苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
今の算数の取り組み
1月に書いた算数の取り組みの記事。
あれから5ヶ月、6歳になった頃からR太郎が算数に特に興味を持っているので、今回の記事では今の我が家の算数の取り組みについてちょっと書こうと思います。


まず、苺ママの考えとしては、今の段階では日本の小学校の勉強の先取り的な取り組みではなく、数学的な物事にポジティブな感覚を持つことが優先。だから算数に興味が出て来たからといって計算問題をたくさんやるのではなく、ゆっくり考えながらクイズ感覚でできる事をさせてあげたいな、と思っています。

そう意味では、アメリカの小学1年レベルの算数のワークブックは、単なる計算問題ではなくちょっとひねった質問が多いし、英語で考える練習にもなるので一石二鳥。


1月の記事でも紹介したこの問題カード集はお気に入り。
当時は答えられる問題は数える程でしたが、最近では前よりサクサク答えてます。
どれも問題文は短いものの、今は自分で読むより口頭でクイズ的に問題を出してもらう方が面白いみたい。耳からの情報で考えるのも良い勉強だと思ってつきあってます。

Brain Quest  Math Basics Grade 1: 750 Questions & and Answers to Build Math Smarts, Ages 6-7Brain Quest Math Basics Grade 1: 750 Questions & and Answers to Build Math Smarts, Ages 6-7
(2006/05/10)
Marjorie Martinelli

商品詳細を見る




そして、一昨年行ったハワイ旅行の時に買って来たこのワークブックは、最近ようやく開封。
このシリーズはすごく面白いものばかりだったので、将来に使うであろう一年生用のものも買っておいたんです(^^)

Math for the Gifted Student Grade 1: Challenging Activities for the Advanced LearnerMath for the Gifted Student Grade 1: Challenging Activities for the Advanced Learner
(2010/04/25)
Kathy Furgang

商品詳細を見る



このワークは、Gifted Student用と謳っているだけあって、ちょっとひねった問題ばかりですごく面白いんです。
例えばこんな問題。(写真はクリックで拡大)

20120625.jpg

全ての席にどの子が座っているかを答える問題。
一見難しそうですが、「この問題、面白そう~」という前向きな姿勢があれば解けない問題ではないところがこのワークの良い所です♪

ちなみに、幼稚園児用は以前記事に書いた同じ出版社のこのワークがおすすめですが、未だに日本のアマゾンでは買えないようです~(><)



そして日本語では、どんぐり倶楽部をぼちぼち。
1学年100題の問題が見られるこのページから問題をちょこちょこ書き写してはチャレンジしています。これも2~3週間にたった1問ぐらい解くだけですが、回を追う毎に絵に掛ける時間が長くなって、答えが出た後も“問題文の後日談”なんて描き始め、すごく楽しんでいます♪


色々書きましたが、どれもこれも時々思いついて取り組んでいる程度。秋からは期間限定のインター小学生にもなるし、来春からはいよいよ日本の小学校に入るので、その内計算問題もすることになるのでしょうが、小学生になっても家庭学習は基本的にこんな方向性で取り組んで行けたらなと思ってます。

R太郎の読書記録(6/16-6/22) & プリ最後の日
今週の読書(自力読み)記録です。

さて、プリスクール最後の日。
スクールまで迎えに行って、お友達や先生方にもご挨拶。とても和やかな雰囲気で卒園することができました。

オムツの頃から通っていたプリスクール。スター・ウォーズ仲間(?)だった先生からは、“Keep Learning,R-Taro. May the Force be with you!(←スター・ウォーズの決め台詞^_^)” と、ルークの小さなフィギュアを手渡されてました(笑)

このアメリカ人の先生、R太郎がマイケル・ジャクソンを好きになった頃に、マイケルのCDを作って来てスクールのマイケルブームにまで広げてくださった方。
もう本当~にお世話になりました♪

そんなわけで、R太郎も帰って来てからスター・ウォーズのDVDを久しぶりに引っ張りだし、持っている本も少ないけど何度も読んでいます。他にもスター・ウォーズ本が欲しいそうなので、今のレベルで良さそうな本を探してみようかな。





