苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
我が家のオンラインレッスン
R太郎がオンラインレッスンを始めたのは小学校入学直前。もう1年以上が経ちました。

1週間の受講時間も、最初は週2コマ(計50分)のみでしたが、毎日受けることが出来るDMM英会話に移ってからは平均して週5コマ(計2時間5分)受けるようになりました。

勉強に、遊びに、また他の習い事にも忙しい小学生。無理なく毎日英語を続けるには、我が家としてはこんなところで精一杯です。去年は取り組んでいたワークブックも、オンラインで使用する以外のものは夏休み用に見送り〜

それでも、4技能の向上の他にサイエンスやニュース記事にも徐々に慣れさせたいし、ディスカッションや調べ学習なんかも取り入れたい、だけど勉強ばかりじゃなくてフリートークもないとな…と欲張り母さん(笑)
この時間をフルに活用するにはどうすれば良いかと試行錯誤してきました。

そこで、親子英語仲間でもオンラインでどんな事をやっているかという話題がよく出るので、現状把握の為にも今回は今月の我が家の場合を書き出してみることにしました。




まずは、1コマずつの内容。

1週間にライティング1回、ノンフィクションワーク1回、ニュース記事のリーディング&ディスカッション1回をそれぞれ決まった先生で押さえ、その他はフリートークでR太郎のお気に入り講師の中から予約出来る方を入れています。ニュース記事については、どの先生も時間が余ればいつでも取り組めるように準備してあります。

我が家の受講可能時間帯は夜6時半から7時半。そこに講師の開講時間を照らし合わせると、選択肢は多くないけれど、まあバランスよく取れているんじゃないかな♪




次に、使用している教材です。今まで紹介したものばかりですが、オンラインレッスンでの使い方という視点でまとめてみました。

::::::::


■ライティング…

Spectrum Writing, Grade 3Spectrum Writing, Grade 3
(2006/12/25)
Frank Schaffer Publications

商品詳細を見る

Grade2も使用したこのシリーズ。ライティング(作文)の書き方を基本からしっかり教えてくれます。今月からGrade3を開始。Grade2後半辺りからは、文法やスペルの間違いだけではなく、より良い作文の指導になるのでネイティブの講師に教えていただいています。
このワーク自体1レッスンとして2〜3ページに分けてあるので、その区切りで予め取り組み、それをPDF化して講師に送り、答え合わせのような感じでオンラインレッスンを受けます。
1レッスンで10行ちょっとの作文を毎回書いています。

::::::::


■ノンフィクションワーク…

Nonfiction Passages With Graphic Organizers for Independent Practice: Grades 2-4Nonfiction Passages With Graphic Organizers for Independent Practice: Grades 2-4
(2005/12)
Alice Boyton、Wiley Blevins 他

商品詳細を見る

この記事でも紹介したノンフィクションワーク。テーマが年齢にピッタリで、読解の選択問題だけではなく、記事を表にまとめたり分析する問題がついているのがお気に入りです。ただ、講師からはもっと語彙や読解問題のレベルを上げた方が良いのではと言われているので他も検討中。


::::::::


■ニュース…
オンラインレッスンで使用している子ども向けニュースサイトです。数多くのニュースサイトの中から、この3サイトは取り上げられる記事が面白く、1つの記事の長さがレッスン1コマ分で扱う分量として程好く、更新が頻繁なサイトです。
親子でこの3サイトをよく巡回し、面白そうな記事があれば随時ブックマークしておきます。

TFK.jpg
『TIME for KIDS』
さすが『TIME』誌の子ども版。アメリカ国内外のニュースの他に、サイエンス、ヘルス、エンターテイメントなど幅広い分野のニュース記事が掲載されています。キッズレポーターのインタビュー記事はレッスンで使った事はありませんが、講師と役を決めて読み合わせても良さそうです。


DOGO.jpg
『DOGO News』
このサイトの一番のお気に入りは、記事の最後に読解問題と、「Critical Thinking Challenge」という、記事に対する自分の意見を問う問題がついているところ。講師によってはありがちな、“ニュース記事を読ませて、語彙説明で終わり〜”というレッスンにはなりません。
また、記事中の難しい単語には色がついていて、クリックで辞書が出て来るので自習でも使えそうです!


schola.jpg
『Scholastic News for Your Classroom』
Scholastic社サイト内のニュースコーナーです。デイリーニュースや、同社が発行している子ども向け雑誌からピックアップした記事が載っています。“for Your Classroom”というだけに、授業でもディスカッションに使えそうな記事選択になっているように感じます。

::::::::


■フリートーク…

暫く気になっていたスピーキング力の低下(関連記事)
オンラインレッスンをほぼ毎日続けて来たからか、それとも知力の成長に語彙力が追いついて来たのか、いつの間にか“Amm...”という回数が減り、また以前のようにスラスラと話すようになりました。

フリートークレッスンでは、英語レッスン的に良いのかわかりませんが、説明が難しくて困った時はすぐにwikiやGoogleで調べてリンクを送りその補足で説明を付け加える、という技も身につけました(^^)

今は、あと20日に迫ったサッカーワールドカップに向けて、サッカー話で最高に盛り上がれる講師を、色々な出身国からピックアップ中。


::::::::


最後に…

我が家の場合、よく他の方のブログで見かける、“講師にどう指導して欲しいかを細かくメッセージで伝える”ということは、全くしていません(正確に言えばママの英語力が低くて出来ません!)。

なので、指導してもらいたい方向性が徐々に見えて来た今、苺ママが出来る事と言えば、その方向性に合った教材探しと、その学習をサポートしてくれる講師探しなんだと思います。

