苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
【Week9】小学生の英語学習記録
小学校の運動会が終わりました。運動会が終わり入学から2ヶ月。今までは学校生活に慣れることを中心だった授業も、ひらがな、音読、計算とようやく勉強らしくなるようです。

また、R太郎の学校では外国語(英語)活動は今の所5年生からのようですが、1年生でも不定期でネイティブの英語の先生が教室に来る授業もあるようです。今週、初めてそんな授業がありました。

R太郎の話によると、“Hello!”とお友達同志で挨拶したそう。挨拶したクラスメイトのサインが書かれたシートを持って帰って来ました。見るとR太郎以外にも、自分の名前を英語で上手に書いている子が何人もいました。英語を習ってるのかな〜♪

さて、これからどんなことをするのでしょうか???R太郎の報告が楽しみ☆


:::::::::::::::::::::::::::



【今週の取り組み Week9 / 6月1週】
メインテーマ:なし

■Speaking:
・オンライン・レッスン(×2)

■Reading:
・・First Children's Encyclopedia【Sports and Leisure、Earth’s structure】(オンラインレッスンの課題)
Time For Kidsエベレスト60周年の記事
Time For Kids世界一大きなレゴモデルの記事

■Writing:
Scholastic Success With Writing, Grade 2

■Grammer/Vocabulary:
Scholastic Success With Grammar, Grade 2

■Books:
Deep-Sea Tales: 6 Salty Sea Stories (Spongebob Squarepants)
Time For Kids Almanac 2011
Mr.Topsy-Turvy

■DVD / YouTube etc.. :
Phineas & Ferb
・Brain POP Jr. 今週の無料動画(Fast Land Changes)
・DVD音声のかけ流し

■Activities / Field Trip
なし


:::::::::::::::::::::::::::



今月、親子英語ブログを賑わせていたDMM英会話のオンラインレッスン。今日5月31日までに入会すれば、1ヶ月間毎日一コマ受けても980円(その後は9,800円/月)。しかもフィリピン講師以外にネイティブ講師や他の国の講師も在籍しているということ。

お得なアウトプットの場としてこんなに良い話はないですよね〜
でも我が家は今の週2回のレッスンのペースにようやく慣れて来たばかりだし、今の先生にもある程度満足をしているので、安いからといってR太郎のペースを乱すだけか、、、、と必死に抑えて来ました。

そして締め切り終了でホッと一安心(?)
、、、が、それも束の間!なんとmixiの英語育児のお仲間から「締め切り日が一ヶ月延びている」という情報を知りました。
チェックしてみたら、本当だわ!さりげな〜く締め切り日が1ヶ月延びて6月末に(´Д`;)

6月末辺り頃1ヶ月お試しして、もう少し経験を積んだ色んな国の先生方とフリートークでお話しするのもいいかも??
いや、毎日受けるのがシンドイ我が家にはその後の9,800円でのレッスンはまずないし、やっぱり手を出さない方が無難なのかしら(^^;;)

また1ヶ月、苺ママの葛藤は続きそうです。はぁ〜(´Д`;)




【Week8】小学生の英語学習記録
今週は学校行事や個人的なイベントでまとまった時間が取れずワークは出来なかったものの、オンラインレッスンは順調。
この子供用百科事典を使いながら、ディスカッションや体験談を交えて1回で1テーマ読んでいます。

それから、三浦雄一郎さんのエベレスト登山や、アメリカの竜巻のニュースに興味を持っていたので、英語の方でも映像等をいくつか見てみました。

そこで今週のテーマは"Everest"と"Tornade"。
ネット上で探してみると子供向けの記事や映像もたくさんありますね。ニュースは事実の他に、歴史や地理や科学、そして何よりニュースの中にいる人々のことを考える事ができるので、今後も週のテーマをニュースにリンクさせようと思っています。


:::::::::::::::::::::::::::



