苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
読書記録(7/21-7/27) & グアム旅行の思い出☆
先週のひとり読み記録です。




Judy Moody (Book #1)Judy Moody (Book #1)
(2010/01/26)
Megan McDonald

商品詳細を見る

(再読)●語数:11,049 語
「Judy Moodyは面白いから何回も読んじゃう」だということ。



Stink (Book #1): The Incredible Shrinking KidStink (Book #1): The Incredible Shrinking Kid
(2006/04/11)
Megan McDonald

商品詳細を見る

(再読)●語数:5,502 語
そしてそのJudy Moodyの弟Stinkシリーズも大好きです。新しい本も沢山あるのだけれど、どうやら何度も同じ本を読む傾向があります。



Ricky Ricotta's Mighty Robot Vs. the Mutant Mosquitoes from MercuryRicky Ricotta's Mighty Robot Vs. the Mutant Mosquitoes from Mercury
(2000/09)
Dav Pilkey

商品詳細を見る

(初読)●語数:1,152 語
お友達から借りた本。Mighty Robotは第一作目だけ持っていますが、これはマンガ感覚で簡単に読めて楽しいみたいです。



Calendar Mysteries #1: January Joker (A Stepping Stone Book(TM))Calendar Mysteries #1: January Joker (A Stepping Stone Book(TM))
(2009/12/22)
Ron Roy

商品詳細を見る

(再読)●語数:6,904 語
『A to Z Mysteries』シリーズの『A to Z Mysteries』の弟達のスピンオフシリーズ。他の本も読みたいそう。



Love at First Beep (Disney/Pixar WALL-E) (Step into Reading)Love at First Beep (Disney/Pixar WALL-E) (Step into Reading)
(2008/05/13)
RH Disney

商品詳細を見る

(再読)●語数:277 語
映画「WALL-E」のリーダー本。WALL-EとEVAの恋の部分にフォーカスして書かれています。1ページ3~4行なのでメチャクチャ端折った内容ですが、以前よく読み聞かせしていた本です。



Fire Alarm! (Appleville Elementary)Fire Alarm! (Appleville Elementary)
(2009/08/31)
Nancy E. Krulik

商品詳細を見る

(初読)●語数:3,551 語
これもお友達から借りた本。沢山読むようになると、友達同士の本の貸し借りがとてもありがたい!(^^)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


201207k.jpg

グアムで買って来た窓に描けるクレヨンペンでグアムの旅を描いた画伯の作品。
シュノーケルでいつまでも見ていた綺麗な色の魚達や珊瑚、手にもって喜んでいたナマコ(^^;)、洞窟で見つけた大きなヤシガニ、、、。このクレヨンは簡単に消せるようなのですが、完成後すぐに「どーーしよーーーー!うまく描けすぎて消せない~(><)」だそうで(笑)

ちなみにこのペン、買って来たパッケージと違い色数も多いですが、日本でも買えるようです。日本だと高いようですが…

クレオラ ウインドウマーカー 8色クレオラ ウインドウマーカー 8色
(2007/12/30)
サンスター文具

商品詳細を見る


それから、ペットボトルと糸で珊瑚の風鈴♪
茹だるような無風の暑さでは、なかなか音を出してくれませんが~
201207l.jpg


親子英語的グアム旅行記(5) リゾート気分だけでなく
今回はグアム旅行で考えさせられたことについて。


今回のグアムでは海やプール以外にもジャングルの中の洞窟に行ったり、ちょうど開かれていたパレードにも足を運びました。

パレードですが、これがたまたまグアムの独立記念日で、ホテルの多いエリアとは少し離れた場所で盛大にパレードが行われていたのです。多くのフロートやミス・グアムのお披露目、子供達には風船やお菓子が配られる、年に一度の大パレードです。

