苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
Raz-kidsはレベルGへ
地震の日から長い春休みに入ったしまったR太郎。さすがにママとの二人の遊びに煮詰まっていたのですが、今週はお友達の家へ行き来する事も多く、ご近所の小学生も春休みに入ったので家の前で勝手に遊んでくれて少し手が離れました♪

なので、その時間を使って忘れないうちに記録の更新だけでも。


会員制リーディング本サイトRaz-kids.comのレベルがレベルGになりました。
数日前、急に「Raz-kidsやりたい!」と一気に読了。

ではまず恒例のロケット内のスクリーンショット↓

20110331

相変わらず椅子や机、植物などをちょくちょく取り替えているので、あまり変わり映えしませんが、携帯電話を持って消えるエイリアン君(写真真ん中下)が目新しいところ(^^)

レベルFになったのが昨年11月末、それから4ヶ月掛かっていますが、おそらく数える程度しかアクセスしていません(^^;)

我が家のRaz-kidsの取り組みは、リーディングレベルを上げる教材としてというよりも、R太郎がそのレベルの本を読める様になった時に読んで「前より読める様になった!と自信につなげる」という意味合いの方が強いです。

そして、読めた本、クリアしたクイズはもう一度見返す事はほとんどないです。

同じリーディング本でもアナログのOxford Reading Treeは何度も読むのですが、これはデジタルの宿命なのか、それとも内容なのかしら、、、、?

とはいえ内容は科学、社会、おとぎ話、日常生活と幅広いので、Raz-kidsで読んだ事が話題になる事もよくあり、たった数度読んだだけでも記憶に残るお話が多いのかもしれません。

ゲーム感覚でレベルアップするRaz-kidsと、じっくりリーディング力をつけるORT、そしてもちろん単純にストーリーを味わう本にバランス良く触れあえれば良いかなと思っています。


/////////////////////////

それからRaz-kids話題をもう一つ。
以前、iPhoneアプリで読めるRaz-kidsの絵本を紹介しました。その時はレベルJまでしかアップされていなかったのですが、現在レベルPまで追加されています。各レベル一冊ずつ無料絵本もありますよ(^o^)




まだまだ原発事故の不安で、どーんよりしている毎日ですが、あと一週間の春休みを、できるだけ外遊び&おうち遊びと楽しませてあげたいと思います。



回文遊び
震災前に投稿しようと思っていた記録です(^^)

言葉遊びが好きなR太郎。
今一番好きなのは回文遊びです。

「なす」「すな」とか、「いか」「かい」など見つけては喜んでいます。

日本語では、この本に書いてあった技、「なす  すな」「ばか  かば」など単語の間に接続詞をつけることで少し長い回文を作っては大うけ~☆

声に出してあそぼう!声に出してあそぼう!
(2010/02/09)
不明

商品詳細を見る


で、この遊びは英語でもできないかな、、、と思っていたところ、苺パパが面白いビデオクリップを見つけて来てくれました。

20110321a
http://www.youtube.com/embed/Nej4xJe4Tdg


その昔、マイケルジャクソンのヒット曲「BAD」のパロディー「FAT」で日本でも一躍有名になったアル・ヤンコビックの曲「BOB」。この曲もボブ・デュランのヒット曲のパロディーです。

そして、このボブデュランそっくりの人が捲っている紙に書いてある文章が、全部回文なんです~!!!
やっぱり英語にも回文ってあるんですねぇ(^^)

「NO LEMON NO MELON」や「UFO TOFU」辺りは分かるので、張り切って「R太郎も作りたい!」と考え始めました。


まず最初に考えたのは、、、

20110321b

日本語だと、これだから、、、、これ?

20110321d

その数式は成立しないけど、なるほど目の付け所はいいわ~(笑)

そして次に「DAD」「MOM」など一緒に考えた後、R太郎君、すごい回文を思いついたらしく書き始めました!
出来上がったのはコレ↓

20110321e

R太郎作:初めての回文作品

AEAEA~!!!


