苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
即興ソングと『Geronimo Stilton』
昨日はお友達と動物園の予定が急遽延期になり、近所の公園でひと遊び。春休みで小学生とも遊んでもらって楽しかったみたい。公園から帰って来て、ウクレレ片手に即興で歌をうたってました♪

公園に行って夜は魚を食べて~、なんていうなんてことない歌。文法とか多分めちゃくちゃだけど、ライムとかちょこちょこ入れこんでます。記念に載せておきますがスルーしていいです~(笑)

R太郎の即興ソングを聞いてもいいよ、という方はここから(^^;)



それから、この前なおぱぱさんにお会いした時にオススメされたこの本が届きました!


Lost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton)Lost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton)
(2012/01/01)
Geronimo Stilton

商品詳細を見る


IMG_0918.jpg

中身はこんな感じで、単語のサイズやフォント、色などを変えてとっつき易くはなっているけど、内容や語数など考えてもこれは完全にチャプターブック。

寝る前に10ページ程読み聞かせて就寝。翌朝起きて続きが気になったらしく、3~40分ぐらいで残りを全部自分で読んじゃいました。最近、すご~く読むのが早くなったR太郎。既に苺ママの読むスピードを抜いているので、内容がわかっているのかな?とあらすじを聞いてみた所、ちゃんと答えてくれました!!
読んでないので判断しづらいけど、合っていそうではありました(^^)

なおぱぱさんの記事によれば、リーディングレベルはYLで3.5-4.5、語数は10,119語だとか!いつの間にかそんなのをサラッと読めるようになってる!?

いよいよ本格的にチャプターブックを読むお年頃になってきたかな?アドベンチャーもので面白かったと言うことだし、やはりフォントが工夫してある所が最後まで飽きずに読めたポイントのようなので、シリーズの他の本も欲しくなりました☆




【5歳10ヶ月のR太郎】まとめ
だいぶ遅くなりましたが、今月の成長記録のまとめです。


【5歳10ヶ月のR太郎】

●Knock Knock Jokeにはまる。

●こどもの城、英語で遊ぶ会での宇宙のお話など
 お友達と英語で遊ぶイベントは今月も盛りだくさん!

●スゴロク作りあそび。
 完全オリジナルスゴロク計画は中断中(^^;)

『MAD LIBS JUNIOR』にハマってます♪



まとめを書くのがかなり遅くなったため、
キッザニアEAP参加や、なおぱぱさん親子と遊ぶ会はエントリー外(笑)

なんだか、このまとめの内容が随分前のように思える程、春休みに入って活発に活動をしています~
苺ママがお仕事の日は、ジジやお友達にお預かり。春らしい天気になってきたので、泥んこになって連日お友達の家でお風呂まで入って来て、帰宅後バタンキュー。ほんと、ありがたいです。

そうそう、お友達が参加したヤングアメリカンズのショーも見てきました。今回はワークショップは見なかったものの、またまた感動☆
R太郎はすっかり来年出る気みたい(^m^)
男の子の気分って難しいし、参加者を見ているとやっぱり女の子の方が圧倒的に多いのでその時期になってみないと分からないけど、来年の夏は参加させてあげたいな~♪



【今月よく読んだ英語本】
 ↑結局買ってしまったRead at Home。

Nate the Great ←再びプチブーム。持っている5冊程を再読。この頃読む時は黙読。横になりながら読んでいることが多いので、ちょっと姿勢を考えた方が良いかも…


【今月よく読んだ日本語絵本】
決定版 まんが日本昔ばなし101 (幼児図書ピース) ←この本、まだまだ読み聞かせてます。同シリーズの落語も興味あり。英語のお話の展開とはひと味違う日本のお話は、やっぱりベースに持っておいて欲しいです。


【今月よく観た映像】
フルハウス〈サード〉セット1 [DVD] ←で、やっぱり今月もこれなんだ、、、
今までアバウトに決めていた映像視聴時間を、一日一時間 (映画の場合は1本可)に決めました。本人も計算して、後は音源の方で楽しんでいます。意外にスムーズに受け入れられていい感じ♪


なおぱぱさん親子と遊ぼう会♪開催
今年2月にR太郎と京都旅行をした際に開いていただいた『一期の会』

苺ママ待望の親子育児ブロガーさん親子にお会いできたという喜びはもちろんのこと、土地勘のない旅先でR太郎が同年代のお友達と遊べてとても楽しそうだったので、参加者のみなさんには、「東京にいらしたら、1日のフリータイムでもぜひ連絡してください! 一期の会 in Tokyoを開きましょう!」と言い残して帰って来たのでした。

で!まさか、あれから1ヶ月余りでそれが実現するとは!
なんと、なんと、あのなおぱぱさん&なお君親子が、なおぱぱさんの出張に合わせて東京にいらっしゃるというご連絡をいただき、今回は苺ママ、フットワークの良いみなさんに今回もおんぶに抱っこの幹事(^^;)として、『なおぱぱさん親子と遊ぼう会』を開くことになりました!!

