苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
2011年の英語育児を振り返る
毎年立てている我が家の一年間の方針。最後に今年初めに立てた方針を振り返ろうと思います。

今年はこんな方針を立てていました(^^)

時々読み返していたとはいえ、今年は怖いくらいに目標通りに行っています。一年間を予想して書き残す事って大切な事だなと改めて感じました!



スピーキング:
スピーキングは今まで以上にプリスクール任せでした。
パパもママも、もうほとんど語りかけらしい語りかけはすることがなくなりました。
英語育児開始当初は英語モードにするためにも語りかけはあった方が良いと思いますが、ある程度のレベルまでになり、家庭以外にアウトプットの場がある場合は、親は母国語で語りかけた方が良いと考えたからです。
(語りかけについての考えは、ちょうど一年前に書きました。)

R太郎のプリスクールでは、子供同士はほぼ日本語で話しているので、同世代のお子さんと英語で遊ばせたい、スカイプ仲間も広がれば、、、と思っていたようです。
この夢が今年後半に来て叶いました!!
「英語で遊ぼう会 in Tokyo」や、グループや一対一のスカイプなど、、オールイングリッシュで遊べるお友達ができつつあります。

ただ、そんな場面で落ち着いてR太郎の話しているのを聞いてみると、性格上ペラペラとよく話すのですが、文法なんて苺ママでも分かるほどメチャクチャなことも。これはこれからの課題です、、、



リスニング:
テレビ番組や映画のDVDを英語でほぼ毎日観ました。
そして去年はデータ作りが面倒でなかなか出来なかった掛け流しが、コイズミ君購入のおかげで驚く程手軽にでき、懸念していたDVDの見せ過ぎ対策にもなりました。
この勢いでオーディオブックの掛け流しもしたかったのですが、DVD音声の方が刺激的だからか上手く行きませんでした。



リーディング:
Raz-kids.comはレベルGになった後、拒否されてお休み中(その時の記事)。でも理由は、普通の本を楽しみたいという事でした。
一年前は、ORTのステージ7をすらすら読めるようになれば良いな、と考えていたようですが、昨日試しにR太郎に読んでもらったら、1冊すらすらと苦もなく読めました。読み上げるだけではなく、感情を込めて声色やイントネーションを変えて読んだりと、音読の成長も実感する事ができました!
その後はステージ8以降に進まず、チャプターブックの橋渡しをしてくれるような児童文学を自力で読むようになってきています。こういった本を読む時は、音読ではなく黙読なので、本当のところどれくらい読んでいるのかが確認できないのですが、楽しそうに読んでいるので様子見といったところ。



読み聞かせ:
日本語と同じく、英語でも「Nate the Great」などの幼児向け児童書の読み聞かせを楽しめるようになりました。R太郎にとって、寝る前の歯磨きは忘れても読み聞かせは絶対になければ眠れない!という習慣にまでなりました。



ライティング:
プリスクールではワークブックをしっかりやっている事を知り、家では去年買った一冊のワークブックを時々思い出したようにするだけでした。それでもこのワークブックはR太郎のツボで、たった一ページから創造力がどんどん広がります。現在プリキンダー向けを3分の2程終了。キンダー向けも買ってあるので楽しみです♪

また、お友達、本のなかの人物やサンタさんなどにお手紙を沢山書いた年でもありました。
本に書かれたレシピなどを書き写して実際ケーキを作ることもあったりと、文字を書く事により広がるイマジネーションを楽しんだ一年でもありました。



創造力&表現力:
この一年は今まで以上に創造的に表現し、ママのブログも英語育児ブログなのかアートブログなのか分らなくなって来てしまったほど?
今は架空の旅行代理店「Explorer Everywhere」のお仕事に夢中のR太郎。来年はどんな想像を広げてくれるのか楽しみです!


