苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
読書記録(8/18-8/24) 冒険&ミステリーがお好き♪
先週のひとり読み記録です。

先週一緒に行った紀伊國屋書店の洋書バーゲンの時に買ったバーゲン対象外の本の数々。今週はキャンプにもバックパックに何冊か入れて行き、買った本ほぼ全て読んでしまいました。。。。
これじゃお財布ももたないのですが、R太郎が読むような本がなかなか図書館でもすぐには手に入らないのが悩み。ブックオフ巡りで頑張るかな、、、(^^;)

ただ、R太郎の趣味が冒険やミステリー系だとはっきりして来ました。

「この本、38冊全部読みたい!」というので何かと思えば、『A to Z Mysteries」はアルファベットの26文字それぞれのタイトル26冊、その姉妹本『Calendar Mysteries』は12ヶ月それぞれのタイトル12冊なので、その合計だったのでした(^^)
実際にはもう少しあるようですが、当分このシリーズを揃えれば安心かな♪




How the Grinch Stole Christmas! (Dr Seuss - Yellow Back Book)How the Grinch Stole Christmas! (Dr Seuss - Yellow Back Book)
(2003/10/06)
Dr. Seuss

商品詳細を見る

(再読)●語数:1,359 語
iPadでの読書です。我が家は基本的にはアナログ本読書ですが、アプリセールの時にまとめ買いしました。(その時の記事)
自分でページをめくる他、自動的に読んでくれたり、ページ内のイラストを触ると単語が現れたりといった仕掛けもあり、価格も安いオススメアプリです!



Field Trip to Niagara Falls (Geronimo Stilton)Field Trip to Niagara Falls (Geronimo Stilton)
(2006/03)
Geronimo Stilton

商品詳細を見る

(再読)●語数:8,048 語
図書館で借りて来たことがあるタイトルですが、欲しいということで買ってしまいました。



The Peculiar Pumpkin Thief (Geronimo Stilton)The Peculiar Pumpkin Thief (Geronimo Stilton)
(2010/07)
Geronimo Stilton

商品詳細を見る

(初読)●語数:6,470 語
一時期食傷気味だったこのシリーズもやっぱり面白いらしく、最近また読み始めました。



Watch Your Whiskers, Stilton! (Geronimo Stilton)Watch Your Whiskers, Stilton! (Geronimo Stilton)
(2005/02)
Geronimo Stilton

商品詳細を見る

(初読)●語数:8,812 語



A to Z Mysteries: The Invisible Island (A Stepping Stone Book(TM))A to Z Mysteries: The Invisible Island (A Stepping Stone Book(TM))
(1999/10/12)
Ron Roy

商品詳細を見る

(初読)●語数:8,957 語
この『A to Z Mysteries』シリーズはこれからハマりそう。シリーズ物はボックスなどでまとめて購入が安いのでしょうが、急にブームが過ぎたら、、、と思うと、そこまでの勇気が出ません(><)



A to Z Mysteries: The Absent Author (A Stepping Stone Book(TM))A to Z Mysteries: The Absent Author (A Stepping Stone Book(TM))
(1997/09/23)
Ron Roy

商品詳細を見る

(初読)●語数:8,535 語
この本がシリーズ1作目。このシリーズは『The Absent Author』の様に、全てアルファベットを重ねたタイトルになっています。



A to Z Mysteries: The Canary Caper (A Stepping Stone Book(TM))A to Z Mysteries: The Canary Caper (A Stepping Stone Book(TM))
(1998/03/03)
Ron Roy

商品詳細を見る

(初読)●語数:8,262 語
『The Canary Caper』なので『C』の本。実はこの本は苺ママの“良書探しのママ多読”で紹介した事があります。
(その時の記事→)



A to Z Mysteries Super Edition 1: Detective Camp (A Stepping Stone Book(TM))A to Z Mysteries Super Edition 1: Detective Camp (A Stepping Stone Book(TM))
(2006/05/09)
Ron Roy

