苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
放任の春休みと、まだやってる読み聞かせ
またまた1ヶ月以上ブログ書いていない間に、マリンさんほか皆さまから暖かいメッセージをいただきました。こんなに放置していても、過去記事など楽しみに読んでくださっている方もいらしてありがたい限りです

R太郎も4年生になり10歳直前、「つ」のつく年齢もいよいよ最後です。英語に関してはなかなか書くことがないのですが、近況報告。

春休みは、学校の友達の影響から戦国時代にはまり、日本の歴史ブームも再来。それから、これも友達の影響でルービックキューブの6面が揃えられるようになり、時間があれば鍛錬に励んでいました。英語の本も、ひとつ前の記事で書いた『交換条件で本3冊読んでます!』は読み切り、トランシーバーも手に入れました。(これはパパが買ってくれました。)

ママが仕事を増やしたため、R太郎と付き合う時間も少なくなり、他の時間はほぼ友達との公園遊びで終わった春休み。ママとの二人三脚の時期もそろそろ終わった感が漂い始めたかな

と、言っても、寝る前の和書の読み聞かせはまだやっているんですよ。みなさんいつ頃まで読み聞かせるものなんでしょうね…

我が家で今読んでいるのはこれ。



原書も家にあるのですが、読み聞かせなのでもちろん和書です



R太郎にとって読み聞かせは、睡眠薬のようなものらしく、読んでもらわないとなかなか寝付けないのだけど、読んでも2〜3ページで寝てしまいます。そんなわけで、この本を読み始めて半年以上。ようやくあと数ページで終わります!長かった〜

西部開拓時代のアメリカで、インディアン特別保護区の境界線近くに幌馬車で引っ越し、家を一から建て畑を耕す一家の一年間のお話。インディアンに対する人種差別的なくだりも多く、家族関係にも違和感を感じる部分もありますが、移住の様子がこと細かに淡々と綴られているので、この時代や人間関係がよくわかります。

次は何を読もうかな?
英語の本の読み聞かせは早々に終わってしまった我が家では、和書の読み聞かせは大切にできるだけ長くしていきたいです♪