**********


さてさて、今年も一年間ブログをお読みいただきありがとうございました。

今年は震災もあり、子供の命や健康を考えると共に、教育というものを改めて考え直した一年でもありました。

また、今年初めに私がブログをやめようとした時、本当に多くの方々から応援のメッセージをいただき、そのおかげで自分でも驚く程早くもう一度書く気になったことには、書き表せないほど感謝しています。
あの時やめていれば、今の様に日々考えながら育児を続けて来れたか疑問だし、今年出来た多くの英語育児のお友達に出会えていなかったかもしれないと思います。

来年はR太郎もプリスクール最後の年。4月にはもう6歳になるんですね。来年も楽しい英語育児をしてそれをブログに書いて行ければと思っています。


では、みなさまも 良いお年をお迎えください☆






インター中学に通う親子に伺いました
クリスマスに、インター中学に通っているご近所さんのパーティに招待されました。

インターに行くつもりはなくても、インターの教育には興味津々の苺ママ。仲良くしているご家族なので、いつも少しずつは聞いていたのですが、今回はそのお友達親子がいらしたこともあり、色々伺ってみました。

あ、ちなみにR太郎はプリスクール卒園後、小学校は近所の公立小学校に通います。インターはもちろん、私立国立小も全く考えていません。ただ、インター校の話を伺ったら、小学校入学後の英語教育の何かヒントになるかしら?という意味で(^^)

***


さて、そのインター校は、日本語と英語を半々で教えてくれる学校。学校では日本語を禁止されていないので、子供達同士の会話はほぼ日本語です。
英語も日本語も習えるので、日本人のお子さんも多いインター校なのかな。

苺ママの気になっているのは、インターと日本の学校の違い。
その学校では、とにかく暗記よりも自分で調べて発表することがほとんどだそうで、苺ママのイメージ通り(^^)
少人数で個性を大切にしてくれるようで、お友達同士も学年を越えてとても仲が良く、学校も授業もすごく楽しいそう♪

でも、インター中学から日本の高校に受験しようと思うと、漢字と日本史、そして理科に苦労するそうです。

バイリンガルインター校でも、日本の学校の半分の時間しか日本語に触れないのですから、高校入試の漢字に苦労するのは理解できます。また、日本史は学校では殆ど習わないけれど、逆に興味が出て来て自分で勉強しているとか。

理科に苦労するというのは、それこそプリスクールやキンダーから理科的レッスンがあるようなインター教育を受けて来て意外だったのですが、日本の場合は「広く浅く」、そのインター校の場合は「狭く深く」なので、日本の高校入試は苦労する、、と。なるほど~!

インター校も色々だと思いますが、どの教育を受けても良い点・悪い点はあるもの。インター教育の受け身ではない教育も素晴らしいけれど、日本の日本人としての基礎教育はやはり重要だと思いました。

***


実は今の時点で、小学校からの我が家の英語教育には、本来の勉強に絡めて行けないかなと考えています。
英語を単体で続けて行こうとすると、本来必要のない英語は「小学校の勉強の邪魔者」になり兼ねないと思うのです。

そうではなく、もっと積極的に英語と付き合うには、日本の小学校では、暗記型の日本の教育で知識や技術を教えてもらって、家庭では英語で同じテーマに深く拘わるというのが出来たら理想的だな。

来年は、そんな小学生英語を視野に入れつつ、その準備を考えて行きたいと思います。
なんだかちょっと楽しみです♪




クリスマスプレゼント
クリスマスのブログを拝見すると、皆さんのお家にもサンタさんが来たようですが、うちのGoodBoyも朝起きるとツリーの下にサンタさんからのプレゼントが置いてありました♪
朝一番に起き、プレゼントと、前夜置いておいたサンタさんへの手紙とケーキとミルクがなくなっているのに気がついて大喜び☆

この手紙は一週間ぐらい前にR太郎が書いて封筒に入れ、封をしてしまったので、ママは覗くことができなかったにですが、イヴの日R太郎が寝てからこっそり開封(^m^)

IMG_0950.jpg

IMG_1125.jpg


“Mr. C”とはサンタクロースのこと。
この絵本の最後に出て来る書き方です(^-^)


内容はサンタさんとトナカイたちへのメリークリスマスでした。
“ring! for Mr.C and the rei(n)deers!”
というところが忙しいサンタさん達を労っているようで可愛い♪

ちなみに、今年のサンタさんからのプレゼントはコレでした↓

レゴ テクニック フラットベッド・トラック 8109レゴ テクニック フラットベッド・トラック 8109
(2011/08/03)
レゴ

商品詳細を見る


裏方としては予算オーバーだったのですが、今嵌っているレゴテクニック入門編から発展した場合、専用パーツが沢山あればいいなぁという下心f^_^;)

だけどパーツの多さに、まだ一人で作る自信がないらしくパパと作っています…
結果的に年末年始のパパとの時間にちょうど良かったのかな~

ちなみに入門編の方も相変わらず作っています。こちらはバッテリーではなく輪ゴムを使う事が多いのですが、輪ゴムを取付けるのはまだ難しそう。それ以外は幼稚園児でもサクサクと面白いシンプルマシーンが作れて本当にオススメです♪


/////////////////////



そうそう、シンプルマシーンに興味が出て来て、笑えるマシーンをレゴデュプロで作ったんですよ。。。

IMG_8029.jpg

題して“Trap for Daddy!”