商品詳細を見る

(初読)●語数:13,991 語
『A to Z Mysteries』シリーズ26冊以外のスペシャルエディション。語数も本シリーズより多く、各挿絵にかくされたアルファベットを読んで行くという暗号遊びもあるようです。



Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)
(2012/01/01)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

(再読)●語数:1,887 語
久々のこの本! R太郎がもっともっと小さい頃から読み聞かせ続けていたので、親子してこの本には思い入れがあります♪



Phineas and Ferb Reader Perry Speaks (Disney Early Readers) Reader Perry Speaks (Disney Early Readers)
(2012/07/17)
不明

商品詳細を見る

(初読)●語数:1,534 語
お友達に借りた本。アニメのカラーイラスト満載の絵本の様な雰囲気ですが、語数はしっかり多いリーダー本です。『Phineas and Ferb』のアニメは、ただいまブーム中! 早口のような主題歌もよく一緒に歌っています(^o^)

憧れのナチュラルママさん邸でスコーン作り♪
小学生のお子さんをお持ちの貴重な先輩親子英語ブロガーのナチュラルママさんのあの素敵なお家で、親子でスコーン作りを教えていただきました♪

いや〜、普通に暮らしているお宅なのでインテリアをパシャパシャ写真に撮ることはしませんでしたが、どこを見ても絵になる完璧なお家!そして漂ういい香りに癒される〜(´ ▽`).。o

一緒に参加したリツコさんのリコちゃんはこの空間でもう最初からお姫様気分♪ R太郎もお子さん達の本棚から英語の本を貸していただいて、風がカーテンを優しく揺らすソファーで嬉しそうに読んでいました。

親子スコーン作りは、子供達二人とも最初から最後までほぼ一人で真剣に取り組み、こんなのが焼き上がりました☆

IMG_6280.jpg

ナチュラルママさんにお菓子写真のワンポイントアドバイスをいただいてiPhoneで撮影(^^)
「画面からはみ出した感じで。」ホントだ〜美味しそう!


スコーン作りの後はポットラックランチ。

IMG_2981.jpg

この写真もアドバイスを頂いたので、我が家の持参したミニサンドまでオシャレに見える(笑)


ランチの後は、子供達を上階に野放し(^^;)で英語育児ママトーク! 先輩のお話はどれもこれも参考になり、スコーン作りだけではなく刺激をいっぱいいただいてきました!!! いつまで経っても話題は尽きない!

本当に素敵な一日。予定より随分長居をしてしまいましたが、ぜひぜひまた伺いたいお家でした(^0^)





白馬村へキャンプ☆
長野県白馬村へ2泊3日のキャンプに行ってきました♪
去年、インドア家族が恐る々々始めたテント張りキャンプも今回で3回目。土地の特徴も様々で毎回違った感動があります♪

IMG_5733.jpg
テント張りもちょっとだけお手伝い。

苺パパがテントのペグ打をしている時にハチに刺されるというハプニングが(><)
かなり痛がっていたもののハチを虫かごに捕獲。「敵を刺したハチはすぐに死ぬんだよ。」とその仕組みを説明してくれたR太郎。どうして知ってるのか聞いたら『Magic School Bus』だったか『Popular Mechanics for Kids』のDVDで観たとか。虫かごのハチも5分ぐらいで息絶えるのを見て、「初めて見た〜♪」と感動の母子。苺パパはそれどころじゃないんですけど、、、、(^^;)ごめん〜

川で遊び、バッタやトンボを追いかけ、BBQ、花火、、、キャンプというと自然の中での〜んびりするイメージだったのですが、実際はかなり忙しいものだとわかってきました(笑)

苺ママのお楽しみは、満天の星空と赤く燃える白馬連峰を眺めながらの朝コーヒー♪

IMG_9922.jpg

ただ、この光景を堪能するのも、夜中何度も起きたり、草むらで椅子を持ってウロウロしたりと、ホントちょこまかと忙しない苺ママ(笑)

