苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
伝記のつまみ読み(その2)
一年半前にこんな記事を書きました。『伝記のつまみ読み(その1)』。文の最後は「長くなったので、この本の中身はまた次回書こうと思います♪」と締めくくっていますが、、、、すみません、こういう約束を守らない苺ママです(><)

この時書いた『Who Was...?』シリーズはすっかりR太郎のお気に入りシリーズとなり、その人物が成し遂げた偉業だけでなく子供の頃のエピソードや失敗談などで親しみを持ち、本やワークブックに出て来るとよく話を披露してくれます。

そしてこの時「次回紹介する」と書いて放置していたこの本。

100 People Who Made History: Meet the People Who Shaped the Modern World100 People Who Made History: Meet the People Who Shaped the Modern World
(2012/01/30)
Ben Gilliland

商品詳細を見る


お正月の一期の会に持って行ったところ、みなさんの反応がとても良かった本でした。

中はこんな感じです。(クリックで拡大)↓

200140325c.jpg
200140325d.jpg


見開きに1人から数人の偉人が取り上げられていて、偉業やちょっとしたエピソード等が載っています。内容は伝記というほど詳しくはなく図鑑という位置づけになると思いますが、アリストテレスからマーク・ザッカーバーグまで幅広い歴史の立役者達が載っていることと、“顔のアップ+キャッチーなイラスト”の紙面デザインが子供の興味を誘います☆

R太郎もこの図鑑はお気に入りで、歴史上の人物が出て来るとまずはこの本を開いています。




ただ、この図鑑は“現代世界の歴史を形作った100人”となっていますが、基本的にアメリカやカナダの歴史に影響を与えた人物中心。同じ人物でも日本の歴史から見た紹介のされ方とは若干違うなと感じる部分もあります。

それはそれで多角的な視点で読めて良いとは思いますが、やはり今後は日本の歴史も知って欲しいなと思っていたところ、最近こんな本を手に取るようになりました。


学習漫画 日本の歴史 20巻+別巻3冊 全23巻セット学習漫画 日本の歴史 20巻+別巻3冊 全23巻セット
(2010/04/13)
岡村 道雄

商品詳細を見る


お馴染み、漫画で読む日本の歴史全集。小学生向けのこういった本には、他に小学館のシリーズも人気のようですが、我が家は集英社のこのシリーズをブックオフでチマチマと買い集めています(^^;;)

友人に質問を受けた事もあり、この記事を書く前に、集英社と小学館どちらが良いかと見比べたのですが、正直どちらもあまり違いを感じませんでした。どちらも史実に基づいたまんがと共に、遺跡や資料も載っていておおよその歴史の流れと人物像がわかり、親しみを持てるようになりそうです。

R太郎は今夢中で読んでいますが、鎌倉時代辺りで殺し合いが多くなり嫌気がさし、ナウマン象を分け合って食べていた縄文時代を懐かしんでいます〜(笑)




偉人伝や歴史漫画、伝える人の視点で大きく変わると思うし、どちらにしても正確な歴史が分かるとは思えないけれど、英語でも日本語でも、これから様々な視点で歴史の流れに親しめればなと思います。







オンラインにイイ感じ♪ノンフィクションワーク
オンラインレッスンでノンフィクションストーリーに取り組む時は、Time For KidsDOGOnewsなどの子供向けニュースサイトを使っています。

ただ、こういうサイトは読んで内容を把握し、質問に答えたり意見交換もできるものの、語彙がR太郎にはまだ少し難しく感じています。対象は小学校中学年以上なのかな。

そこで、これらのサイトで少し背伸びした語彙に触れつつも、他にレベルのピッタリあったノンフィクション記事で、R太郎が楽しく取り組んでくれそうなものを探していました。

で、見つけたのがこれ♪


Nonfiction Passages With Graphic Organizers for Independent Practice: Grades 2-4Nonfiction Passages With Graphic Organizers for Independent Practice: Grades 2-4
(2005/12)
Alice Boyton、Wiley Blevins 他

商品詳細を見る


上のリンクはアマゾンの商品ページに飛びますが私が実際買ったのはここ。1ドルワークブックセールで有名になりつつあるスカラスティック社の教師向けサイト。1ドルセール以外にもちょくちょくセールをしているようでPDF版を3ドルセールで買いました。(1ドルセールのラインアップにあったかどうかは不明。)FaceBookやTwitterでフォローしておくとセール情報が届くのでおススメです♪


さて中身はこんな感じ。(スカラスティック社のサイトからも全ページ確認出来ます)

20140308a.jpg20140308b.jpg
20140308c.jpg20140308d.jpg

上の写真のユニットは、『ハリーポッター』や『101』に出演した動物達のトレーナーさんへのインタビュー記事です。

1ユニットで4ページ。最初の2ページは写真付きの記事。3ページ目で記事の読解。4ページ目は記事や他の資料をまとめたり、自分の考えを書くというのが基本構成です。

対象年齢(Grade2-4)、ページ数、社会と理科のバランスがとれたテーマ、写真を多く使った楽しげな雰囲気の紙面構成が、25分間のオンラインレッスンで興味を持って取り組んでくれるのにちょうどイイ感じ。

我が家では最後のページは宿題にしているので、余った時間はそのテーマについて先生がネット検索しながら話し合うぐらいの余裕があります。この話が盛り上がると宿題も俄然やる気に☆

文を読んでの読解だけでなく、記事中やネットや図鑑の資料を参考に表を埋め、更に自分の意見も書くというスタイルも、今後ノンフィクションの文章を読む上で身につけるべき学習方法の基礎にもなると思うので気に入っています。

イラストばかりのノンフィクション・ワークブックへの興味がイマイチなR太郎のようなお子さんにもおすすめのワークです♪