奥に見える車の上に絵本とバナナが乗っていて、
パパが夜帰宅し、それを手にしようとする
        ↓
        ↓
手前の黄色と赤のパーツを引っ張る
        ↓
        ↓
2つを繋ぐ紐で、バナナ車はこちらへ引っ張られ
        ↓
        ↓
パパはそれを追いかけ罠にはまる。


って苺パパはバナナで釣れる!?(爆)


ああ、また英語とは離れた話になってしまいましたが、苺ファミリーは結構楽しい年末を過ごしてます(^^)


サンタケーキ作りました☆
ここ2年はジンジャブレッドハウスを作った我が家のクリスマスイヴ。今年はケーキに挑戦です♪

と、言ってもクックパッドで人気のあった可愛いケーキレシピを参考に、スポンジケーキを生クリームと苺でデコるだけf^_^;)
苺ママ、、、じゃなかった、苺サンタで~す☆

最近はシェフになりたいと言わなくなったR太郎のマイ包丁で苺を切って、、、
iphone_20111224223659.jpg

出来上がり~(^з^)-☆ うひゃー可愛い!


ちょうどクリスマスプレゼントを持って来てくれたジジババ&おじさんとパパも一緒にみーんなで食べました。


夜は残りのケーキとミルクをツリーの下に置き、サンタさんのプレゼント待ちの準備はオッケー。
ウチには煙突はないけれど、シューティングスターの光と一緒にツリーの横にサンタさんが現れるんだそうで(^-^)

さて、今夜R太郎のところにも来てくれるかな♪

IKEA製(^^;) インチ/センチ メジャー
先日も記事にしたeducation.comのアクティビティ。

ここはアメリカのサイトなので、サイズ指定の単位は全てインチ。そこで、インチとセンチが測れる定規があれば便利だなと100円ショップを覗いたりしていましたが、思いも掛けない場所でイメージ通りの物をゲット~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

先日行ったイケアでR太郎がもらって来た備品(商品検討用に持ち帰れる物)です♪

表裏でインチ/センチになっていて便利!
それぞれ100センチと39・3インチまで測れます。紙質はペラッペラなので、取り敢えずセロテープにて補強。帰宅後にインチも測れると気が付いたから既にシワが寄りヨレヨレですが^^;

早速これを使って制作したロケット!
education.comの説明文をプリントアウトし、キーワードだけその都度教えてあげながら、準備から制作までほぼ一人で作りました。

Blast Off with a Homemade Rocket Ship!



イケア製のメジャー、これからも大活躍してくれそうです♪
【5歳7ヶ月のR太郎】まとめ
今月の成長記録のまとめです。


【5歳7ヶ月のR太郎】

●「英語で遊ぼうin Tokyo」のスカイプグループチャットを
 メンバーを入れ替え3回。

●「英語で遊ぼうin Tokyo」のオフ会&
 ケビン先生の読み聞かせ会2回。
 ケビン先生の魅力で読み聞かせ会嫌い克服!?
 お友達の間でも「このメンバーでは英語で遊ぶ」と
 いうのがすっかり定着。

education.comのアクティビティをよくする。
英語で工作は、サイエンス的な要素の他、
リーディングにも役に立つ!?

●お借りしているORTの『Read At Home』に熱中。

●アイデア、考えること、創造することについて語る。

●グリーンサンタからのお返事が届く。

●プリスクールで歌と踊りの発表会に参加。

●プリスクールのクリスマス会。

なおぱぱさん家のなお君とスカイプ。
 
●「チケット屋さん(Ticket Shop)=旅行代理店」の会社名決定!
 