【今週の取り組み Week8 / 5月4週】
メインテーマ:Everest, Tornade

■Speaking:
・オンライン・レッスン(×2)

■Reading:
First Children's Encyclopedia【Flag/T-Rex】(オンラインレッスンの課題)
Time for Kidsの竜巻のニュース記事

■Writing:
なし

■Grammer/Vocabulary:
なし

■Books:
To the Top!: Climbing the World's Highest Mountain
Six By Seuss (Dr.Seussのお話6話入り)
The Big Book of Berenstain Bears Beginner Books (Berenstain Bearsのお話6話入り)

■DVD / YouTube etc.. :
National Geographic KIDSのエベレストクイズ
National Geographic KIDSの竜巻の動画
アラジン
Phineas & Ferb
・Brain POP Jr. 今週の無料動画(Grams and Kilograms)
・DVD音声のかけ流し

■Activities / Field Trip
なし


:::::::::::::::::::::::::::



3週連続で読んでいるこの本は、Step Into Readingシリーズの薄手の本です。エベレストに初登頂した冒険家のストーリー。

思い出したように読み始めたのは、三浦雄一郎さんのエベレスト登山の影響から。日々映し出される三浦さんの登山ルートの映像とこの本に描かれたシーンがそっくりで見比べながら読んでいました(^^)

To the Top!: Climbing the World's Highest Mountain (Step Into Reading : a Step 5 Book)To the Top!: Climbing the World's Highest Mountain (Step Into Reading : a Step 5 Book)
(1993/03/31)
Sydelle Kramer

商品詳細を見る



Step Into Readingシリーズは、ステップ1(レベル)だとトーマスやディズニーなどのキャラクターシリーズもあり、またそのレベルからでも科学をテーマにした本もあるので、文字を読み始めた頃からちょこちょこ買っていました。

今よく読んでいるのはステップ4〜5辺り。

The Titanic: Lost...and Found : Step 4  (Step Into Reading)The Titanic: Lost...and Found : Step 4 (Step Into Reading)
(1987/04/12)
Judy Donnelly

商品詳細を見る

Ben Franklin and the Magic Squares (Step Into Reading Step 4)Ben Franklin and the Magic Squares (Step Into Reading Step 4)
(2001/02/27)
Frank Murphy

商品詳細を見る

Dinosaur Hunters (Step into Reading)Dinosaur Hunters (Step into Reading)
(2005/08/23)
Kate McMullan

商品詳細を見る



少し前まで、フィクションの5,000〜10,000語くらいの本をよく読んでいましたが、今は薄い本を隙間時間に読んでいる様子。このシリーズに関しては、リーディングレベルを問わず何度でも読んでいるので、また少し増やしてもいいかも♪

Volcanoes!: Mountains of Fire (Step Into Reading. Step 4 Book.)Volcanoes!: Mountains of Fire (Step Into Reading. Step 4 Book.)
(1997/06/10)
Eric Arnold

商品詳細を見る

Discovery in the Cave (Step into Reading)Discovery in the Cave (Step into Reading)
(2010/05/25)
Mark Dubowski

商品詳細を見る

Hungry Plants (Step into Reading)Hungry Plants (Step into Reading)
(2004/02/24)
Mary Batten

商品詳細を見る


【Week7】小学生の英語学習記録
学校生活もおうち英語も少し安定してきました。毎日放課後は校庭で遊び、帰宅後の取り組みはワークブックかオンラインレッスン。隙間時間には読書かDVDかかけ流し(これは本人の趣味の範囲)。

学校に慣れたのと、一日のノルマ的な英語時間を減らしたからかな? 先週前半までの疲労とダラダライライラ〜も感じなくなくなりました(^^)

それから母の日には、学校で作ったお花のクラフトの他に、壁を風船で飾ってビーズのネックレスをくれたり、朝食、おやつまで作ってくれました♪

夜は“Kid's Cooking”という本を見ながらデザート作り。R太郎が英語でレシピを読み、苺パパに手伝ってもらってアップルシナモンソースを作ってくれ、アップル繋がりでゲーム“Apples to Apples Junior”を、、、と、R太郎プロデュースの一日はなかなか濃く。