大人気のなおぱぱさん&なお君なので、お誘いする方を迷いに迷って、英語で遊ぼう会のメンバーと、年齢の近いお子さんをお持ちのお友達に。平日、しかも小学校はまだ春休みに入っていないので、参加できなかった方もいたのが残念でしたが、それでも10組の親子さん大集合!

大人達は、さながら「なおぱぱさんを取り囲む会」(笑)
英語育児の質問をしたり、なおぱぱさんオススメの情報や絵本、iPadアプリなどを携帯でパチリッ&メモ!!!
はい!もちろん苺ママもたくさんiPhoneに収めました(^^)b
ママ達の異様な熱気の中、甘えて来るなお君と絡みながら、穏やかにお話し出来るなおぱぱさんってすご~い!



さて、なお君はR太郎としか面識がないのに、すぐに打ち解けてみんないつものようにオールイングリッシュで遊び始めました。うーん、毎回ながらこの光景には驚きます(^^)

我が家からは、R太郎のアイデアで2-3歳の子から楽しめそうな『Candy Land』と『Twister』↓を持参。

『Twister』は、両手両足の置く場所をルーレットで決ます。ルーレットは英語(Right hand/Left Footなどですが)なので、英語モードで体を使ったゲームができる昔からあるパーティーゲーム♪
※リンク先の商品は日本語版でRight handの上に「みぎうで」など日本語が併記されているようです。


ツイスターツイスター
(2008/10/10)
トミーダイレクト

商品詳細を見る


IMG_6122.jpg

結局、4歳以上限定で遊んでしまっていたようで、、、(^^;)
シオママさん家のシオちゃんmicoさん家のayuちゃんはぎ☆さん家の次女ちゃんなど小さい子チームは、最近すっかり小さいこチームのリーダーにもなってくれている4歳のMちゃん主導のもと、カードゲームを楽しんだり。

途中からは、小学1年生のPuriちゃんと年中さんのSeちゃんと一緒に普通のママさんもいらしてくださいました!Puriちゃん達とスカイプでお話ししたのは3年前。子供達はもちろん全く記憶にありませんでしたけど~

後半はすっかり仲良くなったなお君とR太郎は、戦いごっこや瞑想等?? 仲良く暴れまくっていました。情報によると、「僕んちには本が200冊あるんだよ!」「僕は300冊持ってるよ!」「僕は400冊だ!」とか、「Spiderman知ってる?」「知ってるよ!僕Spidermanの本を持ってるよ!」「僕は本はないけど、、Green LanternのDVDは持ってる?」などなど競っていたらしい(笑)

こういう同年代のお友達と英語で遊べるって本当にいい。でも、5歳過ぎて英語育児が続いているご家庭って、周りではダンゼン女の子の方が多いんですよね。男の子の英語育児は、この年齢になると続きにくくなるのかな?
最年長のH君がお引っ越ししてしまい、英語で遊ぼう会も女の子の数が圧倒的に多いので、今回なお君が来てくれてR太郎もすごく楽しかったみたい♪

お別れの時には、雨の中R太郎にハグしてくれたなお君、可愛いかったわ~(^^)
なおぱぱさん、東京出張の際にはまたなお君と一緒にいらしてくださいね~☆


そうそう、備忘録。
なおぱぱさんオススメリーダー。

Lost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton)Lost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton)
(2012/01/01)
Geronimo Stilton

商品詳細を見る

所々フォントの色やサイズが変わったり、楽しく読める仕掛けがいっぱいで楽しそ~う!
お得で楽しいキッザニアのEAPに参加♪(後編)
3日連続の記事投稿、長編にお付き合いいただきありがとうございました!
いよいよ今日は『English Activities Program』(以下、EAP)参加レポ 最終章です(^^)

前2つの記事をまだ読んでない方はこちらから先にどうぞ~
お得で楽しいキッザニアのEAPに参加♪(前編)
お得で楽しいキッザニアのEAPに参加♪(中編)


さて、最後のアクティビティはキッザニアの中でも人気の消防署。待ち時間が長いと噂のこのお仕事も、EAPなら待ち時間0分!それだけでも、すご~いO(≧▽≦)O ♪

まずは消防署内で訓練。
隊長の「fall in!」「attention!」のかけ声で年長のH君が「Here!」と手を挙げ、そこへ次々と「1,2,3,4,5」と急いで並ぶ練習。

この時点で7時半過ぎ、疲れているはずの子供達だけど、かなりハイテンション!!!

