >これからの語りかけのアドバイスをいただく
 >語りかけについての補足

●風邪が長引き、お家遊び三昧。
 一年以上楽しんでいたORTのDVDで、
 文法などの部分の内容も理解しながらみるように。

●『ドラえもん のび太の恐竜』の「恐竜」という文字を
 じっと見つめて「のびたのかいじゅう?」と
 漢字を読もうとする。


最近の成長で気がついたこと。
人から質問されるようなことがあると、とても言葉を選んで考えながら答えています。その結果出てくる言葉は勿論まだまだ幼かったり、ちょっと日本語が変だったりするのだけれど、自分の言葉で真摯に答えようとしています。

去年末にプリスクールの先生と話した時、「R太郎が、どの単語を使って答えようか、迷って間を置くその瞬間がとても好きよ。」と言われました。英語でも一緒なんだ!

日本語でも英語でも、使える言葉が選ぶほど増えてきて、それをどう適切に使って相手に伝えようかと考えるようになって来たということなのでしょう(^^)



【今月よく読んだ英語絵本】
Frog and Toad Together←今月に限らずですが、いつ読んでも心が暖まるフロッグとトッドのエピソードには、親子共々飽きません。

Where Do Monsters Live? (Fun and Fantasy Learn to Read)←長らく手にする事のなかったCTPシリーズ6冊。なぜか自作チャンツ(?)に合わせて歌うように読んでいます。面白いと思ったらしく、CTP以外の本でもやっていましたが語呂が悪いそうで(笑)

※この他に今月もひとり良く音読もしていました。

【今月よく読んだ日本語絵本】
おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)←幼児向け児童書の読み聞かせが出来るようになってきたので、図書館の司書さんに相談していくつかピックアップ。同じ作家さんの『ダンプえんちょうやっつけた』と共に興奮して聞いていました。


【今月よく観た映像】
シュレック [DVD]シュレック [DVD]
←風邪の療養中、ヘビーローテでした(^^;)



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
今回のこと
R太郎の月のまとめを書く前に一言、と思い書き始めましたが、これを月のまとめの中に書くのもどうかと思い、今日はこの記事だけ残します。



例の記事への反論を書いてから一週間。苺ママのブログにとっては尋常ではない程のアクセス数と応援クリックに驚いた日々でした。
まずは応援クリックをしていただいた方々にお礼を言いたいです。

ありがとうございました。

なんだか火付け役になったのかもしれない私が書くのもなんですが、もうそろそろその火も鎮火して通常通りに親子ブログに戻れるといいなと思います。
例えば、人気記事ランキングに、お勧め教材の紹介記事が並ぶとか^^)
そうでないこの状況を不快に思っている方も多いことと思います。

こんな記事を書く事も、またそれを助長することになるのかもしれませんが、最後にちゃんと書いておきたかったのでごめんなさい!

今後、今回の事についてもう書くつもりはありませんが、一番伝えたかったことは、「全て鵜呑みにせず、その記事が書かれた目的をも、私達親ひとりひとりが考えて読んでいきたい」ということです。

それは、お気に入りブロガーさんや仲の良いお友達が見極めるものでも、もちろん私でもなく、ひとりひとりが違う価値観を持って決めるものです。

そして、その見極めの方向が違うからと言って、親子ブロガーさん同士対立するものでもないと思います。今回、私としては例の記事のことよりも、その後の意見で親子ブロガーさんが「あっち側、こっち側」と分けられた感があったのは一番残念な部分でした。

親の価値観、家庭環境、親の英語力、子供の性格など様々ですし、一人一人の取り組みや意見が全く同じはずがありません。なので、誰しもどっち側でもないと思うのです。

今回、「あっち側」だった方も、「こっち側」だった方も、これからもお互い楽しく自由に情報交換していきましょう!

