苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
震災支援-2011年4月分
苺ママのブログやサイトのリンクから商品をご購入いただいた際に発生するアフィリエイト収益(絵本やDVD、その他商品の紹介料)を、東北地方太平洋沖地震の支援に使うという苺ママのささやかなプロジェクト『親子英語ブログを書く私が出来る事。』


今月のアフィリエイト料金が確定しましたのでお知らせします。
(少し早いですが、GW中ブログ更新が出来る時に)

■Amazon.jpアソシエイト
4月分 ¥581

■楽天アフィリエイト
4月分 ¥77

■A8.net
4月分 ¥500
______________
合計  ¥1,158


皆さまにご協力いただいたこのお金を震災支援に使うには、今月は義援金として送金するのが良いと判断しましたので、日本赤十字社へネット寄付をしました。



311の震災の日から1ヶ月と20日程経ちました。

東京の日常生活は元に戻りつつあるように見えます。
大気や水道の放射能汚染も一時期より減ってきました。

それでもまだ時々余震があります。誘発地震なんていうのも…
もちろん被災地とは比べものになりませんが、東京でも子供を育てる家庭は、食生活、洗濯干し、掃除、外遊びなど、以前より不自由な生活をしています。どこかずっと気が休まらない状態です。

たぶん我が家に子供がいなければ、こんなに心配していなかったろうと思います。

子供を抱えてのこの震災で考える事は、“子ども達”とは、これから生きていく年月が長いからとか、将来があるからというだけでなく、人間として、これから命を繋げて行ってくれる存在。命を繋げて、きっともっと美しい世界を作ってくれるだろうという希望そのもの。

だからこそ、自分の子供だけでなく、この震災で危険に晒されている子供達を守りたい。

そう強く思う日々です。





マイペースで制作中の英語育児棚も遊びに来てください♪
「苺ママ★の英語育児棚」



今度は英語でおうちピアノ!?
バレンタイン辺りから始めたR太郎と苺ママのおうちピアノ

2ヶ月半で、最初の一冊が終了~♪

20110427.jpg
↑教本の修了証ページとパチリ☆

いやぁ~。この苺ママがピアノなんて子供に教えられると思ってなかったけど、R太郎も頑張ったので意外に順調に進みました(^^)

この教本は全ページカラーでとても分かりやすく、短い曲をたくさん弾きながら少しずつレベルアップして行くし、耳慣れた曲も時々入ってきたりで、飽きずに楽しく取り組めました。


そこで、次の教本を探し先日楽器屋さんへー

結果としては今までの教本の2冊目を購入するも、、、、

かんたんにひける はじめてのピアノ ドレミランド 幼児版(ツー) 鹿喰登江 著かんたんにひける はじめてのピアノ ドレミランド 幼児版(ツー) 鹿喰登江 著
(2005/04/28)
鹿喰 登江

商品詳細を見る



気になる教本を発見!!!

John Thompson's Easiest Piano Course Part 1John Thompson's Easiest Piano Course Part 1
(2005/07)
John Thompson

商品詳細を見る


洋書のピアノ教本です。
ちなみに日本語版はコレ↓
トンプソン はじめてのピアノ教本 第1巻トンプソン はじめてのピアノ教本 第1巻
(2008/09/25)
ジョン トンプソン

商品詳細を見る


洋書版397円に対し日本語版は1,365円ですから、その金額の差も魅力的♪
そして、なんと言っても歌詞が英語。

小さな子供用のピアノ教本は、歌詞を歌いながら弾くタイプのものが多いのですが、「メリーさんのひつじ」や「Old MacDonald」などの歌を日本語で歌うんです。

英語と日本語では一つの音譜に対する歌詞の当て方も違うので、歌うリズムはどうしたって変わってきます。

そうであれば、英語圏で作られた楽譜はやっぱり英語で歌った方がはまるんだろうな~と(^^)
ピアノの弾き方も変わって来たりして?


日本語の教本とは別に、ブログネタに(笑)ちょっと試してみようかな?