最後の項目は、この頃熱心に活動中の「チケット屋さん(Ticket Shop)=旅行代理店」。
会社名が『Explore Everywhere』に決定したようです。
チケット作りや看板描きなど余念がありません。
政治的に危なそうな国をどこかで聞いたらしく、そんな国への旅費は億単位。その割に宇宙旅行は1万円ぐらいと激安です(^^;)




【今月よく読んだ英語本】
 ↑まちゅさんからお借りしているこの絵本セット。想像以上に良い本で購入も考え中です♪

No! That's Wrong! ←こちらはakiさんからお借りしている絵本。森でアンダーパンツを見つけたウサギ君。これって、帽子?森の動物達が次々にその帽子を褒めてくれます。でも、ちょっと大き過ぎたりきつ過ぎたり…。
賞賛の言葉と形容詞も沢山出てくる、ちょっと間の抜けた可愛い絵本。
お下品が好物の幼稚園男児にぴったりです。(akiさん家のH君やR太郎のツボです^^;)



【今月よく読んだ日本語絵本】
きつねものがたり (世界傑作童話シリーズ) ←頭の良いキツネ君が、人の言葉や読み書きを覚え、失敗を繰り返しながら出世する物語。
絵の雰囲気から幼児用と思いブックオフで購入するも、童話なのに内容も表現もちょとだけ大人っぽい。でもR太郎の印象にはバッチリ残った本でした!

注文の多い料理店 (日本の童話名作選) ←説明するまでもないこの童話。最初は笑って聞いていたR太郎も、二人が食べられそうなことに気がつくと目を見開いて「ひえ~!」。夜の読み聞かせには向かない絵本かな(^^;)



【今月よく観た映像】
フルハウス〈サード〉セット1 [DVD] ←まだまだ続くゆ~ママさんにお借りしているフルハウス祭。末っ子ミッシェルちゃんの英語の成長が気になってしょうがないR太郎。もうすぐ追いつかれるよ~(><)
なお君と英語で?レゴスカイプ(^^)
親子英語のお仲間、なおぱぱさん家のなお君と念願のスカイプをしました~♪

先月「英語で遊ぼう会 in Tokyo」のグループスカイプ初日でゲスト参加していただいたものの、トラブルでほんの数分お話しできただけ。でもその時も親子の自然な英語のやりとりや、なお君の上手な絵がとても印象的で、この日を待ちわびていた苺ママ。

いつもお友達とスカイプをする際には、おおまかにする事を打ち合わせしておくのですが、今回は特に必要ないかも?と自由にさせてみました。

ですが、そこは5歳児同士!
、、、、これが想像以上に自由でヾ(;´▽`A

最初はお揃いのお絵描きボードを使ってGuessing Gameまでは良かったのですが、かくれんぼやウクレレ、ピアノ、ドラムと次々に弾きまくり、収拾がつかなくなってきて、、、、


そこで、なおぱぱさんが出して来てくださったのがこれ↓

Lego Crazy Action ContraptionsLego Crazy Action Contraptions
(2008/09)
Doug Stillinger

商品詳細を見る



そう!昨日プリスクールでサンタさんからもらったレゴテクニックの入門本です!
こういう時、ブログでの近況報告は便利ですね~(笑)

「Let's make it together!」と二人で作り始めました。

すると、雑音が今度は一気に消え、黙々、、、、


黙々、、、、

黙々、、、、

、、、、、、シーーーーーーーン、、、


なお君が時々独り言のようにポロッと何か話し、R太郎もそれにボソッと答え、


また、シーーーーーン、、、


この本は16種類のシンプルマシーンが作れるのですが、1つ作るのに簡単な物でも10分程はかかるので、スカイプ画面の前でふたりしてただただ集中して作っていました。

苺ママはその間、時々様子を見ながら夕飯の支度(^^;)

二人とも出来上がると、「もう一個作っていい?」「うん、僕はもう作り始めてるよ」(←もちろん英語で^^)と、次々と作品作り。


1時間半もすぎ、キリがないので強制終了~
R太郎はその後も作り続け、「面白かったね~」と言っていました(^^)



最近よくお友達とスカイプするようになって思うのは、WEBレッスンで英語の先生と決まった時間内で話すのとは違うスタンスだな~ということ。

我が家はWEBレッスンはやっていませんが、もし受講していたら、アウトプットの量が気になるし、そこで出来るだけ多くの物を得て欲しいと思います。

でも、お友達とスカイプする時は、「英語で遊ぶ事自体が楽しいと思える場作り」でいいのかなぁと。英語の本やオモチャでオールイングリッシュで楽しく遊ぶ事を続けて、次回スカイプをした時やもしかしたら直接会って遊んだ時に、自然にプラスのイメージで英語でお話しが出来る。

だから親としては、発話もさり気なく促しつつも、本人達が楽しいと思えることをじっくりさせてあげたらいいのかな、と。

なお君とはその内きっとお会いできる様な気がするし、それまでまた時々スカイプで遊んで欲しいな♪と思います!