ところが少しは予想していましたが、グアムの独立記念日ってことは、日本からの解放記念日でもあるわけで、正直日本人としてなかなか居づらいパレードでした、、、

ジャングルの中にしても、グアムには多くの日本軍の爪痕が今もまだ残されているし、今回はリゾート気分で観光をしていても考えさせられることもありました。

R太郎が英語を話せるようになって、将来日本以外の国の人たちと交流したとき、自分の国の負の歴史も含めて、一方からの視点でない見方で、しっかりと知っていなければいけないないんだろうなとも感じました。


201207j.jpg

ジャングルトレッキングにはまだ年齢が小さすぎるそうで、ちょっと触りだけ(^^) ジャングルの中の洞窟めぐり。


201207i.jpg

パレードでのフロート


親子英語的グアム旅行記(4) 本やゲームのお買い物
グアムでお買い物と言ってもブランドのバッグとかではなく~
やっぱり親子英語的には本やボードゲームのお買い物についてです(^^)

これは3年前に行った時も書きましたが、ハワイと違いどうもグアムで親子英語的本屋さんを探すのは難しいようです。


本を買うならこの2店舗。



●Best Sallers
(マイクロネシア・モール店とプレミアム・アウトレット店)

結局、親子英語的本が買える本屋さんとしてはここぐらいしかなさそうです。絵本、児童書、図鑑などがある程度は置いてあります。ワークブックも少し。ただ、現在の円高ではアマゾンで買ったのとそう変わりません。グアム空港店にも一応ありましたが小さくてイマイチ。それでもせっかく行ったのだからと数冊購入。

ここで買った本です。

文字が大きく挿絵も各ページに書かれているようなシリーズ本。対象年齢はネイティブ5~7歳となっているのでちょうど良さそう。

Captain Awesome to the Rescue!Captain Awesome to the Rescue!
(2012/04/03)
Stan Kirby

商品詳細を見る


少し前に実写映画になった『Judy Moody』を観たいなと思っているので、その前に映画のチャプターブック。もちろん弟君Stinkも出てきます♪

Judy Moody and the Not Bummer Summer (Judy Moody Movie tie-in)Judy Moody and the Not Bummer Summer (Judy Moody Movie tie-in)
(2011/05/24)
Megan McDonald

商品詳細を見る


苺ママのお気に入り算数ワーク。(グレード1用はこちらの記事) 夏休み中、R太郎はこのワークが楽しくてサクサクやっているので2年生用と3年生用を買っておくことにしました。

Math for the Gifted Student Grade 2: Challenging Activities for the Advanced LearnerMath for the Gifted Student Grade 2: Challenging Activities for the Advanced Learner
(2010/04/25)
Kathy Furgang

商品詳細を見る




●Twinkles
(プレミアム・アウトレット内)

おもちゃ屋さんですが、一角が知育玩具やワークブックコーナーになっています。グレード別のワークブックや公文の英語版ワークブックが豊富に揃っています。
Spidermanのワークブック(3ドル)を購入。内容的にはちょうどいい感じで楽しんでいます。

“Twinkles”はボードゲームも置いてありました。
ボードゲームを買うなら、ここかKマート。




●Kマート

我が家がKマートで買ったボードゲームです。

ご存知『人生ゲーム』。苺ママも実家にありましたが、今のルールは進化している!? 開けてはみたものの、知らないアイテムがあってまだ遊べていません(^^;) こりゃ~ゲームブックの和訳からだな、、、、




それから、京都の一期の会で教えてもらったこのゲーム。
(Wikipediaの説明記事)
これは、言葉遊びが好きなR太郎の趣味にもジャストフィットのゲーム!グアム滞在中から嵌っているので、大人用まで買おうか迷った程です。また改めて記事にするかも(^^)




本に比べてボードゲームは日本で手に入りにくいので、お土産にいくつか買うのはいいかも。Kマートは迷う程の品揃えです。ただし、ボードゲームについても驚く安さではありませんが、、、、


考えてみれば、グアムは小さな島で観光客以外の人口が限られているので仕方ないですね。本は意外と重量を食う物。ボードゲームは軽くてもスーツケースのスペースを食います。近頃厳しい飛行機への荷物の重量制限を考えながら、そこそこにお買い物~といったところでしょう。