これからも、みなさんの親バカブログを楽しみにしています♪



苺ママ


ピアノ、始めました…?
以前から“リズム感と耳がいい”と言われるR太郎。
半年前、海外で活躍するクラッシック音楽家の知り合いの結婚式に連れて行った時も、「R太郎はリズム感もパフォーマンスもとっても素晴らしいから、ダンスや楽器をすぐにやらせた方が良いよ!」と強く勧められました。(その時の日記)

ダンスは勝手にマイケル・ジャクソンから直伝中なので(笑)、楽器をやらせてあげたいなーとずっと思っているんです。本人は“バイオリンかチェロがやりたい”とか生意気な事を言ってますが、弦楽器って音階が簡単に取れないから、家で練習するにも親が音感がないと難しいとか。音楽には疎い苺ママ、、、撃沈です。

ところが、お正月にジジ&ババ経由で中古の電子ピアノを貰いました!
これはR太郎がピアノに興味を持つチャンス!と喜んだものの、「R太郎はバイオリンがやりたいんだから!」と。
ああ、やっぱりですか…(´Д‘)

ですが、その電子ピアノを見る内に、今度は苺ママが弾きたくなってきました♪

「音楽に疎い」と書きましたが、実は小学校低学年までピアノを習っていたんです…。練習なんてほとんどしない子でしたから、そりゃもうお恥ずかしいレベルで、弾き方なんてすっかり忘れ右手だけでもかな~り怪しい(><)

そこで、ピアノの先生をしているママ友に恥を忍んでお願いし、月2回程度教えてもらう事になりました。もちろん有料で♪

先週初めてレッスンを受け、家に帰って来てからちょこちょこ練習したら、意外にも両手で弾ける弾ける!
「天国と地獄」や「マイ・ボニー」、「はにゅうの宿」なんてかなり渋い楽曲のとっても簡単な楽譜ですが、ママ友先生に「弾けるようならどんどん進んでいいよ(^^)」と言われたので、今の所1日1曲ペースでマスターしちゃってます☆ 次のレッスンが待ち遠しい~!

昔取った杵柄?
そんなもの、私がピアノに関して持ち合わせているとは到底思えなかったけど、体って覚えているものなんですね~、自分でも驚き!



で、ふと英語の事を思い出しました。

小学校に入学すると、他の事が忙しくて英語を続けられなくなるケースが多いと聞きますが、そこまである程度の能力がついたら、その後すっかり忘れたように見えても、大きくなって本人の意思でまた始めようと思った時に、すぐに勘って戻って来るのかも????


あっ、また適当な事を書きました。
鵜呑みにしないくださいね(笑)

ともかく今はピアノを弾ける事が嬉しい~!!!!!
小さい頃、ピアノの練習もレッスンも逃げ回ってばかりいた出来の悪い娘を、何年か通わせてくれた母に感謝です!


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

体調不良のおうちシェフ
連休前に引いたR太郎の風邪。今週一応回復してプリスクールにも通ったものの、週末はやっぱりゴロゴロ寝ています。お友達の家で遊ぶ計画とか、ケビン先生のORT読み聞かせ会参加の計画とかお楽しみ企画もあったのですが。

体力はないけど気力はあるらしいR太郎は、絵本を読んだりブロック&工作&DVDを観たりと、おうち遊び三昧。

“シェフになりたいから何か作りたい~!”というので、先日ママ友のお父様に教えていただいた飾り巻き寿司を一緒に作りました。いびつですが、いちお~梅です。(笑)
20110116b

でもすごく喜んでいました。節分に恵方巻き代わりにまた作ろうかな?

↓この本もいただいたのですが、キャラ弁にも近い感覚で子供と作るには楽しいです♪
火も使わないから4歳児でも大丈夫。ヨット、ハート、アンパンマンと子供が好きそうなレシピ満載!

いちばんわかりやすい!飾り巻きずしの作り方―「飾り巻きずしインストラクター」検定教科書 (主婦の友生活シリーズ)いちばんわかりやすい!飾り巻きずしの作り方―「飾り巻きずしインストラクター」検定教科書 (主婦の友生活シリーズ)
(2008/01/30)
川澄 健

商品詳細を見る


怪しげな料理を画用紙に次々描き、これまた英語(?)で怪しい名前をつけてその絵の横に書き込む作業も。英語ではないんだけど、つけた名前通りにアルファベットで書いていて、それがちゃんと音と合っているからさすがというか(^^;)
自分のレストランのメニュー作りだそうですが、絵の中に書かれた料金も100円から7,000円まで幅のある設定(笑)

