苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
【Week13】小学生の英語学習記録
朝30分早く起きて朝勉を始めました。といっても、英語ではなく日本語の勉強です(^^)

実はR太郎が自らママに教えてと頼んで来ました。先日学校公開で国語の授業を見学して思ったのですが、インターでの授業とは全く違うのでそこが戸惑っているんだろうなぁ。。。。

まず日本の学校での国語の授業で大切なのは文字(ひらがな、二学期からはカタカナ、漢字)の書き方。トメ、ハネ、バランスなどとても細かく指導されます。そして読解です。読解とは文章の中に線を引いて、これは何を指しているか、どういう意味か、主人公の気持ちなどを文中から探して答えるもの。

それに対してインターでの英語の授業は、文字(アルファベット:キンダーまでで習い終わっていますが)とスペリング。そして読解。ただ、こちらでいう読解とは、正解を探すと言うよりも、意見を書いたり、その根拠を示したり、それをお友達同志で意見交換したりというものでした。だから評価は付いても○×がつくことはありませんでした。

R太郎には後者の授業が合っていたし、それにより評価もされていたので随分自信がついていたんだと思います。日本の小学校に入学するにあたって、その勉強法のギャップについてインター小の先生からも心配の声が上がっていたのですが、やっぱり、、、、(^_^;)

でも、それも含めて日本の教育を受けさせて行きたいので、朝の短い時間ですが、暫くの間日本式の勉強にも慣れる手助けをしてあげようと思います。

まずはこの七田の漢字ドリル論理エンジンの2冊を使って話し合いながら取り組むことにしました。

どちらも日本式のドリルながらも、一般的なものよりもちょっとした面白みがあり、かといって難しくて悩むわけでもないので、これをネタに親子で話題を広げながら取り組み易いです。

R太郎の英語での成長を見る限り、日本の方式に慣れれば、あとはドリルに拘る事なく、多読で乗り切れるかな~なんて期待( ^^ 甘いかな、、、)

苺ママとしては日本式の国語教育には思う所もありますが、これも日本人の他者に共感するというアイデンティティを育てる為にも理解しておいて良いことだと考えています。何より、今の日本の学校教育ではこの方法が主流になるのですから、やらないわけにもいかないというのもありますが、、、(^^;;;)

そのかわり、英語では英語式の言語の勉強を続けますけどね♪
ふたつの方法を知っているという事自体、もしかしてすごく言語や物事の考え方の幅も広がるんじゃないか、、、
と、今はそういうことにしておきます(^^)



:::::::::::::::::::::::::::


【今週の取り組み Week13 / 6月5週】
メインテーマ:なし

■Speaking:
・オンライン・レッスン(×3)

■Reading:
First Children's Encyclopedia【Knights and castles】 (オンラインレッスンの課題)
ダンゴムシについて(オンラインレッスンの課題)

■Writing:
Scholastic Success With Writing, Grade 2

■Grammer/Vocabulary:
Scholastic Success With Grammar, Grade 2

■Books:
Phineas and Ferb #1: Speed Demons
Encyclopedia Brown Shows the Way


■DVD / YouTube etc.. :
Phineas & Ferb 2: Daze of Summer
・Brain POP Jr. 今週の無料動画【ch】
・DVD音声のかけ流し

■Activities / Field Trip
ダンゴムシの飼育&リサーチ

:::::::::::::::::::::::::::



2週間前のブログで今後のBrain POP Jr.のMovie of the Week(週代わり無料ムービー)の予定表ページを紹介しました。

それによると、今週は"ヘレンケラー"ということだったので、その前準備としてこの偉人図鑑でヘレンケラーをチェックしたり、自分が目や耳が不自由だったら、、、という話もしていたのですが、予定は変更されてしまったらしく今週は「ch」の読み方について(^^;;) まあ、ただで見せてもらっているので文句はいえませんね…

さて、Movie of the Weekでは、動画だけでなく、そのテーマに対するアクティビティにも無料でアクセスすることができます。

20130627.jpg

Brain POP Jr.の対象年齢はキンダー(年長)から小学3年生なので、絵を描いたり文章を書いたりと同じテーマでも様々なレベルで取り組む事ができるようになっています。

今週のテーマで我が家が取り組んだのは"write about it"。「"ch"を使って早口言葉を作り、友達にトライしてもらおう!」という問題でした。

そこでR太郎が作った早口言葉。かなりナンセンスで間違いも多々あると思いますが、よろしかったらお口の運動にチャレンジしてください(笑)

A teacher chewed chips and chanted on a chair
with the children who was playing chess and choked
and challenged climbing a chain
filled with cockroaches that led to a chamber
filled with chicks that ate peaches.