Luke Skywalker's Amazing Story (Dk Readers. Star Wars)Luke Skywalker's Amazing Story (Dk Readers. Star Wars)
(2012/01/01)
Simon Beecroft

商品詳細を見る

(再読)●総語数: 364語
ハワイの本屋さんにはスター・ウォーズの本が沢山ありました。この本はレベル1。


Star Wars Journey Through Space (DK Readers Level 2)Star Wars Journey Through Space (DK Readers Level 2)
(2005/06/02)
DK

商品詳細を見る

(再読)●総語数:840語
この本は先日アメリカ大使館宿舎のガレージセールで自分で買った本。この本はレベル2。スターウォーズブーム再来かな?



National Geographic Readers: PandasNational Geographic Readers: Pandas
(2010/01/12)
Anne Schreiber

商品詳細を見る

(再読)●総語数: 974語
R太郎お気に入りのナショジオキッズのリーダーズシリーズ。
(紹介した過去記事はこちら)



Little Miss Sunshine (Mr. Men and Little Miss)Little Miss Sunshine (Mr. Men and Little Miss)
(1997/09/29)
Roger Hargreaves

商品詳細を見る

(再読)●総語数:751語
絵の雰囲気とは裏腹に文字数が結構多めのこのシリーズ。我が家にはこの1冊しかありませんが、プリスクールではよく読んでいたようで、この1冊も度々一人で読んでいます。


【6歳1ヶ月のR太郎】まとめ
昨夜の台風はもの凄かった!うちはボロ家なので吹き飛ばされるかと心配な一夜でしたが、明けてみるとネットが繋がらない!電話も、そして先月入れたばかりのテレビも!!!
全てNTT光で繋げていたので断線して全て繋がらなくなってしまったらしく、、、(^^;)
さすがNTT!午前中の内にすぐに復旧してくれたので、こうしてブログも書けてます♪

嵐と言えば、ORTのStage4&5を開封するには、台風の後がオススメですよ。うちでもStage5の開封は台風の後でした♪(その時の記事)

そうそう、去年の地デジ化から観られなくなっていた我が家のテレビも、先月ようやく開通。
ほんと今更なんですが、各テレビ局のチャンネル番号って変わったんですね~。すっかり浦島花子ww
まあ、入れてはみたものの結局この一ヶ月で観たのはサッカーだけ。テレビを観ないと言ってもDVD鑑賞用モニターとしてはガンガン使っているので、褒められたものではないけれど(^m^)



今月の成長記録のまとめです。


【6歳1ヶ月のR太郎】

●チャプターブック読書は習慣に。

●音読している時は割と綺麗な発音にも関わらず
 話す英語がベタベタの日本語発音。

●SCOAのウィークエンドキャンプ参加も、ずっと見学(^^;)

●美しい金環日食(Ring of Fire)を鑑賞。

●Jリーグ観戦、サッカー教室の日帰りキャンプ、
 そしてWカップ最終予選などサッカー三昧♪





【今月よく読んだ英語本】
Stink: The Super-Incredible Collection: Books 1-3 ←思いの外教育色が濃いSTINKシリーズ。小学校生活が始まればもっと親近感が湧きそうな楽しい内容です。
A Light in the Attic ←分厚いこの詩画集が好きなようで、よく開いては音読しています。

Brain Quest  Math Basics Grade 1: 750 Questions & and Answers to Build Math Smarts, Ages 6-7 ←ちょっと前まで答えられる問題が数える程だったこの算数カード (以前の紹介記事)。今では随分正解率が上がりました☆
本人的にはMathが得意と思い込んでます。まだ両手で数を数えてるのにね~(^_^;)


【今月よく読んだ日本語絵本】

かがくの友 おとうふやさんかがくの友 おとうふやさん
(2011/10/03)
 ←近所のお豆腐やさんの豆腐づくりを見せてもらうお話。この本をとても気に入ったR太郎。飲めなかった豆乳が大好きになりました(^^)