色んな事を少しやってはゴロゴロ床に転がる始末。
気力があるのはいいけど、早く体力戻っておいでー




↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

親子英語ブログの読み方
親子英語のブログに警鐘を打ち鳴らす記事が話題のようですね。ちょうど良い機会なので、苺ママが考える「親子英語ブログの読み方」について書いてみようと思います。

本当であれば、まず自分のブログの書き方を反省したりした方が良いのかも知れませんが、なにぶん他人が自分のブログをどう読み取っているかは分かりづらいので、“自分が、他の親子英語ブログをどう読んでいるか”について。

親子英語を始めた頃と今では多少違うので、時間を追って書きます。またまた長文あしからずー

///////////////////////////

まず、R太郎が1歳半の時。
自分の英語力をつけるのと同時にR太郎が将来英語を話せればいいな、と思い立ってネットで検索。その当時、親子英語のカリスマだったR-Trainのビコさんのサイトやブログに辿り着きました。サイトを熟読し本も全部読みました。お勧めの教材も買いました。
親子で遊びながら、そして褒めながら楽しく英語を勉強していく。という考え方に共感し、ビコさんの指し示す方向だけが正しい道に思えていた時期だったと思います(^^;)

そうこうする内に、他にも“親子英語”や“英語育児”という事をしているというブログにいくつか出会いました。そして、その方々がみなさん登録しているブログ村の親子英語を知りました。

まあ何ともカルチャーショック。カリスマでなくても、親が英語を話せなくても、試行錯誤しながら少しずつ成果を上げているご家庭がこーーーーんなに沢山! もしかして私にも出来る!?

いくつものブログを読み参考にし、その時一番自分に合っていそうな取組表をつける事から始めました。今日は絵本を何冊読んだとか中古DWE(ディズニー英語システム)のDVDやCDの何番を掛けたとか。

///////////////////////////

そんな事を続けて半年。R太郎は2歳になりました。
ここまでで半年間他の方のブログを読んでいて、自分のモチベーション維持には自らブログを書いた方が良いのではと思うようになりました。

自分でブログ書いてみると、今まで読むだけだったブロガーさんやブログは書いていないけど親子英語を頑張っている方々からコメントもいただくようになり、ブログ上でお仲間ができました。何人かは実際にお会いしてブログ上ではできない情報交換もするようになりました。

親子英語ブログを読んでいると、もう大人になったバイリンガルの方や、小学生、同世代、少し年下と色々な世代の様々な取り組みを知る事ができました。自分だけと思っていた悩みも、同じ様な時期に似たような悩みを抱えている方もいて、それがその年齢特有の物なのだと知る事も数知れず。

自分ではなかなか読まないような研究者の方が書いた記事の紹介リンクから、小難しい文章を読む事もあります(^^)

でも、こういう専門的な記事は、自分の経験がある程度ないとなかなか読み解けませんでした。
沈黙期、宇宙語、読み聞かせ、うそっこ読み、暗唱、ルー語、4歳の壁、9歳の壁(まだ経験してませんがっっ)、セミリンガル、、、、たった3年ですが色々経験し、ブログを読み比べ試行錯誤してきて、苺ママにはようやく研究資料が理解できるようになったのです。

///////////////////////////

さて、長々と書きましたが、今回話題になっているポイントは“素人の意見を鵜呑みにするな”という事ではないか思うのですが、まさにその通りだと思います!

ただこれは専門家の研究にも言えることのような気がしてなりません。
専門家の研究には多くの子供達のサンプルがあり、過去の研究にも基づいたものなのでしょう。とても参考になるし説得力もあります。ただ、子供の性格や得意不得意、成長速度、家庭環境は千差万別。また、急激に広まるネット社会で一昔前とは違ったコミュニケーションや学習方法も大幅に増えつつある中、“あれ?この説はどうなんだろう?”と疑問を抱くこともあります。

結局は専門家の方々の本や記事、そしてブログを読みつつも、最終的には自分の子供達を親の目で見て、情報を取り入れて行く必要があるのではないかと思うんです。

情報を鵜呑みにしない事は、親子英語に限らず、政治、教育、生活のあらゆる事で大切なことです。そして、このネット社会にこれから出て行く子供には、情報との付き合い方をこれから一緒に考えていきたいと思っています。