次回あたりはお友達も誘って行きたいな〜☆
英語育児家族でキャンプもいいかも!?なんて妄想したり。

そうそう、白馬は1998年の冬季オリンピック会場だったので、外国の方と出会う率も高いです。オンリーイングリッシュのサマーキャンプを開催している会社もあり、下見で説明も聞いてきました。参加資格は8歳以上なのでまだ無理だけど、いつか参加させたいな♪




■白馬アルプスオートキャンプ場(2012年8月19日~21日に滞在)
http://www17.ocn.ne.jp/~donguric/autocamp/index.html
入場料 大人500円/1人 (6歳以下は無料)
サイト使用料(1泊) 2,000円
予約不要
Raz-kids & 紀伊國屋のバーゲン☆
なおぱぱさんの取りまとめで参加させていただいている会員制リーディング本サイトRaz-kids.com。レベルGになってからすっかりご無沙汰で、今年度の更新の空き待ちの方がいらしたいらしたので迷ったものの、再開するかもという期待もこめて更新させていただいてました。なのにこの一年半一度もアクセスせず~(><)

Raz-kidsから遠ざかった理由はこんなこと。「本は大好きだけど、Raz-kidsの本を読むなら好きな本を読みたい。」と言われ、簡単なチャプターブックを読み始めたので、我が家はRaz-kidsは卒業かな、とも思いました。

そして昨日、なおぱぱさんの記事で、Raz-kids.comに親向けの新しい機能がついたことを知り、久しぶりにアクセスしてみるとR太郎も大喜び♪ あんなに嫌がっていた読解クイズも「5問正解するぞ~♪」なんて意気込んで、クイズへのチャレンジが一番楽しそう。

1年半も開くと変わるものですね~。当時5歳児になるかならないかだったので、レベルGは内容的理解もギリギリ感があったのですが、今はちょうどいい。スラスラと読めるようにもなっているので、以前は嫌がっていた音読の録音も、今回は久々ということもあって楽しそうに取り組んでいます。

まあ、ポイントで揃えるロケットルームのアイテムにはもう興味がないみたいだし、目新しいからというだけで、このテンションがいつまでも続くわけではないとは思いますが。リーディング教材は暫く読んでなかったので、こういう本を少し読んでもいいなと思っています。

どちらにしても、行き当たりばったりの我が家のペースメイカーとして、同じ年頃のブロガーさん達の記事には毎度お世話になっています♪


☆☆☆☆☆☆☆


今日は紀伊國屋新宿南店で始まった夏の洋書市へ。特に待ち合わせをしたわけではないけど、会場では数人のブロガーさんと一緒でした(笑)

数年前に比べかなり縮小したバーゲン会場ですが、なんといっても洋書が最大60%オフ!

ただ、子供の本は絵本がほとんどで、チャプターブックはあまり見つからず、R太郎は脇のバーゲン対象外棚から欲しい本をどんどんカゴへ(^^;)。そんなわけでGeronimo Stilton、A to Z Mysteries、Who was...シリーズの本を正規価格で何冊もゲット☆
何の為に初日の朝からバーゲンにやってきたのか、、、、


結局、バーゲン品はこの2点を含む4冊。どちらも苺パパとの遊びの定番にもなっているSTAR WARSの図鑑的なもの。帰宅後静かに読み込んでいるので、ママはブログ更新ができました~(笑)


Star Wars Character EncyclopediaStar Wars Character Encyclopedia
(2012/01/01)
Simon Beecroft

商品詳細を見る

↑スターウォーズ全シリーズから200を越えるキャラクターが掲載された図鑑。主要キャラか脇役かに拘らず1キャラクターにつき1ページ。DK出版(Dorling Kindersley)の本だけあり見やすい写真とレイアウトで、スターウォーズに興味が薄い苺ママでも見ていて面白い本です。


Star Wars Mysteries of the Jedi (Dk Lucas)Star Wars Mysteries of the Jedi (Dk Lucas)
(2011/03/01)
不明