もちろん嬉しい♡のだけど、それよりも「忙しい子に育ってるなぁ」という感想の方が先だったたな(笑)


:::::::::::::::::::::::::::



【今週の取り組み Week7 / 5月3週】
メインテーマ:Mother's Day, Family

■Speaking:
・オンライン・レッスン(×2)

■Reading:
"A Summer of Adventure" (オンラインレッスンの課題)
First Children's Encyclopedia【Space】(オンラインレッスンの課題)

■Writing:
Scholastic Success With Writing, Grade 2

■Grammer/Vocabulary:
Scholastic Success With Grammar, Grade 2
対義語ワークシート

■Books:
Days with Frog and Toad
Phineas and Ferb Laughapalooza Joke Book
Round Trip
To the Top!: Climbing the World's Highest Mountain
The Plot Chickens

■DVD / YouTube etc.. :
The Cat in the Hat [DVD] [Import]
・Brain POP Jr. 今週の無料動画(Grams and Kilograms)
・DVD音声のかけ流し

■Activities / Field Trip
・“Kid's Cooking”本で母の日クッキング。
・カードゲーム“Apples to Apples Junior“


:::::::::::::::::::::::::::


オンラインレッスンのレッスン法が変わって来ました。

入会しているのはネイティブレッスンを売りにしている会社ですが、無資格の副業で登録している先生も多い様子。それでも最初に習った先生は、教え好きのおじいちゃんが孫に話している自然な雰囲気でとても気に入っていました。

その先生が旅行でお留守の間にお願いしていた男性の先生。この先生は、資格を持ち本業で教えているとのこと。その教え方の違いは歴然としていて、細かいところまで気がついてしっかりと教えてくれます。

苺ママとしては、あまり細かく教える先生だけより、2人の先生で交互にお願いしても良いのかなと思っていましたが、R太郎は後者の先生に習いたいとのこと。最近は毎回その先生にお願いしています。


初め、先生はR太郎のレベルや好みを探って、少し(いや、かなり)難しすぎると感じるオンライン記事の読み合わせにも取り組んでいたのですが、先生の方から今週はこの本を使いましょうかと。


First Children's Encyclopedia (First Reference)First Children's Encyclopedia (First Reference)
(2010/02/01)
Penny Smith、 他

商品詳細を見る

↑宇宙のセクションではR太郎のお気に入り本も抜き刷りで入っている図鑑でした^^
中身のサンプルはDKのホームページでチェック出来ます。(→こちら)



そして、ラーニングスタイルを決める参考にと、こんなリンクも送ってくださいました。24個の質問に答えると、どんな方法で勉強するのが良いかがわかるそうで(^^)

結果、突出していたのは「 Interpersonal Learner」。人とコミュニケーションをしながら学んで行くタイプ。この結果頷ける〜!!!(他にはこんなタイプに分かれます)

この結果も考慮して、これからはディスカッションや、R太郎を先生と見立てて逆に授業をしてみたりということをしていくことになりました。

オンラインレッスンを始めて2ヶ月半。どう進めれば良いかと悩んでいましたが、これからどんなレッスンになって行くのか楽しみになってきました〜♪



【Week6】小学生の英語学習記録
今週はGW明けで、前半は学校に行くのがイヤイヤモード、、、。毎日5時間授業で簡単な宿題も出るようになりました。

そんなわけでオンラインレッスン以外の取り組みは少なめに調整。(それでも読書とDVDは本人の趣味なので、苺ママにとっては取り組み外 ^_^;;)後半には少し調子を取り戻し、放課後遊び倒して来てもオンラインも普段通り受けれるようになり、講師評価も2週間振りに元に戻りました(^^)

