苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
GSA*37-38回目:小4という年齢
モニター受講中のオンライン・インターナショナルスクール『Global Step Academy』(GSA)

今回はこのレッスンを受けました


【6-4-7:要約と結論 】
読んでいる説明文の事理や定義について述べる事ができる。またそれを書く事ができる。
Give a summary or conclusion I



【6-4-8:要約と結論 】
読んでいる情報提供文について、結論を述べる事が出来る。またそれを書く事ができる。
Give a summary or conclusion II


今回の2回に跨るテーマのレッスンも2人の先生にそれぞれお願いしました。

そして、とても残念なことが

一番のお気に入りの先生に9月のレッスンが全くオープンされていない理由をR太郎が聞いたところ、暫くの間、この記事でお知らせした幼児向けの新コース『clover』の方に専念するということ。軌道に乗ってきたら小学生コースに戻られるそうなのです。

この先生は、カリキュラムの趣旨はそのままに、最近はネットでの調べ学習などテキストから離れてR太郎の知的好奇心を刺激してくださった方のなので本当に残念、、、

仕方がないので、早急にメインの良い先生をもう一人探さなければなりません、、、

オンラインレッスンでは先生とのスケジュール調整を考えてやはりメインの先生を2人は決めておきたいもの。今まで受講したGSAの先生(4人)はいずれもママの考える教え方基準をクリアし、R太郎も楽しく受講できたのですが、その中でも今回小学生コースを離れる先生が際立って良い先生だったので、もうこれ以上の先生はいないんじゃないかなとは覚悟していますが

*****


R太郎の学校は早くも新学期を迎え、すっかりノーマルスケジュールに戻りました。

最近親子英語で話題になった英語教育の「小4の壁」は私立中学受験組の壁のようで、公立進学予定組の我が家にはありません。(ちなみに昔からよく言われている「9歳の壁」は無事通過できたと思います♪)

ただ、R太郎は小さい頃から興味の範囲が広い子で、せっかく低学年で習い事を整理したというのに、地元チームのサッカーやピアノの他に4年生からは学校のブラスバンドに入り朝練まで入って来てしまいました。しかも秋からはサッカーの練習時間も増える可能性も。サッカーの試合と演奏会、果たして両立できるんでしょうか

さらに、それ以外の時間は下校から夕方まで友達と公園で遊びます。つまり、朝から夕方まではまったく机上の勉強に時間を割けなくなったのですが、オンラインレッスンやその宿題(特にリサーチなど)を楽しそうに取り組み、一応夜に通信教育も続けているので、まあ親が心配するより案外充実した毎日を送れているんじゃないかと

小4という年齢で子どもにどんな教育を与えるかは各家庭それぞれだと思いますが、R太郎にとってもこの年齢は多くのことを吸収し発散しているということは間違いなさそうです




ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する