商品詳細を見る

↑こちらはジェダイについての図鑑的本。ジェダイになるには?フォースとは?ライトセーバーの仕組み、、、読めばジェダイになりたくなる、そんな本です(笑)
英語で遊ぶ場を振り返ってみました
今回は参加できなかった一期の会 in Kyoto(いや、次いつ参加できるのかは不明ですが^^;)。この会の参加者の方々のブログ記事を読んで、これからの英語で遊ぶ場についても書かれている方も多かったので、関東支局のメンバーとして(?)、今回私も今感じている事などをまとめてみようと思います。

と言っても、自分の今まで参加した遊ぶ場を通しての個人的な考えで、これが全てのお子さんに当てはまるわけではありません。ただ、英語で遊ぶ場を考える上でひとつの参考になれば。



まず、このブログの「オフ会」カテゴリーだけでも28記事もあったので、それをもう一度読んで思い出してみました。このカテゴリーに入れていないオフ会もあるので、我が家では今までかなり多くの英語で遊ぶ機会を持ったと思います。


2歳~3歳の頃は、英語どころか日本語もまだしっかり話せないので、英語で遊ぶ事への抵抗はナシ。日本語メインで遊ぶ中で、ママ達が拙い英語で話しかけても、子供達が教材や読み聞かせている絵本で覚えた単語や、ちょっとしたセンテンスを発することで、ママ達も子供達も楽しんでいました。この頃は、あくまでも<ママ&子供>がセットであって、子供達同士だけで遊ぶというシーンは少なかったですね。英語育児をやっているお友達が一番多かったのもこの時期でした。


次に4歳の頃。幼稚園に入る子も多いこの頃から、ママから少し離れてお友達同士で遊べるようになってきます。ただ、それと同時に「なんで英語で遊ばなきゃならないの?」という疑問を持つお子さんも増えてきました。よく英語育児界でいわれる“4歳の壁”の時期です。この時期、その抵抗で今までより家庭での英語の比重を少なくして行く方も多い中、英語で遊ぶ場に参加しても抵抗の少ないお子さんもいます。そういうお子さんは、その場の参加者のほぼ全員が英語を話していた場合、その英語レベルに拘らず英語モードになるようです。そして、この時期は英語で表せる表現も増えて来て、本人もお友達と英語で交流するのが楽しいようで、知っている言葉を積極的に使う場面もよく見かけます。


それから5歳~6歳。これが今のR太郎の年齢ですが、英語で表せるセンテンスは増えて来るものの、本人が実際に表現したい事と英語レベルとのギャップを感じるようになってきました。これが多かれ少なかれストレスとなり、英語でうまく表現できないもどかしさを感じることも。英語で遊ぶことにはまだそれ程抵抗はないものの、一緒の参加者の年齢、性別、性格によって参加したい or したくないといった要望も出てきました。(あの子がいるなら行く!といったこと。)



これを踏まえると、英語で遊ぶ場での心理状況や行動は各年齢で違います。そして年齢が上がるに連れ、気の合うお友達と遊びたいという願望が強くなってきました。
ここら辺の変化が、実は今一番の悩みなのですが、これからどうなって行くんでしょうね~(^^;)

我が家もいよいよ来年から小学生。これからどんな風に遊ぶことになるんでしょう、、、。英語力をつけようと本人達が努力して、その練習の場として遊ぶ場が開かれる、なんていうのは想像できないのですが、、、

これからが楽しみでもあり、そして毎度のことですが不安でいっぱいです(^^;)
読書記録(8/4-8/10) & 多摩六都科学館
先週のひとり読み記録です。


The Mouse Island Marathon (Geronimo Stilton)The Mouse Island Marathon (Geronimo Stilton)
(2007/06)
Geronimo Stilton