親の方ではやらせたい事は沢山あるのだけれど、やればやるだけ出来るようになるわけではないし、量と時間のバランスを考えなければならないですね。一日の量が安定しないと、R太郎も落ち着かないでしょうし、、、



:::::::::::::::::::::::::::



【今週の取り組み Week6 / 5月2週】
メインテーマ:今週はテーマなし

■Speaking:
・オンライン・レッスン(×2)

■Reading:
"Storm on Saturn" (オンラインレッスンの課題)
"Dino Death Pit!" (オンラインレッスンの課題)

■Writing:
Scholastic Success With Writing, Grade 2
作文 "What Animal Would To Be"

■Grammer/Vocabulary:
Scholastic Success With Grammar, Grade 2
対義語

■Books:
Encyclopedia Brown, Boy Detective
Richard Scarry's Watch Your Step, Mr. Rabbit! (Step into Reading)
To the Top!: Climbing the World's Highest Mountain (Step Into Reading)

■DVD / YouTube etc.. :
・Brain POP Jr. 今週の無料動画("Ancient Egypt")

■Activities / Field Trip
・植物の観察や、ガレージセール箱の在庫チェックを継続


:::::::::::::::::::::::::::


ところで我が家の英検の話。
いつもに増して長いので、ご興味のある方のみお読みください(^^)

今年始めプリのお友達の影響で英検の過去問にチャレンジし、準2級でも受かりそうだということがことがわかりました(その時の記事)。苺ママは幼い頃からの英検受験には興味がなかったのですが、本人の希望であれば話は別かな〜と再検討。


英語育児仲間やプリのママ友に相談したところ、低学年からの英検受験の利点は大体こんなところだそうです(^^)



■級を取得することで自分の英語力に自信がつく。

■我が子の英語レベルを客観的に知る事ができれば、今勉強すべき事がわかる。

■英検だけの為の勉強ではなく、英検をきっかけにした英語力向上のための勉強はとても勉強になる。

■英会話教室や英語イベントに申し込む際に、日常英会話レベル以上のレベルであることを説明するのが難しい。その時、英検取得級を伝えられれば便利。

■私立の中学を受験する時に、ある程度以上の級を取得していると有利になる学校も増えて来ている。

■日本の小学校に入学後、みるみる英語力が落ちることもある。今の内に取っておいた方が無難。



なるほど〜
英検の為の勉強をするつもりも、中学受験の予定もない我が家。実際、上記項目が果たして受験する意義となるかと悩みましたが、結局英検に申し込んでみようと決心しました!

で、一応申し込み前にR太郎に再度確認。すると答えは、、、


「え?なんで本番を受ける必要があるの?(ママの)プランを教えて?」


どうやら、過去問は楽しいから今後も時々やってみたいけど、本番にわざわざ出掛けて受けるのはどうにも面倒くさい。何か良い事があるんだったら考えるけど、、、ってことらしい。



君は正しい!

でも苺ママ、ここでなぜだか焦りましたっっ。そして気がついたらR太郎を説得するような理由をいくつか並べてました(^^;;;)

すると、

「オッケー!ママが受けた方がいいと思うなら受けてもいいよ♪」


と、快諾ぅ〜!d=(´▽`)=b


あれ?でも、、、、これって、主導権がこちらに移ってしまいましたね?

ここで、「本人が受けたいなら仕方ないか」という想いから始まったママ目的が、「持ってて損はないし、今の内に取らせとこうかな。」なんて下心にすり替わっていたことにも気がつきました(^^;;)


、、、、長々と書きましたが、そんなわけで今回は英検受験は取りやめ!取りやめ!

それでも正直、ちょっぴり残念な気持ちが残っているのは、苺ママの修行が足らん!ということですね〜 ┐(-。ー;)┌





今回も一期の会に関西からあの方々が!
GWど真ん中、またまた関西からなおぱぱさん&なお君cottonさん&娘ちゃんが関東にいらっしゃるというご連絡をいただき、地域を越えての英語育児オフ会「一期の会 in Tokyo」を開催しました!

