苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
3年生で使っているワークブック
年も変わり、そろそろ3年生の終わりも見えてきたので、3年生で使ったワークブックのことをまとめておこうと思います。

オンラインレッスンで週1~2回程度の取り組みなので数は少ないのですが、どこかに書いておかないと忘れてしまいそうです


【終了したワークブック】




Spectrum Writing, Grade 3


(取り組み期間 2014.5~2015.7)
2年生の5月に始めたライティング・ワークブック。
作文のポイントが基本からしっかり身につきそうな教材ですが、オンラインレッスンで取り組むには先生の力量が物をいいます。取り組み途中でライティング教育に長けたアメリカ人の先生が辞めてしまい一時中断。暫く良い先生が見つからず、ようやく出会ったセルビア人の先生にお願いして1年以上かかって終わりました。
このワークブックの後半からは、ひとつの作文を、アイデア出し→下書き→修正→校正→本番という流れで何度も書き直す作業が入ってきます。ただ単に書きっぱなしではなく、こういう作業は大切だとは思うのですが、R太郎はそこが嫌でこのワークを倦厭するようになってきたので、仕方なく「修正」段階まで書けば良しとしました。
(アマゾンで“なか見!検索”できます)






Wordly Wise 3000: Book 3 : Systematic Academic Vocabulary Development


(取り組み期間 2015.1~8)
3年生の夏休みまでは、こちらのボキャブラリー教材も。
人気のこのワークブックですが、1単元で10単語の意味を、類義語、熟語、長文読解など様々なアプローチで定着させるというもの。1単元が12ページ程ですが、オンラインレッスン1コマ(25分)で2~3ページずつ取り組みました。
オンラインの先生もこのワークブックを大絶賛。その後、学年相当のBook4に取り組もうかと検討中。





【現在取り組み中のワークブック】




Daily 6-Trait Writing, Grade 4 (Daily 6 Trait Writing)


(取り組み期間 2015.9~)
Spectrum Writing Grade 3の後、学年相当のSpectrum Writing Grade 4に進もうかとも考えましたが、Spectrum Writingに若干飽きてしまったので、次は以前Grade 2でも取り組んだことのあるこちらのシリーズに。
このシリーズについては以前の記事にも書きましたが、月曜から木曜のワークで学んだことを元に最終日の金曜に作文を書く、という1単元5日間で完成する流れになっています。
オンラインで取り組む我が家は、4日分をレッスン2コマで学び、作文を3コマ目に提出して、先生と一緒に見直しするスタイルで進めています。







Spectrum Science, Grade 3


(取り組み期間 2016.1~)
ボキャブラリー教材として次はWordly Wise Book4 (Grade4相当)に進もうかとも迷いましたが、Wordly Wiseが授業で必要となるアカデミックな単語が多かったことを思い出し、それなら教科の学習から単語に触れた方が知識も増えて一石二鳥かなと考えました。
いつかは取り組みたいと手元にあったのがこちらのサイエンスのワークブック。フルカラーで、欄外にしっかり重要単語の説明も載っていて、長文読解の他に、自分の予想や意見も書けるようなワークブックです。(アマゾンで“なか見!検索”できます)
このワーク、親子英語のお友達も何人か取り組んだことがあるようで、みなさん書かれているのは「難しい内容」だということ。確かに、問われていることが問題の長文に直接は書かれてないものもあり、ボキャブラリー以前に内容が手強そう、、、
既にある程度知識があって、その上で取り組む教材という印象です。アメリカのサイエンス教育は日本より進んでいるから中学年でもこんな内容なのかしら?
それでもR太郎はサイエンスの知識はある程度あるので、試しに取り組んでみようと思います。G3向けとG4向けで見比べてみたところ、G3の方は日本の小学校3年で習う分野もいくつかありそうで、学校の授業ともリンクできるかも♪




こうして並べてみると、今ワークブックで学ばせたい力はライティング(作文)とボキャブラリーなんですね。ライティングは体系的に学べて、オンラインの先生が教えやすく、R太郎が楽しんで取り組めるものを選んで行きたいと思います。ボキャブラリーは単体ではなく読書などの中から触れられれば良いのですが、それではボキャブラリーの範囲が限られてしまうので、やはりワークも必要かなと。

それから、小学生になったらできれば英語で教科学習も、と考えていましたが、算数の計算はそろそろ日本の方が難易度が高く、例えば分数の読み方が逆なので混乱するという話もよく聞きます。社会はアメリカに特化したものも多くいまいち良い教材が見つからず。そこで今の所一番取り組みやすいのは理科。英語と日本語で理科の単語や知識に触れて、深く学ぶことができればそれが理想です!


年末は、なおぱぱさん親子と☆
年をまたいですっかり遅くなってしまいましたが、昨年末、帰省中のなおぱぱさん&なお君親子と、いつもの一期の会 in Tokyo(そろそろこのネーミングが恥ずかしく、今回は使いませんでしたが)のメンバーとで遊ぶ会を開催しました。

前回の会の後、なおぱぱさん家の海外赴任もあって、気がつけば1年半振り

少し前は、子どもたちも、こういう会でそろそろ英語だけで話すことに抵抗が出てくるのでは?と心配していましたが、参加メンバーのほとんどが小学生になった今でも、オンリーイングリッシュで何時間でも遊べています

でも正直なところ、小学生になって年齢相応の英語力が追いつかないと、本人が会に参加したがらなくなって来ているようです。年齢相応っていうのは、ネイティブレベルでということではなくて、同年代の親子英語のお友達とワイワイ自由に話せるレベルです。

