苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
親愛なる世界の人々へ?
家の前の掃除をしていたら、家の塀にこんな張り紙を発見。


iphone_20110630003031.jpg

Dear people of the World
i
think you can see a little paper on the ground
When you found the paper
I WILL Give you a present


親愛なる世界の人々へ

道に小さな紙があると思います
もしその紙をあなたが見つけたら
プレゼントを差し上げます



は~い、こんなの貼ったの誰ですかぁ( ̄◇ ̄;)

R太郎に尋ねると、朝一番で書いて貼ったらしく、何やら〝c〝と書かれた小さな紙も付近に置いてありました…

「まだ取らないで!」と言うので、後で取ろうかと思ったら忘れ、苺パパが帰宅時に気がついて回収~。
あらら、一日中貼りっぱなしだったわf^_^;)

////////////////////////////////


夏休み中のR太郎。暇だし、暑いし、今の所クーラーを入れずに頑張っているからか、ちょっとテンションがおかしいです。

半年振りにスカイプをしたyu君とも、ハチャメチャでほとんど会話にならず終了、、、
近い内また改めてお話ししようという事になりました。

いよいよ暑い夏が来てしまいました~f^_^;)


次の課題曲は、米国版「ねこふんじゃった」!?
R太郎のプリスクールが夏休みに入りました。。。
さすがインター系の夏休みは2ヶ月以上と長いです(><)
それでもプリのサマースクールにも少し参加しようと思っているので、何とか間を持たせられる予定ですが(^^;)

夏休みの直前にプリでパーティーがあり、先生方にR太郎のおうちピアノの事を話すと、プリではピアノを弾いていないという事でした。プリのピアノで練習しているものだと思い込んでいたのですが、女の子のお友達の前で空演奏をしていただけのようで。

それで、先生から「R太郎、ピアノを聞かせてよ(^^)」と頼まれ披露。
その後先生がR太郎に簡単な連弾曲を教えてくれました♪

簡単と言ってもすぐには出来ないと思ったのか、「一緒に演奏しよう」と誘う先生の前で、急にだんまり下を向いてしまったR太郎。まあ、仕方ないですね~

でも、この曲、すごく聞き覚えのある曲で、帰宅後もずっと気になっていた苺ママ。何かの映画で使われていたよなぁ、、、と記憶を辿って辿って、、、思い出しました!!!


若かりし頃のトム・ハンクスの映画『BIG』。

ビッグ [DVD]ビッグ [DVD]
(2010/06/25)
トム・ハンクス、エリザベス・パーキンス 他

商品詳細を見る


12歳の男の子ジョッシュは、ある日移動遊園地にあった機械に「大きくなりたい」と願いをかけます。翌朝起きるとなんと本当に大人に。親友に相談し、次にその移動遊園地が開催されるまでの間は働くことにした彼はおもちゃ会社に就職します。

今回R太郎が先生から教えてもらった曲は、ジョッシュがおもちゃ屋さんで思い切り遊んでいる所に、就職したおもちゃ会社の社長さんにバッタリ出会うシーン。社長さんは少年のような心を忘れていないジョッシュを気に入り、商品開発担当に抜擢することになる場面です。



このシーンでは2曲演奏しているのですが、教えてもらったのは最初の曲『Heart and Soul』。プリの先生がR太郎に弾かせようとしたのはトム・ハンクスのパートです(^^)

調べたところ、この2曲とも、日本で言うなら「ねこふんじゃった」。ピアノを習い始めた子供や、習っていない子供でもすぐに弾けるような、誰でも知っている曲らしいです。

ちなみに2曲目のタイトルは『CHOPSTICKS』。二本の指だけで楽しく連弾ができる曲だそう。

次の課題曲はこれ?
アメリカ版「ねこふんじゃった」を練習して、夏休み明けに先生と連弾も楽しそう☆
もちろん『BIG』のDVDも早速レンタルして、R太郎と盛り上がり中で~す♪



憧れの曲を弾き語り♪♪
“英語でおうちピアノ”で使用中の教本で、R太郎が憧れていた最終曲、『Little Indian Brave』。

とうとう両手で弾けるようになりました~!!!!
パチパチパチ☆

しかも、我が家の“英語でおうちピアノ”の大原則(?)の弾き語りです♪
記念に動画アップアップ!