IMG_5642.jpg

もっと大きな声で!もっと早く集まれ!など、優しいナビゲーターのお兄さんもここでは隊長役になり切ってました(^m^)


そして訓練の後はいよいよ出動です☆

外に止まっている消防車に全員乗り込み、Hちゃんとはぎ☆さんの娘ちゃんの女の子チームがマイクでアナウンスしながら、キッザニアタウンを火災現場に向かいます。

通常の消防車は日本語のアナウンスで「消防車が通ります。危ないですから、、、」などと言っているので、ここだけは日本語かな?と思いましたが、「The firetruck is coming! Please move!」とやっぱり英語でした!
その代わり消防車の前をナビゲーターさんが日本語で「すみません、道をあけてください。」などと通行人に声をかけてましたけど(^^)

火災現場では、消防署で訓練した通りに手を挙げたり並んだり。そして赤く燃える建物の窓に向かって放水!!

IMG_5681.jpg

人気なだけあってなかなか派手なお仕事でした。
帰りはH君とR太郎の男の子チームがアナウンス♪
消防署に帰ってから、ナビゲーターの人が話した後、「Don't play with fire!」とみんなで合唱してました(^m^)



これで長かった3時間のプログラムが全て、しゅ~りょ~う!!!!
お仕事、お疲れさまでした~!

ナビゲーターの方々に素敵な言葉をもらい別れた後は、お仕事でもらったキッゾの使い道。
銀行で口座を作り貯金してもよし。三越のお店で買い物をしてもよし。
でも子供達の持っているキッゾ、入場時にもらえる50キッゾと合わせても鉛筆1本や小さなクリップぐらいしか買えないようなんです、、、
ここでも親はお店に入れないので、アドバイスすることもできず、みんなどれにしようか迷いに迷ってました(^^;)

そんな中、実はプリスクールで今まで2度キッザニアに来たことがあるR太郎(苺ママなしですが)、今まで貯めたお金をどーんと使って?こんな物をお買い上げでホクホク顔。

IMG_9610.jpg

正直、ママとしては他のメンバーの目に入らないようにしたかったです…(><) でも、本人が働いた分だものね。好きな物を買えて良かったね♪

そして欲しい物が買えない悔しさを我慢していたH君、帰宅後に書いた日記の最後に「I learned that working is very hard.」と書いていたとか! 
英語で日記を書いちゃうH君はさすがだなと思うと同時に、年長さんでこういう感想を持つ彼にいつもながら感動してしまった苺ママでした☆



いや~!これでキッザニアを出たのが9時。
今回参加したキッザニア東京のEAPは、子供のプログラムなのにこんなに時間が遅いこと以外は、文句なしの素晴らしいプログラムでした♪
だけど、激混みだったにも関わらず、他に同じTシャツのお子さんを見かけなかったな~と思っていたら!出口を出るとエントランス横にこんな大型ボードが!!!!

20120318.jpg

その日EAP参加した子供達の名前が、英語で吹き出しの中に書いてありました(^^)
我々だけじゃ~ん(笑)

空欄の部分を見ても、残念ながらまだまだ一日何組もの参加は想定していないようですね…。

プログラムを変えて、できたらまた参加したいEAP。また次回参加した時は、この欄がもっともっと増えていることを楽しみにしています☆


キッザニア甲子園でのEAPに参加したなおぱぱさんの記事と、トマトさんの記事もぜひ!
関西と関東ではお仕事内容等微妙に違うようです。
お得で楽しいキッザニアのEAPに参加♪(中編)
英語で遊ぼう会のおっきい子メンバー5人で参加したキッザニア東京のイングリッシュプログラム『English Activities Program』(以下、EAP)レポ。
今日はその続編です~(前編はこちら>>)


さて、自分たちでボトリングしたコーラ(R太郎はコーラが×なのでお茶)とピザでのディナーの後は、後半のアクティビティーへ!


