苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
オンラインレッスンを始めました!
春休み、いよいよ小学校入学も目前に迫り、オンラインレッスンを始めることにしました。

オンラインレッスンは、苺ママとフィリピン人の先生とのレッスンに途中で割り込んだり、子供専用のオンライン教室でトライアルレッスンも受けた経験もあるのですが、今回はアメリカ人、それもR太郎からすればおじいちゃんほどの年齢の方。実際にR太郎と同じ年齢のお孫さんがいらっしゃるらしく、まるで孫に色々教えてくれるおじいちゃんとの会話(笑)

トライアルレッスンでは、学校の話から始まり、世界のダンス、ゲーム、コンピュータ、大統領、伝説などどんどん広がり、お互い発言も活発で先生とR太郎の相性はピッタリ!以前、子供専用のオンライン教室でESLのテキストを使った時の25分間と比べたら、同じ時間とは思えない程の内容の濃さ。

R太郎には、こういうスタイルの方が合っているかもしれないな、と感じました。

ただ、横で聞いている苺ママにも二人の会話がわからない部分もあるので細かいチェックは出来ないものの、トライアルレッスンでは英語を文法的に直される事が全くなく、これをレッスンとして繋げて行く方法をママの方でも考えておいた方がいいのだろうな、とも思いました。

::::::::::


そこで次のレッスンでは、トライアルレッスンで習ったアメリカの伝説(Tall Tale)に因んで、日本の昔話「金太郎」に関するライティングを見てもらうことに。

いきなりフリーで書くよりも、ワークシートの方が書くべきポイントも身に付くのではと考え、いつもお世話になっているeducation.comを検索。読んだ本のキャラクターのトレーディングカード作りをするというものにしました。


20130328.jpg

このワークシート、キャラクターの特徴や好み、どこが他と違うかの他に、自分との共通点なども考える内容でなかなか面白い♪ 

そしてレッスンでもライティングの方もしっかり直され、その場で一所懸命書き直すR太郎。内容も更に膨らませてもらい、とてもバランスの良いレッスンになりました。

::::::::::


レッスン3回目はオンライン教材をお願いしたところ、アメリカのTall Taleの代表格とも言えるらしい『Paul Bunyan』のお話が送られて来ました。生まれながらの巨人で、青い牛Babeを連れてアメリカ中の山や川、湖を作る木こりのお話。ミシシッピー川を作ったのも彼だとか(笑)

そんなホラ話も昔のアメリカの文化であったりするそうで、education.comで更にTall Taleを調べてみると、Tall Taleを分析し、自分でも創作するようなワークシートもありました。これは2年生向けだけど、次回はこれにチャレンジしてライティングをチェックしてもらうのも良いかも。


小学生からのオンラインレッスン。こんな感じでスタートしました。春休みの間は週2回、学校が始まったら当分週1ぐらいかな? ホームスクーリングサイトのカルキュラム等も参考にしつつ、4技能、特にスピーキングとライティングを中心に、これから試行錯誤で続けて行こうと思います!

意見交換やアドバイスなどウェルカムです♪
どうぞよろしくお願いしま〜す(^^)




関連記事
今回の“一期の会”は関西から2大ゲスト!
長期休みには恒例になっている!?『一期の会 in Tokyo』。またまたなおぱぱさんとなお君親子の帰省に合わせて英語で遊ぶ場を設けました♪

今回参加されたのは、シオママさんリツコさんmasyaままさんGorigorionさんBlue Hillsさん、アイリーンさん、はぎ☆さん、ゆーママさん、可憐ママさん。

そして、なんと今回は念願の『一期の会』会長、cottonさん親子の初参加!!!!
初めてとはまったく思えない程馴染んでいらっしゃいましたが(笑)

“苺ママ”にして“一期の会”とは、発祥をご存じない方にとってはなんと自己中なと思われそうですが(^^;;)、去年2月に苺ママ親子の京都旅行に合わせて、cottonさんが開催してくださったのが始まりで、東京でも“英語育児仲間が関東にいらした際にはおもてなしをしよう!”というコンセプトで続けている英語で遊ぶ会です。

改めて数えると今回で6回目!関西でも2回開催されているので通算8回目?