[広告] VPS


やっぱりまだ歌って弾くより普通に弾いた方が弾きやすそうな気もしますが、弾き語りも楽しんで演奏しています。

この曲はリトル・インディアン・ブレイブが大好きな鹿狩りをしている場面を描いているですが、歌詞があることで曲のストーリーをよく掴めるようで、例えばインディアンの太鼓っぽいリズムとか、鹿を見つけてそ~っと近づき、最後には逃げられちゃう感じなど、一所懸命表現しようとしています(^^)

実はこの教本、ほとんどの曲に日本語と英語の歌詞が併記されているんですが、どういう理由だかこの曲と他数曲には英語歌詞が載っておらず、YouTubeで弾き語りしている動画をいくつも観て、R太郎と相談しながら歌詞を書き上げました、、、
弾き語りをしている子も少ないし、この動画だとちょっと歌が聞きづらいですが結構苦労しました(^^;)


で、弾けるようになってから何度も弾いている内に、これがまた面白い演奏をし始めました!
こちらのタイトルは『Mongolian』だそうで。

[広告] VPS


『Little Indian Brave』の曲を全てひとつ低い鍵盤で弾いているんです(^^)

なんでモンゴリアン???
確かにエキゾチックな感じですが、R太郎の中でのモンゴルってこんなイメージなのかなぁ?

「モンゴリアンが町を歩いていて、不思議な動物に出会い、餌をあげて逃げたー」

というストーリーならしく、原作とビミョーにリンクしてます(笑)

ともかく、なんて素敵なアレンジ♪ と感激する苺ママでした~


5歳1ヶ月のR太郎【まとめ】
【5歳1ヶ月のR太郎】

●“英語でおうちピアノ”発表会(じじばばのお家)決定!
 それに向けて日々練習中♪
 
●日本語と英語でアナグラム遊びブーム。 (その記事)




あれ、、、( ̄ω ̄)
項目にするともの凄く少ないですね、、、
先日記事でもつぶやきましたが、今ちょっと「親子英語 < 親子ピアノ」気味の我が家。親子英語の転換期なんでしょうか…。
これは苺ママの気持ちの問題なので気合い入れて上げて行きま~す!!!
(そんな事もあってママオフ会でパワーアップできたかも^^)


【今月よく読んだ英語本】
No More Monsters for Me! (I Can Read Book 1) ←実は苺ママ自身、まだこの本の読み聞かせを途中までしかしていないので内容分からず、、、。この本を洋書店で見つけた時、その場に座り込んで読み更けていたR太郎。家でも同じスタイルでよく黙読していました。何となくママの入る余地ナシな本。


【今月よく読んだ日本語絵本】
ぞうのたまごのたまごやき (寺村輝夫の王さまシリーズ)絵本『おしゃべりなたまごやき』を発展させた、低学年向け児童書シリーズ。シュールな展開が気になるお話しばかりです。シリーズで沢山あるので、図書館で少しずつ借りています。

もりのレストラン (もりはおもしろランド (6)) ←こちらも図書館からのシリーズ物ですが絵本です。森に住む動物達はそれぞれにお店を営んでいます。必ずお手紙などの文字に関わるアイテムがでてくるので、ちょっと知育寄りな絵本という印象。R太郎は森全体の地図を眺めながら「今度はフクロウの時計屋さんを借りたい!」と全て読破を狙っています!


【今月よく観た映像】
フルハウス〈セカンド〉セット1 [DVD] ←ただ今ゆ~ママさんから少しずつレンタル中。セカンドシーズンではミッシェルの成長を喜びながらも、追いつかれる恐怖感をちょっぴり感じ始めたR太郎(笑)

チャーリーとチョコレート工場 [DVD] ←旧作を何度も観ていたので、こちらも借りてみたら大ヒット!工作でGolden Ticket関連グッズを大量に作っています^^;
関連記事
英語育児ママオフ会 in SUNNY BUNNYへ!
英語育児ブログ仲間のゆ~ママさんに誘われて、mixiコミュの英語育児ママのオフ会へ行って来ました。

オフ会を開催してくださったのは、このコミュの管理者で、英語育児を続ける上で長らくお世話になっているSUNNY BUNNYの覇織先生(元:Aides先生)。

お世話になっていると言っても、ブログを拝見したり、先生の開催されたオフ会に参加したりと、教室に通ったわけではないのが申し訳ないのですが、苺ママの中では「英語育児で悩んだ時、いつも覇織先生がそこにいた」的な存在。最近、初めて会う英語育児ママの集まりにちょっと消極的だった苺ママでも、何を置いても参加しないわけにはいかない!