確かに親子英語ブログは、素人の不確かな情報や学習方法を披露し合う場です。
だけど、そのひとりひとりが自分の家庭での成功、失敗、試行錯誤、今まさに悩んでいる事を書くことで、それが英語育児中の親たちだけでなく専門家の方々の目にも触れ、両方の角度から日本のバイリンガル教育の発展につながれば良いのではと思う今日この頃なのです。




↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

ブックオフへ断捨離!
流行の(?)断捨離【だんしゃり】を実践中の苺ママ。

断捨離とは、日々何となく捨てられず溜まった不要・不適・不快なモノとの関係を断ち切り、生活をスッキリさせて運も呼び込もうという整理術だそうで。

実は苺ママ、モノを捨てられない女です、、、、、
それとは対称的に、モノをどんどん捨てる苺パパ。我が家には苺ママの垢が堆積するばかり(><)

それでブームに乗って断捨離と称し、今年に入ってから一日10分間不要品を捨てています。と言ってもまだ一週間ですがー



今日の断捨離は、いつも溜め込むモノ(本)の仕入れでお世話になっているブックオフに、買い取りをお願いしました。

段ボール二箱引き渡し。ネットで申し込むと自宅まで佐川急便が受け取りに来てくれました!もちろん送料も無料。
ここから申し込めます。アフィリエイトですみません…(^^;)
↓↓↓↓↓↓↓↓

ブックオフオンライン

買い取り金額はいくらになるかわかりませんが、いつかまた読むと溜め込んだ要らない本を思い切って捨てられて気分爽快☆

随分とスッキリした大人本棚。
ここにまだR太郎の本が買えるな、、、、、
と思ったとか思わないとかヽ(  ̄д ̄;)ノ


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

はじめてであう すうがくの絵本
またまた英語以外のお話しです。
お正月にブックオフで105円で手に入れたこの本。

はじめてであう すうがくの絵本 (1)はじめてであう すうがくの絵本 (1)
(1982/11/20)
安野 光雅

商品詳細を見る


多くの人から勧められる本はやっぱり良い本ですね。
風邪でプリスクールを休んでいるR太郎も苺ママと夢中になってこの本を読んでいます♪

ふとっちょで背の低い小人とやせっぽちで背の高い二人の小人が、不思議なノリで物と物をくっつけたり、仲間はずれを探したり。

数と数をくっつけたり離したりして、足し算や引き算を理解するという単純な物ではなく、女の人と魚をくっつけて人魚、時計とベルをくっつけて目覚まし時計、、、なんて話からゆっくりゆーっくり話が進み、“まっくろけの”“ぺちゃんこの”という言葉と絵をくっつけ合わせたり。

およそ“数学”という言葉からは連想出来ない物ですが、言われてみれば「そうか!数学とは数字や記号ではないんだ!」と大人も気づかされる絵本です。

絵もとても優しく美しく、なぞなぞを解く様に親子で1ページ1ページをいつまでも眺めています。この本を読んでいると、数学まで美しく感じてしまう苺ママでした。


あまりに心惹かれたので、図書館でシリーズ本をあと2冊借りてきました。3冊セットでもあるようです。あと2冊もいつか手に入れないと!(またブックオフで105円なら助かるのですが^^;)

はじめてであうすうがくの絵本セット 全3巻はじめてであうすうがくの絵本セット 全3巻
(1993/04/01)
不明

商品詳細を見る



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

病床でDVD三昧-シュレック、ORTのDVD
三連休の初日からR太郎が熱を出しています。。。
今日はお友達と会う楽しいイベントの予定だったのに、それもキャンセル。残念(><)

そういうわけで、2日間家に籠もりブロック&DVD三昧です。絵本はいまいち読む体力がないらしく、DVDを次々流しながらブロック作り。

『シュレック』なんて2日間で3回も観ました(^^;)

シュレック [DVD]シュレック [DVD]
(2009/03/06)
(声の出演)、ジョン・リスゴー 他

商品詳細を見る

どこまでストーリーがわかっているのかと思いますが、すごく楽しんで観ています。昔話のキャラクターが大勢出てくるので、そういう楽しみもあるこの映画。R太郎はジンジャーブレッドマンと、クリスマスにサンタさんから貰ったレゴドラゴンにそっくりのドラゴンがお気に入りです♪