3つめのお仕事は、石丸電機の音楽スタジオ

今までのお仕事と同じように、始める前にまずはどの楽器が演奏したいか、ナビゲーターのお兄さんがフリップを見せながら質問します。
ここでは親の目の前での質問コーナーだったので、始まる前にどんなフリップをみせているか見ることができました。

IMG_1994.jpg


こんな感じのフリップ。保護者用の説明書に依ると、どのアクティビティでもこうした英語の練習になるような質問と答え等がこのフリップ(E@Kボード)として用意されているそうです。
お仕事の前後でこれを使って英語の練習をし、英語に自信がない子でも日本語で説明することで、そのお仕事を英語で楽しめるそう。

そうそう、前回の記事でナビゲーターさんはナチュラルスピードの英語だったと書きましたが、「ご両親は英語が話せますか?」との質問に「A little bit....」と答えた何人かのママさん(もちろん苺ママ含む)に、ナビゲーターさんが日本語に切り替えてくださったのですが、その日本語のうまいこと!
このEAPは、こんなバイリンガルスタッフさんが行っていて、英語が好き♪という子供達を日本語でもサポートしながら楽しめるプログラムなんだということがよく分かりました。
決して“ペラペラじゃないと参加できない”プログラムではありませんのでご心配なく~(^_^)b


ああ、また脱線しました。音楽プログラムでは各自楽器を選んで演奏。
もう、すっかりナビゲーターのお兄さんと馴染んだらしく、多くの写真付き楽器リストから、みんなやってみたい楽器をすごく積極的に選んでました。

H君が選んだCow Bellに、「違う楽器がいいんじゃないの?」と聞くお兄さんにも断固として変更しないH君(笑)
さぞかし地味~でのんびりと演奏する楽器かと思ったら、3つのベルをスティックで叩くというハードなもの!H君
全身を使って頑張って演奏してました!
R太郎は打楽器が好きなので迷わずコンゴ。お兄さんからオーバーアクションな指導を受けて嬉しそう♪

IMG_1989_20120320033844.jpg

練習の後はいよいよレコーディング本番!ナビゲーターさんがエンジニア&演出家になりスタート!
レコーディングの後はそれがすぐ大型テレビで見れます♪
親からは子供達の拙い演奏しか聞こえていませんでしたが、ヘッドフォンから聞こえるメロディーに合わせていたらしく、出来上がった曲はキッザニアの歌でした(^^)
この演奏は後からDVDとしてもらえるのでとても良い記念になりました。




さて、次は4つめのお仕事ソニーのフォトスタジオです。

IMG_2012.jpg

まずスタジオの中でカメラの持ち方や撮影の仕方を教えてもらい、理解したらキッザニアタウンへ撮影散歩。

最初はナビゲーターさんが指差す所を、群がるように撮影する子供達でしたが、その内自由に撮り始めそれぞれ興味が見えて面白い!

IMG_2016.jpg

この日一番年下の年少さんPino君。いつもシャイだけど、救急車や消防自動車をじっくり撮影。この後、最後に現像できる写真として選んだ一枚を撮っている瞬間です。「AMBULANCE」という文字を写したアーティスティックな写真は、さすがのバイリンガルキッズだわ~(^o^)



さあ、この記事は前後編の二回に分けようと思いましたが、今回も長くなりすぎてしまいましたっっ

最後の消防署でのお仕事と、全体のまとめは次回に、、、ということで、今回の記事は「中編」とさせていただきます。よろしかったらもう暫くお付き合いを m(^^)m



※一緒に参加したはぎ☆さんの記事もアップされています♪


お得で楽しいキッザニアのEAPに参加♪(前編)
日曜日はキッザニア東京のイングリッシュプログラム『English Activities Program』(以下、EAP)に参加してきました。

これが、お得で楽しいプログラム☆
英語育児をなさっているご家庭に超オススメできるので、ちょっと詳しくいつもに増して長~い記事を書いてみようと思います!



まずキッザニア東京では3つの英語プログラムがあります。

一つ目は「English at Kidzania」は全アクティビティのお仕事の中で、簡単な挨拶や自己紹介など英語に触れることができるそう。

二つ目のプログラムは「E@K アクティビティ」。毎日キッザニア内の3つのアクティビティで、お仕事全部を英語で行えるというもの。

そして三つ目が今回参加したEAPです。
EAPは予約制の全行程オールイングリッシュのプログラム。子供4~6名のグループに英語が堪能なナビゲーター1名がつき、5つのアクティビティを待ち時間なく体験できる3時間のプログラムです。対象年齢は小学5年生~中学3年生でしたが、低年齢の要望が多くこの2月に小学校1年生からに改訂。それでも年齢に達していない私たちのようなグループも人数が集まればグループ予約で参加することが可能なのです♪

・・・・・・・・


さてさて前置きが長くなりました(^^;)