いつもは何十名も集まるオフ会ですが、今回は先生の手作りの可愛いお教室『SUNNY BUNNY Language School』で先着順の人数限定でなんと9名でランチをはさんでの和やかな会でした。

集まったママ達のお子さんの年齢は1歳から6歳。
特に英語育児を始めたばかりというママさんの悩みは、苺ママがその頃に悩んでいた事と同じで、みなさん悩む事は同じなのね、、、と、悩みや試行錯誤を話し合う場の重要性をひしひしと感じました。

今回話した事を、参加者の恵美子さんがきちんと纏めて下さっているのでリンクを貼らせていただきます♪



覇織先生とも英語育児をする一人のママとして「そう、そーなのぉ!」という感じで、キャピキャピとお話しする中でも見え隠れする覇織先生の“本気”。

覇織先生は自らの教室の質を上げるべく日々努力される一方で、「日本人の子供達に、当たり前のように高い英語力を!」という熱すぎる程の想いがあり、今でも沢山勉強をし発信していらっしゃると感じています。

我が家も、もちろんR太郎の英語の成長が一番の目的ですが、ブログを書いたり英語育児のお仲間と情報交換をし、いつの日か日本のバイリンガル教育が「無駄な早期教育」などと揶揄される事がなくなる一助にもなれたらなぁ~、なんて妄想するこの頃です(^^)


情報だけでなく、パワーもいただいた素晴らしいオフ会でした★

iPhoneでキッズ英語(11)『あなぐらむ』
先日の記事でも書いた言葉遊び「アナグラム」。

問題集のようなサイトをネットで探すも、いまいち幼児にピッタリな物が見つからなかったので、iPhoneで調べてみたらこんなアプリを発見!!

その名も「あなぐらむ」。



『あなぐらむ』
価格:無料(iPhone/iPad用)
(2011/6/16現在)
<→このアプリへのリンク>

名前はアナグラムですが、実際にはアナグラムの問題集ではなく、「アナグラムを考えるためのアプリ」?
テキスト入力した文字のカードが作られ、各々自由に指で動かすことができます。

よくよく考えてみれば、本来のアナグラムのように、始めと終わりの単語それぞれが意味のある単語ではなくても、単語並べ替えゲームで十分楽しんでいるR太郎。それなら単に単語のアルファベットをシャッフルすればいいだけだったり(笑)

下の画像は“HOUSE”をシャッフルしてみました。
実際にはiPadの方でやってみたのですが、シンプルで操作性もよく、子供向けアプリにありがちなカラフルさはありませんが、文字認識はこの方が良さそう。

また、iPhoneでは小ささは否めませんが、十分操作しやすい大きさだと思います。



ノーヒントでの並び替えはまだちょっと、、、という場合でも、単語を2回入力して正解を下に置き、その上に並べ替えて行くのもありかな(^^)
例えばこんな感じ↓

iphone_20110616021535.jpg


で、このアプリの面白いのは、iPhoneでテキスト入力できる物なら何でもカードを作ってくれるところ。同じ様にひらがなやカタカナでも問題が作れるんです♪
なんなら漢字でも出来ちゃいま~す!

最後におまけ。偶然できてR太郎大喜びの、苺ママのアナグラム作品です(^▽^)
ヒントは、『OOO』。とうとう我が家にもこの類のキャラが入って来ましたぁ、、、

iphone_20110616021548.jpg
「親子英語 < 親子ピアノ」(^m^;)
最近、「親子英語 < 親子ピアノ」になっている我が家…

プリスクールに行ったり、家で英語の絵本も読み、DVDも英語ものを原語で観ているので、毎日英語にかなりの時間触れている事は間違いないのです。

でも、苺ママが英語での語りかけをほとんどしなくなった事と、DVDの内容をR太郎の方がママより理解し始めている事(ママも用事をしながら時々しか観ていないし^^;)、プリスクールの年長クラスがかなりお勉強系になってそこから得てくる知識が多い事で、「親子で一緒に楽しく♪」という部分が薄れて来ちゃいました(><)