ジェットコースターに乗ってる人の叫び声だそうです。
まあ、楽しければなんでも良し。
回文遊び、まだまだ続きそうです(〃^▽^〃)

4歳10ヶ月のR太郎【まとめ】
この一ヶ月が、特にこの二週間が、日本にとってこんなにも過酷な日々が訪れようとは…
改めて東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りし、被災された方々にお見舞いを申し上げます。

東北の被災地とは全く比べ物になりませんが、私たちの住む東京もまた、地震の起こったあの日から数々の不安に晒されてきました。特に原発事故に関してはどこかに避難しようかとも考えた程です。プリスクールも休園、公園から子供も少なくなり、家で遊ぶ事も多い日々でした。

そんな中、我が家では震災の起こった日から一日も英語に触れなかった日はありませんでした。

苺ママが勧めたのではなく、R太郎が絵本を読んだり、一人遊びをしたり、時にはDVDを観たりと毎日自然に英語に触れていました。そんな様子を観て、R太郎にとって英語は「あって当たり前の物」なんだな、と改めて思いました。

英語育児をされている何人かのブロガーさんが、「こんな時こそ学びをやめてはいけない」「今回、改めて英語の必要性、考えられる人間に育てることの必要性を感じた」と書かれていました。まったく同感です。

そしてR太郎は、それをママが言葉にしなくても、もしかして危機に遭遇した人間の本能かと思う程、この数週間は今まで以上に本を読んでいるし、日本語、英語ととにかくよく話します。そして手を動かしています。

ちょっと大袈裟?
でも、地震の事、津波の事、スーパーに物がないこと。トイレットペーパーがなくなった時の事。みんなの心を楽しくさせること。自分なりのお話を沢山してくれました。
子供なりにこの状況下で思う事もあるのかなと。

そんなR太郎のこの1ヶ月のまとめです。



【4歳10ヶ月のR太郎】

●空き箱工作をした後に設計図を描いたり、
 絵本の中の手紙を書く状況を真似して自分なりの内容で書いたり
 オリジナル絵本もどきを作ろうとしたりと、
 絵と文字を組み合わせるお絵描き(?)をしている。

●日本語と英語で回文に興味を持ちよく遊ぶ。

●苺パパや、久し振りに公園で会ったハーフのお友達と
 英語で話す時、かなり話せている、、、と思う。
 ↑もはやママには判断がつかず(^^;)

●ママとおうちピアノを始め、ドレミファまで楽譜を読んで
 音階を歌ったり弾けるようになる。

●タングラムやオセロ、神経衰弱が好きでよく相手をさせられる。

●両手でできる足し算に興味がでてきた。
 ママと二人で、両手で「足し算じゃんけん」をして遊ぶのが好き。

●ママの自転車の後ろを、一人で自転車でついてくるようになった。

●近所のコンビニに一人でおつかい。
 わからない事はお店の人に聞いたり頼んだりするように。



【今月よく読んだ英語絵本】
Curious George in the Snow←もう冬も終わり。今年は初雪ぞりを楽しんだR太郎はこの絵本で追体験していたようです♪

Each Peach Pear Plum (Picture Puffins)←これは春の本。有名なお話のキャラクターを探しながらライムに触れられます。各キャラクターの登場するお話を知り始めたので面白いらしいです(^^)

I Will Never Not Ever Eat a Tomato (Charlie and Lola)←プリスクールの先生から借りている絵本。この地震で返し損なっています…


※この他に今月もひとり良く音読、黙読もしていました。


【今月よく読んだ日本語絵本】

11ぴきのねことあほうどり←一緒にコロッケを作ってからお気に入り。「3個と3個と3個と2個で11個」ってところがツボならしい。ちょっと算数要素が入ってる気がする絵本です。

もりのゆうびんきょく (もりはおもしろランド (1))←はりねずみの郵便屋さん。間違って食べてしまった手紙の主を慌てて捜します(^^)