【追記】
同じ頃にグアム旅行をした親子英語ブロガーのmanaさんも"Best Sallers" "Twinkles" "Kマート"をレポートされています。こちらは店内の雰囲気も伝わる写真付きです!
manaさんのブログ記事へ→


親子英語的グアム旅行記(3) ピザ作り体験
ホテルにほど近い場所にある『California Pizza Kitchen』でキッズ向けのピザ作り体験をしました。

週2日、お客さんの少ない時間に開催されているこのイベントですが、この日参加したのはR太郎ただひとり(^^)

まずは店長さんからPIZZAトリビア(クイズ)やお店での衛生的注意点などのお話。「アメリカでは一秒間に何枚のピザが食べられているでしょうか?」とか「このお店で使っている赤色のまな板は何用でしょうか」などなど。店長さんはとても穏やかな方で、R太郎が考える間も色々ヒントを出して気長に待ってくださいました(^^)

そんな会話が15分ぐらい。すっかり打ち解けた後はいよいよピザ作り。ロゴ入りエプロンとシェフハットを着けて厨房の中へー

厨房ではどのスタッフさんもフレンドリーで、キッズ用の生地をプレス機で伸ばしたり、具を乗せたりさせてくれました。

それが終わると、私たち親も呼ばれて厨房の裏側の「キッチンツアー」。大きな食洗機、製氷機、ソースやトッピングを作る場所、食品庫などを見学しました。

冷蔵室に入る前に、店長さんがR太郎に「これは"Walking Refrigerator" というんだけど、何故だかわかる?」と聞いた時、目を見開いて「え!?歩くの!?」と言ったのには(笑)
さらに「ははは!違うよ、君が歩いて中に入るんだよ。」と言われ「NOOOOOO! I don't wanna go inside!」と震えて見せたのは大笑いでした。
その後、"Walking freezer"にも入ってホントに震え上がった苺ファミリーです(><)

201207h.jpg

全行程で30分以上は優に越えていたこのキッズプログラム。最後には着ていたエプロンとシェフハットもお土産にいただけ、作ったピザも本人が食べ10ドル。(要予約、大人は料理を注文すること。)
お腹も心も一杯になりました☆

それにしても、今回店長さんとの会話を横で聞いて来て、R太郎の英語力がすごく伸びた事を実感しました!!

なお、英語があまり話せないお子さんもウェルカムだそうで、その場合は最初のトリビアコーナーが短くなることもあるようです。



『California Pizza Kitchen』
http://www.guamcpk.com/index.html

親子英語的グアム旅行記(2) 宿泊ホテルPIC
フライングで現地から一度ブログ投稿しましたが、日本に帰ってきました~

滞在中に私の誕生日を迎えたため、多くのみなさんにお祝いメッセージをいただきありがとうございました!!!!!!

お返事が遅れてすみませんっっ
苺乗せケーキは食べなかったけど、海外での初バースデーを家族でお祝いしてもらい幸せ~♪

・・・・・・・・・・・


さてさて、親子英語的グアム旅行記。まずはホテル編です。
今回宿泊したホテルはP.I.C.(PACIFIC ISLANDS CLUB)。プールやアクティビティがとても充実しているホテルです。

ここは英語育児仲間でも人気のホテルで、ホテルのスタッフ達もとてもフレンドリーに話しかけて来てくれます。


●クラブメイツ

201207g.jpg

ウォーターパークやビーチ内には“クラブメイツ”と呼ばれるスタッフさんが大勢常駐しています。彼らはパーク内の監視や管理のほか、雰囲気の盛り上げ役としてゲームやダンスなどのミニイベントをしたり、よく声を掛けてくれます。そんな雰囲気にR太郎も英語モード全開!