今回そのEAPにグループ参加した私たち5人。英語で遊ぶ会のおっきい子チームです(^^)

まずは用意されたお揃いのTシャツを着てバッグを持ち集合、そして自己紹介です。

IMG_1879.jpg

英語が堪能な日本人のナビゲーターさんがいらっしゃるのかと思ったら、ネイティブの方が二人!EAPでは、通常の各アクティビティ毎のスタッフさんが対応するのとは異なり、このナビゲーターさんが移動からお仕事まで全部面倒をみてくださいます。英語はナチュラルスピードで、正直苺ママは全部は聞き取れないレベル。みんな大丈夫かな~(^^;)と少し心配になりました。



一つ目のお仕事は、コカ・コーラのボトリング工場

IMG_1884.jpg

まずは入り口前でフリップを使って説明。指差しクイズもあったようで、みんな我先に答えを指したりして、少し緊張が和らいだ様子でした。

次に中に入ってお仕事開始。

IMG_1896.jpg

お仕事の内容は、ペットボトルにコーラを詰めるだけなのですが、その前に長い間説明を受けている様子でした。親は外の窓越しに覗くことしかできないので、何を話しているかは分からず。

ボトリングしたコーラは持ち帰れるのですが、幼児なのでコーラが飲めない子が多いんですよね~(^^;)
せめてオレンジジュースと選べれば良いのだけれど…




二番目のお仕事は、ピザーラ

IMG_1936.jpg

ここでもフリップを見せながら、ピザの作り方から道具の説明までして、子供達に質問もよく投げかけていました。

ピザ生地を伸ばしてトッピングを乗せ、焼いたらできあがり~
それを持って出て来た子供達と予約席での軽いディナーです。

IMG_1968.jpg

自分の作ったピザのディナーに子供達は嬉しそうでした。
ここでもナビゲーターの方々はずっと一緒。「今回はお子さまの年齢が低いのでとても心配でしたが、みんな英語がよく理解できる子達だったので安心しました。」と言ってもらえました(^^)

もともと小学校高学年向けに始まったプログラム。そしてこのナチュラルスピードの英語での対応だと低年齢のお子さんの参加は少ないのかな?それでも「要望が多いため」対象年齢を小学1年生にまで引き下げたということは、低年齢の英語人口は確実に多そうだけど?


EAPは、まるでサマースクールなどの「英語で学ぶ」プログラム。休日午後の一般料金が親子で合計5,400円(4月1日以降改訂予定)に対し、EAPは6,800円なので1,400円差があるものの、待ち時間がなく効率よく回れ、少人数でこれだけ英語に触れられるのは本当にお得だと思います!



さぁ、これから後半。
後半は、みんなで演奏したDVDがもらえちゃう音楽スタジオ、キッザニアタウンを撮影して現像できるフォトスタジオ、そして人気の消防署では訓練して火災現場へ駆けつけます!

お楽しみに~




お友達の卒園式。そして春休み!
R太郎が一年半同じクラスとして過ごしていた年長さん達が卒園しました。
卒園式、子供達一人一人の英語でのスピーチの後、担任制ではないので先生方全員が一人に対してそれぞれ思い出を語るという、とてもアットホームな卒園式。人数が少ないからできることですが、2~3歳の頃からの思い出を熱く語る先生方をみて、やっぱりこの園に入って良かったなと嬉しくなりました(*^^*)

さて、これでR太郎も晴れて(?)本物の年長さん。4月からも楽しみだそうです~♪




そして春休み。一日目は予定外でR太郎がジィジの家に泊まりに行ってしまったので、急に自分の時間ができた苺ママ。ずっとやろうと思っていた夏休みの旅行をリサーチ!!!

実は10年近く貯めこんでいるショッピングマイレージを使って夏休みに海外に行けたら、、、なんて思っていたのですが、まずマイレージ表の見方からわからない!行きたい場所の直行便も出て来ないっっ!!、、、、と、マイレージを使ったことがある人なら苦笑するだろうことに悩み調べまくった一日。よーーーーーーーやくマイレージシステムを理解した苺ちゃんです(^^;)


今年の夏、グアムにまたいくぞ~!!!!(た・ぶ・ん♪)

おっとその前に、春休みは英語イベントてんこ盛り!
まずは明日はキッザニアのEAP。親子とも体調を崩さず思いっきり楽しみま~す!

