苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
最近のライティング・レッスン
オンラインレッスンで新しいライティングの先生を見つけました!

5月から取り組んでいたこのワーク。

Spectrum Writing, Grade 3Spectrum Writing, Grade 3
(2006/12/25)
Frank Schaffer Publications

商品詳細を見る


アメリカ式作文のイロハを学習するのに良い教材だと思い、ネイティブの先生にお願いしていたのですが、予約合戦で負け続け、いい加減疲れて来たので他の先生も探すことにしました(^^;;;)

白羽の矢を立てたのはノンネイティブの先生。まだ入ったばかりだから?レギュラーの人気先生の予約が奇跡的に取れても1日1コマなのに対し、この先生なら好きな時間に2コマ(50分)取り放題〜!

R太郎との盛り上がらないフリートークレッスンを聞いていて、それでもこの先生のクリアな発音と簡潔で論理的な話し方にピンと来た苺ママ、R太郎が嫌がるのを「ま、もう一度だけ、騙されたと思ってライティングを見てもらってよ♪」と説得しました(^^)

結果は、、、、思った通りの充実したレッスン!

ワークブックの学習ポイントもおさえてきっちり指導した後に、「君はこれをFunny Storyとして書いたけど、同じ設定&同じ内容で表現を変えてScary Storyにしてみて。」なんていう応用問題を出してくれる辺りはR太郎のツボ☆
こうなると、フリートーク的な部分も盛り上がるから不思議です。。。
R太郎もレッスン終了後に大満足で、「この先生ならワークブックも楽しく取り組めるよ!」と。あはは、この先生の2度目のレッスンをあんなに嫌がっていたのに!!

ママは英語は得意ではなくR太郎に直接教える事はできないけど、こういう先生を選ぶ嗅覚は鋭いじゃないかと思います♪ これを武器に、これからもサポートしていきますよ〜(≧∇≦)

::::::::::::::::


それからオンラインレッスンでちょっとした変化が。

レッスン中に先生に直された表現やポイントなどを、自分でチャットボックスにメモるようになりました。先生もよく書き込んでくれてはいるのですが、自分でも先生の話を聞きながらキーボードにガンガン打ち込んでます。

ただ、以前ちょっと練習した両手でブラインドタッチはすっかり忘れてしまったのか、気がつけばかなりのスピードで“指1本で”カチャカチャと…(´Д`;)
またタイピング練習でもさせてみようかな…



英検、受けます!
とうとうR太郎が英検を受けることになりました。


本番は受けたくないのに過去問をやるのは大好き。うっかり記事にはしていませんでしたが、この夏休み中にも2級の過去問にチャレンジしました。

今回は珍しく始める前に、「60%で合格なら、もし70%以上取れたら本番も受けてみようかな〜」と呟いていたR太郎。結果は、リスニング問題も入れて80%近くの正解率でした。

以前から書いていますが、今までの我が家の方針として、英検受験については小学校高学年か中学生になってからでも良いかなと思っていました。

理由は、合格証を持っていたところで使う機会がないことと、合格する事で自信をつけるよりも、実力をつけて欲しいと思っていたから。それから、少し前は2級で扱われる語彙や長文はとてもとてもR太郎の知識レベルではカバーできないと思っていたからでした。

でも、最近ではオンラインレッスンで子ども向けニュースを読んでいることもあり、まあ大まかには理解できると思えるようになったのと、英語スクール等の資料を見ると英検の級が書かれていることもあるので、やはり今後のために持っていた方が良いのかなとも考えるようになりました。(実際、スクールに入る時はプレイスメントテストがあるので、実力があれば必要ないとは思いますが。)

サッカーもやっているので、学年が上がると土日は試合で思うように抜けれないよ〜とも聞いたのが、時間のある内に受けさせちゃおうかと思った理由でもあり。


そんなわけで、本人の気が変わらない内に申し込んじゃいました!(≧∇≦)

体調を崩したりマークシートのミスがなければ合格の可能性は大いにあると思うのですが…どうでしょう?

受験は来月中旬です!