苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
2012年の英語育児を振り返る
毎年の年末年始には一年間の方針を立てているので、今年もこれからの一年間を考えてみようと思います。
でもその前に、、、昨年の大晦日立てた方針を振り返ってみる所から。



■スピーキング
今年の前半は、話す事に自信が持てないようでした。苺ママからしてみれば十分話せていると思うのだけど、日本語が達者になった分、話したい事が思うように言えず、イライラして「自分は英語がヘタだ」と話す事も度々ありました。発音も驚く程カタカナ英語で話す事もありました。
ですが夏休みからは、思いも寄らずインター小学校に通う事になり、新しい環境とお友達の中で話せる自信がつき、今年後半は発音も前ほどのカタカナ発音は消えました。
去年の方針では文法の正確さも身につけて欲しい、と書いていますが、これについては、今年R太郎の英語力は完全に苺ママを越してしまったので、もうママがわかる文法の間違いは少なくなりました(^^;;)


■リスニング
これは例年変わらず、今年もテレビ番組や映画のDVDを英語で見せたり、その音声を掛け流してきました。スクリーンタイム(テレビ、ビデオ、コンピュータ、iPadの視聴時間)を原則一日一時間と決めてからは、音声も好きな時に自分でかけ流すようになりました。
オーディオブックの掛け流しも習慣化したかったのだけど、結局自分で読むのが好きならしく、これはうまく出来ませんでした。


■リーディング
昨年の目標としては、幼稚園最後の年、リーダー本よりも、年齢相応の内容の良い絵本を中心に読めたらと思っていました。ですが、今年は『Geronimo Stilton』や『Magic Tree House』を初めとする5,000〜10,000語くらいのチャプターブックを読み始め、どんどん読書にハマって行き、英語の絵本はあまり読みませんでした。
秋にインター小に入ってからは学校の教育方針もあり、宿題でも多くの本を読み、読めるレベルがぐーんと上がりました。


■読み聞かせ
寝る間の読み聞かせは日本の絵本と決めていたので、英語では絵本の読み聞かせがあまり出来なかったのが反省点。読み聞かせとはいえないけれど、クイズ本などを一緒に楽しむことが多かった一年でした。


■ライティング
読書量と比例して、ライティングへの興味も増し、語彙も増え、スペリングの正確性も高まりました。
ライティングはスクールの宿題でも基本的には細かく直されてはいないようなので、我が家で書いた物も自由に書かせきました。
文字を書く事により広がるイマジネーション遊びも、サッカーネタを中心に目一杯やってきました♪
“書くこと、そしてそれを誰かに読んでもらうことは楽しい”という感覚を育てて行ってあげたい!という一年間の方針は成功したんじゃないかな?


■友達と英語で遊ぶ
今年は本当に多くの英語育児をしている方々と実際お会いし、子供同士を英語で遊ばせて来ました。関東周辺だけではなく、cottonさんが京都で企画してくださった「一期の会」に参加させていただいたり、その関東版「一期の会 in Tokyo」になおぱぱさん親子が何度もいらしていただくなど、遠い場所に住んでいても子供達が英語で交流できたことは素晴らしい体験でした。
ただ英語で遊ぶ会は楽しい反面、R太郎は一時期自分の英語への自信が持てずに、遊ぶ会に参加したがらなくなることもあり、これを成長として認めどう対処して行くかを悩んだこともありました。
結局、これはインター小に入ってからの自信で克服したように見え、ここ最近の遊ぶ会では「自分は英語がヘタだ」といった発言はしなくなりました。


■小学校入学後の英語について考える
これはこの一年ずっと考えていました。インター小の教育も体験し、バイリンガル教育の難しさもよく分かりました。我が家の小学生後の目標も見えて来た気がします。
これについては小学校に入ってからまた改めて考えることになると思いますが、小学生の間はネイティブの同年齢レベルに拘り焦ることなく、着実に英語力の向上を目指して行けたらと思っています。


:::::::::::::::::::