がんばろう!にっぽん!
前記事に書いた“親子英語ブログを書く私が出来る事。”の為に、R太郎にポスター(?)を描いてもらいました。

R太郎にお願いしたのは、

【がんばろう にっぽん】というコピーと一緒に
地震で毎日大変だけど、みんなが楽しくなるような絵を描いて♪


ということだけ。
出来上がったポスターです↓↓↓↓


666

春になり、土の上に新芽がたくさん出て来て、それが木になり、パイナップルやプラム、ブルーベリーがなる木が大きく育つそう。一本の木にはツリーハウスが。その木の一番上の緑の葉っぱは笑っているそうです。
コピーの文字がカラフルなのは「その方が楽しいきもちがするかな~と思って」だそう。


放射能が心配でここの所家に籠っていましたが、連休は久し振りに公園へ。桜の蕾も大きく膨らんできましたね。


がんばろう!にっぽん!
大人も子供も自分の出来ることから。



親子英語ブログを書く私が出来る事。
原発、余震、大規模停電の恐れ、交通機関のダイヤの乱れ、食品・生活用品等の買い占め、、と、東京もまだまだ不安な生活が続いています。お米は一週間食べてないし、トイレットペーパーもあと2ロールしかありませんが、まあどうって事はありませんf^_^;)

今私には節電や買い占めをしない事ぐらいしか出来ませんが、復興への支援が必要なのは今この時期だけではありません。今はどこのチャンネルを回しても震災のニュースしか流れていませんが、それも何ヶ月も続く訳ではないでしょう。そして、被災地以外の人々の復興支援への関心が今よりは薄らいで行くかもしれません。



そこで、親子英語ブログを書いている私が継続して出来ること。

私のブログのリンクから英語絵本やDVDなどを買って頂いた際に入る紹介料(アフィリエイト)を、まずはこれから一年間、被災地への支援として全額寄付することにしました。それ以降はまた状況をみて考えます。

、、、と、言っても、当ブログのアフィリエイトはそんな多い額ではありません。一ヶ月では最少支払額に満たない程ですf^_^;)

ですが、支援する気持ちを風化させない為にも、節電が切実な状況ではなくなった後に、今まで紹介した絵本などについても少しずつ整理し、アフィリエイト料金も公開して行こうと思います。

苺ママ自身ずっと整理したいと思っていたし、他の英語育児をなさっている方々の参考になるのであれば、それは今の私に出来る事の一つだなと思います。



頑張ろう!日本!
Pray for Japan!!

緊急地震速報アプリ for iPhone
緊急地震速報がiPhoneに届くアプリです。
アプリを起動しなくてもOK。実際使いましたが、ラジオより数秒早く通知が来ました。
地震が来る前に数秒でも準備が出来ます。

ゆれくるコール for iPhone
http://itunes.apple.com/jp/app/id398954883?mt=8

ダウンロード後、通知震度と予測地点の設定をして下さい。


iPhoneから送信




【3月16日 追記】
場合によっては地震後通知や予測震度が間違っていますが、ないよりあった方が安心です。
昨夜の静岡の地震も1分程前に通知が来ました。
R太郎は机の下への避難がとても早くなりました( ´ ▽ ` )ノ


地震、そしてできること。
東北地方太平洋沖地震では、未だ刻一刻と被害が広がり報道を観ていても言葉になりません。



金曜日、R太郎の年長のカルキュラムなどについて個人的に先生に伺えるということで、プリスクールに行きました。ネイティブ先生と話し始めて間もなく、、、グラグラ~と大きめの地震。

すぐに廊下にいた子供達に「机の下に隠れなさい」と先生。言われた子供は面談していた教室の机の下に大人しく隠れました。すると、どんどん揺れは大きくなり生まれて初めての揺れで、私も怖くなって来て、空いている机の下に隠れました。

暫くすると、廊下から先生が「庭に出なさい!Go!Go!Go!」と誘導があり、机の下にいた子供達と一緒に外に出ました。園庭では、真ん中に子供達が座っていて、その中にR太郎の顔が見えた時は正直顔が緩みました( ´o`)п