【Week12】小学生の英語学習記録
日本の小学校ではようやく一年生の授業らしくなってきたところですが、R太郎の通っていたインター小はもうすぐ夏休み。長い夏休みが終わり、秋に学校が始まればもう二年生。なんだか早〜い!

まだ学校のお友達との付き合いも続いているので、我が家の取り組みも出来るだけ二年生に向けてやってみようと思っています。

ただ、いつまで続く事やら、、、という心配も。

R太郎の場合、本を沢山読むからか、いまのところ読み書きについてはあまり苦労していません。まだ小学1、2年向けのネイティブ用のワークブックなので、英語力の低い苺ママでも見てあげられていますが、特に同学年の平均に劣っている気もしません。

リスニングに関しても、毎日DVDの鑑賞やかけ流しを楽しんでいるし、内容も全て聞き取れていると思います。

問題はスピーキング。
スピーキング力の些細な変化は定かではありませんが、最近なんとな〜くスピーキング力が落ちている気がしてなりませんっっ(´_`;)

お友達と話す時、英語での発話が減ったような? オンラインの先生と話す時、口ごもる事が多いような?

かと思うと、テンションが上がるとペラペラと弾丸トークにも変わるので、もしかして気のせいなのかもしれませんが、、、

どちらにしても、今まで一日何時間も英語だけの環境にいたのに、4月からは激減してしまったんですからスピーキング力が落ちて当然なんですよね。夏休みを機に、少しオンラインレッスンも増やし、スピーキング力を少しずつでも向上させて行ってあげたいと思っています。



:::::::::::::::::::::::::::


【今週の取り組み Week12 / 6月4週】
メインテーマ:Journey to the Center of the Earth

■Speaking:
・オンライン・レッスン(×3)

■Reading:
・小説"Journey to the Center of the Earth (簡易版)" (オンラインレッスンの課題)

■Writing:
Scholastic Success With Writing, Grade 2
・お話作り (オンラインレッスンの宿題)
・"Journey to the Centre of the Earth" のブックレポート (オンラインレッスンの宿題)
"Phineas & Ferb"のムービーレビュー (オンラインレッスンの宿題)

■Grammer/Vocabulary:
Scholastic Success With Grammar, Grade 2

■Books:
A to Z Mysteries Super Edition #5: The New Year Dragon Dilemma
The Magic School Bus Inside a Beehive
Dora's Favorite Fairy Tales
Little Bear
Little Bear's Visit
Harry and the Lady Next Door
Amelia Bedelia
Days with Frog and Toad
Dirt on My Shirt: Selected Poems
Elmo Says Achoo! (Sesame Street)

Dirt on My Shirt: Selected Poems (I Can Read Book 2)Dirt on My Shirt: Selected Poems (I Can Read Book 2)
(2009/09/22)
Jeff Foxworthy

商品詳細を見る
チャプターブックやノンフィクションも良いけど、ポエムにも触れてもらいたいので、欧米の小学校で評価の高い詩集を買ってみました。この年齢の目線で描かれた微笑ましい詩が16遍。音読するとリズムやライムがとっても心地よく、イラストもラブリー♡
我が家にあるのはI Can Read版で低学年向けに読み易い詩を選んで載せているようです。オリジナル版の中身はこちらからチェック出来ます♪おそらくこちらの方が多くの詩が収録されていると思います。


■DVD / YouTube etc.. :
・Brain POP Jr. 今週の無料動画(Summer)
Sid the Science Kid: Gizmos & Gadgets
Phineas & Ferb 2: Daze of Summer
・DVD音声のかけ流し