イタリア人の郵便屋さんはどうやって帰るの?
今ヨーロッパに優雅な旅行中のジジ&ババから、R太郎へBirthdayカードが届きました♪

R太郎に見せると、

「でも、このハガキってどうやってウチに来たの?」と。

ママ:「ジジ達がハガキをポストに出して、それをイタリアの郵便屋さんが空港に持って行って、飛行機に乗せて、、、、それで、日本の空港から日本の郵便屋さんがR太郎のお家に届けたんだよ。」

「えっ、、、じゃあ、イタリア人の郵便屋さんはどうやってお家に帰るの?」

( ̄ω ̄;)エートォ...混乱してますね、、、



で、デュプロで仕組みを作ってみました♪

20110425.jpg

右から、イタリアの赤いポスト(その下の2つの人形がジジ&ババ)→イタリアの郵便屋さん(写真ではR太郎が持っているハガキの下にいます^^)→イタリアの空港(飛行機が待機中)→日本の空港日本の郵便屋さん我が家

各アイテムはR太郎に作ってもらいました。

で、いよいよエアメールのシステムを説明しようとしたら、「R太郎がやる!」と、しっかり説明してくれました。

あれれ?わかってるじゃん?

本人曰く、作ってみたら、実は理解していたという事が自分でもわかった、そう。そして、この「自分でやってみてわかった!」という事がとても楽しかったらしく、「また明日もやりたい!」と言い残して就寝(^m^)

言葉にすると混乱する事でも、図や物に置き換えて考えるとわかるものなんですね。しかも自分で描いたり作ったりするのは更に積極的に理解しようとするのかも。最近、小学生の算数でもよく聞く事ですが、なるほど~と思えた一件でした(^^)



リトルシェフ待望の「台所育児」ツール♪
5歳の誕生日に苺グランマからプレゼントされたコレ。


今の所、将来はシェフになりたい(最近は“宇宙船内のシェフ”が夢☆)R太郎待望の「マイキッチンツール」です(^^)

今晩は、このツールを使ってR太郎とハンバーグを作りました♪

20110422.jpg


ピーラーは3歳頃からよく使わせているのでお手の物ですが、包丁は時々手を添えて使わせたことはあれどドキドキでした~
子供用だからと侮るなかれ、ママの包丁(購入後ほとんど研いでないっっ)よりずっと切れ味が良く取り替えたい程(^m^)

最後にトングで盛りつけて完成♪
右はR太郎用の“R太郎の顔”、左はママ用の“仮面ライダー”(^^;)
ソースでお目目も書いてます。

うんうん、台所育児、確かに楽し~ぃ!!

ところでこの商品って、この本を書いた先生が監修なさったそうで。

坂本広子の台所育児―一歳から包丁を坂本広子の台所育児―一歳から包丁を
(1990/12)
坂本 広子

商品詳細を見る


ネット上ではよく目にする本なので、これを機会に図書館で借りてみようと思います。

それにしても、、、、この本のサブタイトル
「一歳から包丁を」って(^^;)


4歳11ヶ月のR太郎【まとめ】
R太郎、5歳になりました~!!!

生まれて5年と言えばひと区切りの様な気がしていましたが、最近では自分一人でできる事も多くなり、話す事もする事も一丁前、ヒトとしても少しだけ自立して来てくれたので育児もひと区切りです(^^)



【4歳11ヶ月のR太郎】

DVD「Charlie & Lola」のエピソード2話分程を全て暗記していることが判明。
 パパとママに一度ずつ発表(その後は発表なし ^^;)

●会員制リーディング絵本サイト「Raz-kids.com」のレベルGへ。

●プリスクール新年度。年長クラスへ。

●英語の図鑑や本を一人でよく音読&黙読している。

●近所のコンビニへおつかいに行くように。
 お金にも興味が出て来たので、
 『モノポリージュニア』で遊ぶ。
 (→その時の記事)

●おうちピアノ継続中。
 パンのうた、メリーさんのひつじ、チューリップ、
 マーチ(全て右手のみ)が十八番。


【今月よく読んだ英語絵本】
The Titanic: Lost...and Found : Step 4  (Step Into Reading)←なぜかこのリーダー絵本が気に入って、気がつくと一人で読んでいます。リーディングレベル4ですが、知りたい単語があると意味を聞いてくるので、たぶん内容はもう掴めていると思いますが。

Our Planet Earth←太陽系の中の地球から、マグマや火山や地震、大気や水の循環、気候やそこに住む動物、世界の国々まで、地球のあらゆる事が、優しいイラストでシンプルにとても分かりやすく説明された絵本。地球の形も可愛らしく、今、地震や地球について説明するのに大活躍です。
(廃盤でしょうか?アマゾンのマーケットプレイス以外では見つかりませんでした。)