もう何度も開催しているこの会、開催当初は英語育児ブログ界のアイドル的な親子さんにお会いするだけで、緊張していましたが(親が^^;)、今では遠くからいらっしゃっているのも忘れてしまう程、良い意味で緊張感なくワイワイと時間を過ごせるようになりました(^^)

今回参加されたのは、なおぱぱさんcottonさんrincoさんリツコさんGorigorionさんBlue Hillsさんりかママさん、はぎさん、ゆっこさん、可憐ママさん、こゆきさん親子。

前回より少し狭い部屋に、女の子中心のクラフトエリア、男の子中心のキャッスルエリア、そしてペアレンツテーブルと完全に棲み分け?(笑) どのエリアも盛り上がりました!

今回も苺ママは子供達を盛り上げに行くということもせず、親テーブルに根を張っていましたが、特にクラフトエリアのお手伝いをしてくださった方々、ありがとうございました!そして、毎回この簡単にできて女の子達の心を鷲掴みのクラフト材料を持って来てくださるリツコさんには感謝☆

女の子エリアはとても微笑ましく、今回初めて参加して下さったりかママさんの娘さんネネちゃんや、一番小さなはぎ☆さんの次女ちゃん達の遊びにも、本当に優しくずっと付き合ってくれていた小学4年生の可憐ママさんの娘さん♡
みんな絵本、ティアラ、ネックレスを作ったり、その材料で犬のリードを作っておままごと遊びなど本当に楽しそうでした。

毎度のことですが、R太郎は、思いっきり弾けていたかと思うと急に機嫌が悪くなったりと、気持ちの浮き沈みが激しいのですが、男の子達はあんまりそういう事は気にならないらしく、、というか、結構みんな似たようにマイペースで、男の子の方が本当に甘えん坊なんだな~とホッとしました(^^;)


さて、親テーブルですが、これがいつもに増してお菓子と英語本&教材の山!みなさんスゴイ嗅覚で探してくるオススメ品なので、まさに宝の山!ブログで紹介されたものでも、実物を見れるのはとても参考になります。

例えば、なおぱぱさんが持って来てくださったこの本。


Sideways Stories from Wayside SchoolSideways Stories from Wayside School
(2004/12/28)
Louis Sachar

商品詳細を見る


他の方々のブログでも時々見かける本で気になっていたのですが、実物は思ったよりずっと小さい!本が小さい分同じ縮尺で(?)文字も小さい! オリジナルのミニ版かと思いましたよ(^^;;)
ただ、ナンセンス短編集ということで、一遍ずつ読むにはオススメだそうなので、備忘録としてアップしておきます(^^)


また、ゆーママさんが持って来てくださったこのワークブック。

Daily Word Ladders: Grades 1-2Daily Word Ladders: Grades 1-2
(2008/11)
Timothy V. Rasinski

商品詳細を見る


Daily Word Ladders Grades 2-3Daily Word Ladders Grades 2-3
(2005/10)
Timothy V. Rasinski

商品詳細を見る


「Word Ladder」とは、ひとつの単語をヒントに従って少しずつ書き換えて行くゲームで、ボキャブラリー強化に役立ちそうなワーク。R太郎もその場でチャレンジしていました。苺ママも2-3年生向けをやってみたものの、途中知らない単語が出て来てなかなか前に進まず。案外難しい~(´Д`;)


そんなこんなで5時間。毎度ながら“あっっっ!”と言う間に時間が過ぎた楽しい会でした♪

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


帰宅後、「Word Ladderを作りたい!」というR太郎にネット検索してあげると、同ワークブックのページ売りサイトが!そしてなんと、こちらのページから多少ぼやけていながらもチャレンジするには十分なサンプル画像がダウンロードできました(^^;;)
我が家の場合、買っても1冊使い切る事はないと軽く予想できるので(笑)、当分こちらで遊ばせてもらいたいと思います~