最初の頃に比べ子供達も成長して来たからか、全体的に初対面の子も含め最初からとても活発に仲良く遊んでいました。英語もみんなレベルが上がって来ている感じ。ただ、今回ははっきりと男子グループと女子グループが分かれていたのが印象的でした。

男の子が風船やボールを使って走り回り、汗びっしょりになってカプラをしている間、女の子は絵本を描いたり、紙やアルミホイルで作ったティアラを冠っておままごと♪

備え付けの黒板には“NO BOYS!”と大きく書かれたかと思えば、暫く経つとその上に“NO MORE FAIRYS!”(笑)
男女が実際バトルになるわけではないけど、こんな敵対関係も子ども達は楽しんでいるのが、立派なコミュニケーションになっていて微笑ましかったです(^^)



親テーブルの方もいつもの賑わい。教材や本など持ち寄ってワイワイと英語談義。
我が家は前日にインター小を退校したので、いよいよこれから英語教育は家庭でやらなければならず、小学校以降のカルキュラムをどう組み立てるか、どこを目指し何をすれば良いかのヒントを皆さんにいただきました!


帰りは何人かの方と、桜シーズンで激混みの浅草仲店通りを通り、雷門前の浅草文化観光センターの8階展望台へ。ここはまだ出来て一年の穴場スポットで、無料の展望台からは東京スカイツリー、隅田川、アサヒビール、反対側は浅草寺に続く仲店通りや、古めかしい遊園地花やしきなどが一望。混沌とした浅草を感じるちょこっと観光のオマケもついて、楽しい一日でした〜


20130323.jpg




読書記録 & プリの謝恩会
約3週間振りの更新になってしまいました。

まずは、その間に読んでいた本のおおよその記録を。

Diary of a Wimpy Kid 04: Dog DaysDiary of a Wimpy Kid 04: Dog Days
(2010/05/01)
Jeff Kinney

商品詳細を見る


まずは『Diary Of A Wimpy Kid』シリーズ。シリーズ物5冊をブックオフで購入。一冊105円とは待っていて良かった~(><)
『Diary Of A Wimpy Kid』は映画もあるんですね。今回購入した本の中にこんな本もありました。

The Wimpy Kid Movie Diary: How Greg Heffley Went HollywoodThe Wimpy Kid Movie Diary: How Greg Heffley Went Hollywood
(2012/03/22)
Jeff Kinney

商品詳細を見る



National Geographic Kids Quiz Whiz: 1,000 Super Fun, Mind-bending, Totally Awesome Trivia QuestionsNational Geographic Kids Quiz Whiz: 1,000 Super Fun, Mind-bending, Totally Awesome Trivia Questions
(2012/08/14)
National Geographic Kids

商品詳細を見る

『Quiz Whiz』は、まだまだ飽きず。(紹介ページはこちら→)
どうやら8月には第二弾も発売されるらしく、これだけのお気に入り本なので発売が楽しみです♪

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


先週末は、去年の夏休み前まで通ったプリスクールの謝恩会に出席させてもらいました。夏からはインター小学校へ移ってしまったので正式に卒園はできなかったけど、3歳のオムツの頃から通った園、温かい先生やママ達と再会し、一緒に節目の日を迎えさせてもらえたのは本当にありがたく、笑顔と涙のこぼれる一日でした♪

さて、今週はいよいよインター小学校の授業も終わります。こちらも、春からも継続して課外活動等で関われることになり、今は寂しさよりも新しい学校生活が楽しみの様子のR太郎。

思い返せば、日本の保育園からプリスクールへ転園、飛び級、卒園を半年残してインター小学校へ転校、そして半年で公立小学校へ入学、と冷静にみれば(そうでなくとも)なんとアクロバティックな、子供の環境を次々に移すとんでもない行動をしてきたと思います。

でも、それはいつも計画的ではなく、その時の出会いや、R太郎の性格や意思に素直に従って来たことで、周囲のとても温かい応援があったからできたこと。想定していた方向から逸れても、信じていた正解とは異なっても、大枠の子育て観はブレていないつもりでした(^^;)

さて、幼児期もいよいよ終わり。

英語に関して言えば、インター小のお友達との英語のギャップをできる限り広がらないように学習していくのは、結局家庭学習だけになりそう。日本の学校の勉強をおろそかにしないでどうやって続けて行くのか。いよいよ時が目の前にやって来てしまいました(^^;;)