苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
夏休み終了!
R太郎の夏休みが終わりました~

今年の夏休みは、サマーキャンプやサマースクールへは参加せず、東北一周のバックパッカー旅行に始まり、旅行やワークショップ、映画「ミニオンズ」を観に行ったりなど、すごく親子密度の濃い夏休みでした。

1年生の時はヒーヒー言っていた宿題は、2年生、3年生とどんどん少なくなってきて、今年はドリルなんて国算で数ページ、あとは毎日1行日記と絵日記3枚。それから自由研究。

聞いたところによると、受験組の塾の勉強が考慮され、学年が上がるごとに少なくなるとか。受験組が学校の宿題を代行業者に頼む、なんていう話もあるくらいなので、夏休みの宿題は“やらなければならない量”ではなくて、各家庭で調整できる量にしているのでしょうかね。でも、それだと親の管理が前提になってしまいますが…

我が家は受験組ではないので、宿題以外の教科の勉強はあまりしなかったのですが、自由研究だけは毎年力を入れていて、今年も夏休みギリギリまで頑張っていました。R太郎は真面目な研究者タイプではないので、プププと笑える写真や感想、クイズ満載のR太郎臭プンプンの楽しい作品になりました(笑)

英語の方は、基本いつものオンラインレッスンのみ。あとはオンリーイングリッシュの無料ワークショップや、外国からの観光客の方々との交流なんてのがちらほら。低学年の頃は、もしかして英語が消えちゃうかもという心配もあったけど、最近はこのくらいの感じで続けていけば十分かなと思えるようになりました♪

当然、ネイティブやインターに進んだお友達とは英語力の差はどんどん開いてきていると思うけど、興味のある情報を英語でも得られて、自分の考えをオンラインの先生に英語で表現できれば、今はそれで良いと思っています!

さあ、夏休み終了後は、いよいよGrade4(インターでのR太郎の学年)の始まりです。ワークブックもGrade4中心に取り組んで行こうと思います。新しい学年のスタートはちょっと楽しみです



↓夏休み中、紀伊国屋で立ち読みしたことからハマったシリーズ。戦争や災害などに遭った人(ほとんどが10歳前後の男の子)のストーリーを描いたフィクション。中にいる人の気持ちがよくわかる!とシリーズ全部欲しいそうなので、少しずつ買おうと思います♪