何度も余震があり、携帯電話も通じず、空港に降りれない飛行機も低空で飛んでいるのが見えたりと、大人にとってはとても不安な状況だったのですが、2歳から年長まで子供達のどの子も泣くこともなく、先生方に周りをガードされながら座り、手遊びをしたりEarthquakeについて先生方と話しています。なんだか和やかな雰囲気で(^^)

結局、私たちは1時間程待機してから自転車でプリスクールから近い苺パパの実家へ行き、そこで一泊しました。
電車が運休していたので苺パパは仕事先から夜何時間も歩いて実家へ帰宅。。。
苺ファミリーにとっても、それなりに大変な一日でした。

今回、偶然にも苺ママがプリスクールにいた事で、R太郎と一緒で良かったという事もありましたが、緊急時の先生方の対応がとても冷静で、また全て英語で指示されているにも関わらず、園児達もとても落ち着いて行動しているのを目の当たりにし安心しました。


////////////////////


苺ママは阪神大震災の時は、ボランティアで数週間被災地に行きました。震災2週間後、特に使えそうな能力も腕力もお金もない苺ママでも、片付けや被災された方々とのお喋り、物資の配布などやれることは山ほどありました。
(※ボランティア団体が現地に基盤を立ち上げ報道された後です。その前に現地に赴く事のないように。)

とは言え、小さな子供のいる私達には実際に被災地には行くのは難しいと思います。でもきっと一人一人できる事が何かあると思います。今、何も思いつきませんが、例えばタエさんのブログで「東北地方太平洋沖地震 情報まとめ」という記事も見かけました。自分にできること、何かあれば小さな事でも行動しましょう!


東京でも今でもまだ何度も余震があります。我が家はボロ家なので、今も緊急地震速報で警戒しながらこのブログを書いています。電力供給不足の事を考えても、しばらくブログの更新頻度が減るかもしれませんが、元気ですので心配なさらずに~(^^)

個人面談
プリスクールの個人面談がありました。

昨秋から年中クラスに入っているR太郎ですが、年中クラスとも本来の年少クラスとも仲が良く、英語の方もどんどん上達しているということ。

プリでのR太郎はシャイならしく、自分から積極的に前に出る方ではないらしいです。ルールもよく守る優等生タイプみたい。

ただ、クラスではとても影響力があるんだそうで。
お調子者ではないけれど、自分が出る場だと思った時はしっかり自分を表現するからだそう。

ほうほう!それは賢い振る舞いではないですか!!!! 
と喜んでいると、

「For example、、、」と言って、フッと笑う先生。

「今までプレイタイムで音楽を流すと言えば、みんなビートルズを聞きたがっていました。でも最近は、みんな口を揃えて“マイケルジャクソンを聞きたい!”と言います(笑)」

は~、そこですか。。。。(*≧m≦*)



さて、迷っていた4月からのクラスですが、R太郎は年長を2年やりたいと言っているし、4月からもそのまま上がる事になりそうです。

年長クラスでは、毎日の日記やリーディング、短期&長期で様々なプロジェクト、ディスカッションなどあるそうで、幼稚園レベルではあれど、お勉強要素が強いようなので不安ではあるのですが、、、

まあ、本人も今まで上の子供達のしていた事を垣間見て来ているようで、楽しみにしているのが心強くもあり。

来月からどうなりますことやら~


////////////////////////////////


クリスマスプレゼントのレゴクリエイター。作っては壊しでただいま二巡目、以前作ったこれ↓を製作中。作って遊ぶことより組み立てる過程が面白いらしい♪

20101228

同じパーツでこの二つも作りました。
壊さなければ作れないのがポイント!
レゴ・クリエーターシリーズ、良く出来てます☆

20110309a
20110309b

今冬最後の雪遊び
日曜日はお友達と3組で遊園地の雪遊び広場へ。
梅も満開のぽかぽかと暖かい日。
もう春。雪遊び広場も今日が最終日でした(^^)