プリのクリスマス会☆
金曜日はR太郎のプリスクールのクリスマス会でした。

今年は年長クラスに入っているので、歌やダンス、サンタさんへのメッセージカード披露やジンジャーブレッドハウス展示など、ちょっと派手目の出し物(?)も多く、親的には楽しませてもらえました♪

苺ママにとって、入園当初は気の重かったポットラック(各家庭一品持ち寄り)も、最近やっと慣れました(^^;)

IMG_0268.jpg

↑プリで作って来た今年のジンジャーブレッドハウス。

毎年自宅でしていたジンジャーブレッドハウス作りも、今年は違うことしなきゃっっ
ちなみに、2009年2010年の我が家のジンジャーブレッドハウス作りの記事です。型紙リンク付きなので興味がある方はぜひ★



ところで、サンタさんへのカードはこう書いてありました。


Dear Santa

Please bring me a puppy, a sister and a puppy garden.

(子犬と妹と子犬の庭を持って来てください)


残念、、クリスマスまでには叶わないお願い事だわ(^m^;)

で、クリスマスパーティーに現れたサンタさんが持って来たプレゼントはこれでした。↓

Lego Crazy Action ContraptionsLego Crazy Action Contraptions
(2008/09)
Doug Stillinger

商品詳細を見る


実は毎年各家庭が自分でプレゼントを用意するのですが、本番もあるし、かと言って要らない物も選べないしといつも苦労するプレゼント選び。でも今年もやっぱりレゴでした~♪

このレゴ付きの本はsa-chi21さんなおぱぱさんが紹介されていてずっと気になっていたのですが、最近シンプルマシーンに興味が出て来たR太郎の、今年のプレゼントはレゴ・テクニックにしようと思っていたので、その第一弾!


16種類のシンプルマシーンがレゴで作れるこの本に、帰宅直後から寝るまでずっと取り組んで早速4作品も作っていました。なので、この本について書こうとも思ったけれども、長くなりそうなのでまた今度にー


さて、明日からはいよいよ冬休みが始まります!
グリーンサンタからのお返事
今週はすごく忙しいので、ブログネタが溜まる前に簡単に投稿しておきます(^^)


11月に出したグリーンサンタへのお手紙のお返事が届きました♪

IMG_4953.jpg


なぜか2通(^m^;)
ポストに投函した日から毎日お返事を待ちわびていたR太郎は大喜びでしたー

R太郎のワイルドな宛名書きが、デンマークの郵便屋さんに解読してもらえてホッ。



今週でプリスクールも終わり。
その前にイベント続き&仕事でキューキューな苺ママです。
でも、来週から毎日R太郎が家にいる訳だからもっと忙しくなるのか、、、orz
ケビン先生の読み聞かせ&「遊ぼう会」オフ
紀伊國屋新宿本店で行われたケビン先生の読み聞かせ会を機会に、「英語で遊ぼう in Tokyo」のメンバーさん達とランチオフ会♪

ゆ~ママさんシオママさんはぎ☆さん、こげちゃんさん、まちゅさん、アイリーンさんの親子でレストランの個室はギューギュー詰め!

親と子供のテーブルにザクッと分けてのランチでしたが、子供達の席は最初からオールイングリッシュで仲良し♪
今回は3回目の「遊ぼう会」ですが、子供達もすっかり打ち解けて、このメンバーが集まれば英語で話そう!という積極的な感じすらします(^^)

ランチの後は、ケビン先生の読み聞かせ会へー

先日久し振りに参加した豊洲の読み聞かせ会では、ケビン先生のキラリと輝く読み聞かせの魅力に親子共々魅了されましたが、さすが東京のド真ん中新宿は予想通りの大混雑。

そんな中、到着したのはまだ開始予定15分前なのにも拘わらず、ケビン先生はすでに本番モードで子供達を楽しませてくれていました☆本当にどこまで素敵な先生なんだっっ

子供達の読み聞かせスペースの周りには見学する親御さん方で溢れていたので、もう見学は諦めて少し離れたところで英語育児談義(^o^)
この時間、苺ママとしても非~常に濃い時間となりました!