●Let's Speak Englishバッヂ

201207e.jpg

グアムでは日本人が多いので日本語で話しかけられる事も多いのですが、ここでは「Let's Speak Englishバッヂ」というバッヂを付けているとスタッフも英語で話しかけてくれるそう!これは親子英語の旅としては嬉しいサービスです♪
ただ滞在中、あまり日本語で話しかけられなかったので使いませんでした。(因みにこのバッヂ、親子英語ブロガーさんのリクエストから誕生したというウワサ♪)


●キッズクラブ
ウォーターパーク内には、半日 or 1日子供を預かってもらえる“キッズクラブ”も。宿泊者は無料(ランチ代別)。

滞在中の午前中、私たち親が部屋でまったりしている間にR太郎はキッズクラブで何度か遊んできました。
4~12歳が対象ですが、R太郎が参加した日は5~9歳くらいの子が多かったです。人数はその日によってまちまち。送り迎えの時間辺りは英語のアニメを大きなプロジェクタで観ていましたが、R太郎の話では子供プールに行ってゲームをしたりしたそう。水中でんぐり返しや潜水コンテストなど、かなりテンション高く盛り上がったとか。
その間ずっと英語だったそうです。参加している子供達は英語を話している子が結構いたと言っていました。参加する子供の人数や国籍などはその時の運次第です(^^)


●その他のプログラム

201207f.jpg

PICでは、カルチャープログラムやダンスナイトなど、毎日様々な無料プログラムが開催されています。
R太郎は、「シェアリング・シーズ」というキッズプログラムにも参加しました。

このプログラムの参加は慈善団体への寄付10ドル。この日の参加者は5人程。R太郎以外に日本人はいませんでした。
詳細が分からないまま参加したのですが、自分や友達、家族、近所の人、地球上に住む人、そして地球のことを「シェア」という視点で考えるプログラムでした。予想外に深いテーマでしたが、「SHARING BOOK」というワークブックを読んだり自分のことをそこに書き込んだ後は、みんなでサッカーをして楽しんだようです。



PICのプログラムは、ただ楽しく宿泊者の子供達を遊ばせるだけではく、様々な国から集まる子供達とコミュニケーションできる機会が多いし、英語教育&子供の教育という面からでもかなり好印象でした☆

PACIFIC ISLANDS CLUB (PIC) 公式サイト
http://www.picresorts.jp/



※追記
宿泊した部屋についてのご質問が多かったので(^^)
我が家が宿泊したのは、オセアナスーペリアルーム(オセアナタワーB)でした。ネットの口コミでその古さを強調した意見も見かけましたが、新しいロイヤルタワーに比べると見劣りするものの、十分な清潔感で快適でした。
プールの集まるウォーターパークから遠い(2-3分)のは確かですが、そこまで静かな緑の小道を通って行くのも気持ち良かったです。

親子英語的グアム旅行記(1)
初めてマイレージを使っての旅行に挑戦しました。海外のマイレージシステムだからかネットで見ても初心者には分かりづらく、航空券を取るだけで何日もネットと睨めっこ(^^;)

そんな前置きはさておき、成田出発の時に嬉しいハプニングがありました☆

ランダムに選ばれた搭乗前の保安検査に苺パパが呼ばれてしまい、2組だけ最初に搭乗手続き。その後、優先的に飛行機に搭乗することになりました。小さめのジェット機だったため、エコノミー席からもコックピットが見え、ドアが開いていたので覗かせてもらうと、陽気な外国人パイロットの方がR太郎に「席に座っていいよ」と言ってくれました!ワ~オ!

201207a.jpg

行き先はグアム。
の~んびり南国グアムでの親子英語的旅のレポートを、これから何回かに分けて書こうと思います♪


読書記録(7/7-7/13) & プリ卒園生の悩み
今週の読書(ひとり読み)記録です。



National Geographic Little Kids First Big Book of WhyNational Geographic Little Kids First Big Book of Why
(2011/05/10)
Amy Shields

商品詳細を見る

(再読)
気がつくと静かに読んでます。



The Magic School Bus Inside the Human BodyThe Magic School Bus Inside the Human Body
(1990/10)
Joanna Cole

商品詳細を見る

(再読)



The Berenstain Bears Ride the Thunderbolt: Step 1 (Step Into Reading)The Berenstain Bears Ride the Thunderbolt: Step 1 (Step Into Reading)
(1998/04/07)
Stan Berenstain、Jan Berenstain 他