関連記事
一緒に楽しんでます♪MAD LIBS JUNIOR
3月の英語で遊ぼう会にゆ~ママさんの持ってきてくださったこのワーク。実は苺ママもずっと以前から気になっていたのですが、ようやく対象年齢になってきたので購入してみました。
ゆ~ママさんの「R太郎君好きそう♪」という予測通りヒット中(^^)


Super Silly Mad Libs JuniorSuper Silly Mad Libs Junior
(2004/02/02)
Roger Price

商品詳細を見る

↑Amazonのページから中身が見れます。

このワーク、物語の一部が何カ所も空欄になっていてそこを埋めて文章を完成させるというもの。

IMG_9753.jpg
↑クリックで拡大


埋める単語は見開きの単語リストから選択。単語リストは名詞、形容詞、動詞、MISC.(これはよく分からないのですが、ここでは体にまつわる単語が載っています。)に分かれていて、この空欄には動詞を入れる等どこにどんな品詞が入るかは決まっているので、そのカテゴリーから選んで書き込むだけ。あまり難しく考えなくても、リストから適当に選べばSillyで笑える物語が出来上がるというわけ♪

物語は「MY PET」「HOW TO CLEAN YOUR ROOM」といった日常的なものから、「SECRET CLUB」「MONSTER UNDER THE BED」なんて、そそられるものまで。

この単語遊び、R太郎が4歳の時にやっていた手作り教材『Silly Sentence』を思い出します。本当にR太郎はこういう言葉遊びが大~好き!

最初は一人でやっていましたが、今はコピーして同じタイトルを二人で作って見せ合って大笑い(^o^)

欲を言えば、選べる単語にもうちょっと幅があるといいかな。形容詞は「silly」「yucky」「stinky」「nasty」と、子供が好きそうな汚い臭い系(^^;)が揃っているのは食いつきが良いものの、90%の確率でその辺を選んじゃう。

出来ればもっと普通の単語で笑わせて欲しい(^^;)

『Mad Libs Junior』シリーズはアマゾンでもたくさんあるので、今度はSuper Sillyではないのも試してみようかな♪

これなんて、シンデレラやラプンツェルなど有名な昔話やマザーグースなどの物語を題材にしていて面白そう~!

Once Upon A Mad Libs JuniorOnce Upon A Mad Libs Junior
(2004/02/02)
Roger Price

商品詳細を見る

↑これもリンクから中身が見れます。


これがライティングや文法の勉強になるのかは分かりませんが、「書くことを楽しむ」のにはとても良い遊びだと思います(^^)

この一年
大震災から一年。

あの日から一年間、私の中では色々な不安がありました。

あの日の地震のショック、R太郎を連れてパパの実家に辿り着いて見た東北の映像、大きな余震が続くなか原発事故の放射能から逃げるかどうか何度も何度も迷ったこと、東京での高い放射線量、東日本の食べ物に含まれる放射性物質…

あの日から一年間、R太郎を守る為に毎日不安を抱えながら情報を集めていました。好きなことの情報を集めるのは楽しいけど、苦手な分野のネガティブな情報を真偽を見極めながら集めるのは辛い。あまり調べすぎるのが不安になる原因なのかとやめる時期もありました。栄養の偏りか家族で口内炎ができ反省したことも。

あの日から一年、東北に住んでいた知り合いには未だに避難している人もいます。プリスクールのお友達も地方や海外に避難してそのまま帰って来なかったり。

一年経っても未だにあまり変わらない状況に正直不安が拭えません。




子供達はどうなんだろう。

R太郎に一年前のことを聞くと、よく覚えていました。去年の7月からはうちのテレビも観ていないけれど、ニュースのことも心に残っているようでした。そして、

「だいじょうぶだよ、だからもうちょっと楽しい話をしようよ」

と。そうだよね、状況を嘆いて不安不安ばかりでは前には進めない。これから子供達が作って行く日本。自分にできることをやりながら、前向きな気持ちでいなきゃいけないんだよね。

まだたった一年。これからまだ長くかかるだろう復興と、将来を築く子供たちが強く賢く育つように、私にできることを続けて行こうと思います。


//////


苺ママの小さなプロジェクト
「親子英語ブログを書く私が出来る事。」


2012年3月分までの当ブログのリンクから絵本、DVD等を購入して頂いた際に発生するアフィリエイト収益(紹介料)を、東日本大震災の被災地への支援に全額寄付をしています。




苺パパの実家から、あの洋書発掘!
ちょっと前になりますが、苺パパの実家に行った時、苺パパ兄弟が小さい頃読み聞かせてもらったという洋書をもらいました。

バァバのお友達のアメリカ土産だったというこの洋書。
すごーく古いけど、見慣れた表紙のこの本でした!

