苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
いよいよ書くことがなくなった。。。
小学5年生、おうち英語っこといっても、週1のオンラインのみ。実教室なし、語りかけなし、読書もそこそこ、YouTubeも最近は日本語に流れがち、、、

いよいよブログに書くことがなくなって来ました

GSAのモニター記事を書くことをきっかけに更新頻度が増えたこのブログですが、他の多くのブロガーさんもそうだと思いますが、小学校高学年ってもうどこをどう探しても書くことがないんです。

英語に関しては今はこれ以上目指すのは精神年齢的にも難しいかなとも思うし。ブログ友達からも「小6か中学生になるとびっくりするくらい精神年齢が急にあがるから、その頃準1を受ければきっと受かるよ!」と言われて納得。その言葉を信じて、このまま淡々と続けながら中学生を待ちましょう〜

今、R太郎はピアノもブラスバンドもなかなか頑張っています。音楽の道に入るほどじゃないけど、発表会も演奏会出演もワクワクするらしい!

放課後はほぼ毎日、ボールをたくさん持って友達と遊びに出かけています。高学年は、塾の宿題などを理由に一緒に遊べる友達も確実に少なくなったけど、活動範囲を隣の学区の友だちまで広げつつあるようで日々生活は楽しそう♪

でも、英語に関してはブログに書くほどの記事がないので、これからまたブログ更新はボチボチになると思います。

あ、ブログを辞める宣言ではありません。もし思い出してくれたら時々覗きに来てください
もしかして更新しているかもしれません(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
公文、やめるもん(^^;;)
以前ブログに書いた『半年限定!やったらどうかな公文式』。2月中旬の体験を経て3月に入会して、現在F教材(6年生レベル)の真ん中辺りに来ました。

自分の学年も越したし進度としては順調に進んでいるのですが、R太郎のモチベーションが滅茶苦茶低く、、、小学生レベルの教材が終了したら辞めようかと思っています。

公文の教室で取り組むとスピードも正解率も高いので力にはなっているのかもしれないのだけど、毎日の宿題は驚くほどゆっくり、文句たらたら、「あ゛〜!!もう計算機使いたい〜!」と態度はイライラ、、、このままでは、得意な算数を嫌いにしてしまいそうです

考えない作業だけを繰り返すのは心底嫌だとはっきり言われ、経験者のママとしてはその言い分も理解できるだけに、公文での計算訓練は諦める決心がつきました。公文ってやっぱり合う子と合わない子がいるんだなぁ

とは言っても、F教材が終わってから退会手続きをするので、通塾期間ちょうど半年ぐらい、ちょっと中学教材を覗いて終わると思うので当初の予定通りか。


  


ところで、最近話題になっているロボコップ登場のニュースがDogoNewsで上がっていたので、これをオンライン英語のお手製カリキュラムの題材に差し込んでみようと思っています。





映画『ロボコップ』の怖いシーンを連想して、安全というより不安感の方が強いママだけど、、、これからのロボット社会に生きるR太郎はどう考えるのか聞いてみたい。

こういう自由度が高いのは、おうち英語カリキュラムの利点ですね

今、週2日の公文教室の日はオンラインレッスンも入れてないので、公文を辞めればもう少しレッスン日が増やせそう。こちらの方はストレスフリーで楽しみながらやっているので、我が家にも平和な日々がもうすぐ戻って来ることでしょう


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
準1の長文がなかなか興味深い
DMM英会話で週1ペースで始めたばかりの苺ママのお手製カリキュラム(過去記事)

『英検準1級 長文読解問題120』を読んでディスカッション、その後宿題で調べつつエッセイを書き、次のレッスンで先生にエッセイを添削してもらい、最後に問題を解いてみる、という流れです。

先週末は3回目のレッスンが終わりましたが、初回はあまり添削してもらえなかったエッセイもしっかり見てもらえるようになり、良い流れが出来上がって来ました

準1の長文は、実際に試験を受ける時には内容と問題の一致に気を取られがちだと思いますが、これだけ時間をかけて読み込んでいるとこれがなかなか興味深いテーマなんです

普段家や学校で話題にはならなくても、大人ならどこかで聞いたことはあるような話なので、これを機にオンラインレッスンの先生や家で話すのはとても勉強になっています。

宿題のエッセイも、レッスン中のディスカッション内容とR太郎の興味に合わせているので楽しんで取り組んでいます

(掲載文)→『エッセイのお題』

(言語の謎)『わたしたちは方言を使うべきか』
(塩分を減らせば健康増進)『100歳まで生きるには?』
(電子レンジ料理法の秘密)『電子レンジは本当に危ないの?』

↓“NERD” Tシャツが気になるこんなお兄さんの動画を観て勉強したり



このカリキュラム、英検うんぬんは別にして、思った以上に我が家のおうち英語の目的「様々な話題に興味を持ち、自ら調べ、意見を表現できるようになる」に合っているのかも


そういえば今日は英検の試験日ですね
もちろんR太郎はまだまだ受験予定はありませんが、お友だちは何人か受けるとのこと
今日受験するみなさんは長文も楽しんで読んできて欲しいな。みんな頑張ってきてね〜


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!


英語育児9年半のママの英語力
週末、「友人が子どもを連れて遊びに来るから来ない?」とのご近所さんのお誘いでお家に遊びに行きました。

このご近所さん、ヨーロッパ出身の方なのですが、大抵は日本人のお友だちが遊びに来るので、「はいはーい♪」と軽い気持ちで出掛けたものの、今回はお国のお友だちだけの集まりでした

集まったお友だちの中に、まだ日本に住んで4ヶ月で小学生の男の子がいるご家族がいました。彼らは日本語がほとんど話せないのですがお子さんも含めて英語が話せるので、英語が話せるR太郎を遊び相手にっていうお誘いだったんですね

ママの拙い英語を見かねてR太郎がちょいちょい通訳してくれながら何とか暫く時間を過ごしたものの、R太郎とその男の子が「外であそぼー!」と出て行ってしまってからは英語で頑張るママ(汗)

外ではキャッキャと楽しそうなR太郎たちの声。ご近所さん、こんな機会をくれてありがとう〜

でもね、、、
彼女のお国の方々の集まりなので、大人同士は徐々に母国語にシフトするわけです。そうよね、そうよね。久しぶりに思いっきり母国語でおしゃべりしたいよね
もっとママが英語ペラッペラなら英語も挟んでって感じになるのかもしれないけどね。

途中からは97%くらいお国の言葉。
いんやーわからない。。。。。
本当に何ひとつ単語がわかんないけど、身振り手振りでみんな楽しそう〜!!!だからみんなが笑ったのに合わせて一緒に笑っちゃうんだけど時々通訳してくれる人がいて、「あーやっぱりそんな感じのこと話してたのね〜」と。
で、ご近所さんはそこでケラケラ笑ってるママを自然に受け止めてたみたい←もっと通訳してくれてもいいよ

もうこのご近所さんとの付き合いも10年。この国の言葉もちょっとは勉強しようかな〜
あ、英語から先にもっと話せるようになりなさい

子どもと一緒にママも英語を勉強しちゃお♪と始めた英語育児はもうすぐ10年。R太郎の成長に反して、自分の英語力には努力できなかった苺ママでした

ところで、お外で遊んでいたR太郎くん達はとっても仲良くなったようで、ご近所さんからは「今度は彼のお家に一緒に遊びに行こうよ!」とメールが来ました。

あははは、R太郎だけじゃダメかしら。。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!