商品詳細を見る

(再読)●総語数:80 語


☆☆☆☆☆☆



昨年度R太郎とプリスクールで同じクラスだった卒園生ママ達とお茶しました。

みんな今小学校1年生。以前の卒園生からも聞いていたように、プリスクール卒業生は小学1年生、特に前期は学校で受けるカルチャーショックが多いらしい。普通の幼稚園や保育園に通っていれば当然知っている遊び、歌、言葉、習慣を知らないことが主な原因。

そこで特に女の子はちょっとしたストレスを感じる子も多いとか。周りとの調和を好むからかな。お友達からも先生からも、知らない事について色々言われるそう。

ママ達の話しは、そのストレスを感じさせない為に何をすればいいのか。お友達との摩擦をどう解消すれば良いのか。

そこで今日ご一緒した、かなり年配パパさんのご意見。

「そういう挫折感を味わうのは悪い事ではないですよ。それを本人が乗り越えて自信をもつチャンスだ。“あなたはそれを今知らない代わりに、みんなの知らない事を知っている。”と子供に教えてあげればいい。」と。

「物事を違った角度から見れてこそ、その本質がわかるものだ。」とも。

大きく頷きっぱなしでした!




(mixiでつぶやいておきながら、ブログに書けば良かったと再掲載です。最近mixiでちょっと呟いたりしてるので、その書き分けが難しい、、、、ブログ、mixi、FaceBook、Twitterと色々と発言の場はありますが、どこを使えば良いのか悩み中です。。。。)


再挑戦!SCOAウィークエンドキャンプへ
5月に参加したSCOA(Sports Camp of America)のウィークエンドキャンプ。前回は年中&年長の部に参加したものの、結局ほぼ最初から腹痛で参加しないということがありました。
初めての場所や場の雰囲気が合わないと、時々こういうことがあるんです、、、(^^;)
2度目からはすんなり参加する事も多く、「頑張れ!」と声かけしても逆効果なので場数を踏むしかないのかな。

今回は再チャレンジで小学生の部に。
当日の朝は雨。雨天は会場が屋内なので心配していましたが、昼前には止み代々木公園で開催~♪

集合場所に着くとすっかり英語モードになってるはぎ☆さん家の娘さんとゆっこさん家のゆ~ちゃんが迎えてくれました!二人とも初めてなのに、最初っからさすがリラックス~♪と思ったのですが、なんでも、早めに集合場所に着いていたらスタッフさんに英語で声を掛けられ、和やかな雰囲気になっていたとか(^^)

お友達二人のその弾けた明るさのおかげか、嬉しそうにみんなで手をつないでバイバイ。

公園内では、ママ達は少し離れた林の中にピクニックシートを敷き、時々様子を伺いつつ2時間ちょっと。雨上がりでべちゃべちゃだろうな~という心配もよそに、所々水たまりがある以外は芝生の上で気持ちよく体を動かしていました。


SCOAのスタッフさんの多くは、サマーキャンプの為に来日したスポーツが得意な学生さん(皆さんメッチャ筋肉質!)。一般的な英語教室が開くイベントのようにテンション高めの英語のシャワーというイメージとは少し違うのですが、我が家の場合このウィークエンドキャンプに参加する目的が、外で体を動かしたり、日本のイベントとはちょっと違うサマーキャンプに参加したい、それが英語で開催されるなら一石二鳥☆というものなので、これくらい自然な雰囲気でもいいかなと思っています(^^)b

前回、「Sorry,,,」というスタッフさん達の視線とR太郎のしょんぼりした顔が痛かった(^^;)お迎えですが、今回は一番最後までスタッフさん達に絡む程ノリノリ♪

スプリングキャンプもあるかもしれないし、来年のサマーキャンプは参加させたいな!