IMG_0529.jpg

実は今まで何度も買おうか迷い、アマゾンのカートに入りっぱなしだった本です。


Richard Scarry's Best Storybook Ever! (Giant Little Golden Book)Richard Scarry's Best Storybook Ever! (Giant Little Golden Book)
(2000/06/08)
Richard Scarry

商品詳細を見る


最後のページに、プレゼントしていただいた方のお名前と
「Tuesday, June 5, 1973 at Anderson's Book Shop」とその方の手書きが♪

表紙は、色が褪せたのか最初からなのか白地に見え、中も苺パパ達が破ったらしく、何カ所かテープ修正された後があり、それも経年で剥がれてしまっています(^^;)
まぁ簡単に言ってボロボロ~(笑)

でも、苺パパはこの絵本を読んでもらっていた記憶はあるそうで、うちにあるリチャードスキャリーの絵本を見てこの本を思い出したそう。


早速もらってきて、改めて破れたページをテープ修正し(1時間はかかった!)、プレゼントしてくださった方の手書きの上に

R-Taro
Friday February 24, 2012 at 〇〇〇(ジジババの家)


とR太郎が書き込みました。


親から子へ、子から孫へ!?
この本がまたR太郎の子供に渡り、最後のページの書き込みが増える日が来るのか来ないのか。

でも、これから長~く我が家の本棚に置かれる一冊になることでしょう!

ドクタースースのアプリがセール中です♪
英語で遊ぶ会で、きみどりさんに教えてもらったお得情報!

3月2日のドクター・スースのお誕生日を祝って、8日までの一週間、ドクター・スースのiPhone/iPad用アプリがセール中です♪

http://www.oceanhousemedia.com/products/drseuss/

ドクター・スースの『The Cat In The Hat』他、インタラクティブ絵本が通常350円というのもお買い得だけど、それが170円!、、、、ということで、R太郎と相談して、アナログ絵本として持っている『The Cat In The Hat』、『The Cat In The Hat Comes Back』、『Fox In Socks』、『Green Eggs And Ham』、『Oh Say Can You Say Di-no-Saur? (これはドクター・スースオリジナル絵本ではなく250円)』をまとめ買い。

↓↓↓↓↓↓↓元の絵本はこちら。

The Cat in the HatThe Cat in the Hat
(1957/03/12)
Dr. Seuss

商品詳細を見る


The Cat in the Hat Comes Back (Beginner Books(R))The Cat in the Hat Comes Back (Beginner Books(R))
(1958/09/12)
Dr. Seuss

商品詳細を見る


Fox in Socks (Beginner Books(R))Fox in Socks (Beginner Books(R))
(1965/01/12)
Dr. Seuss

商品詳細を見る


Green Eggs and Ham (Beginner Books(R))Green Eggs and Ham (Beginner Books(R))
(1960/08/12)
Dr. Seuss

商品詳細を見る


Oh, Say Can You Say Di-no-saur? (Cat in the Hat's Learning Library)Oh, Say Can You Say Di-no-saur? (Cat in the Hat's Learning Library)
(1999/04/06)
Bonnie Worth

商品詳細を見る


ドクター・スースの絵本を読んでいる、とネイティブに話すとよく言われるのが「リズムが大事な絵本だから、あなたの読み聞かせにはあんまりお勧めできないな」ということ。でも、このライムのききまくったナンセンス絵本がなぜかなぜか子供達に受けるんですよね~

その点このインタラクティブ絵本は、他のiPhone/iPadアプリと同じように、読み聞かせモードと自分で読むモードを選べ、文章中の単語や絵をタップすると読み上げてくれるし、読むのに邪魔にならない程度の効果音も入っていて、何度も言いますが通常価格350円でもお得なアプリです。

アナログ本を持っていても、170円なら本~当にお買い得!

あと3日、他の絵本も買っちゃおうかな~♪

3月の遊ぶ会はパパの宇宙のお話☆
土曜は英語で遊ぶ会 in Tokyoの3月の会でした。

今回のメインイベントは、宇宙関連の研究者であるY君パパの宇宙のお話。
なんと!お忙しい中、小さな子でも分かりやすい手作り英語スライド「Hinamatsuri Special」を作ってくださったり、Y君を「He is my assistant.」と紹介する本当に優しいパパさん♪

どこからが宇宙なのか、宇宙までの距離、宇宙飛行士になる方法、国際宇宙センターの事などなど、ちょっと難しそうな内容も、子供目線で説明してくれ、英語で色々質問しながらなので、幼稚園児チームの子供たちは興味津々。ママ達も「へ~」「は~」と勉強になりました☆

