苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
夏休みの家庭学習
ブログ投稿が1ヶ月滞ったおかげで、とうとうまたトップページにデカデカと広告が出てしまったので近況報告でも、、、とはいえ、英語に関しては一ヶ月前とほとんど状況は変わっていませんっっ

強いて言えば、通っていたインター小が夏休みに入ったので、我が家としても気分はGrade2終了、夏休みはGrade3進級に向けての準備を始動しようということ。具体的にはあまり考えていないのが正直な所ですが、また夏休みに報告できたらと。

さて、報告ついでに英語以外のお勉強のこと。これも一年生の時は色々とドリルを買ってさせていましたが、二年生からは七田小学生プリント(国語・算数)を毎日2ページずつやるだけで落ち着いています。

実はR太郎が2、3歳の時、七田の英語教材『パルキッズ・プリスクーラー』のDVDをお友達から借りて見せたのだけど、フラッシュカードへ向けるR太郎の眼差しに強い違和感を感じ、それからは遠ざかっていた七田系。

でも、この小学生プリントの特に国語は、これでもかと言うほど漢字と作文に偏った内容で、作文に関しては英語で取り組んでいるアメリカのライティング教材にも近い気がします。論理的なライティングにしっかり取り組みたい我が家の方針にピッタリです。2ページ程の音読を毎日20回!というさすがに七田らしいエキセントリックな部分もありますが、そこはスルーで〜(^^;;)

読解問題はほとんどありませんが、それは学校でやっているし、今はまだ英語でも日本語でも出来るだけ自由な感性で読んで欲しいので、寧ろない方がありがたい。ただ、作文が多いだけにさらっと短時間では終わらないことが多いのが悩み。それでも1学年が10ヶ月分のボリュームなので、ちょいちょい時間内に終わらなくても、まだ進度が維持出来ていますが…。

学校に対する家庭学習は宿題とこのドリルだけ。夏休みも去年同様、サマースクールやサマーキャンプ、その他イベントに忙しく、宿題を終わらせるだけで手一杯かも、、、と七田以外のプラスαは何も用意していません。

実は去年の自由研究ではささやかながら賞をもらったということもあり、今年も自由研究はヤル気満々♪(←既に取り組んでます) これをまとめるにも時間がかかりそう…

ルーティンワークには大きな負担をかけず、R太郎主導の夏休みにしかできない学びができればいいな〜というのが今年のママの夏休み家庭学習計画です。