関連記事
読書記録(6/30-7/6) & 七夕
サマースクールの5日間終了!
水遊び、動物園への遠足やアートなど、遊び中心に思いっきり楽しんだようです。

金曜は浴衣を着て七夕☆彡
スクールの笹に掛かったR太郎のお願い事は、大文字小文字が入り交じって2枚飾ってありました。

「I want MorRe Money.」

「NO more unsafe Things.」

R太郎のコメント1枚目は、、、、
「だってR太郎、お金持ちになりたいんだもん!」と(^^;)
2枚目は、、、、
「地球のことを書いたんだよ」と。

去年は七夕の翌日に、欲しいと書いたおもちゃが届かなくて失踪したR太郎(その時の記事)。今年は七夕とクリスマスをごっちゃにしてないのね、と思ったら、家では日本語でこんなお願い事を書いていました。

「かめんライダーフォーぜの 40ばんスいっち が ほしい」

「バクガんぼーるガ ほしい。 ぜんぶ の ばくガんぼーる が ほしい。」


中身は去年と大差ないことを確認(;´▽`A``

日本語もひらがなとカタカナがぐちゃぐちゃだけど、ある程度単語で区切ってあるのは、もしかして英文の影響なのかな?(^^;)


今週の読書(自力読み)記録です。



National Geographic Little Kids First Big Book of WhyNational Geographic Little Kids First Big Book of Why
(2011/05/10)
Amy Shields

商品詳細を見る

(初読)
英語で遊ぶ会で見せてもらってからずっと欲しかった本。アマゾンのカートに入れた途端、あれよあれよという間に倍近く値上がり手が出せないでいました…。たまたまプリスクールのお友達が貸してくれたら、R太郎がすごく興味を持って、今週はこの本にかじりつき。「お年玉の1,000円出すから」と買う事になりました(^^)



Room on the Broom (Picture Puffins)Room on the Broom (Picture Puffins)
(2012/01/01)
Julia Donaldson

商品詳細を見る

(再読)●総語数: 853語
これも英語育児界では評価の高い絵本ですね~
プリスクールにも置いてあったそうです。



The Berenstain Bears Ride the Thunderbolt: Step 1 (Step Into Reading)The Berenstain Bears Ride the Thunderbolt: Step 1 (Step Into Reading)
(1998/04/07)
Stan Berenstain、Jan Berenstain 他

商品詳細を見る

(再読)●総語数:80 語



The Berenstain Bears Get Their Kicks (First Time Books(R))The Berenstain Bears Get Their Kicks (First Time Books(R))
(1998/03/17)
Stan Berenstain、Jan Berenstain 他

商品詳細を見る

(再読)●総語数:1,099 語


サマースクール順調に開始☆
秋から通うインター小のサマースクールに、今月の始めと終わりに全部で10日間通います。
今週はまず前半が開始。

本当はこのサマースクールの様子で本科への入学を判断したかったのですが、半年限定という短い期間ということ、夏休み前が通っていたプリスクールを卒園するのに良い時期だった事で、プリを辞めてからの参加になりました。

そんなわけで、戻る所がない状態で始まったサマースクールですが、「涙がでそうなくらい楽しかった!」と行って帰って来たのでまずは一安心。

、、、に、しても何がかな?
サマープログラムは水遊びや公園遊び中心らしいし、そりゃー楽しいことだらけだからかな?

子供同志で遊んでばかりでちゃんと英語話しているのかなぁと心配になりましたが、最近、ダイジョーブ?ってくらい日本語訛りだった発音がこの3日で随分良くなっている!

前のプリスクールは子供達同士の日本語はオッケーという緩~い園だったのだけど、ここは日本語厳禁で、よく話せそうな子が多いからなのかな、と思います。やっぱり言語も大人の先生より、同年代の子ども達の英語に影響されるものなんでしょうね。

「英語を話せるようになるには、同年代のネイティブの友達を作るべし!」とよく言われるのも頷けます。ただこれって大人の英語学習者に「ネイティブの彼氏/彼女を作るべし!」といわれるのと同じく、はいそうですかと直ぐに出来るものではないのですが(^^;)