英語で子供達を遊ばせたい方!というだけで集まったメンバーですが、日本の幼稚園に通いながらもWEBレッスンや英語教室で高い英語教育を目指している方、海外赴任経験がおありの方、国際結婚のご家族、英語講師の方、プリスクール生、、、などなど、この会のメンバーは一人ひとりの環境や取り組みは違いながらも、「なんとか同世代のお子さんと英語で自由に遊ぶ場を作ってあげたい!」という強い想いは共通していて、みなさんの環境の違いによる色々な価値観でのアドバイスはとぉってもに参考になります!!!!


さて、子供達の読み聞かせ会が終わると、「サンタが下の階にいる~!」と洋書売り場の階に急ぐ子供達!
で、また気がつくと登場したケビン先生をいち早く見つけたR太郎達が、ケビン先生が逃げないように手を握りしっかりガード。口にはなぜか名札シールが、、、意味不明(^^;)
ケビン先生サンタが参加記念のプレゼントを渡してくれるということだったらしいです。
まあ、子供達は楽しかったようで何より何より♪


帰りはデパートの屋上で思いっきり駆け回る子供達。日曜で同世代のお子さんが沢山いたせいか、最初は日本語モードに戻ったかと思ったのに、暫く経つとまたすっかり英語で鬼ごっこやかくれんぼ。
ここら辺が、場所と人のコミュニケーションの心理状況の変化を見たようでかなり興味深かったです(^^)

月一オフ会を目指して、遊ぼう会も親子とも交流を深めて行けたらいいな~
そしてママを選んだ理由は、、、
この頃、「アイデア」や「考えること」について時々自分の考えを口にするR太郎。今夜は特に面白い話をしていたので、英語とは全~然関係ないけどブログに残しておきたくなりました!


R太郎がいうには、

考える事は素晴らしいこと。考えなくては、レゴも、自分のおうちも、壁や屋根や椅子や机も、ビルや町も。全部何もかも作られる事はない。だから、素晴らしいことだけど、すべての人がやっていること。考えていない人はいない。

う~ん!イイコト言うね~♪

でも、脳の中に考えがあるのではなくて、体の外にある「心」が考えを作っている。その心は体が死んでもなくならず、次に生まれた時に引き継がれる。だから、今R太郎が考えている事は、生まれる前から既に知っていたこと。

おっと、何かスピリチュアルなお話になってきました(^^;)

R太郎が生まれたのは、R太郎がママを選んだから。どうして選んだかというと、、、、

「ママは考える事があんまり上手じゃなかったから」



(爆)!!!
本当はママとして選ぼうと思った子があと3人ぐらいいたんだけど、その中で考えることがうまくないママを選んだとか~

そうかぁ、助けてくれてありがとう、、、(;´Д`A

ママが小さい頃、ママから心のお手紙をもらったR太郎が、ママの心をもらってママから生まれた。だから今はR太郎の心はママだ。R太郎が大人になるまでその状態は続き、大人になった頃、ママも考える事が上手になるし、今もR太郎の体の首辺りまでは考えられる人になっている。

ほ~!それはちょっと嬉しい♪

お腹の中にいた頃の話を子供に聞くと面白い事を話す事があると聞いて、今まで何度か聞いた事もありましたが、いつも「う~ん、、忘れた、、、」と言っていたR太郎。
お腹の中を越えて、輪廻転生の話まで???


