苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
『BIG HERO 6』を観てきました( ●―● )
急な思いつきで、週末、R太郎と『BIG HERO 6(邦題:ベイマックス)』を観に行って来ました。

劇場公開翌日で、既にほぼ満席。それでも観たい!と言うので、R太郎とはバラバラに離れた席で観ることになってしまいました。

でも、R太郎の隣にはノリの良い外国人が座っていたのもあって、楽しく鑑賞出来た様子。最後に席を立つ時には、そのお隣さんから差し出されたグーの手に、思わずグーを出したということ。劇中、主人公ヒロとベイマックスがする手と手の挨拶(ハイタッチのグー版の様なもの)をしたそうです (っ´∀`)っ


我が家は、結構映画館で映画を観ています。
日本映画は、R太郎が2歳半の時の『崖の上のポニョ』。そして、初めて英語で『WALL-E』の字幕版を観に行ったのがその3ヶ月後。今考えれば、かなりリスキーな年齢だったな(汗)

周りの人に迷惑さえかけなければ、映画館で映画を観るのはやっぱりいい!音や映像の迫力はもちろんだけど、多くの人と、笑って泣いてひとつの作品を観るのは楽しいです。

去年、英語仲間とみんなで行った『Frozen(アナと雪の女王)』の英語シングアロングも良かったなぁ(その時の記事)
『Let It Go』を振り付きで歌う女子チームも、正面を向いて歌っていた男子チームの姿も本~当にいい想い出♪

今回観た『BIG HERO 6』は、いかにも男の子向けディズニー映画☆という内容で、お友達と行っても家族と行っても盛り上がれそうな、そんな映画館鑑賞がおすすめの映画でした。


さあ、冬休みはあと1本。ばぁばと一緒に『妖怪ウォッチ』映画を観に行く予定。またまたこちらも劇場内の異様な空気…妖気で盛り上がりそうですね~ (っ´∀`)っ ぷぷぷ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する