我が家にとってはオンラインレッスン様様!
これからも様々なアプローチで試行錯誤しながら活用して行きたいと思っています。






一期の会 in 代々木公園☆
長期休暇恒例のなおぱぱさん&なお君をお迎えしての“一期の会in Tokyo”。

今回は緑の中が気持ちよい代々木公園で開催してみました。
とはいえゴールデンウィーク真っただ中、代々木公園はいつになく混んでいて広い公園ながら隣のシートが近いこと(^^;;)

でもこの公園の良いのは、外国人グループがとても多いので子ども達が英語を話していても奇異な目で見られないこと。暫くシャボン玉やボール遊びなどで遊んでいた子ども達も、気がつけば周りの学生さんグループと英語で会話し始め、その内それぞれ二つの違うグループにすっかり紛れ込んで遊び始めました。

女の子はカラーアフロのカツラで鬼ごっこするグループと、新1年生の男の子達グループ、他の男の子達はまた違うグループとサッカーや野球。R太郎達が遊んでもらっていたグループはみんなギターを持っていて、8歳になったばっかりのなお君やR太郎にBirthday Songを大合唱してくれて二人は嬉しそう♪

さて、こんな開放的な場所で日本人の学生さん達と遊んでいて、英語で遊ぶ会としてはどうだったのか。
学生さんとは日本語、子供同士は英語だったようです!

これは面白いなと思うのだけど、英語で遊ぶ会を始めた頃は、大人が日本語を話せば子供同士も日本語に流れてしまっていました。でも、どうやらこの会では子供同士は英語で遊び、それ以外の人とは同じ場であっても日本語で話すという認識が子ども達の中にしっかりとなされて来たのかなと思います。それでもまだ、子供の中の誰かが日本語を話し始めると、日本語に流れるという不安も残っていますが。

夕方まですっかり学生さんにお世話になってしまった子ども達(長時間、本当にありがとうございました!!)。泥んこになりながら輝く笑顔で帰宅しました。

::::::::::::::::::::


帰りにリツコさん&リコちゃんと20%オフセール中のブックオフに寄り道〜 (ウルトラセールは5月6日まで)

児童洋書が沢山あるのを見て子ども達二人は「Wow〜!!!!!」と大興奮。以前ママが薦めて反応が薄かった本も、友達のおススメなら興味津々のようで、お互いが英語で本を次々と薦め合っているのを見て、こんなに楽しそうに英語で遊んで学べるお友達がいるっていうのは素敵だなと思った一日でした!




連休前半はYA & Frozen(動画リスト付)
またまた更新がしばらく振りなので最近の活動報告を(笑)

まずは8歳になりました。
物の考え方がしっかりしてきたなと感じるのと同時に、幼児の頃の幼さも残っていてまだまだ可愛いんですね。
手をつないで歩いていても偶然友達に会うとさっと手を離す。で、友達が見えなくなったのを確認してまた手をつなぐ。もうすぐ親離れの時期なのかもと思うとちょっぴり寂しいママです〜


ところで連休前半、まずはヤングアメリカンズに参加しました。

YAは今年の1月の春ツアーに参加してから2度目。今回は夏ツアーでしたが、プログラムは春ツアーと共通している曲やダンスも多く、自信がついて来たのか今回は前回よりも少〜し前列に出て来た感じ(顔が見られる程度、ホントに少しだけ^^;;)。

前回同様、親の目からはダンスが一歩遅れているのが気になるものの、本人は大興奮で
「R太郎のダンスはどうだった!!!???」なんて言いながらは歌い踊っているので、また来年も参加させたいと思っています!

***


それから、お友達5組で『Frozen(アナと雪の女王)』のシング・アロング上映版を観に行って来ました。
これは普通の上映とは違い、歌の部分には歌詞が出て来て一緒に歌えるというもの。GW期間限定のイベントですが、日本語吹き替え版と字幕版(英語音声)を公開中。

実はこのイベントのお誘いを頂いた時は、春休みに旅行中の機内で既に一度観ていたのと女の子向けの映画だということもあり、R太郎は興味がないかなと思ったものの、試しに聞いてみると「それはもちろん行きたいでしょう!!!」と(笑)

で、そこからYouTubeで歌詞のついた動画を集めて猛練習!
せっかく集めたので、参考までにブックマークを載せておきますね。


【Frozen歌詞付き劇中歌動画/ストーリー登場順】

★Heart
→オープニングの歌

★Do You Want To Build A Snowman?
→歌うアナが徐々に成長します

★For The First Time In Forever
→エルサ戴冠式

★Love is an Open Door
→アナとハンス王子のデュエット

★Reindeers Are Better Than People
→クリストフの一人芝居(笑)

★Let It Go
→エルサが歌う大ヒット中の主題歌

★In Summer
→雪だるまのオラフのソロ

★Fixer Upper
→森のトロールたちの歌




ちなみに一緒に観に行ったお友達は、アメリカの輸入DVDを何度も観ているそう。日本版DVDはまだ発売されていないけど、アメリカでは去年公開されて大ブレーク、既にDVDも発売され、日本でもアマゾン経由で手に入ります。(もちろん英語、リージョンフリーのプレイヤーが必要です。)

Frozen [DVD] [Import]Frozen [DVD] [Import]
()
不明

商品詳細を見る



肝心のイベントはというと、英語上映ということもあり大人が多く、案外劇場は静かでした(^^;;) 日本語吹き替え版の上映は子供達の大合唱だったりするのかな?
でもその中でお友達の女の子達は手振り&台詞付きでとってもいきいきと歌っていました♪
R太郎は、そんな彼女達を横目に正面を向いてまじめな顔で歌っているのが対照的で笑えました〜



そんなこんなのゴールデンウィーク前半。
後半は恒例のオフ会もあったりで、親離れ前のラストスパート!? 親子で英語イベントを満喫する予定です!!!