そしてORTファンならご存知のこのDVDも大活躍。このDVD、買って2年近く経ちますが、ここに来てようやく本来の英文法などのお勉強部分に言及することができるようになりました。



買ったときから好きなDVDではありましたが、ORTが楽しめるからと言って、すぐに楽しめる英語の早さや内容ではないのは注意です。考えてみれば、ORTはリーディング教材。ネイティブの子供たちは、読むことは辿々しくても実生活では高レベルなリスニング&スピーキング力があるわけで(^^;)



日本語では、苺パパがレンタルDVDショップで借りてきた『ドラえもん のび太の恐竜』もヘビーローテ中。「恐竜」という文字をじっと見つめて「のびたのかいじゅう?」と。おしいっ(笑)
でも漢字を読もうとしたのは初めてで、英語の時みたいにやっぱり待っていればこんな風に勝手に読み出すのね、とワークを始めようかとなんだか迷っていた気持ちが少し収まりました。。。。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
日本語の取り組み-通信教育の資料を取り寄せてみる
さてさて、英語プリスクールに通うR太郎。最近ちょっと焦り気味の(?)我が家の日本語教育のお話です。

ママの語りかけは日本語に専念するとして、読み書きは?
日本の幼稚園・保育園に通っていて自然と知る事ができる日本の文化や歌は?

ゆったり構える覚悟が出来ていてもどうしても気になってしまいます (^_^;)

ワークばかりが学びではないとは重々解りつつ、試しに4月に向けて年中さん向けの通信教育の資料を何社が請求してみました。

■月間幼児ポピー ポピっこ(全家研)
■はなまるきっず(学研ネクスト)
■ドラゼミ(小学館)
■Z会幼児コース(Z会)

それに加えて、頼まなくても毎月DMが送られてくるしまじろう君も入れて(^^;)
■こどもちゃれんじ(ベネッセ)

幼児ポピーとはなまるきっずは、ワークとちょっとした知識などの紙媒体中心で月900円前後。
ドラゼミとZ会はそれに加えて添削ありで、ドラゼミ2,900円、Z会3,000円。
こどもちゃれんじは、お馴染みワーク&知識&DVD&おもちゃ…と盛り沢山で1,650円。


詳細な比較はここではしませんが、ダントツで惹かれてしまったのはZ会でした。。。。
実はZ会の幼児コースは昨年の4月に年長コースが、そして年中コースは今年の4月開講ということで、まだ誰も受けた事がない講座なのですが(^^;)

Z会というと大学受験の為の通信教育のイメージが強く、資料にも“2010年東大・京大合格人数”のようなページもあり、違和感を感じざるを得なかったのですが、、、

学びのきっかけと捉えた簡単すぎる程の毎日のワークには、答えがないような頭を使い表現する問題もあり、ある意味難しかったり。

メインは遊びながら親子で一緒に取り組む体験学習。糸電話やサラダを作ったり、声を使わないで隠したぬいぐるみを探したり。そしてその体験を絵に描きZ会の先生へ送るとお返事が返ってくるそう。

体験学習に必要な物は各家庭で揃えるので、教材と言われるおもちゃ系が全くついていません。それを各自揃えるという面倒くさい講座です。でもその理由は、その過程で大いに頭を使うから、という考えにも共感しました。

やってみたーい!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

とテンションが上がりました♪
R太郎がというより苺ママがです(笑)

、、、だけどよくよく考えてみると、これってやっぱり自分でもできることかも。
というか、今の我が家でやっている事?
虎の巻としてあればとても助かるけど、月3,000円は高すぎる、、、

しかも当初の目的である日本語の読み書き云々、、から随分脱線しているし(^_^;)

で、結論。
Z会に入ったつもりで、そのお金で本を買ったりしちゃお♪

でも、今回の資料請求で年中さんのワークレベルもよく分かりました。まだまだ定期的にワークをしなくてもいいかなぁと思っているところです。



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
リージョンフリーDVDプレイヤーを買いました♪
今まで我が家では、アメリカの輸入DVDはリージョン1にコードを変更したパソコンで観ていました。

イギリス(日本と同じリージョン2)のDVDも、普通のDVDプレイヤーではNG、なぜかリージョン変更していないパソコンでは観られるので、こちらももう一台のパソコンで鑑賞。