商品詳細を見る

(初読)●語数:8,784 語
Geronimo Stiltonはどの本もそれなりに面白いらしく、1冊読み切らなくてもシリーズ本をちょこちょこ読んでいます。

Captain Underpants and the Attack of the Talking ToiletsCaptain Underpants and the Attack of the Talking Toilets
(2012/01/01)
Dav Pilkey

商品詳細を見る

(初読)●語数:5,957 語
苺ママは未読のこの本ですが、、、、
Captain Underpants第二作目。R太郎が言うには「最初の本より面白い!!!!」とか。タイトルや表紙からして前作よりもおバカなのは一目瞭然!?
洋書って製本がイマイチ。一度読んだらページがバラバラと取れてしまい再読が困難な状況に。それでも何度も読むんだろうなぁ(^^;)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


土曜日は、先週の一期の会でお勧めされた多摩六都科学館へ。

「多摩六都」というのも、北多摩地区5市(開館当初6市)が共同で設立したので、地域の科学館で遊びながら学ぶというローカルな雰囲気も漂っています。小さい子でも楽しめる展示が多く、R太郎はへとへとになるまで遊んで?ました(^^)

IMG_1171.jpg
↑月面歩行の疑似体験ができるムーンウォーカー。

リニューアルオープンしたばかりのプラネタリウムでは、大型映像『ダーウィンミステリー ~生命進化の謎を追う』というオランダ制作の映画は大迫力!プラネタリウムも良いけれど、プラネタリウムのスクリーン向け映画って安いし迫力があって感動しますね。

そして開催イベントの元素周期表スタンプラリーに夢中になったR太郎。「元素」の意味なんか全くわからなかったと思うけど、館内を廻り38個の穴を埋め元素周期表を完成させるという、この地味さがちょっと笑えるスタンプラリーを完成して達成感でいっぱいでした~(笑)

IMG_3937.jpg



で、これまた元素のことなんてサッパリの苺ママですが、会場にこの本の日本語版が置かれていて見入ってしまいました(^^) なんと日本語版の価格は洋書の約2倍!

The Elements: A Visual Exploration of Every Known Atom in the UniverseThe Elements: A Visual Exploration of Every Known Atom in the Universe
(2012/04/03)
Theodore Gray

商品詳細を見る


※中身が気になる方は米国アマゾンへ。何ページか立ち読みできます。
【6歳2ヶ月のR太郎】まとめ
今月の成長記録のまとめです。


【6歳2ヶ月のR太郎】

●プリスクール卒園。

●インターナショナルスクールのサマースクールに参加。

●スターウォーズ再ブーム。
 ダースベーダー、ヨーダ、アナキン、ルーク、
 ジャージャービンクスなど役によって
 特徴のあるセリフ回しまで真似をする。

●シュミッツ先生の絵本読み聞かせワークショップに参加。

●SCOAのウィークエンドキャンプに再チャレンジ。
 今回は楽しく参加♪

●グアムへ家族旅行。
 キッズプログラムに参加したりと多くの実践の場を得る。




またまたかなり遅れたまとめですが、それでも2歳1ヶ月から続けているので、これだけは欠かせません(^^;)

今月は今までで一番の環境の変化の月。
R太郎からも、その変化へ対応して行くぞ、という気合いがビシバシ伝わってきます。秋から期間限定で通うインターナショナルスクールのサマースクールでも積極的に参加していたし、グアム旅行も現地の方々ともとても自然に交流していました。

日本の小学生になるのはまだちょっとだけ先ですが、「もうすぐグレード1になる!(←混乱するので、我が家では“小学生”と“グレード1”を分けています)とよく言っているので、一年生になるドキドキワクワク感も手伝ってるのでしょう♪

気合いの夏☆
これがまた次のステップに繋がるような気がしています!