ともだちやもんな、ぼくら ←男の子の友情っていいなぁ、と思える絵本。ぐすんぐすん泣きながらのママの読み聞かせがR太郎のお気に入りでランキング入り(笑)


【今月よく観た映像】

Phineas & Ferb: The Fast & The Phineas [DVD] [Import] ←ケーブルテレビを撮り溜めてもらっているこのシリーズが大好き。喋るスピードがとても早いので、R太郎にとってもチャレンジレベルのようです。でも、そこが面白いのだとか。

半年だけの新環境☆
日曜日はR太郎のプリスクールの運動会。
人数が少ない園の割には、午後までプログラムが続く長い運動会でR太郎の出番も沢山あり、例年通り、ジジ&ババ勢揃いの応援団(?)で楽しんできました!


ところで、実はこの運動会がR太郎のプリスクールでの最後のイベントとなります。

これは全くの予定外だったのですが、小学校入学後のアフタースクールを探す中で、体験に行ったインターナショナルスクールに来春の小学校入学前までの半年間だけ入学することになりました。

たった半年だけのことで環境を移す事にはとても迷いましたが、なんだか色々な出来事が重なって、まるで何かに導かれるように入学の話を頂き、また何よりR太郎の強い希望で今回は決断しました。

思い起こせば、R太郎が1歳の頃、認可保育園に入れていれば週5日そこそこの環境で安心して今まで通園させていただろうに、まさかの落選で無認可保育園に入り、週3日通園にとどまりそこで約2年間通いました。
そしてその間に苺ママの仕事も暇になってきて(^^;)、近くの英会話教室に通い始めたり、ブログも書き始めました。

無認可保育園の環境に不満を持っていた頃、まるで何かに導かれるように目の前に現れた今のプリスクール。



今のプリスクールに通う時、他のプリスクールに見学しに行くなどの比較検討は全くしませんでした。

ただ、運命を感じただけ(笑)

そして、今回も同じように運命を感じてしまいました、、、

チャンスはいつもある物ではないんですよね。
R太郎が生まれてたった6年間。その短い中でも、日々の積み重ねがあって、そしてある時チャンスが訪れる事を何度か体験しました。今まで、できるだけそのチャンスに逆らわずに来た気がします。

今回もR太郎が持って来た星に逆らわずに後押ししてみます!



そういうわけで、今週、他のインターに行く同級生達と一緒に卒園し、期間限定ながら、この秋からインターナショナルスクールの小学生です。

短い間のインター小学校生活もブログに書いていきますね。お楽しみに~♪



R太郎の読書記録(6/9-6/15) & 辞書探し
今週の読書(自力読み)記録です。

今週前半は苺ママが風邪でダウンのため、記録はあいまいになり3冊のみ。おかげさまでママの風邪は良くなり、予定通り大興奮のサッカーウィークとなりました♪



Nate the Great Goes UndercoverNate the Great Goes Undercover
(1978/02/15)
Marjorie Weinman Sharmat

商品詳細を見る

(再読)●総語数:1,524 語
R太郎お気に入りの『Nate the Great』シリーズ。
このシリーズは難易度が高めの作品もありますが、初期シリーズのこちらは読みやすいレベルです。



Nate the Great and the Missing KeyNate the Great and the Missing Key
(1982/08/15)
Marjorie Weinman Sharmat

商品詳細を見る

(再読)●総語数:1,637 語
こちらも『Nate the Great』初期シリーズ。初めてのチャプターブックに良いレベルです。



Calendar Mysteries #1: January Joker (A Stepping Stone Book(TM))Calendar Mysteries #1: January Joker (A Stepping Stone Book(TM))
(2009/12/22)
Ron Roy

商品詳細を見る

(初読)●総語数:6,904 語
ママ多読で読んだことのある『A to Z Mysteries』シリーズのスピンオフシリーズ。『A to Z Mysteries』の弟達のシリーズらしいです。(Judy MoodyとStinkみたいですね^^)