この時期はまだほとんどの幼稚園も小学校も夏休みに入っていないからか、クラスは3~9歳で1クラス。その代わり学習活動は年齢毎のグループでやっているようです。R太郎は6歳以上グループで、本の音読やらワークシートもやっているよう。

読む本もワークシートも日に日に難しくなっているので、先生も個人の様子を見つつ調整してくれている気がします(^^)。これも前のプリスクールでは一律で同じプリントをしていたのでレベル別というのは新鮮☆

まあこんな感じで順調に始まりました♪
秋からの本科に向けて、まずは「この学校って楽しい♪」と思ってもらえれば、このサマースクールは大成功です!
読書記録(6/23-6/29) & シュミッツ先生ワークショップ
早々と夏休みに入るインタープリスクール。周りの幼稚園はまだ夏休みではないので、この時期みんな時間の使い方に困ります。と、いうわけで、必然的にプリスクールの友達と遊んでばかりのこの一週間。お互いの家に遊びに行ったり、ホタルを観に行ったり。来年からの公立小学校の学校公開にもR太郎を連れて行きました。伸び伸びしていて良さそうな小学校で一安心でした(^^)

今週の読書(自力読み)記録です。



Luke Skywalker's Amazing Story (Dk Readers. Star Wars)Luke Skywalker's Amazing Story (Dk Readers. Star Wars)
(2012/01/01)
Simon Beecroft

商品詳細を見る

(再読)●総語数: 364語
今週もスター・ウォーズブームは終わらず。


Star Wars Journey Through Space (DK Readers Level 2)Star Wars Journey Through Space (DK Readers Level 2)
(2005/06/02)
DK

商品詳細を見る

(再読)●総語数:840語
登場人物の真似がうまくなりました(^^)
ダースベイダーやヨーダの英語がソックリ!


The Lion King (Disney The Lion King) (Little Golden Book)The Lion King (Disney The Lion King) (Little Golden Book)
(2003/09/09)
Justine Korman

商品詳細を見る

(再読)●総語数:1,272語
“Lion King”も好きなお話の一つ。ブックオフで“Lion King”ものを見つけると何でも買いたがります。そんなに要らないし!


The Berenstain Bears' New Baby (First Time Books(R))The Berenstain Bears' New Baby (First Time Books(R))
(1974/09/12)
Stan Berenstain、Jan Berenstain 他

商品詳細を見る

(再読)●総語数:766語
お友達に貸す前に再読。Berenstain Bearsはどれも面白いらしいです。


The Berenstain Bears and the Double Dare (First Time Books(R))The Berenstain Bears and the Double Dare (First Time Books(R))
(1988/05/12)
Stan Berenstain、Jan Berenstain 他

商品詳細を見る

(再読)●総語数:1,352語


The Berenstain Bears Get in a Fight (First Time Books(R))The Berenstain Bears Get in a Fight (First Time Books(R))
(1982/04/12)
Stan Berenstain、Jan Berenstain 他

商品詳細を見る

(再読)●総語数:849語

☆☆☆☆☆☆☆☆


rincoさんのアレンジで、アメリカから一時帰国中のユキエ・シュミッツ先生の絵本ワークショップに参加させていただきました。

ユキエ先生にお会いするのは初めてでしたが、仲の良い親子英語ブロガーさんの間ではよく話題に上る先生なので、ワークショップに参加できるのは光栄と同時に緊張しました☆

“Feeling”をテーマにした本を子供達に読んでくださったのですが、集まった子供達同士もいつも英語で遊んでいる仲間ということもあってか、リラックスして和やかに参加する事ができたようです。読み聞かせ会という形が苦手なR太郎も、今回は最後まで楽しんでいました!

ワークショップ後、ユキエ先生を囲んでの大人テーブルの英語育児話では、子供の英語力向上の他にママ自身のレベルアップについても盛り上がりました(^^)
そんなみなさんに刺激を受け、苺ママもまたちょっとR太郎に語りかけでも再開してみようかなと、またまた無計画なことを考えたり。

兎にも角にも次のステップを考えた会でした♪