そういうわけで、どちらにしても輸入DVDは全てパソコンでしか観る事ができなかったのですが、このDVDはこっちのパソコンで、あのDVDはもう一台のパソコンで、、、と、とっても面倒。その内、R太郎も「テレビで観れるDVDだけ観たい!」というようになってしまいました(^^;)

そこで、最近少しずつ増えている輸入DVDを大画面のテレビで落ち着いて鑑賞すべく、年末にネットでリージョンフリーDVDプレイヤーを購入。昨日届きました♪



リージョンフリープレイヤーは、どれも海外のちょっと怪しげなメーカー製なので、作りは少し安っぽい感じもしますが、22×23cmと絵本棚の空きスペースに置けるほどの小さなサイズ。アメリカ物もイギリス物もちゃーんと見れました♪
値段もこれなら満足、満足(^^)

早速、去年の10月にハワイで買ってきた『SID The Science Kid』を開封。新しいエピソードに大喜びしていました。←今までパソコンでも観れたのにっっ(-_-;)

Sid the Science Kid: Weather Kid Sid [DVD] [Import]Sid the Science Kid: Weather Kid Sid [DVD] [Import]
(2009/12/01)
不明

商品詳細を見る


さー!これで今年はどんな輸入DVDを買おうかな?ふふふ


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
良書探しのママ多読 (28冊目)
R太郎が小学生になった頃読みそうな良書探しを兼ねた『良書探しのママ多読』

当初設定していたレベルは、苺ママの英語レベルを考えるとネイティブ小学校高学年から中学生程度。

でも、それと同時に最近気になり始めた“絵本とチャプターブックの橋渡し”レベル、つまり幼稚園児から小学校低学年向けの児童書も積極的に読み、ここで紹介していこうと思います。

今年中にR太郎もこの辺りの本に手をつけられるのでは、という予感もあるからです♪

さて、またもや前置きが長くなりましたが、今回の本はお正月にブックオフで購入したこの本です。



Nate the GreatNate the Great
(1977/04/01)
Marjorie Weinman Sharmat

商品詳細を見る

●ストーリー
パンケーキには目がないNateくんは少年名探偵。風船、本、スリッパ、にわとりや金魚、なんでも見つけます。
今日の依頼者は近所に住む女の子Annie。彼女が描いた黄色い大きな飼い犬Fangの絵がなくなったという事件。Annieの友達や弟の事情聴取や状況証拠から、果たしてNateは絵を見つけ出すことができるのか…

●語数/ママ多読の総語数
1,585語/184,014語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 1.4 (レベル1)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校低学年
読み聞かせは5歳ぐらいから



挿絵が1ページの半分を占めているのもこのレベルの本の特徴。単語レベルとしては今のR太郎がほぼ知っている程度。一文も短く、読みやすい場所で改行されているので、本を読むことにまだ慣れていない子供にも読みやすい作りになっています。ここが、この本がリーディング本として高い評価を得ているポイントなのでしょう。

会話文も多く、“I, Nate the Great,... (ぼく、名探偵ネートは...)”が口癖のNate君の堅苦しい(?)性格からか、繰り返し表現も多く読みやすい♪

そして事件解決もこの年代の子にわかりやすく描かれていて、この物語なら5歳ぐらいでも十分理解できる内容だと思います。

イラストも色遣いも絵本のような可愛らしさがあるこの本。確かに良書だと思います。シリーズ展開も嬉しいところ。今後も何冊か買ってみようと思います。


【関連リンク】
『Nate the Great』公式サイト
 シリーズ本26冊の紹介の他、アクティビティーも♪


★良書探しのママ多読 本棚
 今まで読んだ本が並んでいます♪
ブクログ



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
お正月三箇日は
元旦は苺ママの実家(苺グランマ邸)へー

、、、、と、その前に、最寄り駅で寄っちゃいました、ブックオフ初詣(笑)

な、なんと本&雑誌全品半額セール(105円商品を除く)をしていました!。。。。Σ(ノ°▽°)うはっ!

