苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
なかなか進まないけど続けているワーク
しばらくオンラインの先生不在で取り組めていなかったライティングとボキャブラリーのワークですが、ぼちぼち復活しています。

どちらの場合も、ある程度アカデミックな英語の知識を持った先生でないと、表面的にさら〜と終わってしまうので、フリートークが楽しいだけの先生ではダメ。気に入った先生も、こちらの都合の合う時間にあまりレッスンをオープンしていないので、なかなか進みません(^^;;;)

まずはこのライティングワークブック。


Spectrum Writing, Grade 3Spectrum Writing, Grade 3
(2014/08/15)
Spectrum

商品詳細を見る

週1度以下の頻度の先生と2〜3ページの進度は遅いとは言えど、昨年5月から取り組みで3/4は終えているので、夏前には終わるでしょう。英語ブログと並行して書いていれば力は自ずとつく、、、かな。


********


そして、ボキャブラリーは、この記事『ボキャブラリー・ワークブックを追加』で書いたワークが終わりました。

240 Vocabulary Words Kids Need to Know: Grade 3: 24 Ready-to-reproduce Packets That Make Vocabulary Building Fun & Effective240 Vocabulary Words Kids Need to Know: Grade 3: 24 Ready-to-reproduce Packets That Make Vocabulary Building Fun & Effective
(2012/05)
Linda Ward Beech

商品詳細を見る


類義語や同音異義語、ライミングワードなど文法的な関連から1単元10個の単語を習う形式。1単元3ページなので、オンラインレッスン1回分で1単元を終わらせることができました。脱線しない程度にパズルやクイズも入っていて楽しめたようです。

年齢相当の単語の中からピックアップされた単語で、文法を学んでいる印象。日本語に置き換えると、“病気”の類義語として“病い”、“柿(かき)”の同音異義語で“牡蠣(かき)”を学ぶ感じでした。



そして次は、上のワークを選ぶ時に迷ったこちらに取り組んでいます。

Wordly Wise 3000: Book 3 : Systematic Academic Vocabulary DevelopmentWordly Wise 3000: Book 3 : Systematic Academic Vocabulary Development
(2012/08)
Kenneth Hodkinson、Sandra Adams 他

商品詳細を見る


1単元10個の単語をまとめて学習するというのは『240 Vocabulary Words Kids Need to Know』と同じですが、公式サイトを覗いてもわかる通り、実際の小学校の教科に取り組むのに必要な類の単語が揃っているようです。

最初、我が家でこのワークを選ばなかった決め手は、「解答が別売りで、ママが丸付けする自信がない」という、何とも情けない理由だったのですが、『240 Vocabulary 〜』の方でもママはノータッチで、オンラインの先生に解答を添付せずにスムーズに教えてもらえたので、『Wordly Wise』でもできる自信がつきました♪

ただ、1単元(10単語)が12ページ近くもあるんです。オンラインレッスンで取り組むと、どんなに急いでも2コマは必要。間に合わず途中で終了しても、同じ先生のレッスンがなかなか取れない、、、という、オンラインならではのもどかしい状況に陥ることも…(^^;;)

まあ、いつも書くことだけど、『焦らず継続あるのみ!』です…ね。




ひっそりブログ始めました(´∀`)
冬休み、オンラインレッスンをいつも以上にできるかな~と期待していたのですが、クリスマス&年末年始のホリデーでお休みする先生方も多く、寧ろ普段より少なめ。しかも、そのままフェイドアウトでスクールを辞めてしまった先生も何人かいて、また先生探しをする羽目になりました(泣)

こんな時の為に、常にお気に入りの先生を5人ぐらいで回しているのですが、今回はライティングやボキャブラリーのワークブックをお願いしていた先生方が辞めてしまったのでワークブックが完全にストップ!

ワークの進度にはそれほど拘ってはいないので、ゆっくり良い先生を見つけて取り組めば良いのですが、せっかく文章を書く習慣がついていたのになぁ、、、と、ションボリしていたところへ、お友達がブログを始めたのをきっかけに、R太郎も作る!と言い出しました。で、英語で書くなら、って条件でOK☆

まあ最初は、そんなに長く続かないだろうと思っていたのですが、予想外にコンスタントに投稿しています。(←まだ始めて数週間)

ブログは、英語のライティングの勉強になるばかりでなく、自分の体験やその時考えたことも残しておけるし、普通の日記とは違い「人に読んでもらえる」喜びや緊張感があって、いい感じで続けるモチベーションになっています。

本人なりに文章の書き方も工夫して、どう表現して良いかわからない言葉や曖昧な知識は、オンライン辞書やWikiを調べながら書いていることもあるので、すごく良い勉強になっていると思います!

ただ、例え匿名でも、不特定多数の人に公開するには多くのリスクがあることを、長年自分で書いていてよ~くわかっているので、基本的に知り合いのみの公開で(^o^)


できれば細く長くでも続けてくれれば良いんだけどな〜♪♪♪