■Activities / Field Trip


【Week11】小学生の英語学習記録
我が家では、英語を言語として勉強するだけより、英語で様々な物事を学び、その過程で英語の能力を上げて行きたいと思っています。

そこで小学生になってからのおうち英語では、文法などの勉強の他に、一応のテーマを毎週決めて、それに関わる本や映像を中心に触れています。

テーマ決めには、アメリカの小学校のカリキュラムページや本を参考にすることもありますが、最近テーマを決めるのにとてもお世話になってるのが、Brain POP Jr.。我が家は会員ではありませんが、週一で入れ替わる無料ムービー(Movie of the Week)と、それに関するアクテイビティは毎週見ています。無料といえどこれもしっかり時期を意識したものが多いので、同じテーマを他の教材と関連させて広げるだけでも十分♪

Brain POP Jr.のイベントページでは、今後のMovie of the Weekの予定もチェック出来ます。

brain_pop_201306.jpg

Brain POP Jr.は実際アメリカの学校やホームスクーリングで使われているらしいので、スタンダードカルキュラムにもしっかりリンクしているように思います。




そんなわけで、今週の我が家のテーマは、"Movie of the Week"で取り上げられた"Simple Machines"。オンラインレッスンでも、DVDでも、レゴ作りでもこのテーマを意識しました。

こんな風にスタンダードカルキュラムを頭にいれ、毎週のメインテーマを設定することで、我が家の行き当たりばったりな取り組みがある程度偏らずに済むんじゃないのかな?(^^)



:::::::::::::::::::::::::::


【今週の取り組み Week11 / 6月3週】
メインテーマ:Simple Machines, Father's Day

■Speaking:
・オンライン・レッスン(×2)

■Reading:
・・First Children's Encyclopedia【Machines】 (オンラインレッスンの課題)

■Writing:
Scholastic Success With Writing, Grade 2
・お話作り (オンラインレッスンの宿題)

■Grammer/Vocabulary:
Scholastic Success With Grammar, Grade 2

■Books:
Sideways Stories from Wayside School
Cam Jansen: The Mystery of the U.F.O. #2
Mr. Mean
Mr. Mischief (Mr. Men Library)
Mr. Lazy (Mr. Men Library)

■DVD / YouTube etc.. :
Sid the Science Kid: Gizmos & Gadgets
・DVD音声のかけ流し

■Activities / Field Trip
Lego Crazy Action Contraptions

Lego Crazy Action ContraptionsLego Crazy Action Contraptions
(2008/09)
Doug Stillinger

商品詳細を見る

"Simple Machine"といえば、、、と久しぶりに出してみました。電池を使わずにレゴのパーツで動くオモチャが16種類も作れます。いかにも楽しそうな写真と作り方のブックレット、そしてレゴパーツがワンセットになった超おススメの1品!!!
なおぱぱさんちのなお君とR太郎をスカイプで遊ばせようという企画で、これを無言で作り続けたのが1年半前(その時の記事)。懐かしぃぃぃ〜(笑)
一時期のブームが過ぎすっかり忘れ去られていたので、久しぶりに作ってオンラインの先生にも自慢してました(^^)♪



【Week10】小学生の英語学習記録
R太郎のおうちピアノがフェイドアウトして1年半、再スタートで昨年末から通い始めたピアノ教室。この半年ほぼ話題にしませんでしたが、月3〜4回のペースで細々と続けています(^^)b

先日、教室でアットホームな雰囲気のコンサートが開かれました。R太郎の演奏レベルは、おうちピアノをやめた頃程度にようやく戻ったといったところですが、なかなか堂々と楽しそうで良い演奏でした♪

小学生になり、夕方までの空き時間はギッチリ校庭で過ごして帰ってくるR太郎。おうち英語だけでも大変なのでこれからも細〜々〜の取り組みになることは間違いないのだけれど、今回こそは長く続けて行きたいものです。


:::::::::::::::::::::::::::



【今週の取り組み Week10 / 6月2週】
メインテーマ:Story

■Speaking:
・オンライン・レッスン(×2)

■Reading:
・・First Children's Encyclopedia【Earth Structure, Ancient Egypt】 (オンラインレッスンの課題)
・ストーリー展開を投票で決める連載小説『The Grasses』

■Writing:
Scholastic Success With Writing, Grade 2
・お話作り (オンラインレッスンの宿題)