去年の今頃は考えてもいなかったインター小への短期通学、というチャンスに恵まれ思い切った決断をしてしまった今年。一年先は予測がつかないものですね(^^)
来春はいよいよ日本の学校教育のスタートです。これこそ予測のつかないことですが、単純に大きい校舎、広い校庭にワクワクしているR太郎を見ているととても前向きな気持ちになっています。
さ〜て、この一年はどうなるか、この一年の方針は来年の最初の記事でまた書こうと思います。


さて、今年もブログや直接、多くの英語育児中のみなさまと交流させていただきありがとうございました。今年も親子共々日本中に新しいお友達が沢山増え、本当に幸せなことだと思います。
来年もどうぞよろしくお願いします☆



そうそうクリスマス(^m^)
もう大晦日になってしまったけどクリスマスの話。毎年書いているので今年も書き残しておかないとっっ

今年は、毎年作っていたサンタからのメッセージビデオやiPhoneアプリのサンタコールはナシ。地域のイベントやスーパーで出会う日本人おじいさんサンタ(自前の無精髭^^;;;)達を見て、ちょっと引いてしまうお年頃になったものでね(^m^)。行き過ぎた小細工はNGかなと。

今年のクリスマスは恒例のケーキ作り。去年の苺サンタケーキに続いて、R太郎と一緒にこ~んなトナカイケーキを作りました。

Reindeer Cake


それでも、まだイヴにプレゼントを置いて行くサンタさんは信じているようで、今年は何をくれるのか楽しみにしていたR太郎。朝、ツリーの下に置いてあったのはこれでした(^^)


Snap Circuits SC-300 ラジオ、ドアベル、アラームなどを作る 並行輸入品Snap Circuits SC-300 ラジオ、ドアベル、アラームなどを作る 並行輸入品
()
Elenco

商品詳細を見る


電気回路をブロック遊びのように繋げる知育玩具です。例年通りレゴにしようかと迷ったけれど、去年のクリスマスプレゼント“レゴテクニックシリーズ”はまだまだ一人で作るには難しくて。そこで、英語で楽しめるクリスマスプレゼントをAmazonで探しこれに決めました♪

英語で書かれた設計図が300プロジェクトもあって、どれも子供が喜びそうなタイトル付き。その設計図通りにホック(Snap)を留めるようにバチンバチンと回路を作り上げて行きます。ミュージカル・ドアベル、フライング・ソーサー、マインド・リーディングゲーム、嘘発見器、モールス信号機等々、、、

嘘発見器も完成~↓
IMG_0039.jpg

↓そしてモールス信号解読ゲーム中


汗で反応する嘘発見器、スウェッティーなR太郎はいつもビッグライアーです。一方、潤い不十分な苺ママは毎回正直者(笑)

モールス信号機も暗号当てゲームに発展したり、断線部分を体を触れ合う事で繋いだり、、、と予想以上に様々な遊びに発展!設計図も分かり易く短時間で組み上がるので、まずは100プロジェクト制覇に挑んでいます♪
もちろん自分で設計変更もオッケー。
「さすがサンタさんだね!!!」と、大満足でした^^)



※追記:2013/1/18
上記『Snap Circuits SC-300』のリンクでは商品金額が一万円以上になっていますが、Amazonマーケットプレイスからは7,700円(今日現在)から購入できます。ページの右側「こちらからも買えますよ」というリンクからどうぞ(^^)
関連記事
恒例!なおぱぱさん親子と一期の会☆
週末は、長期休暇の恒例イベントになった(?)、一期の会in Tokyoとして、関西からなおぱぱさん&なお君親子を迎えて遊ぼう会を開催しました。参加者など詳細は既になおぱぱさんのブログに書かれているので省略させていただくとして、今回も親子とも和気あいあいとした遊ぶ会になりました♪

今回は会場の手配の心配もあり、多くの方に声をかけられずすみません、、、、
ただ男の子が少なめになってしまったので、次回はなお君と同年代の男の子も増やさないとな、というのが反省点。以前、男の子が多かった男祭りは、それでそれで大変だったんだけどww

