苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
卵かけご飯のスピーチ(≧∇≦)
記事にしていなかったのですが、もう2ヶ月近く前にスピーチ動画を作りました。

ちょうど、これからの親子英語の方向性に悩み始め、こんな記事を書いてた頃です。

毎日のオンラインレッスンでは、ニュース記事を題材に先生と話し合う機会も多いので、単発で意見を言うことには慣れているのですが、自分から発信するとか、ひとつのテーマを最初から最後まで順序立てて説明することがあまりないんじゃないかなと。

そこで、これを短いスピーチにまとめて先生に添削をお願いしてもらおうか?とR太郎に持ち掛けたところ、

「動画を撮って、YouTubeに載せるならやりたい!!!」

と。実はYouTubeへの動画アップはR太郎の前からの夢だったのですが、まあ、顔出しは色々リスクもあるので慎重に、、、ということで叶わなかったんです(っ´∀`)っ

そこで調べたところ、YouTubeはURLを知っている人しか閲覧出来ないプライベートモードがあるので、そこへ載せて先生に観てもらうことにしました。


すると俄然やる気になったR太郎は、早速、テーマを10個ぐらい出し、ひとつに絞り、日本語の原稿を作って、それを英訳しました。

この作業、ママの指示がなく全部ひとりでやって約30分。意外だったのは、いきなり英語の原稿を作らなかったこと。最近は少し複雑なことになると、日本語で考える方がスムーズみたいですね。

でも、これが初めてにしてはなかなか良いスピーチで、短い時間でしっかり順序立ててまとめられています。ある料理(?)のレシピというテーマが、やりやすかったのもあると思うし、話し方や“間”は、YouTubeやTEDに出て来るような動画の影響を受けてるのかなという感じ(^m^)

動画は、実演しながらスピーチをするR太郎をママがiPadで撮影し、iMovieで編集、2分の動画にしてYouTubeにアップ、原稿と一緒にURLを先生方に送りました。




で、実は今回R太郎が選んだテーマは、『Egg Rice』
本人は「卵かけご飯」の英訳のつもりですが、それを言うなら『Raw Egg Rice』じゃないの?

そのちょっと足りない英訳が良かったのか(悪かったのか)、『Egg Rice』が、ただご飯に生卵をかけて食べるだけと知り、生で卵を食べることをしない欧米の先生方、動画を目の当たりにして、もれなく「Yeeeeew!」 と気持ち悪そうな顔をしながら大笑い~(≧∇≦)

添削もそこそこに、「この動画は公開してシリーズ化したら?」とかYouTube動画でのお金の儲け方までレクチャーしてくれた先生もいました(笑)

最初はスピーチの学習というだけの目的だったのですが、この先生方の反応に、R太郎はスピーチをすること自体の喜びも感じたようです♪

今後も時々(できたら1~2ヶ月に1つくらいは)新しいスピーチ動画を作って先生方に添削してもらいたいなと思っています。あ、でも、あれから2ヶ月経ってるなぁ(´Д`;)

そろそろもう一本作ってみようっと!




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する