洋書の取り扱いもありましたが、この円高で最近ブックオフの洋書価格もインパクトが薄いので一冊のみ購入。

Nate the GreatNate the Great
(1977/04/01)
Marjorie Weinman Sharmat

商品詳細を見る


まだちゃんと読んでいませんが、絵本とチャプターブックの橋渡し的レベルの本だと思います。日本語にもなっている評価の高いシリーズ本なので楽しみ♪

洋書に対して日本語の本は10冊ほど購入。日本語強化計画の鼻息は荒く~(^^)

////////////////

苺グランマ邸で正月料理をたらふくいただき、一晩まったり過ごし、二日目は上野の東京国立博物館へ。

毎年ここで和太鼓や獅子舞が観れるというので、毎年話だけは上っていたのですが、今年ようやく行ってきました!

20110103a

冬の冷たい空気に鳴り響く和太鼓の演奏は感動でした♪

20110103c

R太郎、獅子舞に三度も噛まれて大興奮(^^)

博物館では尾形光琳の「風神雷神図屏風」など観て“何の神様かクイズ”で盛り上がりました(^^)←風神は三択で、雷神は一発で当てましたよん♪

////////////////

さて、今日三日目はR太郎&苺パパ&じじ&ばばでお出掛け。苺ママはおうちでゆっくりさせてもらっています(^^)
東京生まれで田舎のない苺家ですが、まったりのんびりーなお正月を今年も過ごしております(^0^)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


明けましておめでとうございます&我が家の方針
新年明けましておめでとうございます。
本年もみなさま楽しい英語育児の日々が過ごせますように!

大晦日の夜、新年になる直前にタイミング良く起きてきたR太郎。苺パパと近所の神社へ初詣に行ってきました。
「寒かったけど、ちょっと経ったら気持ちよくなったよ!空がすっごく綺麗で三つの星(オリオン座)も見えたんだよ!」と興奮して帰宅しました♪



さて、昨年中に立てる予定だった2011年我が家の英語育児方針。すっかり遅くなりましたが、新年気持ちも新たに書いてみます。


スピーキング:
今年もスピーキング力をつける基本はプリスクール。
今年は特に苺ママからの英語の語りかけは極力少なくします。
また、同世代のお子さんと英語で話したいので、プリスクール外でもそういった機会があれば積極的に参加したいと思います。スカイプ仲間も広がれば、、、という野望もあります(^^)

リスニング:
テレビ番組や映画のDVDは毎日観せたいと思いますが、未だうまく行かない音声のかけ流し。映画の音声のみをかけ流す事に抵抗をなくすのが目標。本の読み上げ音声(オーディオブック)も始められればと思います。

リーディング:
Raz-kids.comを今年も継続。レベルを上げる事より、既に読んだ本も何度か読んでも良いと思っています。
Oxford Reading Tree(ORT)は今持っているステージ7をすらすら読めるようになると良いのですが、もしそのレベルまで近づいた時、次のステージに進むかは悩ましいところ。そこまで到達すれば、アーノルド・ロベルのような、絵本とチャプターブックの橋渡しをしてくれるような児童文学を自力で読むようにしていきたいと考えています。

読み聞かせ:
日本語では幼児向け児童書を楽しめるようになってきたので、今年は英語でもそのレベルの本を読み聞かせられるようになればと思います。日本語では一冊二~三晩ほど掛かっているので、英語で読み聞かせるとなると苺ママにはかなり負担でしょうが、、、自分のスキルアップだと思って頑張ります!

ライティング:
去年の終わりに始めたワークブックも継続していきます。ただ、まだ“机に向かって集中して取り組む”ことを目的とし、しっかり覚えさせるような物ではなく、楽しくできる物を選んで行きたいと思います。
去年暫く流行ったお手紙遊びも発展させて行きたいです。好きな絵本の主人公とお手紙交換もできるといいなと思います。

創造力&表現力:
簡単な歌やお話、ポエムを作るようになったので、これを発展できないかと考え中。何かの形で人前で発表すると自信になるのかなとも。



さてさて今年はどんな成長をしていくのでしょう。早いものでR太郎も4月で5歳。今まで以上に何事にも自立して取り組める年齢だと思います。まだまだ親子一緒に取り組む事は大切にしていきたいですが、同時に自分の意志で行動できるようにサポートして行きたいです(^^)




【関連記事】
■New Year's Eveに思うこと(2009年の方針)
■まずは今年の目標を振り返る(2009年の成長)
■そして来年の方針(2010年の方針)
■2010年 まずは今年を振り返る(2010年の成長)


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