☆☆☆☆☆☆☆☆


暫く前から子供用英英辞書を探しています。

中規模の本屋さんだと、大人用英英辞書は置いてあっても子供用はないんですよね。あっても幼児用ピクチャーディクショナリか百科事典的にテーマで探すものがほとんど。

そこで、オフ会等で会う方々によくご相談していたのですが、さすがみなさんよくご存知で、しかも同じく悩んでいる方も多い事がわかりました(^^)
なおぱぱさんの記事
普通のママさんの記事

ところで、英英辞書を探すきっかけになったのは、R太郎が「"legend"ってどういう意味?」と聞いたところから。"legend"も"伝説"もよく耳にはしているけど、ちゃんと意味を知りたくなったようなのです。
いつも使っているiPhone辞書アプリで調べると、ちょっと子供には理解し難い説明。そこで、子供用英英辞書探しとなりました。


普通のママさんが行かれて、結構たくさん子供用辞書が置いてあったという新宿紀伊国屋に今週行ってきました。

"legend"という単語で全ての辞書を比較してみましたが、幼児用のピクチャーディクショナリーにはほぼ載っていない単語でした。これは、比較するには良い単語かもしれません(^^)

一番わかりやすい説明だったのは、みなさんがまず定番!と口を揃えておっしゃるこの辞書。


Scholastic Children's Dictionary 2010Scholastic Children's Dictionary 2010
(2010/07)
Scholastic Inc.

商品詳細を見る


カラー写真もたくさん載っているし、説明も分かりやすくて、買うならやっぱりこの辞書かな?とも思ったのですが、何しろすご~く厚くて重い!ずっしり、、、、、
収録語数30,000語以上、図解1,000点以上だそう。


他にはこの辞書も良さそうでした。

こちらは収録語数33,000語以上、図解750点以上。


無料iPhoneアプリでは、アイリーンさんからこちらを紹介していただきました。 図解付きではありませんが、説明文はとても分かりやすい! 早速入れて使ってます♪

20120615.jpg

『Learner's Dictionary』
価格:無料(iPhone/iPad用)
(2012/6/15現在)
<→このアプリへのリンク>
収録単語&成句合わせて10万語。英語学習者用の英英辞書です。


実は、そうこうしてママが探す内に、"legend"や“伝説”という言葉を自分なりに理解してきてしまったR太郎を見て、今は辞書が必要なのかと迷い始めてもいるんですよね。でも、日本の小学校でも辞書引きは良い習慣とされているし、小学生になったら持った方がいいのでしょうね。

結局今回は買いませんでしたが、またボチボチ探して行こうと思います☆

サッカーウィーク開始!、、、の予定。
週末は苺ママが高熱でダウン。。。
ずっと熱が下がらずR太郎のことを苺パパにお願いしてしまいましたっっ

R太郎は千葉までサッカーの遠足に行き、サッカーの試合やお芋を掘ったり案山子を作ったりと、とっても楽しんだようで良かった良かった♪
サッカーの試合では、PK戦で初のゴールキーパーも勤めたらしいです。(いつもの練習ではキーパー不在のゲームばかりで^^;)

遠足に行く前は、"案山子"を“Scarecrow”と訳してあげるまで知らなかったR太郎(^^;)
帰って来て、「おっかしい、かっかし~」とゲラゲラ笑ってました。

サッカークラブでは、“体育座り”や“だるまさんが転んだ”など、日本の幼稚園児なら当然知っているような事にいちいち戸惑うR太郎ですが、そんな事を知るのにも感動しているので面白いです♪

ちなみに、“だるまさんが転んだ”はプリスクールでも“What's the time, Mr. Wolf?”という似た遊びをしているそう。(ここに分かりやすい動画がありました)

今週は、区民招待デーでJリーグの試合観戦をしたり、Wカップアジア最終予選のオーストラリア戦があったりと、我が家はサッカーウィークの予定!