■Grammer/Vocabulary:
Scholastic Success With Grammar, Grade 2

■Books:
The Wimpy Kid Movie Diary (Dog Days Revised and Expanded Edition) (Diary of a Wimpy Kid)
Diary Of A Wimpy Kid
Sideways Stories from Wayside School

Sideways Stories from Wayside SchoolSideways Stories from Wayside School
(2004/12/28)
Louis Sachar

商品詳細を見る

この本は30話の短編集。なおぱぱさんが紹介されて買おうと思っていた本でしたが、なんと、R太郎が古本市の無料コーナーからもらって来た本の中に入っていました!表紙が旧版だったので全く気づかず、、これぞマジック!
設計ミスで30階建て(thirty stories high)になってしまった小学校の最上階の教室で繰り広げられる不思議で可笑しな30話(thirty stories)のお話(実は29話♪)。
R太郎曰く、この本はママと一緒に読むのが楽しいそうで、1話4ページで負担は軽めなものの、苺ママ、とぉ〜んとご無沙の洋書読み聞かせを頑張ってます(^^;;;;) 

■DVD / YouTube etc.. :
・DVD音声のかけ流し

■Activities / Field Trip
なし


:::::::::::::::::::::::::::



今週、オンラインレッスンの先生に宿題を出していただけないかお願いしたところ、「地球の中心までの冒険旅行」というテーマでお話を作るという宿題が出ました。

その際の注意点として、誰が何の為に冒険旅行をするのか、どんな機械を使って地球の中心まで行くのか、旅行中にヒーローかビーストなどを登場させること、そして科学的な事実を盛り込むこと(レッスン教材に使っているDK First Encyclopediaで“地球の構造”についてのページを読んだ後だったので)。

って!予想外にいきなり難易度が高い!(´Д`;)

いや、R太郎はお話作りは好きで、今までも気が向いた時に何作品かは書いたことがあるし、だから先生も宿題として出されたのでしょうが、、、。でもそれはあくまでも“気が向いた時に気が向いたテーマで”の時の話。

この壮大なテーマで次のレッスンまでにはムリ!とは思ったのですが、宿題はこちらからお願いした上、先生お手製のイラスト付き問題文と4ページ用紙がPDFで送られて来てやらざる得なくなりました、、、アハハ、、。

で、まずはR太郎に笑顔で「はい、書いてごらん!(^^)」と軽く出来るでしょ〜な態度で机の上にポンと置いてみました。もしかしてさっと書いてくれるかも♪と1%の期待を込めて♡

返事は「え!書けないよ、、、こんなの難しすぎるよ。」

で、ですよね〜(´д`ι)


そこで、以前よりいつかは!と読み込んでいた、アメリカの小学生のライティングについての本のことを思い出しました。

↓参考にした本
Time for Kids Ready, Set, Write! (Time for Kids Writer's Handbook)Time for Kids Ready, Set, Write! (Time for Kids Writer's Handbook)
(2006/05/23)
Editors of Time for Kids Magazine

商品詳細を見る

ブックレポートやエッセイの書き方について段階的に詳しく説明されています。ネイティブの小学校中学年向けのようで、子供達にもわかりやすい言葉使いですが、どちらかと言えば先生や親が読む内容かな? この本についてはまた改めて書く事もあると思いますが、まだまだ研究中〜。でもいいこといっぱい書いてあります♪

試したのは実際に書く前の準備段階でプランを練る為に作るトピックウェブ。いわゆるマインドマップです。主人公を真ん中にして、そこから枝分かれして5W's and H (Who, What, Where, When, Why, How)を一緒に紙の上に書いてみました。

この作業の途中で急にエンジンが掛かったR太郎。“Shipの絵を描く!”とイラストを完成させ、先程のトピックウェブを見ながらチェプター1を1ページ書き上げました!!!!わぁぉ〜!

20130607.jpg


もちろん、これを提出してオンラインレッスンもいつもの何倍も盛り上がりました。そして先生、“Chapter2もすごく楽しみにしているよ〜!”と♪

いや、ママも楽しみにしてるんだけどね、そんなにスラスラアイデアも出て来ないR太郎先生。さぁあ、Chapter2はどうやって書かせましょうか、、、