広場は小さいけれど4歳児には十分。
雪ぞりや雪合戦を楽しんだ子供達。

20110306c

雪合戦で作戦負けして本気で泣いたりと、やっぱりお友達と遊ぶのは家族だけの時とまた違います♪

それからこの前行った雪山で、やろうと思いつつ出来なかった“Snow Angel”作りにも挑戦していました。

20110306a

↑雪の上に寝そべって、両手&両足をスライドさせ動かします。
 近くにいた小さな子も不思議そう(笑)

↓すると、、、、

20110306b

辛うじて雪の天使が見えるかな?(^^;)

本人のイメージはこんな感じなのですが、、、、
来冬こそ新雪でチャレンジです!!!!!

雪遊びの後は日没まで遊園地で遊び、疲れて早くご就寝のR太郎でした~



空き箱工作
R太郎のプリスクールでは、空き箱工作の様な物をした事がないのですが、この前他の幼稚園に通うお友達(年長さん)がリサイクル素材で作ったブラキオサウルスを見せてくれてからというもの、工作魂に火がつきました(^^)

今朝登園前に、「これをこういう風に廻したいんだけど、、、」とポテトチップスの筒とアイスの空き箱を持ってきたので、ストローを使って作るのを手伝ってあげました。

で、出来たのがこれ↓

20110303b

一人で作る時よりも完成度が高かったので嬉しそうでしたが、こういうのって手伝っていいものかどうか迷います…。(まあ、本人のアイデアだからいいか)


それで、嬉しくて設計図(?)を書いていました。

20110303a

筒の部分をどう描こうか迷っていたので、真横から見ると四角い事を教えてあげると「お~そうかぁ!」と嬉しそうでした。

食べ物を矢印の所から入れると、筒がグルグル廻ってジュースになるとか。
本体の横に書かれた「Here is not a place But....」は、「コーヒーはここでジュースにするのではなく、このボタンを押してください。」ということらしいです。コーヒー好きの苺ママへの配慮のようです(嬉♪)



タングラムず
先日、ジジ&ババがお友達からいただいた古~いタングラムを貰いました。

20110301c

なんとも渋くてカッコいいです~
1976年とかMade in West Germanyって言葉が蓋の上で踊っています(笑)

タングラムって子供の知育教材のイメージでしたが、大人も頭を捻るレベルなんですね。
R太郎もよく遊んではいるものの、なかなか難しい(^^;)

そこで、この本にタングラムに似たパズルが載っていたのを思い出して見てみると、、、おっと、こっちは7ピースではなく5ピース!!

はじめてであう すうがくの絵本 (1)はじめてであう すうがくの絵本 (1)
(1982/11/20)
安野 光雅

商品詳細を見る


20110301a

↑で、早速空き箱の裏で作ってみました♪
 こちらはちょっと考えればできるのでとっても楽しそう。
 これなら大人7ピース、子供5ピースの戦いが成立します。
 (とは言え、ほぼ大人の負けです^^;)


実はウチにはもう一つタングラムっぽいパズルがあり、これは7ピースタングラムより難しめ。

20110301b


この問題シートに書いてある文言がちょっと面白い。

パズルは自分で解いてみてこそ、価値のある物、ぜひパズルを解く苦しみをじっくりと楽しんでください。でも、頭は悪くなくても、根気も根性もなく、意地も名誉も捨てたい方は必ずいます。そんな方は80円切手を同封の上、下記までお送りください。解答例をお送り致します。

昔、温泉宿近くのお蕎麦屋さんで買ったので、てっきり近所のガンコオヤジが作った物だと思っていましたが、この記事を書くのに調べたらアマゾンで売っていました(^^)

十字架パズル II十字架パズル II
()
おもちゃ箱イカロス

商品詳細を見る



R太郎は、結局はこれが一番好きなのですが、奇跡的にできた二つ以外到底歯が立たないようで…

20110301d

制作例にないクリスマスツリーやロケットを作っては大はしゃぎです~♪