苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
名曲を聴くとあのアニメの思い出が広がるらしい♪
『のだめカンタービレ』にピアノにブラバンと、このごろ音楽活動に夢中のR太郎。宿題もクラシックをかけながらやっていてなんだかカッコイイ小学生~(笑)。ちょっと前までビートボックスで「ブンブンッ」リズムを取りながらやってたのにね

で、そんなクラシックの名曲の数々を聴いていると、「あ!この曲、"Little Einsteins"の曲だ!」と目を輝かせることが多くなりました。

"Little Einsteins"はR太郎が3歳ぐらいに英語でよく観ていたディズニーチャンネルのアニメシリーズで、毎回クラシック音楽や絵画、建築などの名作を使って、4人の子ども達がミッションに挑むというお話。ミッションを遂行するには視聴者の助けが必要で、リズムに合わせて一緒に手を叩いたり膝を打ったりと参加型で楽しめる番組でした。



今もまだ放送しているのかな?

R太郎はこのアニメが大好きで数えられないほど繰り返し観ていました。(その頃のブログ記事)

もう長いこと観てないので忘れていると思っていましたが、最近クラシック音楽を聴いていて"Little Einsteins"のエピソードで取り上げられた曲に出会うと、楽しかった思い出が一気に蘇るそうです。

まあ、そういう曲は純粋に感じるというよりも、何度もジャンプして雪山の上のキャラを助けたとか、AllegroやAdagioでスピード調節したり、「あー!ここは手を叩いてた気がする~♪」と"Little Einsteins"ワールド全開のようですが

本人が「今音楽が好きなのは、ちっちゃいころ"Little Einsteins"を見てたからだと思う!」とまで話すので、記録として書くことにしました

時を経ても我が家のお勧めの英語アニメです


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!