まずは親テーブルの方は英語育児談義。ゲームや教材を持って来てくださる方もいたし、オススメiPadアプリやKindle話など話は毎回尽きません。

なおぱぱさんに遥々持って来ていただいたのは噂の『Brain Box』。
今回持って来ていただいたのは、“nature”だけど、おそらくこの“animals”辺りと同じくらいの難易度。



砂時計の砂が落ちるまでの間カードの内容を覚え、その後振ったダイスの番号の質問に答えるというシンプルなゲームなのだけど、これがなかなか難しかった!なお君は、さすがに次々カードを獲得!暗記はあまり得意ではないR太郎は撃沈。、、、そして苺ママも撃沈www

一方、我が家が持って行ったのは英語教材ではなくチェス盤。なお君とR太郎は長い間対戦している様子でした。まあ、近寄って覗いたわけではないのでどの程度戦っていたのかは怪しいものだったけど、途中からはチェスの駒を使って新しいゲームを考えていたとかで、おもちゃの一つとして遊んでたのかな(笑)

実はこの年末、近所のパーティーでフィンランドから来たばかりの小学生の女の子とチェス対戦したR太郎。日本語の環境にまだ慣れず、英語でも恥ずかしがってなかなかお話しできなかった場で、チェスはとても良い潤滑油になってくれました。
、、、といっても、日本では将棋ほど一般的ではないチェス、対戦相手はなかなかいないと思うので、、お友達にルールを教えて対戦仲間を増やして行こうかな(^^)


さて、次回辺りはなお君もR太郎もいよいよ小学生?
小学生になった後の英語学習がいよいよ現実的な物になってきました。住む場所が遠いのが残念ですが、なおぱぱさん家のなお君が同じ年齢(月齢もほぼ同じ)なのは本当に心強い!
そして、既に小学生になった英語育児仲間の話もすごく参考になります!

インター小という環境から日本の小学校に入り、どう英語を続けて行くかまだ模索中の我が家。こういう遊ぶ会での情報交換や交流は、我が家に取ってはとても貴重な存在です。これからも、ぜひぜひ開催して行きたいと思っています♪


冬休み、そして折り返し!
今年秋から半年の予定でR太郎が入学したインター小学校。
冬休みが始まり、早くも折り返し地点(´Д`;)

この3~4ヶ月、宿題やイベントが盛り沢山で、R太郎にとっては本当に忙しい毎日でした。
最初こそヒーヒー言いながら宿題をしていましたが、最近は比較的サラリと終わらせるようになりました。クラスが少人数ということもあり、クラスメイトや学校のお友達ともとても仲良くなりました。スピーキングだけ聞いても、以前よりずっと流暢に話すようにもなって来たと思います。

そこで、ブログ更新もボチボチだったので、ここでまとめて前半を振り返ってみます。


【リーディングとライティング】

R太郎の学校では、特にリーディングとライティングを重視しているようです。

リーディングについてはレベル毎に1週間に1冊か2冊リーディング用の本が渡されます。毎日その本についてのワークシートが宿題に出されます。内容は4択のクイズや文法問題から、メインテーマやサマリーを考える問題まで。
その他にも、図書館で借りるなど自分で読んだ本の数行感想をつけることになっています。
リーディングに関してはリーディングマラソンなどのイベントも開催され、学校としても子供達に本を沢山読ませる方針のよう。

ライティングに関しては、短い作文(1行から数行)の課題が週にいくつか出ます。日常のこと、イベントのこと、サンタさんへの手紙、、、とタイトルは単純ですが、ブレインストーミングから草案作り、清書と何度も書いたり、ひとつのテーマを色々な方向から書いたりと、一年生にしてはかなりしっかりと取り組んでいる印象。