小学生になって英語以外にやることが沢山ある中、このレベルに英語力を成長させ続けるというのは、やはりある程度時間と手間をかけ続けていなければ難しいのかもしれません。今回もみなさん、「取り組み時間が減った」と嘆きつつも、なんらかの形でしっかり英語に取り組まれていました。




さて、最近はこういう集まりでは男女別れて遊ぶことが多く、R太郎と家で話しても、女の子の名前はすぐには出てこなかったり。なので、今回はただ遊ばせるだけではなくて、男女混合グループでストップモーション動画作りのアクティビティをしてみました

動画はみなさんのiPad miniをお借りして、このストップモーション動画制作アプリで3グループ1つずつの作品を作り、最後に発表します。

動画制作から発表まで1時間を予定していたものの、想定通り色々あり(笑)。

撮影の仕方も、共同制作の流れも、三者三様!感覚的に面白そうなシーンをどんどん撮っていくグループ、動きの面白さを追求するグループ、全体のストーリーに拘るグループ。小さい頃からその成長を見ている子どもたちですが、それぞれの個性がまた色鮮やかに育っていることが共同制作を通して垣間みえて、それもまた面白かったです♪

結局2時間かかりましたが、最後はみんな笑顔で、自分たちの動画を堂々と発表出来てめでたしめでたし〜

感想や各グループメンバーへのメッセージもみんな時間をかけて真剣に書いていました。



実は、今回このアクティビティを発案した苺ママが、子どもたちの前で英語で説明する自信がなかったので、最初のアクティビティの流れとアプリの使い方等の説明をR太郎にお願いしました。

これには本人はやる気満々で原稿まで書いて臨んだものの、本番ではそれを読まずに話し始め、母はヒヤヒヤ

でも結局、最初の説明だけではなくイベント全体を仕切ってくれたR太郎。お兄さん、今回は期待以上に頑張ってくれました



なおぱぱさん親子は、今年また海外赴任ということで、また何年かお会いできないのが寂しいところ。今度お会いする時は、なお君やR太郎は小学校高学年になっていると思います。高学年になっても、英語で遊ぶ会が開催できるのかしら、、、

次回もなおぱぱさん親子を無事お迎えするのを一つの目標に、その英語力を育てていきたいです




2016年親子英語の抱負
あけましておめでとうございます

昨年もブログ更新頻度が少なかったのにもかかわらず、ご訪問いただきありがとうございました!
徐々に緩くなっていく我が家の親子英語ですが、過去記事への訪問も多く、長く書いていれば、それなりに何かのお役に立てることもあるのかな?とも思うので、今年も細々と投稿したいと思っています


さて、毎年恒例の今年の我が家の親子英語の抱負です。


■スピーキング
昨年と同じく、WEBレッスン中心で続けていきます。最近は大きな向上を感じられないので不安にもなりますが、スピーキング力向上の波が小5くらいにもあるのではないか?という話も聞き、今は焦らず続けていくのが良いのだろうと思っています。

■リスニング
かけ流しをしなくなった我が家。その代わりに実際の動画や映画視聴はほぼ毎日しています。WEBレッスンでも映画でもナチュラルスピードで問題なく理解している様子なので、今年もこのままの方針でいきます。

■リーディング
割と早くから読み始め、もっと小さい頃は、とにかく読む、”本の虫”という印象だったR太郎ですが、最近は時間があれば集中して読むというスタンスです。厚い本も読みはするものの、一回で読み切りたいそうで、30分ぐらいで読める本を再読していることが多いです。
ジャンルは「ノンフィクションぽいフィクション」が好きだということで、ファンタジーはあまり好きではないとか。今年はそのジャンルの本を探していこうと思います。

■ライティング
昨年同様、WEBレッスンでライティングのネイティブ向けのワークブックを使って行こうと思います。学年相当のG4ワークブックに取り組んでいるR太郎。今までは自由に書いて良しとしていましたが、WEBレッスンでも「main ideaから外れないように」「detailをもっと書いてみよう」「読者を意識しよう」と言われることがふえてきました。そろそろエッセイの基本を意識して書かせたいと思っています。

■英語で学習&表現
おうち英語で、この部分をどう伸ばしていけば良いのかが一番の課題。
そこで、昨年はR太郎自身の英語ブログを作り、一年間約50記事も投稿しました。また、ミニ研究動画なども制作してブログにアップしたりと、ブログが良い発表の場となりました。
今年も、おうちでどこまで出来るかを探って、色々なことにチャレンジさせていきたいです。

****************


因みに昨年の抱負はこちら。きゃーーー!まるで先週書いたように感じてしまうほど、4技能に関しては、R太郎の英語レベルも方針も変わっていません

唯一変化したなと思うのは「英語で学習&表現」の部分。制作→発表→そのフィードバックをもらう→また次のモチベーションにつながる、という良いサイクルができました。

プリスクール時代にShow & Tellなどで発表に慣れていたR太郎ですが、今の公立小学校でも親世代の頃と違い、日常的に話し合いや発表の機会を多く与えられているようで、その習慣は小学生になってからもストップすることがなかったのはありがたいです。

また、特にスピーチやプレゼンテーションの勉強をしたわけではないのに、案外この辺りの「型」を理解している気がします(親バカながら目線でだけど)。
その理由として考えられるのは、この「型」通りに作られている子供向けニュース記事や、サイエンスなどの学習動画、TEDでのプレゼンテーションなど、日常的によく触れているからなのでは?と。これもママの勝手な予想ですけど…

今年は、4技能は今蓄える時期として焦らず継続していき、「英語で学習&表現」の機会を増やしていきたいものです。

でも、まずは今年も苺ママ自身のこのブログをやめないこと。
これが一番のママの抱負ですね~