※この他に今月もひとり良く音読、黙読もしていました。


【今月よく読んだ日本語絵本】
ちいさなうさこちゃん (1才からのうさこちゃんの絵本セット1) (子どもがはじめてであう絵本)←日本語の自力読みは赤ちゃん用の絵本をよく読んでいます。先日、「日本語はママが教えてね」と言われました。はーい!ビシバシ教えるよぉ。

たんたのたんけん (新しい日本の幼年童話 1)←読み聞かせは、やっぱり大好きな中川季枝子さんの児童書。その中でも挿絵がカラーのこの本は、絵本を読み聞かせている感覚です。5歳の誕生日に起こる素敵な冒険のお話なので、余計に親近感があるらしい♪


【今月よく観た映像】
夢のチョコレート工場 [DVD]←「チャーリーとチョコレート工場」が原作の1971年の映画。ティム・バートン製作の映画よりずっと古めかしいですがR太郎はお気に入り。観るとお菓子が食べたくなるそうです(^^;)



「4歳の壁」を振り返る -我が家の場合-
なおぱぱさんの記事【「4歳の壁」を振り返ってみる】を読んで、我が家でも一時期すごく心配した「4歳の壁」について思い出したので、5歳の誕生日を2日後に控えた今、振り返ってみたいと思います。

R太郎の「4歳の壁」を意識したのは3歳半。英語のDVDを観るにも「ここは日本だから日本語がいい!」と言い出した頃でした。

当時既にプリスクールに週の半分は通って、スクールでは英語で話していた時でした。
過去記事を掘り起こすとこんな成り行きです↓

こんな事を言い出して【「英語より日本語がいい」発言】、こんな事を覚悟し【4歳の壁を覚悟したオフ会】、ブログ村でも話題になり【3歳半からの家庭英語】、英語育児でとてもお世話になっているMarinko先生覇織先生(当時Aides先生)のお知恵も大いにお借りして、親も英語で話す【バイリンガルキッズのオフ会へ】

そして今、英語拒否モードはどこへやら。おかげさまで、なおぱぱさんのブログを読むまで、「あれ?そんな物ありましたっけ?」と忘れていました(^^;)

確かに、プリスクールに通って日常的に英語を話していることは、「4歳の壁」を越えられたひとつの要因であるかも知れないけれど、同じプリスクールのお友達でも、園では話してもそれ以外では絶対話さないし、DVDも英語で観てくれないという話はよく聞きます。また、ネイティブのパパを持つお友達も、パパの英語に日本語でしか応えなかったり。

どのご家庭を見ても、やっぱり英語拒否が始まるのは4歳前後の日本語が確立して来た時期ですね。

その乗り越え方としては各ご家庭それぞれだと思いますが、我が家ではー

●強制しない
 日本語で英語のDVDを観たがれば観せる。
でも一緒に観ながら、「英語だとこう言うよね~」と呟いてみたり(笑)、やっぱり日本の映画や本は日本語で、英語のは英語で観る方が自然だということを話す。

●年齢・知能に合った、目的のある英語学習に切り替える
 英語拒否というのは「好き嫌い」ではなく、「持っている能力(言語)を最大限に使って、自分の可能性を広げたい」という本能だと理解し、それまでの「英語のための英語学習法」を見直し、「英語ができれば広がる知識、楽しさ」を意識したものによく触れる。(例えば、地球儀をよく見たり、ScienceやCookingを英語の本を使ってやってみたり、ネットで海外の子供向けサイトで遊んだり)

●ネイティブや英語を話すお友達と触れ合う
 プリスクールや、ブログのオフ会などで、大人だけではなく出来れば同世代の英語話者と会い、「英語を話すのは自分だけではない」事を知ってもらう。

という考えでやって来た事が良かったかな、と振り返って感じています。


これから幼稚園に通い出し、この「4歳の壁」を迎えるお子さんは多いのではないかと思いますが、その都度方法は変えながらも、親がブレないで続けていればきっと大丈夫!
ぜひとも、親子英語を続けてもらいたいと思います♪
フレ~(^0^)/



ガールフレンドのお引越
実はR太郎、プリスクールにガールフレンドがいました(^^)
本来の年齢のクラスである新年中さん。しかもご近所さんです♪

会えばHug & Kissの欧米スタイル(笑)
お手紙やプレゼント(自作絵やおやつ)もよく渡し合ってました。

その女の子が明後日お引越してしまいます。。。。
お引越先は国内ですが、しばらく会えなくなります(><)