そして、リーディングにしてもライティングにしても、提出物に赤ペンを入れられていることがないので、どんな指導をしていただいているのか疑問だったのです…。
最近ようやくわかったのは、リーディングに関してはレベル毎のグループ別に話し合っているという事。単に正誤チェックではなく、どうしてその答えを書いたのかを先生を含めてディスカッションするそうなんです。ほ~!!!!それは勉強になりそうだ!と思いました(^^)b☆

ライティングも、細かい間違いを直されるのではなく、自分の考えを文章で表現し人に見せる事を一番の目的にしているのかな。きれいに書き、教室や廊下に掲示して、お友達とそれについてよく話していたようです。そして話し合う内に、お互いの事を急速に理解している感じすら受けました。



【算数】

R太郎のクラスでは、国語(英語)の他に算数、社会、体育、音楽、アートなどの教科がありますが、特に算数は日本の学校の勉強とは少し違うなと感じています。

まず、お金、チャート、長さや温度計など、生活に直結するテーマやロジカルに考える機会がとても多いです。なるほど、これは良い課題だな!数学の世界をこういう風に教えてあげたかったんだよね!と思えることも多いです。

、、、ただ、折り返し地点に立って振り返ってみると、いわゆる計算の訓練を全くと言ってよい程してないんですよ(^^;;;)
小学校1年生の教科書に、“ここのページは計算機の使用禁止”のマークがついてるし。じゃ、他は使っていいの~!?(苦笑)

ロジカルに考える事もとても大切な事だけど、やはりアジア的と言われようとも基礎計算力は大事ですよ!



【で、ここまでの感想!】

ここまで短い間だけの苺ママの感想をまとめると、R太郎のスクールに関して言えば、全ての教科において、自ら考え議論し、それを表現して行くことが基本になっています。それは入学する前から持っていたインターの授業のイメージとも重なり、とても良い勉強をしているとも言えます。

それでもやはり、日本的な勉強といわれる、お手本を真似したり、計算の訓練、暗記などは、基礎学力を付けるためにも必要なんじゃないのかな、と。

インターも日本の小学校の学び方も一長一短、どちらにも素晴らしい部分があります。これを日本の学校に入学した後も、うまく英語での学習に取り入れて行けたらいいのだけど。これから後半がまた楽しみです♪




【おまけ:家庭での日本語の取り組み】

スクールでも日本語授業もあることはありますが、英語のライティング課題にガッツリ取り組んでいるからか、R太郎が落書きも含めほぼ英語ばかり書くようになってきてしまいました。そこで、日本語も書くきっかけになればと、この日記を始めました。


1日ひとつのことだけ日記1日ひとつのことだけ日記
(2007/11/15)
宮川 俊彦

商品詳細を見る


これ、毎日ひとつのお題が与えられ、それについて書く分厚い日記帳なのですが、これがすごく楽しく取り組めるんです(^^)

「今日のメソメソ」「今日の伝説」「今日の実は、、、」「今日の道化師」などなど、学校から帰って来て、「今日は何にもなかった、昨日と同じ~」なんて言っていても、お題を与えられると出てくる出てくる!

取り組み始めて1ヶ月。最近では同じテーマで家族で1日を報告し合うというオプションも付きました♪
書きたくなるような紙面も助け、おかげさまで三日坊主になることなく楽しく続いてます!
読書記録(12/2-12/8) &チェスが楽しい!
今週の読書記録を、、、と思ったら、おそらく丸々一冊読んだのはこの本のみ(^^;;;)


Tooth Trouble (Ready, Freddy!)Tooth Trouble (Ready, Freddy!)
(2004/08)
Abby Klein

商品詳細を見る


(初読)●語数:6,158 語
クラスメイトみんな乳歯が抜けたというのに、Freddyだけはまだ一本も抜けていない!Freddyは早く歯を抜きたくて大奮闘、というお話。

R太郎はこの秋に初めて乳歯が抜けましたが、それまでは「お友達は抜けたのにボクはまだだ、、」なんて話していたので、Freddyにとても共感していました。これも人気のあるシリーズなので、これから他の本も読ませてみたいな。

その他、スクールから一週間に2冊出ている本を読んだだけ。



その代わり、今週我が家ではチェスブームです!