どちらにしても、アイデア、考えること、創造することについては、最近気になっているようです。




この話を熱~く語って倒れ込むように寝たR太郎。
就寝後の11時、皆既月食がよく見えるという苺パパからの電話で無理矢理外へ連れ出すも夢の中でした~

なんだか神秘的な夜でした★


関連記事
ずっと気になっていたORTの『Read At Home』
今年の始め辺りだったか、Oxford Reading Tree(ORT)の、家庭学習用に特化した『Read At Home』コレクションの購入が親子英語ブログで流行った事がありましたが、我が家も購入しようかと迷いに迷ってやめました。

というのも、この『Read At Home』の説明に“レベル1-5”と記されていたからです。
当時でもステージ6か7を読んでいたR太郎には残念だけど必要ないかな、、、、と。

ですがその後、親子育児ブロガーさん方のブログにより、『Read At Home』のレベル分けの“レベル”とメイン絵本の“ステージ”とは難易度が異なることが判明!
“レベル 5”はメインの“ステージ 5-7”に相当し、6-7歳の子供向けとか。
オーマイ!なんと紛らわしい、、、( ̄Д ̄;)


それを知った頃にはセールも終わっていたし、ずっと気になっていた『Read At Home』ですが、先日なんと30冊セットをお友達のまちゅさんが貸してくださいました!!!


早速R太郎君、お借りしてから数日で一気に読破!
、、、って程の文章の量ではないですが、ページ数にしたら結構あるしっっ


で、すっかり“今更”なレビューですが、、、

噂通り、『Read At Home』はイイ!

いや、、、R太郎がORTのステージ1や2を読んでいた頃にこれを知っていたら、メインを買わないでこのセットを買ってたんじゃないかなぁ~




メイン絵本と違うのはページ数が少し多い事、最後のページに必ず“Think about the story”として、本の内容確認や、お話を自分に置き換えての質問、そして迷路や間違い探しなどのアクティビティがついています。

この内容理解やアクティビティについては、メイン絵本にも載っているのですが、先生や親向けなので小さな文字の英文。英語苦手ママにはここはスルー率が高かったのでは?

それに比べて、『Read At Home』の質問はキャラクターの吹出し付き↓

IMG_4597.jpg

R太郎、どの質問にも答える気満々!
ありゃ? こういう「読解テスト」って嫌いじゃなかったけ~???(Raz-kids停滞中もこの理由だし^^;)。
キャラクターの力って凄い。。。

特にこの部分は、レベル1であろうがレベル5であろうが口頭での説明になるので、R太郎にとってもまだまだチャレンジレベル。





で、『Read At Home』の現在のお値段をAmazon.co.UKでチェックしてみたら、お安いセットがありました☆
定期的にセール価格物って出るのかしら?



“Available from these sellers”で並ぶお店の内、“International & domestic delivery rates”と記されているお店が日本への海外発送をしてくれます。

今日の時点で£24.61+£7(日本への発送費)=£31.61(3,983円)です。
日本ではORTメインも『Read At Home』も一冊だけで約500円ですから、30冊+ペアレンツガイド1冊でこのお値段は超超お買い得です!




単位の感覚もバイリンガル?
無料のワークシートやアクティビティアイデア満載のeducation.com。年齢やジャンル別に検索できるし、今すぐできる簡単なモノも多いので重宝しています。(iPhone版も便利です♪)
最近のヒットはこれ!

Make a Parachute Toy

IMG_8177.jpg

ハンカチで作るパラシュート作り。糸の先には色んな大きさのオモチャをつけて実験です。
これがフワリフワリと大成功したり、時々傘が開かず道路に激突したり!

お友達が遊びに来た時にも、自分も作りたい!ということでもう一度みんなで作った程の大人気振り☆
お友達持参の仮面ライダーフォーゼスイッチも、かなり重いのに激突しなくてすみました(新品だったのでホッ^^;) ←分る人ににしかわからない重さです(笑)




ところで、もちろんこういう遊びはサイエンスに興味を持たせるという目的にも良いのだけれど、実は最近、「リーディングにも役立つんじゃない?」と思うように。

というのも、R太郎が「これくらい」という長さを言う時に、センチやメートル、インチやフィートなどを口にするようになったんです。その長さは正確には合っていなくても、大きくは間違っていないという感じ。長さの単位に興味が出て来たようなのです。

今かなり長い間停滞中の「良書探しのママ多読」で感じたのは、小学校低学年の読む本でも、長さや重さの単位はよく出て来ます。例えば、魔法使いから渡された鍵があったとして、その鍵が手の中にすっぽり収まるのか、それとも大きくてずっしり重いのか、はたまた小指の先程のサイズなのかって、インチで書かれてあってもイマイチわからない。なので、なんとなくその辺のイメージがボヤ~としたまま読み進める事がよくありました。

もちろんその頃になって、本人が調べたければセンチやメートルに換算して読めばいいのだけれど、こんなサイエンス遊びやクッキングを英語でしていると、そんな感覚もバイリンガルになるのかしら~?