IMG_2240.jpg

その後は、子供たちを自由に遊んでいる横で、ママ達は示し合わせた訳ではないのに教材お披露目会。

R太郎はと言えば、またもやその日は気分屋。すっごくおどけてみんなを笑わせたかと思うと、急にテンションが下がったりと難しい5歳児君です(^^;)
でも、子供同士はうまく遊ぶもので、放っておくといつの間にか仲良く遊んでいるんですよね。なんだかんだ言いながら、R太郎のテンションが気になる苺ママはまだまだ修行が足りないと反省しました~

最後のShow & Tellに絡めて、みんなでY君パパさんにお手紙を書いてもらったのですが、ちっちゃな子達も含め、みんな思い思いにお日様の絵を描いたり、地球の絵や、ハチさんや鬼の絵???(笑)
Show & Tellは希望者だけですが、ちっちゃい子ほど大きく手を挙げて「Me next!!!!」と言うのが印象的☆
宇宙飛行士に憧れるH君は、もうホントに驚くほど大人のようにサラサラと、Y君パパさんへのお手紙を書いていました!!!!

R太郎はこの時も一人何もせず。
でも実は、Y君パパさんが帰る際に質問チャートを渡していたのでした(^_^;)

内容は、またもや難解なチャートで、Sci、WhG、WhE、、、、などという項目が????
Sci=何回Scientistにあったことがある?
WhG=Galaxyとは?
WhE=Earthとは?
     ・
     ・
     ・

だそうで。R太郎らしい(?)ひねくれたくれた質問チャートだけど、Y君パパさんは笑顔で受け取ってくれました(^^)
きっときっと本人の心の中には、「Scientist」との交流は心に残った事でしょう!
Y君パパさん、本当にありがとうございました!!!!



この日、持って行ったこの本。行きの電車の中ではずっと読んでいました。


First Space Encyclopedia (DK First Reference)First Space Encyclopedia (DK First Reference)
(2008/01/21)
Caroline Bingham

商品詳細を見る


この図鑑、ソーラーシステムや惑星、ロケット、国際宇宙ステーションなどについてはもちろん、UFOや宇宙人についてまで、DK出版らしい大胆な写真構成とわかりやすい説明なので小学生におすすめです。

偶然にも宇宙に詳しいH君もこの図鑑を持ってきていて、Y君パパの「Who is Gagarin?」という質問にもきっちり答えていました!この図鑑で知ったそうです♪


レベル高めの話題でありつつ、今回もとてもアットホームで和やかな感じで過ごした一日。毎回同じメンバーが揃うので、子供達も回を重ねる毎に仲良くなってきました。



ただここに来て、R太郎は「日本語みたいに英語が話せないから、みんなの前で英語を話すのがちょっと恥ずかしいと思う事がある」と(^^;)。でも、「もっと言いたい事をちゃんと話したいから、DVDを観たり本も沢山読みたい。」そうで。
あー、また次の局面を迎えるのかしら、、、、
オソロシヤ( ̄ロ ̄lll)



震災支援-2012年2月分
苺ママのブログやサイトのリンクから商品をご購入いただいた際に発生するアフィリエイト収益(絵本やDVD、その他商品の紹介料)を、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の支援に使うという苺ママのささやかなプロジェクト『親子英語ブログを書く私が出来る事。』

2012年2月分の報告です。


■Amazon.jpアソシエイト
2月分 ¥605

■Amazon.ukアソシエイト
2月分 £2.81 (2012/2/29現在 ¥363)

■楽天アフィリエイト
2月分 ¥132

______________
合計  ¥1,100

皆さまにご協力いただいたこのお金を震災支援に使うのに、今月も日本赤十字社に寄付します。


あと10日で震災から一年。
昨日は東京は雪が降り積もりましたが、確実に春の足音も聞こえてきたこの頃。
あー、一年前も確かにこんな季節だったなぁと。

東京でもいまだに体に感じる地震がしばしばあります。一年前なら驚いていたような揺れでも、すっかり慣れてしまいましたが(^^;)

ところが数日前から、隣地のアパートの解体工事が始まり、どーんどーんと一日中揺れるようになりました。大型車が入る道ではないので、これが2ヶ月も続くそうで、、、これには参りました~
大きく揺れると地震なのか解体の振動なのかわからない。その度にビクビクしてます(><)
Mac Book持って、別の場所で仕事しようかな。


苺パパが昨日iPhoneで撮った写真。
きれいだったので承諾なしに勝手に載せちゃいま~す!
来月の今頃美しい桜並木の雪化粧、春の来る前に満開です♪

snowsakura2012.jpg
(c)苺パパ