事の始まりは、囲碁に触れる機会があって、R太郎が囲碁をやりたがったので挑戦してみたのだけど、ルールがいまいちわからず、、、
そこで、以前お古でもらったチェスを出してやってみると、こちらの方のルールはすごく簡単で、駒の動き方だけ覚えれば良いので、R太郎でもすぐに覚えられました。もう少し難しいのかと思い込んでいたので意外(^^)

駒の形も将棋よりもイメージが湧き易いんですよね。
太っちょキングは一歩ずつしか動けない、クイーンは旦那様を守るため縦横無尽に走り回る、僧侶ビショップはナナメからの予想外の戦法で攻めてくる、戦車ルークは直角にしか進めない、ナイトは馬だけに難しい動きをする、そして歩兵ポーンはジリジリと前にだけ進む!
もう、チェス盤の上にストーリーが見えて来て楽しい!

R太郎は演技をしながら動かしています♪
ハリーポッターの映画での巨大チェスシーンの印象が強いらしく、「H3!A4!」なんて盤の位置?を叫びながら打ったり(笑)


↓ちなみにAmazonではこの辺りが人気のようです。
 初めてでも大丈夫、駒の動かし方さえわかれば入門本はいらないと思います!

マグネチックチェスエリーゼキャッスルマグネチックチェスエリーゼキャッスル
()
ハナヤマ

商品詳細を見る




駒の動かし方は簡単だけど、何手か先まで読まないといけないので、1ゲームの時間はかなり長い事も。
あれ?また時間泥棒に手をつけてしまってたのかな~(^^;;)
読書記録(11/25-12/1) 初ロアルド・ダール♪
読書記録が1週間空きました。
スクールでのチャリティー読書マラソンが終了。最終的に2週間で1,050ページ読みました。
ページ数×スポンサーの設定金額で募金をするわけですが、ちゃっかりパパ、ママ、ジジと3人のスポンサーを得て、当初の想定額の3倍募金をすることができました!
ただ読書記録を提出してしまったので先週の記録はブランク〜
半分ぐらいをMagic Tree Houseが占めていました。


さて、その怒濤の読書マラソンが終わり、今週は目につく本をパラパラと眺めていたようですが、ついに初ロアルド・ダール本を読みました!!


The Magic FingerThe Magic Finger
(1998/09/01)
Roald Dahl、Blake Quentin 他

商品詳細を見る



『Charlie and the Chocolate Factory』でも有名なロアルド・ダール、彼の本の中では一番簡単な部類に入る本です。ページ数62ページ、3,675語、対象年齢も7〜11歳ということで、Magic Tree Houseシリーズと同レベルなのだと思いますが、ロアルド・ダールの本を読む事が一つの節目にもなる気がしていたので感慨深いです(^^)

R太郎もなんとなく同じ気持ちだったのか? それともママの喜びに応えてか? ちょっと難易度の上がるこれも次に読んでしまいました(^^)


Fantastic Mr. FoxFantastic Mr. Fox
(2012/01/01)
Roald Dahl

商品詳細を見る


81ページ、9,441語、対象年齢は8歳から。ただ、これは映画になっていてR太郎も好きで時々観ているので、それが理解を助けている気も。

コマ撮りのオシャレな映画です。
声優がこれでもか!ってくらいハリウッドの大物揃い!↓

ファンタスティックMr.FOX [DVD]ファンタスティックMr.FOX [DVD]
(2011/11/02)
ジョージ・クルーニー、メリル・ストリープ 他

商品詳細を見る




結局、読了したのはこの二冊だけ。
読書マラソンは、いつもじゃ辛いけど時々のイベントとしてするには「読書体力」もついて良かったと思います。でも頑張った分、しばらくページ数ではなくて新しい本の世界を味わってくれれば嬉しいな♪