早くママの風邪を治しておかないとなぁ…(;´▽`A



R太郎の読書記録(6/2-6/8) & 発音の謎
今週の読書(自力読み)記録です。

最近、図書館から次々に届く“Geromino Stilton”シリーズに食傷気味でしたが、何度か読まずに返したらまた読みたくなったようです(^^) 今週は一気に読んでいました。





First Day (Appleville Elementary)First Day (Appleville Elementary)
(2009/06)
Nancy E. Krulik

商品詳細を見る

(初読)●総語数:3,589 語
ゆっこさんからお借りした本。シリーズ第一作目のようです。




Field Trip to Niagara Falls (Geronimo Stilton)Field Trip to Niagara Falls (Geronimo Stilton)
(2006/03)
Geronimo Stilton

商品詳細を見る

(初読)●総語数:8,048 語
久々の“Geromino Stilton”シリーズ。それでも一巻目が一番面白いとか。



Attack of the Bandit Cats (Geronimo Stilton)Attack of the Bandit Cats (Geronimo Stilton)
(2004/05)
Geronimo Stilton

商品詳細を見る

(初読)●総語数:9,139 語




The Temple of the Ruby of Fire (Geronimo Stilton)The Temple of the Ruby of Fire (Geronimo Stilton)
(2004/12)
Geronimo Stilton

商品詳細を見る

(初読)●総語数:8,931 語




Cinderella's Golden Locks (Disney Princess (Random House Board Books))Cinderella's Golden Locks (Disney Princess (Random House Board Books))
(2007/06/12)
RH Disney

商品詳細を見る

(再読)● 10ページ
お友達とブックトレード。渡す前にもう一度読みました。




The Lion King (Disney The Lion King) (Little Golden Book)The Lion King (Disney The Lion King) (Little Golden Book)
(2003/09/09)
Justine Korman

商品詳細を見る

(初読)●総語数:1,272語
ブックトレードしてもらったのはこの本。相手が女の子だったので“Lion King”には興味がないそう。うちがシンデレラに興味がないのと一緒だわ~(笑)




Lady and the Tramp (Disney: Classic Films)Lady and the Tramp (Disney: Classic Films)
(1993/01/28)
Walt Disney

商品詳細を見る

(初読)●総語数: 不明




Journey Through Space (Dk Readers. Level 2)Journey Through Space (Dk Readers. Level 2)
(2005/05/09)
Ryder Windham

商品詳細を見る

(再読)●総語数: 840語
先日のアメリカ大使館宿舎ガレージセールにてタダでゲット☆




Judy Moody (Book #1)Judy Moody (Book #1)
(2010/01/26)
Megan McDonald

商品詳細を見る

(初読)●総語数:11,049 語
ママ多読用に読もうと思っていた本を先に読まれてしまいました、、、
先週R太郎が読んだ“Stink”のお姉ちゃん“Judy”のお話。っていうか、こっちが本家っっ!




The Little Pumpkin Book (A Chunky Book(R))The Little Pumpkin Book (A Chunky Book(R))
(1992/09/08)
Katy Bratun

商品詳細を見る

(再読)●総語数: 55語




Read It Yourself - Level Two: Little Red Riding HoodRead It Yourself - Level Two: Little Red Riding Hood
(1998/04/18)
David Parkins

商品詳細を見る

(再読)●32ページ
赤ずきんちゃんのお話。




First Favourite Tales: Gingerbread ManFirst Favourite Tales: Gingerbread Man
(1999/03/25)
Ladybird

商品詳細を見る

(再読)●総語数:300 語
R太郎が大好きなジンジャーブレッドマン!“Run! Run!as first as you can! ”




Alex Alligator And His Fearsome Jaws (Snappy Head Books)Alex Alligator And His Fearsome Jaws (Snappy Head Books)
(1998/01/01)
Paul Flemming

商品詳細を見る

(再読)●12ページ
ワニのアレックス君は、お友達を作りたいのに大きな口でジャングルの仲間を怖がらせています。大きな口を“Snap!”する時に動かすパーツ付のミニ絵本です♪




Mr. Brown Can Moo! Can You?: Dr. Seuss's Book of Wonderful Noises (Bright & Early Board Books(TM))Mr. Brown Can Moo! Can You?: Dr. Seuss's Book of Wonderful Noises (Bright & Early Board Books(TM))
(1996/11/26)
Dr. Seuss

