苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
そろそろサンタは終了かも…
クリスマスが終わり、いよいよ今年もあと3日になりましたね。

今年、R太郎はサンタさんの存在を疑い始め、クリスマス前から「ねえ、サンタさんって本当はパパとママなんじゃないの?」と、しきりに訊いてきていました。なので、サンタからのネットビデオレターなんて、幼児の頃喜んでた夢のあるサービスはNG!

更に、クリスマスイヴには、うっかりDVDで『The Polar Express』を一緒に観てしまい気まずい雰囲気に…。この映画、冒頭で主人公がサンタの存在を疑うんですよね。まあ、「疑っていたのに、実際はサンタの存在を確信する」という内容なのだけど。

その割には、その夜はサンタさんへクッキーとミルクを用意して、クリスマスの朝はツリーの下に置かれたプレゼントに目を輝かせ、サンタさんに感謝していましたが。

で、極め付けに、こう言うんです。

「ママ、R太郎はサンタはいないと思うよ。サンタやエルフはみんなの心の中のイメージで、サンタは本当はその町その町の人間が、おもちゃを作らずにお店で買って、家の中に入ってくるんだと思うね。」と。

いやぁ、それ、中途半端な予想だな、、、何が言いたいのかな???
その「町の人」は「パパ&ママ」というトドメは刺されなかったものの、来年はかなりキツそう!親も子も知らない振りをして高学年までサンタからのプレゼントを渡しているなんていうのも聞きますがねー



さて、そのギリギリ信じた(であろう^^;;)サンタさんからのプレゼントは、本人の希望通り、英語とは無縁の妖怪メダルでしたが、それだけだと寂しいので、パパママからもこのゲームをプレゼントしました。


ラベンスバーガー スコットランドヤード東京 266357ラベンスバーガー スコットランドヤード東京 266357
(2014/06/28)
カワダ

商品詳細を見る



昔から人気のあるボードゲーム『Scotland Yard』の東京版。

本家は、ロンドン市内を逃げ回る怪盗Mr.Xを、ロンドン警察が追うゲームですが、今回プレゼントしたこのゲームは東京都内が舞台。東京駅、皇居、新宿・渋谷・六本木、上野・浅草、スカイツリー、東京タワー、レインボーブリッジ、、、馴染みの場所に潜伏するMr.Xの居場所を推理しながらのゲームは、ミステリー好きのR太郎にピッタリ☆

しかも、このゲームは説明書は日本語なのですが、ゲーム盤面に書かれた地名などは英語&日本語併記。「日本の友達とも、外国の友達ともできるじゃん!」と大喜びです。

実際やってみると、Mr.X役も刑事役も、相手の先の動きを推測しながら進むあたりがチェスのようでもあり、かなり頭を使い面白いゲームです。対象年齢も8歳からで、ちょうど良い感じ♪


長期休暇でもないと、ゆっくりボードゲーム、、という時間もなかなか取れないので、この冬休みは思う存分つき合ってあげられるかな?




『BIG HERO 6』を観てきました( ●―● )
急な思いつきで、週末、R太郎と『BIG HERO 6(邦題:ベイマックス)』を観に行って来ました。

劇場公開翌日で、既にほぼ満席。それでも観たい!と言うので、R太郎とはバラバラに離れた席で観ることになってしまいました。

でも、R太郎の隣にはノリの良い外国人が座っていたのもあって、楽しく鑑賞出来た様子。最後に席を立つ時には、そのお隣さんから差し出されたグーの手に、思わずグーを出したということ。劇中、主人公ヒロとベイマックスがする手と手の挨拶(ハイタッチのグー版の様なもの)をしたそうです (っ´∀`)っ


我が家は、結構映画館で映画を観ています。
日本映画は、R太郎が2歳半の時の『崖の上のポニョ』。そして、初めて英語で『WALL-E』の字幕版を観に行ったのがその3ヶ月後。今考えれば、かなりリスキーな年齢だったな(汗)

周りの人に迷惑さえかけなければ、映画館で映画を観るのはやっぱりいい!音や映像の迫力はもちろんだけど、多くの人と、笑って泣いてひとつの作品を観るのは楽しいです。

去年、英語仲間とみんなで行った『Frozen(アナと雪の女王)』の英語シングアロングも良かったなぁ(その時の記事)
『Let It Go』を振り付きで歌う女子チームも、正面を向いて歌っていた男子チームの姿も本~当にいい想い出♪

今回観た『BIG HERO 6』は、いかにも男の子向けディズニー映画☆という内容で、お友達と行っても家族と行っても盛り上がれそうな、そんな映画館鑑賞がおすすめの映画でした。


さあ、冬休みはあと1本。ばぁばと一緒に『妖怪ウォッチ』映画を観に行く予定。またまたこちらも劇場内の異様な空気…妖気で盛り上がりそうですね~ (っ´∀`)っ ぷぷぷ

いまのままで?
ありのままで、じゃありません(^^;;)

毎日のオンラインレッスンと読書、時々のDVD鑑賞だけで、ただただ淡々と英語を続けている毎日。

対面でのスクールには通っていないので、来年以降スクールの可能性も考えて色々調べてはいるものの、習い事の時間を増やしてまで通いたいとは思えず、もう少し困ったら考えよう…と堂々巡り。

ブログの先輩方が口を揃えておっしゃるには、小学3年からは英語の優先度が低くなると。確かに小学生になって英語以外の時間が増えたものの、今までは学校の勉強自体は短時間復習すれば十分だったのですが、来年3年生になると、習い事を増やす時間はないかも。

我が家は中学受験は考えていませんが、受験をするお子さんがとても多い地域に住んでいるので、受験組との学力のギャップが大きくなっても困るなと思っています。なので、来年からは自宅学習もしっかりやって欲しいし。

今、オンラインレッスンは、とてもうまく機能していると思います。ボキャブラリーやライティングに関しては、ママでは付き合えないネイティブのワークブックに取り組めているし、ニュース記事のレッスンでは、幅広いジャンルの記事に触れて、ちゃんと自分の意見を話すことが出来るようになっています。スピーチも専門的な指導はされていませんが、TEDなどに影響を受けた動画の原稿を先生方にチェックしてもらえたし。

あとスクールに入る目的って何なのかな。
宿題など強制的にさせる環境と、カルキュラムと、同世代との関わり?

R太郎はオンラインレッスンは好きで、レッスンが始まればしっかりと取り組むので環境の方は良いとしても、今何をすべきかのカリキュラムがある安心感と、同世代との定期的な関わりは魅力的♪
でも、それに帰国子女レベルの月謝と時間を割くのは、、、、やっぱり悩んでしまいます。

こう書いてみると、自分の中では“今のままで”という答えが出てるみたいですね…

本当にこのまま今のペースで続けていれば、ゆっくりでもいつの間にか力がついて行くのかな。いや、英語力自体はもうそれほど向上しなくても良いのかもしれないし。そういう意味でも“今のままで”(^^;;)

う〜〜〜〜〜ん、悩ましいです!