いや、、、レベルが上がって手が掛からないのは喜ばしいことではあるんですけど。
だからと言ってこのまま、なるがままにR太郎のレベルも分からずに居て良いのかな、、、という不安も。

我が家は「親子英語」の転換期なんだと思います。。。


////////////////////////


その一方で、「親子で一緒に楽しく♪」を満喫している“おうちピアノ”。

R太郎も暇があればピアノにちょこちょこ触っているので、毎日何分練習!というよりも、好きな時5分程でトータルして1日30分は弾いているんじゃないかな。

最近は、動作に音楽用語を関連させて楽しんでいるようです。

忍び足で“ピアーノ(p)”、力強い足踏みで“フォルテ(f)/フォルテシモ(ff)”を演じてみたり、汚い話ですがトイレから大声で「ママ~!スタッカートでウ○チしたら上手く出たよ~♪」とか(^^;)

それから、英語をやってるからだな~と感心したのは、“フラット”と“シャープ”。
バスティンの教本でフラットのある曲を練習しているのですが、思いついたように床に大の字にペッタンコなって

「flatってこういうのだよね。だから低い黒のキー(黒鍵)を弾くのかぁ。」「sharpは削った鉛筆みたいでしょ。だから(高い黒鍵を弾くの)か~!!!!」

と、英語でイメージできたようで☆
この用語の由来が合っているのか知りませんが、R太郎の持ったイメージに妙に納得できました!
シャープは右上、フラットは左下と丸覚えしていた苺ママですが、英語がわかるとこんなイメージも湧くものなんですね♪


7月の家族ピアノリサイタルに向けて、楽しく練習中の“おうちピアノ”で~す!

アナグラムあそび
さて、、、最近なかなか英語ネタのブログ記事がないのですが、アメリカ映画好きの苺パパがちょこちょこネタを持って来てくれます(^^)

今回は、、、、、
女優の【MEG RYAN】(メグ・ライアン)????

IMG_3824.jpg


久し振りに登場のダイソーのアルファベットマグネットで、R太郎が何やら苺パパと考え中。

実はこれ、全てのアルファベットを並び替えると他の意味になるアナグラムなんだそうです~!!!!!

※アナグラム (anagram) とは言葉遊びの一つで、単語または文の中の文字をいくつか入れ替えることによって全く別の意味にさせる遊びである。
(by ウィキペディア)

R太郎は言葉遊びが大好きなので夢中で解いていました♪

で、最初に出来たのはこれ↓

IMG_6507.jpg

わお!さすが!
と感心したのも束の間、正解は他にあるらしく再度挑戦!

で、しばらく考えて見事正解ができあがりました(^^)

IMG_5664.jpg

本人が認めているのかはわかりませんが、【MEG RYAN】という芸名は、【GERMANY】のアナグラムなんですって!



ところで、アナグラム遊びがすごく面白かったらしく、他にもやりたい!と言うので、ネットでちょっと検索してみたものの、子供用のちょうど良さそうなアナグラムサイトがいまいち見つからず(><)
↓こんなサイトから数問出してみました。

Anagrams for Kids

子供向けアナグラムサイトをご存知の方はぜひ教えてくださ~い☆


(※6月9日 追記)
ゆ~ママさんからこんなサイトも教えていただきました。
文字数から選べて便利かも(^^)
Everyday Vocabulary Anagrams




【おまけの過去記事】 R太郎が好きな言葉遊び

自分で作る!単語探しワークシート
Word Searchの問題を作る事ができます。

キッズ向け『HANG MAN』で単語当てゲーム
この言葉遊びは特にお気に入りです。

回文遊び
これは日本語の方でブーム中。

ライミングポエム作り、クイズ作り(1)
親父ギャグ?とも思えるライミングセンテンス作りは、今でもよく遊んでいます。


おうちピアノ、発表会決定!
おうちピアノで使用している日本語教本(2冊目)が終了しました。

かんたんにひける はじめてのピアノ ドレミランド 幼児版(ツー) 鹿喰登江 著かんたんにひける はじめてのピアノ ドレミランド 幼児版(ツー) 鹿喰登江 著
(2005/04/28)
鹿喰 登江