震災支援-2011年11月分
苺ママのブログやサイトのリンクから商品をご購入いただいた際に発生するアフィリエイト収益(絵本やDVD、その他商品の紹介料)を、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の支援に使うという苺ママのささやかなプロジェクト『親子英語ブログを書く私が出来る事。』

11月分の報告です。


■Amazon.jpアソシエイト
11月分 ¥992


■楽天アフィリエイト
11月分 ¥85

______________
合計  ¥1,077

皆さまにご協力いただいたこのお金を震災支援に使うのに、今月は日本赤十字社に寄付します。



震災からもうすぐ9ヶ月。

今年のカレンダーも最後の一枚になりました。我が家の12月は幸せな事にほぼ例年と同じにやってきました。プリスクールやお友達とのクリスマスパーティー&忘年会なんて話もそろそろちらほら。苺ママが小さい頃から実家で飾っていたクリスマスマスツリーも飾りました。

でも、やっぱり去年の今頃のウキウキ感がない(>_<)
食材選びは今でも大変だし、首都圏の放射能汚染のニュースを読む度に落ち込みます。
今年も一年お疲れさま~♪ 年末の大掃除大~変!
来年も良い年にしようね~と、あっけらかーんと言えないんだな、、、


////


ところで、我が家の節電意識も定着し、去年より2割は電気代が安くなっているので、この冬も電気代&ガス代を節約するぞ~と意気込んでいる苺ママ。

冬の光熱費はやっぱり暖房代。ここ数年の光熱費を書き出してみたら、結局冷え性苺ママがポイントだと思いました。しかも今、夜中の仕事が多いので、一人のために暖房をガンガンつけることに。

で、買っちゃいました、銅製湯たんぽ。


トタン製なら1000円台なのに銅製だとこのお値段(^^;)

でも布団の中だけではなく、椅子の後ろに置いてもあったか~い!猫がぴったり寄り添っているような優しい温もりです。冷えるボロ家の我が家、今年の冬は部屋の中を湯たんぽ抱えて移動中♪


さぁ~て!この冬どれくらい光熱費が安くなるかなぁ?ぐふふ。





「英語で遊ぼう in Tokyo」の新規参加について
一度目のオフ会をしてから約1ヶ月しか経っていない「英語で遊ぼう in Tokyo」。
二度目のオフ会やグループチャットなど試行錯誤中です。

みなさんスクールなどだけに頼らず、頑張って親子英語に取り組んでいる方ばかりの集まりなので、子供達の英語力もママ達の熱意も高く、とても雰囲気の良い会になりそうな予感です。

そんな会なので、苺ママ自身も熱~いブログ記事にし、それを読まれて魅力を感じ多くの方々から参加希望をいただいていたことは本当に嬉しい限りです(^^)

そして、その嬉しさから私も皆さんとお会いしたくて、今までご連絡をいただいた方全員に参加していただいていました。


ですが、その人数も10組を超え、これ以上メンバーが増えると、この会の趣旨である「子どもを英語で自然に遊ばせる場」という遊び場作りが困難になるのではと考えるようになりました。
今までいくつか同じ様な会に参加した経験からも、人数が急激に増えるのは得策ではないな、と。
まだたった一ヶ月のヒヨッコの会を慎重に育て上げて行きたいと思います。


そこで、非常に心苦しいのですが、新規参加は暫くの間見合わせようということになりました。

もし、もう少し会が育って来て、他の同様のグループの方と交流したり、ゲスト参加や別ユニット結成?(笑)
将来はわかりませんが、取りあえずは今のメンバーで交流を深めて行きたいと考えています。

参加したいと考えていらっしゃった方には本当に申し訳ありませんが、暫く暖かい目で見守っていただければ~と思います。また、自分の記録の為にも、同様のグループを作ろうとしている方々と情報をシェアする為にも、この会の様子はこれからも書いて行こうと思います♪



※尚、まだ参加されていない方で、今まで苺ママのコメントで「どうぞ参加なさってください♪」とお返事した方がお二人いらっしゃいますが、その方々の参加はまだ間に合いますのでウェルカム☆です。