他にもプリスクールから幼稚園に転園したお友達でも時々会っているので、いつでも会えると思っているっぽいR太郎。今日はその子がバイバイを言いに我が家に寄ってくれたというのに、分かっているんだかいないんだか…。いつも通りの仲良しっぷり全開のふたりに母は熱いものが込み上げて来ました。



だけど夜、ポツリと「ねえ、○○(ガールフレンドの引越先)って遠いの?飛行機で行くの?船で行くの?」と聞いてきました。

「新幹線で2時間ぐらいかな~」と答えると、瞳を2倍ぐらい輝かせて「それは近いね!」と。

今、プリスクールで地球の事、「far/near」を習っているR太郎には、電車で2時間は「near」なのかもしれません(^^)



ところで、ガールフレンドのママはご近所で一番仲良しのママ友でもあるので、彼女たちのお引越がR太郎に負けないぐらい寂しい苺ママ。「英語の絵本ブログでも始めればいいのに~(^^)」というママの提案に、思わずブログを書いている事をカミングアウトしちゃましたっっっ

あたたたた、、、
リアルな場で出してない姿とかトラブルとか(^^;)、過去もこれからもあると思うので迷いましたが~



ガールフレンドのママちゃんへ

もしこのブログを見つけてしまったら恥ずかしいのだけど、、、
遠くに行っても育児も英語も楽しんでやろうね♪
これからもよろしくぅ(^^)

おつかい と モノポリー
近所のコンビニへのお使いがブーム(?)のR太郎。お兄ちゃんになった実感を得られるらしく、どんなに機嫌が悪くてもお使いを頼めばニコニコで行ってくれます♪

お菓子が欲しかったらその余りで買ってきていいよ、と頼んでギリギリの金額程度を渡しているのですが、欲しいものが買えるかどうかお店の人に聞いているようで、「アイスを買うには、あと100円玉一個足りないんだって。」なんて残念そうに帰ってきます。

このお使いのお陰で、金銭感覚という程でもないけど、お買い物の仕組みを意識するようになったので、あのボードゲームを思い出した苺ママ。去年ハワイ旅行で買って来た『モノポリージュニア』で~す!

パーカーブラザーズ モノポリー・ジュニア   Parker Brothers Monopoly Juniorパーカーブラザーズ モノポリー・ジュニア Parker Brothers Monopoly Junior
()
不明

商品詳細を見る


初お買い物ゲームがモノポリーっ!
何かちょっと爽やかさに欠ける気もしますが(^^;)

で、やってみたところ、4歳半で一度開封した時よりずっと理解して楽しく遊べました。

舞台は遊園地。色々なアトラクションがある中、チケットブースを次々建てて行き、その前に止まった他のプレイヤーから料金を徴収したり、自分も花火やランチでお金を使い、手持ちのお金がなくなったら負けというもの。

ある程度の戦略はあるものの、5歳からできるように普通のすごろくとそれほど変わらない作り。お金も1ドルから5ドルと可愛いもので、足し算、引き算も片手を使ってできます。

20110410.jpg
↑中身はこんな感じ。
 各マスに書かれた英語の指示も簡単です。
 (でも説明書はYL2レベル程度だから、
 英語苦手ママはちょっと頑張って^_^)

我が家の定番ボードゲーム『CANDY LAND』も未だ健在ですが、あちらは対象年齢2~4歳、こちらは対象年齢5~8歳なので、もうすぐ5歳のR太郎には嵌ったようで♪

そろそろ『CANDY LAND』は卒業の予感です!?





マイペースに更新中!
『苺ママ★の英語育児棚』も遊びに来てね(^^)
プリスクール開始と英語育児棚作り
震災のあの日からそのまま春休みに突入してしまったプリスクールがようやく始まりました。

先生方が外国人ということもあり、みなさん本国に帰国されてしまったのではっっ!と心配していましたが、取り越し苦労でした(^^;)
お友達の出席率も普段通りで、意外にいつもと変わらない新年度が始まりホッ。

そして、R太郎は無事年長さんに進級しました。
何日も前から年長さんクラスに行くのを指折り数え楽しみにしていたR太郎。以前見学した時に、年長さんクラスはお勉強色が強そうだったので心配もありますが。ただ、話し合いや自分の意見を話す事も多いそうなので楽しみな部分もあります。

///////////////////

この記事で整理すると決めた英語育児棚をボチボチ制作中。

「苺ママ★の英語育児棚」


おすすめを集めると定番ばかりで目新しさがありませんが、各アイテムからブログの過去記事にもリンクできるようにしました。

苺ママとしては、一冊の絵本などを巡って思い出が蘇り嬉しいところ。
また我が家の例だけとっても、時期が違えば関わり方も異なっている事がわかっていただければと思います。