↑オリジナル問題が作れるページもあり、
 R太郎が作りママが答えました♪

【Week5】小学生の英語学習記録
小学校では5時間授業が始まりました。

時間が延びたと言っても、3月までの帰宅時間と比べればずっと早いので、余裕のはずと高を括っていましたが、さらに夕方まで校庭開放で思いっきり遊び、帰宅後オンラインレッスンとなると、、、さすがにグダグダ〜
オンラインの先生方も、口を揃えて「疲れているみたいで集中力に欠けていた」という評価です(^^;;;)

校庭開放ではクラスや学年を越えてお友達を作っているし、サッカーだけでなく最近は一輪車にも挑戦しているようで、家で一人遊びばかりの我が家には本当にありがたい存在。英語より勉強よりずっと大切にしたい時間なので、新しい生活に慣れるまで英語の方はもう少しペースを落としてみようかな、、、



【今週の取り組み Week5 / 5月1週】
メインテーマ:Plant Life Cycle

■Speaking:
・オンライン・レッスン(×2)

■Reading:
リーディングサイトの課題(B-5; Push and Pull)
Cause & Effect

■Writing:
Scholastic Success With Writing, Grade 2
作文 "One Day of Anything"

■Grammer/Vocabulary:
Scholastic Success With Grammar, Grade 2
リーディングサイトの課題(B-5)
Antonyms

■Books:
Who Was Albert Einstein? (Who Was...?)
Who Was Abraham Lincoln? (Who Was...?)
Shipwreck on the Pirate Islands (Geronimo Stilton)
ドラえもん Doraemon ― Gadget cat from the future (Volume 3)
Ten Apples Up On Top! (Beginner Books(R))

■DVD / YouTube etc.. :
・Magic School Bus("In The Rain Forest")
"ナイト ミュージアム2"

■Activities / Field Trip
・タンポポの種の発芽観察
・バジルとパセリの生長観察




今週は本棚にあったこの本を読んでいました。

Who Was Albert Einstein? (Who Was...?)Who Was Albert Einstein? (Who Was...?)
(2002/02/18)
Jess Brallier

商品詳細を見る


Who Was Abraham Lincoln? (Who Was...?)Who Was Abraham Lincoln? (Who Was...?)
(2008/11/20)
Janet Pascal

商品詳細を見る


すると、偶然にもイマイマさんの最近の記事で映画『ナイトミュージアム2』にこのお二人が出演されている(^m^)と知って、早速R太郎と鑑賞!

一作目の『ナイトミュージアム』は大のお気に入りで何度も観ているのですが、二作目は苺ママは観ておらず、R太郎も一度観ただけだったかな? イマイマさんの記事に書かれていたアメリア・エアハートについて聞いてみると「ああ!そうそう!出てるよ!(^^)」と。

最後の飛行で行方不明になったアメリカの女性飛行士アメリア・エアハート。彼女の名前を初めて聞いたはR太郎からだったのですが、ネタ元はもしかしてこの映画だったのかもしれません(^^)

なんとイマイマさんの息子さんが、学校で彼女の扮装をして本のプレゼンテーションされたそうで、その本も読んでみたくなりました♪ ポチッちゃお〜かな♪

Who Was Amelia Earhart? (Who Was...?)Who Was Amelia Earhart? (Who Was...?)
(2002/11/11)
Kate Boehm Jerome

商品詳細を見る



このシリーズ、人選がアメリカーン☆なので、あまり揃えると偏りそう、、、なんて不安も過るのですが、諸先輩方の評価がとても高いのと、難易度も今のR太郎には合っているので、ジワジワと我が家に増えております(^^)



余談ですが、、、、
この映画のヒロインとして抜擢されたアメリア・エアハートはさて置き、リンカーンとアインシュタインの登場はかな〜りのインパクトで笑えますよww