苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
家庭学習は学習管理アプリで
GSAネタが続いたので、たまには他の話も。

家庭学習 のこと。

小学生になってからというもの、R太郎の家庭学習に使う時間の捻出に苦労してきました。

正確に言えば、使おうと思えば使える時間は多いのだけど、「学習」と「遊びの中からの学び」の時間配分が思うようにできませんでした

R太郎は、下校後ランドセルを玄関に放り投げて公園に遊びに行き暗くなる前に帰宅します。帰宅後はマイブームに時間を使いたい人。ちょっと前ならマジック、その後はルービックキューブ、そして今は百人一首です。

ただそれで遊ぶのではなく、ネットやYoutubeで細かいルールや技を調べまくり、詳しい人にも教わり、友達を誘ってサークルを作り、チラシを作ってメンバーも増やし、そしてもちろん毎日練習です。そこはコツコツやるので、結構上手くなります

ひとつのマイブームが落ち着いた頃に、また次のブームが始まりそれは延々と繰り返されてきました。

こういうことは「遊びの中からの自主的な学び」を得られていると思うので、ママも積極的にやらせてあげたい。だから習い事は整理し、平日のピアノと週末の少年サッカーだけにしました。

、、、ただ、こうなると「家庭学習」の時間がなかなか取れないんですよね

R太郎が公園から帰宅するのが今の季節なら6時頃。就寝時間は9時半。この3時間半から夕飯とお風呂を差し引いて、やって欲しいことは、宿題、ピアノの練習、オンラインレッスン、読書、そして教科の学習。

放っておくとマイブームに全て使われてしまうので、タイムスケジュールを組んだりもしましたが、オンラインレッスン時間も先生のスケジュールによって微妙に変わるし、サッカーの試合がテレビで放映される日は時間変更など、毎日の調節がなかなか難しい。

特にマイブーム活動がノッている時に、それをママが中断させるのもバトルの元で苦痛でした




ここでようやく本日の本題です!(笑)

最近は「家庭学習」の時間を記録して、もう少し頑張った方が良いことなどを一緒に考えることにしました。それに便利だったのがこのアプリです


『Studyplus』





本来は受験生同士がSNS機能で励ましあいながら教材に取り組むアプリのようですが、我が家の場合はSNS機能を非公開にして学習の記録・分析にだけ使っています。

「国語」「算数」「英語」「和書」「洋書」「ピアノ」などの項目を作った後は、iPadやiPhone、またはPCでストップウォッチ記録します。それをまたカテゴリーに分けてトータル時間や割合がグラフで出るので、毎日何をどれくらい勉強をしているかが一目瞭然。今週足りない学習はもう少し増やそう、などの分析がしやすいです。

まだ使い始めて1ヶ月ほどですが、「遊びの中からの学び」の合間にも「家庭学習」をしっかり差し込むことが徐々にできるようになってきています

これから学年が上がるごとに、やるべきことをこなしつつも、自由に考えて行動する時間を確保するのが難しくなってくると思います。そしてママの管理の手からは離れていきます。

その中で、自分で時間管理をしながら両方続けていく力をつけて欲しい。そういう力は将来きっと活きてくる力となる、と思っています



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ポチッと応援お願いします♪
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する