商品詳細を見る

(再読)●総語数:154 語
ドクタースースの絵本。色んな音が出て来ます。




Bears (First Discovery Series)Bears (First Discovery Series)
(1992/05)
Laura Bour

商品詳細を見る

(再読)●36ページ




Percy Gets Stuck (Thomas the Tank Engine)Percy Gets Stuck (Thomas the Tank Engine)
(1997/10/15)
不明

商品詳細を見る

(再読)●16ページ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


この頃のR太郎の発音、特に話す英語がベタベタの日本語発音です。

なのに、音読している時は割と綺麗な発音。(ママの耳で聞いた限りですが)

今はあまり発音は気にかけていないのですが、発音できるのに話す時は日本語訛りって、、、不思議だ、、、わざと??と思う程!

英語講師をしているお友達に相談した所、文字を書くことに置き換えると、なぞっている時は自信があって綺麗に書けるけど、いざ何もなくて文字を書こうとするとうまく書けないのと同じかもしれないね、と。

なるほど、、、
もっと話す事に自信が持てれば、発音も良くなっていくのかな。逆にいうと、最近話す事に自信がないのかもしれないな(^^;)



良書探しのママ多読 (31冊目)
R太郎が小学生になった頃読みそうな良書探しを兼ねた『良書探しのママ多読』

今回も『Stink』シリーズ第3作目です。





Stink and the World's Worst Super-Stinky Sneakers (Book #3)Stink and the World's Worst Super-Stinky Sneakers (Book #3)
(2008/02/12)
Megan McDonald

商品詳細を見る


●ストーリー
Stinkはスクールトリップで行った科学館の特別展で、人より嗅覚が優れている事に気がつきます。そして科学館に置いてあったパンフレット“世界一くっさいスニーカーコンテスト”への出場を目論むStink。ところがコンテストの当日に審査員の一人が風邪で休み、代役としてStinkに白羽の矢が立ちます。
果たして彼は審査員として勤まるのか? そしてコンテストの行方は?


●語数/ママ多読の総語数
6,891語/203,142語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 2.5 (レベル2)
↑個人的にはレベル3ぐらいの印象。

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校中学年
読み聞かせは6歳ぐらいから




くだらないと思われることでも、自分の特技を活かすことの喜び、そして誇りが描かれています。コンテストの途中で出会う“嗅覚のプロ”との会話も、個性から将来への希望を持たせ且つ応援してくれる姿勢は、なんともアメリカっぽいなぁと思いました。

ただ、このストーリーは全編に臭~い匂いが漂っていて、読んでいる間はずっと鼻筋に皺が寄る事になるかもしれません(^^;)

“Stink”というニックネームの謎もわかるオマケ付きです♪



【関連リンク】

『Stink (Book #1): The Incredible Shrinking Kid』
 シリーズ第1巻の紹介

『Stink (Book #2): The Incredible Super-Galactic Jawbreaker 』
 シリーズ第2巻の紹介

『Stink』公式サイト

本家『Judy Moody』公式サイト


★良書探しのママ多読 本棚
 今まで読んだ本が並んでいます♪
ブクログ

良書探しのママ多読 (30冊目)
R太郎が小学生になった頃読みそうな良書探しを兼ねた『良書探しのママ多読』

前回に引き続き、『Stink』シリーズ第2作目です。





Stink and the Incredible Super-Galactic Jawbreaker (Book #2)Stink and the Incredible Super-Galactic Jawbreaker (Book #2)
(2007/02/13)
Megan McDonald

商品詳細を見る


●ストーリー
Stinkはお姉ちゃんのJudyとキャンディーストアへ行く。そこで彼が買ったのは、アゴが砕けるほど堅いキャンディーという“Jawbreaker”。いくら舐めてもなかなか小さくならないそのキャンディーを1週間かけて舐めきった彼ですが、自分のアゴが何ともなかった事に不満を持ち、製造メーカーへ“商品名に偽りあり”と手紙を出します。
暫くして、彼の元へ製造メーカーから箱いっぱいの“Jawbreaker”が届きます!
そこで思いついたのは、日頃不満や疑問に思っている会社へ手紙を書くこと。そして次々と届くサンプル商品。しかし、その影に親友との関係が壊れる事件も…