この作業を始めて、今までどう絵本などを英語育児に使って来たか、という自分なりの考えも整理出来てきました。

今まで通ってきた道を整理する事は、これから進む道も見えてくることなのかもしれない。という気がしています。

ペットボトル風車
先週末、郊外にあるお友達の家に遊びに行ったのですが、なぜかそのご近所の多くの庭に、手作り風車がクルクルまわっていました。よくみるとペットボトルやCDを使って作った物で、「お家に帰ったら、あれ作りたい!!!」とR太郎。
またメンドクサイことになりました~(^^;)

で、それから毎日口を開けば「作ろうよ~」と言うのでネットで調べて作る事に。

参考にした作り方↓
「goo天気 天気で実験」

使う物は、ペットボトルと針金ハンガー、それにキリ、カッター、ペンチです。
ストローがあれば風見鶏のようになるようですが、なかったので取り敢えずはただの風車で。

カッターやキリはまだ使えないので苺パパと一緒に。R太郎は羽の色塗り担当。

20110405b.jpg
↑いつもパジャマでやってますね…(^^;)


そう、我が家には実はもうひとつ風車が差してあったんです。
その横に仲良く並べると強い風で廻っていました。

20110405.jpg

原発の事もあり、外に出るにも強風も気になるところなのですが、クルクルまわるのを見て大喜びしているR太郎に癒されました~♪

数日中にストローを追加して、風見鶏にしてみたいと思っています(^^)
風向きがわかると、今何かと役立つかも…


長かった春休みもいよいよあと2日で終わります!そして煮詰まっていたおうち遊びも一区切りでしょうか(ホッ^^)

震災支援-2011年3月分
2011年3月からの、ブログからのアフィリエイト料(絵本やDVD、その他商品の紹介料)を東北地方太平洋沖地震の支援に使うという苺ママのささやかなプロジェクト『親子英語ブログを書く私が出来る事。』


今月のアフィリエイト料金が確定しましたのでお知らせします。

■Amazon.jpアソシエイト

2月分 ¥346(繰り越し分)
3月分 ¥449
____________
合計  ¥795



他にも何社かアフィリエイト契約をしていますが、今回は入ったのはアマゾンのみ。しかも2ヶ月合わせても1,000円にも届きませんでした…(><)
本当に恥ずかしいのですが、毎月この程度の金額です(^^;)

でもこのプロジェクトの目的は金額でははく、支援の気持ちを持続させる事、ブログ上の英語絵本棚の整理にあるのでマイペースにやって行くつもりです。絵本棚整理を進めなければ~!

そしてこの一年間、アフィリエイト料とその他ショッピングポイントや少々の現金と合わせて、震災支援に使いたいと思っています。ただ、今回は「義援金」ではなく下記の形で震災支援に使わせていただきました。


えほんをおくろう。えがおをおくろう。
ユニセフ ちっちゃな図書館
>>http://www.unicef.or.jp/kinkyu/japan/2011_0327.htm

日本ユニセフ協会を通し、被災地の子ども達に絵本や紙芝居、児童書を届けようというプロジェクトです。
参加したい場合は、以下の物を日本ユニセフ協会へ発送します。
●絵本(※3月31日現在は推薦図書のみ受付)
●児童書 
●紙芝居

※締切 2011年4月5日(火)


アマゾンや楽天ブックスからも直接送れ、アマゾンなら送料無料なので、苺ママはアマゾンから送りました。今回苺ママが送ったのは、R太郎の大好きなお話、『てぶくろ』の紙芝居。
(現在、絵本は多数届いており、推薦図書のみ受付)

てぶくろ (童心社のベスト紙芝居 かみしばいがはじまるよ)てぶくろ (童心社のベスト紙芝居 かみしばいがはじまるよ)
(1991/01)
堀尾 青史

商品詳細を見る


紙芝居の方は読んだ事がありませんが、雪の積もる森の中でお爺さんが落とした片方のてぶくろ。それを棲処にしようと森の動物たちが次々に入って行きます。最初は小さな動物から、最後には大~きな動物も入って来てギュウギュウ詰め!
紙芝居にして読み聞かせれば、きっと捲る度に「きゃー!もう入れないよ~!」なんて叫びながらみんなで笑って盛り上がるかな?と思いました(^^)

笑顔が届いてくれますように☆