【今月よく読んだ英語本】

National Geographic Little Kids First Big Book of Why ←とうとう自分のものとなったこの本をじっくり楽しそうに読んでいます。

Luke Skywalker's Amazing Story (Dk Readers. Star Wars) ←スターウォーズ・ブーム再燃につき、DVDを観ながら同じシーンのチェックも。



【今月よく読んだ日本語絵本】

決定版 まんが日本昔ばなし101 (幼児図書ピース) ←夜の日本語読み聞かせ本は、まず90%この本を持ってきます。

せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本) ←ずっと難しいと出していなかった本。地球や恐竜の知識が随分増えて来たので楽しめるように。苺パパの大好きだった本です。地球の誕生から始まり、生命、人間の誕生、そして今の私たちの生活までが劇場の幕を通して繰り広げられます。洋書は英語で、が基本の我が家ですが、この本は読み聞かせが難しいのでまず日本語から(^^)



【今月よく観た映像】

スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX ←今月はまずはこれ!リンクのDVDボックスは4~6章ですが、ダースベーダーがアナキンだった1~3章の頃も好きなようです。

Bakugan Chapter 1 [DVD] [Import] ←好きにさせたのはママなのですが、嵌り過ぎでちょっと後悔っっ。


夏祭り!一期の会でなおぱぱさん親子と♪
なおぱぱさん親子が帰省されるのに合わせて、すっかり長期休暇の恒例となった!? 一期の会 in Tokyoを開催しました。

今回も10組という大人数でワイワイ和室での4時間でした。
なおぱぱさん親子の他に参加された方は、ゆっこさん、はぎ☆さんシオママさん、アイリーンさん、まちゅさん、masyaままさん親子のいつものメンバーの他に、Gorigorionさん、みかりんさん親子。

今回は女の子が多く、前回の男祭り(笑)と打って変り、なおぱぱさんに持って来ていただいた『カヤナック』(なおぱぱさんの過去記事)や、我が家の持参した持参した『Apples to Apples Junior』といったゲームをグループに分かれ楽しみ、子供達もみんなオールイングリッシュと統制の取れたムード!? 遥々、大阪からゲームを持参していただいて、なおぱぱさんには感謝!

苺ママは、『Apples to Apples Junior』の方にいたのだけど、なお君が出したカードのプレゼンテーションアピールがすごく巧くて圧勝!6人ぐらいで戦っていたのにさすが!
結局1枚も取れなかったR太郎を気遣って、ママさん方が何度か付き合っていただいたり(^^;) スミマセン…
でも、この『Apples to Apples Junior』はブログで気になっていたという方々が、口を揃えて「面白い~!」と言ってくださいました♪

なお君とR太郎も仲良く遊んでいて、ランチの時間から『爆丸BAKUGAN』話に花が咲いて、二人の英語は聞き取れても何を話しているんだか誰も解りませんでした、、、(^^;)

前半は二人の世界炸裂だった『BAKUGAN』ごっこも、もうずっと前にブームのピークは過ぎてしまったなお君と、先日のグアム旅行前後で火がついて初めてお友達と一緒に『BAKUGAN』ごっこをするチャンス到来のR太郎のテンションが違い前半だけ。R太郎はもっと遊びたかったみたいですが(笑)

他にもクーラーの吹き出し口に風船が吸い付くことに気がついた子供達が、みんなまるで不思議なバスケットゴールを見つけたように次々に投げつけて遊んでいたのも面白かったな♪


終始和やかな雰囲気で、いつものように時間は あっ!!!!!という間に過ぎ(^^)、最後はスカイツリーをバッグに集合写真撮影。今回は浅草浅草寺の近くということもあり、浴衣や甚平で集まったのですが、最後は観光客外国人に写真を撮られる場面もありつつ、駅に着く頃は子供達もぐったり。。。。

いつもは帰りの電車の中も英語モードの子供達も、うとうとしてたり日本語で話してたりと逆に新鮮でした(^^;)



盛りだくさんの会でしたが、今回は親テーブルにあまり長くいれなかったのが残念。でも、子供達は限界まで楽しんだようで大成功といえるかな?

みなさま、暑い中お集りいただきありがとうございました!
なおぱぱさん、なお君!またのお越しをお待ちしておりま~す☆