●語数/ママ多読の総語数
6,735語/196,251語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 2.5 (レベル2)
↑個人的にはレベル3ぐらいの印象。

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校中学年
読み聞かせは6歳ぐらいから




成功することにより得るもの、そして見失ってしまうもの。

こんな道徳的な内容の上に、手紙の書き方について意識させるシーンがあったり、やたらと登場するイディオム。「文中に線を引いたら勉強になりそう♪」と思っていたら、最後にちゃんとイディオムリストがついていました(^^)

2冊読んでみて、やはりStinkシリーズは、教科書にも使えるような優良児童書なのかなと感じます。でも、だからと言って堅苦しいわけではなく、勉強にも友人関係でも、積極的にアイデアを実現したり、問題解決するStinkの姿は良いお手本になりそうです。



【関連リンク】

『Stink (Book #1): The Incredible Shrinking Kid』
 シリーズ第1巻の紹介

『Stink』公式サイト

本家『Judy Moody』公式サイト


★良書探しのママ多読 本棚
 今まで読んだ本が並んでいます♪
ブクログ
R太郎の読書記録(5/26-6/1)&どこドラ旅行ゲーム
今週の読書(自力読み)記録です。

『Stink』シリーズの3冊ボックスを先週の終わりから一気に読み終了。シリーズの他の本も読みたいそうで、『Geronimo Stilton』シリーズに続くヒットとなっています。

苺ママも2冊読みましたが、英語のレベルは別にして、ストーリーが小学校生活(2年生)を中心に描かれているので、R太郎が小学校に入ってからの方がもっと共感できるんじゃないかな、とも感じています。

ジャングルやピラミッドが出てくるアドベンチャーもの、または『Nate the Great』のような探偵ものが好きなようなので、小学校低学年レベルの本でそんな本がないか探してみようかな。




(初読)●総語数:6,735 語

Stink and the Incredible Super-Galactic Jawbreaker (Book #2)Stink and the Incredible Super-Galactic Jawbreaker (Book #2)
(2007/02/13)
Megan McDonald

商品詳細を見る


(初読)●総語数:6,891語

Stink and the World's Worst Super-Stinky Sneakers (Book #3)Stink and the World's Worst Super-Stinky Sneakers (Book #3)
(2008/02/12)
Megan McDonald

商品詳細を見る


(初読)●総語数:6,117 語

Roscoe Riley Rules #2: Never Swipe a Bully's BearRoscoe Riley Rules #2: Never Swipe a Bully's Bear
(2008/05/27)
Katherine Applegate

商品詳細を見る


(初読)●総語数: 不明



(再読)●総語数:1,805 語
心ほっこり、最後は泣けるストーリーです。やっぱり今はこういう本を中心に読んだ方がいいかな~
過去記事はこちら→

Uncle ElephantUncle Elephant
(1986/10/09)
Arnold Lobel

商品詳細を見る



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


苺グランマからのバースデープレゼント。


どこでもドラえもん 日本旅行ゲーム4どこでもドラえもん 日本旅行ゲーム4
(2012/03/31)
エポック社

商品詳細を見る



これにハマり毎日1度はやりたがってます。

日本地図と世界地図の上で遊ぶスゴロクゲームなどのボードゲームです。“日本旅行”という名前なので、裏面の世界旅行ゲームはオマケ程度なのかと思いきや半々の扱い。まだ試していませんが、2つを合わせて地球一周旅行もできるらしい(^^)

各地の名産や観光地カードを集めながら、ルートを考えゴールまで行くというシンプルなルールですが戦略は必要で結構盛り上がります。

英語育児をしているといつの間にか色んな国名に触れる機会も多いもの。知っている国の近くにある国に興味を持ったり、日本からの距離が感じられて面白いみたいです♪

それにしても定価4,179円のこの商品、Amazonで購入すれば2,800円です。トイザらスでも家電量販店でも三千円台だったのですが。Amazonって国内商品でもこんなに安いってどうなっているんでしょうね(^_^;)