商品詳細を見る


この教本は1段程度の簡単な曲を沢山弾く内に、弾ける自信がついてくるように感じています。
二冊目では、ド~ソの両手(左手は比較的簡単)演奏と、その音域のへ音記号の読譜ができるようになりました。

で、巻末の「ぶんぶんぶん」「ちょうちょ」「かっこう」の3曲を弾いて総まとめ♪
ガッツポーズ☆




次はもちろん同じシリーズのこの教本を使おうと思います。

かんたんにひける はじめてのピアノ ドレミランド 幼児用(スリー) 鹿喰登江著かんたんにひける はじめてのピアノ ドレミランド 幼児用(スリー) 鹿喰登江著
(2005/07/01)
鹿喰 登江

商品詳細を見る




ところで、ここへ来てR太郎の希望。
「コンサートがしたい!」

どうやらアメリカの教本バスティンがらみでYouTubeを見ている内に、“発表会”という存在に気がついたらしく(^^;)

そこで、ジジ&ババに本人から交渉させて、7月にパパの実家で発表会を開催することになりました~

そして、またまたママ友先生に相談してみたところ、
本人に曲と曲順を選択させ、その曲順通りに暗譜して弾かせた方が良いというアドバイスをもらいました。
R太郎は10曲弾くと意気込んでいるのですが、本人がそう言うなら否定しないで実現させた方がいいよ、と。

それから、きちんと発表会の雰囲気を演出してあげると、その後のピアノの練習のモチベーションも全く変わってくると思うよ。とも。

な~る~ほ~ど~!! φ(・_・”)メモメモ

小さい頃発表会の練習なんて嫌なものでしかなかった苺ママですが、R太郎の発表会の計画には今からワクワクです♪

ところで、前座で1、2曲ママにも演奏させてもらえるんですかね~、R太郎君(;´▽`


震災支援-2011年5月分
苺ママのブログやサイトのリンクから商品をご購入いただいた際に発生するアフィリエイト収益(絵本やDVD、その他商品の紹介料)を、東北地方太平洋沖地震の支援に使うという苺ママのささやかなプロジェクト『親子英語ブログを書く私が出来る事。』

5月分の金額です。


■Amazon.jpアソシエイト
5月分 ¥254

■楽天アフィリエイト
4月未計算分 ¥73
5月分 ¥100

■A8.net
5月分 ¥500
______________
合計  ¥927


皆さまにご協力いただいたこのお金を震災支援に使うには、今月も義援金として送金するのが良いと判断しましたので、日本赤十字社へネット寄付をしました。



震災から2ヶ月と20日程経ち、未だ被災地の状況がほとんど変わらず、先の見通しも立っておらず。

東京の我が家の生活は、R太郎の外遊びに関してはほぼ元通りになりました。雨の日、風の強い日には出来るだけ外出を避け、外出しても帰宅後すぐにお風呂に入り衣服を洗濯しますが、普段は好きなだけ自由に遊び回っています。

一方、食べ物による内部被爆に関しては、小さなR太郎の事を考えるととても心配です。
ネットで公表されている各食材の放射能検査データなどもチェックしますが、正直言って実際どれが安全なのかはよく分かりません。スーパーに並ぶ食材は関東より北の産地の物がほとんどなので何を買って良いのか…

プリスクールでのランチも全てお弁当に切り替えました。飲み水も安全になったと言われても、水道の水を使うのは抵抗があるのでミネラルウォーターです。
食材選びは閉塞感を感じざるを得ません。




R太郎は、苺ママが過ごしたのとはまったく違う、こんな時に幼少期を過ごす事になりました。

どうポジティブに考えても、この状況が今までより良くなったとは思えませんが、でもだからこそ、私達の世代よりずっと深く物事を考え、行動出来る強い人間に育ってくれるんじゃないかなとも思っています。

無数の情報に流されるのではなく、自分という芯をしっかり持って、他人に頼るだけではない強い人。この世代の子供達にはそういう子供が多くなるような気がしています(^^)

ママにできるのは、R太郎の育つ環境を守り、不安ばかり植え付けるのではなく、その中で自立して自由に考え行動する邪魔をしないこと、かな。



がんばろう、日本!
強く育て、子供達♪



マイペースで制作中の英語育児棚も遊びに来てください♪
「苺ママ★の英語育児棚」